« はしゃぎすぎてる殿様 | トップページ | 男のファッション美学 »

南極の深海には木星人がいる?!

吾郎さんのヴィジュがすこぶる良かった今夜の「ゴロウ・デラックス」。これは、前回放送された消しゴムはんこ教室にサプライズで来てくれたときの撮りの日ですね。そうかぁ・・・参加されていた方は、この素晴らしいヴィジュの吾郎を目の辺りにしたんですね。羨ましい(笑) 今夜のゲストは、『明日言いたくなる話』満載のお話をひっさげて来てくださいました。

第九十三回課題図書 『宇宙でいちばん面白い 脳がしびれる科学の時間』 長沼毅著

Photo 科学界のインディー・ジョーンズと呼ばれる著者。『地球はやがて火星になる?!』『2045年にコンピューターが人間を越える?!』など、学校では教えてくれない不思議な話満載の一冊。長沼さんは、深海や砂漠や南極といった、生物が生きるのが難しい辺境の地を調査する生物学者なのです。34歳のときには宇宙飛行士にも挑戦し、野口聡一さんとその座を争ったことがある経歴があるのだとか。

ゲストをお呼びする前に、小島さんが吾郎に「だいじょうぶ?ちゃんとついてきてくださいよ」と言うものだから、吾郎は若干「草博士(ご出演)のときみたいになる(汗)?」と。あのとき、乗りきれなかったのでしょうか(爆)? あれは、草博士のわぴちゃん(岩槻英明さん)のキャラクターがものすごかったのもありますよね(笑) 「さかなくんみたいな人が出てくるの?だいじょうぶ?」と被せる吾郎(爆) いや・・・吾郎さんは、どんな方が来られてもまったく動じない人じゃないですか。今回の長沼さんは、そんなキャラクターが濃い方ではありません。内容が濃かったのです(笑)

小島さんが気になったという『双子のオーロラ』の部分を小島さん自身が朗読。オーロラというのは北極と南極に同時に現れるものというお話。ここで、宇宙から見たオーロラの映像(国際宇宙ステーションから撮影)を長沼さんが紹介してくれます。オーロラを地平線を下にして上から眺める映像。地球全体に広がっています。吾郎が感動していたので、きっと実際に見に行きたくなったんじゃないのかな(笑)

ここで、親太朗くんを交えて長沼さんから『宇宙一受けたい授業』として科学の不思議の講義を受けることに。

・ 今、話題のダイオウイカがオーストラリアで発見されたが、実は南極辺りの深海にはダイオウホウズキイカというさらに大きなイカが?! 全長20mと聞いて、思わず「気持ち悪い・・・」と呟いてしまう吾郎(笑) 吸盤の代わりに「カギ爪」がついていて大きな鯨などをひっかけて捕まえる習性があるのだとか。これ、人間が襲われたら大変なことに(汗) なんとなく、ハリウッド映画で作られそうな(笑)

・ HIVの特効薬としてカブトガニが?! カブトガニの「青い血」はもともとバイ菌の毒素を固める役割をするが、HIVのウィルスが細胞の中に入ってくるのを妨げたり、抗がん作用もあることが発見されたのだとか。これが、製薬化されたら世界の医療が大きく変わりますよね。

・ 南極に宇宙人がいた?! 南極の分厚い氷の下に大きな湖がある。氷ができたのは3000万年前。氷の厚さは4000キロほどあるらしく、水は大きな圧力がかかると凍りにくい。ロシアが20年かけて氷に穴を開けて湖まで貫通させたのが2012年の2月。水が逆流したために凍ってしまい、再度今年の12月に貫通作業を再開するのだとか。うわぁ・・・ものすごく興味があるけど先の長い話だわ(汗) この南極の状況と同じような状態にあるのが木星で、そこから南極の氷の下にも宇宙人がいるんじゃないかという面白い仮説。いやぁ、これは早くロシアの方にもう一度穴を開けてもらわないと(笑)

このあとは、とても不思議な深海魚たちの紹介。見たこともない生物。あぁ、これは知的好奇心が揺さぶられますねぇ(笑) 深海だけの本を読みたいぐらい。吾郎も小島さんも親太朗くんも深海魚の映像を見て大興奮。

吾郎 「スケルトン! スケルトン! スケルトン!」

頭が透明なゴーグルで覆われたような深海魚を見て、素直な感想を連呼する吾郎が可愛い(笑) 今回は、課外授業のような回でした。いまだ夏休みの自由研究を何にするか悩んでいる人が近くにいたら、「深海魚」を薦めてみては(笑)?

しかし・・・本当に振り幅の広い番組だ(笑)


【お知らせ】
サイトのリンク、及びブログのサイドバーに楽天エンタメナビが提供する相田冬二さんのSMAPコラム「Map of Smap」のバナーを追加しました。
毎週火曜日に更新されるというコラム、中居くん、剛と続いて今週の火曜日には吾郎のコラムが掲載されています。
役者、稲垣吾郎の魅力が惜しげもなく素晴らしい言葉で綴られていますので、未見の方は是非読みに行ってください。

|

« はしゃぎすぎてる殿様 | トップページ | 男のファッション美学 »

コメント

Kazuyoさま

ほんとうに振り幅が広い番組ですね。今回の長沼さんは他局の番組で何度かお話を聞いたことがあるのですが、ご自分の著書の紹介ということもあって、全く違ったお話が聞けて最高でした。

自然界の話は好きだし興味があるので、テレビや映画のドキュメンタリー番組は欠かさず観るようにしているのですが、それでも知らないことが多く、今回も大変勉強になりました。オーロラ一つ採っても恥ずかしながら双子のオーロラのことを知りませんでした(汗)それも南極と北極に同時に現れるとは・・・映像でも何時も下から見上げて見ていたオーロラを宇宙からの映像で見られたことと、あのグリーンの美しさは感動ものでした。

吾郎の反応が子供のように純粋で、驚く表情や、発せられる言葉が微笑ましくて、それが番組を楽しくさせている要因でもありますね。Kazuyoさんが「はしゃぎすぎる殿様」のコメント返しでおっしゃっていたように、吾郎の本来持っている面白い部分は、ほんのちょっとした振りでその才能を発揮し、周りを和やかな笑に誘うのですよね。この番組でもそうですし、「ゴロ検」や最近の「いいとも」でもそうでした。

宇宙から深海魚まで興味深々の話題と吾郎を見ているだけで充実の30分でしたが、感想を送る為に公式へいくと、そこには来週のゲストのお名前が!吃驚すると同時に、吾郎、小島さんとの話しの展開が今から楽しみに。番組の凄さを再度感じました。

投稿: さやか | 2013/08/23 11:13

mistさやかさん
長沼さんは、他の番組にもいろいろご出演されているんですね。とても爽やかで、良い意味で学者っぽくない方ですよね。自然科学のお話って未知のものでいて追求しがいがあって、ミステリアス。一冊の課題図書から、これだけ話を広げて貴重な映像も見させてもらえるのはありがたいです。30分番組なのに、上手くまとまっていてそこも優秀だなぁと思いました。(普通、こういった知的番組は1時間ガッツリ取って見せるものが多いので) 三人のリアクションもコメントもとても良く、吾郎の場合はパブリックイメージとは別にとても素直で見ていて微笑ましいですよね。長沼さんも、きっと語り甲斐があったと思います(笑) 吾郎自身が気づかないうちに、この番組で出会ういろんなジャンルのゲストの方たちと接することで、MCのお仕事に良い影響があるのかもしれません。「ゴロ検」は、本当に吾郎らしいMCでとても良かったので。吾郎は中心で番組を回すというよりは、その自然な反応で番組を和ませる力があるような気がします。それでいて、その存在感で真ん中に入れる人。もっと、MCのお仕事を特番でいいのでやってみたらいいと思います。次週の「ゴロデラ」のゲストがまたすごいですね。今から、とても楽しみです。

投稿: kazuyo | 2013/08/24 04:00

Kazuyoさん、いつも拝読させて頂いてゴロデラスタッフさんの優秀な事に感動します。そして本当にお仕事なのに好奇心のレベルの高い吾郎ちゃんの反応が楽しそうですね。今注目の(笑)ダイオウイカはNHKのスペシャル番組でも拝見したのですがそれ以上のダイオウホウズキイカすっごいですね。まだまだ自然界には知らないことがいっぱいで長沼さんのお話は私個人としても興味深いです。深海魚での吾郎ちゃんの可愛い反応はとても楽しみです(目に浮かぶ「お子様のように喜ぶ」吾郎さん(笑))。Kazuyoさん、相田さんのSMAPコラムありがとうございました。掲載されている事を知らなかったので拝読して本当に嬉しかったです。なかなか正当な吾郎ちゃんへの評価を拝見する事が少ないので相田さんの文には納得のお言葉が綴られていて嬉しかったです。「おしん」には不安もありましたので拝見するのが楽しみになりました。次回ゴロデラも楽しみですね。

投稿: ピカチュウ | 2013/08/24 22:38

mistピカチュウさん
NHKさんが放送した「ダイオウイカ」って本当に瞬く間に広がりましたね(笑) リアルタイムでちょうどTwitterを覗いていたら、タイムラインに「イカ」の文字がものすごい勢いで流れ出して「何事???」と(爆) あれで、チャンネル合わせた人も多かったと思います。小島さんも親太朗くんも見ていたみたいですが、吾郎さんは初めて見た感じでした(笑) 忙しくて見ている暇なんかなかったかもしれませんね。このダイオウイカだけじゃなくて、深海魚のところでも、オーロラのお話でもすごく興味深そうに聞いていました。「Map of Smap」の相田さんのコラムですが、今回の吾郎への文章がとてもいいですよね。すごく嬉しくて感想を送ってしまいました。吾郎の役者としての力量って、あまりメディアが取り上げてくれないじゃないですか。(雑誌の表紙にもならないですしね(苦笑)) だから、吾郎ファンが嬉しくてすごくリアクションを出したみたいで、相田さんも喜んでおられました。是非、感想をたくさん送ってみてください。

投稿: kazuyo | 2013/08/25 07:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はしゃぎすぎてる殿様 | トップページ | 男のファッション美学 »