« デートは畑で農作業 | トップページ | はしゃぎすぎてる殿様 »

ほんとにあった残念な話

ジェットコースターが苦手、怖いものが苦手な方が多い吾郎ファン(笑) 今年の「ほんとにあった怖い話」は、吾郎さんと子供たち以外の再現フィルムもしっかり見れたでしょうか。私は、どちらも大好きなんですが・・・個人的な感想を落としておきます。

再現フィルム・・・イマイチだったわぁ。怖くない。いや、わっ!と驚かすのは健在というか、やり過ぎというか(苦笑) そういう意味では怖かったですけど、心霊ストーリーという意味ではいまひとつだったような。藤ヶ谷くんが出演した病院の話は、もう現場が病院というだけで不気味でしたが。福くんのはやり過ぎパターン。案外と女子高の話が本当にあったのだとしたら、ちょっとゾッとしますよね。あれは、後々まで怖いかも。

昔の「ほん怖」のほうが秀逸だったなぁ。再現フィルムの内容も長ければいいってもんじゃないので。以前はコンパクトにまとめられていて、それでいて怖かったわ。この再現フィルムが長いがために、吾郎さんと子供たちの部分が大幅に少なくなったのも問題。心霊検証って必要なんじゃないかなぁ。そうじゃないと、ただ怖い話を流しているだけなんで番組の良さが失われた気がする。除霊の部分はいらないですが(ゲストが別に来る必要はないと思うので)、吾郎さんと子供たちのフィールドワークがなくなったのは残念。これも、怖い話をもっと入れ込んでほしいという世間の要望を取り入れたのなら、もう少し合間のトーク部分に時間を割いてもいいと思う。「ほん怖」じゃなくてもいいじゃん!状態になっているので。

今回は、吾郎さん率いる子供たちの数が増えていた(笑) 案外と、吾郎と子供って相性がいいんですね。本当に学校の先生みたいで、吾郎が素敵だったわぁ。いつからか、子供相手でもまったく違和感がなくなりましたね。吾郎って、子供だからと声音を変えたり、子供に媚を売るようなところがないのもこういう番組に向いていると思います。吾郎のトークに素直に大笑いする子供たちに癒される。しかし、皆、吾郎に怖いからとくっついていられるのが羨ましい・・・子供の特権だよね(笑) 「ほん怖」のテーマ曲すごく不気味で優秀だなぁ。また、シリーズで見たいです。


そうそう、「ほん怖」の番宣として、吾郎ががレギュラーの金曜日の「笑っていいとも!」に生出演しました。剛との癒しコンビにすごく期待して見させてもらったんだけど・・・いまひとつだった(苦笑) せっかくの二人の並びが見れると思っていたのに、メインコーナーで剛が進行をすることになるので絡みがまったくなかった。ここは、タモリさんで良かったんじゃないの? 最近、タモリさんが出てこないコーナーがメインになっているんですね。これも、「いいとも」の意味がないんじゃないんだろうか。吾郎のテンションが正直に下がっていたのが(笑)

なので、残念なことに、この「いいとも」で一番盛り上がったのは、吾郎が出てきたオープニングです。タモリさんとのニアミスのちゅーkissmarkのご挨拶も可愛かったし、剛が「ごろさん、ごろさん」と言っているのも良かった。吾郎に準備されたフリップには「ごろう」と書かれているのも素敵。剛曰く、「さすが、ごろさん!」ですね(爆) 

Vlcsnap2013081816h34m51s128_3

もしかと思うけど・・・吾郎、自分で「ごろう様」と書いた(笑)?

最後の吾郎の「ほん怖」番宣パネルでも、剛とのツーショットが仕方ないとは言え提供に丸被りで残念感だけが残ってしまった「いいとも」出演でした。次回に期待(笑)!

|

« デートは畑で農作業 | トップページ | はしゃぎすぎてる殿様 »

コメント

「ほん怖」まだ観られていません(昼間でなければ観れませんが昼間暑くてまだ観られてません)。毎年だんだん吾郎さんとほん怖クラブの子供達とのシーンが減ってきてますよね。昔は本当に吾郎さんと子供達のやり取りが楽しくて怖いシーンもみれていたのに残念です。本当に怖いシーンの時吾郎さんにしがみつけれるのもお子様特権ですよね~Kazuyoさんと同じく羨ましい~!! 金曜いいともの番宣拝見しました。ビジュは引き続き良くてlovelyお衣装もカーデの似合う男性って素敵の見本の着こなしで私個人では好きなお衣装です。色合いもベージュで本当にシンプルなのに着る人が良いと素敵ですよね。つよぽんとの絡みが少なくて残念でしたが最後の二人並んだ時に提供が被っちゃったのが一番残念でしたね。Kazuyoさんがおっしゃるとおり、タモさんとのエアチューとつよぽんの「ごろさん」の連呼がツボですね。

投稿: ピカチュウ | 2013/08/19 01:06

Kazuyoさん、こんにちわ。
期待していただけに、残念な気持ちになってしまった「ほん怖」
私はあまり怖い話が得意ではないので、昔はドラマ部分は見てなかったんですが、最近は倍速で見てます(怖さ半減?)
子供たちとのやり取りは、最初と最後+合間で1回の計3回。ドラマの合間のやり取りを、もう1回位見せて欲しかったです。あの子供たちとのやり取りが微笑ましくてホッと出来て好きなんですけど。

そして「いいとも」 最後のコーナーがちょっと長引いてしまった感じでしょうか?最後は番宣も出来ないのかとちょっとドキドキしちゃいました。(吾郎の会いたい人が来てたら、もっと危なかったのでは)
こちらも期待していた剛君との2ショットが見れなかったのは残念でした(提供バックぎりぎりまで頑張ってはくれましたけど)
最近コーナーを休まれるタモリさんと、もしや(最後にしか)会えないのでは!?と心配していたのでオープニングで会えた&ニアミスkissmarkが見れて良かったです(笑)
タモさんのいないコーナーでは、吾郎もあまり楽しそうでなかったし、コーナーゲストも多くあまり映らなかったし。
それなりに良いところもあった・・・筈? 期待し過ぎはダメですね。

投稿: 緋絽 | 2013/08/19 01:26

movieピカチュウさん
怖いのやっぱり苦手ですか(笑)? 今年のはそう怖くなかったと思いますよ(たぶん(笑))。でも、相変わらず驚かす感じのが多くて心臓には悪いかもしれない(苦笑) 吾郎さんと子供たちの和み部分が減ってしまって残念ですよね。本当に毎年、毎年短くなる。そんなに、再現フィルムだけ見ておきたい人が多いんでしょうか。検索してみたら、案外、この部分が少なくて残念だと言っている方が多かった気がするのですが。フジテレビさんには、次回はもう少し時間を割いてもらうようお願いを出しておくのがいいかもしれませんね。「いいとも」の吾郎も素敵でしたね。あれ、私服だったんでしょうか。眼鏡はべっ甲の少し色の入ったグラスだったので、この間「ストスマ」で言っていた私物のサングラス仕様のべっ甲眼鏡のうちのひとつのような気がします。剛とのほんわかな絡みをもっと期待していたので残念ですが、番宣という意味ではちゃんといつもの「いいとも」内でできたのかな(笑) 剛がずっと笑顔で吾郎を見ていたのは癒されました。


movie緋絽さん
倍速で再現フィルム部分を見ると、怖さは半減しますか(笑)? しかし、こうやって見ている人も多いんだろうなぁ。なんか、HDDにも残しておきたくないから速攻で吾郎さんのところだけ編集したっていう人も多かったみたいですが(笑) 「ほん怖」側にとったら、思い切り間違った見方だと思うのですが仕方ないですよねぇ、怖かったら(笑) 今回、本当に吾郎さんたちのところが少なくて残念ですよね。あれ、収録はものすごく時間かかっていると思うのに・・・。「いいとも」では、確かに吾郎の「会いたい人」で提案したカップルが一組でも来ていたら番宣できなかったかもしれないですね(汗) あのコーナーは、全員じゃなくて数名の「会いたい人」でいいですよね? 最近、「いいとも」のコーナーがつまらないみたいですね。私は、吾郎がゲストで出演するときぐらいしか拝見していないのでわからないのですが、剛ファンの方が特に金曜日のコーナーが残念な感じになっていると嘆いておられました。これこそ長寿番組なので大変だとは思うのですが、観覧の方もほとんどリアクションできないコーナーは再考すべきだと思いますね。少しだったけど、タモリさんと剛と絡めた吾郎が可愛かったです。

投稿: kazuyo | 2013/08/19 04:56

Kazuyoさま

Kazuyoさんが私の思っていることを全て上げてくださったので「ごもっとも」としか感想はないのですが・・・本当に怖くなかったですね(爆)ああ、これでもかって見せ付けられると返って怖くないんですよねぇ~もう少し見る側に想像をさせないと。病院は入院していた頃に消灯後、洗面所までの薄暗い廊下の行き帰りを何時も小走りだったことを思い出しました。何も無いのに勝手に頭の中で想像するのが一番怖かったりして(笑)

Kazuyoさんのおっしゃるように、徐霊はいらないけれど、ドラマとドラマの間には以前のように霊に対する解説を専門家にしていただきたいですよね。霊感など全く無い私ですが、興味本位で霊のスポットなどに行ってはいけないということを過っての放送で学んだ気がします。それに吾郎さんと子供達の会話は、ドラマを見終わった後の安堵感と癒しになります。吾郎の子供に媚びず、一人の出演者として扱う様が私も好きですしもう少し長く時間を取って欲しい。

以前の方が緊張感を持ってドラマを見られたし、吾郎と子供達のコーナーも変化があって面白かった。今回も短いながら吾郎のトークは秀逸なのに、残念感が強く残るのは何なんでしょうね(苦笑)

最近のあのテレビ局の番組を見ていると、どこまで視聴者の要望に応えようとしているのか疑問に思うことが度々あります。

投稿: さやか | 2013/08/19 21:08

movieさやかさん
驚かすのと怖い話というのは別物だと思うので、今年はなんだかなぁ~という感じのが多かったです。それに見ていて「えっ?!これで終わり?」という感じのが多く、そのあとにまだ心霊検証があれば納得できるものが放ったからかし状態なのは否めない。再現フィルムだけを見たいという人たちは、今回ので満足したんでしょうか。再現フィルムはあくまで、本当にあった話を再現するものであってドラマではない。ドラマ形式のを見たいのであれば、「世にも奇妙な物語」を見ればいいことです。こちらは、俳優さんたちがガッツリと演じてくれるのが面白い番組だと思うので。でも、「ほん怖」は今でこそ夏休み中の特番になっていますが、元々はシリーズで吾郎さんと子供たちでちゃんと心霊検証をプロの方からお聞きしてためになる番組だったんですよね。それが評判だったので、今でも特番で続いているものだと思うのに・・・これでは、残念という感想しかあげられないです。ここで愚痴っていても仕方ないので、やはり公式HPやフジテレビさんには感想はしっかり送っておこうと思います。しかし、吾郎と子供たちの交流はいいですね。あれを見ている小学生の子たちは、吾郎みたいな先生と一緒に恐怖体験授業とか受けてみたいだろうなぁと。(怖いのが苦手な子はダメでしょうけど(笑)) 公式HPにも小、中学生の子たちの書き込みがすごく多いのも頷けます。視聴対象がそういう世代の子たちであるはずの番組だったことを思い出してほしいですね。

投稿: kazuyo | 2013/08/20 03:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デートは畑で農作業 | トップページ | はしゃぎすぎてる殿様 »