« 相棒でも刺客でもなく??? | トップページ | 稲垣吾郎舞台『ヴィーナス・イン・ファー/VENUS IN FUR』においてのお知らせ »

TAKE FIVE ★TAKE 1★

順番からいって、「がんばり」のレポをあげたいところなんですが、とにかく一人一人のVTRに一日かけてまして(笑)なかなかUPできません。よって、やはり始まったばかりの吾郎出演ドラマ「TAKE FIVE ~俺たちは愛を盗めるか~」から感想をあげておきます。


ストーリーとしては、主演の唐沢寿明さんが演じる帆村正義が、昔「TAKE FIVE」なる窃盗団の一員だったことから、新しく5人のメンバーを率いてチームを復活させる話が根幹。そこに、いろんな要素が加わって、人間関係も複雑に絡み合ってくるのが面白いところでしょうか。

「TAKE FIVE」のメンバーがそれぞれ、表の顔があるのも面白いですよね。帆村は、大学の心理学の教授。新美晴登(松坂桃李)は、警備会社の社員。南真一(六角精児)は、病院の薬剤師。火岡均(入江甚儀)は、重機会社の社員。そして、後ほどメンバーになるであろう岩月櫂(稲垣吾郎)は、刑事。それぞれが、自分の表の顔である職業を裏の顔である窃盗団としての役割に貢献するというのも興味深い。

一話完結でありながら、ストーリーは最後まで繋がりがあるということで、それが東都銀行の担保倉庫にあると言われるダ・ヴィンチの名画『ルクレツィアの肖像』。今では盗みからはまったく離れた生活をしていた帆村をけしかけるのが、謎のホームレス役を演じる倍賞美津子さん。この女性は、帆村が昔、窃盗団「TAKE FIVE」の一員であることをなぜか知っている。そして、もう一人の女性、笹原瑠衣(松雪泰子)は「TAKE FIVE」を追い続けている刑事で岩月と同僚。彼女の父親は、同じ警察官で窃盗団「TAKE FIVE」が関わった事件で殺されているんですね。そのため、彼女は盗みをする人間を憎み許さない。これで、メインのキャラクターの関わりが全て出揃ったところで、話が進みます。

テンポも良く、笑いも盛り込んで非常にスタイリッシュなドラマだと思いました。キャストがいいですよねぇ。全員、とても役柄に合っているし上手く演じていると思います。とにかく、ドラマは脚本が良くないと、いくら良い役者さんたちが出ていても駄作になるのですが初回はなかなか良かったと思います。あとは、吾郎演じる岩月櫂がどれぐらい活躍してくれるかで、私のテンションがあがるわけですが(笑) 初回の中でわからなかったところが二点。晴登がGPSを設定して帆村の動向を伺ったのはわかったのですが、岩月がどうしてそれを見れていたのかわからなかった。ここは、すでに発売されているノベライズ本を読まれた方に、本には岩月がPCでハッキングしていたらしいと聞きました。これは、ノベライズ本の購入は必須ですよ(笑) あともうひとつは、最後に帆村の携帯に『ルクレツィアの肖像』の画像が送られてきましたが、誰が送ったのか? そして、なぜそれを見て「TAKE FIVE」を続ける気に帆村がなったのかがわからない(苦笑) 私の見方が甘いのだろうか(笑) 最大の謎は、なぜ帆村がそこまでこの『ルクレツィアの肖像』にこだわるのか。これは、ドラマが進むにつれてわかってくるんでしょうかね。

稲垣吾郎ファンとしては、もう、櫂くんのキャラがものすごく萌えキャラheartで(爆) 実は、この吾郎のパブリックイメージ的なクールな役どころは、最近では久しぶりなんですよね。だから、ものすごく楽しみにしています。そこに、ちょっと潔癖症で几帳面という性格が加わり、謎の部分も持っているとなったら萌えないほうがおかしい(笑) そして、吾郎自ら選んだという眼鏡が、非常に吾郎に似合っていて素敵ですよね~。櫂が「TAKE FIVE」にどう参加するのかも見ものですが、個人的には左遷された盗品倉庫での香川刑事(阿部進之介)との絡みも楽しみにしています(笑) 吾郎は、男前で背の高い人との画が似合う(笑) 

初回がすごくよくできていたので、次回からも期待したいと思う。金曜日の夜が楽しみになりました。

|

« 相棒でも刺客でもなく??? | トップページ | 稲垣吾郎舞台『ヴィーナス・イン・ファー/VENUS IN FUR』においてのお知らせ »

コメント

kazuyoさん、こんにちは。
TAKE FIVEの感想楽しみにしてましたhappy01
初回とても面白かったです。 テンポが良くて、ワクワク感が最後までずっと続いてTVに釘付けでした。 出演者も好きな俳優さんばかりなのですが、みんな個性的なキャラにしっかり仕上がっていましたね。セリフの掛け合いも面白いし、小物の使い方も上手いですね。 劇中歌の使い方もお洒落で、うちは母娘でJUJUさんが好きなので、テンション上がりました。 
私は機械に疎いので、岩月はハッキングしてるんだと何の疑いもしなかったです。(そもそもハッキングがどういう物かわかっていないので、何でも出来ると思っています(笑)) 最近の刑事ものではハッキングは必須です(笑) ただそれをやってる人がそれらしく見えるかどうかが問題ですが、吾郎ちゃんしかっり見えましたよ~ ストスマでPCが無くなっても全然困らないと言っていた人には見えませんcoldsweats01
唐沢さん、六角さんも流石ですし、松坂くんや千葉くん、入江くんもそれぞれ魅力的でした。
25分拡大でしたが、あっという間でしたし、初回で全員揃わないのも良かったです。次回吾郎ちゃんがTAKEFIVEに参加するまでの唐沢さんや松坂くんとの絡みしっかり楽しみたいです。
お洒落でクスッと笑えてスカッとする金曜の夜にピッタリなドラマだと思います。
吾郎ちゃんのキャラ良かったですheart02 ここまでクールな役はホントに久しぶりですね。他の人と会話してても独特のほんの少しの「間」のせいか会話してるだけでなんだか面白い! ハッキングしてるシーンではカッコイイと思いきや、停電した時のリアクションがなぜか笑えるという吾郎ちゃんならではの新しいキャラのような気がします。
早く吾郎ちゃんの泥棒スタイルを見たいです。絶対に吾郎ちゃんのスタイルが生かされる衣装ですよね~ 今週も金曜が待ち遠しいですhappy01

投稿: さっぴぃ | 2013/04/22 10:48

Kazuyoさんこんにちは!怒涛の更新お疲れ様でございます(笑)いつも楽しく読ませていただいております。
TAKEFIVE始まりましたね!私はもう待ちきれなくて、ノベライズ本を購入してしまいました(笑)ドラマでいうと第5話までの話が載っていて、吾郎ちゃん演じる岩月櫂がどのようにTAKEFIVEの一員になるのか、今後TAKEFIVEでどのような活躍をするのかを把握しています。小説を読みながら吾郎ちゃんはどんな風に演じるのだろうとワクワクして放送を待っていました。
もう一話目で岩月櫂くんの虜ですよ(笑)格好いい~vvホントああいった役が似合いますよね!
今後の若干のネタバレ(笑)として、第4話が早く観たいです。小説で読んで早く動く櫂くんで観たい!となりました。
このままストーリーもしっかりしてくれるでしょうから、本当に今後の展開が楽しみです!早く金曜日になれ!!

投稿: 飛鳥 | 2013/04/22 12:57

「TAKE FIVE」始まりましたね~「心療中」に続いてまた吾郎のドラマを見られる贅沢に吾郎さんありがとうです!
もっとクールなドラマかと思っていましたが程良いゆるさもあって見やすいですし良いですね。毎週楽しみです。
吾郎に関しては脚本家の櫻井さんが吾郎のイメージで創り上げた岩月がもう素晴らしく、特に今の細身吾郎と相まって素敵!!一般視聴者にも吾郎のキャラクターは概ね好評のようですし、一回は出番こそ多くなかったものの存在感は抜群でした。大変な時期の撮影だったはずですがなんだか楽しそうにみえました。
Kazuyoさんと同じ所が謎だったのと岩月がいきなり左遷されたのも謎ですがその辺りもこれから解明されていくのでしょうか?毎週萌えましょう~(笑)

投稿: 流星 | 2013/04/22 16:48

dollarさっぴぃさん
細かいことを言うと、実はつっこみたいところもあるにはあるんですよね(笑) でも、そんなこと気にならないぐらいテンポ良く進んでいたので楽しめた方が多いのではないでしょうか。連ドラの初回は、メインの人物を紹介するべくストーリーが散漫になることがあるのですが、この点はものすごく上手く入れ込んできたと思います。まったく違和感なく、スムーズにストーリーと織り交ぜて全員のポジションが把握できたので。JUJUさんは特別出演で今回だけだと思ったのですが、今後も少しBARのシーンでは歌声を聴かせてくれるのかな? それも楽しみですね。ジャズがBGMというのが、このドラマのお洒落感を引き立たせています。最後の櫂くんの動向ですが、ハッキングしているんだろうなぁとは思ったのですが、そこに行くまでの過程がまったく描かれていなかったのでちょっと突飛な感じがしたんですね。職業がSEとかならわかるのですが、ただの刑事ですから(笑) そんな才能があるんだと驚いたというか。ちょっと説明不足かなぁとは思いました。でも、それぞれがとても魅力的なキャラなので、あまり細かいところまで目をやると楽しめなくなるので愚痴るほどではないです(笑) しかし、櫂くんは素敵ですよねぇ。いつもあんなにクールな感じなのかな? 停電でデータが取り込めなくてキレていましたけど、それさえも素敵だったわ(笑) 萌えキャラだと何しても許せる(爆) 彼は他のメンバーのように、窃盗ユニフォームを着ることがあるのかな? ハッキングの才能があるところを見ると、参謀役で表にはあまり出てこないような気がするんだけど・・・確か、TV誌にもスーツ姿のままアクロバット状態だったような(笑) とにかく、今後が楽しみなドラマではありますね。


dollar飛鳥さん
ノベライズ本をすでに読まれたんですね。私も購入して日本の実家にあります(笑) 今出ている本はドラマの第5話あたりまでが掲載されているとのことですが、読み出したらついつい読んじゃいますよね(笑) なになに?第4話の櫂くんが素敵とな? それは、楽しみにしておこうと思います。ドラマの中で岩月櫂の年齢は35歳なんだけど、大学生に間違えられることもあるという設定がノベライズにあるとか? 吾郎なら充分39歳でもOKですよね(爆) 初回は、あまり出演時間はなかったですが、ちょっと出てくるだけで相変わらずインパクトがあって存在感を残していく吾郎。次回は帆村との対決がある感じなのでもう少し出番があるでしょうか。いい奴なのか、悪い奴なのか・・・TAKE FIVEのメンバーになるからには、晴登と同じでギブアンドテイクが生じるとは思うのですが、信用できる人間なのか目が離せませんね。このすごいキャストの中で、吾郎がエンドロールで「トメ」になっています。これはものすごいことですので、吾郎ファンは誇りに思ってください(笑)


dollar流星さん
役者のお仕事が続いてると、ファンとして充足感が続きますね。作品の良し悪しによって満足感が得られるかどうかというのがポイントなんですけど、ここ最近の吾郎に与えられた役柄は、「稲垣吾郎でなければ」というのが多くとても楽しませてもらっています。これで、舞台の上でも役者の吾郎を見させてもらえるのかと思うと、本当にファン想いの方だなぁと。(いえ、吾郎は自分自身のためにしっかりお仕事をされているのですが(笑)) このドラマの岩月櫂というキャラクターも、吾郎さんに是非!という期待をしっかり受け止めて演じていると思います。昨年末から、SMAPのお仕事はもちろん、役者のお仕事だけでものすごく忙しい吾郎。それでも、いろんなところで「楽しみながら演じている」とはっきりとコメントしてくれているのが嬉しいです。櫂くんが左遷されたのは、東都銀行の汚職が警察と癒着しているのかなぁと思いました。櫂くんが調べ続けると警察側にとっては非常に都合が悪いので、そんな必要のない倉庫に回されたのではないかと。ここも、また今後出てくると思います。いろいろ伏線もありそうで楽しみですね。

投稿: kazuyo | 2013/04/23 04:58

kazuyoさま、こんばんは。
TAKE FIVE、面白かったですね。確かに突っ込みどころもチラホラありましたが、それほど気になることもなく、楽しく観れました。
そして我らが岩月の存在感ったら・・・!出番はそう多くないのに、強烈な印象が残りましたね。
私が一番好きな場面は、盗品倉庫に左遷されて段ボールを抱えて現れるシーンです。スーツをビシッと着こなしたとびきりいい男が、無表情で段ボールを抱えて突っ立っているシュールさ。セリフもなしに観る者をくすっと笑わせるのはとても難しいことだと思うのですが、さすが百戦錬磨の吾郎さんですね!
今年に入って吾郎の演じたキャラをこれで5人観たことになるのですが、そのどれも1ミリもかぶっていませんでした。吾郎の役者としての奥深さを感じますね。
そして、6人目のキャラのチケットを本日ゲットしました!イヤッホイ!ネットで見かけたトーマスのお姿、あぁもう悪魔かと思うほどの美しさでした。岩月とトーマスを心に飼って、6月末まで生きようと思います(笑)

投稿: keiko2号 | 2013/04/23 22:45

Kazuyoさま

テンポも良く、金曜日の夜を過すのに楽しみが一つ増えたようなドラマの内容でした。桜井さんの脚本のドラマは好きで、今までにも「相棒」「科捜研の女」などは見ていたので今回のこのドラマは、最初から期待していました。岩月櫂も随分前から吾郎に合わせてキャラクターを考えて下さっていたと聞いていましたし、頭がずば抜けて良いが変わり者で周囲からは疎んじられているという人物像は「相棒」の右京さんもそうなので、桜井さんの好みなのかもしれないと、そちらにも興味を持ちました。「相棒」にも岩月彬というサイバー犯罪対策課専門捜査官がいて同じように眼鏡をかけているのでご親戚?と思ってしまいました(笑)

「Take Five」の吾郎は期待どうり圧倒的な存在感と安定した演技で魅せてくれました。桜井さんが岩月を吾郎にと考えてくださったのはどうしてかなと思っていたのですが、映画「催眠」のPでいらしたのですね。そこにもとても深いご縁を感じ嬉しくなりました。公式のメッセージをスタッフは読むのを楽しみにしているそうなので、岩月櫂と番組の応援、感想は随時出そうと思っています。映画を思わせるような作りにもなっているので、映画化も考えているのでしょうか。何はともあれ今後の岩月の活躍に期待大です。

投稿: さやか | 2013/04/23 23:45

dollarkeiko2号さん
もう少し核心に触れてくるかな?とも思ったんですが、初回はとりあえずそれぞれのキャラクターの位置をはっきりさせることが大事なので、それを考えたら今後の鍵となる部分も入れ込みアクションも笑いも盛り込んでいて上手くできていたと思います。かなりの合格点じゃないでしょうか。なにしろ、今後の続きが楽しみですよね。あぁ、私も盗品倉庫に左遷された櫂くんのシーンはとっても好きです。ここだけ、彼の出演部分で笑いを誘える部分でしたもんね。櫂くんと香川刑事とのやり取りは、今後もくすっと笑えるシーンとして入り込んでくるのでしょうか。しかし、ダンボール抱えて立っているだけで可愛い。吾郎って、まさしく二次元のキャラクターになれますよね。スタイルいいしなぁ。コミックの世界の眼鏡クールキャラの王道をいける人だと思います(笑) しかし、本当にもうどこにも天間了は見えないし、もちろん最近演じた他のキャラの片鱗も伺えないですよね。素晴らしい役者さんだと思いますよ。舞台の先行予約チケットが、そろそろ取れているとは思いますが、またチケットBBSも設けますね。多くの方が、素敵な吾郎を板の上で見れますように!


dollarさやかさん
脚本家の桜井さんが、人気のある「相棒」や「ATARU」を書かれた人というのは知っているのですが、私は「相棒」は見たことがないので皆さんが裏で楽しんでおられるポイントがよくわからなかったんですね。こちらで書いてくださってありがとうございました。岩月彬役を演じられている田中圭さんも存じ上げてなくて調べてきてしまいましたよ。向井理さんに少し似ている? 桜井さんご自身は、何か繋がりをつくって楽しまれているのでしょうか? その辺も機会があったらお聞きしたいですね。吾郎が映画「催眠」でお世話になっているとは知りませんでした。あの嵯峨王子も、まさしく吾郎に宛てた役柄でしたよねぇ。そんなスタッフの方たちが、公式HPのBBSを楽しみにしておられるのであれば、これは毎週しっかり感想を残していこうと思いました。このドラマは、かなり長い期間、制作スタッフたちが練りに練って世に出してきてくれた作品なんですよね。そこに、吾郎を起用してくれたのもありがたいです。どのキャラクターも、この人でなければ!としっかり考えて演出されているのが、見ていてすごくよくわかります。だから、楽しめるのかな。櫂くんが、今後の展開で活躍していきそうなので楽しみにしておきたいと思います。

投稿: kazuyo | 2013/04/24 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相棒でも刺客でもなく??? | トップページ | 稲垣吾郎舞台『ヴィーナス・イン・ファー/VENUS IN FUR』においてのお知らせ »