« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

TAKE FIVE ★TAKE 2★

今回のストーリーは、ビジネススクールの経営破たんによる受講者への未返金事件を軸に、初回で正義たち「TAKE FIVE」が盗もうとした東都銀行のデータをめぐる伏線が入っていたわけですが・・・ここに、吾郎演じる櫂くんの「TAKE FIVE」への加入という流れが非常にうまく盛り込まれていましたよね。

つっこみたいところは今回もありますよ~(笑) でも、このドラマってなんだかアメコミのようなセンスで創られていて、とりあえず一話の中でしっかり筋道が通っているのであまりそこは気にせず見ていられます。そして、キャラクターが全員それぞれとても魅力的。これは、すごく大事だと思うのです。どのメンバーが欠けても困るぐらい、それぞれの役割があってキャラ立ちが非常にしっかりしているのが大きいですね。なので、多少のことは目を瞑れます(笑)

今回、櫂くんのキャラクターが非常に手に取るようにわかりやすかった(笑) この人、こういう人なんだ!っていうのがとても楽しく描かれていた。なので、今回は、ストーリーはもう見てもらったら一目瞭然なので、そのあたりを深く掘り下げたいと思います。

岩月櫂のキャラクター

・ とにかく整理整頓好き
盗品倉庫に左遷されてもとくに落ち込むこともなく、それよりも乱雑に置かれた盗品と掃除が行き届いていないのが堪えられない。埃をひとつ拾おうとしたら、その周りも埃だらけだと気づいてしまい、掃除用具入れに向かえば雑巾が汚かったり。そうやって突き詰めていったら、結局は隣の建物まで掃除してしまうはめになるって・・・どんだけ(爆)! 家庭に櫂くんのクローンが一体ほしい(笑)

・ なんでもきちんとしたい性質
訪問した正義の教授室でも整理整頓。騙されて渡されたビジネススクールの不正帳簿を見てしまうと、そこに眠る不正金額をつきとめないと気がすまない。協力しようなんてこれっぽちも思わないのに、やらないと自分自身が気持ち悪い。警察の会計係ではなくて、会計事務所にでも就職したほうが能力を発揮できたのではないかと(笑)

・ 案外と臨機応変
左遷されても、自分の思う信念が貫けるのなら場所はいとわない。警察という立場ながら、面白いと思ったら泥棒の一味にもなれる。でも、そこに「正義」がないといけない。もし、「TAKE FIVE」がただの泥棒だったのなら、櫂くんはけっして加入しなかっただろう。

正義から「TAKE FIVE」の意義が「愛」だと聞かされて、それは何?と思いながらも自分なりにその意味をちゃんと考えることができる、結構と人情がある人だと思っています。冷たく感じるけど、人に対して嫌なことはしない人。正義がビジネススクールの隠し財産を全て被害者に返金すると聞いたときも、最初驚いていたけどその正義の信念に共感したからこそ一緒にやることを決意したと思うので。「愛とは?」「泥棒って100%悪なのか?」とか、一人ぐるぐるに考えを思い巡らせてしまう可愛い人でもあります(笑) きっと、正義が率いる「TAKE FIVE」に入ることで、櫂くんは少し変わっていく気がする。

いやぁ~、とにかく萌えキャラheartだわ(笑) このドラマに参加できて本当に良かった。唐沢さんや他の共演者の方たちと、一緒にお仕事ができて本当に良かった。萌えキャラという以外にも、きっと吾郎の役者としての実力がこのドラマでまたひとつレベルUPしたと思う。(すでにクランクアップなので(笑)) 

そして、ドラマでは、ホームレスの女性は正義の父と何か関係があったのかな。まだまだ、謎は残っています。最後の「TAKE FIVEに乾杯!」でも、それぞれのキャラ立ちが伺えた。正義はミルク、晴登はショットで南はウィスキーなのかな? 均がビールで・・・そして、櫂くんはワインwine(笑) そういう細かい設定も好みです。今後の展開にも期待できそうですね。

| | コメント (8)

うさぎさんとマトリョーシカ

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2013年4月25日放送分

つぶやきメッセージ
pencil「桜、ふたたびの加奈子」で共演された広末さんですが、「踊る大捜査線」で共演されたときからの印象は変わりましたか?という質問。広末さんは、いまでも少女のような透明感のある魅力というものは変わらない。生まれもったものを持ち続けているという印象が吾郎にはあるそうですが、吾郎もそうですよね。広末さんは、吾郎のことをもっとクールな演技をする人だと思ったらしいですが(笑)、感情を思い切りぶつけてきて引っ張られたと言ってくださったのが嬉しかった。

SMAPな時間
「スマスマ」5人旅について。pencil泊まりだと最初にスタッフから聞かされたときに笑顔に見えたんですが、実際はどう思われたんですか?という質問に、吾郎は聞いたときは驚いたけど、番組としては面白くなるんじゃないかなぁとは思ったらしい。5人で旅行なんてもう絶対にないと思うけど、たまには5人で水入らずで話すのも大切なことじゃないかなぁとは思ったので、照れくさい部分もあったけどやれて良かったと。機会があれば、何年後かにやってみたいと吾郎は前向きです(笑)

駄々こねながらもファンからのお便りに話してくれるのが楽しいという前置きから・・・pencilお仕事掛け持ちがピークだった頃の1月、2月頃の話が聞きたいというお便り。駄々をこねながらも誠実に答えていると(笑) この展開が自分の個性だと言い切っております(笑) そして、それをファンがわかってくださっていることを自分もわかっていると非常にファンのことを理解している吾郎のコメント。ありがたく甘えさせてもらっているというのは、「S吾郎」になるときですね(爆) 1月、2月もそうですが、吾郎自身は年末年始が激しく忙しかった記憶があるそう。大変だったことはすぐに忘れて、良い思い出だけを残して前に向かって行きたいなぁという気持ちでやっている。だから、ネガティブなことはあまり言いたくないけど確かに大変だったと。吾郎がここまで言うのは珍しいので、本当に大変だったんだと思います。年末にSMAPのお仕事が増える時期に舞台があるというのが想像を絶するものがあり、そこにライブもまだ終わってなくてドラマが数本始まってという状況だったというのは、ちょっと振り返って思い出しただけファンも厳しくなるぐらいですよね(汗) でも、逆にその忙しい時期にできた生活のリズムは心も身体も健康だったので、維持していきたいという非常にポジティブな吾郎でした。

noteJoy!!note

メンバーとの時間
木村くんがラジオ「ワッツ」で話していたことの伝書鳩(笑) pencil木村吾郎への質問はワッツではなくて文化放送に送ってください」 確かに、木村くんが言ってました(笑) 普通は局を超えてはあまりないですよねというお便りに、吾郎が若干「大人の事情」はあるものの、テレビでも局を超えてというのはある。大げさかもしれないけど、SMAPならできる(これは、いろんな局でメンバーがそれぞれレギュラー番組を持っているということかな?)と吾郎が言っていたけど・・・うん、このお便りはそこを聞きたかったわけじゃないよね(爆) 「僕に聞きたかったことってなんでしょうね?それちゃんと送ってください(笑)」と笑って言う吾郎。いや、だから、それが「ワッツ」を聞いていたファンもわからんのだって(笑) いきなり、木村くんがそういう話を最後にしたので、一瞬リスナーは「誰か、吾郎に関することを木村くん宛てにお便り出したのかな?」と思ったよね。違うと思うのよ。何気に吾郎の「ストスマ」にたくさんお便りを出してやってほしいという木村くんの親切だったと個人的に思っています。だって、実際にそんなハガキがたくさん来ていたら、木村くん読んでくれたと思うもの(笑) そして、今回お便りを出された方は、その木村くんの気持ちを吾郎に伝えたかったんだと思う。局超えとか吾郎自身が言っていたように「関係ない」わけですよ(爆) 吾郎って、ファンのことすごく理解しているけど、メンバー間のそういう繊細なことを知りたいお便りはことごとく外してくるよね(笑) そういう質問をしたいときはストレートに書かないといけないんだけど、それをするとちょっと退かれる心配もあるから難しい(笑) ・・・面倒だな(爆)

吾郎の自由時間
ラジオ「おはスマ」でのお風呂の中で正座をして本を読むという吾郎の話を聞いて・・・pencil水位はどれぐらいいのか?という質問と、パーソナリティの中西さんが「吾郎さんはお風呂に入るイメージがない。スタンディングシャワーのイメージ」という、こちらもある意味伝書鳩(笑) シャワーだけだと入った気がしないのでお風呂に入りますよぉという吾郎。お風呂好きで朝晩二回入るというのも昔と変わらず。うん、ここも外してきたよね。中西さんが、吾郎にそういうイメージがあることについて話を聞きたかった(笑) ちなみに水位は、特に減らさずともいつもの設定水位でいいと思うという回答でした。

pencil「先日、新聞に40代になってからの吾郎さんの夢、希望が載っていたそうですね。その中で、40代になったら海外に移住するとか、会社を創るとか・・・あははは(笑)話されていたそうですね(笑) 海外に移住なんてされたら、ショックでうさぎさんのように死んじゃうファンが続出するのではと思いますが、もし海外に移住するならどの国がいいですか? また、起業するならどういった会社を創りたいですか?まさか、「ゴロウ・デラックス」で詳しかったSM専門のホテルってことはないですよね?!はっ(笑)夢としてお聞かせください」

吾郎 「なに、これ?「ゴロウ・デラックス」、SMの専門ホテルのお話オンエアーしたの(笑)?ほんとに!なんかねぇ、もしちゃんとしたSM専門のホテルを創ることができたらすごく儲かるみたいですね。ぶっちゃけ、危ないんですよね。事故とかね。有名な話ですか?敢えて、ここで言うことではない?んふっ(笑) いや、危ないんだよね、SM専門のホテルって。事故が続出したりして。だから、皆、すぐやめちゃうとかどうのこうのって・・・うん、話を人から聞いて。まぁ、その人がそういうホテルを創ろうとしていたら、すごい話ではあるんですけども(笑) でも、SMホテルじゃなくて、田舎のほうにぽつーんと建っているようなホテルとかよくないですか?ゴルフ場と一緒になっているホテルとかさぁ」

「ゴロデラ」で何が放送に使われるかは、吾郎はわからないもんね。これ、ちょうど桐野さんがゲストでいらしたときに言っていたので、これまたこの「ストスマ」でのファンからのお便りで知ったことを番組で話したんですね(笑)

吾郎 「海外に移住するっていうのは、一回きりの人生だから一回ぐらい海外に住んでみるのも面白いんじゃないかなぁと。でも、40代というのはちょっと早すぎますけどねぇ。やっぱり、いろんな世界を知りたいですからね。もちろん、ファンの方がうさぎさんのように寂しくて死んでしまうのは(んふっ笑)、それは気にはなるんですけれども。今が全てじゃないんじゃないかなぁと思うことはありますよね。それは、皆さんもそうだと思うんですけど。でも、今に感謝しているからこそ、逆に言えることなのかもしれないし。まぁ、いろいろと思いは巡りますけれども」

海外に移住したぐらいで、うさぎさんのように寂しくて死にはしないわ(笑) それだったら、私、今、死んでる(爆) でも、役者のお仕事を辞められたら、寂しくて死んじゃうかも。それこそ、ネット配信でもいいから毎日の状況はファンに知らせてくれて、充実したお仕事を続けてくれるのなら吾郎の一度きりの人生をおおいに楽しんでほしいと思う。で・・・どこの国に移住してみたいのかな? やっぱりフランスとかでしょうかね(笑) 

リクエストSONG noteらいおんハートnote

「五六二三」(吾郎文)
広末さんが「いいとも」のテレフォンショッキングに出演されたときに、吾郎さんが「どうして、tv『世界の亀山モデル』シールはがさないんだろう?はがしたい」と言っていたことを話されていたという話から。pencil吾郎さんは、商品についている保護シールもすぐにはずしてしまうほうですか?という質問。SMAPのメンバーがテレビで自分のことを話すのは当たり前だし、別になんとも思わないけど女優さんや共演者の方が自分の話をしてくれるのはすごく嬉しいという吾郎(笑) そしてシールは・・・普通はがすでしょ?はがしたほうがいいよ!洋服のタグをつけているようなもんでしょ?と。いや、全然違うと思う(笑) 「世界の亀山モデル」のテレビは造形的にもすごく美しいんだから、亀山さんたちもはがしてほしいんじゃないかなぁと・・・誰、それ(爆)? 私、実は日本にいないのでこのシールを知らなくて調べたんですが、「亀山」って人じゃなくてシャープさんの工場のことで、つまり「亀山モデル」ってAQUOSの仕様のことですよね? 亀山さんたちというよりは、シャープさんたちですね(笑) 吾郎は、とにかく携帯の保護シールもすぐにはがす派なので、いつまでも残している人が信じられないという感じで興奮して話しておりました(笑) いや・・・私もはがさないです(笑)

そして、なぜか次のお便りを読む前から笑いが止まらなくなる吾郎。3月30日のジャニーズWEBのスタッフレポートになにやらスタッフが気になることが載っていたというお便り。pencil吾郎さんのドラマ「TAKE FIVE」の撮影現場の某倉庫にあったマトリョーシカを、吾郎さんがずっと見ていたので、スタッフさんが「吾郎さん、何か気になるんですか?」と書かれていました。亀山モデルのシールからこの流れで、笑いが止まらなくなったんでしょうか? スタッフレポートには、そのマトリョーシカの写真も掲載されていたらしく、「目力がすごかった。その目力に引き寄せられましたか?」に、吾郎も大笑い。基本、吾郎はマトリョーシカが好きなんだとか(笑) 剛の映画でモスクワ映画祭に行ったときに(パリピアトリオのロシア旅行ですね(笑))、空港から町並みまでいっぱい販売しているけど、有名人がマトリョーシカになっているのが面白いんだとか。吾郎の部屋にも、マトリョーシカはあるらしい・・・マジかっ(爆)!

noteMistake!note

| | コメント (6)

幸せのかたち

昨夜のうちにレポをひとつUPしようと思ったのに、舞台「VENUS IN FUR」のテレビスポットの素晴らしさにリピが止まらなくなりまして(笑)、あっさりと諦めた奴です(爆) そんなこと言っていたら、今、映画「おしん」の父親役で出演が発表されるし。吾郎さん、ものすごく昨年から役者のお仕事ガッツリ入れてきてくれて、本当にファンとしてはありがたいことですね。

舞台も初日まで一ヶ月強となりまして、レギュラー仕事もラジオを含め活発にお仕事をされている吾郎さん。今週の「ゴロウ・デラックス」も素晴らしかったですね。団地育ちの吾郎にとって、今回小島さんが強く推薦したというタワーマンションでのママ友さんたちが描かれた課題図書は夢中になって読み進めたとか。

第八十二回課題図書 『ハピネス』 桐野夏生著

Photo 高級タワーマンションに住む若いお母さんたちが、見栄の張り合いや余計なウソから巻き起こすママ友たちのトラブルをリアルに描いた一冊。著者は、直木賞を受賞した作家。追い詰められた主婦たちが殺人に手を染めた『OUT』は、映画化された著者の代表作。原作は、ミステリー界のアカデミー賞と言われるエドガー賞にノミネート。女性心理を鋭い視点で描く作品が人気を集め大活躍。

スタジオに入って来られた桐野さんの第一声が、吾郎が出演した映画『十三人の刺客』の殿役を大絶賛。吾郎がお礼を言いつつとても嬉しそうだった。ファンとしても、すごく嬉しいです。映画って、やっぱりいろんな方に観てもらえるのがいいですね。桐野さんの紹介ナレーション時に、映画化された『OUT』のシーンが少し流れましたが・・・これは、衝撃的ですよね(汗) 私は、この原作の英語翻訳本を英国人の同僚が読んだあとに回してくれて読んだのですが、まぁ、すごかったです。確かに、桐野さんの作品は本のページをめくる手が止まらない。

桐野さんご自身は、以前生放送のニュース番組にご出演されたときの経験がよくなかったので、テレビ出演が苦手になったのだとか。でも、今回の「ゴロデラ」のオファーは快く受け入れてくださったのはありがたいですよねぇ。小島さんと吾郎が、ママ友たちとの会話を朗読。今回の作品は本当にリアルで、ある意味『OUT』より怖い(汗) 

この作品を書くにあたって、桐野さんは実際にタワーマンションの一室を見せてもらったのだとか。ママ友さんたちの声は直接聞かれなかったらしいので、「ゴロデラ」スタッフが街頭インタビューでいろんな質問をしてきたVTRを流してくれます。本当に小説で書かれているようなことがリアルに起こっていて、吾郎が男性にはないけど女性同士ではいろいろあるんだろうねぇというご感想。吾郎は、いつも女性側の事情もよくわかっている自称「おばちゃん」(爆)

ここで、親太朗くんが桐野さんのプロフィール紹介のフリップを持って登場。最初はシナリオライターになりたくてスクールに通ってらしたそうですが、友人から小説を応募する「サンリオ・ロマンス賞」なるものがあると聞いて書いてみたのがきっかけだったそう。書いてみるとシナリオと違って、登場人物の思ったことをそのまま文章にできるのがシナリオと違い面白く、その後は小説を書くことに。

街頭インタビューVTRを見た後に、小島さんが吾郎にまたナイスな質問を・・・

小島 「女の人の嘘がわかったときってありました?」
吾郎 「女の人の嘘がわかったときは、一度もないです。だから、僕は女の人に嘘をつかれたことは人生で一度もないです」
小島 「気づいてないからね」
吾郎 「(笑)そうなんですよ、きっと」
小島 「(女性に)しがみつかれます?」
吾郎 「しがみつかれたことも、そりゃあ、ありますよ、人生。しがみつかれない方法も、もう学んできた」

素晴らしいわ、吾郎さん(笑) ここで、桐野さんから「どうやるんですか?」とさらにつっこみが(笑) 「カメラが回っていなかったら、いくらでも言うんだけど。この番組いくらでも使うからねぇ(苦笑)」という前置きのもと・・・

吾郎 「必要以上に与え過ぎないっていうのは大切なんじゃないですか?」 名言キタ、これ(爆)
桐野 「何を?愛を?」
吾郎 「愛じゃなくて・・・容易に鍵を渡してしまうとか・・・具体的に言えばね」

なるほど、なるほど・・・いろいろ経験されたから言える男の処世術ですね(笑)

吾郎 「簡単に相手を手に入れてしまうと、そういうことが起きてしまうんですよ」 またまた、名言キタ(笑)!

言葉を選びながらも、ここまでテレビで話してくれる吾郎。テレビにどう映っているかわからないけど、これぐらいなら大丈夫かなと言い、さらに「SMAPですよ、僕(笑) 女と面倒くさくならない方法を、なんで僕がここでしゃべらないといけないの?」という大サービス(笑)

いやいや、吾郎さん、今回もすっごく男前だったわ(笑)

| | コメント (7)

稲垣吾郎舞台『ヴィーナス・イン・ファー/VENUS IN FUR』においてのお知らせ

吾郎さんの舞台『ヴィーナス・イン・ファー/VENUS IN FUR』へのお花tulip企画ですが、公演発表から主催者側に連絡を取っておりましたが、いまだ決定の確認を頂いておりません。

初日まで差し迫ってきましたので、今回は通常と若干勝手が違いますが参加しようと思う方は下記BBSのトピックの内容をよく読んで頂きご参加くださるようお願い申し上げます。

稲垣吾郎さんの舞台へお花を贈りたい『VENUS企画』!

お花の承諾が決定次第、追ってアレンジをしてくださっているサイトーさん、aquaさんより参加希望のご連絡を頂いた方へ直接ご連絡して頂くことになります。

尚、締め切りは勝手ながら5月30日(木)とさせて頂きます。
(締め切らせて頂きました。たくさんの参加表明ありがとうございます)
ご説明させて頂いた事情により締め切り期間が短くて申し訳ないですが、是非、ご参加ください。


舞台『ヴィーナス・イン・ファー/VENUS IN FUR』のチケット掲示板を設置しました。
下記のリンクからお入りください。

稲垣吾郎主演舞台『ヴィーナス・イン・ファー/VENUS IN FUR』チケット掲示板

ブログのサイドバーにも設定しておきます。
(一部の携帯からはサイドバーからリンクに飛べない場合がありますので、お気に入りに登録しておくのがいいかと思われます)

ご利用になる方は、必ず最初にTOP項目の中の「留意事項」を読んでくださるようお願い申し上げます。
勝手ながら、掲示板でトラブルがあっても当方は責任を負いかねますので、各自の責任において交渉願います。


こちらの記事はTOP記事設定としてコメントを受け付けておりませんので、ご質問等がございましたらBBSにて書き込みをお願い致します。

kazuyo
稲垣吾郎非公式ファンサイト「chateau de l'ange」管理人

|

TAKE FIVE ★TAKE 1★

順番からいって、「がんばり」のレポをあげたいところなんですが、とにかく一人一人のVTRに一日かけてまして(笑)なかなかUPできません。よって、やはり始まったばかりの吾郎出演ドラマ「TAKE FIVE ~俺たちは愛を盗めるか~」から感想をあげておきます。


ストーリーとしては、主演の唐沢寿明さんが演じる帆村正義が、昔「TAKE FIVE」なる窃盗団の一員だったことから、新しく5人のメンバーを率いてチームを復活させる話が根幹。そこに、いろんな要素が加わって、人間関係も複雑に絡み合ってくるのが面白いところでしょうか。

「TAKE FIVE」のメンバーがそれぞれ、表の顔があるのも面白いですよね。帆村は、大学の心理学の教授。新美晴登(松坂桃李)は、警備会社の社員。南真一(六角精児)は、病院の薬剤師。火岡均(入江甚儀)は、重機会社の社員。そして、後ほどメンバーになるであろう岩月櫂(稲垣吾郎)は、刑事。それぞれが、自分の表の顔である職業を裏の顔である窃盗団としての役割に貢献するというのも興味深い。

一話完結でありながら、ストーリーは最後まで繋がりがあるということで、それが東都銀行の担保倉庫にあると言われるダ・ヴィンチの名画『ルクレツィアの肖像』。今では盗みからはまったく離れた生活をしていた帆村をけしかけるのが、謎のホームレス役を演じる倍賞美津子さん。この女性は、帆村が昔、窃盗団「TAKE FIVE」の一員であることをなぜか知っている。そして、もう一人の女性、笹原瑠衣(松雪泰子)は「TAKE FIVE」を追い続けている刑事で岩月と同僚。彼女の父親は、同じ警察官で窃盗団「TAKE FIVE」が関わった事件で殺されているんですね。そのため、彼女は盗みをする人間を憎み許さない。これで、メインのキャラクターの関わりが全て出揃ったところで、話が進みます。

テンポも良く、笑いも盛り込んで非常にスタイリッシュなドラマだと思いました。キャストがいいですよねぇ。全員、とても役柄に合っているし上手く演じていると思います。とにかく、ドラマは脚本が良くないと、いくら良い役者さんたちが出ていても駄作になるのですが初回はなかなか良かったと思います。あとは、吾郎演じる岩月櫂がどれぐらい活躍してくれるかで、私のテンションがあがるわけですが(笑) 初回の中でわからなかったところが二点。晴登がGPSを設定して帆村の動向を伺ったのはわかったのですが、岩月がどうしてそれを見れていたのかわからなかった。ここは、すでに発売されているノベライズ本を読まれた方に、本には岩月がPCでハッキングしていたらしいと聞きました。これは、ノベライズ本の購入は必須ですよ(笑) あともうひとつは、最後に帆村の携帯に『ルクレツィアの肖像』の画像が送られてきましたが、誰が送ったのか? そして、なぜそれを見て「TAKE FIVE」を続ける気に帆村がなったのかがわからない(苦笑) 私の見方が甘いのだろうか(笑) 最大の謎は、なぜ帆村がそこまでこの『ルクレツィアの肖像』にこだわるのか。これは、ドラマが進むにつれてわかってくるんでしょうかね。

稲垣吾郎ファンとしては、もう、櫂くんのキャラがものすごく萌えキャラheartで(爆) 実は、この吾郎のパブリックイメージ的なクールな役どころは、最近では久しぶりなんですよね。だから、ものすごく楽しみにしています。そこに、ちょっと潔癖症で几帳面という性格が加わり、謎の部分も持っているとなったら萌えないほうがおかしい(笑) そして、吾郎自ら選んだという眼鏡が、非常に吾郎に似合っていて素敵ですよね~。櫂が「TAKE FIVE」にどう参加するのかも見ものですが、個人的には左遷された盗品倉庫での香川刑事(阿部進之介)との絡みも楽しみにしています(笑) 吾郎は、男前で背の高い人との画が似合う(笑) 

初回がすごくよくできていたので、次回からも期待したいと思う。金曜日の夜が楽しみになりました。

| | コメント (7)

相棒でも刺客でもなく???

続けてレポをあげていきます。そうしないと追いつかない(笑) 三週お休みだった「ゴロウ・デラックス」が、久しぶりに放送されました。ゲストの方は、タイミングがとても良かったのは番組側が合わせてきてくれたのでしょうか。

小島 「今日は、すごい個性派な方が登場されますよ」
吾郎 「今日、なんか不思議と緊張しないんですけど、僕。なんとかしてくれるんじゃないかなっていう。なんか面白いようにやってくれそうな気がするんで」
小島 「甘えないでくださいね(笑)」

吾郎、ものすごくハードル上げたな(笑) これは、裏で聞いているゲストの方への無邪気なプレッシャーですね(爆) そのハードルをしっかり越えてくれた方のご登場です。

第八十一回課題図書 『三角でもなく四角でもなく六角精児』 六角精児著

Photo 40歳を過ぎて、やっと飯が食えるようになったという個性派俳優の波瀾万丈人生が詰まった一冊。俳優として長い下積みを経て、人気ドラマ(「相棒」)の鑑識係でブレイク。おかっぱ頭で眼鏡。どこか憎めないキャラは、多数の映画やドラマに引っ張りだこ。吾郎とは、あの映画『十三人の刺客』や、そしてこの春始まったTBSのドラマ『TAKE FIVE』で共演。(吾郎の96年の舞台『夜曲』の主人公ツトム役は、実はオリジナルは六角さんがご自分の劇団で演じられた役なんですよね) 

本を読むと、結構でたらめな人だとわかるそう(笑) お名前の「六角」というのは、もちろん芸名で劇団在籍時に自分の頭にたまたま浮かんだのをつけられたのだとか。トレードマークのようなおかっぱ頭も、「相棒」が半年のクールなので変えられないからという理由があるみたいですが・・・昔からお変わりない気がしますが(笑) 番組で前髪をあげて眼鏡をはずしてくれるという大サービス(笑) 全然イメージが違う!と吾郎と小島さんに言われていましたが確かに(笑) こういう顔の造りの方なんですねぇ。もとは渋い感じの顔立ちなんだ・・・意外(爆)

六角と結婚
実は、結婚4回目でバツ三。しかも、今の奥様は二度目にご結婚された方との再婚。一度目の奥様は、自分が一人暮らしをするときに、車を売って初期費用を出してくれたという女性。吾郎がこの部分を朗読。「いい彼女だったんですね。すごく好きだったんですね」とコメントする吾郎ですが、いつもなら尽くす女性には少し批判的なのに感動したのはどこなんだろう。ここ以外に、もっと彼女のいいところが本の中にあるのかな。結局は、この奥様は家を出て行ってしまったらしいのですが、理由としては自分が変わらなかったからだろうという六角さん。うん・・・人間って、結婚したからって根本的なことは変わらないと思う。若いときは特にそうですよね。だから、結婚したらきっとお酒をやめてくれるだろうとか、子供ができたら父親らしくなってくれるだろうって保障なんてないのよね~。

六角と借金
サラ金会社が入っているビルの上から下まで全部から借りていたこともあるという六角さんの話を小島さんが朗読。俳優として売れていなかったというのもあるけどギャンブルdollarにお金をつぎこむことが多かったかららしい。サラ金の利子にえらく詳しい六角さん(笑) いや、お酒好きでギャンブル好きに借金となったら、そりゃあ奥様も愛想を尽かすと思うのですが(笑)、4回もご結婚をされる(それも同じ方と再婚もあり)というのは、それを超える何か女性にとって魅力のある方なんでしょうね。

ここで、親太朗くんが六角さんからの課題図書として『JR時刻表bullettrain』を持ってきます。

六角と鉄道
実は、芸能界でも有名な大の鉄道train好きで、時刻表を使ってバーチャル旅行をするのが趣味なんだとか。そこで、どこに行きたいか二人に聞く六角さんですが、京都がいいという小島さんに、新幹線で一本で行けるので却下(笑) 吾郎が「吉野の桜が見に行きたい!」ということでバーチャル旅行の始まり(笑) まず、新幹線で東京から「新大阪」に、そこからJR環状線で「天王寺」駅へ行き、近鉄日本鉄道で「吉野」まで。吾郎さん、大喜び(笑)

六角さん、お勧めの駅はいわゆる秘境駅になるそうで、九州の肥薩本線(別名は「えびの高原線」)で行く日本の有名な秘境駅である「大畑(おこば)」、「矢岳」、そして「真幸(まさき)」をあげてくれます。快速列車「いさぶろう・しんぺい号」という妙な名前の電車が走っているのだとか。さらに、「大畑」はループもスイッチングバックも使っている険しい傾斜のある地域で、このあたりから見える「えびの盆地」は日本三大車窓のひとつなのだとか。

吾郎 「僕、行きます。一日休みがあったら」
六角 「本当ですか?」
吾郎 「絶対に行きます、僕。「TAKE FIVE」やってる間に絶対行くから」

それを聞いた六角さんは、吾郎にさらに詳しいアクセスを教えてくれます(笑) 「吉松」から「いさぶろう・しんぺい号」に乗り換えるのに約二時間の待ち時間があることが判明。

六角 「吉松という駅で、約二時間・・・吾郎ちゃんはボッ~としていなきゃいけないです」

(笑)(笑)(笑) 乗り過ごしたら大変だとメモする吾郎(笑) これ、同じ日に誰か行くことになれば、絶対に「吉松」駅での二時間で吾郎と仲良くなれますね(爆) だって、駅以外な~んにもない秘境駅なので。

親太朗くんが、「これ携帯サイトの乗り換え案内とかでも行けるんですか?」と誰もが思っていたことを発言(笑) 吾郎が「視聴者も皆、思ってるよ」とメモしながら毒を吐くのが可愛い。

六角と下北沢
六角さんが30年以上住んでいるのが、この下北沢。ガイドブックには絶対に載らないというディープスポットを紹介。差し入れで持ってきてくださったパンを食べながらご紹介。ちょっと、昔ながらのお惣菜パンみたいな感じ? 吾郎が、「おいしいnote」とパクパク食べています(笑) 紹介してくださったのは、六角さんが行きつけの『橘寿司』さん。お店の大将がサルサ好きで、踊りながら寿司を握るというのを数年試みられたらしいのですが失敗して元に戻したといういわくつきのお寿司屋さんらしいです(笑) もうひとつは、何を食べても不味い中華料理屋さん。中華ってあまり失敗ないですよね? どんだけ不味いんだと気になって何度も言ってしまうのだとか(笑) 六角さん面白いなぁ。

親太朗くんの可愛い六角さん消しゴムはんこ披露のあとに、ドラマ「TAKE FIVE」の予告も入れ込んでくれますが・・・六角さんの映像なかったよ(笑) このドラマは初回25分拡大で金曜日に放送されましたが、のちほどまた感想をUPします。

| | コメント (4)

一周年おめでとう!

「スマスマ」での5人旅のレポを全部UPしたら安心しちゃって、あとが続かなくなりました(笑) 「がんばり」のレポもあるのですが・・・一度書き始めたら、最初の木村くんのVTRの感想だけで一時間かかってしまったので(汗)、先に吾郎個人のお仕事を出しておきます。ラジオ「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」ですが、先週分も飛んでしまったので簡単にUPさせて頂きます。


2013年4月11日放送分

・ 台詞を覚えるときは部屋でモーツァルトを聴くか、現場や喫茶店とかでザワザワしている場所のほうが集中できるときもある。
・ 映画「桜、ふたたびの加奈子」での平凡な父親役は新鮮で、全て受け止める側の役はお芝居の勉強になった。
・ 「SMAPのがんばりますっ!」でのADの体験は大変だった。他のメンバーも大変だったと思うけど、負けないぐらい大変でずっと愚痴を言っていた(笑) それを面白いと思ってもらえたらいいんですけど、自分で文句を言っているのが嫌な奴と見ている。でも、本音で思ったことはマイナスのことは特にわざと出している。そのほうが面白いと思っているのでというコメント。いや、吾郎、ほんと偉いわ。
・ 木村くんが「ワッツ」で、『青いイナズマ』や『Mistake!』のキメ台詞は自分以外なら、冷静な吾郎で聞いてみたいと言っていたご報告に、やっぱり木村くんが上手い。自分は遠慮しておきます(笑)とのこと。木村くんしかできない。ジャニーズで一番上手い!と大絶賛でした(爆)
・ 母親直伝の美肌の秘訣は、クレンジングをしないで、クリーム、乳液を使わないでパウダーを使うことというお便りに、クレンジングをしないで済む薄化粧をするのが大事なんじゃないかという吾郎の考えに驚いた(笑) なんで、こんな女性しかわからないことがわかる人なんだろう。「お化粧しすぎだなと思う女性がいても、お化粧しなさすぎと思える女性はいない」という吾郎に、もう、何て言うか・・・すごいわ(笑) ちなみに、吾郎は薄化粧のほうの女性が好きということですので、皆さん、吾郎の前ではナチュラルで勝負してください(爆)
・ テレビとラジオのギャップがあってよく話していて見直しましたというお便りに、お礼を言いつつテレビでも最近よくしゃべってませんか(笑)?と。SMAP5人でいるときは、ちゃんとポジションを考えてあまり前に出ないと話していましたが、その切り替えもすごいですよねぇ。自分の面白さはわかっているそうです(笑)
・ パソコンが潰れてケータイがあるので大丈夫と思いきや結構大変だったというお便りに、吾郎はパソコンが壊れてもまったく困らないと。PCで仕事をしていないから。壊れて今一番困るのは、ミキサーなんだそう。さすが、グリーンスムージー愛好家(笑) あとは、ケータイ、ポータブルDVDプレイヤーがないと困ると。DVDプレイヤーの充電の短さにクレームする吾郎さん(爆) ポータブルDVDプレイヤーを「あいつ」呼ばわりでした(笑)(笑)(笑)

そして、ラジオで初披露のSMAP新曲note『Joy!』。これ、一番二番とも吾郎のソロパートはひと言なんですよねぇ。理解不可能でテンション下がるわぁ(笑) 慎吾のドラマの雰囲気にはとっても合ってますね。そして、ラジオ「ストスマ」が吾郎単独になって一周年ということで、ビクターさんから「ストスマ」のリスナーにネイルケアセットを一周年記念お祝いのお便りを出した方から5名様にプレゼントということで、少なすぎると10名様に独断で変更してくれる優しい吾郎。当選した方、おめでとうございます!


2013年4月18日放送分

・ どうしても捨てられないものはありますか?という質問に、ないです、なんでも捨てる。過去の自分はどうでもいいというおっとこまえな吾郎(笑) 写真や手紙はさすがに残しているけど、捨てないで置いておくとキリがないので捨てる派だそう。
・ ドラマ「TAKE FIVE」での共演者とのエピソード。唐沢さんとは初共演で、夢が叶った。さりげない気遣いが大人で素敵な方。松坂さんは年下だけど、しっかりして男っぽい。意外とシャイだと思ったけど、不器用な感じのところも魅力だと思うので、もっと伸びていく役者さんだと思うと、相変わらず吾郎は共演者の方に良いコメントを残す人だと思った。

pencil「先日、テレビ雑誌で中居くんが「僕が稲垣さんをよく弄るから、最近、稲垣さんが弄り返してくる。僕としては、どんなネタもOKなので、どんどん弄ってきてほしい」と言っていました。ツッコミやボケというSMAP内の役割をたまにガラッと変えてみるのも新鮮だと思うのですが、吾郎さんはどう思いますか?」

吾郎 「そうですね、面白いと思いますよ。自分の役割やポジションをこうだって決めつけちゃうと、逆にマンネリ化してしまいますし。やっぱり、メンバーやグループの面白いって思うところは、役割が決まっているようで決まっていなくて、時代とか環境によって変わっていったりとかするのがまた面白いですよね。根本的にあるメンバーとの関係性っていうのは変わってないと思うんですけども、やっぱり時代によってなんとなくこう変わってきますよね。それが、また面白いところだなぁって思うし。中居さんがおっしゃるとおり、どんなネタでもそれぞれOKなんでね。でも、こうやってSMAPのこと分析している自分が一番面白いんですけどね。んふふ(笑) いやいやいや、SMAPの広報担当なんでね、僕はね」

基本的な役割は変わらなくても、時代によってボケとツッコミは変わると分析する吾郎。確かに、それぞれの場でいつもボケ役の吾郎と剛がツッコミを入れるときもあるけど・・・基本、変わってないよ(苦笑) 弄られてツッコミ返すというパターンは多くなったけど。まぁ、でもやっぱり10代の頃から一緒にSMAPをやってきているメンバーとの間では、大きくは変わらないですよね。それで、世間に面白いグループだと思われているのなら良しとするのが正解なんでしょうねぇ。ほとんど芸人さんたちと変わらないわ(笑)

吾郎 「中居くんを弄る人ってあんまりいないんでね。中居くんは、弄られたいんですよね、意外とね。中居くん一人でやっているバラエティ番組とかもそうじゃないですか。結構、中居くんにツッコミを入れる人って、中居くん好きですよね。僕が見てて、中居くんに対するツッコミとかが意外と上手いなぁって思って僕がライバル視しているのが・・・ベッキー。はっ(笑) ベッキーって中居くんのこと突っ込むよね?あれ、好きですね、僕、見てて。他にもいると思いますけどね。基本的に中居くんっていうのは司会をやったり、どっちかって言うとボケというよりツッコミ担当ですもんね。メンバーの中でも一人で仕事しているときも。たまに、ちょっとボケたいのかなぁ~って、まぁ、ボケたりもしますけど・・・弄られたいのかなぁって思うときも感じますよね。皆さんも、よくわかっていると思いますけども」

ほぉ~、中居くんのことここまで語れるんですね。ただのボケとツッコミの部分だけで(爆) よく見えているんだ。そりゃあ、中居くんも安心して吾郎を弄ったりするわけだよねぇ。たまに、立場が逆になるのが面白い。木村くんがビシッ!と中居くんに突っ込むのも面白いというのもわかっている。そして、スマヲタならそれは言われなくても見えているということまでお見通しの吾郎さんでした(爆) これ、中居くんに聞かせたら苦笑しそうですね(笑)

・ 木村くんは髪の毛が自分で切ると言っていたけど吾郎さんは?という質問に、自分はないと。自分のはさみで切ると毛が痛みそうだし、やっぱりプロにしてもらうのがいいと。吾郎は癖毛だから難しいですよね。
・ そして、イケTELは二十歳の吾郎ファンの方で、「スマスマ」の新成人のコーナーに参加されたというラッキーな方。電波が遠くて、何度も呼びかける吾郎(笑) 呼び捨てに呼ばれるファンの方が羨ましい。リクエスト曲は『Just Go!』で「ジャスゴーで」と言われたことにつっこむ、つっこむ。ファンはそう呼んでいるだってば(笑)!
・ サウスポーでゴルフを始めたいけど、右打ちにしたほうがいいのかという質問。吾郎曰く、右打ちにすると利き腕じゃない右手だけに力が入らなくていいスイングになると聞いたのでお勧めらしい。あと、サウスポー用のクラブを選ぶのが大変。練習場が左利きのは少ないのも不便なのでというのが理由なのだとか。
・ 最近、眼鏡をかけていることが多いですが、素敵に見える眼鏡のデザインを教えてほしいというお便り。「ゴロデラ」の収録が長く、コンタクトレンズだと目が乾くので眼鏡にするようにした。「心療中」も裸眼で。(このドラマはUPが多いのでコンタクトしていると見えちゃいますもんね) 眼鏡の選び方は、流行り廃りよりも、自分の顔にあったものを選ぶのがポイントだそうです。

役者のお仕事が詰まってる吾郎ですが、ちゃんとラジオ収録もかかさずしてくれて本当にありがたい。もっとお便り出さないとなぁ。いろいろ聞きたいことはあるんだけど、書き方が難しいですよね。でも、さりげないお便りでもちゃんと選んでくれて、話を広げてくれるのであまり気にせずドンドン出していくのがいいんだろうなぁ。ハガキ職人、頑張らねば(笑)

| | コメント (4)

はじめてのSMAP5人旅スぺシャル!⑦ FINAL

先延ばしになっていた、SMAP5人旅のメインコース(宣伝的には(笑))のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)ロケの様子が今夜の「SMAPxSMAP」で放送されました。特番扱いのようですが、今週は放送が30分遅れとは言え通常の1時間放送。ビストロもゲストもなしのSMAPづくし。どうして、これが今までできなかったのか不思議なぐらい(笑) 5人旅の最終章として記録に残しておきます。

時系列としては、福島のお好み焼き「かく庄」さんに寄ってからの出来事。時刻は、昼の3:20到着。1DAYパスを購入して入場。3時からは安くなるんですねぇ。そりゃそうだ。アトラクション乗る時間があまりないもの。SMAPはVIP扱いだから、いろいろ乗れただけ(笑) しかし・・・すでに入場の段階でぎゃーぎゃーになってるのは仕方ないか。「(ご来園は)何度目ですか?」とチケットをもぎるお兄さんに聞かれて、「二回目です・・・」と素直に答える中居くん(笑) 入ってすぐに、案内役の方が来てくださいますが、警備の方がすごく大変そう(汗) SMAPだから仕方ないとは言え、ちょっと迷惑(爆)? いえいえ、宣伝になるんだからありがたいですよね(笑)

最初に連れて行ってくれた場所は、グッズショップ。入り口すぐにSMAPがUSJとコラボした「Battery」限定盤のCDがずらりと陳列されています。本当ならここでサイン会でもしたらすごく売れたんだろうけど、この状況じゃ無理。そして、そんなことしなくてもすごくこの日は売れたと思う(笑) そこでいろんなキャラのカチューシャを見つける中居くん。まさか、これが中居くんのアイデアだとは思いませんでした。絶対に慎吾だと思っていた(笑) もう、完璧にお仕事モードになってたのね。「付けねーよ」という木村くんをよそに、吾郎にさっそくスヌーピーのカチューシャを頭に付けさせる中居くん。吾郎も、素直に付けているのが可愛い。そして、剛にはキティちゃん(?)のリボン。剛が素直に頭をうつむかせる様子が(笑) 木村くんには・・・なんだ?! お返しに、木村くんは中居くんにスヌーピーの耳カチューシャ。腕がクロスしているよ(笑) 慎吾は、自分でスヌーピーの両方のタイプを頭に。この人たち、アラフォーなのに可愛すぎ(笑) スマシプトリオが会計のところで、まだぐだぐだしている間に、キムゴロ二人は待ち時間(笑) 剛には、スパイダーマンのマスクを被せて喜ぶ中居くんですが、「誰かわかんねぇ~よ!」 by (爆) 案外、気に入ってこのあともスパイダーマンマスクは大活躍でしたね。

ショップの外に出ると、誰かハリウッドスターでも来ているんですか?!ぐらいの勢いの人だかりと警備。さすが、大阪・・・まぁ、SMAPなら仕方ないか(笑) スヌーピーやマリリン・モンローの格好をしたスタッフと写真を撮って、メインの「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」へOPEN前に乗せてもらうSMAPさんたち。もちろん、吾郎は乗らない(乗れない)(笑) 中居くんも便乗してお留守番役。これ、中居くんが乗らなかった本当の理由はわからないのですが、実際あまり好きなほうではないとは言え乗れないわけではなかったと思う。でも、吾郎と二人でのノリノリの三人を見て話している会話がすごく良かったのでありがたかったなぁ。

絶叫型のアトラクションを乗れない人は案外いると思います。男で乗れないのは、情けないとかみっともないとか言う人もいると思う。でも、これは乗れる人には一生わからないことで無理強いして乗せるほうがみっともないです。別に自分は楽しめるんだから、乗れない人を無理やり乗せることはないと思う。私は、ものすごく楽しんでいる木村くんと剛と慎吾を見て、乗りたくなった人ですけどね(笑) 吾郎が、「申し訳ない」って何度も謝っていて不憫になったわ。誰でも苦手なものはあるんだから、謝ることないですよ。そりゃあ、中居くんの言うように「SMAP5人の画」は撮りたかったとは思うけどね(笑) そこは、メンバー全員がもうわかってくれていたと思います。

乗り込んだが、「怖ぇ!吾郎さ~ん!」って吾郎に向かって言っているのが可愛くて和んだわ~。乗る三人よりも恐怖で固まっている吾郎が(苦笑) スタジオでVTRを見ている吾郎の顔もすごいことになっていました。もう人が乗っているのを見ているだけでこれなら、絶対に無理だよね(笑) しかし、あのときはノリノリだったけど、そんな自分たちの様子をVTRで見るのはどうやら恥ずかしいらしいお三人たち(笑) おかわりまでしちゃったもんね。いえいえ、ものすごく宣伝効果抜群だったと思います。好きな人は絶対に乗りたいって強く思ったと思う。お手本のような人たちでしたね(爆) 

このあと、ユニバーサル・レインボー・サーカスを少し見させてもらうことに。ここでは、吾郎がノリノリ(笑) そして、アトラクションは「スパイダーマン・ザ・ライド」。これが・・・吾郎の思っていたものと違ったようで(笑)、本当に大変だったと思う。なんだろうなぁ・・・乗り物自体はそう怖いものではないと思うんだけど、横揺れに3Dというのが怖さを助長させるのかな? 3Dに酔ってしまうというのもあるかもしれない。慎吾が、「吾郎ちゃん、これマズいんじゃない(笑)?」といった辺りから、もう吾郎に余裕はない。最初から、すでに隣の木村くんの肩に不安そうに拳を乗せてた段階で私はダメだと思ったよ(笑) 怖がり出した吾郎は、身体を横にして両腕広げて食いしばる感じになって、それを見た中居くんが後部座席から安心させるために吾郎の肩を叩いたり、左手を握ってあげたりしているんですよね。吾郎は、木村くんの手首を握ってやり過ごすのに必死。吾郎本人は本当に怖くて、本当なら笑ってはいけないところだと思う。でも、スタジオで見ている吾郎自身が笑っていたように、ここは笑ってあげるのが正解なんだろうなぁ。何より、このアトラクション自体が暗くて、あまり画としては面白くもなんともないのが吾郎で救われたと思う。すごい人だと思った。終わったあとに、その努力を称えるべく肩をぽんぽんしてくれる上二人。優しいよねぇ。

最後に乗ったアトラクションは、「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」。これは、いわゆる急流すべりですよね。ところが、その前のスパイダーマンでグロッキーになった吾郎は全力で拒否。メンバー全員が「これは、さっきのより大丈夫だから」と何度も説得するのですが、冷静に拒否 by 木村(笑) 慎吾があとで、「順番が逆だったよね(笑)」と言っていましたが、どうだろうか・・・先にジュラシックパークを乗っていたら、最後のふわっと身体が浮いたところでスパイダーマンは乗れなかったんじゃないのかなぁ。何が怖いかによりますが。ただ、スパイダーマンは確かに苦手だと気持ち悪くなりそう。ジュラシックパークは一瞬だけなので。しかし・・・吾郎は、絶対にテーマパークをデートコースに入れられない人だね(笑) 乗れるものがないわ(苦笑) いいの、いいの。吾郎はおいしいフレンチレストランコースで(笑)

このあとは、先週の放送分の未公開。中居くんが車内で電話をかけた「メグミちゃん」って誰(笑)? 「ヒロちゃん」って呼んでくれる女性って誰(笑)?! 親戚の人に電話した意図は何(笑)?! 大阪の人だから? 面白いなぁ。そして、カラオケ未公開。前回あげた疑問解決した! 最初に歌ったのは、慎吾だったんですね。そこで席を離れたときに木村くんが入ってきたので、必然的に吾郎の隣に座ったんだわ。すっきりした~(笑) しかし、お飲み物を聞かれて逡巡する木村くんに、「赤ワインwineあるんですか?」と代わりに質問する吾郎のかいがいしいこと(笑) 最初は、中居くんも吾郎もビールだったんだ・・・やっぱり、これ完全版としてDVDにしてくれないと困ります! 『FIVE RESPECT』で、木村くんに促されて立って踊る吾郎。脚!脚!ヤバい、吾郎さん!DVD出してくれぇぇぇぇぇ(爆)! そして、先週の大好評だった『BEST FRIEND』の中居くん号泣のくだりを歌詞を交えて一挙大公開。すごいサービス(笑)

最後にスタジオで剛が言っていたことが、私の胸の中にストンと落ちてきた。 「すごい楽しかったよね、結果的に。贅沢だから、本当に、SMAPとカラオケって。あのときのカラオケは、やっぱり特別なものがあったよ。初めての旅だったし、変だったもん、だって(笑)」 そうだよね。最初からなんだかわからないままに5人で旅をさせられて(笑)、でも、なんだかんだ言って楽しんで最後には全員でカラオケでSMAPの曲だけを歌うってすごいシチュエーション。二度とないかもしれない。だから泣けてきた中居くんがいたんだと思う。本当に良い企画だったなぁ。

このUSJの流れで、最後にSMAPのnoteBatterynote 照明で見えにくいときが多い「スマスマ」の歌コーナーですが、本当にいつもエフェクトはかっこいい。SMAP全員ものすごいオーラ。そして、吾郎がすっごくかっこよかった。ダンスもしっかり踊っていたし、何よりもう・・・かっこいいわ(笑) ←大事なことなので二回言います(笑) 途中で何度も前髪をフッと頭を後ろにして跳ね上げるところがすっごく好き! 二週続けて大笑いさせてくれたSMAPは、そうだった・・・輝くほどにかっこいい人たちだったと思い出させてくれる。やっぱり歌で締めるのって大事。そして、メンバー全員が言っていたように「スマスマ」だからできた企画。本当に楽しくてありがたかった。またひとつ、宝物が増えました。

| | コメント (17)

はじめてのSMAP5人旅スぺシャル!⑥

今回で、先週までの「SMAPxSMAP」5人旅のレポをなんとか終わらせます。とは言っても、今週USJでの模様が「スマスマ」で放送されるわけなので通し番号は続きますが(笑) もう、「がんばり」もリピートしてしまってまったく進まないのですが(苦笑) ここでどうにかしないと、ドラマも始まるしねぇ。それに、忙しい吾郎さんの舞台が6月に決定したし!(詳細は、ジャニーズネットにて) ファンも頑張らねばいけないのだ(笑)


旅館『兵衛向陽閣』での素晴らしいお食事を済ませたところで、とりあえず旅館内のゲームセンターに向かうことに。浴衣に陣羽織を羽織っただけの「ザ・旅館」姿のSMAPさん5人組がなんとも可愛らしい。かっこいい衣装に身を包むSMAPもいいけど、こういうのも和みますよねぇ。4人対戦のカーレースゲームに挑戦する木村くんを除く4人。なんだかんだ言って、全員楽しんでいるじゃないか(笑) 勝ったのは中居くん。ビリは剛。実際の運転にリンクしてる(笑)? そして、ペア戦でエアーホッケー。木村&慎吾 VS 吾郎&剛。吾郎の手の動き笑える(笑) 「あ゛ーーー!」とか可愛いな。あれ?中居さんは?と思ったら、一人パチンコ(笑)(笑)(笑) らしくって笑える。その中居くんの座っている隣に「プリクラ」が! 全員で撮ろうという慎吾のナイスなアイデアに、「やだ!やだ!」と逃げ回る中居くん。無理やり押し込む慎吾が素晴らしすぎて感動です。(しかし、中居くんのずっと持っている鞄が気になる。おばちゃんみたいだな(笑))

慎吾が中居くんを連れてくる間、一番奥に剛が、その隣の吾郎がずり落ちそうになった木村くんの肩を支えるさりげなさが素敵(笑) 慎吾が一番手前で、中居くんは嫌々ながらセンターにいる吾郎の胸元へ。フォトフレームがハートheart01で5人には小さいため、さらに密着する5人。なんだかんだ言って、ちゃんとフレームにおさまるように吾郎の顔までずり上がってくる中居くん。いい写真! 慎吾が頑張って中居くんを引き入れてくれて本当に良かった。そして、温泉旅館には必ずある卓球(笑) 中居くんを審判にダブルス戦。木村&吾郎 VS 剛&慎吾。スマスマの番組内とは違って、ホリデーモードで吾郎が失敗しても笑っているだけの木村くん。仕事と遊びには線引きをするんですね。失敗して、卓球台にぺた~んとへばってしまう吾郎が可愛い、可愛い(笑) しかし、やっぱり浴衣の裾が非常に気になる。ライブでの衣装のときもそうだけど、あんまり前合わせを気にしない人ですよね(爆) 

そして、「卓球やろうよ」とおばちゃんズに囲まれるモテモテの中居くん。お~、お~、ベッタベタにくっついてるよ、羨ましい(笑) って言うか、少しアルコールが入っているせいなのか、おばちゃんたちだからなのか(笑)、こんな至近距離のお触りを気にならない中居くん。そうか・・・彼とくっつきたかったら、まず飲ませればいいのだな(爆) そして、全員でカラオケ「薔薇」ルームへ(笑)

L字型のカウンターになった個室のカラオケルーム。そのコーナーに中居くんが座り、長いカウンターの一番手前に吾郎。木村くんはあとから入ってきたと思うのですが、吾郎の隣には慎吾で曲入れ中。おや?慎吾がそこに座ってしまったら、木村くんはどこに座れば?と思っていたら・・・次の映像では、しっかり吾郎の隣には木村くんで、その隣が慎吾、そしてになっています。ここ、どうやって変わったのか激しく見たい(笑) 木村くんの無言の「お前、どけ・・・」状態だったのか、慎吾が気を利かせて席をずれたのか・・・おそらく両方(笑)

一曲目は無難にSMAPのメドレーから。剛の元気な声から、吾郎も応戦。木村くんにマイクを出しながら、「木村くん、助けてよぉheart」という甘い声にシブシブという感じで、でも吾郎のお願いはちゃんと聞いてくれる実はちょっとこの段階でいい感じに酔っている木村くん(笑) ワインのペースがすごく速いし。確か、木村くんって吾郎よりお酒強くないですよね? このカラオケルームのお世話係りのお姉さん(こういう担当の方がおられるんですね)に、「本物!本物!本物!」と伝える吾郎(笑) 見てればわかるって(爆) 

チェック1】(アルコールbeerチェック(笑))
このとき、奥のサタスマの会話。おそらく、中居くんが最初に珍しくワインを頼んで、それを慎吾に飲ませたのかなと。それで、「うまい?」って聞いて「よく、わかんねーんだよなぁ」みたいな感じ? 推測ですが(笑) ビールに焼酎にワイン・・・そりゃあ、ちゃんぽんしたら酔うよね(爆) 

最初から最後まで、ず~っと手拍子をしてマイクなしでも歌っていたりした吾郎。気遣いさんですよね。しかし、一番端の吾郎にとにかくいろいろ話しかける中居くん。この席順、自然なようですごくベストだったんですよね。一人でもずれていたら、全体としてまとまらなかったかも。曲が『Battery』になって、俄然盛り上がってきました(笑) 席を立って踊る人続出。吾郎が、剛の様子にスタジオで椅子から転げ落ちそうに笑っているのがツボ。

チェック2
木村、ワイン二杯目に比較して・・・は完璧なシラフ。なのに、表に出ているノリとしては剛のほうが酔っ払った人のよう(爆)

全員で手を繋いで『手を繋ごう』では、お姉さんも無理やり参加(笑)

チェック3
中居、やっぱり焼酎に。吾郎、ワイン二杯目。木村、ワイン三杯目・・・大丈夫か(笑)

ここで、剛がスパイダーマンに変身(笑)

チェック4
慎吾、ビール二杯目。中居、焼酎二杯目。

木村くんの目がとろ~んとしてきて、身体全体が揺れるようになり吾郎のほうに完全に向けてしまうこと多し。中居くんは、呂律が回らなくなってきた。やっぱり、ワインを飲んだのがまずかったね(笑) いえ、楽しそうだからいいんですけど。『さよならの恋人』で、ちょっと涙が出そうになったか? 慎吾のすばやいチェックに堪えることに成功。そして、中居くんの選曲が続きます。もう、だんだん涙のフィナーレにこのときから向かってたよね(笑) しかし、『そのまま』の不協和音すごかったな(爆) 酔っ払っているとは言え、これを放送に流せるのがSMAPのいいところだな~(笑) 『天国のかけら』での、隣からあっつい木村くんの視線を受けつつ平常心を装う吾郎が素晴らしかったですね(笑) ここ、見返していたら、ちょっと放送できなかったと思うわ(笑)(笑)(笑) でも、中居くんはどうやらそれが見たかったみたいで、このあととにかくキムゴロソングを導入してきます。そうだよね、木村くんが気持ちよく歌える曲を中居くんは知っているもの。そんな中居くんは、キムゴロの歌に入って来れず立ったままの剛に「ラーメンnoodleつきあって?」と、どんぐりもすっごく仲良かったですよね。

チェック5
慎吾、ビール三杯目。中居、焼酎三杯目。木村、ワイン四杯目。吾郎、ワイン三杯目

キムゴロソング『Touch Me Kiss Me』で、至近距離で向かい合って踊るどんぐり。これ、本家キムゴロもこのぐらい近づいて歌ってほしかったですよねぇ。慎吾は、iPhoneで写真チェック中。

チェック6
中居、焼酎四杯目。(ピッチが速すぎ・・・) 

そして、ここで・・・『BEST FRIEND』(笑) もう、中居くんの涙が止まらない。剛がもらい泣き。スタジオで見ている吾郎ももらい泣き。もう、やめて~(涙)!って私が言いそうになった(苦笑) なんていうか、おかしくて涙が出るのか、感動して涙が出るのかわからない状態。木村くんが、ずっと笑顔でそんな様子を見ていて、慎吾が被せてもう一度選曲したりとまるで申し合わせたように行動するSMAPさんたち。このときの中居くんですが、まぁ、酔っ払って「泣き上戸」になってしまったと思うのですよ(笑) シラフならきっと絶対に泣いていない。でも・・・基本、この曲に森くんのときのことや、吾郎のときのことが思い出されていろんな感情が出てきてしまったのではないかと。個人的な見解としては、それとは別にあの席でSMAP5人がありえないシチュエーションで一緒に旅行をして、カラオケでSMAPの曲を一緒に歌っている様子を見ていて、じーんときたんじゃないかなぁって。TOPにいるSMAPへの風当たりってやっぱり厳しいと思う。でも、こうやって5人でいるときは笑っていられる、まだSMAPでいられることが嬉しいのではないかと。だから、最後の中居くんの「10人がかかってきても、SMAPを守れる」発言に繋がったのではないかと思った。

部屋に戻って、翌朝早い剛は布団の中へ。吾郎は大変な旅行を反芻して寝られない。中居、慎吾は酒を片手に戻ってきて剛弄り(笑) そんな中、寝る体勢に入る木村くん。本当にラーメンを頼んで食べ始める中居くんに、一緒に起きてつきあう吾郎と慎吾。ここ、なんかもっと会話があったのかなぁ。やっぱり「完全版DVD」がほしい。寝るときは、慎吾が吾郎にアラームのセットを頼み就寝。

予定通り翌朝6時に起きて、電気をつけ皆も起こそうとする剛ですが・・・当然、誰も起きない(笑) 挙句は、吾郎に冷静に「電気消して・・・」と三回も言われ素直に電気を消して一人オチをする剛が素晴らしかった(笑) いやぁ、吾郎の白い腕がなまめかしく、そして「消して」の声が色っぽい。そりゃあ、思わず剛も消すしかないですよね(笑) 剛が最後一番大変だったな。朝早い仕事があったのに、ご苦労さまでした。今度、全員で旅行するときは結成50周年なんていわずに、また近いうちに行ってほしいですね。旅行じゃなくても、外ロケしてほしいなぁ。だって楽しいもの(笑) 

5人旅レポは、USJロケへと続きます・・・

| | コメント (19)

はじめてのSMAP5人旅スぺシャル!⑤

SMAP5人旅レポ、佳境に入ってまいりました(笑) 「SMAPxSMAP」での特別企画が発足され、大阪をあちこち回ってようやく旅館『兵衛向陽閣』へと到着するSMAP御一行様(笑) 部屋に入る前に、スタッフから「カメラをセッティングします」という待て!dogの通達。うむ・・・という中居くん。あっ、そうという感じの吾郎を除いた3人のぽかーんとした顔(笑)(笑)(笑) おいおい、忘れてたのかい? まぁ、お疲れなので早く休みたいよねぇ。スタッフは結構な人数が携行していたんですね。素早い作業でカメラをセッティングするスタッフも大変だわ(苦笑)

結構と広くて綺麗な部屋に驚く5人。ホテルでいうところのスイートルームですよね。創業700年ということから、5人ひと部屋って六畳一間とか想像していたのかしらん(爆) まぁ、それはそれでおいしかったとは思うけど。部屋を見て、これなら全然5人でOKという感じで安心するSMAPさんたち。仲居さんからお風呂に行かれるか、まずお茶を召し上がられるかと聞かれて、「お風呂入っちゃおうかnote」と提案する吾郎。よくメンバーの間で、胸まで隠すとか弄られる吾郎ですが、木村くんがラジオでライブ後脱ぎながらシャワールームに真っ先に直行する吾郎の話もあることから、実はメンバーの前で裸になることはそんなに躊躇しない方だと思われます。あとで、いろいろ弄られて言われるのが嫌なだけなんですよね(笑)

予約したときに吾郎が確認しておいた貸切露天風呂spaへ・・・。5人で入るにはこじんまりしたにごり湯でいいですね~。『明星』で全員で入ったときのような透き通った温泉だったら撮影も大変だったと思うし(笑) 貸切温泉に「稲垣さん!すごいね」と喜ぶ中居くん。この旅館すごい!すごい!予約してくれてありがとうという気持ちが、このひと言にこもっていました。脱衣所で、カメラが回っていることに気づき「超エグくない(笑)?」と言う木村くんに、「え?!どこ?」と慌てる吾郎という、しばし男子学生のような会話がキムゴロの間で交わされますが・・・もう、潔くそのまま入ったんでしょうかね。

カメラは入り口から一番奥に設置されていて、そちら側から時計回りに、吾郎木村慎吾中居と輪になって入浴。吾郎がお好み焼き屋さんのところと同じようにまたまた後ろ頭しか拝めない位置になりますが、カメラの位置を確認するときに振り向いて指差したときの鎖骨と、綺麗な顔に満足してしまいました(爆) SMAP結成丸25年、四半世紀だ、昭和63年?という話から、なぜか昭和刻印が入っている貨幣の話になります。中居くんが一人別場所に設置された洗い場に向かったところで(可愛いお尻には「」マーク(笑)付き)、慎吾がUSJでの吾郎がアトラクションに乗った順番が間違っていたよねという指摘あり。しかし、吾郎はずっと肩を出して白い長い両腕を広げて岩に置いている様子が綺麗でねぇ・・・なんか、彫刻のようでしたよね(笑)

お風呂のあとは、「牡丹」の間で、膳に用意された豪華な食事。座り位置は、左側二人上座から中居慎吾。右側は、吾郎木村。仲居さんに心付けを渡す中居くんに尊敬のスマッホトリオ。吾郎「さすが、『中居くん温泉』」とは、懐かしや(笑) しかし、中居くんがずっと持ち歩いていた鞄は、なんかいろんなものが準備されていて必要なのね(笑) その前に、浴衣の裾で自分の眼鏡を無防備に拭き拭きする吾郎の姿が・・・吾郎さ~ん、綺麗なおみ足が丸見えでございますよぉ(笑) 目にまぶしいshine!と、言うか、なんかこの風呂上りのお食事シーンの吾郎がお肌つるぴかで、前髪ストレートで、小さいお口でもぐもぐ食べているのがとっても色っぽかったんですが。それだけでリピが止まらなかったというね(笑) とにかく胡坐がかけない人なので、長い足を持て余しちゃって大変。伸ばすか、体育座りしかできないですもんね。そのたびに、なぜか浴衣の前のはだけ具合が大胆になっていく気がして・・・食事風景を見るどころではないわっ(爆)!

温泉入って喉が渇いていたのか、豪快に最初のビールbeerの一杯をいっきに飲み干す上二人。おいしそう~。風呂上りの一杯のビールは本当においしいよね。そんな男らしい二人をよそに、膳に用意されたお食事を「かわいい~。すごいねぇ、きれいですねぇ、これねぇ」と仲居さんにお伝えする女らしい・・・もとい、お上品な吾郎さん(笑) 海老の殻と格闘する慎吾に、脱力して「超(笑)うめぇ」を連発する。ものすごくバラッバラな個性のSMAPさんたち、さすがです。右側三人組の二人は、とにかく吾郎にいちいち報告するんですね(笑) お刺身がきたときに、「吾郎さん、すごいね」「すごいね」というロハスなやりとりは和むのですが、その前に吾郎の顔を首を傾げて覗き込んでいる剛の幸せそうな顔が何よりも和む。そうかと思えば、もう片方からは「うめぇ!」とこれまた吾郎のほうを見て幸せそうな木村くんの顔が、もう(笑) 大事なことなので、二回吾郎のほうを見て「うまい」と伝える木村くん。うん、うん、幸せだよね。その向かい側では、温泉の話で盛り上がったり、ビールを中居くんから慎吾へとついであげたりとサタスマコンビも幸せそう。

ナカゴロもあったなぁ。焼酎の水割りを頼む中居くんが、吾郎にワインwine頼めば?ということで仲居さんにわざわざ聞いてくれたり。このおいしい膳を食べながらお昼食べた生姜焼き定食のおいしさを思い出し食べたくなる中居くんに、「えぇ?!今(笑)?」とか、「カメラ撮ってるのかなぁ」と苦笑する中居くんに、「もう撮ってないんじゃない?」とリアクションをちゃんと返していた吾郎がいたことは報告しておきたいと思います(笑) 剛が一滴もお酒を飲んでいないのに、酔った風になるというくだりも面白かったですね。木村くんは、あまり話さなかったけど・・・きっと、カメラが回っていなければ、あまり誰も話さないというのが本当なんでしょうね。そこに忠実に無理なく過ごしていたのが木村くんなのかな。別に、楽しくなかったわけではなくて、いたって一番普通にしていた人ですね(笑) 

食事のあとは運動ということで、旅館では恒例のお遊びへと・・・。放送では、このあと浜崎あゆみさんがゲストのビストロが入ります。吾郎があゆをエスコートするのに、後ろから中居オーナーの「転べ、転べ・・・」という悪魔の囁きにちゃんとお仕事を全うしたことと、指スマ復活と楽しかったのですが割愛(笑) このSPに入れ込まれてもレポにできないです(苦笑) レポは、あと一回で締められるかな。全部読んでくださっている方は、もうしばらくお付き合いを(笑)

| | コメント (6)

はじめてのSMAP5人旅スぺシャル!④

前回の「SMAPxSMAP」のレポの続きは、実際の時系列としてはこのあとUSJに全員で行ったわけですが、放送が来週に引き伸ばされたのでそれは次回に。USJ訪問のあとの車内での様子へと続きます。


ここから、運転手は中居くんから慎吾に交代。USJで買ったスヌーピーの耳と頭の上にスヌーピーが乗っかているカチューシャをしたままなシュールな画(爆) 他のメンバーは当然全員すでにはずしています。日が暮れ始め、USJで大騒ぎした(と思われる(笑))あとのいい感じの気だるさが車内にたちこめております(笑) ここで、慎吾が急なお泊りスケジュールを聞かされたため準備していなかった下着を買いに行こうと提案。木村くんの、これまたしっかりスポンサー様のイトーヨーカドーを探さねば!という流れが素晴らしい。この段階で、後部座席に移動した中居くんは、すでにお疲れで寝る態勢。(運転は神経使うもんねぇ)

イトーヨーカドー甲子園店に向かう道で無言になるSMAPさんたち。もう、さすがに疲れてきたよね。こういうテレビ向けとかも考えられない感じの時間があるのもいい感じだったと思います。いわゆる、本当に旅っぽい(笑) イトーヨーカドーが見えてきたところで、中居くんと剛が熟睡しているところを報告する吾郎(笑) キレた振りをした慎吾が、わざと急ブレーキーを踏んで「寝てんなよ!」という言葉からスマシプトリオのミニコントがスタート(爆) 荒い運転に起きてしまう中居くんの顔を横から優しそうに笑う吾郎の笑顔がすっごく好き。ここは、優秀なスマシプトリオのやりとりに目が行くと思うのですが、そんな様子をずっと笑顔で聞いているキムゴロ二人にも注目! 顔の向きがずっとシンクロしているんです。まるで猫じゃらしを目の前で振られている二匹の猫ちゃんcatのよう。吾郎が左を向けば、木村くんも左に・・・吾郎が窓の外を見れば、木村くんも。見事としか言いようがなくて、こちらの二人にも是非注目してリピートしてください(笑)

イトーヨーカドーでは、USJのアトラクションを乗ったときにズボンの後ろがむちゃくちゃ破けたという中居くんが「俺、裁縫道具買おう!」というのがツボ。えぇ?!自分で縫うの?新しいズボンを買うんじゃなくって? どんだけ、庶民派(爆) 本当に下着だけ買って辞するSMAP。ここは、剛が皆の分を支払うわけですが・・・え~と、末っ子の慎吾はわかるとして、結局、吾郎は財布開けず(笑)? (旅館の支払いがどうなったのかわかりませんが、おそらくバラバラに帰ったということから各自支払ったのではないかと) 途中で財布を出そうとしたところもあったので、本人は奢ってもらうつもりはなくても他のメンバーがさっとスマートに出してくれるんでしょうね。

旅館に到着する前に一旦パーキングエリアparkingで休憩。ここから、運転は剛に交代。いきなり、目が覚めるSMAPさんたち(笑)(笑)(笑) どうにも剛の運転が不安という流れになっていますが、面白くて弄っているうちに目が覚めちゃったんでしょうね(笑) ずっと黙って助手席に座っていた木村くんも、いきなり鬼教官みたいになっちゃって(爆) 皆、楽しんでますよね。ルームミラーを直すと、後部座席の真ん中に座っていた慎吾が、「それ、俺だよ!」と(笑) いやいや、慎吾がでかいからだろ(笑) 中居くんの「安心するんじゃない?」には笑いましたけど。そして、料金所のくだりが最高だった。皆、ぶつぶつ剛に文句言いながらも楽しそう。ETCカードを探すところでは、吾郎を除く全員が一緒になって探すという。そして、吾郎は一人慌てない。素敵です、吾郎さま(爆)

有馬温泉街spaに入って、急に「創業700年」が心配になるSMAPさんたち。ものすごくボロいんじゃないかとか、失礼な意見が飛び交います(笑) ところが到着してみるとホテルかと思うほどの綺麗な造り。そりゃ、リフォームしてるって。あなたたちは知らないかもしれないですが、有馬温泉の『兵衛向陽閣』といったら立派な有名老舗旅館ですよ。関西ではCMも流れるぐらいだったんだから(笑) 車到着を待っていてくれる旅館のスタッフさんたち。そこで、「すみません、遅くなりまして」と丁寧にお辞儀をする吾郎が本当に素敵。お部屋に案内してくれる仲居さんにも、「ありがとうございます、突然の予約で」と言う吾郎は慣れているよね~(笑) 慎吾を待つどんぐり二人に「ちょっと、行くよ!」と促す様は、家族旅行のママそのもの(爆) 

ここから楽しい楽しいお泊りSMAPの始まり・・・

| | コメント (6)

はじめてのSMAP5人旅スぺシャル!③

今回の「SMAPxSMAP」レポは、USJに行く前に立ち寄ったお好み焼き『かく庄』さんでの様子から。これも、ガイドブックから拾ったんでしょうかね。なかなか良い選択だと思いますよ~。大阪には腐るほどお好み焼き屋さんはありますが、こう言ってはなんですがこういう高架下にあるようなさびれたところは間違いないです(笑)

ここでの撮影許可を取りに行くのは慎吾。OKをもらって「おじゃマップ!」じゃないし(笑) 慎吾だけでも驚くと思うのに、そのあとゾロゾロと残りの4人が入ってきたらそりゃあ天地がひっくり返るほど驚くよね(笑) 東京ならまだしも、ここは大阪。有名人が来店してきてくれたとしても芸人ばかり(爆) 下町風情のお店にはなんとも似つかわしくない、私服でもオーラ放ちまくった国民的スターshineのSMAPさんたち。すでに店内で食べてらしたお客さんの「すごい、SMAPだぁ・・・」は率直なひと言ですよね(笑)

お店の方に5人で食べるお勧めを聞きつつ、メニューはちゃんぽん(ミックス焼き)とねぎ焼きモダン焼き、それに焼きそばを注文。さらに、とん平焼きを薦められて素直に受けつつ、軟骨の塩焼きも追加。食べる気満々です(笑) お茶で乾杯するSMAP5人衆。全員で小さいひとつテーブルを囲んでの久しぶりの食事に少し戸惑い気味の5人。これが・・・食べ始めると仲良し5人組に変化していく様が素晴らしかったですよね。慎吾が「作ってくれて持ってくるのかなぁ」と言っていましたが、東京は自分で作るところがメインなんですか? 東京でお好み焼きを食べたことがないからわからないなぁ。

食う・・・ひたすら食う。ちょっと食してみるとかのレベルじゃなくひたすら食う(爆) 中居くんは、来てすぐにタバコsmoking。他のメンバーは吾郎は吸わないとして、別に吸わなくても構わない感じぐらいにはなったのかな?(帰るときに木村くんの前に灰皿があったから、食べたあとに一本ぐらい吸った?どうでもいいけど(笑)) 木村くんは、安定の猫舌cat発動(爆) 吾郎は、やっぱりそれぞれひと口ぐらいしか食べていない感じ? そんな中で、サタスマコンビが思うことは一緒。豚の生姜焼き定食をひとつ追加注文。慎吾がいれば、全部残さず食べてくれる安心感があって注文できるのねぇ(笑) しかし、これがすごくおいしかったらしく豚だけでなく、ご飯も味噌汁もシェアするのを見て、この人たち絶対に普通に仲良いよねと思ったわ(笑) 仲良しというか・・・信頼しあって安心している感じ? 木村くんが「ライブ来たときいいじゃん」と言えば、隣の吾郎も「こういうところでいいよね」、そして剛も同意。ライブ後の食事って、スタッフが気を遣っていいところに連れて行ってくれるんだろうけど、ガッツリ食べたいときはこういうのがいいよね。

ここは、中居くんの奢り。やっぱり、こういうとき上二人がまず払ってくれるのねぇ。いいお兄ちゃんたちだなぁ。中居くんが払っているときに、最後に立って残りを食べつくす慎吾(笑) テーブルにも残飯なし。これはもしかと思うけど・・・完食コース(爆)? こういうところもSMAPは素敵。お店でUSJでSMAPの曲「Battery」とコラボしているハリウッド・ドリーム・ザ・ライドのCMが良いタイミングで流れます。お客さんのおじさんに、今から行くんだと説明すると「たいしたことないけど」とのお返事(汗) それに大爆笑する木村くんに、「使いづらいですよ、放送で(汗)」とたしなめる慎吾のくだりも最高でした。

この食べ終わった段階で、昼の二時半近く。コンビニに行くときに画面に12:33AMと出ていたから真夜中だと思ったのに、えらく外明るいなぁと思っていたけど・・・12:33PMということですよね??? 私の見解が間違っていますか(笑)? 腹ごしらえしたあとは、USJに向かうべく出発! 「らいおんハート」のBGMの中、後部座席の慎吾がスヤスヤと(笑) 「ガチ寝じゃねーかよ(呆)」という木村くんは、ずっと助手席だったのでうたた寝もできないよねぇ(汗) 案外と運転している中居くんは、それを怒らず。仲間と遊びに出ても運転していて見慣れた感じなんですかね。そして、また「らいおんハート」のBGM・・・今度は「草彅さん・・・?」とテロップが出ていますが、隣の吾郎も寝てるよ(笑) 案の定、次に「バンバカ」がBGMのときに剛にバレるというね(笑) 本当に、後部座席の三人は子供だな(爆) かわいいわ。しかし、吾郎のうたた寝はファンの間でも貴重? 観覧の方の悲鳴のような「かわいい~(笑)!」がすごかったんですがどうした(笑)?


ここで、一旦VTRを見ているSMAPがいるスタジオにカメラが戻ります。メンバーの感想は、本人たちが見てもやっぱり面白いらしい。編集も優秀だったかなぁ。吾郎の「普通のことしているのにねぇ」にはまったくだと思ったわ(笑) 中居さんの言う「日頃の(SMAPの)ポジションと似ているんだね」も納得。5人でいると、自然にSMAP内の役割分担ができちゃう感じでしょうか。

中居くんがここで、「なんにもしてないでしょ?」とさっそく吾郎弄りが始まります(笑) 「してんじゃん!」と反論する吾郎に、重ねて突っ込むかと思いきや「したよ!日頃以上に役立つ男だよ」とフォローしてくれる慎吾。どうした、慎吾(笑)? よっぽど、5人旅が大変な状況のときあったのね(爆) 吾郎は自他共に認める中間管理職だもんねぇ。予約を取ったとか具体的なことでなく、ここで慎吾が言いたかったことはそういう意味じゃないのかな。観覧のファンの方からの拍手にこそばゆくなったのか、慎吾の剛弄り(笑) そうすると今度は中居くんが「後部座席の真ん中に座れるのは草彅くんだけ」とフォロー。サタスマコンビも、この旅行で絆をガッツリ結びなおした感じです。本当にいい旅行だったのねぇ。あっ、ちなみにここまで車内以外は、キムゴロさんはずっと一緒の隣同士heart04 ここは安定すぎてスルーしてしまいそうなぐらい(笑) これ、旅が終わるまで変わりませんでした(爆)

そして、一路USJへと向かいます・・・。(やっと、折り返しです(笑))

| | コメント (9)

はじめてのSMAP5人旅スぺシャル!②

前回のレポは、出発するところまでしか書けなかったという萌えツボ満載の「SMAPxSMAP」お泊り企画。今回は、その続きから。

大阪伊丹空港に先に到着したのは、福岡から向かった中居くん。これ、気づかれなかったというか早足だし怖くて声かけられません(笑) そして、そのあとに到着する残り4人のメンバー。ほとんど素顔晒してますけど、こちらもオーラshineがすごすぎて声かけられません(笑) こういうときでも、キムゴロ、シンツヨに分かれてご到着なのがいつものとおり。きっと、席もこの組み合わせだろう(笑)

先にメンバーを空港近くのレンタカーショップで待つ中居くん。やっぱり、怖いわ。ショップの人にも、「声かけるな」オーラばりばりです(苦笑) 到着した4人と合流して、まずは誰が運転するかという最初の話し合い。慎吾に運転を薦める剛に全力で拒否の慎吾(笑) これが、スマッホトリオなら何も言われなくてもするんだろうけど・・・化け物の2TOPがいるもんね。そりゃあ、一発目は嫌だわ(笑) そのやり取りを聞いて、「じゃあ、俺がするよ」と言ってくれる中居くん。助手席に座っているのは木村くん。2TOP並び、それだけで威圧感バリバリ(笑) 

スタッフからのルールを読み上げる慎吾。

① 行き先は自由です。
② 宿泊先も自由です。
③ ただし、ちょこっと撮影しますので、それぞれ撮影許可をお願いします。

この三つだけなんですが、SMAPにとっては・・・面倒くさい(爆) しかし、この車の中の様子はどれもこれもツボだらけ。ウィンカーとワイパーの位置が逆なため(海外仕様ですか?)、間違えてしまって助手席の木村くんから指摘されて苦笑する中居くん。そんな様子をものともせず、マイペースの後部座席のスマッホトリオ。この絶妙なグループ内のバランスが美しすぎてリピが止まらんって(笑) 木村くんの「どこでも行っていいのなら・・・」という言葉に、「このまま東京行っちゃうとかねぇ」と繋げる吾郎に、「帰れるよな」と答える木村くんのわかりあった感じが最高でした。そして、「そりゃ、駄目だろ(苦笑)」と、あんなに嫌がっていたのにすでに仕事モードになっている中居くんがおかしい(笑)

まずは、コンビニで飲み物とガイドブックを購入するべくSMAPのスポンサー様であるセブンイレブンへ(笑) もちろん、ここでも撮影許可がいるわけで「許してくれるんじゃない? CMしているから」とアバウトな吾郎(笑) (まぁ、結果そうだったわけですが(笑)) 提案した木村くん自らが一人、素早く行動して店の中へ。一人じゃかわいそうだろう、誰か行けよという中居くんの「木村だったら、お前(吾郎)が行けって感じじゃない?」には納得です。当然のように財布も持たず車外に出た吾郎に、当然のように財布を笑いながら出す木村くん。ここのキムゴロさんもいい感じだったなぁ。プライベートで二人で出かけるときもこんな感じ(笑)? 車の中では、「半分面倒くさい・・・」と愚痴る慎吾、そして剛に運転確認をする中居くん。

ガイドブックから行き先を探す5人。行き先は、これまたコラボをしているユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に。ナイスアイデア(笑) というか、これはスタッフもお見通しだったか(笑) 撮影許可を取るために、木村くんが電話。「信じねーだろ(苦笑)」という中居くんもごもっともですが、まぁ、これは後でスタッフがちゃんとコンファームしたと思います。「あの・・・えっと、SMAPの木村拓哉ですか?」とか「あの・・・アイドルのSMAP様ですか?」となる先方。そりゃ、そうだわ(爆) このUSJの様子は来週放送。セキュリティ確保のため二時間後にということで、まずは腹ごしらえということで大阪なんだからお好み焼きを食べよう!と主張する剛。向かう車中で宿も選択。創業700年という有馬温泉の『兵衛向陽閣』は、剛からの「太閤秀吉に命名された湯宿」の推しもあり慎吾が選択。予約は「吾郎ちゃん、電話してみてぇ」と吾郎に。ちゃんと、SMAP内の役割って自然に決まっているんですねぇ。素晴らしすぎて笑っちゃいます(笑)

ここの電話を受け取った応対も困惑が見れて面白かったですね。お客様ですから始終丁寧なのに、「あの、「オーダー!」っていうSMAPさんの番組ですか?」には笑いました。いえ、先方さんはものすごく真面目に応対されているわけですが(笑) 5名様ひと部屋しか空いてなくて、「嫌だ、嫌だ」と駄々をこねる中居くんを押し切って吾郎が話を進め、「間違ってない」とフォローする。そうそう、中居くんが断言すると決まっちゃうので、こうやってタッグを組んで押し切らないと駄目です。春休み中でどこも満室だというもっともな吾郎の意見に渋々同意する中居くん。5人ひと部屋・・・完璧なステージが用意されましたね。やっぱり、もってるな、SMAP(爆)!

そして、SMAP御一行様は大阪は福島にあるお好み焼き屋さん『かく庄』さんへ・・・

ふぅぅぅ、これ、レポいつ終わる(笑)? まだ、宿にも着いてないよ(笑)(笑)(笑) しばし、お付き合いを。

| | コメント (9)

はじめてのSMAP5人旅スぺシャル!①

公言したとおり、今週の「SMAPXSMAP」の『はじめてのSMAP5人旅スぺシャル!』のレポを毎日少しずつレポにしていこうと思います。全部がツボ。あっ!ここツボ!とかじゃなくて、メンバーそれぞれの言動ひとつひとつ全てがツボ。本当なら、一語一句全部残しておきたいところですが、そんなことしたらとんでもないレポになるのでやめておきますが・・・慎吾の言うとおり、これDVDにして出してくれないかなぁ。今回、その言葉を聞いて中居さんが「これ?」と真顔で返していたので、案外と本当に出るかもしれないなぁと思ってます(笑) そうなればいいなぁという希望も込めて、全部の会話はレポにしません。でも、語らせて頂きます(爆) 通し番号が100とかまでいったらすみません。←それはない(笑)

 

いつもの「スマスマ」でのビストロ収録のあと、いきなり「天の声」(笑)からSMAPのメンバーが立ち去るのを止める声が・・・まずは、「結成25周年birthdayおめでとうございます!」のお祝いのお言葉。ここまでは、5人とも「何?!」みたいな感じの表情。そして、「番組からプレゼントpresentをご用意いたしました!」ときていっきに怪しむ表情に変化するのがさすがです(爆) 

SMAP5人だけで、旅行に行ってもらいますっ!

言われてすぐに噴き出す木村くん、ちょっとニヤリとする慎吾。「???」な。険しい表情になったままサッサッと引き返す中居くんを見て・・・「面倒くさいぞ、これは(汗)」となる真顔の吾郎(笑)(笑)(笑) 告知に大喜びの観覧のファンの方たちとのこの温度差(爆 そして、その様子が放送されたわけですが、ファン以外の方の中には、「SMAPって仲そんなに良くないんでしょ?」とか、はたまた「結構、仲良いんじゃないの?」とかあると思うのですが・・・この人たちはどちらでもないんです(笑) 友だちみたいに仲良しというわけではないのですが、ここぞというときにどんなグループにも負けない戦友みたいなもんなんですよね。だから、5人だけで旅行とかそういうバカンス的なことは案外心から楽しめる企画でもないわけで(爆) だからこそ、成立した企画。「スマスマ」スタッフさんたち、本当に頑張ってくれたなぁと思った。

2013年3月7日 収録日当日

WBCの公認サポーターとして福岡にいる中居くんを除く4人のSMAPのメンバーは、フジテレビでいつものように歌の収録があると聞かされて局入り。ところが、そこで待っていたスタッフから、今から大阪は伊丹空港に飛んでもらうと航空券を手渡されるというまさにゲリラ的撮影。ここも、メンバーそれぞれリアクションが違って面白かったですねぇ。

木村 - 嘘をつかれてまで空港に送り込まれる状況に、案外と怒らずにハプニングを楽しんでくれる人。
 - 一番、普通に受け入れて期待している様子のコメントを残してくれる人。
吾郎 - 本当に泊まり企画だと聞かされて素で驚く可愛い人。
慎吾 - ちゃんと嘘をついたスタッフを突っ込んで笑いを入れてくる人。
中居 - 本当に嫌な企画だったため、嘘をつかれて半ギレする怖い人。

そして、SMAP5人だけの「バカンス」が始まります。バカンスの「ス」が、アルバム「」のキャラクターなのが可愛い。このキャラクターがテロップとしてずっといい仕事していましたね~(笑) ロケ中のそれぞれの言葉は、スマスマカラーでのアンダーラインが引かれているのも親切。(中居くんと吾郎のカラーがオリジナルカラーとは逆なため戸惑いますが、もう今回だけはうるさいことは言わないでおきます(笑))

中居くんが、むっちゃくちゃ怖いリアクションだったんだけど、ちゃ~んとすぐに受け入れて楽しませる(楽しむではなくて(笑))準備態勢に入っていく背中にプロを感じた。本人、本当に面倒くせ~と思ったと思います。でも、カメラ回っているからね(笑) 番組企画としてあがった以上、のっかるのは当然。そして、この人が最後にすごいものを見せてくれたというオマケ付きでした(笑) 

数字は、ここ最近の「スマスマ」では最高の脅威の数字が出ました。正直、ファンが楽しめる番組を作ってくれるのなら、極端な話をすると、たとえ一桁でも感謝だし落ち込むことさえない。でも、今、このSMAPを見てくれた人がたくさんいたというのは本当に嬉しい。ゲストに頼らず、SMAPだけでも面白ければ見てくれる。ファンが求めていて信じていたものが証明されたようで嬉しかった。だって、普通に番組として面白かったですもんねぇ。

ほら、出発する前でこんなに長くなってしまった(汗) とりあえず、今夜は一旦切ります。もちろん、続く(爆)!

| | コメント (7)

アホほどリピする夜・・・

週末に、映画「桜、ふたたびの加奈子cherryblossomが公開されて、広末さんとご一緒に吾郎がいろんなWSやラジオに出演してくれました。どれもこれも良かったので、まとめて出しておこうかと思ったのですが、来週には放送される「SMAPがんばりますっ!」も楽しみで昨年の放送分を引っ張って見てしまったら・・・過去映像の旅に出てしまいあげられませんでした(汗) これは、もうヤバいですね。こうなると、いつ記事にできるか保障はもうないです。映画作品自体を私はまず今年観れるかどうかわからないので、ちょっと保留にさせてください。言っておきたいことは、美男美女の並びがとても素敵で、お二人がとてもいい感じだったこと。たくさんの人が観に行ってくれるといいなぁと。けっして、泣ける映画という括りにはできない不思議な作品ということで楽しみにしておきたいと思います。


そして・・・今夜の「SMAPxSMAP」。もう、駄目だよね。スマヲタは全員寝不足になるほどリピし続けたと思います(笑) これは、細かいところまで拾ってツボを残しておきたいと思う。(本当に細かいところまで) なので、少しずつ細切れにUPすると思います(笑) 皆さん、リピしたいだろうし、ブログ巡りなんてしている時間も惜しいと思うので(笑)、ちょうどいいかなと。

本当なら、今回ばかりはビストロも何もかも入れこまず「5人だけの初めての旅spa」で二時間強放送すれば良かったのに。SMAPのファンじゃない人たちも、こういう企画は楽しんで見てくれていたと思う。攻めてほしかったですね。(というか、そのほうが見ている人には面白かったと思う) まぁ、来週はUSJでの様子をじっくり見せてくれるということで楽しみにしておきたいと思います。また、寝れなさそうだけど(笑)

レポはしばしお待ちあれ。即日UPがポリシーなんだけど、今回は無理(爆)! 普通のスマヲタにたまには戻りたい(笑) 後日、必ずUPします!

| | コメント (10)

君色ラジオでいいんです

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2013年4月4日放送

今日から、オープニングのテーマソングがSMAPの「君色思い」に変わりました。懐かしいナンバーをBGMにして、吾郎が何年か振りに渋谷のCDショップに行ってきた話をしてくれます。TOWER RECORDSに行って、SMAPのCDをちゃんと売っているか見に行ったと(笑) ミュージカル「恋と音楽」をやるようになって、ジャズをよく聴くようになったらしく、ジャズコーナーで見つけたシャンティさんのCDを3枚買って帰ったそう。朝は女性の歌声がいいということで、今、一番最近の吾郎のお勧めです。

女性の歌声の話から、が歌番組でご一緒したaikoさんに「僕、aikoさんの曲、朝、いつも聞いているんですよぉ」と言っていたと。aikoさんから「朝以外も聴いてくださいよ~(笑)」と言われ、「いやいやいや、朝しか聴かないんですよぉ」と剛が話していたと口真似付き(爆) 剛の口真似は上手い吾郎でした(笑)

SMAPな時間
デンゼル・ワシントンさんが「スマスマ」のビストロにゲストで来られたときの話。pencil「最後、サインを頂いたのは衣装のコック帽ですよね?持って帰ったんですか?」という質問に、持って帰って家の中のお宝グッズの部屋に入れてあるのだとか。そんな部屋があるのね(笑) 「スマスマ」にはすごいゲストの方たちが来てくださるので、自分たちでも驚くそうです。ハリウッド俳優さんたちは、エンターテイメント性があって人を楽しませるというものが根本にあってすごいと感じると。しかし、口コミでハリウッドでは日本の番組でビストロスマップという番組があるというのが広まっているそう(笑) すごいな、「スマスマ」(笑)

新曲の歌詞の妄想のお便り(笑) SMAPもそれぞれ「Mistake!」の歌詞の解釈を話し合っていたけど、ファンもいろいろ考えたんですよね。まぁ、お便りは大胆な妄想をストレートに伝えていて、それでいて狙ったわけではないので潔い(笑) つまり、pencil「つきあう前に、この二人は寝ちゃった関係。でも、お互いが本気になってきたけど、相手の気持ちが推し量れなくて不安で一番大切な言葉が言えない。始まりの形がミステイクだったのではと考えながら聴いている」 素晴らしい解釈(爆)! 吾郎も笑っています(笑) 吾郎自身は、恋愛だけじゃなくて人生や仕事のことに置き換えられて、ミスを犯さずにいけば人生楽しいんじゃないかというポジティブな曲だと捉えているそうです。すごく、大きな解釈に広げたねぇ。私は、個人的にはどうしても恋愛以外には考えられなかったけど(笑)

noteMistake!note

メンバーとの時間

pencil「メンバーとのキャッチボールスマップを復活させてほしいです。いつもテンションの低い中居さん。逆にハイテンションの木村くん。しゃべりながら何を言おうか考えているくん。そして、いつも「オッス!おら、悟空!慎吾です」と始まる慎吾くん。(吾郎:んはっ(笑)) 5人の番組から吾郎さん単独の番組にもなっても「ストスマ」なんだから、4人から吾郎さんへのメッセージとか聞きたいです」

吾郎 「僕じゃ、物足りないとか言うんでしょうかねぇ(笑) (スタッフ:そんなことない(笑)←思わず、珍しく大きな声になってしまって焦るスタッフさん(笑)) この方、特徴捉えてますねぇ、メンバーの。これ、毎回、毎回考えるの大変だったなぁ、メンバーへのキャッチボール。皆も大変だったと思うよ。だって、自分がキャッチボールで投げたいこととか聞きたいことだけじゃなくてさぁ、やっぱりファンも楽しめるような質問もしなきゃいけないじゃないですか。木村くん、上手かったですね、さすがに。中居くんとかわけわかんなかったですよね。あはっ(笑) 慎吾くんは、なんか・・・パパパッてやって急いでいる感じがしましたよねぇ」

この前に、剛はキャッチボールだけじゃなくて基本的にいつも何も考えずに話しているとか言ってましたが(笑) 吾郎、そんなに考えながらキャッチボールのメッセージを残してたんだ・・・そのわりには、いつも無難なメッセージだったよね(笑) 別にリスナーのことなんて考えなくていいのに。木村くんはまだしも、中居くんあたりはどんなメッセージがきても話を広げろってことだったと思うよ(笑) メンバーそれぞれへのメッセージなんて、毎回そう考えつかないというのはわかるので。

キャッチボールがなくても、今、この番組でいつもメンバーの話をしていると強く主張する吾郎。そう思います。レポしていると、本当に毎回メンバーの名前を万遍なく出してきているのがすごくよくわかるので。一年前のファンのお願いをちゃんと覚えてくれているんだなぁって思いながら聞いている。でも・・・メンバーの話を聞きたいのはもちろんですが、生の声でのやりとりってまた違うんですよね。お便り出された方もそれが言いたかったんだと思う。「ストスマ」で吾郎が話していることは今までどうりで充分すぎるぐらい楽しませてもらっているので。もっと、自分語りしてもらってもいいぐらいですもんねぇ(笑) 他のメンバーのファンの方たちには、自分のワインwineの薀蓄なんて聞きたくないだろうと言っていましたが(笑)、単独ラジオになったんだからそこは自由にしてもいいと思う。合間にメンバーの話をたまにしてくれればそれでいいので。

吾郎も言っていたけど、他のメンバーのラジオより断然メンバーのこと話してくれていると思います。もとが全員の「ストスマ」であったというのも確かにあると思うけど、吾郎がいつも念頭に置きながら話しているからですよね。そこは、ちゃんとわかってるよー(笑) 誰も、吾郎のラジオはつまらないからキャッチボールスマップを復活してほしいと言っているわけではないことが伝わっていればいいなぁと思います。

ビストロで話題にあがったくんと京都で食事の約束があったけど流れたというエピソードを聞いて・・・pencil「実現できなかったけど、近いうちにリベンジできそうですか?」という質問。そして、また、剛の口真似(笑)(笑)(笑)(笑) 後日、楽屋で剛に京都で一緒に食事できなかったねという話をしたら、「あぁ、そうだったね!」って、さも、そのときに約束を思い出した感じで驚いたのだとか(笑) いや・・・ただ単に、剛の言い方の問題じゃないかと思うのですが(爆)

イケTELスマップ
お誕生日を迎えられたすぐで24歳の吾郎ファンの方。保育士をされているという落ち着いた感じの、吾郎ファンらしい方でした(笑) しかし・・・なんで、最近、吾郎は電話で相手が話している途中で被せて話すようになったんだろう(苦笑) 聞いていて、ちょっと心地悪くなるときがある。もっと、ちゃんと最後までファンのお話を聞いてください(爆) あまり話せない方には、助かるとは思うんですけどね。さらに、リクエスト曲を吾郎が決めちゃうし。なんなの、吾郎(笑) もう、面白いなぁ・・・。

noteずっと忘れないnote

「五六二三」(吾郎文)
ドラマ「信長のシェフ」で明智光秀役を吾郎が演じたということで、「恋と音楽」大阪公演のあとに京都の本能寺に行かれたというお便り。pencil「何度か火事になっているので、火を避けるために「能」のかたわらが「去る」に変わっていたのが興味深かったです」 これですが、ラジオで聞いたときは何のことかさっぱりわからなかったので調べてみました。つまり、「本能寺」の「能」という漢字の右側「ヒ」2つが「去る」の「去」という字に替えられているんですね。理由としては、本能寺が何度も焼き討ちに遭っているため、「『ヒ』(火)が『去』る」という意味で変更したという説があるそうです。

ちなみに、共演した玉森くんはシャイで甘えてくる感じでもないので、あまりじっくり話す機会もなかったけど、次回共演するときはもう少し仲良くなりたいということでした。明智光秀は、監督から「北斗の拳」の雲のジュウザみたいに飄々と演じてほしいという指示があったそう(笑) それなりに自分でも光秀の知識を入れて臨んだようですが、演じていて楽しかったと。しかし、相変わらず事前準備は怠らない吾郎さんですね。素晴らしい(笑)!

noteBatterynote

| | コメント (6)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »