« きらっきらのダイアモンド | トップページ | 舞台のテンション »

ハンサム駄々っ子

木曜日の吾郎DAYのレポが遅れていてすみません(汗) SMAPのライブDVDが届かなくて落ち込んでます・・・発売後すぐに姉に会社宛に送ってもらったのに、ホリデー前に届かないと今年中に見れないことになり、ちょっと気落ちしてしまいました。吾郎の番組を観れない人たちは全国にたくさんいる。そんなファンの方たちに比べたら、自分は海外にいても恵まれているほうなので、こんなことで落ち込んでいてはいけないですね(笑)

今週の「ゴロウ・デラックス」も面白かったです。本当にいろんなゲストの方が来てくださるんですね。どの方も、バラエティ番組のゲストとしてはそんなに出演されない方たちなのに、番組からのオファーに快く承諾して来てくださるのは、きっと本の宣伝以外にも吾郎さんの番組なら・・・というのもあると思います。そして、皆さん、楽しんで帰ってくれるのは嬉しいですよね。

今回の吾郎さんの衣装は、ダークブラウンのジャケットに、シャツとネクタイがグレーブラックに白いペイズリー模様で揃えていて、ボトムも同じ色で揃えています。これまた着る人によるなぁという難しい合わせかた(笑) 吾郎が着ると、非常にシックで大人の着こなしに見えます。

今回のゲストは、いままで番組にいらした中で最高齢の御年90歳の女性の方。親太朗くんに手を引かれてスタジオにやって来られたのは、内海桂子師匠。内海桂子・好江のコンビとして人気を博し、70年以上も現役の女性漫才師。とても90歳とは思えない、しっかりした足取りにはっきりした話し方。素晴らしいですね。お肌もとっても綺麗です。どうやら、イケメンがお好きなようで、手を繋いでくれた親太朗くんがお気に入りに(笑) 親太朗くんは、本当にいつもそのままでいい子ですよねぇ。吾郎が、二人を「お似合いです」と言っていました(笑)

第七十回課題図書 『師匠!』 内海桂子著

Photo もちろん漫才師としても、漫才協会名誉会長を務めるほどの重鎮ですが、本を出されたから「ゴロデラ」にご出演となったわけです。何かと思えば、Twitter(笑) 今や、趣味がTwitterと言っても過言ではない桂子師匠。御年90歳の彼女が呟く人情と毒にあふれた味わい深いツイートがうけ、フォロワーはなんと7万人超え! 若者にも大人気となり、1300を超えるツイートの中から選りすぐった傑作集がこちらの本となります。

もともとは、新聞と一緒に入ってくるチラシの裏にいろいろ書いていたのを、旦那様でマネージャーである「骨拾い」(桂子師匠談(笑))が無断でTwitterに掲載したのが始まりだとか。つまり、師匠が自ら書かれているのではなくて、書いた言葉を旦那様がうまく140字にまとめて書かれているわけですね。そんな旦那様、成田常也さんも一緒にテレビにご出演(笑) 24歳も年下の旦那様は、もともとは内海桂子・好江の大ファンで、お会いして一目ぼれ。それから、一日に300通もの手紙を書かれたとか。最初は、娘さんと同じ年の成田さんの手紙に「気持ち悪い」と思ったものの、そのうち色の違う手紙で「結婚してください」というのが届くようになり、桂子師匠とめでたくご結婚されることに。

しかし・・・熱い想いって伝わるものなんですね。まぁ、実際、私が同じように吾郎に手紙を送り続けたら、確実に「気持ち悪い」の段階で終わるでしょうね(笑)(笑)(笑) と、言うか、吾郎にはそういう気持ちは持っていない。ただただ、愛でて応援したいだけですしねぇ。そんな手紙を送るエネルギーがあるのなら、吾郎のための各所への要望に注ぎたいわ(笑)

桂子師匠は照れ隠しからか、旦那様にはきつい口調で茶化してお話されますが、とても仲が良い夫婦というのがわかり吾郎も微笑ましく見ていました。(ちょっと、呆気にとられているところもありましたが(笑)、きっと、また周りにはいない人たちなのでものめずらしかったんだろう(笑)) 浅草でまだ現役漫才師バリバリの桂子師匠。少し映像を見せてもらいましたが、AKB48を話題にしたネタも入っていて、しっかり今のテレビも見ておられるんだなぁと。なんと、元AKBの前田敦子ちゃんのPVにも出演されているというから驚きです。そのPVでも披露されている「都々逸(どどいつ)」で、吾郎さんと小島さんを題材に作ってきて、この「ゴロデラ」で披露してくださいました。

note吾郎ちゃん 慶子と桂子でダブルのケイコ 人生まことに デラックスnote

いきなり、「吾郎ちゃん」(笑) 吾郎がとっても嬉しそうな優しい目で聴いていたのが印象的です。この収録のあと、仲良くなった桂子師匠と親太朗くんのデートロケを設けるゴロデラスタッフ。優しいですねぇ。二人で花屋敷でメリーゴーランドに乗ったり、プリクラを撮ったり(笑)、一緒にカツサンドを食べたりと立派なデートになっていました。番組の終わりに、桂子師匠から吾郎と小島さんの印象を聞くと、吾郎には「いい男だよ」ときっぱり(笑) でも、「ハンサム駄々っ子」だと(笑)(笑)(笑) 今回、吾郎はおとなしくお話を聞いていただけなのに・・・さすが見抜いていらっしゃる(笑)

この放送日に、Twitterで桂子師匠のアカウントから呟きが。とても素敵な言葉でツイートしてくださったので残しておきます。

内海桂子@utumikeiko
ゴロウ・デラックス」という深夜番組に場違いかなと思いながら出かけた。稲垣ゴロウさんは爽やかイイ男。色物の芸人と比べて素直で一寸駄々っ子風。小島慶子さんは名前が一緒で今夜はダブルケイコ。レディース・ケイコにふさわしい。私は亭主と一緒。嬉しいね、そうでしょと聞いたらそうですとの返。

|

« きらっきらのダイアモンド | トップページ | 舞台のテンション »

コメント

Kazuyoさま

本当に各方面からのゲストで、見る側は楽しませていただいています。今回は漫才界、お笑い界の重鎮!内海桂子師匠がゲストでしたがその年齢に先ず吃驚しました。新しいものに挑戦する好奇心の強さ、現役で舞台に立つ姿はとても御年90歳とは思えません。番組の中で少し映った漫才の光景もそのネタの新しさと軽い身のこなしに吃驚しました。人生の先輩からは学ぶことが多々ありますね。

優しそうなご主人も登場で、毒をはきながらも幸せそうな桂子師匠と、戸惑いながらも飛び切りの笑顔で見守る吾郎が微笑ましかったです。桂子師匠の都々逸の‘吾郎ちゃん’と、呟きのなかの‘色物の芸人と比べて素直で一寸駄々っ子風’には、桂子師匠の鋭い感性を知ることが出来ました。祖母と孫ぐらいの年の差がある芸能界の大先輩からも‘吾郎ちゃん’と呼ばれ、素直だと言って貰えるって幸せなことですよね。

90歳の方に凄いパワーをもらえて元気になると共に、放送地域が一部ということに今更ながら勿体無いと強く思いました。

Kazuyoさん、SMAPのDVDがお手元に届かなくて落ち込んでいられるとか・・・そんななか感想を上げていただき感謝です。一日も早く届くことを願っています!

投稿: さやか | 2012/12/15 20:58

pcさやかさん
いろんなゲストの方が来られて、いつも放送を見るまではどんな感じになるのかと思うのですが・・・まったくいつものとおり「ゴロデラ」カラーが出ていて感心します。今回もとてもバラエティ番組には出てくださらないような素敵なゲストで、本当に長く続いていってほしいと思います。桂子師匠がずっと向かい側に座っている吾郎の顔を見てお話をされていて、それにまっすぐな視線で柔らかい笑顔で聞いている吾郎を見て、年上の女性に好かれるわけよねと思いました(笑) 90歳になっても、男前が好きでウキウキできる桂子師匠はとてもキュートで素敵な方でしたね。来年からの連ドラもそうですが、こんな素晴らしいバラエティ番組も全国放送でないというのが本当に残念で。皆さん、今、連ドラのことで各局に要望を出されているとは思うのですが、その流れでこの「ゴロデラ」への要望も一緒に出してほしいと思います。要望も感想もなければ、そりゃあどこの局も動いてくれないです。吾郎のお仕事が関東ローカルばかりというのが寂しすぎるので、本当に頑張ってほしい。よろしくお願い致します。

投稿: kazuyo | 2012/12/16 01:56

「ゴロウ・デラックス」凄いですね!今回は桂子師匠がゲストでお越し下さったのですね。別の番組で桂子師匠の元気で健康な生活風景を密着された番組を拝見したのですが、本当に若々しくて頭もきれて素晴らしいですよね。日ごろの鍛錬によるところが大きいですね。それに師匠の前ではどんなにつくろってもその人となりを見透かせられてしまいますね。「ハンサムで素直でちょっと駄々っ子」(笑)素敵な言葉を頂きましたね。吾郎ちゃんはいつもどんな方がゲストでお越しいただいても変わらないゲストの方のお話をしっかり目をみてお聞きしていていつも微笑を絶やさない。本当に素敵ですね。

投稿: ピカチュウ | 2012/12/17 00:52

pcピカチュウさん
なかなか想像できないゲストの方たちが来てくださる番組ですね(笑) 普段なら、あまり触れることのない方たちの言葉が聞けて、本当に興味深く見れる番組だと思います。人生90年、いろんな方たちを見てきての吾郎へのお言葉も嬉しかったです。じっと吾郎のことを見ていて、率直なコメントを残してくださったと思います。「駄々っ子」というのはどこを見て思われたのかわからないぐらい、今回は吾郎はそんなに話していないんですよ(笑) でも、表情とかリアクションで見抜かれたんでしょうねぇ。以前、そちらで二回だけ「ゴロデラ」が放送されたようですが、その後何か良い方向に向きそうでしょうか? せっかくなので、地元局にそのときのお礼と感想。そして、続行して頂く要望を諦めずに出してくださいね。

投稿: kazuyo | 2012/12/17 05:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きらっきらのダイアモンド | トップページ | 舞台のテンション »