« エロスの新年明け | トップページ | 「心療中-in the Room-」 第一話 »

「なんじゃ、そりゃ」

週末は、吾郎ファンは大変になっていると思うのですが(笑)、ここで一息入れるとレポが溜まっていくのは目に見えているのでサクサクとあげていきますね。(若干、この三ヶ月は飛んでしまうのがあるかもしれないので、その辺はどうぞご了承ください。吾郎さんの仕事詰まりすぎ(笑))

まずは、新年二回目のラジオ「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」ですが、こちらはそんな忙しい吾郎のことを考えてか、昨年の放送の中で反響の大きかった話題を振り返るということで、そのときの音源をそのまま流して吾郎のコメントが入るという感じでした。その前に、単独ラジオになったことでの吾郎からの挨拶があったので、そこはそのまま抜き出しておきます。

吾郎 「去年の4月に30分番組にリニューアルして10ヶ月経ちました。おかげさまで、年を越すことができましたね(笑)一人で(笑) 本当にありがたいなぁと思いますし、本当に皆様に感謝しております。この番組、ずっと続けていけたらいいなぁと思っておりますし、一人になってよりアットホームな感じがしてきましたし。聞いている方々に支えられながら(笑)存続できているというか。スタッフの方たちにはHPを作ってもらったりとか、皆さんの力あってできているなぁって、ほんとつくづく年を明けて実感しますね」

ちょっと照れたような話し方で、でもファンに向けて本当に感謝の気持ちを込めて話してくれる吾郎。年明けも、またじ~んと感動させて頂きました。こちらこそ、本当に忙しい中、マメにラジオ収録に励んでくれる吾郎には感謝ですよね。お便りは、今後もいっぱいいっぱい吾郎に出していってあげてください。

もう一度聞きたいトーク特集
・ みぞれ鍋の話
変わったオリジナルな鍋があれば是非教えてくださいと言っていた吾郎ですが・・・公式HPでこっそりとレシピを募集しております(笑) そこで吾郎が・・・「皆さん、料理あまりやられないみたいですねぇ。あんま来ないですよ、ハガキが(笑)なんか、面白い鍋教えてくださいよぉ。トマト鍋?カレー鍋?そんなの、全然聞いたことありますから!」 ・・・そういう風に言われるから、誰も送らないんじゃないの(爆)? でも、吾郎がこのあとも大募集と言っているので、どなたか新しい鍋レシピをご存知でしたら送ってください。

・ 味の素スタジアムでのMCでの「わちゃわちゃ」ヲタ言葉に反応する吾郎
聞きなおして、珍しく「んひゃひゃひゃ」と声出して笑っている吾郎が可愛かったです。これが、またちょっとハスキーで色っぽかったですよ。

・ ライブでの「稲垣吾郎」の呼び方
「吾郎」という字は語呂がいいので、いろいろつけられるんじゃないかと改めて自分で吟味する吾郎。「ごろごろ」とか「ごろりん」とか「ごろっぴ」とか「ごろち」とか(笑)「ごろり」とか。この羅列した摩訶不思議な呼び方は、全部吾郎が今までの人生の中で実際に他人から言われたことがあるものらしい(笑) その中の「ごろち」って確か、昔の「さんスマ」でお友達のひろくんにそう呼ばれていると言っていたんだけど・・・今回も、その話を真面目なトーンで告白していました。えっ?!これって、テレビでのネタじゃなかったの?! 本当だとしたら、すごいな、ひろくん。可愛がってもらっているのねぇ、吾郎(笑) 皆さんにオリジナルな呼び方を考えてほしいと。「愛されたいなheart」って可愛く言うのはやめてっ(爆)! おいおい、そんなこと言われたら・・・考えちゃうぞぉ(笑)(笑)(笑)


もうひとつ、まとめて出しておきます。ドラマですね。後輩のKis-My-Ft2の玉森裕太くん主演の『信長のシェフ』。ミッチーこと及川光博さんが演じる信長の戦国時代に平成の時代からタイムスリップしてきた記憶喪失のシェフのケン。というのが大まかな雑な説明のストーリー(笑)

吾郎は「特別出演」ということで、第一話ではそれなりに出演していましたが・・・今後は未知数(笑) 毎回出演なら、別に枠を作ろうとも思ったのですが・・・ドラマを拝見して、おそらくそうではないだろうなぁと感じたので。(なんせ、吾郎は今クール主演のドラマのほうで忙しいはず) しかし、良い意味でコミックそのままのようなドラマで、ツッコミどころ満載の実況向けの(笑)楽しめるドラマだと思います。きっと、少しでも吾郎が今後も出てくるのなら見るとは思うのですが・・・ちょっと保留。

原作を読んだことはないので、その辺とのギャップはわからないのですが、主演の玉森くんも素直な良い青年という感じで好演していると思います。あの織田信長から命を免れるのは、料理の腕だけじゃなくて可愛いのも要因ではないかと思わせるのも狙いですかね(爆) とにかく、脇を固めている共演者たちが結構と演技が達者なのも救われてますよね。その中での明智光秀役の吾郎は、これまた異彩を放った存在感。これは、あまり出てきてもらったら浮くレベルです(爆) 

しかし、コミカルで素性の知れない感じを吾郎が上手く演じています。最後の、「わしは、明智光秀」という台詞のときの無駄な(笑)UP。テレ朝さん、ありがとうございますって感じでした。このドラマ「明智光秀」というドラマかと思いましたよ。さすが、特別出演扱い(笑) あと、どれほど玉森くんと絡むのかわからないのですが、少しでも後輩くんとも交流が持てるといいですね。それとは別に、及川さんとの絡みは、是非拝見したいわぁ。最後の明智光秀の名言「敵は本能寺にあり!」は、吾郎の口から聞けるのでしょうか。 

ちょっとした出演とは言え、吾郎がしっかり役どころを把握して演じています。主演ではないから・・・と遠慮するのも大事ですが、公式HPの掲示板には率直なご意見を残しておいてください。心配しなくとも、玉森くんのファンの方たちが頑張って感想をぎっしり入れてらっしゃいますので、吾郎への賛辞を入れ込んでだいじょうぶですよ(笑) 次に繋げるためにも、是非、書き込みに行ってください。

|

« エロスの新年明け | トップページ | 「心療中-in the Room-」 第一話 »

コメント

Kazuyoさま

ラジオは吾郎の咽を気遣ってのスタッフの優しさも感じられる構成になっていましたね。でもそんななかでもきちんとリスナーに対応する吾郎は素敵です。新たな鍋料理を募集していましたが、思いつかない(笑)

「信長のシェフ」は、私も原作を読んでいないので初回は先入観無しの状態で見ました。元はコミックなんですね。それで少し理解できましたが、確かに未知数ですねぇ~。吾郎に関して言えば出番は少ないのに圧倒的な存在感でした。出てくるだけで華があるんですよね。吾郎が明智光秀役と知らなかった人が結構いて、あの怪しい雰囲気を醸し出す演技に「誰??」状態(笑)最後に明智光秀と分かり納得という話も聞こえてきて、そういう意味では初回を楽しまれた方も多いようですね。吾郎光秀と玉森君との絡みも、及川さんの信長との緊張感溢れる対決も見たいところです。

Kazuyoさんが書いてくださっているように、「信長のシェフ」の掲示板は放送開始前から玉森君応援メッセージの多さに驚きます。初主演ですものね。ファンの喜びと勢いを感じて新鮮で微笑ましい感じがしました。吾郎も特別出演ながら見事な演技でドラマを盛り上げています。次に繋がることなので、一人でも多くの吾郎ファンが感想を送ってくれることに期待です。


投稿: さやか | 2013/01/13 11:08

kazuyoさん こんにちわ今年も宜しく御願いします『信長のシェフ』の原作者の西村ミツルさんが御自身のブログで「正直言って、映像を見たら、引っ張られそうで怖い。今書いている『光秀』が変わるというか、以降、稲垣吾郎さんで『当て書き』してしまいそうで・・。存在感が凄いっスから。」と他の方がブログの中で書かれてるのを見てファンの欲目だけでなく、(原作を私は知らなかったですが)原作者の方にまで強烈に、その存在感を見せつけ印象つけられる吾郎ちゃんは、本当に魅力的な役者ですね。いっそのこと、西村先生、吾郎ちゃんに当て書きの光秀にしちゃって下さっても面白いかも(繋がんなくなるね)数分の登場で貫禄の存在感と演技力は流石。でも多忙だから特別出演くらいで、良かったですhappy01

投稿: ルナ | 2013/01/13 18:25

Kazuyoさん、こんにちわ。
今週は通常放送に戻るのかなと思っていたので、若干の肩透かし感はあったんですが、吾郎のコメントと共に聞き返していると、やっぱりあっという間に時間は過ぎてしまいました。
鍋に関しては、実家住まいもあり料理をしない&奇抜(?)なモノを父が好まないので、奇抜?な鍋料理が思いつかず、吾郎の期待に添えないのが残念ですcoldsweats01
その分、メール・ハガキでお便りを送りたいと思います。

「信長のシェフ」原作がマンガだからと思えば、ツッコミどころも微笑ましく? でも面白かったです。
吾郎@光秀は、予想していたのと全く違う演技で驚きました。ヤラレタ(><)って感じです。
主役にも早くから絡んでいるにも関わらず、最後の最後で名前を名乗るシーンは、本当に思わず「主役ですか?」と思ってしまう演出に、思わず笑ってしまいました。
時代劇での吾郎の声のトーンがいつもよりちょっと低くて、素敵heart04と聞き惚れてました。
これで暫く出番が無いのかな?と思うとちょっと淋しいですが、早く信長さんや秀吉さんとの絡みを見てみたいです。

投稿: 緋絽 | 2013/01/13 21:35

fishさやかさん
「ストスマ」のほうは、確実に吾郎のハードスケジュールを見越しての企画ですよね(笑) スタッフの方も気遣ってくださっているのがわかります。過去の音源と今の吾郎の声がクロスしていたのですが、すごくハスキーになっているのが聞き取れて舞台用発声になっているんだなと認識しました。しかし、鍋レシピ・・・トマト鍋もカレー鍋も普通なら、何を出せばいいのか悩むところ。まぁ、こっちで私は鍋なんて食べないので、ほとんどお手上げ状態ですので、皆さん頑張って考えてください(笑)

「信長のシェフ」は、コミックが原作だというのは知っていたのですがどんな話かという概要しか知らず拝見しました。いい感じではっちゃけている感じでしょうか(笑) 料理で対決とか、どことなく吾郎が出演していた「ハングリー!」も連想させるのですが、こちらは孤軍奮闘のケンくんですね。ここでも、吾郎さんはスパイスを効かせた役回りで(笑) 見事にそのお仕事を全うされた感じでしょうか。今度は、いつ出演されるんでしょうねぇ(笑) これだけインパクト残して去られたら、気になって仕方ないです(爆) 本来なら、もっと出番があって応援したいところですが・・・主演のドラマもありますし、きっと大変だろうと。HPになかなか吾郎の役だけ掲載されないでやきもきしていたのですが、本編を拝見して、そうか・・・ギリギリまで素性が視聴者にもわからないようにしたかったんだなと。見事でしたね、テレ朝さん(笑) 実況、すごく盛り上がりましたよ。また、出演されるときにこちらでもおおいに盛り上げたいと思います。


fishルナさん
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願い致します。原作者の方のブログは、私も拝読しました。確かに、映像見てしまうと引きずられることってあるのかもしれませんね。過去、「催眠」の原作者がそうであったように。こちらは、もう、ほとんどSMAPの稲垣吾郎そのままになってしまいましたけど(爆) 原作を読んだ方の話によると、まったく違う明智光秀像らしく、ここはドラマのオリジナル光秀様でいいんじゃないでしょうか。まぁ、吾郎が楽しそうに演じているだけで嬉しかったですけど。癖のある役だと、水を得た魚のようになる吾郎。いろんなキャラクターを演じるのが楽しいんでしょうね。「心療中」の天間先生とは別人のようでした(爆) どこにも共通点が見出せない。(そう言えば、ミュージカルでの田代もまた違ったキャラですね) これが、稲垣吾郎の役者としての魅力かな。同時期に見せられると確信しますね。


fish緋絽さん
どんなお便りが来て、どんなトーク展開になるのか毎回楽しみにしているので「過去のトーク特集」かぁとはなりますよね(笑) でも、ちゃんとコメントをしっかり入れ込んでくれて、さらに楽しいトークになっていました。おとぼけ吾郎さんは可愛い。それも、本人自覚ないのが余計に(爆)

「信長のシェフ」は、これ絶対に実況向けドラマですよね(笑) もう、見ている皆でツッコミながら見るには非常に楽しいドラマだと思います。案外、この枠で数字たたき出すかもしれないですよ。その破天荒な雰囲気に、吾郎の光秀もひと役かったわけでさすがでした。声が良かったというのは同意です。ちゃんと声にも役作りしていますよね。玉ちゃん演じる若造には、上から目線でおちょくった感じを出すために威厳ある低い声で挑んでいると思います。「心療中」の優しい天間先生の低いトーンとはまた別の声だったので。今後、光秀がドラマの中でどれだけ絡んでくるかわからないですが、こちらも楽しみですね。

投稿: kazuyo | 2013/01/14 04:00

遅いコメントですみません… ストスマは吾郎ちゃんが楽しく話しているので、毎回何を話してくれるのかなぁとワクワクドキドキしながら聞いています。SMAPの冬ソングを考えている時の吾郎ちゃん「う~~んそうだなぁ~~」
の言い方が優しく語りかけていて、今日のご飯何にする?
の答えに そう言って!と妄想しました(笑)
本当に素の吾郎ちゃんがいると感じるのです。
そして札幌でのオーラスの言葉は 少なからず単独のストスマが始まったからこそ 話してくれたのではないかなぁと思うのです。勝手な思い込みかもしれませんが…
なので もっと盛り上げられるようハガキ、メール出そうと 鍋レシピは吾郎ちゃんをうならせるようなレシピ考えます!
主婦は毎日料理してますよね!
ごろりんにはまけないわ!

ドラマも「心療中」はオンデマンドでみることができまし。いつも情報の方本当にありがとうございます。

素敵すぎる吾郎ちゃん、圧倒的な演技であっという間の30分でした。私は…あなたに救われ助けられています…。来年も楽しみです。

投稿: yayoi | 2013/01/15 00:57

fishyayoiさん
全然、遅いコメントじゃないですよ~。吾郎ファンは、ミュージカル大阪公演に参加中だった方もいるし、木曜日からずっと番組続きだし、ましてや年末からSMAPさんの番組露出がすごかったので、まだ追いついてない方がたくさんいらっしゃると思うので(笑) 「ストスマ」での吾郎の「う~ん、そうだなぁ・・・」はわかります!この言い方は、私も萌えました(笑) 確かに、吾郎に話しかけて目の前で答えてくれているような錯覚に陥りますよね。吾郎自身も、リラックスして話してくれていると思います。まさしく、「アットホーム」になっているのかなぁ。すごく嬉しいですよね。是非、吾郎が「S」になったので鍋レシピを考えて送ってください(笑) 「吾郎ちゃん、口うるさいんだもん!」って書いてやれ(爆) 料理していないんじゃなくて、結構と鍋ってオリジナルのふつ~のが家族は食べたいもんなんだよ。(特に男性の方は(笑)) 「吾郎ちゃんが変わってるんだよ!」と言ってやれ(爆) 
ドラマ「心療中」が未放送で残念ですが、オンデマンドで視聴されたんですね。不条理だと思うところもあると思うのですが、お金払って見る価値がありますよね。すごすぎて、皆さん、なかなか感想を書きにくいと思うのですが、リピして何か感じることがあれば是非、遅れてでもいいのでコメント入れ込んでください。日テレさんに感想を忘れずに! 掲示板が設置されないようなので、語りたいことがあれば、是非BBS(「心療中 -in the Room-」のスレ)に繋げて語ってください。

投稿: kazuyo | 2013/01/15 04:55

ななしのごんべは、私です(゚ー゚; おまけに来週を、と書くところを 来年とかいてしまうし~ すみません…
実はようやく年末年始のTVを見終わり、ドラマにはまらないとと、思っていたところに、福岡在住の姉が、ゴロデラのDVDを送ってくれて それも毎回CM抜きで… ありがたいです! 見れない方もいらっしゃると思うと本当に感謝しないといけませんね。かなり夜更かししてのコメントでぼけてました、と言い訳しちゃってます!

心療中は本当に惹きつけられました。日テレさんに感想おくらないといけませんね!
気になったのが、あるファンの方が 後輩クン達とSMAPが絡むのが、駄目なようで それがわかったら、もう興味がない、見ませんといっておられて
ちょっと悲しくなりました。 それぞれ感じ方があるので否定はしたくないのですが、せめて一度は見てほしいです
吾郎ファンには待ち望んだ主役ドラマ、後輩クンも実際に素晴らしい演技だったので、残念です…。

投稿: yayoi | 2013/01/15 14:27

新年の最初のストスマの吾郎ちゃんのお言葉は嬉しいですね。去年の札幌での最終日のファンに向けての「愛してますheart」といい、最近は素直にストレートにメッセージを下さる。益々吾郎ちゃんに嵌ってしまいます(笑)。お鍋は料理のレパートリーがないので難しいです。でもお鍋って「やみ鍋」っていうぐらい何を入れても良いので入れたもの勝ちって感じでしょうか。 「信長のシェフ」まだ吾郎ちゃんのところだけピックアップしてしか拝見できていません。マンガの明智殿とは違ってオリジナルの明智なのですね。でも今までに拝見した事のない人物像ですっごくひきつけられました。この短い出演時間でのインパクトと上手さは見事ですね。今後どのように玉森君の主人公と絡むのかが楽しみですね。

投稿: ピカチュウ | 2013/01/16 01:04

fishyayoiさん
ご連絡ありがとうございます。HN入れておきました(笑) 「ゴロデラ」はまとめて見ると、かなり濃くて面白い番組だとわかりますよね。お姉さまに感謝ですね。お知り合いのファンの方が、吾郎が後輩くんたちと絡むのが好きではないので「心療中」を見ないというのはもったいなさすぎます。確かに、ドラマ視聴なんて人の自由なのですが・・・ひとくくりに「後輩」と言っても、ちゃんと演技に真剣な子たちもいるし、SMAPだって最初はどうしようもなかったうえでの今があるわけですから(笑) 逆に、後輩くんたちのファンの方で「主演が吾郎ちゃんじゃなかったら見たのになぁ」と言われると悲しいので、偏見なしに見てほしいですねぇ。とても良い作品なので。


fishピカチュウさん
ライブでも、ラジオでも、そして舞台の上からも、吾郎はファンに率直なコメントをかけてくれるようになりました。それが、とても嬉しい。年々、ファンへの言葉が変化してきているのは感じていたのですが、ラジオ「ストスマ」が単独になってからぐ~んと吾郎とファンの距離が縮まったように感じます。本当に、スタッフの方には感謝ですよね。やはり、吾郎もファンに声をかけるにしてもどうしていいのかわからないときもあったのではないかと。単独ラジオで吾郎に向けてのストレートなメッセージを手に取るようになって、「あぁ、ファンの方はこういう風に考えているんだ」とわかってくれたんじゃないかと思います。そんなファンの声を近くに感じながら、役者の仕事をリラックスして演じてくれるといいなぁと。吾郎の明智光秀の役はファン以外にも好評です。今後の展開が楽しみですね。

投稿: kazuyo | 2013/01/16 04:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エロスの新年明け | トップページ | 「心療中-in the Room-」 第一話 »