« 27時間のピンポイント視聴 | トップページ | なくなったら困るもの »

公開プライベートラブソング

今夜の「SMAPxSMAP」は、全編ツボが落ちまくったのではないかと。皆さん、楽しまれたのではないでしょうか(笑) ビストロのゲストは、映画で共演された満島ひかりさんと綾野剛さん。満島さんのほうは、今期のドラマ「Woman」を見ているのでなじみがあるのですが、綾野さんの演技は未見です。ビストロトークはおおいに盛り上がりましたね。まぁ・・・正直言うと、またその流れなのぉ~と思ったところもあるのですが、テンポもよく進んでいたので愚痴るほどではないです(笑)

今回のビストロトークは、二択質問コーナー『男と女 これって許せる?許せない?』でした。回答は、どちらもあるけど敢えて選ぶなら・・・というのが多かったでしょうか。なかなか興味深い回答がメンバーそれぞれありましたが(中居くんも参加していたしね)、ちょっとこれは見ればわかるということで割愛させてください。なぜなら、個人的に次のコーナーがツボりまくって語りたいので(爆)

スマ進ハイスクール
この企画、優秀ですよね。今回もすごく面白かった。今回の「音楽」の特別講師は、ご存知AKB48を生み出した作詞家、秋元康さん。ちゃんと講義があるのもいいです。今回は、SMAP全員に決まったメロディを聴いて(Aメロ、Bメロ、サビ構成)、ラブソングの歌詞を作ってもらおうというお題。席順が毎回微妙に変わるみたいですが、今回は前列奥から慎吾木村、二列目に奥に吾郎、そして中居。なので、今回はナカゴロちゃんの私語多し(笑) このお題の曲、とてもわかりやすくすぐに口ずさめるので、歌詞は乗せやすいと思いますが・・・やはり、SMAPそれぞれバラッバラに出てきましたね。面白いです。

このコーナー、ちゃんと講師の方も一緒にやってくれるのもいいですね。まずは、秋元さんのお手本からということで、さすがの出来。これは、SMAPがあとに発表するのが恥ずかしい。でも、秋元さんも言われていましたが、作詞はアートと同じでその人の感性のものなので、いい悪いではないんですよね。どのメンバーのも個性が出ていました。

慎吾 - タイトル『二人道』 (「演歌?」「演歌?」と同時に突っ込む上二人(笑) それは、「男道」でしょ(爆))
中居 - タイトル『どうしてますか?
吾郎 - タイトル『雨だれ空
木村 - タイトル『ただいま
  - タイトル『夏のあの子。

ここから、ちょっと勝手に解釈させてもらいます。私が彼らの歌詞から個人的に受け取ったことで、これが正解とかではないので。まず、面白いのは、ラブソングを書いてくださいとメロディを聴いてその設定の違いが5人それぞれでおもしろい。

慎吾木村くんは、先にある恋愛ソング中居くんと吾郎は別れてしまった二人の失恋ソング。そして、全員がそれでも同じ設定じゃないんですよね。慎吾の作品は、今まさに始まった二人で、木村くんのは恋人である二人がこれからもずっと続くようにという歌詞。同じ恋愛ソングでも、どこを起点にするかが違う。一方、別れてしまった二人を表現した三人のほうも、中居くんの作品は訳あって別れてしまった二人を想像させる。吾郎のは、別れを切り出したけどお互いが幸せになるようにと込められた歌詞。そして、のはまさしく淡い失恋ソング。「ラブソング」と聞いて、何を表現したいかが5人それぞれで非常に興味深いです。

それぞれ、強調したいワードというものが存在していて、慎吾は「」、中居くんは「」、吾郎は「」、木村くんは「笑顔」、は「」。まぁ、後者の二人は具体的なワードではなく歌詞全体のイメージですが。先の三人が非常にまとまった歌詞を書くのに対して、後者二人は言葉遊びを多用するタイプでしょうか。なんか、性格も出てきますよね(笑) いいと思いますよぉ、とってもいい。今度のSMAPのアルバムは全員自分のソロは作詞しようよ(笑)!

しかし、吾郎が自分の作った歌詞を発表している途中からものすごく照れてしまい、終わったあとに両手で顔を隠してしまって真っ赤になっているのが可愛くって、可愛くって。こんなに照れている吾郎を見るのは久しぶりかも。グラビアのカメラ前は恥ずかしいというのが非常によくわかったような・・・写真集、だから足踏みしてしまうとかじゃないですよね(笑)?! 「雨だれ」と「彼女の頬に流れる涙」を合わせる歌詞は吾郎ならではで素敵でしたね。

今回の結果は、一番いいと秋元さんが選んだのは剛の作品。最初の二行が「ある意味、天才!」と(爆) そして、いまいちなのも剛。つまり、最高でもありいまいちでもあるという、秋元さん実は苦手だったんだけど非常に上手いまとめ方をしてくださったと思いました。やっぱり、点数が出ないようなものに「いまいち」とつけるのは間違っているので。最後は、SMAP全員で剛の作品を歌って終了。秋元さんの歌割りもバッチリでした。

歌は、夏らしくSMAPのBANG! BANG! バカンス! この曲は、夏の定番曲で盛り上がりますよね。歌詞もクドカンさんに書いてもらった、非常にユニークなもので「スマ進ハイスクール」からの流れも良かったと思います。吾郎の上半身の様子がすごくよくわかる薄いインナーありがとうございます(爆) 歌うたびに腹筋が動くのに、腹から声出しているのねぇと思いました。今回、前半のLEDが暗くて残念だったけど、後半のスカイブルーと間に入るモノクロのUPが素敵でしたね。最後の吾郎の笑顔が可愛かったということで締めはOKでした(笑)

|

« 27時間のピンポイント視聴 | トップページ | なくなったら困るもの »

コメント

今回のスマスマ、単純に楽しめました。ビストロのトークも5人が、(特に中居君が)よく話していて、楽しそうだったので。「男と女の許せる?」は、もういいかなっていうテーマだったんですが(いまいち乗り切れない拓哉)、ゲストの方の受け答えも良かったので面白かったです。満島さんって既婚者なんですね。
スマ進は、一番を決めるはともかくワースト1を決めるのは、一生懸命を作ったものに対してやだなって常々思っていたので今回の結果はほっとしました。
一人が発表する時に5人の顔がそれぞれ映るのがいいですね。吾郎君の発表の時に、若干緊張なのか恥ずかしさなのか、口がむにゅむにゅしかかっていたのがツボでした。中居君も恥ずかしそうでしたね。詩の内容は変に深読みしてしまって…
最後の剛君の詩の「サマタイム」を歌う拓哉(これ、拓哉しかいないでしょ。)を見る吾郎君が可愛かったです。

投稿: まーにゃん | 2013/08/06 14:18

kazuyoさん、こんにちは。昨日のビストロはkazuyoさんが仰有るように私も前回のような流れになるのかとちょっと不安になりかけましたが、スマ進ハイスクールのコーナーが楽しかったから今回は楽しめたスマスマの回でした。5人5様の性格や詞の場面が自然に浮かんでくるような素晴らしいものでしたね。誰のがというのではなく、どの詞も良かったです。何しろメロディが口ずさみ易くて良い長い曲は無理かも知れないけど、今回くらい短いものでいいからメンバー作詞の曲を各々歌ってるのを聞いてみたいですね。只一つ気になったのはビストロの携帯の話の吾郎ちゃんが札を挙げた時、右手の手首上10cm辺りに二ヶ所ケガしてたのが大丈夫かなと心配になりました。スマ進ハイスクールの時は綺麗だったから収録は、どちらが先か分からないけど気になって見てしまいました。

投稿: ルナ | 2013/08/06 14:36

KAZUYOさん、こんにちは。

今回の『スマ進』面白かったですし、限られた時間で曲を聴き歌詞を完成させるなんて、やっぱり全員凄い人たちです冷静を装きれない中居くんと吾郎さんが、可愛すぎてっ吾郎さんが顔を覆って、体を折り曲げてしまうほど照れる姿は、テレビの前でカワイーと言いつつ、こっちまで恥ずかしくなってしまいました
吾郎さんの言葉のチョイスを褒めてくれる剛くんのゴロさんファンっぷりには、相変わらず癒されまくりです!

ビストロは面白かったんですが、いや~な流れに体からトゲが出そうになりましたがスマ進とバンバカでトゲも抜け落ちました(笑)吾郎さんの「お前ら仲間だろっ」に「おうっ!!」ってうなずいたビストロでした。

投稿: こもも | 2013/08/06 16:54

kazuyoさん、こんにちは。
いや~良かったですね、皆さん楽しめたようで何よりです。
私は、最近ちょっと綾野剛君に注目してたので珍しくビストロも楽しみにしてました。今年の大河ドラマで会津のお殿さまを演じてるんですよ。悲しい運命の殿さまが、悲しげな表情にぴったりで、よく泣かされてます。
キッチントークもやや「またですか」の感じもありましたが、先週分も含めて自分は何が嫌なのかわかりました。
一番不快に感じるのは、会場のお客さんの「え~~」ですね。TVでは大きい文字で脚色されるし。
「うっさい、マジ!」とか思っちゃいましたよ。
まあ自分がそこにいないので、実際の雰囲気はわからないですが(汗)
で~も、今週は「スマ進」でめっちゃ楽しめたので、全然気になりませんでしたよ。
作詞って本当に心の中が見透かされるようで、だから恥ずかしいのかもしれないですね。
「へえ、こんなこと考えてるんだな」とか「普段の雰囲気と違うな」とか新しい発見がありました(笑)
メロディーも優しくて良かったですよね。
相変わらず、まっすぐに吾郎ちゃんを褒めてくれる剛君には感動しましたよ。
あまりに楽しくて、朝からリピしてたら、剛君の「サマタイム」が頭に残っちゃって、仕事中何度も頭の中でぐるぐるしてました(笑)
少し手直しして、CD出しちゃえばいいのに~(笑)(笑)

投稿: けいこ | 2013/08/06 18:41

kazuyoさん、こんにちは。
スマスマが楽しい・面白いって幸せなことですよね。
ビストロトークは終盤、中居さんの「稲垣さん」がゲシュタルト崩壊しそうでしたが(苦笑。
歌詞作り良かったですよねぇ。吾郎の言葉のチョイスがいちいちツボでした。ファンになりたての時に『馬耳東風』を読んで、この人の感性とそれを表現するセンスにとても感激したのですが、今現在もそれは良い意味で変わってない。
そして歌詞の言葉そのもの以上に、近所からピアノが聞こえてて~という、何気ない日常の音風景の記憶と、あの場の状況を劇的にリンクさせている作詞に際してのアプローチからして素敵だと思います。
きっとこの人は常人からは想像もできない豊かな精神世界を持ってるんだろうな、と。
こんな稀有とも言えるセンスを仕事に活かさない、世間に広めない手はないと思うんです。これはもうエッセイ書くしかないでしょう!(笑)
もう何度目か分からない「吾郎、大好きっ」と思ったスマスマでした。

投稿: のぞみ | 2013/08/06 19:47

Kazuyoさん、こんばんは。
スマスマが楽しいって素敵なことですね。一週間が乗り切れるパワーをもらえました。綾野剛さんも満島さんも落ち着いて素敵な方でしたね。トークは若干身構えましたが、吾郎ちゃんがそんなに嫌がっていなかったのかな?という雰囲気だったので。
スマ進は最高ですね。5人がかわいくて真面目な生徒たちで、わくわくしてしまいます。作詞は5人の個性がでていてみんなさすがで、ピュアでロマンチストな人たちだなと思いました。剛君の詞を歌う5人が素敵、今日は頭を駆け巡っていました。
そして照れる吾郎ちゃんのかわいいことといったら、もうこの上ないですね。リピがとまりません。作詞も吾郎ちゃんらしくて美しい言葉が並んでいて、本当になにか形にしてほしいです。

投稿: maako | 2013/08/06 21:13

こんばんは。今週は楽しく見終わることができました。ビストロは綾野さんのコメントと、中居君の一人コントが楽しかったです。何気に吾郎ちゃんがコメントする際、彼女っぽいノリで上2人が参加していたのが萌えました☆『天ぷら感』で上手く噛み合ってないロハスも可愛くて、癒やされました♪

そしてスマ進は始めから終わりまで最高でした!それぞれの解釈で書き上げた歌詞はもちろん素晴らしかったのですが、それと同じ位に、1分足らずのメロディーを聞きながら言葉を紡ぐ作業をしている5人の表情に惹きつけられました。みんな本当にカッコ良かったです♪あんぽんたんずの3人は、海、雨だれ、かき氷と、モノは違えど水にまつわるものを連想しているのが、感性の部分で似通ったところがあるのかな、と思ったりして興味深かったです。
後は木村さんの歌詞を聞きながら、誰よりも『うん、うん、…』という感じで頷いていた吾郎ちゃんがすごく可愛くて♪このコーナーは講師の方も含め、みんなの表情がしっかり確認できるのがありがたいです。
歌も込みで、5人の明るい笑顔が嬉しかったスマスマでした♪( ´艸`)

投稿: mariko | 2013/08/06 23:15

まーにゃんさん
最近、木村くんが中居くんに果敢に絡んできますよね(笑) いい傾向だと思います。あとは、それに中居くんが同じように返せたら、昔のような2TOPが見れるんですけどね。そんなに構えなくても、木村くん自身は昔とちっとも変わっていないのに、いつから今みたいによそよそしくなっちゃったんだろうなぁ・・・。満島さんってご結婚されていたんですね。私も存じ上げていませんでした。最後にSMAPのイラストを描いてきてくださって、ピュアな方なんだろうなぁと。イラストがとっても可愛かったですね。「スマ進」では、木村くんが真剣に吾郎の歌詞を頭で想像している様子がわかりました。終わったあとに、吾郎がすごく照れてしまったので大声で笑いに持っていってくれて優しいなぁと。ここのメンバー全員のリアクションがとってもそれぞれに優しさが出ていて、すごく嬉しかったです。やっぱり、変に弄られるよりこっちのほうが断然いい(笑) 歌詞の内容は、私もいろいろ深読みしましたが・・・とりあえず、封印しておきます(笑)


ルナさん
ビストロトークは、やっぱりちょっとひっかかりはありましたよね(汗) でも、流れていったから、先週ほど複雑にはなりませんでした。そうそう、弄って盛り上げるのなら勢いで進めてほしい。吾郎もそれなら、言い返すことで突っ込めるので。今回、ノリツッコミもあって驚きました。吾郎、腕上げてるなぁと(爆) 歌詞は、どれも素敵でしたね。その人なりがすごくよく出ていると思いました。吾郎の右腕の怪我の件ですが・・・実は、すごく気になったんだけど、気づかなかった人が心配するかもしれないと書かなかったんですね。それぐらい、大きくて傷痕が残りそうなひどいものだったので。でも、生放送の「FNS」で腕を上げたときにチラリと映った様子では、確実に治癒してきているので大丈夫だと思います。いったい、どうやってあんな大きな傷を作ってしまったのか(汗) どこもかしこも美しい人なので気をつけてほしいです。←こりゃ、イタいな(笑)


こももさん
歌詞を書くなんて恥ずかしい、剛が作った歌を全員で歌うなんてありえない!とかぶ~たれていたのに、いざ始めるととことん真剣になるSMAPが大好きです(笑) 歌詞を考えているときの集中した顔も、歌の本気度もすごかったですね。サビを歌う木村くんがカメラサービスをしてくれたとは言え、朗々と歌い上げてくれていたし。SMAPのシングルは、今度こういうのもいいですよね。吾郎が自分の歌詞の発表で思い切り照れてしまったときに、最後、「言葉のチョイスが、ごろさん、やっぱり素敵ですよ」と言ってくれる剛が本当に男前で。もともと、SMAP全員好きな私。吾郎は不動の一位でも(笑)、あとは順位なんてつけられません。でも、剛の最近のストレートな優しさが心に沁みて、剛の順位が私の中でうなぎのぼりです(笑) 屈折した愛情もいいのですが、やっぱりストレートな愛情に勝てるものはないですね。


けいこさん
綾野剛さんはお名前だけ聞いたことはあったのですが、こんな方だったのねぇと。好きな方には申し訳ないのですが、ちょっと私は印象が良くなかったです(笑) これ、確実に編集が悪いと思うのですが、あまりにも試食のリアクションや表情に差があって。まだ、はっきりと満島さんのように美味しいかそうでないかで決めてくれるほうがいい。「思いやりがあった」って、まるでもう一方にはなかったみたいで(苦笑) 今回、初めて拝見したので、ビストロでしか判断できないので危険ですが、編集って人の印象まで決めてしまうんだなと思いましたね。複雑になる理由は、観覧の方のリアクションにもあるというのは同意です。けっして、観覧されている方を非難しているわけではないのですが、やっぱりテレビで見ているとちょっと感じ悪く見えますよね。今回、本当に「スマ進」と歌のコーナーが楽しめてよかったです(笑) 剛は今回も優しかったですねぇ。他のメンバーが少し含み笑いもしてしまう中で(悪い意味ではないです)、ず~っと真剣に聞いてくれていた。本当に感動してくれたんだろう。そして、それをちゃんと言葉にして吾郎に伝えてくれる。ここでは、慎吾も秋元さんが吾郎のタイトルが良くて「惹かれるよね?」と聞いたら、「うん!」と大きく頷いてくれていたのも嬉しかった。私は、やっぱりこういうSMAPが好きです(笑)  


のぞみさん
「ゲシュタルト崩壊」・・・実に難しい言葉を使われるので考えてしまいました(笑) つまり、あまりにもいろんな吾郎のキャラを作り出すので、いったい本当の吾郎がどんなのかわからなくなるということでしょうか。これは、吾郎自身もわからなくなるかもしれませんねぇ(笑) 吾郎の歌詞は素晴らしかったですよね。最初は、あまりにも吾郎が照れるので、同じように聴いている私まで照れてしまったのですが、リピしてみると歌詞が深いんですよね。とにかく、まさに言葉のマジック。吾郎の持っている言葉というのは、本当に綺麗だと思いました。だから、写真集もですがエッセイは書いてほしいと思う。写真に撮られるのが恥ずかしいのであれば、またエッセイがメインでもいいですよね。吾郎ならではの言葉のセンスが散りばめられた本がまたほしいなぁ。こっちから攻めたほうが実現しやすいかもと思いました(笑)


maakoさん
今回のビストロトークでは、とにかくもう吾郎も何か言えば中居くんが振ってくるとわかっていたので、ドンと来い!状態でしたからね(笑) そうなると、ナカゴロ炸裂になるので。まぁ、若干そこも?!という流れはありましたが、概ね全員で楽しんで進めていたと思います。でも、やっぱり今回はなんと言っても「スマ進」のコーナーですね。いろんなSMAPの表情が見れて、尚且つ後味悪くなく終わらせてくれたので最後まで楽しませてもらいました。やっぱり、今後も「いまいち」は決めてほしくないですね。特に、このコーナーは、全員が本当に真剣に取り組んでいるので尚更そう思います。今回の「スマスマ」は、「スマ進」が一番リピしていて、さらに最高リピ率を出したのは吾郎の照れているところです。なんで、この人はこんなに可愛い照れ方をするんでしょう。自分の手で顔が全部隠れちゃうぐらいお顔が小さくて、手をずらして真っ黒い瞳を出して照れている様子とか可愛すぎてズルいぐらいです(爆) いやぁ、またリピしてこよう(笑)


marikoさん
今回の「スマスマ」は、ロハスのお二人には癒されましたね。もう、先週のできごとが浄化される勢いだったわ(笑) ほんと、必要な人たちですね。「スマ進」での作詞は、全員本当に素晴らしかったと思います。結構、吾郎以外のメンバーのもリピして何度も聴いているんですが、聴けば聴くほどその人の感性が理解できる。木村くんが言う「まっぱ」ってそういうことなんですね。そんな木村くんの作品に、吾郎が音楽に合わせてのっていたと思ったら口ずさみ始めたぞ!と(笑) 相変わらずの木村くん大好き人間で笑ってしまいましたよ。そう言えば、中居くんの歌詞にも、ところどころコメント落としていたなぁ。ファンの方に「吾郎ちゃん、聞こえない!」って言われないかと心配になるぐらいに(笑) リアクションをつけたい人なんですね。しかし、案外と自分の作品を冷静に聴ける木村、剛、慎吾に対し、どうしても照れてしまう中居、吾郎。この分かれ方が意外でした(笑) ナカゴロ・・・案外、似ているところがあるのかもね(笑)

投稿: kazuyo | 2013/08/07 07:32

Kazuyoさん、こんにちは。

スマスマ、スマ進、久々の激リピです。

先週予告見たときに「天才・・・」はきっと剛君だなと思ってて。当たり。吾郎ちゃんはどうなんだろうと思っていましたが、いやぁ素晴らしい出来。雨だれって聞いたとき、ショパン?って思ったらやっぱりそうで。吾郎ちゃんショパン好きですものね。

Kazuyoさんの五人五様の分析、さすがです。でも吾郎ちゃん、優しいと思ったら、最後に「GoodbyeForever」って、ほんとうにサッパリしたお方。

秋元さんの言葉も嬉しかったし、剛君が素直に言葉のチョイスが素敵と言ってくれたのも嬉しかった。木村君の言葉が被ったけど、「やっぱ、すげ~」とも言ってくれてるんですよね。いやぁ、剛君のもすごかったですよ。

ちょうど前日にストスマにエッセイのお願いハガキをだしていたのですが、吾郎君の文才を再確認した回でした。馬耳東風のとき、書評家の藤田香織さんが「稲垣吾郎には文才がある」と断定して書評を書いていたのは間違いなかったんだと思いました。

ほんとうに久々ヒットのスマスマでした。

バンバカの体にフィットしたインナーも素敵でしたしね。でも小さく一言、ビストロ観覧いらね。

投稿: みやっち | 2013/08/07 13:21

Kazuyoさん、こんにちわ。
キッチントークの流れは何となく読めたのと、全員に理由をテンポ良く聞いてくれていたの、然程複雑になる事は無かったです。観覧の(特にマイクが拾ってしまう)声がちょいちょい気になりましたけど、吾郎が上手く反論?してくれたので良かったです。
携帯の件では、慎吾の定番ネタに「好きだなぁ」と思いつつ、セキュリティーネタはtake fiveを思い起こされてちょっと嬉しかったです。
ゲストの味の感想は人其々ですし、良い方に難は感じましたが、中居君が絶賛してくれたの相殺(笑)
剛君の「てんぷら感」に思わず吹いてしまった吾郎に「でしょ?」と聞き返す剛君と苦笑いの吾郎が可愛くて密かにリピ率高いです。
「スマ進」吾郎が照れてしまったのもありますが、如何にも初見から画を直視出来ず。素直に褒めてくれる剛君が憧れです。
照れる吾郎はとっても可愛く、ついついリピって仕舞いますね。
課題に取り組みつつも先生と会話を交わす吾郎。先生とコミュニケーションをとっている画が割と毎回使われててちょっと嬉しい(笑)

BANG BANG バカンス♪ で、珍しく薄いインナーを着ている吾郎を見て、妙にドキドキしました(笑)
今週は楽しく見終われて良かったです。 そして耳に残るサマタイム

投稿: 緋絽 | 2013/08/08 03:07

みやっちさん
ある意味、裏切らない人たちですよね、SMAPって(笑) 吾郎は、自分の感性をフルにそのまま出してくるだろうなぁと思ったし、木村くんと剛は個性溢れる作品になるだろうと思った。慎吾は、なんだかんだ言って綺麗にまとめてくるだろうと思ったし。中居くんが「どっち」で来るかなぁと思ったのですが、やっぱり真面目に取り組んできましたね(笑) それぞれが、恋人をイメージするものがキーワードとして歌詞の中に出てきていたように感じます。吾郎の、「Good Bye Forever」ってすごいですよね。「Love Forever」じゃないんですよ(爆) 「じゃあ さよなら」なんですよねぇ。でも、なぜか冷たい感じも寂しい感じも受けないのは、その前の「晴れ渡る空 かける雲」に預けるからですね。そして、笑顔で「さようなら」なんだろう。吾郎は、恋愛はきっと未練を感じるぐらいなら別れなんか切り出さない人なんでしょうね。未練もなにもないから別れられる。ミステリアスな吾郎さんと思われているかもしれないけど、案外とシンプルな人だと思います。この辺は、やっぱり木村くんと似ているかも(笑) 文章って案外その人が表に出てきてしまうので、やっぱり受身の写真集よりも、攻めのエッセイのほうもいいかもしれませんね。まぁ、両方兼ね備えているのが一番いいかな(笑)


緋絽さん
観覧の方のリアクション、最近気になりますよね。おそらく、その場にいたら中居くんの誘導もあるし(笑)盛り上げるために乗らざるを得ず状態になってしまうと思うのですが、できたらあそこで「えぇ~」ではなくて「素敵、吾郎さん!」ぐらいは言える人がいればと思ってしまう。そうなれば、弄る側も自然にわかってくれるような気がするんですけどね。ビストロは観覧を入れるようになって、良くなった点と複雑になった点が混在しています。今度、一度いれずにまた収録してみてほしいわ。ゲストの方のリアクションも引っかかりましたねぇ(苦笑) たまたまかもしれないけど、せめて笑顔で言ってくれよと思った。吾郎が、勝負が決まったときに剛に「仕方ない、仕方ない」って笑顔だったのが救われた。あと、中居オーナーのロハス料理の食いつきはいつもものすごくいいですよね。二人に甘えてしまうのか、吾郎と剛が中居くんの好きなものを把握してるのか・・・とにかく、ここで和ませてもらったので確かに帳消しです(笑) このビストロから、「ごろさん、素敵」まで今回はこの二人に癒されました。「スマ進」コーナーとてもいいので、次回がすでに楽しみです。

投稿: kazuyo | 2013/08/08 06:39

はじめまして。みなさんよりだいぶ年上のスマップファンです。子供のいない私達夫婦は、息子のような五人のステキな青年たちに、ずっと笑いや幸せをもらってきました。
才能と個性にあふれた5人の中でも、吾郎君と剛君が大好きです。そして、いつも不思議に思うのです。
華やかな世界で(と同時に大変な世界で)これだけ長く活躍しながら、あのお二人はどうしてあんなに人を癒す雰囲気をまとったままでいられるのでしょう?
私は、剛君のあまりの純粋さに心を打たれることがよくありますが、彼の言葉には、一切嘘が感じられません。
そして、その剛君の言葉の中には常に吾郎君に対する尊敬の思いが表れている。例えば、今回の吾郎君の作詞にも、剛君は「やっぱりごろさんすごい」「やっぱり素敵」とコメントするのです。自分の中のごろさん像が間違っていなかったと確信しているように。
吾郎君が剛君の言葉の足りない部分をさりげなく補う場面もたくさん見てきました。他のメンバーがツッコミを入れる前に、本当にさりげなく(おそらく、意図的にではなく、自然に)。そのとき、私は吾郎君の心の美しさに感動するのです。
二人の間にある優しい空気感は、スマップが多くの人に愛されるグループであることの一つの大きな要因でしょうね。
いつまでもこの関係性が続いてくれますように。
そして、kazuyoさんのように熱心なファンの方たちが彼らを暖かく支えてくれているからこそ、私たちもその恩恵に与ることができているのですね。ありがとうございます。

投稿: ふうじ | 2013/08/08 12:20

久しぶりの投稿です。携帯をスマホにしたら扱いづらく改めて年を感じました。そんな引いた気持ちを払拭してくれたスマ進。吾郎の素晴らしい詞にコメントを残したくなりました。この詞を書き上げるのに近所から聞こえてくる拙いショパンの演奏を思い浮かべと状況説明する吾郎の美しい顔と立ち姿に見とれうっとりしてしまいました。ファン歴3年の新参者ですが20代30代前半の吾郎を全く知らずに来てしまったことが悔やまれます。どんだけかっこ良かったか今となっては遅い。しかしそれを救ってくれるのがKazuyoさんのブログです。先日も先行予約のチケットがとれたにも関わらずシアターコクーンの一番後ろの席で美しい顔は全く見られず当日席の方が良かったので娘とブーイングしてました。剛が観劇に来ていて更に興奮したのですが、スタイルの良さと美声で我慢しました。オペラグラスを持参しなかった事を反省しつつ家路に着いたのですが、せめて顔がはっきり見える観客席にしてほしい。チケット高いんだから(笑い)

投稿: あみん | 2013/08/08 14:14

はじめまして。TIMEと申します。
こちらのブログをいつも楽しく拝見しております。
今回は我慢ができなくなり、初めてコメントをさせていただきます。
それは良い意味で、更に言えばこの記事とはまったく関係の無いことになってしまうのですが…。
わたくしの暮らす北海道で、心療中が始まりました。
昨日25時34分からと遅い時間からでしたが、関東でもそれくらいの時間帯だったのでしょうか…?
昨今、ドラマの低レベル化が著しく、好きな人が出ていなければ観ることがなくなってしまいましたが…。
その中でこのようなドラマが作られたことが驚きであり、とても嬉しく思いました。
そしてこのドラマに吾郎さんをキャスティングしてくださったことに感謝です。
関東と放送日がかなりずれた深夜のドラマ…吾郎さんが出ていなければ見逃していましたからね。
 
30分間、目が離せませんでした。
皆さんの感想でかなり期待し、ハードルが高くなってしまっていると思っていたのですが…そのハードルを優に超していました。
間に入るCMが煩わしかったのですが、そのCMが一息つく瞬間でもあり…こんなに食い入る様に、意識をピンと張った状態で見ていることに気づき驚きました。
わたくしは舞台が好きな人間なので、一つのセットで繰り広げられる会話劇というまるで舞台の様なこの作り方はかなり好みです。
それでいて顔のアップを中心とした撮り方は表情の微妙な変化も分かり、舞台と映像の良さが合わさったような印象を受けました。
…実を言うと、吾郎さんの本格的なファンになったのは「TAKE FIVE」からというかなりの新参者なんですが…(ファンとまでは行かずとも前々から好きな方ではありましたから、何気にお見かけしていたのですがね。ほん怖観てたし。)吾郎さんの目の演技が本当に好きなんだなと感じました。
元々、微妙な変化を表現するのに長けた役者さんを好きになる傾向にあるのですが…吾郎さんもそうですよね。
それを十分に堪能できるドラマでした。
若い子達の演技も良かったですね。
萌え的部分でも吾郎さんが本当に美しくて…。
美しい横顔、手、黒々とした瞳、喉仏、穏やかな声、そして独特の雰囲気…改めて、吾郎さんって全てがわたくしのツボなんだなと認識しました。
内容に関してもビジュアルに関しても、一つも文句が出てこない。
もうすでに次回が待ち遠しいですよ。
…長々とすみませんでした。
中々語る場所が無いもので…。

投稿: TIME | 2013/08/08 21:14

ふうじさん
どうも初めまして。コメントありがとうございます。SMAPの魅力ってファンとしてわかっているつもりだけど、こうやっていろんな方からのコメントを読ませてもらうと、やっぱりSMAPってすごいと思ってしまいます。個性豊かなメンバーが集まった中で、吾郎と剛の癒される空気感は確かにすごいですよね。それでも、この二人も実際に生で見るとすごいオーラですからね。もう、誰一人遜色なく素晴らしいですから。一人一人でもすごいのに、5人固まったときのSMAPって他のアーティストの方もちょっと近づけないほどだと聞きます。それこそベテランの歌手の方が出演するあの「紅白」の現場でさえ、SMAPが通るときは「モーゼの十戒」で海が真っ二つに割れて道ができた出来事のように、人が通路の両端に自然に分かれると関ジャニのメンバーたちがラジオで話していました(笑) そんなグループでの吾郎と剛のあの柔らかな雰囲気って、本当に大事だと思いますね。もちろん、残りの三人の力強いパワーも必要。「奇跡のバランス」でできたグループ・・・まさしく、そのとおりだと思います。剛は、本当にストレートに吾郎のこと褒めてくれることが多いですね。それも、吾郎の感性やお仕事のことを素直に尊敬して話してくれる。これって、案外同じグループの中では難しいことなんですよね。全員、お互いそれぞれ尊敬していると思うのですが、ライバルでもあるのがSMAP。なかなか、仕事のことは褒めにくいみたいで(苦笑) そんな中で、吾郎と剛は本当によくメンバーの仕事のことを褒める。実は、この二人こそ「男前」な性格だと思っています(笑)


あみんさん
お久しぶりです。スマホからブログを読んでくださっているんでしょうか? 問題なく全部読めますか? なんせ、うちのブログは自分が書く記事もそうですが、ありがたいことに頂くコメントでも皆さんが語ってくださるので一頁が非常に長いと思うので(汗) 吾郎の作詞、本当に素晴らしかったですね。本当は、全部に考察を入れたかったのですが・・・やはり、それは聞いた人がそれぞれ想像してこそだと思うので野暮なことはやめにしました(笑) 朝から近所の子供がピアノで弾いていたショパンの「雨だれ」を聴いて、頭の中に浮かんだ男女の情景を美しい言葉で綴るなんて、なかなかできないですよね。窓を伝う雨だれと、彼女の頬に伝う涙を同じく美しいと思える吾郎の感性と、それを感傷的に持っていかずに前向きな詩にするところがポジティブな吾郎らしいと(笑) そんなロマンティックに作り上げたものをメンバーに聞いてもらうのが、急に恥ずかしくなったんでしょうねぇ(笑) エッセイ本『馬耳東風』を出したときに、「スマスマ」のEDトークで木村くんに読み上げられてものすごく照れていた吾郎と被りました。舞台は後ろの席で、吾郎の美しい顔がよく見えなかったということで残念ですが、舞台の素晴らしさは体感できたのではないでしょうか。次回は、オペラグラスを忘れずに(笑)


TIMEさん
初めまして。コメントどうもありがとうございました。どうしても我慢できなくてコメント残しに来てくださったのが、今、札幌テレビでスタートした吾郎主演のドラマ「心療中」ですね。関東でも、ド深夜の放送でした(笑) なので、本来ならもっと見てもらえる時間帯で放送してくれれば、もう少し話題になったのではないかとは思いますが・・・深夜だからこそ放送できる内容だったかもしれません。まだ、初回が始まったばかりだと思うのですが、緻密な脚本と度肝を抜かされるカメラワークで、作品の完成度が非常に高いドラマだと認識されたと思います。すでに、全ての放送回の感想をこちらのブログにもUPしているので、よければ放送が終わるたびに寄せられたコメントと一緒に読んで頂ければ幸いです。もし、語りたいことがあればBBSのほうにもトピックを作っていますので、今からでも残していってくださいな。

とても素敵な感想をコメントとして残してくださったので、これは是非今からでも日テレさんに送ってください。もちろん、札幌テレビにもお礼のメールを忘れずに(笑) ちょうど、DVDも発売になったので感想をリアクションとして送ってくださるとありがたいです。なんとか、続編を日テレさんには作って頂きたいので。もちろん、放送が終わった地域の方も便乗してください。カメラでUPになっても、いえ、なればなるほど、吾郎の美しさは光り輝きますね。もちろん、20代の頃のような肌ではありませんが(笑)、アラフォーにしてのこの美しさ。そして、40代前だから出せる大人の男性の魅力がしっかり映し出されていますよね。そんな外見もそうですが、個人的には本当に良い役者さんになったなぁと「心療中」を見て改めて思いました。あまりにも吾郎が難なく演じているので見過ごしがちですが、受けの演技は攻めの演技より難しいです。舞台「象」や、「VIF」のときもそうでした。存在感が受けの演技で輝くんですよね。終盤に向かうにつれ謎がひとつずつ解けていくと思います。最後のカットは圧巻でしたのでお楽しみに。すごすぎて震えますよ(笑)

投稿: kazuyo | 2013/08/09 05:55

演技では何でも出来るのに、素の吾郎はとっても照れ屋ですよね?

今回、本当に恥ずかしがってる吾郎を見て、ビストロでピン子さんの口にキスした後に、超照れてたのを思い出しました。

もしかして、あれ以来テレビで女性にキスしてないですか?


あの事を忘れたいファンの方もいると思いますが、個人的に、盛り上げてた木村君がその場面を直視出来なくて、その後に吾郎と間接キスした流れ含めて、忘れられないビストロです。

そうそう、慎吾とのキスの後もかなり照れてましたよね?

吾郎は可愛くて、照れ屋というのを再認識したスマスマでした。

投稿: なおなお♪ | 2013/08/09 09:42

kazuyoさん、こんにちは。
遅くのコメントすみません。 「スマ進ハイスクール」は皆さんのコメントを読んで、二度三度と楽しませて頂きました。もう頭の中で5パターンの曲がイヤというほど流れています(笑)  
今回のビストロのゲストの綾野さんに、残念な感じの印象を持たれたみたいなので、ちょっとコメントさせてください。 特に綾野さん目当てで見たわけではないのに、気がついたらここ最近立て続けに出演されたドラマを見て気になっていたので、先週の予告ですごく嬉しかったのですが、kazuyoさんのご指摘の通り、ちょっと試食のコメントが残念でしたね。 実は少し前に「情熱大陸」で、初めて演じている以外の姿や言葉を目にして、「ちょっと若い頃の吾郎ちゃんに似てるなぁ」と思ったので、今回のビストロはちょっとその時とキャラが全く違うし違和感すらありました。もちろん緊張もあるし、無理にテンションを上げてて、どちらが本当の綾野さん? って感じで。 もちろん、「情熱大陸」も編集が入っているし(番組特有の空気感ありますものね(笑))スマスマにいたっては、「面白さ」が最優先ですからね。
ファンの間では「綾野語録」があるくらい言葉選びも独特みたいで、誤解されやすい人かなぁ、と。そして別に知らない人に誤解されても構わない・・というブレイクしたばかりの方のちょっと尖った感じかなぁ、と思ったのですが(偉そうですみません)、色気のある俳優さんで、ぜひ吾郎ちゃんとも共演してほしいと思っています。 スマスマはそういう出会いの場だとも思っているのでバラエティに慣れない方がゲストの時は編集も気を付けてあげてほしいな、と思いました。
今は昔と違って男性は30代になってブレイクされる方も多くて、言動を見て「若いなぁ」と思うのですが、SMAPは20代前半からずっとブレイクし続けてるのですから、どんな番組でも呼吸するように存在できるのが、年季かなと思います。凄いですよね。 長くなってすみません。 

投稿: さっぴぃ | 2013/08/09 11:03

なおなお♪さん
こんなことができてしまうんだと驚くこともあれば、こんなことでそんなに照れてしまうの?と驚かされることもありますね(笑) もともと、度胸は人一番ある人だと思っているのですが、本来自分が持っている素が出てしまうとダメみたいですねぇ。根っからの役者だと思いました。そういえば、舞台でも演じているときはすごいのに、カーテンコールになると「この人、さっきまで板の上で演じていた人?!」と毎回思うので(笑) 女性に最後にキスしたのが、ビストロでの泉ピン子さん?!というのは困りますなぁ。ということで、ちょっと確認してみました。この「スマスマ」は2005年。2006年の「ブス恋」での結婚式のシーンは本当に村上さんとキスしたのだろうか?と今更ながら疑問が。(どっちにしろ、あまり嬉しくないが(笑)) テレビ以外なら、2006年のシアターコクーンで公演された「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」での大竹しのぶさんとの濃厚なラブシーンのほうが後なんですけどねぇ。しかし、このピン子さんが出演したビストロの細かいところを覚えていない・・・そして、この頃はまだVHS録画だったので見直せないわぁ(苦笑)


さっぴぃさん
ビストロのゲストの綾野剛さんの件ですが・・・申し訳ない(笑) 私は、今回の「スマスマ」で初めて拝見したので、ほとんどこの方のことを把握していないんですよ。だから、おそらく今回のビストロだけでこの方を判断したらダメだろうなぁとは思っていました。でも・・・あまり良い印象に映らなかったんですよねぇ。それは、きっと編集のせいもあると思っています。今年の「SMAPがんばります!」で、吾郎のADのお仕事が愚痴ばかりのところを放送に乗せたため、あれだけすでにSMAPの稲垣吾郎という人がわかっているはずの世間が「いやな奴」と思ってしまった人も結構いたと聞いたので。あぁ、テレビの編集は本当に怖いと思いました。綾野さんは、今後も活躍されていく俳優さんだと思うので、きっとまた何かの番組で拝見すると思います。そのときに、また印象が変わるだろうなぁと。綾野さんのことを好きな方って、スマファンの中でも多いんですね。それは、放送後の感想でよ~くわかりました(笑) 次回、またSMAPのメンバーと絡むことがあったときに、新たな目で拝見したいと思います。

投稿: kazuyo | 2013/08/10 05:05

今回のスマスマはKazuyoさんや皆様のコメントを拝読してから「スマ進」「バンバカ」拝見致しました。吾郎ちゃん、すこぶる美人さんで(嵌るのがそこ(笑))足首の細さにも真剣な眼差しの横顔も素敵とビジュの美しさに目がいって(笑)。話題の照れた吾郎ちゃん、激カワでもう愛くるしいですね。綺麗なほっそりとした指でお顔を覆ってしまう所も綺麗な方がするとまた美しい!!作詞も本当にSMAPって何でも皆できてしまうのですね。本当に次のアルバムに各自の作詞の曲入れても良いですよね。スマ進は何度も観たいと思います(まだリピできてません)。「バンバカ」の夏らしいお衣装素敵でしたね。白いインナーが体の線がはっきり解ってドッキリ、スタイル良いですね(ウエスト細~い!!) スイマセン、歌詞やSMAPトーク最高でしたがやっぱり吾郎ちゃんのビジュに嵌ってしまいました(笑)

投稿: ピカチュウ | 2013/08/11 23:34

ピカチュウさん
今回も全編通してヴィジュが良かったですねぇ。私の最大のツボは、やっぱり照れる吾郎だったんですが。歌も良かったんですが、個人的にちょっとボトムが吾郎に合っていないような気がしたんです。足首が見えているのは良かったですが。作詞は、それぞれオリジナリティがあっていいと思うので、是非、また挑戦してほしいと思います。アルバム曲となるとハードルが高いですが、自分のソロ曲ならOKではないかと。リピすると、いろいろツボがもっと探せると思うので、時間のあるときにどうぞ(笑)

投稿: kazuyo | 2013/08/12 04:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 27時間のピンポイント視聴 | トップページ | なくなったら困るもの »