« うさぎさんとマトリョーシカ | トップページ | 画家か?バカか(笑)?! »

TAKE FIVE ★TAKE 2★

今回のストーリーは、ビジネススクールの経営破たんによる受講者への未返金事件を軸に、初回で正義たち「TAKE FIVE」が盗もうとした東都銀行のデータをめぐる伏線が入っていたわけですが・・・ここに、吾郎演じる櫂くんの「TAKE FIVE」への加入という流れが非常にうまく盛り込まれていましたよね。

つっこみたいところは今回もありますよ~(笑) でも、このドラマってなんだかアメコミのようなセンスで創られていて、とりあえず一話の中でしっかり筋道が通っているのであまりそこは気にせず見ていられます。そして、キャラクターが全員それぞれとても魅力的。これは、すごく大事だと思うのです。どのメンバーが欠けても困るぐらい、それぞれの役割があってキャラ立ちが非常にしっかりしているのが大きいですね。なので、多少のことは目を瞑れます(笑)

今回、櫂くんのキャラクターが非常に手に取るようにわかりやすかった(笑) この人、こういう人なんだ!っていうのがとても楽しく描かれていた。なので、今回は、ストーリーはもう見てもらったら一目瞭然なので、そのあたりを深く掘り下げたいと思います。

岩月櫂のキャラクター

・ とにかく整理整頓好き
盗品倉庫に左遷されてもとくに落ち込むこともなく、それよりも乱雑に置かれた盗品と掃除が行き届いていないのが堪えられない。埃をひとつ拾おうとしたら、その周りも埃だらけだと気づいてしまい、掃除用具入れに向かえば雑巾が汚かったり。そうやって突き詰めていったら、結局は隣の建物まで掃除してしまうはめになるって・・・どんだけ(爆)! 家庭に櫂くんのクローンが一体ほしい(笑)

・ なんでもきちんとしたい性質
訪問した正義の教授室でも整理整頓。騙されて渡されたビジネススクールの不正帳簿を見てしまうと、そこに眠る不正金額をつきとめないと気がすまない。協力しようなんてこれっぽちも思わないのに、やらないと自分自身が気持ち悪い。警察の会計係ではなくて、会計事務所にでも就職したほうが能力を発揮できたのではないかと(笑)

・ 案外と臨機応変
左遷されても、自分の思う信念が貫けるのなら場所はいとわない。警察という立場ながら、面白いと思ったら泥棒の一味にもなれる。でも、そこに「正義」がないといけない。もし、「TAKE FIVE」がただの泥棒だったのなら、櫂くんはけっして加入しなかっただろう。

正義から「TAKE FIVE」の意義が「愛」だと聞かされて、それは何?と思いながらも自分なりにその意味をちゃんと考えることができる、結構と人情がある人だと思っています。冷たく感じるけど、人に対して嫌なことはしない人。正義がビジネススクールの隠し財産を全て被害者に返金すると聞いたときも、最初驚いていたけどその正義の信念に共感したからこそ一緒にやることを決意したと思うので。「愛とは?」「泥棒って100%悪なのか?」とか、一人ぐるぐるに考えを思い巡らせてしまう可愛い人でもあります(笑) きっと、正義が率いる「TAKE FIVE」に入ることで、櫂くんは少し変わっていく気がする。

いやぁ~、とにかく萌えキャラheartだわ(笑) このドラマに参加できて本当に良かった。唐沢さんや他の共演者の方たちと、一緒にお仕事ができて本当に良かった。萌えキャラという以外にも、きっと吾郎の役者としての実力がこのドラマでまたひとつレベルUPしたと思う。(すでにクランクアップなので(笑)) 

そして、ドラマでは、ホームレスの女性は正義の父と何か関係があったのかな。まだまだ、謎は残っています。最後の「TAKE FIVEに乾杯!」でも、それぞれのキャラ立ちが伺えた。正義はミルク、晴登はショットで南はウィスキーなのかな? 均がビールで・・・そして、櫂くんはワインwine(笑) そういう細かい設定も好みです。今後の展開にも期待できそうですね。

|

« うさぎさんとマトリョーシカ | トップページ | 画家か?バカか(笑)?! »

コメント

kazuyoさま、こんにちは。
たびたびコメントしたらお忙しいkazuyoさんに返信の負担をかけてしまうかな、と思いつつ、コメントせずにはいられないこのドラマ!
岩月さん、いいですねぇ。真面目で潔癖症なキャラをコテコテに演じるとわざとらしさが漂うのでしょうが、吾郎はサラっと演じていて、クールさとコミカルな部分のバランスがとってもいい。こんな役をやらせたら吾郎の右に出る人はいないかも?
普通ならまだ「心療中」の余韻に浸っている時期なはずなのに、吾郎は私たちにそんな暇を与えてくれませんね。
そして、ついに解禁になった「おしん」。
初見は職場のPCで音を消して動画を観たので、最初はアレが吾郎とはわかりませんでした。
あれ~?吾郎は映ってないのかな?と思ってリプレイして、「もしやコレか!?」と静止画像をまじまじと見て、やっとわかりました(汗)
ファンの中には「小汚い吾郎は見たくない」とおっしゃる方もいるようですが、私はどんどんやって欲しい派です。王子様も浮浪者もなんでもこなせる役者になって(既になってますが)私たちをビックリさせて欲しいです。あぁでもどんなに汚いカッコしても、スタイルの良さは隠せませんねぇ。

投稿: keiko2号 | 2013/04/29 15:26

Kazuyoさんこんにちは!
TAKE FIVE最高です!!櫂くん超素敵ですvv
なかなか良いキャラクターですよね(笑)憎めないどころか愛らしいキャラクターになってきました♪
「なんでもキチンとしたい性質なんで」という台詞がすでに定着しつつあります(笑)
Kazuyoさんの考察は凄く楽しんでいるのですが、ちょっと私の考察を僭越ながら申し上げますと(笑)、櫂くんが言った「隣のビルの掃除」とは、今現在掃除してキチンとしたい=警察内部の裏金?ことがあるが、それをしようとしたらまた別の掃除しなければいけないことができて、結局のところ目的とは違う場所の掃除をしてしまっているということではないでしょうか?全くの想像ですが(汗)
あ、私この度吾郎ちゃんの舞台に初参加します!!
初めての舞台に、初めての遠征です!
去年去年コンサートチケットを譲って頂いたごろ友さんと参加します。初めてなのでものすごくドキドキしていました(笑)
長くなってしまってすみませんでした!

投稿: 飛鳥 | 2013/04/29 16:57

 Kazuyoさん、こんばんは。次から次へのレポの更新ありがとうございます。とても楽しませていただいてます!
 どの番組の吾郎ちゃんも文句なしの麗しさとかわいさと、かっこよさとですが(笑)櫂くん、よいですね。ドラマの内容もとても面白いし、キャラクターがきっちりしていてベテランはベテランらしく、若手の方はういういしく演じていてバランスがとれていると思います。思わずノベライズ買って読んでしまいました。ますます楽しみです。
 もう吾郎ちゃんの役者のお仕事が続いていろんな顔を見せてもらえて幸せです。舞台のチケットも無事にゲットできて、ポスターの”かっこよさにクラクラです。動画は残念ながらまだ見れてないのですが。[おしん]のお父さん、以前のものを少しはみていたので、びっくりしましたが、吾郎ちゃんのことですから、役者としてどんどん突き進んでいる姿を楽しみに待ちたいと思います。

投稿: maako | 2013/04/29 23:02

こんばんは。年度末から年度初めの仕事の忙しさで目が回っていました。忙しいのはkazuyoさんも同じでしょうのに、こまめな更新に頭が下がります。
岩月君、ここしばらくの吾郎ちゃんの役の中でも、ダントツのキュンキュン具合です!天間先生は、萌えと言うより、芸術作品のような美しさにため息でしたが、岩月君は、もう、こんな吾郎ちゃんが見たかった!という萌えの塊です。学校の廊下の割れた窓ガラスをチラリと見て歩く一瞬の目つき、眼鏡を直す指、オレンジの夜景の中の表情や、いつもとは逆方向に乱れた前髪!岩月君の「ふーん」という言い方が大好きで。あの軽く息が抜ける感じで抑揚のない声が素敵で…そこだけをリピしてしまいます。

ところで、「となりのビルの掃除」と言っているのは、つまり2話で狙っていたデータは、あくまで本当の狙いを掃除しようとしていて見つけてしまったホコリ、なんでしょうか。実はまだ岩月君にも謎があるんでしょうね。これからもまだ活躍の場がありそうで…楽しみです!

投稿: susu | 2013/04/29 23:57

「TAKE FIVE」実に面白い作品ですね。Kazuyoさんがおっしゃるように全員のキャラクターが良いですね。主役から脇役までピッタリです。そして我らが「岩月櫂くん」!こんな役柄を吾郎ちゃんにやってもらいたかった。ドストライクの役です。眼鏡も潔癖症もちょいキレも良いですねlovely一番は本人は普通にやっているのになぜか笑いを誘うコミカルな所が可愛くて、今回は自問自答している所や挙手してしまう所は萌えツボに嵌ってしまいました。期待はしていましたが楽しくて毎週楽しみが途絶えませんね。櫂くんがTAKE FIVEの一員ながらもう一つの事件を追っていくのも楽しみですね。

投稿: ピカチュウ | 2013/04/30 00:41

nightkeiko2号さん
いえいえ、ブログにコメントを頂くのはブログを書いていて一番嬉しいことなので。その日にレスできないときは、翌日にさせて頂くことも(稀に(笑))あるので大丈夫ですよ。クールなキャラを演じられる人はたくさんいると思うのです。でも、こう二次元っぽいまさしく漫画から抜け出してきたようなキャラクターそのままを演じられるのは、独特な雰囲気を纏っている吾郎しか出せないカラーですよね。ここは、もう他の追従を許さないと思っています。映画「おしん」の最初の吾郎の父親役の画は衝撃は衝撃ですよね(笑) でも、ひと呼吸おいてから「これはすごいぞ」と。今朝、メイキングの様子も少し流れたようですが、もうなりきってますから期待してもいいのではないでしょうか。私も、keikoさん同様に40代に向けて吾郎には本当の意味でいろんな役に挑戦していってほしいと思っているので、それが世間に受け入れられるか、結果が出るのかは二の次で前に進んでいってほしいと思います。確かにスタイルの良さだけはどうにもならないので、そこは演技力でカバーしてもらいましょう(笑) やってくれると思っていますよ。


night飛鳥さん
櫂くんのキャラはいいですよね~。正義の「愛だよ、愛」と同じぐらい、櫂くんの「なんでもきちんとした性質なんで」が何度も出てくるのがおかしくって(笑) 櫂くんの「隣の建物の掃除」発言の件ですが・・・瑠衣さんが「何しているの?」と櫂くんのPCを覗き込んだときの、櫂くんのコメントはまさしく飛鳥さんがおっしゃるとおりだと思うのですが、最初に飛ばされた件で二人が話してるのは整理整頓の意味だと捉えたのですが(笑) ここがあって、二度目の「隣のそのまた隣の建物の掃除」の台詞がいきてくるのかなぁと。どうなのかなぁ、最初も彼の裏の意味だったのか・・・人によって捉え方が違うかもしれませんね。櫂くんが「TAKE FIVE」に加入したのは、本文で書いた理由とは別に東都銀行の裏金の真実をつきとめたいのも理由でしょうね。彼らと一緒に行動していれば、いつかそのデータが手に入るという可能性が大きいと思ったのかなぁと。でも・・・きっと、一緒に仕事をしていく上でそれだけじゃないものが生まれる気がしますが(笑) 吾郎の舞台をこの6月に初めて観劇されるということで楽しんでくださいね。初めての吾郎の舞台がこの演目(笑) 幸せものだと思いますよ~(爆)


nightmaakoさん
ブログの怒涛のレポを読んでくださってありがとうございます(笑) もう、即日UPがさすがにだんだんできなくなってきました(汗) 今夜も「スマスマ」のレポが書けません(笑)! ものすごく書きたいところがあるので(皆さん、もうわかっていると思うけど(笑))、必ず明日UPしますのでまた見に来てやってください。櫂くんはもちろんですが、「TAKE FIVE」のキャラは全員いいですよね。それぞれ、ちゃんと愛しきキャラクターに描かれていると思います。ノベライズ本は、ドラマで描ききれなかったところもあると聞いたので、できれば(できればですが(笑))ドラマ放送終わったあとで読まれたほうがいいのではないかなぁとは思いますが、手元にあったらついつい読んじゃいますよね(笑) この櫂くんのキャラに萌え、舞台のトーマスくんに想いを馳せ、そして「おしん」の父親役に期待したいと思います。きっと、ものすごく吾郎は楽しんで役者の仕事をこなしていると思うので。私も楽しみです!


nightsusuさん
こちらこそ、いつも読みにきてくださってありがとうございます。楽しんで更新させてもらっていますので、そんなもったいないお言葉(笑) 吾郎が演じるキャラクターで、それぞれ萌え方が異なるんですよね。「心療中」の天間了には、そのキャラクターそのものというより演じている吾郎の役者としての力に引っ張られて萌えていました。今回の「TAKE FIVE」の櫂くんは、キャラクターそのものに萌える(笑) それだけ、吾郎が上手く演じてるわけですが。そうそう、あのビジネススクールの割れた窓ガラスの修理跡を見ていた櫂くん、私も気になりました(笑) 「僕だったら、もう少し丁寧にやるのに・・・」とか思ったんでしょうか。「ふ~ん」「へぇ・・・」もいいですよねぇ。ちょっと笑みを含んだ皮肉っぽい言い方で。ゾクゾクするわぁ(笑) 「隣の建物の掃除」ですが・・・susuさんが言われる「2話で狙っていたデータ」はどちらのことを言われていますか(笑)? 基本、東都銀行の不正データが欲しかったのに、スクールの不正帳簿データを掴まされて「掃除」しているということですよね? 東都銀行の不正には、間違いなく警察が絡んでいると私は思っています。今後も楽しみですね。


nightピカチュウさん
「TAKE FIVE」のそれぞれのメンバーと絡む櫂くんはもちろんもれなくおいしいのですが、私は実は瑠衣さんとのちょっとしたコーヒータイム(瑠衣さんだけですが(笑))のシーンもすごく好きです。彼女、ものすごく肩肘はって警察で優秀な女性刑事みたいなのに、なぜか櫂くんの前では愚痴ったり本音を話したりしているんですよね。ああいう強い女性は、櫂くんのように聞いてくれるだけの人に癒されるのかもしれないなぁと思いながら見ています(笑) 桃李くん格好いいけど、彼とのキスシーンで引っ張るより櫂くんとくっついちゃえばいいのに(爆) 年齢的にもこっちのほうが普通じゃないですか(笑)? まぁ、この二人のキスシーンとかは想像できませんが(笑) いろいろ伏線を含みつつ、東都銀行と「ルクレツィアの肖像」の本筋は最後まで引っ張る感じでしょうか。今後の展開がワクワクしますね。

投稿: kazuyo | 2013/04/30 08:52

Kazuyoさん、こんばんは。新年度から忙しくて自宅のパソコンから離れてましたが、吾郎ちゃん出演の映画「おしん」の発表や新曲「joy!」の発売、雑誌のオンパレードなど仕事と両立するのに必死です(苦笑)でも嬉しい事です。「takeFIVE」いよいよ岩月くんが仲間になりましたねhappy01岩月くん、ミステリアスかと思えば可愛いところもあってはまり役ですよねhappy01いまからどんな活躍になるのか楽しみです。あっ、凄い遅れてしまいましたが、「USJ」最高でしたね(笑)中居くんの「めぐみ」ちゃんは親戚の方でしょうかなんか気になりました。ジェットコースター私もダメなので、吾郎ちゃんが本当に気分悪そうで心配でした。でもみんな5人全員が少年に戻ったみたいで笑顔の5人見てるだけで仕事の大変さも忘れられます。絶対吾郎ちゃん情報も仕事と両立させて頑張って追いかけていきたいです明日から休みなので吾郎ちゃん情報整理したいと思います(笑)

投稿: さおり | 2013/05/03 01:00

nightさおりさん
相変わらずお忙しいようで。やっと、休暇に入られるということなので、溜まっている吾郎出演番組を楽しんでください。もう、ちょっとひと休みしていたら追いつけないぐらい吾郎のお仕事が半端ないです(汗) ありがたいことだけど、吾郎もファンも忙しい(笑) これで、舞台のチケットを取らなければいけないのも重なって、本当に皆さん番組を見る時間がないのではないでしょうか。大変なあとには萌えが待ってます。映画も舞台も、そしてこの今放送されているドラマも本当に楽しみですね。「スマスマ」5人旅での、中居くんが電話したメグミちゃんですが(笑)、おそらく大阪にいる親戚の女性なんでしょうねぇ。「ヒロちゃん」って呼ばれているのが可愛いですよねぇ。中居くんって、中居家では一番末っ子なんだよなぁって改めて思いました。慎吾の言葉じゃないけど、可愛がられて育ってきた人だと思います(笑) 吾郎のスパイダーマンは、本当にかわいそうなぐらい怯えていたけどバラエティ番組におおいに健闘してくれました。拍手ものですよね。ジュラシック・パークを拒否するするのも仕方なし。削除依頼つき(笑)のお伺いは了解しました。

投稿: kazuyo | 2013/05/03 04:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うさぎさんとマトリョーシカ | トップページ | 画家か?バカか(笑)?! »