« 美術スタッフが支えた歌番組 | トップページ | 「心療中-in the Room-」 第五話 »

鍋、どんだけ好きなの?

忙しくとも、しっかり通常放送で吾郎の声が聴ける「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」は、本当に毎週楽しみ。2月からはオープニング曲がnoteDear WOMANnoteに変更になりました。快活な曲に乗って吾郎の声が流れてきます。

吾郎のミュージカル「恋と音楽」を東京、大阪と観てこられたファンの方からpencil「東京と大阪でお客さんの反応の違いは感じましたか?公演する場所によって演出が変わることは?」というご質問。吾郎は、ライブよりも舞台での広さのほうがその地域の特色というのはわかりやすいとのこと。南のお客さんは元気で、北に行けば静かな印象はあるけど、だからと言ってリアクションがないという風には感じないしそれぞれの心の中で楽しんで頂ければ気にならない。演出もどちらかと言うと毎回ちゃんとやりたいほうなので、地域によって変えることはないらしい。そうですよね、受け取る側の反応は変化しても、吾郎自身は特に変えている風には見られない。何度も来てくださる方もいるけど、その一回公演だけのお客さんも当然いるので毎回全力を出しているし、初日だから千秋楽だからと言って気負いはないというのが吾郎らしいコメントでした。

ドラマ「心療中」においてのお便り。pencil若い後輩くんたちと撮影現場でどんなお話をされていますか?という質問に加え、ご自分の職場で二十歳ぐらいの男性と何を話していいのかわからないというお悩みも。ドラマの台本はギリギリに上がってくる上に覚えなきゃいけない台詞も多いため、現場で和気藹々という風にはやりたいけどできない状況なのだとか。(まぁ、あの作品はそうだよねぇ・・・全員、身を削るがのごとく大熱演だもん) でも、各雑誌で共演している後輩くんたちが口を揃えて「吾郎さんと、できるのならもっとお話したい」と言ってくれています。ものすごいオーラshineで圧倒されるのだとか。吾郎も、彼らにとっては大先輩だもんねぇ。お便りをくださった方に、「でも、年齢の差は気にしないで自然体でいればいい。年齢の問題じゃなくて、話が合わない人は合わない」とちゃんとアドバイスもしてあげる吾郎。吾郎の後輩くんたちへの接し方がわかりますよねぇ。吾郎の場合は、後輩だけじゃなくて、年上の方にも女性の方にもいつも自然体で、それが吾郎の持ち味でお付き合いの幅が広いんだと思う。そうは言っても、後輩くんたちのほうはものすごく緊張しているぞぉ(笑) 吾郎って黙っているとクールビューティで怯むんだよね。「心療中」は眉間にシワよっている演技が多いし(笑) 現場では無理でも、他の場所で会ったときにいろいろお話できるようになればいいですね。

そして、いまだ続く「鍋レシピ特集」(笑)(笑)(笑) この企画、絶対に吾郎が気に入ったんだな(笑)
・ 「かっけ」という青森の郷土料理。蕎麦もしくは小麦を平らにして三角に切ったものを豆腐や白菜、大根などの野菜と一緒に茹でて、にんにく味噌やねぎ味噌につけて食する。「ちょっとイメージがわかないですねぇ・・・」と言いながら送ってきてくださった写真を見て、「ほぉ~、ほっほっほっほぉ」と納得する吾郎(笑)

・ 「ハンバーグ鍋」 塩ベースのスープに白菜やブロッコリーなどの野菜を入れて、合い挽き肉にしょう油、酒で味付けをして、ニラをお肉に混ぜてハンバーグの種を作る。それをスプーンで丸めて鍋に投入。「なるほどねぇ。でも、これ・・・肉団子鍋になるんじゃないのかな?」には笑いました。

・ もつ鍋のスープはもつのくさみが気になる人には、鶏がらスープの味噌仕立てがお勧め。ゴマ油を足したり、にんにくスライスや唐辛子をたっぷり入れて食べるとなお良し。キャベツやニラ、もやしが定番。締めはちゃんぽん麺で。

・ 「カルボナーラ鍋」 卵黄に豆乳、黒こしょう、パルメザンチーズがベース。具材はベーコン、豚ばら、ほうれん草、白菜、にんじん、エリンギなど。締めはパスタもいいが、リゾットがお勧め。

・ 湯豆腐に、大根を皮むき器でむいたものを入れ、しゃぶしゃぶ風にして食べる。「皮むき器でむいた大根って・・・薄くすいたものですね。いったんもめんみたいな」 吾郎の喩えがすごすぎ(笑)

・ しゃこを茹でた茹で汁をだしにして食べる鍋。お肉でもいいけど、魚でふぐがお勧め。「しゃこを鍋の中で茹でて、それを出汁にするってことですよね? ・・・出る?」 しゃこ自体が手に入りにくいんじゃないかと言う吾郎。どうなんだろう・・・確かにそうなのかな。

お鍋レシピのお便りを読みながら、ものすごく吾郎が想像力をたくましくさせて黙って考えている合間が・・・放送事故dangerになるんじゃないかと思いました(笑) 寒い時期の間にいろいろ試してみたいということですが、これ、まだ募集続けるのかなぁ(笑) ちなみに、今回の放送では新曲を二曲フルではないですがかけてくれました。どちらもいいですよね。noteMistake!noteのほうは映像込みで良作で、noteBatterynoteのほうは逆にミュージックとして斬新でいいなぁと感じました。どちらも、テレビでのお披露目が楽しみです。

|

« 美術スタッフが支えた歌番組 | トップページ | 「心療中-in the Room-」 第五話 »

コメント

Kazuyoさん、こんにちわ。
タイトルを見て、思わず笑っちゃいました。前回でも結構色んな鍋を紹介していたので、もうやらないと思ってたんですが、結構ガッツリ時間割いてやってましたね。皆さん色んなアイディアがあって凄いなぁと感心仕切りです。吾郎のツッコミも面白かった。

【心療中】で共演している後輩君が「名前と顔を覚えて欲しい(KAT-TUNの田中君の弟認識らしい)」とか、「(イメージは無いけど)健永って呼んで欲しい」と話してくれてるのを見るとちょっと嬉しかったりします。
そして、後輩の話をしていても丁寧な言葉遣いで話す吾郎の声音にうっとりnote
そして的確なアドバイスに感心しきりです。こういう話を聴いてると、改めて単独のラジオがあるって幸せな事だなと思います。
直接キャッチボール出来るって凄いですよね。

期待していた新曲も2曲とも流れて嬉しかったです。
<Mistake>は早くMV&メーキングが見たいですし、<Battery>はMVがシンツヨ部分しか流れて無いので早く完全版を見たいですし、歌詞をチェックしたいです。
多種売り発表時は文句も出ましたが、今はそんな事気にならない位発売が楽しみですhappy01

投稿: 緋絽 | 2013/02/09 14:20

Kazuyo こんにちは。
ピンキーと申します。
いつも楽しく拝見しています。
イギリス在住にもかかわらず、日本と同じようにラジオもテレビも見れるのはすごいですね!!
私は東海地方に住んでいますが、残念ながらゴロデラも
心療中もさらには、ストスマも放送されていないという・・・
ゴロデラとストスマは以前放送されていたので、放送なくなってショックで・・・・(泣)
どちらも大好きな番組だったので。
いつもKazuyoさんのブログを読ませていただいて楽しませていただいています。
幸い?娘が関東に住んでいるので、録画してもらっています。
手元に来るのがかなり遅いのでこちらのブログで内容楽しく見せていただいています。

いつも楽しく見せてもらっているので、一度是非お礼が伝えたくてコメントさせていただきました。
これからもお邪魔させていただきますのでよろしくお願いします。
そして、吾郎ちゃん萌えをたくさんお願いします。

投稿: ピンキー | 2013/02/09 22:47

noodle緋絽さん
鍋レシピは、ファンの方が「吾郎のため」に一所懸命考えて送っているんでしょうね。もう、吾郎から頼まれたら出すしかないもの(笑) そこを、ちゃんと吾郎はわかってくれているかなぁと思いながら今回聴いていました(笑) これ、是非、「スマスマ」のビストロで試して実践してみてほしいですね。鍋料理をリクエストされないとダメなんですけど。「心療中」で共演している後輩くんたち、いろんな雑誌で吾郎のこと話してくれていて本当に嬉しいです。吾郎って、結構とちゃんと先輩なんですよね(笑) いえ、当然なんだけど、彼らの話を聞いていてそう思いました。だから、私は後輩くんたちと共演するのは否定派ではないです。後輩のファンの方たちからも「吾郎ちゃん」のことを見直してくれる機会にもなるので。新曲は、今回二曲ともものすごくSMAPからの「攻め」を感じる。コラボとかは正直どうでもいいのですが(笑)、曲の雰囲気がとてもSMAPに合っていると思う。新曲を聴いてテンションが上がったのは、本当に久しぶりなので。複数売りはそれでも思うことがいろいろありますが、どう買うかはそれぞれファン次第。(中居くんもそのようなこと言ってましたね) 一種類買いでも、全部買っても、その人が満足すればそれでいいのではないかと思いますね。売り上げも大事だろうけど、映画やドラマ同様に良いものであれば口コミで広がるのが正統派ヒットだと思うので。とりあえず、ファンとしては歌番組の出演は楽しみです。


noodleピンキーさん
初めまして。コメントどうもありがとうございました。東海地方は、なかなか吾郎ファンとしては厳しい地域なんですねぇ・・・それでも、まだ関西よりはマシなのかな。確か、不規則とは言え「ゴロデラ」が放送されたりすると聞いたので。「ストスマ」は、東海ラジオで毎週日曜の夜9時から放送されていますよね? 東海と言ってもいろいろあるのかな? 地方では、ファン以外に吾郎はSMAPの中であまり「スマスマ」以外はほとんど何もしていない人のように映っているのが残念ですよね。舞台も大きく宣伝してもらうことはほとんどないので。でも、吾郎自身がすごく充実しているのはわかる。そして、ファンにとってはそれはとても嬉しいことなので、あまりそこに気を遣わなくていいのかなぁと。でも、もちろん全国放送に向けての要望は出しますけど。ひと言お礼なんて、本当にありがたいです。こちらこそ、コメントを残してもらうことでレポに追われているときの励みになります。どうもありがとうございます。今後もどうぞ見に来てやってください。

投稿: kazuyo | 2013/02/10 04:38

「ストスマ」も毎週麗しい吾郎ちゃんの声が拝聴できる旬の声が聞けるファンにとっては嬉しい番組ですね(早く春になって実際聞きたい!)。今週は「いったんもめん」に笑わせて頂きましたhappy01。語彙が豊富だわぁ~!!大根の薄切りを例えるのに普通考えつかないですよ。やっぱりエッセイ書いて欲しくなります。確かに吾郎ちゃんの今の忙しさからいったら共演の後輩くん達と楽しくおしゃべりする時間はないですよね。終わってからでもよいのでお名前読んで話かけてあげてほしいな。後輩君達から慕われているお話をきけるのは本当に嬉しいですね。ラジオも吾郎ちゃんの癒しになってくれているようでどんどんお葉書読んでお話してくれているようで嬉しいです。

投稿: ピカチュウ | 2013/02/11 15:55

noodleピカチュウさん
「ストスマ」は、そちらで春から放送されるんですか? 現在、東海ラジオで放送されているのは聴けない地区なんでしょうか?(ピカチュウさんは、東海地方にお住まいじゃなかったでしったけ(汗)?) 本当は、どこかの雑誌でエッセイを書いてもらうのが一番いいんですが、そうなるとある程度書き溜めないと本にはならないので、さらに長い道のりになってしまうし・・・吾郎さんが、とても今忙しくてそれどころじゃないですよね。「馬耳東風」のときも締め切りにすごく追われて大変だったみたいなので。でも、吾郎の文章はとてもオリジナリティがあって文の綴り方も素敵なのでまた書いてほしいですね。後輩くんたちとは、あまり現場では話せなくても、きっとどこかでお会いしたら挨拶ができる仲にはなっているでしょうね。とりあえず、「いいとも」でのnoon boyzくんたちとの様子は見てみたいです(笑)

投稿: kazuyo | 2013/02/13 04:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美術スタッフが支えた歌番組 | トップページ | 「心療中-in the Room-」 第五話 »