« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

深夜すぎの魂の叫び

いつも、普段の番組ではゲストとして出演されない方たちが出演されるのが「ゴロウ・デラックス」のいいところですが、今回はまた趣向を変えて実に興味深いゲストの方が来てくださいました。

オープニングトークは、いつもと同じように吾郎と小島さんが立ちながらトークというのは変わらないのですが、バックが暗幕で声も響いている感じ。何が始まるのかと思えば、吾郎曰く「MUSIC FAIR」みたいな感じというそのままに、なんとライブがスタートするというサプライズでした。

♪生きてるって言ってみろ♪ 友川カズキ

今夜のゲストは、70年代フォークの異端児にして、多くの有名アーティストから今なお絶大な支持を集める伝説のフォークシンガーである友川カズキさん。その歌声は魂をゆさぶる・・・まさしく、70年代のフォークですね。少しパンクっぽくて、歌詞にメッセージが強く織り込まれている。わかりやすく言えば、今の長渕剛さんみたいな歌い方と言えば、見れなかった方たちにはわかりやすいでしょうか。(もしかしたら、長渕さんも友川さんに影響を受けたんじゃないだろうか・・・)

第六十八回課題図書 『友川カズキ歌詞集 ~1974-2010 ユメは日々元気に死んでゆく ~』 友川カズキ著

Photo 絶叫する哲学者とも言われる、伝説のフォーク歌手。魂の歌詞集。実は、この番組の最初のほうにご出演してくださった作家の西村賢太さんとはお知り合いで、この歌詞集でも対談が掲載されています。なんとなく、通じるものが確かにある。どちらも、自分をしっかり持っていて、周りに感化されず、それでいてお話すると温和でよくお話してくださる。

お酒が好きで、ギャンブルが好きで、タバコも吸われる・・・ということで、西村先生が来られたときと同じくワンカップを飲みながらの収録となりました(爆) そんな友川さんの交遊録が面白く、友川さんの曲が気に入って自ら曲を提供しほしいとお願いに来られたのは、ちあきなおみさん。彼女に作った曲『夜へ急ぐ人』で、彼女は紅白出場。また、武田鉄矢さんとは『3年B組 金八先生』でドラマ共演。このドラマで、ライブハウスで歌っているシーンを撮影。そして、最近、この番組でロケで訪れた赤塚不二夫先生とは飲み友達だったようで。(というよりは、もっぱら赤塚先生がお酒をいつも飲ませてくれていたらしいですが(笑)) こうやって見ると・・・吾郎が言ったように、とても「ゴロデラ」に相応しいゲストの方なんだなぁと(笑)

ここで、親太朗くんが友川さんのご実家であるというアパートを訪れるロケのVTRが入ります。なんと言ったらいいか・・・西村先生が芥川賞を取られる前に住んでいたという鶯谷に吾郎と小島さんが西村先生とロケをしたことがありますが、そんな感じのアパート。なんとも、歌だけでなく生活も70年代のままといった感じ(笑) でも、ご本人は自由に楽しく生活しておられるよう。親太朗くんは、ここで友川さんに競輪のギャンブルdollarを一緒にして意気投合。ご飯まで食べさせてもらって帰ったのだとか(笑) 親太朗くんも、「ゴロデラ」に非常に適した人ですよね。どんな方にもフラットで接することができて臆するところがない。吾郎もそういうところがあって、ゲストの方が吾郎相手だと毎回饒舌になるもんなぁ・・・そして、小島さんがうまく締めてくれるんですよね。改めて、いいトリオだと思いました。

最後は、吾郎と小島さんが友川さんの曲『トドを殺すな』の歌詞を朗読して、実際にライブで歌ってもらうことに。この「トド」というのは、あの動物のトドでいいんだろうか。それとも、何かを喩えて使われたのか・・・ちょっと、そこのところを友川さんからお聞きしたかったけど、こういうのはそれぞれの解釈でいいのかなぁ。

トドを殺すな♪ 友川カズキ

友川さんは、最近、ナインティナインの岡村さんがとても気に入ってラジオ「オールナイトニッポン」にお呼びしたことから、若い人たちの間でまた注目が集まっているようです。でも、テレビに出演したのは十何年ぶりということで、きっともう出ないと思うとご本人がおっしゃっていましたが、よく出演してくださったなぁ。なんだか、「ゴロデラ」って、過去出演してくださったゲスト陣を考えてみても・・・すごい番組なのかもしれない(笑)

| | コメント (4)

ビューティフル・サプライズ

慎吾がザキヤマさんこと山崎さんと一緒に進行するバラエティ番組「おじゃマップ」に、吾郎がゲスト出演しました。最近は、ハッピーサプライズという企画が多く、どういった形でゲストが絡めるのかと思っていたら・・・まさかの女装吾郎さん(爆) いやぁ、笑ったり泣いたり大変な一時間となりました。

慎吾 「この番組は、ハッピーサプライズ + 番宣バラエティです。ドラマ・・・ですか?」
吾郎 「いや・・・特に番宣っていうことはないんですけれども」

せっかく、慎吾が来月から始まるミュージカルを宣伝していいんだよと振ってくれているのに、まさかの「番宣拒否」の吾郎(笑) それでこそだわ。

吾郎 (ザキヤマさんに)「そもそも、おじゃマップの『マップ』って何のマップ?」
ザキヤマ 「いやいやいや(汗)」
吾郎 「おじゃマップの『マップ』は、SMAPのマップ!だから、準レギュラーみたいなもんでしょ?」

(笑)(笑)(笑)
ものすごく協力的なSMAPゲスト(爆) もう、こうなったらなんでもやってもらいましょう。

今回のハッピーサプライズは、長年夫婦で「とんかつ屋」をやっているご両親へ感謝のサプライズをしたいというご長男の方のご依頼。開店してから38年間、夫婦二人三脚で苦境を乗り越えてこられたということで、おかみさんであるお母様に笑顔になってもらおうという企画です。

ご長男の方のご紹介で、吾郎を見て「いやぁ~、超、綺麗な顔立ち!」と褒めてくださって、こちらまで嬉しくなりました。そんな綺麗だと褒めてもらった吾郎ですが・・・今回、三人は先ずは変装してとんかつ屋に出向いてくるということで・・・「女装」(笑) これが、また本当に綺麗な女装の吾郎さんで、「スマスマ」もこんな女装の吾郎を見せてほしいですよねぇ。

吾郎 「ちょっといいですか?なんで、僕だけ女装なんですか?」
ザキヤマ 「なんか、女の子いるなぁとは思ったんですけど。これは、香取慎吾プロデュースというか・・・吾郎さんは、女装でいいんですね?」
慎吾 「今回は、吾郎ちゃんに女装で!」
吾郎 「なんで、ここまでカロリー使って・・・」
慎吾 「俺は、小学生の頃から吾郎ちゃんと知り合いだけど、改めて・・・脚、綺麗だね(笑)」

納得。慎吾なら、吾郎の女装はそのままのほうがいいってわかってくれているわけだ。命名、『稲垣ゴロ子』(爆) しかし、改めて「吾郎の脚が綺麗だ」と言ってしまうほどに、本当にまっすぐで細い吾郎の脚。その辺の女性より綺麗な脚ですよねぇ。確か、剛も吾郎の美脚は大好きだったっけ(笑)

とりあえず、とんかつ屋「ひげかつ」の味を誰かが確かめてこようということになり、慎吾が吾郎をじ~っと見るもんだから誰もが吾郎さん?と思ったのに、自分が行くという慎吾(笑) 「って言うか、ただ食べたいだけじゃないの?」という鋭い吾郎(爆) そのとおり、「ひげランチ」がお勧めとご長男に聞いたにもかかわらず、ものすごい量の「満腹セット」に変更してビールbeerまで頼む始末。本当によく食べるのね、慎吾・・・。

そして、次のミッションはお母さんから38年間の夫婦の話を聞きだそう!ということで、ザキヤマさんと夫婦の役で店に向かう吾郎。(夫婦なの?どう見ても愛人・・・いやいやいや(笑)) バレそうなもんだけど、案外バレないもんなんですね。SMAPが来るはずないというのがあるからなのかなぁ。吾郎は果敢にお母さんに質問したりして、冷や冷やしたわ(汗) 慎吾が言うとおり、声は男性そのものなので「オネエ」ですよね(爆) いや、チャレンジャーだわ。

最後には、当然お母さんの前で全員が正体を明かしてハッピーサプライズ企画をお話することに。とんかつ屋をご夫婦で開店してから、本当にいろんなことがあったようで。旦那様からの心のこもったお手紙を聞いて嬉し涙するお母さんに思わずもらい泣きしてしまいました。今、笑って明るくとんかつ屋を続けていられて本当に良かった。お母さんがファンだという布施明さんの『君は薔薇より美しい』も目の前で聞けたしね(笑) しかし、お母さん、SMAPでは慎吾ちゃんと吾郎ちゃん推しなのか(笑)  人選バッチリだったね。

最後に番組側から、しっかり吾郎のミュージカルの稽古風景のカットも流してくださってありがたかったです。ひとつ、残念だったのは・・・予告で吾郎が慎吾に向かって言っていた「お前、さっきから酔っ払ってるんじゃないの?!」というのが流れなかったこと。何を慎吾が吾郎に言ったのか楽しみにしていたんだけどなぁ(笑) しかし、思わぬスペシャルギフトpresentをこちらも頂いた気分になりました。吾郎さん、まだまだ女装いけるよ(笑)

| | コメント (6)

寄せ鍋のようなスマスマ

今週の流れを事前に知っていた段階では、特にそんなに期待して見たわけではない今夜の「SMAPxSMAP」(笑) ところが、ハードルを低くしていたせいか、結構面白かったかなと(笑) なんせ、吾郎が最後の歌以外は本当に出ずっぱりで・・・嬉しいのか、ちょっと複雑なのかわからなかったですが、吾郎さん頑張っているのねとは思いました(笑)

ビストロは、『最近ブレイクした人たち』というゲストの面々で、私は申し訳ないことにLiLiCoさんは存知あげてなかったのですが、映画評論家として最近テレビに出てらっしゃるのでしょうか。そして、栗原類くんにゴールデンボンバーの皆様。すごい組み合わせの三組なんですが(笑)、単体で来られるよりもこの一見ちぐはぐな組み合わせだったのが今回は功を奏した感じがしました。

とにかく、皆さんとても個性的で(笑) キッチントークでのプレゼント披露は、それぞれ「らしい」プレゼントに各メンバーのことを考えて選んでくださったようで。類くんの選んだサングラスは、吾郎にとっても似合ってましたね。「コントを稲垣さんと木村さんとでやってみたい」という類くん。なぜにこの二人(爆) いや、見てみたいけど。しかし、吾郎は類くんと二人だけでも上手くトークできる気がする。昔の吾郎の「不思議ちゃん」を少し連想させる子ですよね。掴みどころがない感じとか。なのに・・・木村さんはどう対応していいのかわからないみたいで、試食のときも類くんが話せば慎吾に「お前、答えろ」的な感じだったなぁ。慣れているんじゃないの、こういう人(笑)

料理は、吾郎と剛ペアの韓国料理の勝利。LiLiCoさんからのご褒美のキスがなぜか「唇kissmark」(笑) 吾郎がちょっと照れちゃいましたね。最近、ドラマでもキスシーンやらないもんねぇ、吾郎。昔は、メンバー内一番慣れている人だったのに(苦笑) ファンのほうもご無沙汰なもんだから、ちょっとドキッとしたわ。「TVfan」の吾郎のグラビアの唇見るとキスしたくなりませんか(爆)? 上唇と下唇のバランスが絵に描いたように綺麗だなと。あと口の両端のキュッと締まったところが、とても素敵なんですよねぇ・・いや、暴走しそうなのでやめておきますけど(笑)

しかし、合間に入り込んだ金爆さんとのショートコント(?)CCB吾郎は何だったんだ(笑)?! ビストロの途中に入れ込むって珍しいパターンですよね。でも・・・なんとなく、笑ってしまったので上手い方法だったのかもしれない(笑)

とにかく、このあとの「しょうわ時代」の皆様と同じく『OVER40』のダンスコンテストが長いこと、長いこと。でも、結構すごいなぁ・・・と見てしまったかも。まぁ、リピはしないですけどもね(笑) ただ、普通にかっこよく審査員として参加した吾郎のヴィジュアル度が高くって、結構、お得なコーナーでしたね。最初、キャラを守れず「素の中居正広」になっていた中居くんの声がしぶくて痺れたわ(笑)

捨て身キャラが続きます(笑) 吾郎の「負けず嫌い殿リーマン」 タッキーこと滝沢くん巻き添え事件(笑)(笑)(笑) よくやってくれたよねぇ(苦笑) 最後に「先輩が普通にやっているので断れなかったんです・・・」に笑いました。いや、変な先輩ですみません(汗) しかし・・・白塗りだからなのか、とっても似ている二人(爆) いえいえ、タッキーが事務所に入ってきたとき、事務所の人たちが揃って「吾郎に似ている子が入ってきた!」と言ったという話は有名ですよね。小さい頃はとても似ていた二人だったので、このキャスティングは案外良かったのではないかと思います。

どうにも複雑になる吾郎の頑張りすぎるスマスマ貢献度。でも、今回は世間の方は笑ってくださったのではないでしょうか。正直、ごりーぱみゅぱみゅよりは笑えるものになっていると思います。しかし、吾郎のかっこいいところも、しっかり「スマスマ」で出していってほしいですよね。今週の歌のコーナーは、慎吾山Pの「MONSTERS」で二人ともとってもかっこよかった。ライブを思い出してしまったのですが、この流れで木村くんとマーティのコラボ、吾郎と大橋トリオさんのコラボとかやってほしいわ。あっ、ライブと同じでキムゴロさんのお二人で二曲一緒にご披露というのもいいですけどね(笑)

というわけで・・・思ったよりは楽しめたスマスマ(笑) 一番、複雑になったのが、実は最後の先週予告であったプレゼント企画。やっぱり、こういう企画だったよ(苦笑) シークレットパーティって、いったい何人のファンが喜ぶ結果になるのか。海外にいる私なんて、応募もできないです(涙) 今日、SMAP SHOPの発表もありましたが・・・SMAPがファンが喜んでくれると思ってくれているのなら本当に申し訳ないのですが、こちらも地方の方でどれだけの人が実際東京のSHOPまで行けるのか。毎年、要望があると思うのに限定グッズの通販はしてくれたことがない。「SMAPからのGIFTですよ」と言われて、最近心から喜べるものがないのが悲しい・・・。

| | コメント (9)

試されているのね、私たち・・・

今回もしょっぱなから波紋を投げかけた『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』(笑) ここは、大きな声で叫ばせて頂きます!

pencil「今年誕生日を迎えると39歳になられる吾郎さんは、まさにサンキューゴローですね。(吾郎:ふんっ(笑)) サンキューゴロー記念として、写真集とか何か企画してくれていたら嬉しいです」

吾郎 「そんなのさぁ、誰も求めてないから。確かに、僕のことをマニアックに応援してくださる大切なファンの方ですよ。それは、もちろん僕も皆さんのこと大切にしていますし、期待に応えたいと思うけれども、サンキューゴロー写真集とかって出しても・・・ねぇ、まぁ・・・何か考えますよ、でも」

考えてください!
ファンがどうにかして写真集を出してほしいと願いを込めて書いたお便りになんたる対応(笑) ここで「S吾郎」出してこなくてもいいのよっ(笑)! これを聴いたときの全国の吾郎ファンの落胆ぶりを考えてください。そんなファンを悲しませた罰に言っておきます。写真集はマニアックのファンに出すものでいいじゃないか。普通そうでしょ?ファン以外は別に写真集なんてほしくないのが普通じゃん。他のSMAPのメンバーがいろんな本を出版していますが、純粋なる写真集なんて木村拓哉様でも最近では出してないわよ(笑) そこを敢えて出すのが「稲垣吾郎」なんじゃないの? 

よ~し、わかったわ。いいですよ。写真集に躊躇するのならエッセイ写真集でいいですよ。書いてくださいよ。忙しいのにそのほうがいいのならどこかでエッセイ書いてください(笑) 今月発売されたばかりの『TVfan』の吾郎のグラビアがすごいです。こんな写真を集めた写真集がほしいんですよ。吾郎個人の出版物っていったら、2001年に出版された雑誌で連載されたエッセイを集めた『馬耳東風』以来な~んにもないんです。吾郎ファンが、この本を大切に宝物のようにして10年以上も待っている想いに応えてほしい。

まぁ、こうは言っていますが・・・実際は、別に吾郎はファンを悲しませたいわけでもなく、本当に期待に応えたいと思ってくれていると思います。声が必要なんだと思う。出してくださいと言われて、じゃあ出しますかとは簡単にこのご時勢できないんだと思う。事務所の後押し、出版会社からのオファー、それに加えてファンからの熱い要望がもっともっと必要なんだと思う。足りない・・・吾郎ファンには、ここがものすごく足りていないんだと思う(涙) それをわかってほしくて吾郎はわざと煽っているんじゃないかと感じてしまう。なんとか、今まで以上に声は出していきたいと思います。実現してもらいますよ、サンキューゴロー写真集(笑)!

pencil「来春公開の映画『桜、ふたたびの加奈子』の新津きよみさんの原作の中では、夫婦が飼っている犬の名前が「ゴローdog」というのは映画ではどうなっているの?」と質問のお便り。確かに気になる(笑) 映画やドラマでは、よく「56」という数字が使われるサプライズがあったりするので楽しみにしていてくださいとのこと。映画も良い仕上がりになっていると思いますが、原作もとても素晴らしいので是非、映画の前に原作を読んでくださいと吾郎が話していました。

初のミュージカルに挑戦という『恋と音楽』ですが、pencil「以前SMAP全員で『聖闘士星矢』をやってませんでしたか?」というお便りに、あれはミュージカルという域にはまだまだだったし、「初の」というほうがキャッチーなのでつっこまないでください(笑)と。確かに、まぁ、そうですね(笑) それに、主演で本格的なミュージカルというのは初めてなので嘘ではないんじゃないでしょうか。まぁ、今回もミュージカル風味があるお芝居というほうがしっくりするそうです。吾郎が主演となると、そうなりますよね。やっぱりお芝居をしてこそというのがあると思うので。今回は、いわゆるオケではなくて生のピアノ一本で歌うということで、稽古もとても楽しいと話す吾郎。楽しみにしていてくださいという期待できるコメントがありました。

pencil「TV LIFEの吾郎さんの色紙の文字が『ロハス君』でしたが、なぜ、ロハス君にしたのですか?中居くんはおとがくと書いて『音楽』、木村くんは何があっても俺たちと一緒に『前に!』、くんはこれからも一緒に『前進』、慎吾くんが『前に!』で、五人のメッセージを並べてみても吾郎さんのチョイスがとても謎です。是非、チョイスの理由を教えてください」

吾郎 「あぁ・・・これ、やっちゃった系ですねぇ。でも、いいんじゃないですか、別にバラバラでも。皆が、「前に!前に!」っていうのもわざとらしくないですか(笑)? いや、なんかねぇ、色紙を書くときってメンバーばらばらに書くじゃないですか。他のメンバーが何を書くかわからないんですよ。だって、これ楽屋で一人で書いているんだもん。ここは、なんか悪ふざけしてもいいところなのかなって思って。しかも、これ『ロハス君』ってこの番組で生まれた言葉じゃないですか。それを思い出して書いてみたんですよ。当たり前のメッセージ書いてもつまんないかなと思って」

なんで、今週こんなに投げやりなの(爆)? いえ、吾郎は始終くすくすくすくす笑いながら本当に楽しそうですけれどね。つっこみどころがいっぱいなので書かせてください(笑) まず、他のメンバーが何を書くかわからない状態で、これだけ統一性があるメッセージが色紙に出てきたっていうのがSMAPで・・・その中で思わずふざけてしまった吾郎はなんなのと(爆)? いちおう「TV LIFE」さんからのテーマはファンに向けてということだったらしいですが、このときに中居くんのメッセージだけ聞いて、「あぁ、ふざけていいんだ」と思い『ロハス君』にしたんだとか。いや、確かにちょっと独特な中居くんのメッセージですが、まだメッセージ性はあるよね? 『ロハス君』ってあなた・・・(笑) 「ストスマ」聴いている人にしかわからんわっ(爆)!

でも、吾郎がいつなんどきでも「ストスマ」でのファンからのお便りを最近思い出すことはわかった。それはすごく嬉しいですよね。でも・・・『ロハス』という言葉はこの番組で生まれたのではなくて、「うたばん」だからね(笑) それを、吾郎に伝えてくれたのがファンの方です。しかし、もうすぐ39歳になる男性が「一人で書いてるんだもん」って・・・「もん」って・・・可愛いじゃないか(笑)!

雑誌で掲載されていたSMAP5人へのいろんな質問の中にあった「好きな駄菓子は?」に、吾郎だけでなく木村くんや剛も書いていたpencil「『すもも』が気になる」という23歳のファンの方からのお便り。吾郎曰く、世代がちょっと若いから知らないのかな?と言っていたけど・・・すみません、私も知りません(笑) ジュースに一緒についていたのもあったとか?そんなのあったっけ? 「これ、十代の頃、木村くんと一緒に食べた記憶があるなぁ」という吾郎。ここでも、木村さんの名前が出てきて驚きました(笑)

今週の『イケTEL』では、ライブで吾郎さんのウチワを4人で8連並べたというファンの方。吾郎が覚えていると答えてとても喜んでらした。それはいいのですが・・・吾郎が「僕のウチワを探すのは「ウォーリーを探せ!」並みに難しいと思うので」って言うのは、ご冗談でしょ(苦笑)? 今年のライブ、すごく吾郎ウチワを見かけたし、声援もものすごかったですよ。う~む、最近の吾郎はファンに何か言いたい(伝えたい)ことがあるのでしょうか。 

最後には、ファンからのpencil「冬には鍋パーティをします」というお便りから最近はまっているという鍋のお話。それは、「みぞれ鍋」だそう。もともと、いろんな種類の大根が送られてきてさばくために、とりあえずおろしたというのが発端だったみたいですが、すごく美味しかったのだとか。まぁ、語る、語る。吾郎の話を聴いていると、みぞれ鍋食べたくなったなぁ。英国では日本のような立派な大根がスーパーにないので、今度里帰りしたときに食べてみようと思いました。しかし・・・ほんと嫁要らずだなと思ったわ(苦笑)


ご連絡
この度は、吾郎さんへの「Special Thanks企画」に本当にたくさんのご参加ありがとうございました。
舞台のお花は劇場、及び随時BBSのほうにてご確認ください。
BDメッセージアルバム、アンケート結果は後日、こちらのブログでご連絡させて頂きます。
お預かりしたBDメッセージは、吾郎さん本人にパルコ劇場にてBD当日にお渡しする予定にしております。
ファンからのお祝いメッセージが、舞台の活力になればいいなぁと。
皆さんのメッセージは、しっかり届けさせて頂きますね。

| | コメント (9)

逃げたっ?!

今夜の「ゴロウ・デラックス」はロケ。ちょうどいい感じで、いつもロケを入れ込んできてくれる番組。そして、毎回はずれがない(笑) ロケと言っても、ちゃんと課題図書にのっとっての企画ですから優秀ですよ~。今回もとても楽しいロケとなりました。

TBSの前でオープニングとなった今回。吾郎のスーツは、先週の放送と同じく「あの」ジャニー社長の代理で『世界に一つだけの花』の表彰式に参加したときのものです。やっぱり、ボトムにタックが入ってものすごくダボダボに見えるのですが・・・これ、流行になるんでしょうか? 吾郎にはやっぱり合わないと思ってしまうのよねぇ。もともと、腰からものすごく華奢な人なので余計にそう見えるのかな。

吾郎と小島さんが立っている傍で、タクシーのクラクションが鳴ります。「一旦、カメラ止める?」という吾郎の言葉は台本どおりなのか、知らなかったのか・・・タクシーから出てきたのは、今回のゲストとなる下田大気さん。小島さんが取り出してきた課題図書を見て「あぁ~」と言っている吾郎のリアクションがすごく素な感じたったけど(笑) とにかく、下田さんの運転するタクシーで東京の道路に出てみることになりました。

第六十七回課題図書 『タクシーほど気楽な商売はない! ~あなたにも今すぐ始められる悠々自適の年収800万円ライフ!~』 下田大気著

Photo タクシードライバーになってすぐ、年収800万円dollarに到達した筆者の魅惑のタクシーライフ満載の一冊。元々、高校時代に役者としてデビューしたものの、実力がなくて早々と諦め、芸能マネージャーなり会社経営などを経て、昔からなりたかったタクシードライバーになられたそう。テレビドラマに出演したときに、たとえ親の七光りがあろうとも(お父様は以前ゲストで来られた志茂田景樹さんです)「この世界は実力がないと転げ落ちる一方」という言葉に、SMAPも大変なんだろうなぁと思いつつ、吾郎のなんでもないような表情に笑ってしまいました(笑)

このくだりで、「でも、タクシー運転手の面接も結構厳しいんですよね」という話をする吾郎。おや?と誰もが思った、そのとき・・・

吾郎 「僕、あのぉ~、タクシー会社の社長さんが友達で・・・」
小島 「(笑) また、広い人脈を・・・(笑)」
吾郎 「この番組でも多々出てくる、家に週に4回ほど泊まりに来る・・・」 (数、増えてないか(笑)?)
小島 「ヒロくん?
吾郎 「はい」
小島 「ヒロくん、社長さんなの?」
吾郎 「ヒロくん、タクシー会社の社長だから」
小島 「やだぁ、ヒロくんったら、ほんと(笑)?」
吾郎 「そう(笑)」

おいおい・・・何気に小出しでヒロくんの実態がわかってくるんですけど(笑) いいんでしょうか? と、言うか・・・どちらの「ヒロくん」? 確か、吾郎の知り合いって「ヒロくん」なる近し人って数名いらっしゃいましたよね(爆) もう、なんでもかんでもヒロくんじゃないのか(笑)(笑)(笑)? まぁ、小島さんが言うように、いろんな分野からのお偉いお知り合いがいるのは事実ですけど。

下田さんに連れて行ってもらって、タクシー運転手だけが知っている秘密のスポット、渋滞回避の技などを一緒に体験してもらおうということに。そんな説明を小島さんが聞いているときに、カメラに向かってお鼻をつけてレンズが汚れたところを指で拭いたり、車内でキョロキョロしてみたり落ち着きのない吾郎(笑) しっかり効果音noteをつけてくれるスタッフさんがGJ(笑)!

私は東京の混雑する道路などはよくわからないのですが、以前、「松本人志の○○な話」で、ジュニアさんが同じように混雑交差点の回避を教える企画があったのが面白かったのを覚えています。今回も同じような感じですが、吾郎のコメントがところどころおかしくて(笑) いつもお仕事の移動に運転してくれているであろう「マネージャーさんを一緒に乗っけたかった」という吾郎。マネージャーさんなら、きっとこの番組見てくれているんじゃないの(笑)?

ここで、下田さんの癒しスポットである隅田川沿いをタクシーを降りて歩いていく三人。そこに、金だるまと一緒にタクシー運転手のユニフォームで待っている親太朗くん。どうやら、今回はこの隅田川沿いで朗読コーナーを撮影するようです(笑) 今回は、小島さんが「男性が女性を夜タクシーで送るときによく見かける光景」の部分を朗読。女性を送ってから男性の家というコースは「ロング客」として運転手としてはありがたいので、その車内で男性が必ず女性宅に泊まっていいか口説き始めるので、申し訳ないけど失敗してほしいと思うという話。なるほどねぇ~。

このロケ撮影のあと、吾郎はどうやら次の仕事の時間がせまっていたらしく(おそらく、表彰式ではないかと思われます(笑))、TBSではなくてその仕事先へとまず送ってもらうことに。タクシーを降りた吾郎が下田さんと握手をして挨拶をしたあと、カメラに向かって「じゃ、さよならrun!」と走っていく姿を見て・・・

小島 「えぇ?! 吾郎さん、何もおかないで行っちゃいましたね」
下田 「吾郎さん、財布持ってましたよね?」
小島 「ひどくないですか?お財布持って逃げましたよ」
下田 「ようは・・・乗り逃げ?

先週は「やり逃げ」、今週は「乗り逃げ」・・・おあとがよろしいようで(爆)


お知らせ
吾郎さんの「Special Thanks企画」は、明日、23日(金)に締め切りとなります。
ご参加くださる方はお早めに。滑り込みのご参加Welcomeです(笑)

| | コメント (4)

人気者とモテる人の違い

新聞のラテ欄に盛大に書かれていたきゃりーぱみゅぱみゅごりーぱみゅぱみゅのコラボ・・・「SMAPxSMAP」迷走中(爆) いえ、吾郎のごりーちゃんの頑張りは賞賛に値するし、きゃりーちゃんは可愛いんですけども、中居くんの「しょうわ時代」と同じで引っ張りすぎ(苦笑) 出だし一発コントは、勢いであって「もう少し見たいかも」と思わせて去り際よくするのがいいんです。まだコント台本がしっかりあるものならまだしも、本当に吾郎の勢いだけに頼りきった企画。それも、今回はきゃりーちゃんの日本武道館でのゲリラコラボ。スマスマのスタッフは、吾郎を緊張させるのが好きなんでしょうか(苦笑)?

それでも、やりきった吾郎に拍手! ちゃんとダンスの振りも覚えていたし、さすがSMAP(笑) 大きな会場での盛り上げ方を知っていた。実際は、このごりーちゃんが吾郎だと気づかなかったきゃりーちゃんのファンの方も結構といたようで、あとからネットニュースになって知って「あれ吾郎ちゃんだったの?!」というのを結構拾いました(爆) 知らなくてあれだけ乗ってくれていた、きゃりーちゃんのファンの方たちに感謝ですね。吾郎が女装するだけで出演したら、もっと盛り上がったんじゃないかと思うのですが(笑)・・・「しょうわ時代」もゲリラ企画で華々しく終わったので、ごりーちゃんもこれで打ち止めにしてください。

ビストロは、意外にも初めてゲストで来られたという安田成美さん。もちろん、皆さんご存知のようにとんねるずの木梨憲武さんの奥様です。もう、結婚18年目なんですね。おしどり夫婦というイメージが強いお二人なんですが、喧嘩をされないと聞いてとても羨ましかったり(笑) どちらも、穏やかというか物事をシリアスに考えないようにできる明るいご家族なんでしょうね。理想的なんじゃないでしょうか。

今、剛の映画「任侠ヘルパー」に出演されているけど、慎吾とは「ドク」で共演されているんですよね。とてもキュートな安田さんですが、ちょっと天然が入っていてせっかちということですが・・・吾郎と同じタイプ(笑)? でも、天然のタイプがちょっと吾郎とは違うのよね。今、高校生になる息子さんがいらっしゃるようですが、彼女を連れてこないので逆に心配なのだとか。そんな流れで、なぜか吾郎の高校時代のバリバリ女性歴の話を意気揚々と話す剛(爆) 自分の学年の女生徒たちにも紹介してほしいと言われたとか、思い出してテンションあがる剛に木村さんの的確なつっこみが入って笑いました(笑)

中居くんの名言 『人気者とモテるのは違う

これ、すごくよくわかる。中居くんの言う、「稲垣さんは人気はないけどモテる」という弄りは置いておいて(笑)、案外的を射ていると思うよ。これ語ると長くなるのでやめておきますが(爆) 

しかし、試食でのシンゴロの息の合ったミニコント(?)が最高でした。店長とドク。懐くドクに戸惑う吾郎(笑) べったべたでしたね。ここで、安田さんから「やっぱり(稲垣さんが)一番やさしい」というお言葉を頂戴する吾郎。なんでしょう・・・やはり物腰が柔らかくて丁寧だから、大人の女性には受けがいいのかな。ま、料理は負けちゃいましたけどね(笑) とぅるとぅる料理、今回もどちらも美味しそうでした。やっぱり、麺類は食欲をそそりますね。

歌のゲストは、FUNKY MONKEY BABYSの皆さん。彼らの曲って、SMAPに合っているのかな。全員が歌いやすそうでしたよね。皆がノリノリで拳を振り上げて熱唱している中で、一人優雅に秋mapleの装いで違う空気を醸し出す吾郎さま(笑)(笑)(笑) 力を入れて歌うとか、この人にはないです(笑) 歌のときでもマイペースで自分のカラーを前面に出す人。そして、それがとっても素敵(爆) 少し俯いて憂い顔を見せて歌う吾郎を見て、ちょっとミュートで視聴してみたら一人違う次元に行かれていました(爆) 

そして・・・最後のお知らせ。来週「スマスマ」を見た人だけにBIGプレゼントpresent! うん・・・これ、海外在住者は蚊帳の外とかっていうようなのはやめてね(苦笑) どんなプレゼントなんでしょうねぇ。スマスマ発信は怖いわ(笑)

お知らせ
吾郎さんへの『Special Thanks企画』に、たくさんのご参加ありがとうございます。
今から参加しようと思っている方は、締め切りが今週の金曜日となりますのでよろしくお願い致します。  

| | コメント (10)

ドジっ子吾郎ちゃん

吾郎ファンの癒し、ラジオ「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」は、今回もたくさんのファンの方の素晴らしいお便りにいろいろと丁寧に答えてくれる吾郎がいました。このラジオのお仕事は、吾郎の中でルーティンになって楽しんでくれているでしょうか。ファンとの交流が直にできる唯一の場だと思うので、いろんな発見が吾郎にもファンにもありますよね。

オープニングメッセージは、pencil「毎日とても忙しいと思いますが、どうやって自分の好きなことの時間をとっているの?」という質問。時間のない中に十代の頃からお仕事をさせてもらっているので、時間の使い方は上手いほうかもしれない。逆に、ゆっくりお休みの日ができたりするとのんびりできずにいろいろと詰め込んでしまうという弊害が生まれたようです(苦笑) 「時間の貧乏性」という、一種の職業病におちいっているようですが・・・本人がそれで充実しているのなら良いことですよね。

pencil「先日、中居くんの『ATARU』 SPが発表されて思ったんです。木村くんは『PRICELESS』。くんは『僕に炎の戦車を』。慎吾くんは『MONSTERS』。そして、吾郎さんは『恋と音楽』ですよね。11月、12月はSMAP全員が舞台やドラマの撮影や稽古中になるんですね。SMAP全員を見ていて、ときどき役を引きずっている?と感じることがあるのですが、吾郎さんから見てメンバーの皆さんはどうだと思いますか?吾郎さん自身は役を引きずっているなと思うことはありますか?」

吾郎 「う~ん・・・役を引きずる・・・すごくかっこいい言葉なようで、ダメな気もしたり難しいですよね。僕らは短い時間の中でいろんなことを詰めて多忙なときを送ってきて、いろんなジャンルの仕事をやらせてもらっているので。やっぱり切り替えというのは大切にやってきたんでねぇ。役を引きずっているという雰囲気に酔いしれたいとは思いますけどね。でも、そうさせてくれなかったっていう感じですね(笑) だから、メンバーも全員引きずっているという感じは、僕はしないですね。でも、唯一、僕から見て草彅くんとか多少感じるかな、それは。あんまり、その辺が器用なタイプじゃないのかな、もしかして。ずっと「スマスマ」の楽屋なんかでも、台本の台詞を繰り返ししゃべってて。うん。僕だったら、「スマスマ」の現場行ったら、「スマスマ」のことで頭を覆いつくしていかないと割り切ってできないというかね。本当に大変なときは、「スマスマ」の現場で台本読んだりとか器用にやってはいくんですけども、でもその現場に行ったら忘れていくぐらいの勢いじゃないと切り替えっていうのは上手くできないんでねぇ。この間、SKE48がゲストに「スマスマ」に来たときに、楽屋で草彅くんが『僕に炎の戦車を』の台詞をず~っと一所懸命練習していて・・・SKEの歌だいじょうぶなのかなぁ。この人、覚えているのかなぁ?と思いながら、僕は心配しながら一人でSKEの練習をしていたんですけどね。本番を迎えたら、やっぱり微妙な感じでしたねぇ(笑) また、木村くんに怒られちゃうんじゃないかなと思いながら見てましたけど」

その、吾郎曰く「ものすごく大変なとき」が今、吾郎に来ているようで(笑) 映画『任侠ヘルパー』の公開初日となった今日、が「吾郎さんに、彦一が抜けていない」と言われると話し、加えて「そんな吾郎さんは、初めてのミュージカルなので楽屋で台本読んでます」と暴露されたらしいじゃないですか(笑)(笑)(笑) 「切り替え」はどうした、吾郎(爆)! まぁ、ラジオでこうやって話していてのこの状況。よっぽど大変なんだろう(苦笑) もう、初日まであと二週間しかないですが、本当に頑張って、吾郎さん!

そのミュージカルのことで、pencil「メンバーとはお話したりしていますか?」という質問のお便りがファンから届いていました。SMAPのメンバー同士で、あまりお仕事の話はしないそうで、「見たよー」とかそれぐらいだそうです(笑) とにかく、今は稽古真っ最中ということで、冬の舞台は初めてなので吾郎本人も楽しみにしているとのこと。ロマンチックでいいですよねという吾郎は、本当にロマンチックな男性ですよねぇ。(実際は、すごく現実的な考えをする人でもありますが(笑))

慎吾が今、山下くんとユニットを組んでいることから、pencil「後輩くんとユニットを組むとしたら、誰とやりたいですか?」という質問に、吾郎は「やっぱり・・・山田親太朗(笑)?」という迷回答(笑) 後輩というのなら、ご要望があれば誰とでもいいですよ~という受けて立つ姿勢の吾郎ですが、もうこうなったらすごく若い後輩とがいいんじゃないかと。Hey!Say!JUMP!とかSexy Zoneとか親子ユニットみたいに・・・と言っている吾郎ですが、全員の名前わかっているだろうか(笑) そんな吾郎は、六本木ヒルズでNYCのメンバーでもある山田涼介くんにバッタリ会ったらしい。吾郎は、男二人で男性の誕生日プレゼントにするべく男物の下着を探していたら・・・「先輩、お疲れさまです」と光り輝くような、天使のような美少年shineに声をかけられて恥ずかしかったらしいですが(笑) しかし、「違うね!その辺歩いている男の子たちとはほんっと~に違う」と山田くんをべた褒め。あのぉ・・・そんな吾郎も、世間の男性とは比べられないほど美しい彫刻のような人だというのを本人は自覚していないんでしょうか。しかし、山田くんが男性下着を男二人で選んでいる自分をどう思ったか非常に気になっているみたいなので、山田くんのファンの方は是非彼に聞いてみて吾郎さんに教えてあげてください(笑)

pencil「雑誌で中居くんが、「ライブのときに稲垣さんを見ていない。もっと視界に入ってきて」と言っていました。ライブのときって、リハーサルや本番以外は中居くんとそんなに顔を合わせないんですか?もう少し構ってあげてください」

吾郎 「そうですねぇ・・・たとえば、『Moment』の歌を歌って♪握りしめてきた手を~♪って僕が歌って、♪振り返るのはまだ先でもいいけど♪って歌い終わってから元のフォーメーションにつくときに、中居くんの前、僕よぎりますけどね。あっ!中居くんの前通っちゃって被っちゃってる。「お前、被んなよ!」って思ってるのかな?とか思いながら、急いで彼の前を通り過ぎているんですけどね、僕。本当は、♪先でもいいけど♪って歌い終わる頃には通り過ぎていたほうがいいと思うんですけど。基本、ソロ歌っているときって、あんまり動きたくないんですよね。動きながら歌うって、意外と難しいんですよ(笑) ライブ中、メンバー見ていると思いますよ(笑)中居くんなんて、特に周りを見ているんでね」

誰が、フォーメーションの説明をしろと(爆)
ファンからのお便りを不思議そうに読んでいたので、本当にファンが聞きたいことの意味するところがわかっていなかったかもしれない(笑) ライブのとき=ステージ上でメンバー同士顔を合わせないとか、そんなこと誰もお便りにしないわ(笑) もう、吾郎がそういう捉え方をしたので、期待する回答が導き出せるはずもなく。残念な感じになってしまいました(笑) でも、最後の中居くんへの言葉を聞けたのは嬉しかったな。

そして、お便りは吾郎自身のことへと移っていきます。pencil「吾郎さんの最近のゴルフ事情を教えてください」というお便りに、最近はやっていない。ゴルフは好きなので集中したいのもあるし、逆に仕事で忙しいときは中途半端になってしまうので封印するようにしているのだとか。すごいなぁ・・・忙しいからSMAPを封印しろって言われても、私きっと無理(笑)!

雑誌で吾郎が「インドに行ってみたい」というのを見て、何度かインドに行ったことがある16歳のファンの方からpencil「インドで何がしたいですか?」と聞かれる吾郎。このファンの方は、学校のプログラムで行かれるのだとかですごいですね。価値観の同じ友達が、最近インドに行って写真を見せてもらい、とても感激したというのを聞いて行きたくなったんだとか。海外旅行は忙しい吾郎には難しいと思うので、番組で行かせてもらえるようなことがあればいいのにねぇ。ドキュメンタリーとか是非見てみたいです。

pencil「紅茶は、ミルクティー派ですかストレートティー派ですか?」という質問。まず、コーヒーcafeよりも紅茶派clover。以前も何度か聞いていますが、今でもお気に入りはマリアージュフレールのマルコポーロだそうで。確かに、この紅茶はとっても香りがいいんですよねぇ。う~ん、フランスティーかぁ。是非、吾郎には英国のティーを気に入ってほしいところ(笑) 

お便りは続きます。pencil「『ゴロデラ』で話していた、スーパーの一等賞を引き当てたスカイツリーは行かれましたか?」というお便り。本当はくじを引かないでさらっと帰りたかったところを、「あっ!お兄さん、お兄さん!くじ引き!くじ引き!」と言われ、断るのも感じ悪いのでさっと引いて帰ろうとしたら・・・まさかの一等(笑)(笑)(笑) 一万分の一の確率だったようで、どんだけ運があるのと思いましたよ。「ここで運使っちゃったかなぁ・・・」と心配する吾郎に、そんなこと言ってたらSMAP何回運使っているんだよ!と励ましたくなったわ(笑) SMAPは特別に運のある人たちが集まっているんです。それは、もちろん努力の上にあってこその運ですが。

「スマスマ」のEDトークで、中居くんのドアノブにパジャマの裾が引っかかるという話のときに、足の小指をぶつけたら痛いとテンションのあがる吾郎がいましたが、pencil「他にもそんなドジっ子の吾郎さんの話があれば教えてください」というお便りに、とんでもない話を拾ってきた吾郎さん(爆) どうやらご自宅のトイレの蓋が自動的にセンサーで持ち上がる最新式の設備があるらしいですが・・・待てないときがあるそう(笑) どんだけ、せっかち?! 待てなくて手動で思い切り上げたら壊れてしまい、直してもらったことがあると。これ、きっと何度か壊してるな(笑) あとは、ペットボトルの蓋を開けずに注いでいることがあるのだとか。えぇ?!そんなことあるの?一度ならず「結構」あると聞いて、どんだけぼんやりしているんだと。もしかして・・・王子様crownはいつも誰かに注いでもらっているから慣れてないのか?そうなのか(笑)?

いきなり聞かれて、あとからドジな吾郎が出てくる、出てくる(笑) これ、もう本にしてしまえっ(笑)!それを、写真集にしてもらいましょう!

| | コメント (10)

とりあえず・・・やっとけ(笑)!

あ~、また黒縁眼鏡の吾郎さんに戻っている(汗) 嫌いではないし似合っているとは思うのですが・・・定着するのはもったいないですよねぇ。先週がそのままだったのでちょっと期待しちゃったんだけど。衣装は、「あの」社長代理で「世界に一つだけの花」の表彰式に参加したときのスーツでしたね。これ、やっぱりボトムが太くて吾郎にはあまり合わないと思うんだけど、オープニング以外は座っての収録番組なので気になりませんでした(笑)

今夜の「ゴロウ・デラックス」は、放送禁止用語ギリギリ(?)の連発です(笑) これは、吾郎らしくない番組の流れなんだけど、なぜか吾郎で緩和されていた(爆) この辺は、さすがの吾郎さんでしたね。

今夜のゲストは、漫画家の西原理恵子さん。映画化された「毎日かあさん」や「いけちゃんとぼく」などの感動的な漫画で知られるのですが・・・ご本人はさばさばしたを通り越して(笑)あけっぴろげな豪快姐さんでした(爆)

第六十六回課題図書 『生きる悪知恵 ~正しくないけど役に立つ60のヒント~』 西原理恵子著

Photo_2 著者が波乱万丈の人生で培った処世術を斬新な切り口で伝授する一冊。悪知恵と言っても、恋愛に真面目な人が多いなかで、たとえば結婚生活40年の中で多少悪いことをしちゃってもかまわないんじゃないかという西原さんの根本的な考え方が、随所に散りばめられている模様。そんな西原さんは、只今、高須クリニックの院長先生と熱愛中。お互い、つれあいを癌で亡くされてから出会ったのだとか。

そして朗読コーナーですが・・・今回は、西原さんご自身がお二人に読んでほしい箇所をお願いするというパターン。吾郎は自分が読まされる場所が想像できたようで(笑) 特に文章に起こせないわけではないのですが・・・すみません、遠慮させてください(笑) 吾郎は、しっかり読んでたし問題はないので、見れない地域にお住まいの方はご心配なく。

西原 「じゃあ、お願いしていいですか?思いっきりなところを。ジャニーズで禁止されていることとか・・・」
吾郎 「いや、全然だいじょうぶです!なんでも」 (自分から墓穴を掘りに行く男前な吾郎さん(笑))
西原 「私、今から、何万人の女子をこれから敵に回すか。ふふふふふ(笑)」
(お願いされたページを繰る吾郎)
吾郎 「やっぱり、ここだぁ~(笑)!」 (のけぞって笑う吾郎さん(笑))
小島 「やっぱり、ここだった!吾郎さん(笑)」
吾郎 「まぁ、俺はここかなぁと思ったんだよね。『ソープに行け!』かこっちかと思ったんだけど(笑)」

問題箇所を読む前に、ひと呼吸おいて読む吾郎。小島さんが声を出さずに笑い崩れていました。スタッフも含み笑いをするのはやめてください(笑) 西原さんの結論まで読みきる吾郎。素晴らしいです。吾郎なら「一緒に行こうよnote」と言うと実践してくれるんですが、思わず西原さんも「春風cherryblossomみたいでしたね」とご満悦(笑) 「異色のジャニーズ」驀進中です(笑)(笑)(笑)

小島さんにも別の思い切りなところを読んでもらったあとで、実際に西原さんが波乱万丈の人生を送られた経験をフリップにしてご紹介。高校時代から、飲酒が見つかり強制退学を学校から申し受け裁判を起こしたり、漫画でギャンブルのことを描くことになり、実際に麻雀をして5000万円を費やすことになったり、先立たれた旦那様がアルコール依存症で大変だった時代があったと赤裸々に語られていました。

どれもこれも今なら笑って話せることかもしれないけど、結構厳しいですよね(汗) 私も実はちょっと他人事でないこともあったので、聞いているだけで思い出してため息つきそうになったのですが・・・こういう人生を歩んでくると「あまり物事を深く考えないようにしている」という生き方になるのはわかる気がします。「人って結構、記憶の上書きができますよ」という言葉はそのとおりだなぁと思った。苦しかったことも楽しいことで終われば、その思い出が最後に残るんですよね。それで復習しない場合もありますけど(爆)

バッサリと簡潔に悩み相談をされるということで、結構たくさんの方から悩みを打ち明けられる西原さん。親太朗くんが、街中に出て世間の方たちの悩みを街頭インタビューしたVTRが流れ、それに西原さんがひと言で斬るという(笑) なかなかこれが的を射ているアドバイスで面白かったです。しかし・・・西原さんは、テレビだと下手したら「下品」と捉えられると思うのですが、私なら、確実に自分の親しい友人がこのタイプなら、一緒にお酒を傾けながら一晩中話せると思います(笑)

しかし、後半は全員が麻痺してきたのか(笑)、放送禁止用語並みの言葉が飛び交っておりましたが(笑) 吾郎の口から出てくるとなんでもないことのように聞こえるから不思議。これ、根が上品な人じゃないとダメですね。だって、申し訳ないけど、他の二人が発するとただの「エロ」にしか聞こえないので(爆) (もちろん、私も後者グループです(笑)(笑)(笑))

最後に、西原さんがお二人のイラストをサラサラと描いてくださいました。とっても可愛い(笑) こちらも色紙にひと言添えて。小島さんには、『生き残る』(笑) そして吾郎のイラストには・・・『やり逃げ』(爆) これはベッドルームに置かないようにというアドバイスで締められて大笑いした「ゴロデラ」でした。

追記: お悩み相談の中で、旦那様のケータイを見て・・・飲み屋の女の子たちと連絡を交換するのはやめてほしいというのがあり、『夫の携帯に希望ナシ!』なので最初から見ないほうがいいという西原さんのアドバイスがありました。吾郎が、「見られたことはあるけど、自分は見たことがない」という話をサラリとしていてドキッとしたことは最後に付け加えておきます(笑)

| | コメント (5)

素敵な先輩たち

ビストロがさいっこうに面白かった。このひと言に尽きた今夜の「SMAPxSMAP」です(笑) こんなに素晴らしい先輩たちをお呼びするときこそ、SPにすれば良かったんじゃないの? どうにも、スマスマスタッフと趣味が合わないようです(笑) 他のコーナーも充実していましたね。

2012年ヴァージョンの木村くんの「体感エレベーター」。横山めぐみさんが優秀だったとは言え、今、ドラマで共演している香里奈さんとも面白かったですね。ドラマの二人とあまりにも違うのが、さらにおかしい。木村くんのドラマ面白くてずっと見ています。実は、ここだけの話・・・香里奈さんが苦手でした(笑) 彼女自身がどうこうじゃなくて、女優さんとしてあまり魅力を感じたことがなかったんですが、今回の「PRICELESS」ではすごくいい!続きが楽しみです。

そして・・・先週からずっと楽しみにしていたビストロのゲストは、SMAPの大先輩にあたるマッチこと近藤真彦さんと、よっちゃんこと野村義男さん。「たのきん」としてデビューしたときは、ものすごい勢いでしたよね。としちゃん(田原俊彦さん)がご出演されなかったのは非常に残念ですが・・・まぁ、いろいろ事情があるんでしょう(笑) しかし、マッチはなんで年を重ねてからのほうがかっこいいんだろう(笑) よっちゃんは、やっぱりトーク上手ですよね(笑) お二人とも、すごく番組を盛り上げてくれた。

基本的に、ビストロでバタバタするゲームをするのは賛成派ではないのですが、今回に限りOKでしたね(笑) なんだろうなぁ・・・これ、ゲストのお二人が良かったのか、群れて子供みたいになっているSMAPが可愛かったのか・・・きっと両方だろう。私は、ジャニーズに嵌ったのがSMAPが初めてなので、当時学校でもすごく人気があった「たのきん」はふ~んという感じでした(笑) でも、ちょっとやっぱり昔の映像とか見るとノスタルジーを感じるわ(爆) アイドルにとって黄金期だったものねぇ・・・そのぶん、すごく忙しかったとは思うけど。

マッチの曲のイントロクイズで、大はしゃぎのSMAP(笑) 中居さん、今回は果敢に向かっていって・・・申し訳ないけど、ものすごく笑いました(笑) そんな中居さんを尻目にチームミーティングをする他の4人。おいおい、助けてやれよ~(笑) 吾郎が「は~い!は~い!」と手を挙げて可愛いのなんのって。中居さん、そんな吾郎を見て笑み崩れていたし。そして、ひそかにずっとボタンに二人で手を添えたままのキムゴロさんたち。いや~ねぇ、本当に(爆) 木村さん、お誕生日おめでとうbirthday(笑)(笑)(笑)

今回の「麺類とカレー」というお題の中で・・・どちらも美味しい!とパクパク食べてくれる先輩二人(笑) キムゴロペアが正統派だったんだろうけど、シンツヨペアのアイデア勝ちでしょうか。最後のプレゼントをもらうくだりも笑った、笑った。先輩が来てくれると、SMAPが可愛くなるから好き。思ったんですが・・・マッチさんって、ちょっと吾郎に似てません(笑)?(いえ、個人的見解なので、どちらのファンの方も軽く聞き流してもらえればいいのですが・・・(笑)) 見た目ではなくて、まず全体的なフォルム(マッチさんも足長いと思うのよ)、そして手の感じがすごく似ている(手が綺麗で指先のちょっと反った感じとか)。あとは、おでこにかかった前髪をどけて額を伸びた指先で触る感じとか・・・言ってる意味わかる(笑)? 醸し出すものは、まったく違いますけどね(笑)

今夜の歌のコーナーのゲストは、JUJUさん。とっても独特なスタイルで、ちょっとSMAPには難しいのは難しいよね(笑) しかし、一曲目はまだしも、二曲目でJUJUさんと並ぶ吾郎をUPで撮ってくれないのはNGだわ。ここでUPにしてもらえなかったから、今回の吾郎のUPはまったくなかった。本当に残念。でも、シンゴロのダンスというのが新鮮だった。まぁ、揃わないこと(爆) 最高ですね、この二人も。とてもいい感じだったんだけど、私は吾郎のUPがない歌のコーナーはほとんどリピすることがなく、金爆やデリコさんたちの曲はいまだに脳内でグルグルしてますが、JUJUさんには非常に申し訳ないけど歌を覚えられるほどリピしないと思います(笑) 

| | コメント (11)

金田一シリーズの要望にGOサインです(笑)

木曜日に、ラジオもテレビもしっかり放送されると吾郎ファンとしては充実感が味わえますね。まだまだ、どちらも未放送地域のところは多いと思うのですが、本当に皆さん頑張って要望出していってくださいね~。やはり、声は必要だと思うので。ラジオ「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」の感想をあげておきます。

最初の呟きメッセージでは、pencil「ライブでの爆音が苦手ですが、吾郎さんはだいじょうぶ?!」という、いわゆる特効が苦手なファンの方からのお便り。吾郎自身は、どこで鳴るかわかっているからまだだいじょうぶということですが、ファンの方は怖いでしょうねぇという気遣いさん(笑) 本人は音よりも、その後に舞う火薬の粉が喉に入ると歌えないので、そっちのほうが苦手なんだとか。(いつだったか、中居くんに「口元に海苔ついている・・・」と吾郎が言われたのは、きっとこの火薬の残骸だったんでしょうね(笑))

お仕事の話題は、pencil「来年4月6日に公開になる映画『桜、ふたたびの加奈子』のお話を少し教えてください」というご質問。桜が綺麗な時期に、栃木県の足利市で撮影をしてきた。結構と重い作品なので、辛いことも多かった。広末さんとは何度か共演したことはあるけど、ガッチリ夫婦の役は初めだったけどやりやすかったし、逆に助けてもらった。栗村監督は外国の映画祭で賞賛されている方で、普通の映画撮影の手法とは違っていて、ワンカットで長く撮影したりとか、小さなデジタルカメラで静かに撮影してくれて良い意味で役に嵌れてつきぬけて演じることができたとのこと。いまだ大きな宣伝も皆無ですが、少しWSで拝見した感じではこの吾郎の言う意味がよくわかる作品になっているのではないかと。来春公開の映画、期待したいですね。

pencil「木村さんのドラマ『PRICELESS』の役名が金田一二三男さん。金田一と言えば、吾郎さんの金田一シリーズは完結してしまったんでしょうか?」

吾郎 「すごい流れですね、これ(笑)木村くんですら、思いつかないんじゃないですか? 金田一シリーズ、最近ちょっとご無沙汰なんですけども、別に完結したわけではないんでねぇ。なんか、自然にやっていないというだけで、別にまた機会があれば・・・そういった声があれば、ドンドン作品化していきたいなぁと僕はもちろん思っているんですけれども。金田一さんは年をとってもできるんでね。当時、僕は30歳かで金田一耕助シリーズの『犬神家の一族』をやったときに、歴代で一番か二番かに若い金田一だったみたいで。リクエストがあれば、作品化させてもらえるんじゃないかなぁと思うので、皆さん、そういった声をドンドンTV局のほうに(笑)伝えてください

リクエスト毎月出してますよ、フジテレビさんに(笑) 吾郎、ありがとう。吾郎から言ってもらうのが一番いいわ。要望とか出していいのかな?と思っているファンの方もまだまだ多くいらっしゃると思うんですけど、吾郎が言ったようにそういった「声」がないと実現しないものなんです。(特に昨今は・・・) なんとか、金田一シリーズが復活するようにテレビ局に遠慮なく出してください! あの映像美に映える吾郎の金田一、また見たいですよね。

ここでイケTELが入って、「吾郎文の時間」へと移ります。pencil「吾郎さんはスケジュール帳を使っていますか?」というご質問。スケジュール帳は使わずに、ケータイに入れている。スケジュール帳を持つのは大人な感じでいいのだけど、案外面倒くさがりというのと自分の字があまり好きではないから持たないのだとか(笑) メンバーで言うと、草彅くんは自分で書き込んで使っている気がする。えらいなぁと思って、たまにチラ見するという吾郎さん(笑) 本当は、ケータイではなくてスケジュール帳に自分で書き込むほうが忘れなくていいのかもと思っているらしいですが・・・話を聞いていると、このままケータイで済ましそうです(爆)

pencil「以前ザク豆腐というのがありましたが、今は鍋用のズゴック豆腐が出ています」と、画像まで送ってくれたお便りに、「あぁ、これは量産型ズゴックですね。シャア専用ズゴックではないですよね」と、いきなりガンヲタ撒き散らす吾郎さん(爆) しかし、吾郎は「俺、申し訳ないけど、もう見たよ(笑)」と。スーパーに行ったときにズゴック豆腐を見かけたようです。そんな豆腐の話から・・・最近、アボガドと豆乳をミキサーにかけてレモン汁を垂らして飲んだと女子トークに展開しました(笑)

吾郎へのお便りって、女子トーク系がよく選ばれるような(笑) 次のお便りもpencil「吾郎さんは体が硬いのでストレッチをしているようですが効果はありましたか?」というもの。トレーナーの人だけでなくお医者さんにも驚かれるぐらい体が硬いらしく(笑)、健康のためにもストレッチをするように心がけている模様。お風呂の中で正座をすると前ももが伸びて骨盤が矯正できて腰への負担もなくなるからいいと聞き、最近はお風呂の中で毎日正座して本bookを読んでいるという吾郎。なんか、その姿を想像したら可愛いんですけど。踊りのためでなく、健康のためにという理由でストレッチを続ける吾郎が私は大好きです(爆) でも、最後にその成果はミュージカルで出したいと。楽しみですね(笑)

ananでの吾郎の映画レビューを毎回読んでいるというファンの方からのお便りで、ananの編集長さんがラジオで女性の部屋の水回りが気になると聴かれたのだとか。pencil「吾郎さんは、女性の部屋で意外と気になる場所はありますか?」という質問。見てはいけない感じはあるけど、お手洗いはついチェックしてしまうと。人が見ないところで冷蔵庫の中の整理整頓とかは気になってしまうと。吾郎自身は根っからの綺麗好きではないので、誰か来るかもしれない。部屋を出るときも、誰かと一緒に帰ってくるかもしれないというシミュレーションをして部屋を綺麗にしておくようにしているのだとか。ものすごく前向きで効果がある方法かも。交友関係が広い吾郎ならではですよねぇ。部屋に限らず、常に人に見られているというのを意識しておくのは大事だと。そうそう、部屋だけじゃなくてその人なりもそうだよね。だから、いつも綺麗な吾郎でいてられるのね~、わかる、わかる(笑)

とにかく、吾郎がファンからのお便りを楽しみにして待っていることはすごく伝わるラジオ。皆さん、たくさん出してあげてくださいねheart

| | コメント (3)

亜土たんと吾郎さんのコラボ

どうも、すみません!吾郎さまっ(笑)!

ゴロウ・デラックス」に水森亜土さんがゲストで来られると聞いたときから、もしかしたら、「ストスマ」でのお便りの件が出ちゃったりする? でも、きっとカメラの裏でこういう話があったんですよ~みたいなトークをされるかなと思っていたのですが。いきなりきた・・・冷や汗かいたわ(汗)

水森亜土さんがゲストということで、吾郎さんも小島さんも亜土さんのトレードマークのオーバーオールと帽子という可愛い格好でご登場。「ペアルックheart」とお互い笑い合ったりして和やかなムードです。いつものセットには、亜土さんの素敵なイラストが所狭しと飾られている中でのスタート。

第六十五回課題図書 『水森亜土 (らんぷの本)』 水森亜土 著、内田静枝 編集

Photo 歌を歌いながら両手で絵を描くというパフォーマンスでお茶の間の人気者になった水森亜土さんは、実は「天才画家」。半世紀に渡り、世の女性の心を掴んで離さない亜土さんの可愛いイラストは、現在でもイラストとのコラボ商品がたくさん販売されている。現在はイラストだけでなく、舞台女優やジャズ歌手としても幅広く活躍中。そんな亜土さんの秘蔵のお宝グッズや、貴重なイラストの原画、お気に入りの品々など水森亜土さんの全てが詰まった一冊。

世代的には、吾郎も小島さんも亜土さんのイラストをよく知っているということで、吾郎の場合はお姉さまもいらっしゃることから「ドンズバ!」(ドンズバリ)なのだとか(笑) (それって、「ドンピシャ」って言わない(笑)?) 自分のことは「亜土たん」と呼んでくださいというフレンドリーな亜土さん。ここで、吾郎との「スマスマ」での共演話に進み・・・

亜土 「(吾郎さんは)とてもねぇ、ツンツンしていて感じ悪かったっすよ。ほとんど無視されていましたから」
小島 「あらぁ、やだぁ。ショック!」
吾郎 「いやいやいや(汗)なんか、それをね・・・ファンの方から聞いたんですよ。亜土たんのジャズコンサートに、僕らのファンの方もたまたま観に行ったら、そのときのコンサートのMCで・・・」
亜土 「ごめ~ん(汗)」
吾郎 「SMAPの人と番組で共演したんですけれども、本番まで全然テンションが低くて・・・本番になったら急にテンションが上がっちゃって、テレビの人ってこわいなぁみたいな感じのことをコンサートで話されたっていうのを、僕、ファンの方から聞いて・・・」
亜土 「あぁ~、すいません(汗)」
吾郎 「いやいやいや、逆に失礼だったなって、配慮がなくて、僕らも」

怖いわ、ほんと怖い。亜土さんがゲストで「ゴロデラ」に来られると聞いた瞬間に、ゴロ友さんたちに「どうしよう・・・また、吾郎が番組で謝るような展開になったら(汗)」と言ったら、皆さん気を遣って「だいじょうぶですよ~」と言ってくださったんだけど・・・爆弾bomb落ちた(笑) すみません(汗)!

このときのお便りは、10月25日放送分だったのですが、ブログでは自分のお便りはレポにUPしませんでした。あの・・・お二人とも番組用にものすごくお話盛られてますけど(笑) 実際に出して読まれたお便りはこちらです。

pencil友人が、水森亜土さんがちょっとしたジャズライブをされたということで観に行ったらしいのですが、SMAPとの共演話が出たと聞いたのでご報告します。亜土さんが、今年2月の「スマスマ歌謡祭」にご出演してくださったときに、吾郎さんは木村くんと一緒に亜土さんと「Dr.スランプ アラレちゃん」のテーマソングを歌いましたよね?亜土さんが言われるには、リハのときはコーラス隊も含めテンションが低くて不安になられたそう(笑)ところが本番になると、ものすごく全力でパフォーマンスしてくれて本当に楽しかったとお客さんにお話されたそうです。プロなんだねぇという話を聞いて嬉しかったので、吾郎さんにどうしても伝えたくて

亜土さんは気を悪くされたのではなくて楽しまれたというのを伝えたかったのに、どうにも文章がよくなかったみたいで(汗)、ラジオで吾郎に「失礼だったかもしれませんね」と言わせてしまったという最悪のお便りです(苦笑) まさか、二度謝らせる羽目になるとは・・・さらに亜土さんにも謝らせてしまった(汗) お二人には本当にすみませんとここで謝罪しておきます。お二人のファンの方たちにもほんと申し訳ないです(汗) (でも、吾郎ってファンが送ってきたお便りのこと覚えているのねと嬉しかったり(笑))

いきなり頭でガツンと来ましたが、ちゃんと朗読のコーナーもありました。小島さんが『女の子らしさとは?』という箇所を朗読したあと、親太朗くんがいきなり出てきて亜土さんが有名になったNHKの「たのしいきょうしつ」でお絵描きをしていたVTRを見せてくれます。これ、女の子ならきっと皆見てましたよね。あの透明ボードとホワイトペンとスプレーを一式ほしかったもの。

このコーナーは毎回1分30秒という時間なので、早く描かなければということから「両手描き」を始められたみたいですが、もともとはオーディションのときに「両手で絵が描けます!」と言ってしまったのもあるのだとか(笑) この両手描きも真似したなぁ・・・。イラストは真似できないけど、自分の名前は両手で書けるようになったのを覚えています(笑)

もちろん、この番組でも亜土さんの指導のもと「両手描き」のお絵描き教室が実施されることに。まずは数字から・・・そうそう、右手は逆に書かなきゃいけないんですよね(笑) イラストの挑戦は、丸、三角、四角で簡単に描ける二匹の猫。これが、案外難しい。吾郎さん、悪戦苦闘(爆) 「上手くはないけど」(by 亜土さん)愛嬌があっていいんじゃないでしょうか(笑) そして、亜土さんがお一人で大きなボードに「アラレちゃん」のテーマソングを歌いながら可愛いイラストを描いてくれました。吾郎も小島さん、親太朗くんもニコニコで音楽にのって可愛いです。

亜土さんがイラストを描くきっかけになったのは、ハワイ留学をしていたときに毎日絵日記bookを書くことというお母様との約束があったからだそうです。当時描かれていた絵日記を見せてもらうと、今とはまるでタッチが違うのですがすごく丁寧!驚きです。毎日描くので早く仕上げなければいけないということから、二等身のキャラが生み出されたというのも面白いですね。そして、最後に3ヶ月ほどかけたまだ見せたことのない原画を「ゴロデラ」で初披露。亜土さん自身が、ずっと「女の子」の気持ちを持ち続けているから、きっとこんな素敵な作品ができあがるんだろう。なんだか、見ていて幼少の頃の気持ちに戻ってしまいました。

| | コメント (9)

時間配分に異議あり!

笑いましたよ。笑いましたけど、SPでもないのにえらくビストロにかける時間が長くないですか? それも、ちょっと微妙なところもあった気がするんですが・・・ということで、とりあえず世間様には楽しんでもらえたのならいいですが、という今週の「SMAPxSMAP」です(笑)

ビストロは、そう・・・SMAPがいろいろお世話になっている明石家さんまさん。さんまさん自身は、別に嫌いではないし話も面白いと思うのですが、なぜに「スマスマ」でゲストに来られるときはちょっとこうイラッとするんだろう(笑) とにかく、SMAPの番組というカラーが良くも悪くも薄れるのよね。話しすぎ(爆) ベテランの芸人さんが来ると、概してそういう傾向にあるのは仕方ないんだけど、それならビストロじゃなくてトークコーナーでお呼びすればいいんじゃないんでしょうかね。

まず、「27時間テレビ」で途中で終わってしまったという『ラブメイト10』という、毎年さんまさんが一年間で好きな女性をフリップにベスト10にして発表するコーナーがあるのですが・・・放送できなかった残りを、なぜ「スマスマ」でやらなきゃいけないの?! このノリは、あの深夜過ぎだから面白いんじゃないのか? 「スマスマ」の視聴者に需要ありますか? それだけならまだしも、素人のお店の女性の方にサプライズ電話までして長々とSMAPには罰ゲームのような物まねまでさせて疲れることこのうえない。いや、笑いましたよ。メンバー皆、頑張ってたし。いきなり振られてバタバタになっているのも面白かったけど・・・長いっていうのよ(笑)!

加えて、さんまさんがオーダーしたメニューが「スーパースターが好きな食べ物」ということで、それぞれのVTRまで流れるもんだからすっごく長かったわ。企画としては悪くないけど、組み合わせが悪い。いい加減、後半ダレてしまいました(苦笑) ビストロで特筆すべきことは、吾郎と剛が寄り添って笑い崩れたり、さんまさんの料理へのコメントの二人が可愛かったことでしょうか。

 「なんか、一所懸命作ったのに笑いのネタにしないでくださぁい(笑)」
さんま 「なにがや!美味しい言うてるやないかい!」
 「ねぇ、吾郎さんっheart
吾郎 「そうですよぉ」

無言でずっと笑っている吾郎に、救いを求めるように笑顔で可愛く訴える剛。このペアは前に出てこないけど、案外いつも萌えツボを落としてくれますよね。でも、負けちゃうのよねぇ(笑) さんまさんって、必ず木村くんを勝たせるもの。これ、仕方ないとは思いつつ結果もわかるからつまらない。まぁ、全員楽しそうだったからいいですけどね(笑)

そして、今回も勝敗が決まる前に「ごりーぱみゅぱみゅ」が入る(苦笑) これはねぇ・・・可愛いですよ。だんだん麻痺してきた(爆) かたせさんもキュートだったし。でも、本当にこれでもういいよね(苦笑) 今回も観覧のファンの方に大きな感謝を。これ、待ち時間に比べて収録時間はごく僅かで、加えてかっこいい吾郎の姿は見ずに「おつかれさまでした」だと思うんですよ。なのに、すごく盛り上げてくれる。それがわかるから、楽しませてもらっています。

なので、今週もやっぱり歌のコーナーが一番良かった。今回は、LOVE PSYCHEDELICOさん。SMAPに提供してくれた「THIS IS LOVE」と、剛の映画『任侠ヘルパー』の主題歌となっている「Beautiful World」のコラボ。とっても良かった。一緒に歌うと「これ愛」は、また違った雰囲気になりますね。「Beautiful World」は本当に良い曲だなぁ。吾郎が、まぁ、素敵でため息ものでした。今回は、先週のはじける吾郎ちゃんではなくて、憂いを秘めた吾郎さん。衣装のロング丈は吾郎のスタイルにとてもよく似合っている。(毎回、後ろをリボンくくりにするのは、きっと吾郎自身の趣味ですよね(笑)?) 立ち姿も惚れ惚れするぐらい素敵heart02 これは、来月から始まるミュージカル、期待していいんじゃないですか(笑)?

しかし、今回はLOVE PSYCHEDELICOさんとのEDトークがすっ飛んだのね。だったら、「ラブメイト10」をカットしてほしかったわ。ちゃんと、歌のゲストの方が来られたときは、トークは少しでもいいので流してください。それが、わざわざ来てくださるゲストの方への礼儀ってもんだよ。

| | コメント (6)

確固とした信念と力強い約束

今回のラジオ「ストスマ」が、文化放送では野球の延長のため残念ながら中止になったので、地方局で放送された分をお裾分けして頂いたので記事にしておきます。とても楽しそうな吾郎。「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」は、ファンにとっても一週間の中の癒し。本当に大事な番組ですよね。

pencil「味の素スタジアムが雨で髪の毛が大変なことになったとか。5人のヘアメイクさんのフォーメーションは?」

吾郎 「猫っ毛で癖毛なんで、髪の毛が濡れると雨でぺったんこになっちゃうんですよね(笑)濡れても張りがある人っていますよね。メンバーで言うと、木村くんとか香取くんとかね、濡れてもなんかパリッ!としてますよね。僕とか草彅くんは、意外と癖毛なんでね、雨に弱いんですけれども。5人のヘアメイクさんのフォーメーション。どうだったかなぁ・・・なんか、もう、自分は着替えながら頭をなおしてもらう。僕、立っているわけですよね、着替えているわけですから。だから、メイクさんも立ちながら頭をなおしてたりするっていう。普通、考えられない未知の映像ですよね。でも、5人はねぇ、ちょっと大げさだったと思うんですよね。トークで面白くしただけなんじゃないでしょうか(笑) たぶんねぇ・・・4人?あんまり変わんないって(笑)んふふ(笑)3人か4人だと思ったんですけどねぇ。左右、後ろ・・・後ろ3人ですよね。前には立てないですからねぇ。いろいろと悪戦苦闘して、まぁ、でもメイクさんのおかげで、なんとかSMAPの稲垣吾郎を保っていることができたんですけども(笑)」

癖毛にも二通りあるんですよね。私の場合は、吾郎ほど素敵なくりんくりんじゃないんだけど、雨が降ると逆に膨張してセットどころではなくなります。猫っ毛というのが濡れると大変なんでしょうねぇ。(確かに、猫ちゃんも濡れるとひと回り小さくなるわ(笑)) でも、それより、雨の中来てくれたファンの方たちが濡れて風邪を引かなかったか心配する吾郎。やっぱり優しいです。

ライブに関するお便りが続きます。pencil「味の素スタジアムとドームとの違いは感じますか?」というお便りに、野外のライブは久し振りで、開放感があって気持ちが良かった。ライブは二年ぶりで、お客さんも待っていてくれていたのがわかるし、自分たちにとってもすごく重要な意味を持つ。いろんなお仕事をさせてもらっているけれど、ライブはSMAPにとって原点と断言してくれる吾郎。今後もライブはずっと続けていきたいという言葉が嬉しかった。

セブンイレブンとのコラボに関するお便りも結構来たと思うのですが、pencil「サラダドレッシングがすごく美味しかった。慎吾くんは買いに行ったと言ってたけど、吾郎さんは?」というご質問。コンビニに行く機会がなかったので、まだ買いに行っていない。でも、「スマスマ」で放送された工場見学はとても楽しかったということでした。

pencil「味の素スタジアムで、雨で濡れたステージを全員で拭き始めたとき、吾郎さんが中居くんに「中居、タオルでやれよ!」と言ったあとつよぽんも「中居、ちゃんとしろよ!」と言って、ロハス兄弟がリーダーに小さな抵抗をしていましたね。SMAPのこういうわちゃわちゃしたところが大好きです」

吾郎 「面白い(笑)わちゃわちゃしていますよね、SMAPって。基本的に、稲垣吾郎はそんなにわちゃわちゃしていないんですよね。SMAPになるとわちゃわちゃしますよね。皆、そうですよね。5人集まるとわちゃわちゃしますよね。「わちゃわちゃした」っていいですねぇ。なんか伝わりますよねぇ。がちゃがちゃとかがやがやとか、そういうんじゃないよね。わちゃわちゃっていいですね。日本語って面白いね。ちょっとやんちゃな感じがしますよね。MCは今年もノープランでやってましたね(笑) ファンの方もそれを許して楽しんでくれているので。なんでもいいってわけじゃないですけど、テレビのように編集されたり、全国放送だからと制限されるようなこともライブだとないですからね。SMAPらしさが、良くも悪くも出まくっちゃうんじゃないかなと(笑)思うんですけれどもね」

どうやら、ファンが使う「わちゃわちゃ」が気に入ったよう(爆) 吾郎って、ヲタ言葉をすんなりとなんでも受け入れてくれますよね(笑) 他のメンバーがラジオで「何、この言葉?」とか言っているときに、吾郎はファンからのお便りに大爆笑ですわ(笑) 気にしなくていいから、お便り出しやすいですよね。このあと、雨でステージが濡れると「プロだからこんなこと言っちゃいけないんだけど、本当に歌えないし踊れない」と言っていました。でも、全部が良い思い出で楽しかったと言える吾郎。ファンも雨で濡れてもそのときは100%楽しめるんですよね。ライブは本当にいい。

ここで、自分のお仕事情報をしっかり入れ込んでくれます。来春公開の映画「桜、ふたたびの加奈子」と、来月のミュージカル「恋と音楽」。ミュージカルは一人で舞台に立つようになって初めての挑戦ということで楽しみにしているようです。ファンも楽しみなんですが、普通のミュージカルというよりは、舞台っぽいミュージカルなんじゃないかなぁと思っています。鈴木聡さん脚本で河原雅彦さん演出ですから、吾郎らしい吾郎だからできるミュージカルになっていると思います。吾郎が「必ず、素敵なミュージカルにしたいと思います」と力強いコメントをしてくれたので、是非多くの人に楽しんで頂きたいですね。

ファンからの質問、pencil「イケTELで番組台本にたくさん描いちゃったという似顔絵は、ジャニWEBで描かれたミニ吾郎ですか?」。慎吾が描きはじめた絵描き歌の針金ゴローを最近は自分で描いちゃうのだとか(笑) 昔は、慎吾が描いたものを無視してきたんだけど、最近は愛着を感じてきたので、慎吾くんに久し振りに描いてほしいと。もう、忘れちゃっているんじゃないかという吾郎ですが・・・いや、慎吾ならいつでも描いてくれるよ。おかずをつけて(爆) 絵が上手い人が羨ましい。生まれ持った才能だけど、僕はまったくダメ。なんで、そこだけ欠落しているんだろうと。そこだけ(笑)(笑)(笑) 素晴らしいわ。間違ってないよ~、吾郎(爆) 字も上手くないから、雑誌で直筆プレゼントとかすごく苦手なんだとか。まぁ、確かに上手くはないですが(笑)、すごく読みやすい字ですよね。ド下手というわけではないと思うよ。たまに、「上手ですねぇ」とテレビで言われて大きく否定している吾郎がいるけど、読みやすいのは本当です。でも、本人は時間があれば「ペン習字pen」を習いたいと。君は、黒木舜かっ(爆)!

DVDでライブ前に会場をジョギングしていた吾郎が、カメラマンに「撮るな!」「撮らないで」とお願いしていたのが可愛かったと思い出されたファンの方が、pencil「今年のライブもどこかの会場でジョギングされましたか?」というご質問。東京はちょっと腰を痛めていたのでそれどころではなかったけど、福岡、大阪、名古屋では普通に走っていたということです。

吾郎 「中居くんも走っているんですよね。結構、ウォーミングアップを中居正広はやりますね、最近。昔、皆、やってなかったんですけどね。木村くんは、あんまりやってないかなぁ。でも、ちゃんとリハーサルってあるんですよね、ライブの前に。メンバーからのリクエストがある曲を、ちょっとウォーミングアップがわりに・・・まぁ、スタッフのためでもあるんですけど。そのリハーサルできちっと汗をかいて、ウォーミングアップしているって感じ、木村くんはね。僕とか中居くんは、その後やっぱり本番のちょっと前にも汗を流しておきたいなぁっていう、そういうなんかルーティンなんでしょうかね。慎吾もまったくなんにもやってないですね。草彅くんは、楽屋で筋トレしてますね(笑) 両手で10キロぐらいかな?ダンベル持って、身体鍛えてますよ。なんで、筋トレするの?ライブの前に??? ウォーミングアップで走るのはわかるじゃないですか、ストレッチとか。筋トレするのは、なんでかなぁってたまに思うんだけど(笑) ライブの前にパンプアップするっていうのは、ヴィジュアルの問題もあるかもしんないね。薄着になったときに、筋肉がもこっとしてかっこよく見えたりするっていうのもあるかもしんないし。まぁ、メンバーそれぞれ、ライブの前の過ごし方ってあると思うんですけどもね」

(笑)(笑)(笑) 剛の筋トレは、まさしくヴィジュアル面でしょ。それも、プロとしては間違っていないと思います。吾郎には、その考えがないから疑問なんだろうねぇ。本当にメンバー5人もいれば、それぞれですね。

今回の「ストスマ」もとても面白かった。中止になってしまった分は、次回文化放送では流れないのかな? もともと全国放送ではないので、地方の方は聴けない方が多いのですが、なんとかもっと放送局が増えるといいですよねぇ。今回のように放送が飛んでしまったときの地方局はありがたいです。

| | コメント (7)

吾郎さんと出逢えた奇跡・・・「Special Thanks」企画

当企画は、これをもって締め切らせていただきました。
たくさんのご参加、本当にありがとうございます! 追って、またご連絡させて頂きます。


12月に入ると、「GIFT of SMAP CONCERT」のオーラスとなる札幌ライブ2日間が控え、加えて吾郎さんはミュージカル「恋と音楽」の東京公演が始まります。そこで、吾郎さんにファンからありったけの「愛と感謝」を込めてW企画を立ち上げました。名付けて・・・

「Special Thanks企画」!!!

もちろん、今年のライブの吾郎さんのソロ曲から頂きました。まずは、12月8日の吾郎さんの誕生日に向けて、恒例のアンケート付き(笑)メッセージloveletterを募集します。ひと言でもいいので、是非、吾郎さんに伝えたいことをお祝いメッセージとして添えてください。アンケートは、できれば設問事項だけでも選んでくださるとありがたいです。フォームはballさんに作成して頂きました。こちらから入って記入してください。(アンケート結果は、ラジオ「ストスマ」にも送付する予定です)

そして・・・もうひとつは初の主演ミュージカル「恋と音楽」に出演する吾郎さんに、これまた恒例のお花tulipをファンから贈りたいと思います。今回は、吾郎さんの誕生日も公演日となっていることから、彼にふさわしい上品なお花を贈りたいと思います。こちらの企画は、お店の方と毎回どんなお花を吾郎さんが喜んでくれるかじっくり話し合って選んでくださるサイトーさんとaquaさんがアレンジしてくださいます。雑談BBSのほうにトピックを書き込んでくださっていますので、こちらから詳細を確認してください。UPさせて頂いた画像は、前回の「泣き虫なまいき石川啄木」の初日に贈った、参加人数分の薔薇のアレンジです。(画像をクリックすると別ウィンドで大きな画面で閲覧できます。尚、いままでの舞台に贈ったお花も過去のトピックからご覧になれますのでご参照ください) 

Roses

個人でそれぞれ出してくださっていっこうに構わないのですが、ファンの皆さんとも一緒に贈ってみたいと思われる方は気軽に参加してください。どちらの企画も、締め切りは11月23日(金・祝)とさせて頂きます。尚、こちらの記事は締め切りまでTOPに設置し、コメントは受け付けない設定になっております。ご質問のある方は、BBSのほうにてお願い致します。

ライブと並行してミュージカルが始まりますので、舞台チケット掲示板を別途立ち上げました。ご利用になりたい方は、こちらからどうぞ。ご利用になる前に、必ずTOP項目の留意事項を読んでくださるようお願い申し上げます。(ブログのサイドバーにも設置しておきました)


稲垣吾郎非公式ファンサイト「chateau de l'ange」(シャトー・デ・ランジュ)
管理人:kazuyo

|

嘘も方便

今回も、他のバラエティ番組ではご出演されないようなゲストの方がやってきました。本当にいろんな方が本を出されているんですねぇ。自分が触れないようなテーマを書かれている方たちの本に接することができる番組でありがたいです。今夜の「ゴロウ・デラックス」も、また少し趣が違いました。

オープニングでの吾郎と小島さんのトークで、一瞬緊張が走りました。
小島 「今日は、元学校の先生で・・・ともて怖い方みたいですよ」
吾郎 「また、怖い人ですか(汗)?」
小島 「大丈夫ですか(笑)?」
吾郎 「僕は平気だけど、恐い人に対してヒヤヒヤするようなことを・・・」

確かに、過去何度かありましたね(笑) やっぱり、あれ、吾郎も私たちと同じでちょっとヒヤヒヤして見ているんだ(笑) まぁ、吾郎さんがいれば大丈夫です(爆)

第六十四回課題図書 『やくざ監督と呼ばれて ~山陰のピカソ・野々村直通一代記~』 野々村直通著

Photo 部員15人の島根開星高校の弱小野球部を、わずか6年で甲子園常連校へと育てた奇跡の立ち役者にして、二年前の選抜高校野球で「21世紀枠の学校に負けたのは末代までの恥」「腹を切りたい」「死にたい」などの発言をマスコミの前で話し、謝罪の記者会見を開いたという前代未聞の元高校教諭。多くの不良たちを拳と存在感で黙らせてきた破天荒すぎる高校教師の渾身の一代記。

スタジオに現れた野々村先生は、まさにそちらの方のように着物を着こなして登場。怯む二人(笑) 見られた方は、どういった印象を受けたのでしょうか? 個人的には、ただただ野球を愛し、自分が育てた選手たちを愛していた先生の一人だなぁという感じだったのですが。見た目が恐いのよね(笑) しかし、やはり「口は災いのもと」とはこういうことで、野球を愛するがゆえに暴言とも捉えられる発言をマスコミの前で発してしまったのはやはりいけないと思いますね。

吾郎も芸能人として、絶えずマスコミの目、耳を意識して発言していると思うのですが・・・彼の場合は、負けた試合のときに限らず、一日二十四時間監視されているようなものですもんねぇ。ものすごく大変だし、プライベートもあってないようなもので、「人気税」と言えども厳しいこともあるんじゃないのかなぁと、野々村先生の正直なお話を聞いていて思いました。

今回の朗読箇所は、吾郎が問題発言をしたときの話。小島さんが朗読したのは、問題発言によって監督を辞任されたあとに嘆願書を集めてくれた人たちの話。人は人によって救われるもんなんですよね。いつも、身近で見てきた人たちがいかに野々村先生が良い先生であるかと動いてくれるのは嬉しいと思います。その後、優勝した野球部の生徒たちが全員野々村先生の自宅まで優勝旗を持ってかけつけてきてくれたという良い話で、吾郎がこうコメントしていました。

吾郎 「生徒もすごい結束力だよね。何かあることによってね」

私たちSMAPファンも、SMAPに何かあれば何を置いても結束して声を出す。人の想いってすごいパワーなんだなぁと思う。それは、きっとどこでも同じですよね。信頼と愛情って一日で成り立つものじゃないから、その絆は蚊帳の外の人間にはわからないものなんです。誰が何を言っても、それは決して崩れることはない。ちょっと、お話を聞いていてSMAPに置き換えて熱くなっちゃったんですけど(笑)

ここで、親太朗くんが「やくざ監督」の素顔に迫るということで、フリップにその武勇伝をまとめたものを持ってきてくれました。スカウトするときは、「あいつも入るから入れ!」というちょっとした嘘で生徒たちを勧誘したとか(笑) その話を聞いて・・・

吾郎 「でも、プロポーズするときに「絶対幸せにするよ、一生」って、そんな保障はないのにさ、言ったことに対して自分が懸命にっていうことと近いんじゃない?」
小島 「いつか言うんだ?「君を絶対に幸せにするよ」って(笑)」
吾郎 「いつかって・・・しょっちゅう言いますよ、そんな」
小島 「しょっちゅう?!」
野々村 「詐欺だ(笑)!」
吾郎 「嘘じゃないですよ」
小島 「なかなか形になっていない気もしますけど(笑)」
吾郎 「最終的にはなっていないですね(笑)あっ、ダメだ、それじゃあ(苦笑)」

そうそう、野々村先生は「最後に事実になればそれは嘘ではない」とおっしゃっていましたが、形になっていないのならNGです(笑) いや、待て!そこが論点ではないのだな。吾郎、しょっちゅうプロポーズしてるのか(笑)? おかしいでしょ。吾郎が言えば、女性はOKなんじゃないのぉ。結婚ではなくて友達として幸せにするよとかそういうこと? ・・・そりゃ、確信的な詐欺だわ(爆)

野々村先生は、学生の頃に菅原文太さんに憧れて影響を受けたらしいですが・・・実は、美術の先生で野球部の生徒たち全員に卒業のときに似顔絵を描いて渡しているのだとか。そこで、この番組に出演するにあたり、吾郎さんたちの似顔絵を描いてきてくださいました。これが、まぁ、強面に似合わずソフトなタッチで素晴らしい似顔絵なんです(笑) 色紙に一人一人に文章を添えて描かれているのも素敵ですね。吾郎へ贈った文章が微笑ましいです。

吾郎ちゃんの 唄に酔いしれ 夢枕

吾郎ちゃん(笑)(笑)(笑) 恐いイメージのある野々村先生は、実はとっても優しい方なんでしょうね。吾郎がとても喜んでいたのが印象に残った今回の放送でした。

| | コメント (6)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »