« 禁断のSMAP | トップページ | 舞台づくしのお便り »

最多出演4度目のゲスト

今週は、なんと三週間ぶりの「ゴロウ・デラックス」でした。木曜日はラジオ「ストスマ」があるからとは思いつつ、やはりこの番組がないと寂しいですよね。久しぶりの「ゴロデラ」には、実にふさわしいゲストの方でした(笑)

2011年に『苦役列車』で芥川賞を受賞された西村賢太さん。芥川賞を取られたときにも、「ゴロデラ」に出演してくださって酒とタバコでやりたい放題、その後ロケでも参加してくださって笑わせて頂きましたが、今回も自由人でした(爆)

第八十九回課題図書 『歪んだ忌日』 西村賢太著

Photo 同居女性への暴言暴力など、『苦役列車』の主人公、貫多の変わらぬ葛藤ぶりを描いた一冊。主人公のモデルは西村先生その人。吾郎と小島さんが、「さらに濃く、西村ワールドがより深まり、密度の濃い赤裸々な小説」と説明。貫多の女性の愛し方を読者の方にわかって頂きたいと西村さん自らのお願いもありますが、怒るとすぐに殴ってしまうのには吾郎も苦笑。「私小説として書かれたということは、反省している点もあるからですよね?」という吾郎のフォローが素晴らしい(笑)

二年前に出演してくださったときより、10キロほど体重が増えたという西村さん。本人曰く「忙し太り」だそうです(笑) この7月12日で46歳の誕生日birthdayを迎えられたということで、スタジオには親太朗くんがバーテンダーとしてバーカウンターのセットが用意されているというサプライズ。どんなお酒にも対応しているものの、バックの棚には酒の肴になる缶詰がずらり(笑) 西村さんは焼酎の水割り、吾郎と小島さんはビールで。(サントリーのプレミアムモルツで、吾郎から「僕も(CMの)仲間に入れてnote」という可愛いお願いが(笑)) ということで、今回も飲みながらメインセットに戻って進行。

朗読は、小島さんが一番印象に残ったという箇所を。この取り上げた箇所だけで、読み終わった小島さんが「最悪です!」と言うぐらいすでにすごいです(苦笑) このあと、西村さんから吾郎にお願いということで・・・自分と感性の近い吾郎さんに、是非感情を込めて読んでもらいたい文章があると直々の選択。これがまた、すごすぎて・・・なるだけ「ゴロデラ」では伏字は避けてレポにしているのですが(放送は毎回そのままされているので)、さすがに書けない(笑)

ところが、吾郎が難なく大声で読む。そして、最後に可愛いスマイルでごまかす。「その笑顔が、逆にこわい」と西村さんに言われ、笑顔のまま最初から読み直して、伏字レベルを連呼する吾郎(爆) スタジオ大爆笑。小島さんからは、「吾郎さんの芸歴がまた広がりました(笑)」とお褒めの言葉。西村さん、大喜び(笑)(笑)(笑) 今回も、西村さんはずっと吾郎ばかり見ていた。お気に入りなのね(笑)

ここで、西村さんの芥川賞を受賞してからの人生年表をフリップで紹介。『苦役列車』は、33万部売れたということで、受賞前に出版していた本も売れて印税がものすごく入ったそう。『苦役列車』は、2012年に映画化されましたが、西村さんご自身は「観るに堪えない」「意味がわからない」「原作者の自分の名前をはずしてほしい」というほどの苦言。確か、役者さんたちは頑張っていたと思うけど、自分が書いた小説の良さがひとつも出ていなかったと、映画が公開されたときに言われていたと思います。監督には耳が痛いだろうけど、映画化する際には作品が別物になることって監督だけの都合ではなくて、そうなるパターンは多いですよね。

まぁ、このあとも聞かれれば正直に話す、話す(笑) 芥川賞を取られたときに、風俗に通っていることをカミングアウトされたことで有名になりましたが、最近は年を取ったのか減速されたのだとか。「金ができたときには、性欲がなくなってきた」という名言が(爆) ファンレターは女性が多くなり、実際にお会いした女性たちもいるそうで、そのうちの一割とはおいしい思いをされたようで・・・吾郎がものすごく驚いていました。そうだよねぇ・・・ジャニーズじゃ考えられないわ(笑) まぁ、吾郎の場合、たとえそういう状況がOKでもファンには手を出さないでしょうね(爆)

西村さんは、「ゴロデラ」に友川カズキさんが出演されたときの放送を見て、二回にわけてでも放送してほしかったと。実際に、プライベートでも仲が良いらしく、今回サプライズゲストで友川さんが来てくれて下ネタトークにも少し加わってくださり(笑)、最後に「ゴロデラ」で披露してくださった『生きてるって言ってみろ』を歌ってくれました。何度聴いても、すごい曲と歌い方です。好き嫌いは別にして、魂を揺さぶられるアーティストですよね。

お二人には、番組からバーカウンターから好きなお酒と缶詰を選んでもらってプレゼントpresent。いやぁ、非常に濃い内容で楽しませて頂きました。最後の吾郎のコメントが「ゴロデラ」という番組をうまく表現していたかな。

吾郎 「今日は、もう好きな方にはたまらない回だった。まさに「ゴロウ・デラックス」の真骨頂!

下手したら下品に向かっていきそうなところを、吾郎を筆頭に小島さんと親太朗くん(消しゴムはんこも含め)で良い感じに中和されるのが、この番組のいいところ。深夜番組ならではのトークでいて、吾郎の番組らしさが出ている良い番組だと思います。番組の感想を、是非公式HPから送ってください。

|

« 禁断のSMAP | トップページ | 舞台づくしのお便り »

コメント

Kazuyoさま

いつも改変期の時のお休みは仕方がないのかも知れませんがやはり寂しいですね。収録に2時間程かけて放送は30分なのですから未公開のお宝映像は沢山あるはず!改変期にはそれらを放送してきちんと繋いでほしいですね。

ただし、待っただけあって楽しめました。西村さんの朗読をするのはちょっと?という内容も吾郎にかかると下品にならずにすむし、何と言ってもあの笑顔で読まれると全て許してしまいそう(笑)もう一人のゲスト友川さんの魂を揺さぶられるような歌声にもなぜか懐かしさを感じました。

各界の知名人をゲストに呼んでの対談番組は他にもあるのですが、こんなにゲストがリラックスして本音を語る番組も珍しいと思います。今回も西村さんと友川さんの満面の笑みが印象的でした。どういうゲストが来られても態度を変える事無く、真摯に人に接する吾郎の様子は、長年成功するまで苦労をしてきた方達や、作品を書く上で人生の裏表を熟知している人達には心許せる存在なのではないかと思いました。

作家の作品の紹介と普段は聞けないような話が聞けることは、その作家のファンにとっても、一視聴者にとってもたまらない番組です。200回~300回と続くように応援をしていきたいですね。

投稿: さやか | 2013/07/20 00:25

kazuyoさん、こんにちは。
いやいや、2週もお休みでつまんないと思ってたら、いきなり濃い~のが来ましたね(笑)
今回もお酒を飲みながらの出演でしたが、最近では結構TV出演をこなされてる西村先生、ちょっとTV慣れしてましたよね。
朗読は正直きつい!kazuyoさんが敢えて活字しないのもうなづけます。
しかし、我らが吾郎ちゃん、チャレンジャーです。
読んでから「とりあえず笑っとこう」の笑顔の爽やかなこと!!
自分で朗読箇所を指定した西村先生もご満悦の笑顔でしたね~。確かに、先生は吾郎ちゃんをかなりお気に入りな様子。
そして、もう一人のゲストもすごい。類は友を呼ぶのでしょうか(笑)
まさに深夜枠ならではの回でしたが、こんなに面白いんだから、全国放送にしてほしいなと思いました。

投稿: けいこ | 2013/07/20 16:55

beerさやかさん
そうか・・・何か物足りないと思ったら、未公開映像SPが今回ないんですね。確かに、収録時間は結構と長いのに30分ほどの番組だからいろいろあるはず。これも、公式にお願いしてきます♪ 西村さんって、どこか憎めない人ですよね(笑) 結構な印税も入ってきたみたいなのに、相変わらずチェックシャツだけがお気に入りのようで(笑) どうしてもシモに走りがちな西村さんに「下品!」とまっこうから言える小島さんと、やんわりと男性側から同意も見せる吾郎の柔らかさが、この番組を面白く下品になりさがらない要因だと思いました。友川さんも、今回はお一人ではなかったのでさらにリラックスされていたように感じました。お二人とも、何度でも出演していいと思える番組なんでしょうね。言いたいことを話してもらって、それでいて番組の質をキープするのは案外と難しいと思うのですが、難なくやってしまえるお二人のMCの力と、親太朗くんの消しゴムはんこで最後には毎回和んでしまえるのもいいと思います。放送三年目に突入した番組ですが、あと少しで100回記念なんですよね。ずっと続いていってくれればと思います。


beerけいこさん
休み明けに、実に「ゴロデラ」らしいゲストでした(笑) お酒もOKなんて、そりゃあ、西村さんも友川さんも喜んで出演してくれますよね(笑) 加えて、何を言っても吾郎が笑って許してくれるので居心地もいいと思います。朗読は、どうしても吾郎にここを読んでほしかったのねぇ。作者である西村さんがあれだけ喜んでくれるのなら、まぁ、いいのかなぁと思いました。吾郎もしっかり期待に応えていたし。(いや、きっと期待以上ですよね(爆)) 伏字にもできない単語を吾郎が朗読すると、なぜに爽やかになるのか(笑) 稀有な人ですよね、本当に。業界では、非常に人気のある番組だと聞いています。でも、スポンサーの方たちにしたらそれだけでは困るわけで、なんとかもっと多くの地域で放送してほしいですよね。地道ですが、地方局にも要望を出し続けています。未放送地域の方は、諦めずに出していってほしいですね。

投稿: kazuyo | 2013/07/21 00:43

Kazuyoさん、こんにちわ。
2週お休みだったんですね。もっとお休みだった印象が・・・。ゴロデラがないと淋しいですね。
久しぶりのゴロデラゲストが、これまたお久しぶりの西村さんという事でとても楽しみにしていました。
お誕生日を祝ってBarカウンターまで(おつまみは缶詰でしたが)用意してしまうゴロデラスタッフ素敵です。
朗読は・・・・小島さんの一言に尽きますねcoldsweats01
吾郎には是非ココを読んで欲しいとお願いする西村さんの姿が、吾郎の事を好きなんだなぁという気持ちが見えて嬉しかったんですが・・・凄い箇所読ませますよね。最後の笑顔は可愛かったのに、笑ったまま読み返す吾郎・・・怖い。 三谷さんの「清洲会議」で殿のシーンを読んだ時を思い出しました。
後半はゲスト出演の友川さんの印象が強く、一体どちらがゲストだったのか忘れてしまう程(笑)
ゴロデラらしい、密度の濃い30分でしたbeer

投稿: 緋絽 | 2013/07/21 20:26

kazuyoさん、こんばんは。
こちらでは4月から放送されているゴロデラですが、一応改編時期という事で、実はちょっと心配でした。無事放送されてホッとしています。で、三週間ぶりのゴロデラがこのお二人という・・(笑) 私は友川さんはこの番組で初めて知ったのですが、そんな簡単に「お呼びしました」って感じで出演される方でしたっけ? すっかり馴染んでますよね(笑) 西村さんなんか、最初のご出演の時は「さすが、稲垣吾郎ですな、オーラが・・」とかおっしゃってと思うんですが、すっかり吾郎ちゃんをおもちゃにしてますよね(笑) 吾郎ちゃんの朗読部分は凄い内容だと思うんですが、もう感覚が麻痺してしまって、よくわからないという・・・。 小島さんの朗読の方が女性としては厳しいかな、と思ったんですが、西村さんなりにきちんと考えがあっての表現なんですね。吾郎ちゃんもきちんとフォローするところがまた素敵です。作品について本音で語れるって作家さんにもたまりませんよね。 最後のお酒と缶詰のプレゼントを喜ぶお二人が可愛らしく見えて仕方がありませんでした。まるで、たまにひょっこり来てお母さんがちょっと眉をひそめる親戚の困ったおじさん達みたいです(笑)
こんな大人の深夜番組は今なかなかないので、100回、200回と続いてほしいです。今まで出演してくださった方も何度でも遊びに来てほしいですね。地元局にもお礼のメールを送りました。

投稿: さっぴぃ | 2013/07/21 22:31

しばらくの間お休みだったのですね。その間にこちらの放送局さんはがんばって古い回のも放送して下さっておりました。後でお礼を言ってきます。西村先生、本当に気に入って下さって嬉しいですね。何回も御出演下さるのはやはり吾郎ちゃんや小島さん・親太朗くんのお迎えする雰囲気も気に入って下さっているのですね。なかなかTVに出演なさらない作家の皆さんが出演してお話くださる番組だから応援しないといけませんね。それにしても放送もあぶないところをサラリと笑顔で朗読できる吾郎ちゃんって凄いわ!!下品にならないとは持って生まれた才能のひとつですね。不思議な事に吾郎ちゃんにかかると上品にみえてしまう。西村先生やっぱりそんな吾郎ちゃん大好きなんですね。拝見するの楽しみにしてます。

投稿: ピカチュウ | 2013/07/22 01:01

beer緋絽さん
いえ、「ゴロデラ」は三週お休みでした(笑) 吾郎が忙しい時期と重なっていたのもあるけど、さやかさんがおっしゃっておられたように未公開SPも入れてほしかったぐらい長かったですね。長い休みのあとのゲストが西村さんというのが、また「ゴロデラ」らしい(笑) あぁ、やっぱりこの番組面白いなぁ。必要だなぁと思わせてくれました。確かに、小島さんの言うように「下品」で「最悪」と思うようなところもあるにはあるのですが、なんだかそこもひっくるめて許せる感じになっているのがすごいなぁと(笑) なんだかんだ言って、最後にお二人に好きなお酒と缶詰をプレゼントで選び放題なんて太っ腹ですよね。大丈夫なのか・・・と若干心配になるぐらい。吾郎の朗読は、「ここ読ませるの?!」とは思うものの、西村さんも吾郎も楽しそうなので「まぁ、いいか」と(笑) 吾郎のこういうところが男前だと思ってしまう。「えぇ?!」とか「嫌ですよ」とかまったく言わないですもんねぇ。普通、ジャニーズなら、何かしら怯むと思いますけど天晴れでした(爆)


beerさっぴぃさん
「ゴロデラ」改編時の生き残りおめでとうございます(笑) やっぱり、地方はこの時期が本当に怖いですよね。関西もなんとかならないのかなぁ。あれだけ舞台で人を集められるのに、MBSさんも考慮してくれたらいいのに。TBS主催の舞台の評判は、MBSにはいかないのだろうか。やっぱり、要望出していかないといけないですね。私も、申し訳ないことに友川さんは、以前この番組に出演されて初めて存じ上げた次第ですが、よく出演してくださったなぁという感じの方で、尚且つ今回再出演してくださるとはすごいですね。よっぽど居心地良かったんだろうなぁと(笑) 西村さんは、一緒に外ロケも付き合ってくださいましたからね。吾郎が立ち飲み屋で焼き鳥食べたりしてくれて嬉しかったんでしょうね。四畳一間で朗読もしましたね(爆) オーラは感じてはいるものの、どんな難題にもコメントしてくれて受け入れてくれるから話しやすいのかもしれません。「ちょっと眉をひそめる親戚の困ったおじさん達」(笑)(笑)(笑) 上手いですねー。まさしくだったわ(爆)


beerピカチュウさん
TBSさんへもそうですが、地方局への感想は毎回必ず送ってくださいね。やっぱり、なんだかんだ言ってリアクションがないと、番組って存続は難しいと思うので。3年目に突入した番組なので、出版業界の間では「ゴロデラ」は出演してもいい番組と評判になっていると思います。実際、Amazonでは「ゴロデラ」で紹介された本が、放送後に売り上げが伸びるそうです。それも、初期の頃に芥川賞受賞の西村さんが出演してくださって、お酒とタバコでリラックスして放送後にすごく反響があったと言ってくださったのも大きいですよね。だから、私は西村さんは何をされても甘くみてしまいます(笑) 吾郎さんのことお気に入りみたいですしね。今回もとても面白かったので、放送楽しみにしていてください。

投稿: kazuyo | 2013/07/22 07:40

私のところは関西で放送されていません でも みなさんのコメントだけでいろんなゲストさんに好かれている感じは読んでるだけでも楽しくなります

西村さんゲストのはようつべさんで検索してみました 多分外ロケのかな? 西村さんの行きつけのお店招待のお礼で吾郎さんの行きつけにも招待とか楽しませてもらいました

やっぱり本音は関西でもみたいですね~~~

ラジオではストスマ聴けませんsweat02

投稿: Yuppy | 2013/07/24 13:37

beerYuppyさん
関西は、本当に厳しいですよね(涙) この間、吾郎の舞台で日本に里帰りしたときにヒシヒシとその厳しさを実感しました。中には、放送地域の方にお願いしてなんとか見ている方も結構いると思います。でも、やっぱり放送してくれないことには、ファンじゃない方たちにはわからない。見せてもらっているからいい、もう諦めてしまったというのではなく、なんとか頑張って要望を出していってください。私は、とにかくTBSさんへの感想と共に、地方局への要望も出しています。たくさんの方が出して頂かないことには、放送してくれることはまずないです。誰かがやってくれるのを待つのではなく、一人一人がなんとか少しでも出していってくれればと思います。そうやって放送にこぎつけた地域もあるので、関西も頑張っていきたいですね。

投稿: kazuyo | 2013/07/25 06:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 禁断のSMAP | トップページ | 舞台づくしのお便り »