« 鍋、どんだけ好きなの? | トップページ | フリップの文字が「Mistake!」 »

「心療中-in the Room-」 第五話

なんとなく、それぞれの悩みの元がうっすらと見えてきたような気がした、今回の「心療中-in the Room-」でした。ほんの些細なことと言うよりは、誰もかれもが深い闇を持っているように思える。これは、天間先生だけで解決するには荷が重いぐらいだと思います。なんせ、天間自身にもいろいろ問題があるし、生徒から掘り起こされたりするので大変。今回、吾郎の演技が素晴らしかった。いえ、このドラマ初回からすごかったんですが、第三話の最後の捨てられた子犬の目の演技を超えたかもしれない。

前回、自分の家を放火しそうになって天間に救いを求めにきたは、どうやら東京を離れ親戚の家にいったらしく転校させられるかもしれないと、初回のカウンセリングの話の中に出てきた瑠衣がそれを伝えに来たのですが・・・彼女曰く、瞬ともう一人の友人冬馬は「不適切な関係」にあるらしい。彼女は、それを天間先生に話したい様子だったのに、天間がどういうことか聞き出そうとするとはぐらかしてしまう。彼女は、もともと瞬が好きで気を引くために、冬馬と寝たらしいのですが・・・瞬には幽霊の女性がとりついているから自分のほうは向いてくれない。この突飛な考えは、あたると有名な占い師から聞いたらしいが、思い当たることがいろいろあるのだそう。10歳から記憶を失っている瞬は、その頃に入院していた病院が火事になって逃げ遅れた女の子が幽霊になって記憶を消してしまったからだと。瞬から電話があって帰っていく瑠衣。推測ですが・・・もしかしたら、病院が火事になったのは瞬が何か関係あるのかな?と思った。自己防衛のために記憶を失ったとか。瞬が言っていた「約束」も、この辺に関係があるのかも。

爆弾IQ男子生徒(笑)朔也が、上機嫌で戻ってくる。この子は、いや~な感じですねぇ。自分の悩みはもうどうでもよくて、天間先生を困らせたい、もしくはいつも冷静な天間先生をどうにかして感情むき出しにして自分と対面させたいと思って来たのがありあり。とにかく頭がいいですから、言うことがいちいち天間を傷つけるんですよね。自分のことだけ言われている間は、なんとかやりすごしていた天間ですが、朔也がリサーチしたという妻の浮気旅行、息子の不登校、娘の年上の男子とのつきあいのことまでいろいろ言われ、最後には自分の父親を片田舎の施設に入れたと言われたときにぶちぎれてしまった。朔也の顔に水をぶっかけて掴みかかってしまったら、もう心療医として彼に向かうことはできないですよね。悲しい顔をしたふりをして、帰り際に微笑む朔也。この子は、いったい天間先生にどうしてほしいのか。ただ、怒らせたいだけではなくてそこから自分と同じレベルに降りてきてほしいのかな。前回、自分が天間先生に言われて感情を出してしまったので、やり返したとか? とにかく厄介な子です(苦笑)

そして、最後は夫婦揃って深山先生の元にカップルセラピーを受けに。天間は、朔也に攻撃したのも妻の香苗の一連のことがなければ自分の気持ちは抑えることができたはずだと。深山先生は、天間が何かと生徒たちのことを話すことを指摘して、妻に対して感情を抑制しているのではないかと天間に告げる。香苗は、了と出会った頃に自分が話すことはどれも大事なことだと言ってくれたけど、実は自分を含め家族全員が了の分析対象だったのではないかと思い始めたという悲しい気持ちを吐露。きっと、今までこの夫婦はこうやってちゃんと話し合ったことがないんですね。お互いに自分がどう相手のことを思っているか話さなかったことが、ここまで問題を大きくしたのではないかと。それは、天間が生徒たちのことにかかりっきりで家族のことはまったく意に介さなかったから。でも、天間はきっと自分の家族はだいじょうぶだと思っていたんだろうなぁ。最後、深山先生の元を辞するときに、そっとドアを開けて香苗を先に出してあげる紳士な様子にちょっと怖くなった。妻の話を聞いていたときの感情を全部殺して、最後に深山先生にクールな顔で「ありがとうございました」と挨拶するのも仮面を被ってしまったよう。天間は、きっと今後壊れていくでしょうね。


今回も、吾郎の演じる表情が素晴らしくて「萌え」と括ってしまうにはあまりにも失礼なぐらい。
・ 朔也から少しずつ追い詰められる様子が、すごく伝わってきた。妻のことでそこまで知っていることに驚きの顔。息子のことで「こいつ、何で知っているんだ?!」というような脅威の顔。娘の件ですでにぎりぎりに追い詰められて・・・最後に父親のことでぶっちギレ。この感情の流れを、すごく吾郎が上手く演じている。目や口元の変化で、天間がどれだけ感情を揺さぶられているかが手に取るようにわかる。

・ 父親のことを言われる前の、表情すっごくいいですね。「それ以上言ったら・・・」感がすごく出ていた。加えて、ものすごく男前(笑) 徐々にエスカレートする朔也の煽りにイラッとする感じが、普段吾郎がイラつくときと同じで怖かったわぁ(笑) たま~に、わからないようにああいいう顔していますよね(爆) だから、ここは演技をしていても本当に天間了に気持ちを持っていっているんだとよくわかりました。

・ 妻、香苗とのカップルセラピー。「恋人でも妻でもなく、単に了の患者の一人だったんです」と香苗が言ったあとの、ゆっくりと顔をあげる表情が秀逸だった。「それが、了の冷たい本性なんだと思います」と言われたときに、俯いてしまうのにきゅ~んsweat02 ずっと、怒りをこめた顔で聞いている様子から、初めて聞く妻の言葉に驚き、そして傷ついていく・・・きっと、天間も自分自身で気づいていなかったのねぇとわかる。一見、天間は冷静でクールなキャラクターなんですが、吾郎がこれだけ大げさではなくいろんな表情を見せてくれるので、視聴者も深読みできますよね。素晴らしい!のひと言です。

・ 吾郎の眉間にシワが寄ったままのカップルセラピーの様子に、見ているほうも緊張感が漂ってしまう。しかし・・・それでも美しい(笑)

そして、今夜もリピが止まらない(苦笑) 生徒役の子も含め、皆さん、演技が上手いわ。よくぞ、これだけ集めてきてくれたと。吾郎を始め、ジャニーズを馬鹿にしたらダメだよね(笑) 偏見を持たずに、このドラマを見てほしいと思いました。

|

« 鍋、どんだけ好きなの? | トップページ | フリップの文字が「Mistake!」 »

コメント

こんにちは。いつもいつも楽しく拝見しています。ここは初めてメッセージを残します。
というのは、このドラマにかずよさんと同様、どっぷりハマっているからどうしても発言したいと思いまして(笑)。wine
脚本家の方、須賀敦子さんというエッセイしストで有名な方の教え子なんですよね。若いころデビューして脚本家デビューした後しばらく渡米していたらしく、最近拝見しないなと思っていたら、このドラマ。
心理学を勉強したうえで、非常に突き詰めた知的な脚本をつくろうとしているなと感じます(五回目でその種明かしが少し)。
そこで我らが吾郎さんでしょう!日本のどこを見渡しても、心理学という知的な学問と、突き詰めた脚本の似合う人はおりません(断言)。また、演技の抑制と爆発のバランスが見事で美しくって、そうでなくてはうっとおしくて見れないドラマですよ、生々しすぎて。私は個人的に先生業の人の職業病的な側面に悩まされたこともある人間なので、今回はとってもこたえましたrain
今の年齢の、美しい吾郎さんだからこそできるドラマにようやくまた巡り合えたという気がします。「嘘でも」からのファンですが、今後ともどうかよろしくお願いします。

投稿: おとと | 2013/02/10 14:06

kazuyoさん、こんばんは。前回のコメントにマッチと吾郎さんが似ている、と書いた「ようこ」です。
以前もコメントを入れたことがあったと思うのですが、HNが違ったのかもしれません。サイトによって使い分けているので、どのHNでコメントを入れたのか忘れてしまいました。初めましてのご挨拶を入れなくてごめんなさい。
「心療中」の吾郎さんの演技、本当に感心して観ています。
アップであんなに苦悩の顔をしても、怒りの表情をしても惚れ惚れしてしまう美貌に、これが他の方だったらどうなのだろう、と毎回思ってしまいます。

投稿: ようこ | 2013/02/10 20:20

kazuyoさま、3度目のコメントです。
以前keikoのHNでコメントした者です。
同じHNの方がいらっしゃったんですね。私の方が新参者なのに、先輩keikoさんがHNを変えられたそうで、本当に申し訳ありません。先輩に敬意を表し、私はkeiko2号とさせていただきます。

それにしても・・・。
SMAPファンとは、吾郎ファンとは、こんなに忙しいものなんですね。
ファンになってまだ数か月、怒涛の年末年始ラッシュが明け、大阪に「恋と音楽」を観に行った感激も冷めやらぬうちの、ドラマに新曲にUSJコラボにまたまたドラマ情報に・・・。私はもう息も絶え絶えです。

そして今日は心療中5話!オンデマンドが待てずに朝布団の中でスマホからネットで観ました。
あぁもう・・・。天間に代わって私があのク〇ガキをぶん殴ってやりたい!水をぶっかけるだけでよく我慢したよ、了!と怒りに震えてしまいました。
一言も発しないのに、こみ上げる怒りを耐えて耐えて耐え続け、でも最後に決壊してしまう天間の心理状態を本当によく演じましたね。
感情移入しすぎて、私もグッタリです。
口直しにスマスマでキュートに踊る吾郎を観ないと、寝れそうにありません(*_*)

投稿: keiko2号 | 2013/02/10 22:13

こんばんは。5話の衝撃に、何度も朔也くんとのシーンをリピートしてしまいました。吾郎さんの目の、怖いほどの美しさの衝撃…!
吾郎さんは、その年齢に応じての、その年齢でなければ出ない美しさをずっと持っている人ですね。

朔也くんの言う、天間先生をさしての「聖域から出ようとしない」という言葉がよかったです。ドラマの最初の頃に私が勝手に抱いた、「まさか天間先生は死んでいるんじゃないよね?」という想像(先生は診療室にとらわれている霊じゃないよね?という突飛な…)を思い出しました。
ある意味先生は心は死んでいるのかなあ。
一話の時には奥さんは、「はいはい、診療室には一歩も入っていませんよ」と、先生の聖域には踏み込まなかったのに、その後少しずつ部屋の内部に近づいてきて、五話では先生が意識していないうちに背後にまで立っているんですね。聖域が侵されて、心を取り戻したら、今の天間先生は壊れちゃうのかな。切ないです。

投稿: susu | 2013/02/11 00:30

chairおととさん
初めまして。コメントどうもありがとうございます。ドラマに嵌ってらして、思わず出てきてしまったとのこと。すごく嬉しいです(笑) 脚本家の青柳祐美子さんの情報ありがとうございます。渡米されているときに、「In Treatment」を見られていたんでしょうか。青柳さんは、実は96年にTBSで「最後の家族旅行」という吾郎が出演したSPドラマで脚本を書いていらしたんですよね。巡り巡って、こうやってまたお仕事をご一緒にすることがあるというのも嬉しいですね。初めてのコメントに熱い吾郎語りありがとうございます。素晴らしいわ(爆) 同じヲタの匂いがする(笑)(笑)(笑) このドラマは、見る人を選ぶと思うので深夜に放送となるのもわかるんですね。でも、吾郎はオファーを聞いたときに、数字や視聴者受けなどの諸々を飛び越えて「役者としての魂」が揺さぶられたんだと思うのです。それを見事に受けて立って演じている吾郎を見られるなんて、ほんと贅沢! そして、美しい。←大事なことなので何度でも言います(笑) 「嘘でもいいから」の吾郎ファンなんですね。それは大先輩だわ(笑) 私は、このドラマは再放送組なので。こちらこそ、どうぞよろしくお願い致します。


chairようこさん
以前の「スマスマ」でのコメント覚えています。そのときは、HNは「スザンナさん」で頂きました(笑) どちらでも気にしないので、好きなように使い分けてください(笑) 吾郎の演技も美しさも、両方たっぷり堪能させてもらえて本当にありがたいドラマですよね。私も、毎回放送が終わったあとにリピが止まらないです。レポを書く時間も惜しいぐらい(笑) いえ、皆さんでこの喜びは共有したいのでUPしますけど(笑) 確かに、この天間了の役が他の役者さんだったらどうだったんだろう・・・上手く演じる役者さんは他にいても、この儚げな美しさをアラフォーで出せる人はいないかもしれないですねぇ。「この役は稲垣さんに!」と思われた制作側の気持ちはよくわかります(爆)


chairkeiko2号さん
HN(笑)(笑)(笑) いえ、こちらにもお気遣いさせてすみませんでした。やめてください、むちゃくちゃ笑いましたから(笑) せめて、「Crazy Five」のように「keiko two」でよかったのでは? いや、こんなことどうでもいいんですよね(笑) (吾郎ファンって、結構とジョークが上手い方が多いんですね(笑)) 確かに、アイドルのファンになるとものすごく番組を追っかけるので大変だと思います。SMAPはその中でも活躍の幅が広いです。加えて、今、吾郎さんの怒涛のスケジュールはここ最近では一番かもしれないので(汗) 実は、私も驚いています。もしかしたら・・・もっと追いうちがくるかもしれませんので覚悟しておいてください。今回、また真田くんが上手く嫌な生徒役を演じていましたね。吾郎のイラッとする表情とシンクロして「このやろ~」と思いましたよ(笑) だけど、この朔也は瞬とは違うスタンスで天間先生にすがってくるんですよね。なんか、その比較もなかなか面白いです。天間にとっては、朔也は対面するのは嫌なタイプだと思うのですが、「それがあなたの仕事です!」と言ってあげたくなったわ(笑) 今後、朔也との診療はどうなるのかも楽しみですね。


chairsusuさん
朔也から追い詰められる天間先生は、不憫だけど素敵でしたね。吾郎って、やっぱりいぢめられている役が合うのかもしれない(爆) 嫌味な「S」キャラが世間では昨今うけているみたいですが、断然、「M」キャラのほうがゾクゾクしますね。いや・・・これは、ファンの趣向の違いか(笑) 朔也に追い詰められているときの怒りの目と、妻、香苗からの自分への言葉への怒りの目はまた違うんですよね。これだけ、演じ分けられたら、もう素晴らしいとしか言えません。その年齢ごとの美しさ・・・まさしくそうですね。そのときにしか出せない美しさを思う存分出せる役に吾郎は恵まれているかもしれない。(20代の頃の妖艶さは、ドラマだけでなく映画でもっと残してほしかったですけどねぇ) 天間了は「聖域」にいるから、この世に存在しない人ではないか、もしくは心が死んでいるという想像ですが、後者はまさしくそうですよね。このドラマ、本当にいろんなところで想像力を掻きたてられます。最終話は、どう持ってきてくれるのでしょうか。なんとなく、ハッピーエンドにはいけそうにない気がするのですが・・・堕ちてこその美しさもあるかもしれない。なんせ、吾郎が演じているので(笑)

投稿: kazuyo | 2013/02/11 03:25

Kazuyoさま

5話の内容を思い出す度に「はぁ~」とため息が出るほど引きずっています。大体切り替えが早いほうで、既に終った作品は殆ど見ることが無かったのに、繰り返し見ている自分に驚いています。内容は勿論の事、吾郎の演技、美しさにどっぷりと浸かってしまった結果です(笑)

そろそろ一息という時期かなと思いながら見た5話ですが、何の何の吾郎の演技は進化しているし、内容も考えさせられるものでした。このドラマは見ている人達の年齢、家庭環境によっても受け取り方、感じ方が大きく違うでしょうね。今回特に印象に残ったのが、カップルセラピーでの了と香苗です。妻の香苗が了との出会いを「初めて自分を理解してくれた」というような発言をしていましたが、大学生になるまで理解者がいなかったということは親も理解してくれていなかったのかと思ってしまいました。推測ですが、了も香苗も育ってきた環境で相手を受け入れ愛するということが不器用なのではと思ったりもしました。香苗が全て了の所為にするのも気になります。ここで見せる吾郎の演技、特に妻を見る目の演技には鳥肌が立ちました。

訪れる高校生も含めて‘一人ぼっち’感が強いのでしょうね。孤独で誰かに認めて貰いたい。大勢の中の孤独・・・家族、学校、友達の中にいても常に孤独を感じていて誰かに注目されて構って貰いたいのではないでしょうか。

5話までを見てきて、一見特殊なドラマのように見えますが、今を生きている人達が大なり小なり抱えている問題だと感じました。だからこそ多くの人に見てもらいたいですね。吾郎や共演者の演技も含めて、全てが揃うと最高の作品になるという見本のようなドラマですから。これからも口コミで広めたり、あちこちに感想は送りたいですね。特にこの作品に挑戦してくれたPや監督に感謝の気持ちを伝えられたらと思っています。

投稿: さやか | 2013/02/11 11:00

kazuyoさん、こんにちは!
今回も素晴らしかったですね。
見終わったあと、緊張感から解放されたのと、吾郎の美しさに、ため息をついてしまいます。

超ハードスケジュールの日々が続いて、そろそろ疲れた顔が見えてきてもいい頃なのに何なんですか?
あまりにも吾郎が美しすぎて…

スマスマで真琴さんが、「瞳の綺麗さに見とれた」のを、画面を通して体感できました。


ちょっと前に私じゃない「なおなお」がコメント書かれてましたね。
なので、keikoさんを参考に名前の後に♪付けてみました。

投稿: なおなお♪ | 2013/02/11 12:47

kazuyoさん、こんにちは。
静かにいらだちを募らせて、爆発寸前までいく場面、無意識に息を止めてたみたいで、いろんな意味でクラクラしました(笑)
この時期に、このドラマに出会えて良かったんじゃないでしょうか。とにかく、もうきれいで、見とれるばかりです。やはり写真集のお願いを続けなくては。

あ、先日のHNの件では、HNがかぶってしまったkeikoさんにかえってお気づかいさせてしまったようで、申し訳なかったです。私も爆笑しましたわ、2号って…。じゃあ、私は1号?ロンドンブーツ??(爆)
私の方こそ、こちらでは、まだまだ新参者ですが、HNがかぶる方が、たくさん出てきて、みんなで吾郎ちゃんを応援していけたらと思っています。
今夜のスマスマ新曲披露、楽しみです!!

投稿: けいこ | 2013/02/11 19:53

Kazuyoさん、こんにちわ。

前回から?アップばかりでなく、上半身や部屋全体の引きの画も増えて、気持ち見易くなったか気がします。
アップになると吾郎の瞳に吸い込まれて、話どころではなかったりするのは変わりませんがcoldsweats01

今回は朔也くんからの流れが初め直視出来なくてbearing 声だけでも辛かったです。
Kazuyoさんの感想を拝見して、改めて顔の表情を注視して漸く見返せました。
見てる間は非常に辛いのに、予告が流れると次の話が気になって仕方ないです。
まだまだ見落としている処があると思うので、頑張って(?)見返したいと思います。

投稿: 緋絽 | 2013/02/11 20:41

Kazuyoさん、こんにちは。お久しぶりです。遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

昨年の暮れから東奔西走で・・・。そう、舞台です。初めはミュージカル?(汗)という感じだったのですが、終わってみれば全公演の半分以上観てしまったという・・。今さらですが、連日Kazuyoさんのもとには「吾郎ちゃんかわいい」「美しい」「エンジェルボイス」という感想が届いていたと思います。さらに吾郎ちゃん、舞台人としても素晴らしかったですよ。自分からアドリブを入れることはほとんどないけど、共演者のアドリブに対する切り替えしや、起こってしまったハプニングに対してユーモアをもって対処するところなど、何度も感心されられました。ふだんから中居君の無茶ぶりに鍛えられている成果か、舞台で培ってきたものがスマで発揮されているのか。鶏と卵ですね。千秋楽の挨拶で吾郎ちゃんの口からさらっと「座組み」などという単語が出てきたときには何か感動すら覚えてしまいました。座長としても立派にお仕事されていたと思いました。Kazuyoさんにもほんとうに観てもらいたかったです。もう少し発表が早ければ・・ねぇ。

ただミュージカル楽しみながらも、ここのところ舞台ではコメディが続いているので、ちょっとシリアスな吾郎ちゃんが見たいなと思っているところに飛び込んできたのが「心療中」の情報。でも最初は学園ものだとか、超深夜だとか、30分番組だとか、関西では放送がないとか、いろいろ複雑だったんです。それがこんなすごいドラマになるとは!

「笑の大学」のとき、こんなに吾郎ちゃんをずっと見られる映画は二度とないだろうと思っていたのですが、それがドラマでまた叶うとは。

ほんとうに観ている方も疲れるし、感想も言いにくい。ただ凄い、惹かれる、目が離せない、そして吾郎ちゃん(若い役者さんも)、素晴らしい、としか言いようがない。もっとたくさんの人に観てほしいけれど、かなり人を選ぶドラマだから深夜が正解なんでしょうね。というか深夜だからこそできたドラマ。吾郎ちゃんや、ジャニファンからだけでなく、観てくれているドラマ好きの方からの高評価が嬉しいです。これからでも関西含めいろんな地域で放送してほしいですね。

そして吾郎ちゃんの美ジュ!瞳の演技もすごいけれど、私はその小さな形の良い唇にいつも目が行ってしまいます。共演者の誰よりも小さなお口。吾郎ちゃんって童顔だなぁっと改めて思います。でも中学生の子供がいる役でも全く違和感もないし。すごいわぁ。

稀代の悪いお殿様がはまり役と言われ、「ぼっちゃま」の幸さんは吾郎ちゃんそのものと言われ、「恋と音楽」のさしずめ先生は吾郎ちゃんにしかできない役で、「心療中」の天間先生はピッタリと言われる。どんだけ引出あるんですか。共通点があるとすれば・・・美しいこと。キャッ!

演技する吾郎ちゃん大好きな私は去年からいろんな番組の録画が溜まって溜まって。気に入ったのはリピしているのですが、さらっと流し見なのも多くて。でも「心療中」が終わればゆっくり見よう、映画はあるけど、舞台よりは時間の制約もないしと、構えていたところに「TAKE FIVE」!。嬉しい悲鳴です。

吾郎ちゃんファンは、ただかっこいい吾郎ちゃんが見れさえすればいい、って人は少ないと思います。あんな吾郎やこんな吾郎と欲張り。それが今こんな形で実現するとは。これまで吾郎ちゃんがじっくり育ててきたものがゆっくり形になって行っている気がします。本物だから壊れないし。でも体だけは壊さないでほしい。役者吾郎がほんとうに楽しみです。

毎日忙しいのに遠いロンドンからブログの更新、ありがとうございます。ほんとっ、頼りにしています。そうそういつぞやの「ストスマ」。私もがっつり乗っからせていただきました。ドラマで美しい吾郎ちゃんは残せると思うけれど、写真集はまた別物ですものね。私はエッセイも引き続きお願いしています(←鬼)。

今年はまた舞台で帰国できるといいですね(←さらに鬼)。

久々のカキコ、長々と失礼しました。

改めて、Kazuyoさんには感謝と、これからもよろしくです。

投稿: みやっち | 2013/02/12 14:31

KAZUYOさん、こんにちは。
心療中は、感想を上げるのが難しいですね・・・(^-^;確かに、好き嫌いはっきりしそうなドラマですが、先週、今週ろ視聴率は1%台なので(前回は真夜中も真夜中で、あたしもリアルタイムでは見れませんでしたが・・・)もっとみんなに見て欲しいなぁぁぁと。視聴率が全てではないし、深夜だしとは思うんですが、次に繋げるためにも、吾郎ファンの番組を見れる地域の方は、見て欲しいなぁぁぁと思ったのでした。吾郎ファンにとって、損はないですよ!!すいません、変なコメントでイタイファンの戯言と思ってください・・・

投稿: こもも | 2013/02/12 15:15

kazuyoさん、こんばんは。「心療中~」を見るたびに、「もし、私が天間先生の立場だったらどうするか?」、「もし、ほんとにドラマに出てくる子達と同じ闇を抱えた子が来たらどう接するか?」考えてしまいます。今回の話も、瞬くんの幼い時の記憶がないのは、私は、「雨野あかり」という子の死があまりにもショックだったために、昔のことが思い出せない、もしかしたら瞬くんも、その事で苦しんでいて、両親の問題とも重ねて彼の心に重くのしかかってるんじゃないかなと思います。瑠衣さんは、天間先生にSOS出してたのかな?と思いました。もっと深く、これからわかっていきそうですね。そして、問題の朔也くんcoldsweats01なんか怖いよcoldsweats01でも、先輩に聞いたら実際に朔也くんみたいな子がいたようで、彼もすごく頭のいいこ(なんか、すごく頭のいい子ってなにかしら試すんですねcoldsweats01)だったんですが、大人が答えられない質問をわざとして試してくる子だったそうです。朔也くんに追い込まれてる天間先生がとても苦しそうで、怒りをおさえていて、でも我慢できなくて掴み掛かった時、天間先生、心の中では叫びたくなるくらいだったんだろうなと思うと朔也くんの、大人を馬鹿にし、相手を追い詰めて、仕返ししてやったというような不敵な笑みを浮かべる神経が理解できません。カウンセラーの自分が言うのもなんですが。彼の心がわかりません。ただ、天間先生を陥れたいだけなのか?こんな自分を助けてほしい別の理由があるのか?でも、天間先生との関係はもう取り返しがつかないと思います。分析医と患者の関係はう~ん…どうなってしまうんでしょうか。それにしても、どこで調べてきたのか、君は探偵か?と言うほどの調べようでしたねcoldsweats01それに吾郎ちゃん、迫力満点でしたgoodこんなこと言っていいのかわかりませんが、怒った顔、怒りを抑えてる顔どれもお美しいlovelyでも怖いcoldsweats01目が凄いですよね。冷静に、でも怒りに震え、必死に耐えている表情、水をかけてつかみ掛かるまでの迫力、吾郎ちゃん、素晴らしかったですgoodまた、美姫子先生に相談し、帰るところで挨拶した時の天間先生、顔は柔らかい笑顔なのに目が暗く哀しいのも今後の夫婦生活、子供達との関係、生徒さん達の関係を物語ってるようで悲しくまた天間先生は…他の皆は…どうなってしまうのか考えさせられるラストでした。来週も、「人の心」ついて考えて見てみようと思います。もちろん、吾郎ちゃんの美しい表情も楽しみです。後、今の人気だけの若手俳優さん達にも見習ってほしいくらいの演技を魅せてくれているJrくん達キャストの皆さんに拍手ですよねgoodhappy02「ストスマ」は、またまた鍋特集でしたね(笑)やっぱり冬ですからね。でも沖縄は、暑くなったり、寒くなったりなので、鍋できるときとできないとき(できない時の方が多かったりしますcoldsweats01)の差が激しいです(笑)でも、鍋好きだし、吾郎ちゃん凄い楽しそうで、皆さんの鍋アイディアもどれも盛りだくさんで楽しかったですよねhappy01私は、カルボナーラ鍋が気になりました(笑)あと、ハンバーグ鍋(吾郎ちゃんの「肉だんご」発言wそれ言っちゃダメw)も美味しそうですよねhappy01今度寒くなったらやってみたいですdeliciousあっ、「信長のシェフ」、明智吾郎さん出るみたいですねnote何話に出演するかは分かりませんが、やっぱり信長といえば、明智光秀が出ないとおかしいですよね。キーマンだし。早くまた着物姿の美男子光秀さんに会いたいですlovely楽しみがいっぱいで幸せですhappy02

投稿: さおり | 2013/02/12 21:50

chairさやかさん
ドラマの内容も、ストーリーの重さも、吾郎の演技の素晴らしさも全部右肩あがりですよ。こうなってくると、俄然、ラストが気になるのですが・・・結構といろんな謎を含んだままなので上手く着地してほしいと本当に思います。最後でつまづくと、作品の質が下がってしまうので。でも、期待しています。天間と生徒との心理戦に関しては、見ている人によって大きく捉え方が変わるかもしれませんね。どっちの目線で見ているかにもよって感想もまちまちだと思います。吾郎がとても素敵なので、思わず天間のほうに肩入れしたくなるのですが、とても作品の質がいいのでできるだけ公平にどちら側の感情も読み取るようにしています。そうは言っても、なかなかどのキャラクターをも理解するのは難しいなぁというのが本音でしょうか。よって、どっぷりと嵌ってしまいます(苦笑) 妻の香苗は「了は悪くない。正しい」と言っているわりには、確かに「冷たい本性」とか結構とズバッと天間が傷つくことを言ってきますよね。了の心療医という職業が、家族にとっては枷になっていると感じているのでしょうか。世の心療医の方たちには耳が痛い告白だと思います(苦笑) ここは、ちょっとあまりにもひどいなぁ・・・と思ったのですが、天間自身が気づいていないだけでそういう部分もあるのでしょうか。こちらの問題も今後が気になりますね。とにかく、この作品でいろんなことを考えさせてもらっていることは、制作側には伝えていきたいですね。公式HPに掲示板がないので、いろんなところを見ておられると思うので、できるだけ残しておこうと思います。


chairなおなお♪さん
どうしても、吾郎の美しさもあってリピートしてしまいますよね。ドラマの内容を反芻しないと置いてけぼりになるのもあるのですが、やはりここは吾郎の「美」もあってのリピだと自覚しています(笑) 本当に、この時期に素晴らしい作品に出演してくれていることに感謝ですね。ドラマでは、すごい集中力だと思うのですが・・・バラエティ番組ではどっかに行ってしまっている吾郎もいるみたいで(汗) もう、役者のお仕事がトリプルブッキングしている今は、そんな吾郎を責めることは誰もできないと思う。リラックスする時間も取れているといいなぁと思います。HNの件は、確かに「なおなおさん」が別に出てこられましたね(笑) お気遣いありがとうございます。


chairけいこさん
スマファンでTwitterをやっている方の多くは、番組を見ながらリアルタイムでツイートするのが楽しみの一つだと思うんですね。なのに、この「心療中」のときは閑古鳥になります。見ていないのではなくて、放送終了後ざわざわ・・・と皆さん、感想落としていくんですね。つまり、とてもじゃないけど見ながら呟けないぐらい内容が詰まっていて、そして吾郎の美しさを愛でるのに忙しい(爆) とんでもないドラマに出演してくれたなぁと喜んでおります。あっ、HNの件ですが・・・いまさらですが・・・ひらがなだけの「けいこさん」に過去コメント頂いたことがあります(笑) もう、「kieko1号」かそのまま以前のように「keiko」で通されるのがいいのではないかと(爆) まぁ、文章の書き方でだいたい私は把握していますけどね(笑) HNはなんでもいいので、楽しんでくださるのが一番です。


chair緋絽さん
あぁ、確かに顔のUPだけじゃなくていろんなカメラアングルが出てくるようになりましたね。初回はインパクトをつけるためもあって、斬新なUPだけの画でしたが、それぞれの心理状態を表すのにカメラアングルを多少変えることによって表現する技法も出てきたように感じます。なかなか、この辺も緻密に考えられて作られているんでしょうね。しっかり練って制作されたドラマだと本当に思います。朔也は、本当にイラッとする子ですよねぇ(苦笑) 頭がいいことをフル活用して、天間に挑んでくる・・・すごく厄介だと思うわ。まるで、天間先生が無能の心療医みたいに言われているようでぶっ飛ばしたくなりましたけどね(笑) 心理戦で落としてくるとは怖い子です。天間先生からのさらなる反撃があるのか、もしくは上手くかわしてしまえるか、この二人のシーンはとても興味深いです。


chairみやっちさん
コメントお久しぶりです。こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願い致します。ミュージカル「恋と音楽」は、思いがけず何度も行ってしまったんですね。とても楽しくて素敵なミュージカルだったらしいので、そのお気持ちはわかります(笑) 確かに、観てみたかったですが・・・もう、この辺は本当に海外にいると仕方ないので、すぐに諦めて次の楽しみに気持ちを切り替えるしかないですね。皆さんの感想をありがたく拝見しつつ、乗り切っていくしかない。そんなときに、この怒涛の役者のお仕事です。吾郎は大変だとは思いますが、海外にいても見ることができるテレビでの役者の仕事は本当にありがたい。映画も舞台も年に一度は入れ込んでほしいけど、テレビでの役者のお仕事は観に行けないファンのためにもできるだけ数多く出演してほしいというのが本音ですね。

「心療中」の発表があったときは、主演だけどド深夜枠? 共演者はジャニーズが大半? たった30分間なの? 全国放送じゃないのかよ~(涙)と、私もかなりネガな考えも持ちました。でも、ドラマの内容や制作側の意気込みを感じてからは、ゴールデンの連ドラに主演で出演するより意義のあることなんじゃないかと思いましたね。吾郎だからできることという要素がてんこ盛りなので。SMAPで深夜枠の主演なんて・・・と、世間からしたら馬鹿にできる最高のネタじゃないですか(笑) でも、逆に他のメンバーがここでできますか?吾郎しかできないでしょ!と思うと、この日テレさんが挑戦してきたドラマに出演オファーがあって、それを受けた吾郎を誇りに思えるのです。もちろん、内容は見る人を選びますし、ド深夜放送で(ずれこむと、そんな時間に起きている人なんている?状態のときもあります(笑))出てくる数字は低いです。どれだけ見てもらえているのかも読めない。でも、この問題は視聴者の私たちより、制作側のほうがもっとシビアだと思うんですね。おそらく、数字はそんなに期待されていないと思うんですよ。でも、できるだけ多くの人に見てもらって、この挑戦とも思えるドラマを見てくれた人がどう感じているのか、ものすごく知りたいと思うのです。なので、本当に感想はマメに出してほしいと思いますね。稲垣吾郎にオファーして良かった、間違ってなかったと思ってほしい。

そして、春からの連ドラですね。こちらは、ゴールデンらしく華やかなキャスティングに設定だと思います。そして吾郎に与えられたキャラは、もうこれまたファンが諸手をあげて喜びたいようなクールキャラ。「心療中」とはまったく違った作品だと思うので、こちらも楽しみですよね。また、見ている人の印象に残るようなキャラクターになるように演じてほしいと思う。そういうポジションだと思うので(笑) とにかく、仕事が詰まっているのでヴィジュは最高です。写真集のお願いは頑張って出してくださいね。こちらこそ、いつも熱いコメントを残してくださって感謝します。今年は・・・舞台で帰ります(爆)!


chairこももさん
視聴率の件は、みやっちさんのコメントにも残しましたけど・・・もちろん、取ってくれれば嬉しいのですが、ある程度はこういう感じになるかなぁというのも放送前から読めていたので、あまりそこはファンも気にしないでいいと思います。とにかく、深夜ならではの重い作品である上に、果たしてどっぷり夜が深まった時間帯にこういった作品を観たい人がどれだけいるかというのも未知数なので(汗) 最初から嵌ってしまった人は見続けるだろうし、よくわからなくて見ていて脱落した人もいるでしょうね。そして、ジャニーズ勢オンパレードのドラマだからと敬遠した人もいると思うのが・・・一番、残念かなぁ。(ジャニーズドラマが好きな人たちには、これまた敬遠されるような重い作品ですしね(笑)) 話題になれば見てくれる人も増えると思うので、どんどんあらゆるドラマ掲示板にコメント落としていってください。


chairさおりさん
今回の「心療中」も、いろいろと考えさせられましたよね。瞬の失った記憶の部分は、何なのか? そして、なぜ記憶を失ってしまったのか? 「約束」とは誰とどんなことを約束したのか・・・瞬のケースだけで、謎が非常に多いです。ここが一番ミステリーっぽく作られていると思いますね。視聴者も、天間と同じように紐を解きほぐしていくしかないです。うん、やっぱりすごいドラマだと思う。朔也の天間先生のプライベートなリサーチは、いくら頭が良いとはいえやりすぎですよね(苦笑) ここまでやったら、犯罪一歩手前ですから。そりゃあ、天間が受けるダメージは大きいし腹も立つと思います。よくぞ、殴らずに留まったものだと思うので。天間って、いつもあまり感情を激しく出さない人のようにも見えるので辛いでしょうねぇ。まぁ、これも職業柄そうなってしまうのかな。深山先生のところで、夫婦揃ってのカップルセラピーもすごく見ごたえがありましたね。淡々と流れているだけなのに、ものすごい緊張感です。天間がずっと眉間にシワ寄せたままで悲しくなりました。しかし、吾郎のそんな表情はとてもセクシーだと思う(笑) 出演している俳優さんたちが、全員ものすごく役に嵌って演じてくれているのがわかる。だから、とても見ごたえがありますよね。若い彼らは、きっとこの作品に出演したことで今後も素晴らしい役者さんになっていくでしょうね。

そんなすごい吾郎を見ていて、「ストスマ」でのリラックスした声を聴くと本当にホッとします。ラジオは、吾郎にも癒しになってくれているでしょうか。ファンのお便りで、ラジオを通してファンと一緒に笑ったりできることを今後も楽しみにしていってほしいと思います。「信長のシェフ」では、ようやく吾郎が明智光秀役で出演みたいですね。第七話登場のようですので・・・来週放送分でしょうか。初回だけしか見ていない人はミスらないように気をつけてください(笑)

投稿: kazuyo | 2013/02/13 05:45

kazuyoさん、こんにちは。
遅くにすみません。こちらは水曜深夜の放送なので、事前にPCで一度見て、こちらのサイトを読んでからTV画面で何度もリピして楽しんでいますhappy01
それにしても吾郎ちゃんのファンってしっかりしたドラマが好きな人多いですよね。 kazuyoさんの感想もですが、皆さんのコメントも長文で読み応えがあって嬉しいです。
皆さんの感想を読めばますますいろんな事が気になってしまうのですが、最初は一話完結だと軽く思っていたのに、生徒達のカウンセリングを通して了の物語をなぞっている感じが、少しずつ現れて来て引き込まれています。 これは一話完結物ではなくて、あくまで「天間 了」の物語のような気がします。 
香苗の気持ちは今回聞けたので、次回了の気持ちを聞きたいです。そもそも了はなぜ香苗と結婚したのでしょうか?子供の年齢から考えると、結構早いですよね。二人の結婚観がまず、ズレてるような気もするんですが・・・
本当にいろいろ考えてしまうドラマですが、HPの素敵な二人の了も、これは一人がもう一人を客観的に見ている(というか客観的にしかいられない)という了の性分を表してるのかなぁ、とか想像するくらいです。次回がますます楽しみですね。

投稿: さっぴぃ | 2013/02/14 14:06

chairさっぴぃさん
とにかく、いろんなことが交差して紐が絡み合っているストーリーなので見ごたえはありますよね。いくら考えても、それが正しいとは断言できない内容というのはすごいなぁと。皆さんの感想を読ませてもらっても、どれもが正しく、どれもが違うような気がするのもすごいですよね。これは、もう本当に最後まで見つづけてスッキリさせてほしいです。でも・・・なんとなく、最後にも「えぇ?!結局、どういうこと?」という終わり方になるかもしれないなぁとは思っていますが。人の心理って正解はないですもんね。そこで、セカンドシリーズですよ(笑) 続編を今度はもう少し早い時間で放送してもらえれば言うことないですね。吾郎の嵌り役だと思うし、ファンもいろいろ萌えさせてもらえるので(爆) 私も、このドラマは「天間了」の物語だというのに全面同意です。生徒たちのカウンセリングは、天間の闇の部分を引き出す要素になっているのであって、そこだけを見つづけていたらえらいことになるような気がします。夫婦の問題だけでも、とても複雑に絡み合ってますもんね。雑誌で吾郎が「天間自身が、闇を抱えて堕ちていくようになる」と話していました。いろいろと期待しましょう(笑)

投稿: kazuyo | 2013/02/15 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鍋、どんだけ好きなの? | トップページ | フリップの文字が「Mistake!」 »