« スワンを愛する王子様 | トップページ | TAKE FIVE ★TAKE 3★ »

「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2013年5月2日放送分

つぶやきメッセージ
吾郎がダーティー・ハリーが好きだと聞いたことから、pencil「子供の頃に他に好きだったものはありますか?」という質問に、意外と虫が好きだったと。今は、だいっ嫌いだけどと力強く答えていました(笑) 田舎が千葉のほうで、カブトムシが好きでよく捕りに行ったそうです。

SMAPな時間
ビストロでパンケーキを作った「スマスマ」を見てのお便り。pencil「最近、試食の時間があまりないので寂しいので、今後も進化したビストロが見たい」 ビストロは自分が作る料理は試食できるけど、相手チームの料理を食べられなくなって寂しいとのこと。そう言えば・・・昔みたいに全員で食べている画が最近ないけど、カットされていると思ったら食べなくなってたんですね。キッチントークに時間を割くようになったから仕方ないのかな。

ドラマ「TAKE FIVE」のエキストラに参加されたというファンの方からのお便り。pencil「手を伸ばせば、吾郎さんに触れられるぐらいの距離で緊張した」というのを聞いて、触れられるぐらいの距離にいたって・・・どのシーンだろう?!そんなにエキストラの方と近くにいたのって・・・と考える吾郎ですが。ファンにしたら、多少の距離があってもライブや舞台に比べるとものすごく近いというだけで、「触れそうになるぐらいの距離」に思えるってわからないのかな(笑) それぐらい、皆、吾郎のこと愛しているんですよ(笑) 挙句は、「す~ごく手が長いのかなぁ?ワンピース・・・」と話していて、どういう発想?ワンピースって「ゴムゴムの手punch」のルフィかよ!と二箇所っつこませて頂きました(爆) そこで、いきなりエキストラには自分のすごいファンの方も参加していることに今頃気づく吾郎(笑) ファンの方に無愛想にしている自分をじっと見られていたりするわけだから、今後はもう少し見られている意識を持とうと言ってて笑いました。そういう真剣な表情の吾郎を見られるのも、エキストラで参加されるファンの方は嬉しいと思いますよ(笑)

noteJoy!!note

吾郎の自由時間
こちらも、パンケーキのお話(笑) pencil「吾郎さんが作ったパンケーキのキャラメルソースのレシピを教えてください」 砂糖を火にかけて、お酒を入れるだけ。ただ、火加減が難しい。口で説明するのは難しいので、何回かやるとコツを覚えると思う。でも・・・こうやって熱く語るほど、吾郎自身はあまり甘いものは好きではないらしい(笑) 美味しいとは思うけど、そんなに好んでは食べないと。そのわりには、セブンイレブンさんの夏ギフトでツイーツを選んでいたのは、ファンの方が女性が多いので需要があるだろうということだったのかな。

pencil「レストランで長芋のポタージュを食べたので、是非、試してください」というお便り。吾郎は、家でスープも結構作るのだとか。じゃがいもを使って冷たいビシソワーズとか、かぼちゃのスープとか・・・と出てくる吾郎は、やっぱりお洒落だなぁと(笑) 吾郎はかぼちゃが大好きだそうですよ。

イケTELスマップ
吾郎が名前を言った瞬間に、「あぁ・・・」と返してしまった吾郎ファンの大学生の方(笑) テンションが低いというわけではなくて、ちょっと驚いたという感じで話が進むにつれて吾郎さんが大好きというのがすごく伝わってきました。吾郎に聞きたかったのは、イタリアレストランでバイトを始めたので、未成年で飲めないのでワインのことがよくわからないというナイスな質問で、吾郎が楽しそうに答えていました。話、弾んでましたよね。リクエスト曲がnote天国のかけらnoteだったのもナイスでした(笑)

「五六二三」(吾郎文)
吾郎が「ゴロデラ」で共演されている小島さんが大好きだという方で、pencil「吾郎さんに嫉妬する」という逆パターンの素敵なお便り(笑) 吾郎が知っている小島さんは、テレビで見られるまんまだと。でも、知らないこともあるかもしれないけど、その知らないことも取っておきたいというのが吾郎の人との付き合い方らしいです。知性もあるけど、ただの「おっさん」じゃん!と思うこともあるのだとか(笑) 吾郎は、自分は「おばちゃん」で小島さんは「おっさん」なんだ・・・普通、逆じゃない(爆)? そうかと思えば、「あぁ、母親なんだなぁ」と母性を感じるときもあるのだとか。年齢はひとつ上なだけなんだけど、自分より全然年上に感じるぐらいしっかりしていて博学で聡明な頭の良い素敵な女性だとベタ褒めです。「ゴロデラ」が上手くいっている理由は小島さんとご一緒しているというのもあるんですね、きっと。

雑誌での吾郎の言葉より。pencil「自分をアイスティにそそがれるガムシロップと表現していました。吾郎さんの喩えは、いつもわかりやすくて大好きです。以前出された『馬耳東風』にもそんな素敵な言葉がたくさんあったので、また本にまとめてください。もちろん写真付きでお願いします」という、上手い具合に催促を入れ込んできた優秀なお便り(笑) 名言集みたいなやつは、一番恥ずかしい。日々、話していることをキャッチしてくれればそれでいいんじゃないかなぁと思うんですけど・・・ファンの方がまとまったものを欲しいという気持ちもわかるんですけど、まとめてしまうと言葉が空回りするような気がして(笑)という吾郎。

そういうことも、ファンはわかってますって(笑) だけど、写真集だけで出してください!と言うと、そんなのファンの方しかほしくないでしょ?と言われたら、そりゃあ、いろいろ皆さん考えてお便り出しますよ(苦笑) それさえも否定されたら、どうしろと(笑) でも・・・最後に、この「ストスマ」にも本とか写真集とかのリクエストは多いので、エッセイとかはいいと思うので今後あればいいかなぁとは自分でも思っていると。(それは、出版社の方は吾郎がOKなら、喜んでページ空けてくれると思うけど・・・吾郎自身が忙しくて難しいよね?) 楽しみにしていてくださいという言葉で締める吾郎。

・・・本当だな(爆)?

徳川家康(「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」)ほど我慢強くもないし、織田信長(「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」)ほど過激でもないし、ましてや、吾郎が演じた明智光秀(「鳴かざれば放してやろうホトトギス」)のように諦めも悪くない。なので、気持ち的には豊臣秀吉です(笑) 写真集は、なんとか出してもらいます!

リクエストSONG noteBANG! BANG! バカンス!note

|

« スワンを愛する王子様 | トップページ | TAKE FIVE ★TAKE 3★ »

コメント

こんにちは。はじめてコメントします。
kazuyoさんの愛のあるわかりやすいレポートに、ただただ感謝の気持ちを伝えたくて参りました。
なかでも、このラジオレポはストスマを聴けない地域に住む私にとって、本当にありがたいです。読んでいるだけで、吾郎ちゃんの声がそこから聞こえてくるようで、幸せな気持ちになります。

最後の締めくくりの言葉…早く実現してほしいですね。要望ハガキは私も何度か出していますが、また出してみようと思います。本当に出してほしいので。
長くなってすみません。またコメントさせてください。

投稿: mariko | 2013/05/05 15:56

Kazuyoさんのホトトギスの例え良いですねhappy01 吾郎ちゃん、前にリクエストが沢山来たら考えるような事おっしゃたのですが、この今年前半の忙しさでは催促するのも躊躇ってしまいますがそろそろまたお願いしないとですね。実は「TAKE FIVE」の櫂さまもすっごく好きでTBSさんに「TAKE FIVE」の写真集お願いしたら早いかもと思っていまして(「ATARU」「MONSTERS」出版されているので)。個人写真集が無理ならドラマや舞台のコラボもねらい目かもしれませんね。吾郎ちゃん、結構難攻不落ですね(笑)。小島さんを「おっさん」呼ばわりして御自分を「おばさん」(笑・笑・笑)!!! でもKazuyoさんがおっしゃるようにゴロデラがとても楽しいのはこのお二人のこんな関係性があるのかもしれませんね。本当に素敵なお二人ですね。ストスマ今週も拝読していてとっても楽しいですconfident

投稿: ピカチュウ | 2013/05/05 23:44

chickmarikoさん
どうも初めまして。コメントありがとうございます。わかりやすいレポと言ってくださってありがとうございます。何度も言ってしまいますが(笑)、本当にラジオレポが苦手で(汗) 吾郎が語ることがすべてなのでそこにあまり主観を入れ込んでのレポが難しいんですよね。完レポにしてしまえばいいのですが、そうなるとすごく長くなってしまうので。それに、完レポは他に優秀な方が書いてくださっているので、概要だけレポして感想を入れ込んでいるのですが・・・そうすると、いったいレポになっているのかどうかとジレンマに陥るので。楽しんで頂けているのならありがたいです。コメントはいつでも大歓迎です。写真集の件は、何度とこの「ストスマ」でも話題にあがり、その度に吾郎の心が懐柔していっている様が見えます(笑) あとひと押しふた押し、頑張ってお願いしていきたいですね。


chickピカチュウさん
ずっと家康の気持ちで待ち続けてきたファンなので、ここはそろそろ秀吉になっていこうかと(笑) SMAPのメンバーのお仕事は全員が本当にガッツリとかなり先のことまで決まっていると思うのです。(表にはなかなか見えませんが) なので、忙しいからと待っていたら、いつまで経ってもお願いのタイミングがつくれないことになります。だから、コンスタントに出していくのが正解ですね(笑) 本人は写真集というよりは、やはりエッセイなどとして出版したい感じが受け取れるので是非また文章を書いてほしいですよね。雑誌で連載となると大変なので、時間があるときに自分で書き溜めていってくれるとありがたいのですが・・・なかなか、締め切りがないと難しいのかもしれません(笑) この6月の舞台は、TBSさんが主催で宣伝もとても入れ込んでくれています。ムック本をお願いするのはいいと思うので、すでにお願いしている方もいるので是非皆さん便乗して要望出してください。

投稿: kazuyo | 2013/05/06 07:45

いつも素敵な文章を惜しみなくアップしていただいてありがとうございます。
無料で読ませていただけるのが、申し訳ないほどのレポや、レヴューや、感想でありがたい限りです。
明智光秀も、ほととぎすがらみの句を残していたんですね。全く知りませんでした。
吾郎さんが演じた光秀と重ね合わせてなんだか、ほくそえんでしまいます。素敵な句ですね。
写真集というか出版物に関しては、吾郎さんとは関係ない方面にはいろいろ、要請を出そうと思います。
ラジオではもう少し、吾郎さんとのやり取りを楽しみたいですね。
5月は、そちらはとても素敵な季節になるのでしょうか?どうぞ6月の帰国に向けてお元気でお過ごし下さい。
こちらは6月の舞台に向けて、GWもせっせと出勤して職場に恩を売っています。

投稿: kae | 2013/05/06 12:43

chickkaeさん
いえいえ、こんな文章を読んで頂くのにお金を取ったら詐欺でしょ(爆) 読みに来てくださることで感謝したいのはこちらなので。「ホトトギス」の句は、明智光秀も実は残していたというのは、吾郎が明智光秀を演じるときにちょっとリサーチしたときに知ったんですね。いつか、どこかで使ってやろうと思っていていいタイミングでした(笑) この「ホトトギス」の句で、見事にその人柄の違いがわかるのですが、これを見ると明智光秀という人は結構あっさりした方なんだなぁと感じるので・・・「信長のシェフ」での吾郎のキャラ作りって間違ってなかったんじゃないかと思いました(笑) 吾郎ファンは忙しい日々が続きますが、来月の舞台は本当に楽しみですね。ありがたいことに、私も今回日本に里帰りして観劇できることになりましたので今からワクワクしています。オリジナルのブロードウェイ版を少し拝見すると、コメディの要素も大きいみたいですが・・・吾郎と中越さんの舞台はどういったものになっているのか興味深いです。

投稿: kazuyo | 2013/05/07 04:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スワンを愛する王子様 | トップページ | TAKE FIVE ★TAKE 3★ »