« 待望の映画速報! | トップページ | 夢のコラボSP! »

どうでもいいけど面白い話

とっても、ラジオスタッフから愛されている吾郎さん(笑) 毎週HPを覗くたびに、思わず微笑んでしまうメッセージをスタッフの方たちが更新してくれています。ファンからのお便り以外に、そんなスタッフに支えられて吾郎はラジオのお仕事を楽しくやってくれているのかもしれない。今夜の「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」でも、ご機嫌さんの吾郎のトークが繰り広げられました。

pencil「SMAPの『FLY』のPV映画化希望」

吾郎 「これ、見てくれた方はわかると思うんですけども、僕が・・・まぁ、皆「BIRDMAN」って言って空を飛べるギャングたちなんですけども(笑)、僕が敵に捕まるんですよね。僕は、拷問を受けているんですね。それ、4人が助けに来るっていう。まぁ、そういったストーリーになっているんですけどもね。こんとき、石井監督なんですけども、「是非、拷問されて捕まって血だらけになってボコボコにやられているのは稲垣さんがいい」って言って(笑) なんでだろう?!と思ってたんですけどもね。まぁ、でも、やられている感じとか、血が流れている感じとかっていうのは、なんか・・・僕、似合うんでしょうかね

石井監督じゃなくても、拷問されて血を流しているBIRDMANのキャスティングは吾郎を選ぶんじゃないかな。えぇ、とっても似合うと思います。なんか、虐げられてめちゃくちゃにされても、瞳からは光が消えない美しい横顔って吾郎で撮りたくなりますよね(笑) そして、助けにくるかっこいい4人のBIRDMAN。完璧ですね。このPVがテレビで流れたあと、しばらくファンの間でBIRDMANブームが沸き起こってさらに話を膨らませて小説を書いたファンも多かったし。当初は、このアルバムが出されたしばらくはBIRDMANになった5人の企画がもっとある予定だったと思うんだけど・・・残念ですよねぇ。

吾郎 「すごい楽しかったですよ。なんか、皆が助けに来てくれて。そう!なんか、嬉しかったなぁ。ふっふふふ(笑) まぁ、ドラマですけどね。ようするに、敵対しているギャング同士なんですよね、たぶん、これはストーリー的にはね。で、皆、普段はそれぞれ違うところで生活をしていたり働いてたりする人間が集まって、僕を助けに来るっていうストーリーなんですよね。これ、コンサートでもね、オープニング、車に乗って登場して、皆、ギャングの格好をしてっていうふうにやってたんですけどもね。懐かしいなぁ・・・あのコンサートのオープニングで、木村くんがアメ車を運転して登場してくるんですけどもね。皆が乗って。木村くん、運転上手いけど、本番テンション上がってたんで、いつもヒヤヒヤしていましたねぇ。だいじょうぶかな?ふっ(笑)まぁ、まぁ、木村くんの運動神経だから(笑)大丈夫と思うんですけどもね」

ライブ「BIRDMAN」のDVDは、すごくファンの間で人気がありますよね。吾郎が話していたオープニングもそうですけど、衣装もとってもセクシーなものが多くて優秀だった。コンセプトがしっかりあったので、ライブ構成もしやすかったんじゃないかなぁ。また、こういうアルバムでひとつのコンセプトとして売り出すのもいいんじゃないかと思います。映画化は面白いかもしれないという吾郎ですが・・・「もしかしたら見れるかもしれませんよ。相当の数の希望者がいれば、これも。&G第二弾よりは可能性高いですね、これは」と、また&Gはちょっと難しいよ的なコメントを出す「S」な吾郎に、さらに闘志が沸きました(爆) 

pencil「木村くんが自分の同期は吾郎だけ。他のグループにもいないと言っていました。慎吾くんと吾郎ちゃんもオーディションの日が一緒だったのでは???」

吾郎 「ってか・・・そんなこと知りたい(笑)?

お便りを読んだ直後のコメントがこれ(笑)(笑)(笑) 知りたいにきまっているじゃないですか。確かに、矛盾がありますよね? 吾郎は、「おもしろいなぁ・・・知りたいのぉ?」と意地悪感満載です(爆)

吾郎 「僕の記憶が確かならば、1987年の11月の上旬なんですよね。ようするに、木村くんの誕生日前後なんですよ。僕は、13日かなぁと思ったんですけど、これ、木村くんの誕生日にどんぴしゃになってしまいますんで、どんぴしゃではないと思うんですね・・・15日だったのかなぁ。ちょうどその日は、先輩の光ゲンジさんの「ガラスの十代」の振り付けがあったんですね。テレビ朝日の第一リハーサルで。それと同じ日だったんですよねぇ。で、話ちょっと混乱させてしまいますけども、僕と香取くんが同じ日だったんですね。日比谷線の六本木駅に、彼は逆の方向の向こう側のプラットホームに、香取慎吾くんが歩いていたんですよね。向こう側のホームに、なんかジャニーズ事務所のオーディションに行くようなちょっと可愛らしい少年がいるなぁって思いながら、六本木のテレビ朝日の第一リハーサルに行って。そしたら、案の定、香取くんがお母さんといてね。で、僕と香取くんが同じ日だったんですね。で、まぁ、お話なんかしたりして。僕は、お姉ちゃんと一緒だったんですけどね。厳密に言うと、うちの姉ちゃんとうちの姉ちゃんの友達といたんですけど(笑)」

記憶を遡っているような話し方から始めたわりには、ものすごく鮮明にオーディションのときのことを覚えている吾郎。日にちまでしっかり頭に入っているのには感心しました。しかし、慎吾とは六本木駅からの様子まで覚えているわけで、ものすごく印象的だったんでしょうねぇ。ここからして、すでに奇跡のグループが誕生する運命だったんじゃないのかなぁ。そして、もう一人の木村くんですね(笑)

吾郎 「で、その日に、木村くんも一緒だったわけなんですね。だから、オーディションの日も事務所に入った日も同じ日なんですよ。なんか、木村くんは僕の記憶しかないみたいなんですね。で、慎吾もそのときの木村くんの記憶がないみたいなんです。確か、うん。だから、こう話がぐちゃぐちゃになっているっていう(笑) どうでもいいよ!と最初に言ったわりには、すごく親切に答えている僕って意外と優しいですよね? うん・・・だから、三人同じ日のね、オーディションだったわけですよね」

吾郎が言うには、ジャニーズ事務所っていつから事務所に所属したのかがふわ~っとしていてあいまいなんだそう(笑) レッスンに行くようになったら、もうジャニーズJr.なのかなと考えると、やっぱり事務所に入った日というのはオーディションの日ということで、SMAPでは木村くんと吾郎、慎吾は「同期」ということになります。しかし、吾郎も言っていますが、「運命的ですよねぇ~。その1987年の11月に知り合った人間と、もう25年ですよ!」と。まさしく、奇跡のグループです。

pencil「メンバーとキスしたり、キスkissmarkされたりする心境ってどんな感じ?」

吾郎 「知らないよ!これも(笑)!」

(笑)(笑)(笑) 冗談でキレてみせる吾郎(爆) いいんじゃないですか。吾郎も他のメンバーがラジオで答えられないことを自分が答えていくというラジオにしていきたいと言っています。皆さん、ドンドン出していってください(笑)

吾郎 「唇はないんじゃない?ありますか?香取くんと。ほっぺとかはふざけてありますけどねぇ。(慎吾がメインパーソナリティだった「27時間テレビ」のビストロでガッツリ唇同士でキスしたことは忘れているんでしょうか(笑)?吾郎にしたら、それほど大げさなことではなかった(笑)?すごいな・・・) 木村くんや中居くんはないですよね。本気で嫌がりそうですもんね。(これは、対自分ということなのかな?だって、中居くんは「マコちゃん」で剛ともう何度もしているもんね(笑)) 中居くんなんて本当に嫌がりそうですから(笑)、冗談でもできないですよね。(木村くんはだいじょうぶなの(笑)?) 人をするように仕向けることはしますけどねぇ。実際は、中居くんとした人とかされた人ってあんまりいないんじゃないかなぁ、メンバー同士で。(だから、剛があるってば(笑)!) あと、ビストロだとオーナーですからね。キスされたりもしないしね。あんまり、中居くんのキスシーンって見れないですよね、そういう意味ではね。(コントではむちゃくちゃしてるって(笑))」

あまりにも突っ込むところがあったので、吾郎が話している途中に( )付けでコメント入れさせて頂きました(笑) 吾郎って、あんまりバラエティの中でのメンバー同士のキスって覚えてない?! バラエティではテンションをあげているということなので、結構他にいろいろ考えていることがあるのかもねぇ。

吾郎 「たまに、お芝居で男の人とかキスしたりとか、バラエティのハプニングであったりしますけど、唇の感触・・・粘膜のしっとりした感じって、男も女もあんまり変わんないんですよね、実は。男とキスした経験の多い僕からすると(笑)、そう思うんですけど、ね」

この感想・・・確か、ドラマ「東京大学物語」で袴田くんとキスしたときに同じことを言っていましたね(笑) なんだか、その頃から男性とのキスは豊富だったのかとか、いらんこと考えてしまいそう。経験が多いというのは、もちろんお仕事の中のことだと・・・思う(爆)

pencil「好きなものは先に食べる派?最後に食べる派?他のメンバーは?」

吾郎 「これまた、僕からメンバーの話を聞きたい作戦ですね、これは。よ~~~~~し、頑張っちゃおうnote

この言い方がすっごく可愛かった。もう、ファンからの想いを読みまくっている吾郎(爆) なかなか手ごわい人です(笑) それをわかってて、丁寧に答えてくれる吾郎。やっぱり優しいですよね。ちなにみ、吾郎はものによるけど、お寿司はトロ、いくら、うになどは最後に食べるということですが、淡白な白身魚からはじめて濃いもは後に回す。見た目も楽しみたいのでゴージャスなものは置いておくというコメントにくらっと(笑) そんなこと考えないで、なんでも好きなものから食べる私は庶民です(笑) でも、吾郎も基本は好きなものから食べるらしい。中居くん、香取くんは先に好きなもので、木村くんはわりと最後にとっておくイメージがあるけど・・・やっぱり、全員好きなものからのような気がするという回答でした。

いやぁ、今週も非常に楽しかった「ストスマ」でした。もう、吾郎が投げやりになると面白いんで、皆さん、頑張って吾郎なら答えてくれるんじゃないかというのも入れ込んでいってみてください。私も、なんか考えよう(笑)

|

« 待望の映画速報! | トップページ | 夢のコラボSP! »

コメント

kazuyoさんこんにちは。
私も毎週、ストスマが楽しみで楽しみで。
「今週こそはお便りが読まれる?」というギャンブル感も味わいつつも、全敗中です。
採用されているお便りを参考に、私もがんばります。

KISSの話は、私もつっこみながら聴いていましたよ~。オリンピックのインド人女性に扮した慎吾ちゃんとのビストロで、キス…されてなかったっけ?あれは唇ではなかったっけ?
剛くんとのラブラブ期に、ライブで剛くんともキス経験(笑)なかったっけ?なんて。
うろ覚えなんで、私にとっても吾郎ちゃんのキスなんて、大げさなことではなかったということかしら…(笑)。

ここでこそっと告白すると、2011年のCDTVの大晦日ライブ後、トーク席での木村君と吾郎ちゃんのニアミスKISS疑惑…の方がドキドキでしたよ…(恥)
妄想、しかも変な方向の話ですみません。

今週はネガティブ吾郎ちゃん発言は無く、元気いっぱいのお声が聴けて嬉しかったです。
「ほかのメンバーに聞けないことを僕から聞き出そうとしている」なんて言って、「そういう作戦でいこうと思ってる」と笑っていましたけど、他のメンバーの事が聞きたいんじゃないのよ~、吾郎ちゃんの語るメンバー話が聞きたいのよ~って思いました。

他の誰でもない、貴方から聞きたいんですって、こんな粘着メッセージではまた没でしょうから、吾郎ちゃんの話が膨らみやすそうなメッセージを考えて、今週もメールをします!

投稿: susu | 2012/10/12 14:24

冒頭つぶやきメッセージで「馬鹿笑い」の話をしてましたが、今回のストスマは普段以上にスタッフさんの笑い声がよく聞こえましたよね。でも某冠番組のような正に「馬鹿笑い」ではなく、「こんな質問したら、こんな反応来るだろうな(笑)」という予想が当たったのが可笑しいと言う様な、とても吾郎さんへの愛を感じる笑い声で、元々ラジオから聴こえるスタッフ笑いが好きな人間なので、ああ本当に吾郎は良いスタッフに囲まれて楽しくラジオやってるんだと、微笑ましく嬉しい回でした。中身も濃かったですし。
BIRDMANは一応PVと完全版は見ており、それだけでも妄想(笑)は広がるのですが、恥ずかしながらまだアルバムもライブDVDも見れていなくて、これから大いに楽しみな作品の一つです。
SMAPメンバーの出会いって1987年なんですよね。私事ですが、私自身87年生まれの25歳でして。メンバーの出会いの話やその歴史を読み聴きするにつけ、それはつまり私の人生と同じ分の時間の中で紡ぎ積み重なってきた物語なのだと、それって無茶苦茶凄いことじゃん!と勝手にジーンとしてしまいます。自分が生きる時間分、彼らの歩みも進んで行くということがとても嬉しい、と。
まだファンになって半年ほどですが、2週連続で&Gの名が吾郎さんの口から出たことで、もっと要望メール出そう!と闘志も燃えるというものです。リアルタイムに彼の輝きと目にしたいので。
そしてもっとSMAPを、吾郎のことを知って、スタッフさんと吾郎さんのツボを突くメールを送れるようになりたいと思ったストスマでした。
それと遅ればせながら来春の映画も発表になりましたね。大きなスクリーンで吾郎さんのお姿を見れるなんて、それだけで今から感無量です。すっかり季節は秋めいて、朝布団から出るのが辛くなってきますが、頑張って働いて、その分映画見れる回数も増えるんだと思うと布団からも抜け出せるんです。今朝本当にそれを思って起きました(笑)。春が待ち遠しい今日この頃です。

投稿: のぞみ | 2012/10/12 20:22

まったくこの前書きこんだの2ヶ月前ですよ。ほんっとにご無沙汰ですみません。 スマスマどころかラジオも文化放送が入るのにまったく聞けてなくて、kazuyoさんのレポ頼りという情けなさ。今回は群れスマ好きな私にはたまらん内容だったし、明日は味スタ!とテンション上がっているので2点だけちょっと書かせてね。

その1)FLY 「君が似あうといったから 拷問記念日!」
下手な俳句読んでしまった、、、。 いや、本当に「FLY」のPVは日テレで特別番組(小林克也MC)を放映したくらい、「音楽PV史上最高の出来」と謳われた傑作でした。そのコンセプトを元にした99年「Birdman」ライブは今でもファンの間では語り草になっていると思います。吾郎も語るように、あのOPのカッコよさはどのライブも超えられないでしょう。 これまでもスマップ5人で映画やドラマなどいろいろとやりましたが、あれだけ芝居ができて、個性豊かな魅力を持つメンバーひとりひとりを活かすことができた作品は他にないと思います。他に余計な(←意味わかる?笑)出演者もいないし、とにかく5人の魅力が均等に、いっぱい詰まった内容で、しかも最後の5人で「FLY」を歌う場面(←ライブバードマンのビデオの初回特典映像でしか見られません)など群れスマ大好き族にはたまらないものがありました。
    もちろん石井監督が吾郎をぜひ「やられ役」にと注文したのはよくわかります。99年のライブのパンフレットにある石井監督手描きのコンテを見てもよ~~くわかります。確かラジオでも吾郎はいろいろとその話をしてくれて、ここではちょっと書きにくいこと(←私も乙女なんで恥ずかしい、、、)まで語ってくれて、よほど石井監督の世界が気にいったんだろうなと思いました。

しかし「似合う」と言ったのは、やっぱり彼でしょう?(笑) その年のファンクラブ会報(今手元にないのであやふやですが)に吾郎のコメントとして、「血まみれの僕はいかがでしたでしょうか?木村君が『案外、似合うね、、』と言ってくれて、、」みたいな話があったのですよ。木村くんも慎吾も他の機会に同じようなことを話していたので、やっぱりドSの人にはたまらんドMの稲垣吾郎さんだったんでしょうね(爆)。

その2)、「木村くんは僕の記憶しかないみたいなんですね。で、慎吾もそのときの木村くんの記憶がないみたいなんです」
奇跡のグループ誕生の経緯については、こちらはすご~く知りたいわけですよ。「3人が同じ日にオーデション」は今まで何度となく聞いてきた話だけど、ここで整理しましょう。 今から25年前、まずは中居君、そして剛君、その後に森君がすでに入所していました。 そして11月に木村、吾郎、慎吾が同じ日にオーでションを受けます。 これまでメンバー達は「オーデションを受けた日は木村君の誕生日だった」と言ってましたが、いろいろと矛盾があったので今回の吾郎の話で解決しました。木村君は自分の誕生日におばさんからオーデションの書類審査合格通知をもらったので、オーデションはその後日だったんですね。慎吾の入所日が11月15日なので、オーデションは14日か15日だったんではと思っています。

    慎吾が吾郎のことしか覚えてないというのは、確かに吾郎との出会いについては「運命を感じた」とまで言ってファミコンショップ話を何度も語っていますが、木村君の印象は一度も話したことがありません。一方の木村君は「初めてサインしたのが稲垣のねーちゃん」というのも耳タコですし、先月のワッツでの「俺と同期は吾郎だけ」とのコメントや「吾郎とはこの世界でのバースデイが同じ」(2011年ゴロデラ11月)と認識していて、完全に慎吾のことは覚えていないんですね。

事務所に入所したころの慎吾は、森君や吾郎と仲良しだったので、アジオトコンビはお互いに最初のほうの記憶は薄いんではないでしょうか。でもまあ二人とも吾郎のことは覚えていたし、吾郎も二人のことを覚えていたわけで。それだけお互いに強烈な初対面の印象を持ったわけで、このあたりにも尋常でない運命を感じます。 ここで剛の吾郎さんとの初対面話まで始めると全メンバーの話をしなくてはいけなくなるので、まあこのへんにしておきましょう。

キスの話も面白かったですね。このあたりも突っ込みどころいっぱいだけど、長くなるのでやめます(笑)。キムゴロさん達の99年2月2日の「うたばん」。ニアミスなのか、本当にしたのかわからないあのキスの件はきっと永遠に封印のままなんでしょう(爆)。 
今年のライブは2回観たんですが、なんだか久しぶりのライブだったので観方を忘れてしまったようで、レポするほど覚えてないんです。しかも東京ドームは例年のことながらMCとかメンバーの絡みとかは地方に比べ減ってしまいますからちょっと物足りないですね。

でもそんな中で9月29日のキムゴロツインギターの時の二人の会話(←あれはMCじゃないですよね、ホントに二人での私語じゃないですか)。 吾郎の「昔、二人でよくやったよね」という木村君への語りかけに、久しぶりに胸がきゅん!としました。 私の脳裏には木村君のギターが何本か置かれた一人暮らしの部屋、吾郎がよく泊りに来ると言ってた、あのおしゃれな部屋でギターを二人で弾いている姿が浮かんでしまって、、、。さあ、明日はどんな話をしてくれるかな。

投稿: kim | 2012/10/12 23:58

mailsusuさん
私も、最初の勢いとは裏腹に連敗中です(爆) この何気ない日常のお便りを出すというのが、私は非常に苦手のようで・・・まったくもって選ばれません(笑) でも、吾郎の元にお便りを出すのは楽しい。読まれなくても、毎回、吾郎が楽しそうにラジオで話しているのを聞くと本当に嬉しいので。ビストロで慎吾からほっぺにキスを受けたのは、米倉涼子さんがゲストの回で慎吾が彼女のミュージカル「シカゴ」の扮装をしてきたときですね。あとは、「のだめカンタービレ」のコンセルヴァトワール教授に扮したときも、いきなりやられて退きまくっていた吾郎を思い出します。ほっぺなら案外やっているわね(笑) 逆に吾郎が慎吾にしたのは、2000年の生放送SPでのクイズコーナーで風邪引きの慎吾にエールを送るための素敵なキスですか。これは、何度もリピしたなぁ・・・懐かしい。剛からは、忘れもしない自分が参加した2005年Sampleツアーの大阪公演での吾郎へのほっぺのキスですね。この日は、ツヨゴロ祭りだったのでものすごく鮮明に覚えています(笑) まぁ・・・そんな経験のある吾郎ですが、彼にしたらキスはバラエティやコントなどではカウントされないということですね(笑) それでも「経験豊富」と言える吾郎に驚いています(笑)


mailのぞみさん
「ストスマ」での、スタッフさんの後ろでの含み笑いがいいですよね(笑) 吾郎のトークに思わず笑ってしまうというのが、聴いているファンと同じ感覚なので。無理にわざと笑いをいれこむ「馬鹿笑い」とは質が違うのは確実です。「BIRDMAN」のライブDVDですが、本当ならビデオを見て頂くのが一番いい。というのも、後でkimさんがコメントに入れてくださっていますが、ビデオだけの特典映像が入っているからです。(これを、なぜDVDに入れ込めなかったのか不思議なぐらい、とても良い映像です) のぞみさんは、吾郎がSMAPのメンバーと出会ったときにこの世に生を受けたんですね。なんだか、ここにも運命があるのかな。とっても羨ましいです(笑)これからも、同じようにSMAPと共に人生を歩んでいってください。まだ、ファン歴が半年ということですが、ドンドン吾郎さんにお便り出してあげてください。新しいファンだからこそ、吾郎に聞きたいことは山ほどあると思います。吾郎が、とっても丁寧にファンのお便りに答えてくれているので、どんな質問でもOKだと思いますよ。まだ半年のファン歴なら、ファンになられて初めて見るスクリーンでの吾郎が来春観れるんですね。是非、劇場に足を運んで観てきてください。そして、感想を吾郎に送ってあげてくださいね。


mailkimさん
お忙しいところ、コメント入れてくれてありがとうございます。味スタでのライブも楽しまれたでしょうか。久しぶりのコメントで、さすがの考察で唸ってしまいましたよ(笑) 本当に細かいところまで、よく覚えてますよねぇ。もう、群れスマ大好きのkimさんの頭の中には、いつでもSMAPの歴史が紐解けるんですね。素晴らしいわ(笑)

「FLY」での「BIRDMAN」のコンセプトは、本当に優秀でしたよね。PVも素晴らしい出来で、ライブもおおいに盛り上がりました。一番セクシーなときのSMAPをこういう形で残しておいてくれて本当にありがたいです。石井監督の、拷問される役は吾郎しかいないという思いは強かったようで、PVでの最後の吾郎の血のついたひとひらの羽が落ちてくるところまで完璧でした。そのとき、ラジオで吾郎がいろいろ語ったことで恥ずかしいようなことってありましたっけ?! ちょっと覚えがないなぁ・・・コメントでは落とせないということなので(笑)、あとでゆっくり聞かせてもらいます(爆) 「ドSのメンバーにはたまらないドMの吾郎」なんていうのが書けるのに、それ以上っていうことですか(笑)?
オーディションの件は、やっといろんな辻褄が合致してよかったですよね。案外、メンバーに聞きたい気になることってあるのに、なかなか思い出せないものなので、こうやって吾郎のラジオに送って聞いてくれるお便りはとても嬉しいです(笑) SMAP全員がいるところでも、このオーディションのことは結構と話しているのに、そのときに木村くんと吾郎と慎吾が実は同じだったというのは、誰もひっくり返して確認しようとしなかったのは何故なんでしょう(笑)? どう聞いても、木村くんと吾郎の話では慎吾がツッコミ入れたいだろうし、吾郎と慎吾との話では木村くんがツッコミ入れてもおかしくないのに・・・今までスルーでしたよね? 誰もが確信なかったからなのかな。だったら、そこで吾郎が実は同じだよと言えば、すでに解決済みだったのではないかと思うのですが・・・吾郎もわかんなくなってたのだろうか(笑)

メンバー同士でのキスの話は、確かにキムゴロさんのニアミスキスがすごかったんですが・・・これは、さすがに誰も聞けないか(笑) kimさんが聞くべきことじゃないの(笑)? お便り出してくださいよ。今年のライブの二人それぞれのソロでのギターの話から、「そう言えば・・・」と切り出せばいいじゃないですか。あなたなら聞ける(爆) 頑張ってください。

投稿: Kazuyo | 2012/10/14 05:45

BIRDMANのPV、血のついた一片の羽は、最後に撃たれた慎吾ちゃんの羽だと思っていました。吾郎ちゃんだったのかな…?完全版PVは見ていないんです(涙)
以前から気になっていたのですが、やっぱり見たいわ…ちょっと、ビクターさんにお願いしようかな。

ラジオに関係ないコメントになってしまいました。味の素スタジアムのライブに思いをはせながら、昨日はBIRDMANライブのDVDを見てました。ほんと、BIRDMANはかっこいい!

投稿: susu | 2012/10/14 10:56

kazuyoさん、お久しぶりです。
kimさん、横はいりのようですが、私も憶えてます。
たぶんあの吾郎をぶん殴ってる道具の形についての話ですよね。
あの言葉が吾郎の口から何でもない事のように、当たり前のように出た時にはヨロッとしました。
吾郎さん、素敵!

投稿: 子猫 | 2012/10/14 13:47

Kazuyoさん、こんにちは。

前にも書いたと思うのですが、やっぱり単独のラジオを持ってくれたのはほんとうに嬉しいです。吾郎ちゃんがちょっとしたおたよりからどんどん話を膨らませていってくれて、あんまりスラスラ話すから聞き流しそうになるんだけど、実はひっかかることもたくさんあって。同期話とかキス話とか。

吾郎ちゃんの話し声を聞いていて、昨年の舞台「ぼっちゃま」を思い出しました。吾郎ちゃんとファンはラジオを通じて「心のやりとり」をしているんじゃないかって。ファンも嬉しいけど、吾郎ちゃんも喜んでいてくれていますよね。

&Gのこと、ちらっと言っていたけど、やっぱりたくさん要望がいったんでしょうね。心に確実に引っかかってる。「よしっ」って思いました。ハガキ出すたびに、追伸ってことで「写真集だして」「エッセイ書いて」「&G再び」って付け加えています。ハガキは毎週義務のように(いえ、楽しいから喜んで書いていますが)最低1枚は書くようにしています。でもずっと読まれてない(泣)。これも優秀なハガキがたくさん吾郎ちゃんのもとに届いているからだと、それはそれで嬉しいです。

舞台だの映画だの、やっと吾郎ちゃんのお仕事についてラジオで話してもらえるチャンスがきて嬉しいです。がっつり話してもらえるように、「心のやりとり」ができるようなおたより書けるよう頑張ります!

投稿: みやっち | 2012/10/14 14:07

Kazuyoさんこんにちは。お久しぶりです。
ついに私のメールが吾郎さんに読まれました!!
Kazuyoさんのレポートには登場してないみたいですが(笑)
アロマについて質問したメールが私です(笑)
とっても丁寧に答えていただいて、また「良いですよね」と言われて舞い上がってます!自分が書いた文章が吾郎さんに読まれるということは、何とも言えない感覚ですね(笑)凄く嬉しいのと気恥ずかしいというか、やみつきになりそうですね☆しかし吾郎さん、私のメールを読んでいるとき、若干読みにくそうだったような・・・?なんかたどたどしてましたよね(笑)そんなに読みにくかったでしょうかね?(笑)
初めて送ったメールが読まれて嬉しいです!あとメール一通、ハガキ一通を送ったので読まれるといいな♪
もちろん映画情報をゲットして速攻でメールしましたよ!
毎週のラジオが本当に楽しみです!

投稿: 飛鳥 | 2012/10/14 21:47

昨日、味スタ参戦してきました。メンバーが野外最高!とノリノリだっただけあって本当によかったんですけど、なにしろ席は見切れでスクリーンが見えないのでレポしようにも自分で目で見たものに自信がないからレポできないんですよ。今回は3回観ましたが、どの席もスクリーンすら見えないのがネックでした(←行けるだけでも有難いからこんなこと言ったら罰当たります)。
  MCでは相変わらず、木村君と写メールしてることや木村君から紹介してもらった店に行ってスッキリしたことなど仲良しぶりを語っておりました。 あと最後のナカゴロ手つなぎとか、夜空でなぜか剛が吾郎を迷子みたいにエスコートしていたこと、慎吾のしつこい吾郎の髪のお触りとか、、あ、わりとあるなあ。
 
子猫さんが私の書きにくいことを的確に書いてくださっているので、まったくそのとおりです。私もラジオを聴いて、石井監督の世界を語る上で、そういうことを躊躇なく言える吾郎の男前ぶりに惚れなおしたわけですが。月イチで「リバティーン」を観て、「J・デップに○○されている感じ」と言い放ったのと同じくらいの衝撃でしたが(笑)。
でもあの一言で「Birdman」の背景がぐ~と広がったわけで。今、資料がまったくないので自信ないのですが、「Birdman」ってライブのグッズかなにかでシナリオ?みたいなものついてましたか? 私も何かを読んで、敵役のボスが受け止める血のついた羽が吾郎の象徴なんだなと確信しました。まああの頃はあらゆるメディアで「Birdman」を特集したので、調べればいろいろと面白いものが出てくるんですけどね。

石井監督って確か、98年頃、NTTのCMを作っていて、「雪だるま」編もそうだったと思います。スマシプ3人が雪が降ってきた!と外に行ってしまい、家に残るキムゴロ二人。 BirdmanのPVでも拷問されて頭がもうろうとしている吾郎の脳裏に浮かぶのは木村君なんですね。その時から石井監督わかってるね!と思ったんです(笑)。
 あ、それからBirdmanの完全映像はいろんな群れスマ好きにはたまらないのですが、吾郎ファン的には完全版じゃなくても大丈夫ですよ。「Clip smap」に入っているPVでもいいかな。


>さすがに誰も聞けないか(笑) kimさんが聞くべきことじゃないの(笑)?

「うたばん」のキムゴロキスについては誰も聞けないですよ。聞いても取り上げないか、「そんなことあったっけ?」でスルーされそうな気がする。 あれだけスマップの名場面を繰り返し再放送してきた「うたばん」でさえ、一回再放送しただけだし、しかもわざわざテロップを変えて。
  スマップメンバーのキスなんてもう山のように資料ありますから今更なんですが、なぜあのキムゴロキスシーンが吾郎ファンの間で延々と話のネタになるかというと、結論として「綺麗だから」(爆)なんですね。 昨日も6万人?の前で口紅がベッタリと剛の唇に移るほどのキスをかましてくれたナカツヨ、ビストロやサンスマでも何回も口チューしてるシンツヨ、前述の27時間テレビのシンゴロキス、あ、ビストロでの上二人のチュー(事故ともいう)もありましたが、それらは皆、ほぼ正面同士のキスなんですよ。 だからコントちっくというか、だから吾郎のなかでもああいったバラエティのキスは数に入ってない、記憶に残らないものなのかもしれません。

   一方で、「うたばんのキムゴロキス」は、まずビジュアル的にもうっとりするくらい美しい二人、明るい長髪の木村君に漆黒の髪の吾郎、そしてキスするまでの見つめ合いも長すぎで、お互いの頭に手を回したり、木村君が吾郎にだけ聞こえる言葉を発したり(私は『やるぞ』あるいは『行くぞ』だと読唇したんですが)、そして正面からじゃなくて斜めに顔を重ねたもんだから、本当にしたのかどうかわからない結果に終わったんですね(←説明長すぎ)。 吾郎がよく「唇の記憶」として名前を出す袴田君とのキス(東京大学物語)も同じような斜めに重なるキスでしたね(ビデオにはNGシーンとして吾郎の名文句ととほにおさめられております)
  「男性とのキスの経験が多い」と言っても、他は宍戸さんとか、坂井さんとか、あとは2010年?のさんスマでの惨劇(爆)くらいでしょう。誰だって同じするなら美しい人とお願いしたいですよ~~~。

 コントでしか出来ないのなら、前にシンゴロでやった「カワラちゃん」が最高だったんで、ああいうのが観たいです!ってリクエストしましょうか。ヤワラちゃんに扮した慎吾とキスする(寸止め)吾郎が美しくて、オチも超面白かった!ライブでCCBの前にまこちゃんとつよちゃんのキスで会場が揺らぐほどウケているのを吾郎さんは観てないのかなあ。 どんなにファンがメンバー同士の絡みを喜んでいるか、もう少し吾郎さんにはご理解いただきたい(爆)。たった一人でCCBやってるのって、私としては観るに忍びないんですよ。ファンは盛り上げてくれるけど、他メンのキャラみたいに応援に誰か来てくれたらなあと思います。

投稿: kim | 2012/10/14 22:11

Kazuyoさん、あいかわらず遅いレスですいません(ペコ)。今夜(正確には昨夜)ストスマ拝聴しました。本当に楽しそうにお話して下さる吾郎ちゃん。お声だけでも可愛いし素敵!ラジオ向きですよね! BIRDMANのコンサートビデオとPVは大好きです。PVの完全版は初回限定ですよね。会社の方に貸して頂いて一度だけ拝見しました。本当に映画みたいでカッコイイですね。私勘違いしていたみたいで最後の一枚だけ血のついた羽は吾郎ちゃんのなんですね。打たれた慎吾ちゃんのだと思ってました。吾郎ちゃんの話しぶりだと御本人もBIRDMANの続編もしくはギャングもの(正確にはヤクザもの)は興味がお有りのようでここはプッシュですね。このへんで久々に5人共演の演技拝見したいですね。吾郎ちゃんの記憶力の素晴らしい事!!四半世紀ずっと一緒に歩んできたメンバーがいるって素晴らしいですね。木村君にとってのプライスレスは?と尋ねられた時に(ドラマの発表会の時)「SMAP」って言い切れる25年。素敵ですね。メンバー同士のキスもお気に入りのアロマ(飛鳥さん、吾郎ちゃんにお葉書読んで頂いておめでとうございますshine)もイケテルでのファンの方からの慎吾ちゃん発の針金吾郎ちゃんの話題もご機嫌にお話されていて拝聴していて癒されます。来週は映画のお話して下さると良いですね。楽しみにしましょう。

投稿: ピカチュウ | 2012/10/15 00:52

mailsusuさん
最後の血のついた羽の件ですが、当時の資料などが手元になくゴロ友さんに確認して頂きました。唯一、誰でもすぐに確認できるのが、BIRDMANのライブパンフレットに一緒についていたSpecial Bookの中に石井監督自らが、SMAP5人それぞれのキャラクターをイラストにして設定を描いているのが載っています。これに、吾郎のところで白い羽に血のついたものを描かれていることから、おそらく石井監督も最後の羽は吾郎のつもりで撮られたと思うのですが・・・どうでしょうか。


mail子猫さん
お久しぶりです。そのコメントがこれで笑ってしまいました(笑) なるほど・・・それだけで、よ~くわかりました(爆) 吾郎って、何事もたいしたことないようにサラリと話してしまうので、あまり「えっ?!」というリアクションにならないのかもしれません。ちょっと、気になるので時間のあるときに散策してみます。どうも、ありがとうございました。(こちらで、毎回ついでのように催促してしまいますが・・・更新止まっていますね。続きがものすごく気になるので、味スタも終了したことですし、よろしくお願い致します(笑))


mailみやっちさん
吾郎って、やっぱりおしゃべりですよね(笑) 良い意味で、本当に30分間しゃべりつくしてくれるので、ラジオレポが長くなる、長くなる(苦笑) でも、それだけ吾郎自身も単独ラジオになった「ストスマ」を楽しんでくれているのがわかる。その前までは、吾郎のラジオはここだけだったのに、本当にあたりさわりのないことしか話してくれなかったですもんねぇ。キャチスマだけが唯一の楽しみだったもの(苦笑) もちろん、そのときからファンのお便りに答えてはくれていたんだけど・・・どこか社交辞令的というか、無難に話して終わりみたいな。今は、キレるふりまでしてくれてめいいっぱい話してくれますもんね。だから、吾郎としてはどんなお便りもドンと来い!なんだと思います。若干、ファンでもこんなの聞かなくても・・・というのまで、楽しそうに話してくれているので、もう吾郎に任せてしまっていいと思いますね。もともと「S」寄りの私なんですが(笑)、ちょっと吾郎に「知らないよ!」って言ってほしいなぁと思った(爆) そんなお便りのほうが、案外と話を膨らましてくれているような気がするので。私も、頑張って毎週一通は「ストスマ」に出すようにしているのですが・・・なかなか、選ばれるのは難関ですね。それだけ、たくさんお便りが来ているのならなによりです。


mail飛鳥さん
ごめんなさい! 毎回ラジオで読まれるファンの皆さんからのお便りは、どれもこれも素晴らしいのですが・・・レポにしようとすると、ものすごく長くなるんですね(汗) 加えて、レポだけならまだしも、いろいろツッコミたいのでひたすら長くなる。なので、どうしてもSMAPのメンバーが入り込んだものだけになってしまって。とても優秀な完レポが他に落ちていますので、是非、他に読みにいってほしいと思います。アロマのお便りも、吾郎ファンらしいなぁと思って聞いていましたよ。確かに、ちょっと吾郎がもたもた読んでいましたけど(笑)、興味津々という感じでしたね。読まれると嬉しいでしょ~。だから、これからもドンドン出していってください。ファンで盛り上げて、吾郎をもっとご機嫌さんにおしゃべりマンにしてしまいましょう(笑)


mailkimさん
今年のライブは、遠くの席の配慮がすごくされていたライブだったんですけど・・・反面、ここが埋もれ席?!という場所があったり、見切れ席は本当に見えないという欠点もありました。すべてを完璧にするのは難しいとは思うのですが、そういった報告はSMAPのメンバーにちゃんと伝えたほうがいいように思いました。とても楽しんだライブだったけれど、ここ見づらかったです~みたいな。そんなファンの声で、どんどん進化していってほしいですね。

吾郎が話した叩かれた棒の件は、子猫さんのコメントでなんとなく把握しました。本当にラジオでそんなこと言ったんですか(笑)? すごい人ですよねぇ。吾郎が言うと、たいしてすごく感じないところが大きな問題にならないんでしょうかね(笑) 「FLY」のPVでの最後の羽の件は、susuさんのコメントに書いておいたのですが・・・もし、他にもっとしっかりしたソースがあれば、是非どなたでもいいので教えてほしいですね。いまさらなんですが、せっかく話題になったのでスッキリしておきたいので。逆に、慎吾のだというソースがあれば教えてほしいし。私自身が、あのPVを見て何の疑いもなく吾郎のことなんだろうと思ったので、まったく当時の資料を確認しなかったので。(あれだけボコボコにされて血だらけになった吾郎の羽が白いままだというほうがおかしいと思うので) 観る人によって捉え方もさまざまなんだなぁと思いました。

「うたばん」でのキムゴロさんたちの件ですが、聞いてみてもいいんじゃないでしょうか(笑) だって、最近の「ストスマ」での吾郎の寛大さは素晴らしいものがあるので。本人が覚えているかというのが問題になるわけですが、案外覚えていてもしらをきられる可能性もありますねぇ。変に持っていくと確実にスルーされるので、ただの疑問という感じにすれば案外答えてくれるかも(笑) シンゴロでのコントの件は、是非入れ込んでください。サタスマコンビが、ファンの求めているものをすごくよくわかっているのとは別に、吾郎自身はどこまでわかっているんでしょうね。私は、実は案外わかっている人なんじゃないかと思っているんですが。ただ、それを実行するかどうかという点ですか(笑) これだけ、ファンから&Gとしてソロを出してください!写真集やエッセイを出してください!という声が届いても、「本当に欲しいのかなぁ」と言ってしまう人なので(苦笑) 吾郎を動かすには、相当のファンのパワーが必要な気がします。今年のライブのCCBは、最初見たときはやりきれない思いが交差したのですが(なんせ、新宿ゲリラがトラウマに近いものだったので)、でも、ファンからの声援に一所懸命こたえてやりきる吾郎を見ていると、ある意味かっこいいなぁという思いも巡り、楽しんでくれるファンの方たちがいるのならそれもいいかと。ただ・・・もう、これきりにしてあげてほしい(苦笑)


mailピカチュウさん
「FLY」のPVの血のついた羽の件は、案外と最後は慎吾のだったんじゃないかと思っている人多いんでしょうか?! 今回、コメントを残してくださった中だけで二件も入るのなら、相当いるのかもしれませんね。慎吾が最後に撃たれたのは当然把握していましたけど、5枚の羽の中で1枚だけ血だらけになっているのは、当然、拷問にあっていた吾郎だろうというのしか想像できなかった私は結構と驚いています。これ、先のコメントのレスにて吾郎だろうという理由を書いておいたのですが・・・私も気になるので、当時の資料でメンバーなり石井監督なりが話していたのを聞いたことがある人は、是非教えてください。木村くんのドラマ会見の映像は、私も拝見しました。「PRICELESSはSMAP」ってとてもいいコメントですよね。何の迷いもなく、まっすぐな瞳で断言する木村くんがとてもキラキラしていました。ドラマも楽しみです。今期ドラマで、もう一人SMAPからは慎吾が「MONSTERS」で参戦ですね。こちらも、山下くんとどういったコンビネーションを見せてくれるのか。慎吾のソロ曲がCDで発売される特典を見て、やっぱり吾郎も&Gで何かプロジェクト立ててほしいと思いました。いろいろチャレンジしてほしいですよね。

投稿: Kazuyo | 2012/10/15 05:32

すみません、わたしもあの血染めの羽は慎吾のだとばかり思ってました…(^^;たぶん、そう認識している方は多いかも…(汗)

あと、申し訳ないですが、kimさんのコメントに訂正を…、

あのNTTサンクスフェアのCM(夏→かけっこ、冬→雪だるま。あと木村の金田一と中居のISDNも)は
石井監督ではなく、岩井俊二監督ですよ~。
あの透明感のある映像があの頃の5スマにぴったりでしたよね。

雪だるま編(笑)では「あ~あ、SMAPもまだまだ青いわ…」との木村の呆れ気味のセリフに、
スマシプの雪合戦に張り切って加わろうとしていた吾郎もうんうんと調子を合わせるという…(笑)
そして最後は5人が丸くなって雪だるまを見つめるシーン。今思い返しても「わかってるな~」という感じです(笑)

NTTのCMはそれぞれ創り込まれた世界観が素晴らしく、作品としての完成度が高くて大好きでした。
吾郎の「OK」の笑顔がまぶしい未来世界を描いたものもありましたよね。
あと忘れちゃいけない「あの夏の日」をメンバーそれぞれが口ずさんでるバージョンとか…。
ガッチャマンがあまりにも有名ですが、それだけではないんですよね(笑)

今はソフトバンクのスマさんなので難しいとは思いますが、
DVDだったり、なんとか形として残してもらいたいなあ、と思っています。

ストスマ、聴けない地域なのでひたすらレポ頼りなのですが、面白いですね♪
吾郎自身も楽しそうにいろんな話をしてくれてるのが嬉しいです。

投稿: アセロラ | 2012/10/15 10:01

>アセロラさん、
kazuyoさんのブログなのに勝手にお話してごめんなさいですね。どうも御無沙汰してました!ブログは拝見してますよ。
石井さんと岩井さんを間違えてすみません。これだからやっぱり資料がないとダメですね。資料は12月の引っ越しが終わらないとイギリスから届かないんですよ。
ただ石井克人さんってスマのCM作っているんで、それがなんだか思い出せないのが悔しい(笑)。

>kazuyoさん

 そうですよね、声を出していくことが本当に大切だと思います。アセロラさんがNTTCMの話をしてくれたおかげでふと最近思ったことを。

 もうこのあたりのコメントなんて誰も読んでないと思うのでぶっちゃけてしまいますが、、、。最近のsoftbankにしろ、limited editionにしろ、他にもなにかあったような気がするけど、とにかく5スマを使ったCMがつまらないと思っているのは私だけかなあ。
 ただ走ってるだけとか、5人が歩いているだけで凄い!なんて巷では言われているようだけど、CMクリエイターとしては5スマのオーラを利用しているだけで手抜きだと感じるんですよ。全然捕獲したい!という気持ちがわかないの。softbankの吾郎が乗り換える編とか、NY編とか必死の捕獲大作戦でしたけどね。
 スマが忙しいのもわかるけど、それこそFLYのPVなんて2日で作ったんですもの。できないわけないと思います。まあこれもCMの感想として、吾郎のストスマにも伝えていきたいと思ってます。とにかくハガキなりメールなり書かないとね(←書いてなかったので反省してます)。

投稿: kim | 2012/10/15 21:48

mailアセロラさん
そうですか・・・最後の血がついた羽は慎吾だと思われましたか? こうなると、さらに気になってきますね(苦笑) どなたか確信ある方、いないかなぁ。BIRDMANのパンフだけで充分な理由な気もするけど・・・これだけ、慎吾のではないか?!と思われる人がいるとうことはもっといらっしゃるということですもんね(笑) あと、NTTのCMの監督の訂正ありがとうございます。私も、すんなり受け取ってました(爆) 岩井俊二監督ですね。とっても優しい映像は、確かに岩井監督のものだわ。NTTのCMってとてもよくできたものが多くて、全員のだけでなく一人のものとても優秀だった。ちょっと、NTTのCMだけのクリップを編集してひとつのDVDに本当にして頂きたいですよねぇ。私は関西なので、NTTが東日本と西日本にわかれて、これほど悔しかったことはないです(苦笑) なので、当時当然自分で録画できなかったので。「ストスマ」は、本当に吾郎がいろんなことにとってもおしゃべりでご機嫌さんで話してくれるので、もっと放送地域が広がればいいなぁ。


mailkimさん
石井監督と岩井監督・・・似て非なるものでしたね(笑) 私も、気づかなかったです。というのは、実は石井監督もNTTのSMAPのCMを撮ってらっしゃるんですよね。SMAPのNTTのCMは、本当に数が多いのでいろいろ混同してしまいがちです(苦笑) 最近のSMAPのCMの件ですが、それなりに私は楽しませてもらっているんですけど、言われてみると確かに昔のようにひとつの映画を見ているような映像はないですね。最近は、個々それぞれよりもSMAP5人を前面に出しているコンテが多いのかな。深くそれぞれのキャラを考えてというコンセプトではない気がします。SoftBankのCMも、当初の群れスマ満載のようなものも作りこんだCMというよりは、SMAPのドキュメンタリーのようなCMで、とても面白かったけど基本的なものが違う気がします。時代もあるのかなぁ。私のお知りあいの方は、続々と吾郎の「ストスマ」でお便りが読まれているので、是非、ここでkimさんからのお便りが読まれるのも聞いてみたいところ(笑) 頑張って出してみてください。

投稿: Kazuyo | 2012/10/16 04:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 待望の映画速報! | トップページ | 夢のコラボSP! »