« ファンへの宿題 | トップページ | 吾郎さんBDアルバムのご報告 »

放送作家の才能

思っていたより面白く、そして興味深く見させて頂きました。今週の「ゴロウ・デラックス」のゲストは、放送作家の方だったのですが、日頃どれだけ自分が放送作家という肩書きを持っている人に疑心暗鬼だったのか(笑) そりゃあ、各界で活躍している方たちにもいろんな方がおられますよね。とても、素敵な方でした。

今回の吾郎さんの衣装は、チョコレートブラウンのチェック柄ですが、遠めにみるとチェックが見えないダブルスーツでボウタイもしていることから、とても上品な装いです。隣の小島さんの素敵な柄のワンピースの色合いともマッチしていて秋らしい感じ。めがねは、黒縁の少しいつもより丸いタイプのもの。

第六十九回課題図書 『ボクの妻と結婚してください』 樋口卓治著

Photo 売れっ子放送作家が書いた、放送作家が主人公の物語。余命6ヶ月を宣告された放送作家が、残される家族のために最後の企画を考え、妻の再婚相手を探すというお話。もともとは放送作家さんなわけで、小説を書かれたのはこれが初めてだとか。吾郎は、「とても読みやすくて感動する」とお勧めです。

樋口さんは、裏方では吾郎とは何度かお仕事をされたようですがお会いするのは初めてだということで、若干緊張気味で腰が低いスタジオ入り(笑) 放送作家さんって、全員がタレントのように堂々としている(人によっては偉そう(笑))ものかと思ったら、そうですよね・・・本来はタレントさんとはお会いしない裏方に徹するお仕事なわけです。

そんな裏方に徹している樋口さんなので、顔はもちろん名前も知らない方もいるとは思いますが、ものすごくSMAPはお世話になっているのが少し流れた情報でわかりました。「いいとも!」に始まり、「金スマ」「図書館」と比較的中居くんの番組でお仕事をされている感じですが、レギュラー番組はなんと16本。SMAPとしては、テレ朝さんの「SMAPのがんばりますっ!」にも参加されているとか。去年は、震災の影響でこの番組でやるはずだった吾郎への流れた企画が、なんと「AKB48のメンバーになる」というものだったそう。完璧に女装して、完璧に踊りもマスターして「Mスタ」などにばれないように出演するという吾郎にとってはまさしくチャレンジ企画(爆) これ、ちょっと見たくないような見たかったような(笑) それぞれのメンバーへの企画は、その人が一番しなさそうなことを考えることから始まるみたいで、吾郎には面白い企画が結構できるような感じがしました。今後の「がんばります」企画も楽しみですね。

実際にもし吾郎さんが結婚していて自分が余命6ヶ月だと言われたら、次の再婚相手を探そうと思いますか?と小島さんに聞かれて「まず、思わない」と率直に答える吾郎。小島さんは、子供もいることから「あの人だったらいいかな」とか考えるそうです。吾郎が興味深そうに聞いていて、「旦那さんもそうなのかな」と疑問を口にしていたのがツボ(笑) 同じ男性としては、どうなんだろうという疑問ですよね。う~ん、なるほど、ここは男性と女性で意見が違うかも。私だったら、具体的には誰とかは思わないけど、もし自分が先立ったらそのあと再婚して幸せになってくれるのならそれでいいかなぁ。

ここで、吾郎の朗読。小説の冒頭の「ネタ帳を広げて、残していく妻と息子が笑顔でいられる企画を考える」という箇所。ということで、実際に樋口さんのネタ帳を親太朗くんが持ってきてくれます。

吾郎 「ネタ帳持っている人って、周りに中居正広ぐらいしかいないから」

(笑) 中居くんといい、吾郎といい、自分のレギュラー番組でお互いの名前出すの好きだよねぇ。どっちも、このメンバーのことを話したらウケるという認識なんだろうか。しかし、中居くん、いまだにネタ帳持っているのか。勉強家ですよねぇ。

見させてもらった樋口さんのネタ帳のメモをいろいろ拾っては、樋口さんに振る小島さんをよそに真剣にネタ帳を見ている吾郎がツボです(笑) バラエティ番組はタイトルが大事だとか。そこで、「ゴロデラ」を疑問に思う吾郎と小島さん(爆) 「マツコデラックスからでしょ?」と投げやりな吾郎ですが、正直、最初聞いたときは私も安直だなぁとは思いました(笑)

このあと、樋口さんからいろんな放送作家としての仕事の話から、初めての小説家としてのエピソードなど、本当にとてもおもしろくて聞き入ってしまいました。ご本人はそんなに笑わせようと思って話されているわけではないと思うのですが・・・鋭いんですよねぇ。いろんなところが、ツボついてきて才能ある人なんだろうなぁとすごく感じました。ちょっとレポとして文字にすると面白くないので、是非、見てほしいですねぇ。いや、すごく好きです、こういう方は。ちょっと、今後バラエティ番組で樋口さんの名前を気にして見てみようと思ったもの。

最後に「ゴロデラあるある」として、樋口さんがタレントさんからスタッフに思うことをお二人に聞いてみたり、自分はタレントではなくてADだ!と断言する親太朗くんからインカム初体験をさせてもらう吾郎がおかしくて。タイムキーパーさんの声がかわいいと親太朗くんから聞いた吾郎が名前をたずねると、どうやら下のお名前をおっしゃったみたいで・・・「キャバクラじゃないんだから(笑)」とサラリと言う吾郎。それ、ギリギリだから(爆) ムチャ振りされて「馬鹿言ってんじゃないよ(笑)!」と言う吾郎も可愛かったです。

番組の終わりには、発売されたばかりの「GIFT of SMAP」のライブDVDの映像で宣伝してくれる「ゴロデラ」スタッフ。それも、当然とはいえ吾郎メインの映像で嬉しい限り。「はぁ・・・吾郎さん、かっこいいっ!」のナレーションも最高でした(笑)


お知らせ
吾郎さんのBDに、頂いたイラストを二件サイトでUPさせて頂きました。
どちらもとても素敵なので是非、見に行ってください。
皆さんから寄せられたたくさんのBDメッセージは、無事アルバムを作成して、パルコ劇場にて吾郎さんに渡してもらいました。
こちらは、あとで写真UPでご報告しますね。
たくさんのご参加、本当にありがとうございました。

|

« ファンへの宿題 | トップページ | 吾郎さんBDアルバムのご報告 »

コメント

Kazuyoさま

面白かったですね。毎回その道のスペシャリストをゲストにお迎えしての30分ですが、ふり幅が広いのでその都度新鮮な驚きと、出版されている本の多さに感心しています。業界人の視聴が多いと聞きましたが分かるような気がしますね。

ゲストの樋口卓治さんは、本来裏方で表には出られない方なので、かなり緊張しているのが画面を通しても分かりましたが、今回も吾郎マジックでかなり饒舌になられ、面白いお話が聞けました。売れっ子作家さんなんですねぇ。紹介された16本のレギュラー番組を見て吃驚しました。私の嫌いな、人を酷く落として笑いを取るバラエティー番組はその中に無かったようなのでほっとしましたが(笑)

家庭生活が一個のレギュラーだと思っているとか、書かれた小説の駄目だし、それも自分より年下の編集者から赤鉛筆で記された駄目だしの現物を見せてくれたりする発想のユニークさ、考え方の柔軟さが面白い番組作りに繋がるのだろうと、妙に感心してしまいました。吾郎が終始リラックスしていたのも良かったし、これがご縁で樋口さんが吾郎にしか出来ない番組企画を考えてくださるといいなと、思ったりもしました。

BDメッセージのアルバム作り、ありがとうございます!受け取った吾郎さんがそれにより元気づけられ、吾郎さんとファンとの信頼関係が強まることを願っています。何時も地道で大変な作業をしてくださるKazuyoさんには頭の下がる想いです。この地道な努力が何時か実を結びますように!!BDのイラストも拝見させていただきますね。

投稿: さやか | 2012/12/09 21:53

kazuyoさん、こんばんは。そして凄い遅れてしまいましたが、(すみません、今年は、ここに書かせてください。ごめんなさい。)吾郎ちゃんお誕生日おめでとうございます。いつも吾郎ちゃんの可愛い笑顔と優しさに支えられています。いつまでも、ピュアで、時に天真爛漫で、誰に対しても優しく接する吾郎ちゃんが大好きですhappy01いつまでもその心でいてください。「FNS歌謡祭」いつ見ても、この時期がくると「もう、年末かぁ~」と思いますよね(笑)SMAP初っ端から盛り上げてくれて、オープニングにぴったりで明るくスタートできましたね。歌謡祭の楽しい所は、自分の好きな歌や、知ってる歌などがあると楽しくて自分までノリノリになれる所ですねsign03今年も、結構知ってる歌結構あって楽しかったです。中居くんと吾郎ちゃんのアイコンタクト気になりましたhappy02以心伝心ってやつですか(笑)心の声が聞けたらなぁ~(笑)「gift」の選曲もよかったし(あの歌、凄い楽しい気持ちになれて大好きですhappy01この時期にも似合ってますよねgood)木村くんも毎回元気いっぱいで尊敬します(笑)凄いですよねhappy01「ストスマ」で、写真集頑張るって言ってくれましたね(笑)わたし、吾郎ちゃんのエッセイとか写真集とかの中に趣味のゴルフの話や映画、ワインのことなんかも話題にだしたり、吾郎ちゃんが知ってる豆知識なんか書いたりするといいんじゃないかなと思います。私の、まわりの友達は吾郎ちゃんの映画好きなところや、ゴルフやってる男友達とか、ワイン好きの友達も、みんな吾郎ちゃんのそういう一面を見て「同じ趣味を持つ仲間に吾郎ちゃんがいてくれたぁ~happy02」って言ってファンになった子多いですよgood(私が、吾郎ちゃんの話たくさんしまくってるので趣味とか覚えたんだと思いますsmile)でも、私も皆さんも頑張ってるんだから頑張らないといけませんね(笑)学生にも話しようかな(笑)結構映画クラブの中学生、吾郎ちゃんのファンになった子多いですよhappy02今回は、お悩み相談もありましたね。いくらなんでも、「クソババア」は酷いですよね。ここまで、成長できたのは誰のおかげだと思ってるんでしょうかね。まぁ、でも難しい年頃ですからね。う~ん、やっぱりきやすく言えることでも絶対ないし、私もこの子のこと詳しく分からないので吾郎ちゃんがなんて言ったらいいかとなやんでるの分かります。でもまじめに考えてくれてる吾郎ちゃんもほんとに優しいですよねhappy01私もそういえば、全然反抗はなかったですね。弟も全然ないし、でも兄曰く(うちの兄は、暴言は吐かないけどちょっと怠けるところがあって何回も怒られてました(苦笑)「あいつは、悪知恵なんだよsign03」だそうです(笑)たしかに、まぁ悪知恵というよりは、兄が怒られてるのを見て、「あぁ、こんなことやっちゃいけないんだ」という感じなんだと思います。私がそうだから(笑)兄よ、ごめん(笑)でも、吾郎ちゃんが言うように放っておいてる人もいますよ。私の上司は子供とけんかして、無視して電話がなってもでなかったら向こうから「電話にでてよsign03」って言われたそうです(笑)親子ってこんなものだと思いますよ。きっと仲良くなる日がくると思いますよね。小さいときの頃みたいにhappy01「ゴロデラ」放送作家さんの回、いろいろ大変だけど、絶対やりがいありますよねscissors番組をつくって、それを見た人が元気になれたり、笑えたりいいなとおもいますよねhappy01あと、中居君のネタ帳みたい(笑)でも中居くん、人を喜ばせるために考えてくれてると思うと、ホントに頭が下がります。いろいろ皆企画を練ってくれてるんですね。SMAPLIVEDVD見ましたsign03MCも入っていて、やっぱりSMAPのパフォーマンスとか熱気とか思い出しますねsign03DVDでも、SMAPの踊りや、衣装や、映像などを見るのも楽しいですhappy02また、疲れたときに見返すと効果抜群ですね(笑)五人の元気や笑顔にこっちが元気をもらえます。コメント書きながら、今見てるんですが、「前にsign03」ほんとにイイですよねgood明日からも頑張れそうですsign03

投稿: さおり | 2012/12/10 00:38

ゴロデラ、放送作家さんがゲストという事で私もスマスマの件があるので申し訳ないですがあまりよくない印象を持ってしまっています。裏方に徹している方のようで。SMAPともお仕事でご縁がある方のようで今後お名前をさがしてしまうかも(笑)。ゴロデラに出演して下さるゲストの方達は吾郎ちゃんを目の前にするけど魅力的な方が多いですね。こちらのゴロデラは2回目放送されましたが来週はないです。年末でないのか2回だけなのかは解りませんがまた地元局には引き続きの放送をお願いするつもりです。なかなか定番放送には険しいですね。

投稿: ピカチュウ | 2012/12/10 02:05

penさやかさん
今回、放送作家さんがゲストということで、「ゴロデラ」の構成をされている方も案外ドキドキしながら見ておられたのではないかと(笑) 番組中に台本をパラパラめくりながら話すゲストの方は初めてかも。台本って、とりあえずゲストの方にもお配りするんですかね? 今回だけだったのかな。担当されているレギュラー番組を拝見すると、勢いのある番組ばかりで、確かに人を落として笑いを作るタイプの番組はなかったような気がしました。番組は、放送作家だけでなくて、もちろん、番組のディレクター、プロデューサーの意向にそって構成されると思うのですが、企画を作り出す能力が抜群なんでしょうね。今回取り上げた本は、すごく興味が沸きました。サラリとすぐに読めそうな感じもするので読んでみようかな。(その前に消化しないといけないものが山積みですが(笑)) 吾郎さんは、今回えらくリラックスしてましたよね。ジャケットかインナーがちくちくするのか、何度かお腹をポリポリ掻いていたのがツボです(爆) 樋口さんは、初めて吾郎に会われたそうですが、温和な表情をされていたけどじ~っと吾郎のことを観察されているように見えました。「やっぱ、吾郎さん、面白いなぁ・・・」って感じで(笑) 何か、番組を一緒にやってくれるといいですね。BDアルバムは、このあとUPします(笑) こちらこそ、ご参加ありがとうございました。


penさおりさん
吾郎の笑顔は、本当に癒されますよねぇ。年々、本当の天使のようになっていく人だと思っています。←イタい発言(笑) 「FNS歌謡祭」は、毎年緊張すれども結構リピ度の高い歌番組です。今年は、カメラワークが非常に残念だった。(どなたも指摘していないので、もしかしたら私だけが感じただけかもしれませんが・・・) もう少し、歌割に合わせて撮ってほしかったなぁと。でも、そんなに愚痴るほどではないですよ(笑) 楽しめたので。

「ストスマ」での写真集の件は、もう諦めずにガンガン出していきましょう。吾郎の言い分はわかっています。本は売れなきゃダメなのも知っています。昨今の出版業界が大変で、昔のようにホイホイ気軽に出せないのもわかっている。でも、そんなことは吾郎が心配しないでほしい。オファーがあればのっかってほしいんですよ。ファンしか手に取らないのでもいいじゃないですか。正直、ファンはそういうのを出してほしい人が大半だと思うので。趣味のものをくっつけて出さないと、ファン以外の人が買わないというのもわかるのですが、とりあえず10年以上待たせているあなたのファンのために何か出してほしいんです。もう、限定販売でもいいし、予約のみの販売で作ればいいのではないかと。それなら、損はしないでしょ(笑) まぁ、ファン以外の方にも手にとってほしいという気持ちもわかるので・・・何か良い案があれば、是非、「ストスマ」に皆さん、送ってほしいですね。本が出版されるときには、是非、お友達や知人に紹介してくださいね(笑) 

「ゴロデラ」の放送作家さんのお話、とても面白かったですね。企画会議って実際は大変なんだろうけど、頭捻りすぎて皆わけわかんなくなって、おかしい企画案が出たりするんだなぁと(笑) そのときは笑えなくても、あとで思い出したら笑えることがたくさんあるんだろうと。会社のプレゼンでは、確かに意見を交わすのは初めて参加すると難しいですよね。こちら英国では、とにかくどうでもいいことも英国人は口を挟む。議論好きなんですよね。だから、タイミング計って話すようにしてますね。それこそ、樋口さんが秒針を数えるように(爆) 「今だ!」って感じで。そうでないと、会議中ひと言も発言しない羽目になります(苦笑) 企業人、皆、大変なんだよね(笑) ライブDVDもう見られたんですね。よくできていますか? 私のDVDは、今、空を飛んでいると思います(笑) 早く届かないかなぁ。


penピカチュウさん
やっぱり、「スマスマ」の企画構成が頭に浮かんでどうしても身構えちゃいますよね(苦笑) きっと、「スマスマ」にも優秀な放送作家さんたちいはいると思うのですが、果たしてどのぐらいその人たちの企画が採用されているのか。いろいろと、「スマスマ」はしがらみが多すぎてまともに面白いこと一本で決められないんじゃないのかなぁと思いますね。とりあえず、事務所の横槍は排除してほしい。←大毒 「ゴロデラ」に来てくださるゲストの方を悪いように見たことないなぁ・・・というか、見えないんですよね。これって、やっぱり吾郎の存在が大きいと思います。あとは、番組の企画力ですよね。そちらでの放送は、また未知数ですか(汗) 電話して、二回放送して頂いた理由を聞いて検討するのがいいような気がするのですがどうでしょうか。

投稿: kazuyo | 2012/12/10 05:55

やっぱり裏方業を理解されている方ですね。

見逃してしまったので、この記事読めて良かったです!
樋口さんは、さすが売れっ子作家さんだけあって、
いろんな芸能人の方の仕事には欠かせないみたいですね。

樋口さんの小説『ボクの妻と結婚してください。』読みました。
テレビの作り方とかも分かりますし、なにより嫁さんの新しい
旦那探しをネタにするなんて、いかにもTV的。
泣けましたが、いろんな感想を持ち合わせる作品でした・・・。

しかし作家しつつ小説も手がけられたところがなぜなのか??
ネットで探していたら、樋口さんを詳細解説してるサイトを見つけました!
ちょっと前になにか苦痛な出来事があって、それが起因になったらしい。
しかし、裏方を地でいくような方とか。
これからもっと活躍されるみたいなので、期待してます。

投稿: じゃが | 2013/01/21 21:33

penじゃがさん
コメントありがとうございます。個人的に放送作家さんという職業の方に少なからずいい印象を持っていなかったのが、全員がそんなわけではないという当たり前の結論に「ゴロデラ」に樋口さんがご出演されて思いました。とても大変な職業で、裏方に徹して日々あらゆる企画を立てているのが放送作家というお仕事なんですね。今回、課題図書になった本はとてもいいと吾郎さんも小島さんもおっしゃっていたので、本当に機会があれば手に取ってみようと思います。ご紹介して頂いたサイトですが・・・こちらを見に来てくださっている方たちには不適切な項目も含まれていたため、勝手ながらURLは削除させて頂いたのでご了承ください。ご気分を害されましたら、コメントごと削除させて頂きますのでご連絡ください。

投稿: kazuyo | 2013/01/22 03:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファンへの宿題 | トップページ | 吾郎さんBDアルバムのご報告 »