« 人気者とモテる人の違い | トップページ | 試されているのね、私たち・・・ »

逃げたっ?!

今夜の「ゴロウ・デラックス」はロケ。ちょうどいい感じで、いつもロケを入れ込んできてくれる番組。そして、毎回はずれがない(笑) ロケと言っても、ちゃんと課題図書にのっとっての企画ですから優秀ですよ~。今回もとても楽しいロケとなりました。

TBSの前でオープニングとなった今回。吾郎のスーツは、先週の放送と同じく「あの」ジャニー社長の代理で『世界に一つだけの花』の表彰式に参加したときのものです。やっぱり、ボトムにタックが入ってものすごくダボダボに見えるのですが・・・これ、流行になるんでしょうか? 吾郎にはやっぱり合わないと思ってしまうのよねぇ。もともと、腰からものすごく華奢な人なので余計にそう見えるのかな。

吾郎と小島さんが立っている傍で、タクシーのクラクションが鳴ります。「一旦、カメラ止める?」という吾郎の言葉は台本どおりなのか、知らなかったのか・・・タクシーから出てきたのは、今回のゲストとなる下田大気さん。小島さんが取り出してきた課題図書を見て「あぁ~」と言っている吾郎のリアクションがすごく素な感じたったけど(笑) とにかく、下田さんの運転するタクシーで東京の道路に出てみることになりました。

第六十七回課題図書 『タクシーほど気楽な商売はない! ~あなたにも今すぐ始められる悠々自適の年収800万円ライフ!~』 下田大気著

Photo タクシードライバーになってすぐ、年収800万円dollarに到達した筆者の魅惑のタクシーライフ満載の一冊。元々、高校時代に役者としてデビューしたものの、実力がなくて早々と諦め、芸能マネージャーなり会社経営などを経て、昔からなりたかったタクシードライバーになられたそう。テレビドラマに出演したときに、たとえ親の七光りがあろうとも(お父様は以前ゲストで来られた志茂田景樹さんです)「この世界は実力がないと転げ落ちる一方」という言葉に、SMAPも大変なんだろうなぁと思いつつ、吾郎のなんでもないような表情に笑ってしまいました(笑)

このくだりで、「でも、タクシー運転手の面接も結構厳しいんですよね」という話をする吾郎。おや?と誰もが思った、そのとき・・・

吾郎 「僕、あのぉ~、タクシー会社の社長さんが友達で・・・」
小島 「(笑) また、広い人脈を・・・(笑)」
吾郎 「この番組でも多々出てくる、家に週に4回ほど泊まりに来る・・・」 (数、増えてないか(笑)?)
小島 「ヒロくん?
吾郎 「はい」
小島 「ヒロくん、社長さんなの?」
吾郎 「ヒロくん、タクシー会社の社長だから」
小島 「やだぁ、ヒロくんったら、ほんと(笑)?」
吾郎 「そう(笑)」

おいおい・・・何気に小出しでヒロくんの実態がわかってくるんですけど(笑) いいんでしょうか? と、言うか・・・どちらの「ヒロくん」? 確か、吾郎の知り合いって「ヒロくん」なる近し人って数名いらっしゃいましたよね(爆) もう、なんでもかんでもヒロくんじゃないのか(笑)(笑)(笑)? まぁ、小島さんが言うように、いろんな分野からのお偉いお知り合いがいるのは事実ですけど。

下田さんに連れて行ってもらって、タクシー運転手だけが知っている秘密のスポット、渋滞回避の技などを一緒に体験してもらおうということに。そんな説明を小島さんが聞いているときに、カメラに向かってお鼻をつけてレンズが汚れたところを指で拭いたり、車内でキョロキョロしてみたり落ち着きのない吾郎(笑) しっかり効果音noteをつけてくれるスタッフさんがGJ(笑)!

私は東京の混雑する道路などはよくわからないのですが、以前、「松本人志の○○な話」で、ジュニアさんが同じように混雑交差点の回避を教える企画があったのが面白かったのを覚えています。今回も同じような感じですが、吾郎のコメントがところどころおかしくて(笑) いつもお仕事の移動に運転してくれているであろう「マネージャーさんを一緒に乗っけたかった」という吾郎。マネージャーさんなら、きっとこの番組見てくれているんじゃないの(笑)?

ここで、下田さんの癒しスポットである隅田川沿いをタクシーを降りて歩いていく三人。そこに、金だるまと一緒にタクシー運転手のユニフォームで待っている親太朗くん。どうやら、今回はこの隅田川沿いで朗読コーナーを撮影するようです(笑) 今回は、小島さんが「男性が女性を夜タクシーで送るときによく見かける光景」の部分を朗読。女性を送ってから男性の家というコースは「ロング客」として運転手としてはありがたいので、その車内で男性が必ず女性宅に泊まっていいか口説き始めるので、申し訳ないけど失敗してほしいと思うという話。なるほどねぇ~。

このロケ撮影のあと、吾郎はどうやら次の仕事の時間がせまっていたらしく(おそらく、表彰式ではないかと思われます(笑))、TBSではなくてその仕事先へとまず送ってもらうことに。タクシーを降りた吾郎が下田さんと握手をして挨拶をしたあと、カメラに向かって「じゃ、さよならrun!」と走っていく姿を見て・・・

小島 「えぇ?! 吾郎さん、何もおかないで行っちゃいましたね」
下田 「吾郎さん、財布持ってましたよね?」
小島 「ひどくないですか?お財布持って逃げましたよ」
下田 「ようは・・・乗り逃げ?

先週は「やり逃げ」、今週は「乗り逃げ」・・・おあとがよろしいようで(爆)


お知らせ
吾郎さんの「Special Thanks企画」は、明日、23日(金)に締め切りとなります。
ご参加くださる方はお早めに。滑り込みのご参加Welcomeです(笑)

|

« 人気者とモテる人の違い | トップページ | 試されているのね、私たち・・・ »

コメント

kazuyoさん、こんにちは。
今回のロケも楽しかったですね。私も吾郎ちゃんのこのボトムは苦手です。基本的にせっかくの恵まれた物を隠してしまうのはもったいないと思う方で、メガネやヒゲもあまり好きではないので、せっかくの細くて長い足をわからなくするシルエットは残念です。美しい物は惜しみなく見せてくださいshine
タクシーの運転手さん、志茂田さんの息子さんだったんですね。今芸能界も二世、三世タレントというくくりがあるみたいですが、それでも生き残るって大変なんですね。芸能界にいる方から見るとsmapって驚異的な存在なんでしょうね~。
タクシーに乗り込んですぐ、カメラに鼻をくっつける吾郎ちゃん、幼稚園児並み(笑) その後汚れがちょうど吾郎ちゃんの口の辺りにボヤけて映ってて気になったのですが、途中で消えていたので、スタッフの方が拭いたんでしょうね。手がかかる子ですみませんcoldsweats01
小島さんが朗読してる時に吾郎ちゃんが相槌を打ったり、なるほど~みたいに「あ~」って言ってましたね。こういう経験あるんでしょうか? smapは女性と二人きりで普通のタクシーには乗れない気がしますが・・・
それにしても、ヒロくん話はほんとにお馴染みになりましたね。確か最初にさんスマで披露した時は、週に二、三回でしたよ、吾郎さん(笑) 今回タクシー会社の社長さんなんて、お仕事までバラしちゃって、そろそろその方の親しい方は気づくんじゃないでしょうか? 
ロケを途中で抜けるなんて、吾郎ちゃんも忙しいんですよね。これからますます忙しいと思うので、ゴロデラではそろそろ未公開特集もいいかなって思います。ロケと同じくハズレなしですよねhappy01

投稿: さっぴぃ | 2012/11/23 13:02

Kazuyoさま

毎回と言っていい程未知の世界に連れ行ってくれて、おまけに実演つきとは・・・今回も面白かったですね。「タクシーほど気楽な商売はない!」が本のタイトルですが、乗客を快適に迅速に目的地に運ぶ術には、ただただ感心しました。これも全て下田さんの日頃の努力と探究心の賜物なのでしょう。親の七光りが通用しないことを早く気が付かれて良かったです(笑)タクシーの仕事もとても気楽とは思えない仕事ですが、敢えて気楽と言えることは、性に合っていたのでしょうね。吾郎も然りだと思いました。

でも、申し訳ないのですが一番残っている内容が、吾郎のお友達のヒロ君がタクシー会社の社長さんだったこと(爆)何気ない会話の中から突然出てきたので驚きが大きかったのかも知れません。幅広い人脈があるからこそ子供の頃から芸能界という狭い世界にいても、一般的な常識をきちんと身につけていて、どのような場でも瞬時に対応出来るのだと思いますね。

それにしても吾郎さん、忙しいですねぇ。あの日は「ゴロウデラックス」の2本撮りですか?社長代理という大役を務めた吾郎さんの様子からは、強行スケジュールをこなしているなど微塵も感じさせない落ち着きと優雅さがありました。さすがプロ!!という見本を下田さん、吾郎から見せて貰えて良かったです。

投稿: さやか | 2012/11/24 11:45

「ゴロウ・デラックス」のロケにはハズレなし!は今回も引き続き実証されたようで。それにまさかのヒロくん話も(笑)。吾郎ちゃんのタクシーの中での落ち着かない様子は拝読している中で笑ってしまいましたがこの後で次のお仕事(社長さんの代わりで式に出席)もお有りでその影響もあったのかもしれませんね。「じゃあ、さよならpaper」って走って去って行かれる流れはKazuyoさんが書かれていたように先週からの流れもあるのですね(笑) こちらの地域でも12/1(土)に夕方放送されるようです。本当に嬉しいhappy01です。引き続き放送されるようお願い続けます。

投稿: ピカチュウ | 2012/11/25 00:48

carさっぴぃさん
私、まったく男性のファッショの流行とかわからないんですけど(特に日本では)、こういうのがこの冬流行るんでしょうか??? なんでも着こなせる吾郎だとは思っていますが、これはさすがにちょっと似合わないんじゃないかと思ってしまいました(笑) これ、まだカジュアルでウエストの細さがわかるようなカットならいいとは思うんですけど・・・いわゆる、吾郎にしたら「宝の持ち腐れ」服じゃないかと(爆) 今回のゲストの下田さんですが、タクシーの運転手をされて年収800万円は、親の七光りは関係なくまさしく自分の力で得た結果なので誇りに思ってらっしゃるのではないでしょうか。人間、やっぱり人それぞれ天性というものがあるんでしょうね。自分は、いったい何なんだろうなぁ・・・と、ちょっと考えさせられました。しかし、いろんな表情を持っている吾郎。それをたくさん見せてくれるのが「ゴロデラ」ですよね。大人な吾郎さんが見れるかと思えば、子供のように落ち着きのない部分があったりして・・・吾郎観察だけで楽しませてもらっています。朗読の部分は、経験があるというよりは・・・そういうことってよく聞くよねぇ~という感じでしょうか。芸能界なら、すごくありそう(笑) 芸能人じゃなくて、業界人とかのほうがありそうですが(笑) 「ヒロくん」の件は、これどなたか特定して話してないんじゃないかなと思いました。まったくの嘘ではなくて、そういうお知り合いの方は実際にいらして、だけど「ヒロくん」と番組で話す中には、いろんな方が交差しているような気がします。そういうの、吾郎はとっても上手いので(笑)


carさやかさん
もう「ノルマ」とか聞くだけで、営業職をやっていた頃の苦い思い出がよみがえってきます(苦笑) 波にのっているときは楽しいのですが、一度壁にぶつかったら這い上がるのが困難でものすごくストレスを伴うお仕事なので。トップに立てば、どの世界でも大変なのは同じで(あとは落ちるしかないということですから・・・)、SMAPも本当にすごい世界を生き抜いてきているんだなぁと感じます。「この5人じゃなかったら、ここまでやってこれなかった」と全員が口にするのもわかる気がします。「ヒロくん」の話は、いつもいきなり出てきますよね(笑) 吾郎には素敵な大人の男性のお友達である「ヒロくん」がたくさんいらっしゃるんだと思いました(笑) いろんなプライベートなことをラジオやテレビで話していいのかな?と思っていたのですが・・・おそらく、あらゆる「ヒロくん」情報を出しているので、余計に特定の人を見つけ出すのは難しいと思います。さすが吾郎さんだと思いました。先週もこのスーツだったので、そうですね、「ゴロデラ」二本撮りだったんだと思います。ロケとスタジオ。そして・・・社長代理で表彰式ですか。まさしく、表彰式の吾郎には、ほんの数分前までバラエティ番組で子供っぽいところを見せていた人とは思えないほど、大人の男性で社長のコメントを読んでいましたね。こういうのを見せられるから、この人のファンをやめられません(笑) 吾郎のいう「切り替え」は、ものすごく頭の中でスイッチングしているんだなと思いました。素晴らしいですね。


carピカチュウさん
あぁ、タクシーの中での落ち着かない様子は、確かに次のお仕事のこともあったかもしれませんね。しかし、バラエティ番組の撮りのときは全力でバラエティの顔である吾郎に感服しました。この「ゴロデラ」の放送を見た後で、もう一度表彰式の吾郎を見直してしまったので(笑) 同じ人には見えませんよ、ほんと(爆) 未放送地域だった局で、12月に放送があるんですね! (BBCでの書き込みもありがとうございます) 是非、これを機会にドンドン続行の要望を出してください。知人、友人に見てもらうように口コミもお忘れなく(笑) ご協力させて頂きたいので、その後の様子をのちほどお知らせください。

投稿: kazuyo | 2012/11/25 02:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人気者とモテる人の違い | トップページ | 試されているのね、私たち・・・ »