« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

番組のグレーゾーン

フジテレビで放送された「SMAP GO!GO! 直前SP!」は、普通に本放送の見せどころをピックアップした番宣番組と思っていた。ところが、なんと2012年の春に収録されながらも未公開でお蔵入りにされたビストロ丸ごと一本分と新企画として発表されていた「SMA UP」というコーナーの映像でした。後者はまだしも、ビストロ丸ごとお蔵入りってゲストの方に非常に失礼ではないかと。加えて、この直前SPは放送されなかった地域が多かったと思います。実に面白かったので、未放送地域の方はローカル局に要望を出してください。見なきゃダメです(笑)

ビストロのゲストは、名古屋出身でプライベートでも仲が良いという三ツ矢雄二さん、戸田恵子さん、そして竹下景子さんです。NHKの「中学生日記」の前に放送されていた「中学生群像」という番組に共演したのがきっかけで、まさに40年以上ものお付き合いというからすごいです。トークは、三ツ矢さんが中心で三人の女子トークでした(笑)

三ツ矢さんと戸田さんは、今でも年に一度は二人だけで一緒に海外旅行に行って部屋はひとつというからほとんど女友達(爆) 皆さん、驚いていましたけど、私にもそういう男性の友人がいます。彼はグレーゾーンではないですが(笑)、友達はずっと友達なんですよね。戸田さんの言われる「ヘタな女友達より楽」ってすっごくよくわかるわ(爆)

キッチントークも盛り上がりました。三ツ矢さんの家にSMAP全員で行ったことがあるという話は、以前「ちょっとだけ会いたい人」のコーナーに三ツ矢さんが出演してくださったときに話していましたが、SMAP全員が覚えていなかったというすごいエピソード(笑) そして、吾郎の名言「僕は三ツ矢さんだけのものじゃないから」発言を、ここでも披露(爆) 三ツ矢さんが吾郎に舞台では胸張る姿勢でと教えてくれたと、隣の木村くんを自分にしてペタペタと・・・中居くんがすかさず「ボディタッチはダメじゃないですか」と忠告するのに笑いました。というか、そのときのテロップ「三ツ矢さんと稲垣のあやしい関係」と出す番組はどうなのよ(笑)?!

そして、なぜかここで誰が聞きたいのかという(笑)『グレーゾーン三ツ矢雄二の恋人選び』ということで、全員を恋人にするならという順位発表が入ります。これが、なかなか人をちゃんと見ている三ツ矢さんらしいコメント付きで面白かったんですよね。先に結果報告をすると・・・

1位 稲垣吾郎
2位 竹下景子
3位 戸田恵子
4位 草彅 剛
5位 香取慎吾
6位 中居正広
7位 木村拓哉

これは、あくまで三ツ矢さんが自分の恋人にするならという順位で、下だからといって悪いことを言わずにこうだから自分とは合わないんじゃないかという持っていき方だったのでまったく不愉快にならなかったですね。

木村へのコメント 「完璧すぎてつきあっていると劣等感を感じそうで、恋人にするには怖い
中居へのコメント 「心底、優しい人だと思う。でも、照れ屋さんなのでわざと自分ではずす二面性があって(つきあうとなると)面倒くさい
慎吾へのコメント 「自分が包み込んであげなきゃいけないのに、身体も大きいし逆に包み込まれるのはグレーゾーンとしてつまらない
(慎吾が、「もうちょっと上だと思った・・・」と本当に残念そうなのが可愛い。こういうところが好かれる理由なんでしょうね)
へのコメント 「そばにいても気にならない。世話を焼きたくても自分でなんでもしちゃいそう」
吾郎へのコメント 「子供のときと変わらずSMAPの中で一番気になる存在で可愛い
(吾郎が思わずハグすると、顔を真っ赤にする三ツ矢さんも可愛いです(笑))

木村くんは怖いというより恋人にも厳しい人だと思う。悪いことは悪い。(以前「うたばん」で手も上げてしまうこともあると言ってましたね) 男女区別せずものすごく正義感がある人なんだろうと。そして、優しいときは本当に誰よりもスイートだと思うわ(笑) 真逆である木村くんと吾郎が順位でも表れています。でも・・・そんな二人は大親友。二人にとっては、自分に持っていないものに惹かれあうんだろう。

三ツ矢さんはSMAP全員にプレゼントpresentも持ってきてくれました。これが本人曰く「下着ソムリエ」(笑)(笑)(笑) ちゃんと、それぞれに合ったものを用意して、紙袋までそれぞれ色違いで動物を貼ったりして非常にマメな方なんだと思いました。

木村 - ライオン、ブルーのバーバリーのボクサーパンツ
トンガリの声でプレゼントを渡す三ツ矢さんに威嚇する木村くん(笑) 
慎吾 「トンガリとブタゴリラみたいになってる(笑)」 (これは、いつもの慎吾の間に挟むナイスなコメントだったのですが・・・(笑))
木村 「俺、ブタゴリラannoy?!」
慎吾 「(即効で)すいませんsweat01・・・いやいやいや(剛に)ブタゴリラろ(汗)?」 (ものすごく焦っているのに笑いました(爆))
中居くんの「よく履いているじゃないです、ブルーのパンツ(笑)」というコメントも・・・いや、なんでもないです(笑))
中居 - 、ステテコ(と三ツ矢さんが言っていましたが、中居くんがよく部屋で履いているようなハーフパンツみたいなもの)
慎吾 - 、サイズがわからなかったので、ドルチェ&ガッバーナのTシャツ
 - バク、パステルボーダーのトランクス
吾郎 - うさぎ、背筋を伸ばすコルセット (愛がこもってますねぇ(笑)理由が「ずっと王子様でいてほしいから」)
木村 「うさぎはヤバいよっ(笑)!」 ←意味がわかりません、木村さん(爆))

オーダーメニューは、名古屋出身ということで名古屋めし。木村、吾郎ペアのうなぎの代わりにフォアグラを使ったひつまぶしが勝利。キスは、当然、中居くんの指示で吾郎は三ツ矢さんから(笑) もう、これだけでかなりのレポになりましたが・・・お蔵入りなんですよ(怒)

BISTRO SMA UP』は、一流のシェフをお呼びして食べて学んでもらおうという企画。今回は、NYでロバート・デニーロがオーナーとしてオープンした日本食「NOBU」の元料理長である東郷健一郎さん。世界各地に支店がある有名な日本食レストラン「NOBU」ですが、もちろんロンドンにもあります。いち時期は予約が一年先じゃないと取れないというぐらいセレブの集まるところでした。私たち海外在住日本人にしてみたら、普通の日本食のほうがずっとおいしいと思うというのは、ここだけの話(笑) でも、日本食をできるだけ海外の方に食べやすく、そしてフレンチのように綺麗にお皿にプレゼンするというアイデアは素晴らしいと思う。

今回はサラダとお寿司。アメリカ、ヨーロッパ、中東と地域によって味付けも変えて提供。ブルーオマールが美味しかったんだろうとは言え、イギリスで出しているサラダに全員リアクションが良かったのが嬉しかった(笑) モルトビネガーは、イギリスでチップス(いわゆるフライドポテト)にたっぷり振って食べるのが常識。家庭に必ずある必需品です。

試食の座り位置が、向かって左から、木村吾郎慎吾中居。きむごろさんたちが二人でひとつのテーブルを使い、吾郎が左利きなのもあるけど二人の距離が近い、近い。確実にぶつかっているのに二人とも直そうとしない。きっと、これが「普段どおり」なんですね(爆) どう見ても食べにくそうなのに、誰も指摘しないのがそれを物語っている(笑) パクチーが苦手な木村くんに「だいじょうぶ?」と隣から優しそうに言う吾郎に、全身を預けて振り返る木村くん。いや、普通に試食コーナーなのに非常においしいカットでした。

明日、本放送の「SMAP GO!GO!」がありますが、朝からメンバーそれぞれ番宣で生放送出演もあります。取りこぼしのないように。4時間半SPということで確実にいっきに感想はUPできないと思うのですが、ゆっくり落としていきますね(笑)

| | コメント (7)

世話焼きさんとおっちょこちょい

今週は「スマスマ」がお休みだったのでのんびりしていたかというと、いつもより時間があると思ってリピしたかった映像を何度も見ていると・・・通常より遅い時間まで起きている羽目になって寝不足の一週間となりました。告白すると・・・朝起きれなくて、二度ほど「すっぴん」で出勤して、会社で化粧した(爆) そんな中で、安定して放送される吾郎のラジオ番組。ありがたいです。

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2013年9月26日放送分

つぶやきメッセージ
「スマスマ」での40分ノンストップ生ライブを見ての質問。pencil「放送のあと、皆さんで食事など行かれたりお祝いをされたんですか?」 応募が多くてスタジオに来れなかった人が多かったみたいで、テレビの前で一緒に応援してくれていたと思ってやっていた。とても楽しかったと話す吾郎。そのあとでお祝いとかは一切ありませんでした!と(笑)

SMAPな時間
生ライブの感想は本当にたくさん届いたんでしょうね。感想のお便りが続きます。pencil「汗まみれになって、くるんくるんになった吾郎さんの髪の毛が久し振りに見れて嬉しかったです。メドレーは大変だったと思いますが、リハーサルを含めて裏話があったら教えてください」 前代未聞でできるのか不安というのもあったけど、吾郎自身は終わったあと体力的にもまったく問題なかったそうです。番組内では感動はあったけど、「大変だったねぇ」みたいな風にはしていたそう(笑) でも、ファンの方が目の前で応援してくれたのは大きかったと、ファンに対して感謝の言葉を伝えてくれることに感動。リハーサルは、昔の振り付けもあったので結構と時間はかかったそうです。今後も、ファンと一緒にお祝いできるようなことはやっていきたいという言葉が嬉しかった。

「ゴロデラ」100回記念お祝いメッセージ。pencil「テレビ番組の「良心」と言うべき企画、お二人の素晴らしいMCに魅了されています。横尾さんを迎えての一時間SP楽しかったです。これからも、各分野の著者を期待しています」 今までTBSのこの枠で頂いている自分の番組で、「ゴロウ・デラックス」が一番長いんですけど・・・(これ、おそらく吾郎は言い間違えたと思います。長かったのは「ゴロバー」ですよね(笑))、今、長く続いているのはすごく嬉しいとのこと。何より、「ゴロデラ」はやっていて本当に楽しく、小島さんに感謝している。他の人となら、ここまでできなかったと思うと。ゲストが素晴らしいと、業界でよく言われるので業界人気があるのは実感しているのだとか(笑) 今後も、もっと続けていきたいというのは本音でしょうね。

noteMistake!note

メンバーとの時間
ラジオネームの面白さに食いつく吾郎(笑) あれ? 以前は、あんまりラジオネームは凝ったの送ってこられると読むとき恥ずかしいとか言ってませんでしたか(笑)? パーソナリティとしての意識が変わってきたか・・・。ここでも、生ライブの話題です。pencil「吾郎ちゃんが見たこともないヘアスタイルになっていましたが、どれも素敵ですよ(笑)「Joy!!」のイントロのとき、中居くんが吾郎ちゃんの足元を指して二人でニヤニヤしていましたが、あれは何だったんですか?」 ???になる吾郎(笑) 中居さんが左にいて・・・おそらく、「お前、こっちだよ」と立ち位置を指したんじゃないかと推測する吾郎。中居くんは、わかっているのによく立ち位置とか指示すると(爆) 世話焼きというか、ありがたいんだけどよくやる。草なぎくんなんかは、よく間違えてメンバー全員から突っ込まれると笑っている吾郎ですが、別に中居くんとイチャイチャしていたわけではないですよ(笑)って・・・誰も、そんなこと言ってないわっ(笑)(笑)(笑)! 「Joy!!」のときは、中居くんはバテていてそんな余裕なかったんじゃないか。立ち位置の指示をされた覚えがないと、相変わらず、ぶったぎる吾郎でした(笑) いや、確実に二人で笑いあっていたのは事実。意味がなくても、コンタクト取り合うのが癖なんじゃないかと個人的には思っていますが。

pencil「先日、『ナカイの窓』で中居くんが、元マネージャーさんの話をされていました。元マネージャーさんに炭酸ジュースを買ってくるようにお願いしたら、単三の乾電池を買ってきたそうです。んふっ(笑) 面白いマネージャーさんだなぁと思って聞いたら、今、吾郎さんのマネージャーをしていると中居くんが言っていました。マネージャーさんは面白い方なので、どんな方なのかもっと知りたいです(笑)」

吾郎がいろいろ思い出しのか、くすくす笑いっぱなし(笑) これは、噂のM氏ですよね。

吾郎 「あのぉ・・・もう、僕のマネージャーじゃないです、残念ながら。くっくっくっ(笑)まぁ、もともと中居くんが20代前半のときに、そのマネージャーが中居くんのマネージャーをやってて。ちょっと、こうぽわ~んとしているところがあって、おっちょこちょいが多いマネージャーさんでね。それから、何年かしてから僕のマネージャーさんで10年近く現場にいたんですけどね。んふっ(笑) まぁ、でも・・・話しづらいですね。いろんな人が窓の外にいるかと思うとね(笑) まぁ、誰に気を遣うわけではないんですけど、この番組。でも、頑張ってましたよね、後半ね。どうですか(笑)? まぁ、今は、後輩のマネージメントをやっているんですけども。だから、厳密に言うと、今、僕のマネージャーではないんですよね。中居くんは、僕のマネージャーってところで止めておいたほうが面白いと思って言ったと思うんですけど、この番組は全部リアルを伝えるんで(笑) 中居くんの「笑いの法則」に反してしまったら申し訳ないんですけど、もう、僕の元にはいません」

実は、M氏のことでは面白いエピソードはたくさんあるらしいですが控えたようです(笑) でも、「ストスマ」では結構しゃべってしまうので、何でも聞いてくださいとのことでした。M氏は、今、後輩のA.B.C-Zのマネージャーさんなんですよね。グループの統括マネージャーさんになっているわけだから、今はしっかりされているんではないでしょうか(笑)

吾郎の自由時間
FCの会誌の吾郎のコメントに対するお便り。pencil「新しい自転車を買ったとおっしゃっていましたが、吾郎さんは何歳で自転車に乗れるようになりましたか?」 小学校4、5年生だった記憶があるとか。10年ぐらい前に買った自転車をメンテしていたのでずっと乗っていたけど、自転車屋さんにたまたま入ったときに、持ったときに軽くなっていることに驚いてつい買ってしまったのだとか。中古車のほうは、年下の友達にあげたそうです。

pencil「26歳の頃に、初めて一人旅をしました。観光したというより、いろいろ考える時間が多かったので街中で人々を見ていた記憶があります。吾郎さんは一人旅をしたことがありますか?」 20代の頃は、海外でも一人で行ったことも何度もあるけど最近はない。一人が好きだけど、案外寂しくなるのもあるのだとか。「ゴロデラ」で六角さんに教えてもらった長野に行く電車の旅をしたいという吾郎でした。

リクエストSONG notefreebirdnote

「五六二三」(吾郎文)
pencil「56年振りの東京オリンピックが楽しみです。吾郎さんの東京オリンピックへの期待や楽しみな競技種目などのお話を聞きたいです」 お便りにもありましたが、56年振りで「吾郎」ということに反応する吾郎(笑) 吾郎はご両親から1000円記念硬貨をもらった記憶があるそうです。東京でオリンピック開催が決まって嬉しかったと。

もうひとつ、オリンピックに合わせたお便り。pencil「7年後のSMAPさんたちは、上は48から下は43と(笑)かなりベテランになってますね。吾郎さんは、7年後はどんな感じになっていると思いますか」 47歳になっても、自分はあまり変わってないんじゃないかと思う。仕事は続けてられてたらいいし、結婚もなりゆきかと。何らかの形でSMAPはお仕事でオリンピックに絡むんじゃないかと笑っている吾郎ですが・・・私もそう思います(笑)

noteはだかの王様 ~シブトク つよく~note

ここで、吾郎からお知らせ。来週から、文化放送でのこの「ストスマ」は木曜日の夜7時半からの放送に変更となります。文化放送でお聞きの皆さんは、お間違えのないように。時間が早くなってリアルタイムで聴くのが難しい人もいるかもしれませんが、録音準備は忘れずにお便りもいままでどおりたくさん出していってください。

| | コメント (7)

祝!「ゴロデラ」放送100回記念

まずは言っておかなければいけないこと・・・

ゴロウ・デラックス」、放送100回記念shineおめでとうございます!

吾郎の深夜の冠番組がTBSさんで始まったのが、2004年4月の「吾郎の細道」。そこから、「吾郎のソナタ」に続いて「Goro's Bar」が4年半もの間続き、「マイ・フェア・レディ」から「GIゴロー」、「哀愁探偵」と続きました。この「ゴロデラ」が始まったのが2011年の4月です。ありがたいことに、すでに2年半も全国放送でないのに頑張っているんですよね。「ゴロバー」が放送地域が多かったのに比べて、ほぼ関東圏のみでの深夜放送がここまで続いていることはすごいことだと思います。

そして・・・あまり深く考えていないけど、吾郎の名前が番組名に冠としてついているのもすごいことなんです。SMAPの中で考えても、レギュラー番組で名前が冠についている番組を持っているのは、中居くんと吾郎だけなんですよ。これは、本当にTBSさんに感謝しなければいけません。この100回記念でのお祝いメッセージを是非、公式HPから送ってほしいと思います。

100回記念として、今回の「ゴロデラ」は30分番組を繰り上げての一時間スペシャルでした。もちろん、ゲストも「ゴロデラ」ならではの素晴らしいゲストとなりました。そして、間違いのないロケ。本当に番組スタッフの方たちは、よく考えてくれています。

新宿の紀伊國屋書店前で、100回記念の小さな金色のくす玉を割る吾郎と小島さん(笑) 紀伊國屋新宿本店が用意してくれた特設コーナーへ向かう二人。そこには、100回放送までに課題図書となった本がズラリと陳列されています。これは、9月末まで縮小してコーナーを残してくださっているのでお近くの方は是非見に行ってください。課題図書は、全て吾郎は自宅に置いてあるそうですが、知人が持って帰る率が高かったのは宋先生が書かれた「本当に気持ちのいいセックス」だそう(笑) これは、表紙のイラストもインパクトがあるしね。番組もとても面白かったのを覚えています。

そして、今夜のゲスト横尾忠則さんが待つ画廊へと移動。47年前に横尾さんが初めて個展を開いたというこの画廊には、横尾さんが描かれた日本の近代文学作家222人の肖像画が展覧されています。白黒の写真をPOPに色彩豊かに描かれて展示されているのは圧巻。

第九十七回課題図書 『横尾忠則 全装幀集』 横尾忠則著

Photo これまでに手がけた1000点ものブックデザインを収めた貴重な一冊。1960年代、挑発的な色使いやデザインで時代の寵児となり、人気歌手のアルバムジャケットや国民的ホームドラマのタイトルバックも製作。

ここで、横尾さんの装幀哲学を吾郎が朗読。店頭に並んだときに、本の要素じゃないようなものがあるようなデザインを作りたい。ブックデザインは、出版社からではなくて90%は知り合いの著者から頼まれたのだとか。とにかく、いろんな著名人の方とお知り合いの横尾さん。三島由紀夫さん、高倉健さん、浅丘ルリ子さんと、それはそれは驚く人たちばかり。これだけでなく、次に横尾さんの世田谷の家にあるアトリエにも招待してもらうことに。壁には参考文献となる本が並び、床にはパレットがひしめきあっています。そして、奥にあるちょっとしたリビングの窓からは森が広がる素敵な場所。

横尾さんは、5歳の頃から絵を模写したりと描くことが本当に好きだったそうです。地元の会社でデザイナーとして活躍し、28歳でフリーデザイナーとして独立。そのときに知人に知らせた方法は、死亡通知を出して自身が首吊りをしたデザインを公表。とにかく・・・変わっています(笑) 褒めてくださったのは、三島由紀夫さんや寺島修司さんたちだったらしい(笑) 国内だけでなく、ローリングストーンズのミック・ジャガーからもオファーがあったり、ジョン・レノンヨーコさんともお知り合いというから国際的です。

ここで、もう一度ヨーコさんの夢を見た横尾さんの文を吾郎が朗読。これも、また・・・変わってるわ(爆) アーティストは普通の人が持たない感覚がないと有名にはならないものなんでしょうね。吾郎が、すごい言葉をまた連呼していましたが(文章にあるから仕方ない(笑))、「きっと、ヨーコさんの長い黒髪が会ったときにすごく印象的だったんでしょうね」とコメントする吾郎さんが素敵heart 

世間のほとんどの方が見ていたというドラマ「寺内貫太郎一家」や「ムーの一族」のタイトルバックも手がけた横尾さん。あぁ・・・これ、かすかに覚えている。ドラマでも台詞なしでちょっと出演された横尾さん(笑) 当時、37歳だった横尾さんを見て「僕より年下だ(笑)!」と面白がる吾郎が可愛い。

先日「ゴロデラ」にゲストで来られた寂聴さんからの横尾さんの話に加え、たくさんの著名人のお話をされたものが流れ、ハコちゃんのお墓参りとして向田邦子さんのお墓のVTR。そして、親太朗くんの消しゴムはんこも披露。横尾さんからも褒められて、親太朗くん、良かったね。最後に見せて頂いたのは、横尾さんがこれまでお会いしたクリエーターの方たちから頂いたサイン帳を見せてもらうことに。一冊の分厚いサイン帳にたくさんのサインが。長年大事にされているので表紙も年季が入ってます。そこに、以前、「稲垣芸術館」というフジテレビの深夜番組で横尾さんにお会いしたときの吾郎のサインが! 2000年9月16日の日付付き。これは、すごい(笑) そして、今度は「ゴロデラ」として親太朗くんのはんこと三人のサインがここに加わりました。

吾郎 「また、こういう機会があったら、来てくださいますか?」

吾郎の優しい笑顔に、「是非!」と応えてくださる横尾さん。「稲芸」、久し振りに見直したくなりました。この番組もとってもアートで良い番組だったんですよねぇ。ちょっと、「ゴロデラ」と通じるところがある番組だった。吾郎は、こういう芸術的番組に合っている。これからも、ずっと「ゴロデラ」が続いていきますように。そして、全国放送に切実になってほしいです。

| | コメント (9)

吾郎さんは外人顔

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2013年9月19日放送分

つぶやきメッセージ
pencil「カラオケを歌っているときに、歌の間奏の間はどうしていますか?」 お便りを出された方は、どうしていいのかわからなくて気まずくなることがあるためアドバイスをお願いしたいということでしたが・・・吾郎自身が、あまりカラオケに行かないので意識したことがないけどという前置きのあと、間奏のあとは次の歌の準備としてリズムをとったりするのがいいというのがバカ正直な真面目な答えだそう(笑) 誰かが歌っているときは、誰も気にしてないと思うけど、踊りだしたりすればいいのでは(笑)?ということでした。

SMAPな時間
BOSSの新CMの話題。pencil「『アロマ香る花屋編』では、吾郎さんだけ花を持っていないですね。会見では、中居くんと慎吾くんに突っ込まれていましたが、持ち帰られた白いバラはまだ綺麗に咲いていますか?」 このBOSSの花屋編のCMは、パリの街並みをモチーフにした花屋さんに皆が集まるという設定だったらしい。花を持っていない設定は深い意味はない。スタッフの方が何千本とお花を用意してくれて、撮影後に持って帰ってくださいと言われたので、メンバーでは吾郎一人だけ持って帰ったらしいです。さすが(笑) まだ、オンエアーされていないCMもあるそうなので楽しみですね。

映画「おしん」の試写会に行かれた方からのお便り。pencil「ここねちゃんが来てくれたのですが、実際に53日間親元を離れ電話、メールさえ絶っていた。一切涙を見せず、トイレに行く振りをして実際は泣いていたというエピソードも話してくれました。吾郎さんとここねちゃんのエピソードがあれば知りたいです」 このここねちゃんが親との連絡を絶っていたのは、吾郎は知らなかったそうです。撮影は大変だったとは思うけど、きっとここねちゃんにとって一生の思い出になったと思う。役柄が厳しい父親という設定だったけど、撮影合間には楽しくお話していたそうです。ニューヒロインのここねちゃんを、是非観に行ってほしいという吾郎からのメッセージでした。

noteココロパズルリズムnote

メンバーとの時間
pencil中居くんがテレビでうつぶせで寝ていると聞きました。吾郎さんは、どんな形で寝ていますか?」 吾郎は、普段は仰向けだそう。寝れないときに、横向きになって丸まったりするけど、余計に眠れなくなったりするとか。中居くんのうつぶせで寝るというのは苦しくないのかなぁと、考える吾郎。顔が浮腫むんじゃないか、健康が心配ですという優しい吾郎でした。

pencil慎吾くんが「いいとも」で、吾郎さんはライブなどでその会場に入ったときに会場の湿度をスタッフさんに聞くと言っていました。本当ですか?」 湿度の目盛りは聞かないけど、暑かったら冷房はいつ入れたかは聞くと。ライブ会場は大きいので、リハのときから冷房をそんなに強くつけると莫大な費用がかかるので節電なことが多く、湿度が気になるそうです(笑) 

吾郎の自由時間
pencil「猫を抱いている吾郎さんの写真を見るとたまらない。猫と吾郎さんの可愛らしいお話があれば、是非お願いします」 自分が飼っていた猫は、実家のほうに預けてしまったので、完全な一人暮らしだという吾郎の表現が面白い(笑) そうかぁ・・・でも、猫ちゃんたち長生きですね。きっと、すごい可愛がってたんだろうなぁ。ご両親の飼っていた犬が死んでしまって寂しがっていたのもあって預けたそうですが、よく実家には顔を出すので猫ちゃんたちには会っているそうです。最近、ご両親はトイプードルを飼われたそうで、犬より猫派だったけど最近は犬も好きになったんだとか。猫とは同居という感じだけど、犬は飼い主が全てなので責任感がないと飼ってはいけない気がするという吾郎はやっぱり優しい。

「五六二三」(吾郎文)
舞台「ヴィーナス・イン・ファー」で共演された中越さんの舞台のお話。pencil「友達に誘われて断った東京の中越さんの舞台に、吾郎さんが来ていたと聞いて後悔しました。「VIF」は二人芝居で、共演者の方のブログやツイッターで打ち上げの話が出てこなくて寂しかったですが、打ち上げとかはされましたか?」 これ初耳です(笑) 吾郎が、中越さんの舞台を観に来ていたってまったく落ちてこなかったですね。確かに、吾郎は観に行ったらしい。一緒に舞台に立った人が、自分はオフで舞台を観ているのがすごく不思議な感じがしたのだとか。中越さんを舞台女優としてベタ褒めです(笑) 「VIF」は出演者だけでなく、スタッフも少人数だったので内輪で打ち上げをしたそうです。要望があれば、「VIF」は再演をしたいと思っているとかなり前向きなコメントをしていました。吾郎本人も、またやりたいなぁとふと思うそうですので・・・これは、要望を出してもいいかも(笑)

英国に留学していたときの報告お便り。pencil「留学先の先生にSMAPを知っているか聞いたら知っていました。イギリス人の友達にSMAPを見せたら、6人中5人が吾郎さんが一番好きって言っていました」 なんだか、最近、ヨーロッパ系のお便りが多いです(笑) 吾郎ファンの方って、ヨーロッパが好きな人が多いのかな? 自分もこうやって英国に長くいるわけですが(笑) 吾郎は、イギリス人に人気があるのは素直に嬉しいですと(笑) 目と眉の間が近い感じがイギリス人っぽいんでしょうかと(笑)(笑)(笑) ちなみに、私も英国人の同僚にSMAPの写真を見せたことがありますが、吾郎を指差して「この人は、スペイン人とのハーフ?」と聞かれました(笑) ちなみに、SMAP全員の年齢は25歳ぐらいに見えるそうです(爆) イギリス行ってみたらモテるんでしょうかねぇ・・・って、吾郎、可愛すぎ(笑) 来ればいいのに。その前にドイツに行きたいので、その流れでイギリスにも行ってみたいなぁと。ドイツは行ったことがないので憧れなんでしょうね。どこでもいいから、とにかくヨーロッパに行って写真集のための写真を撮ってください! これも、ヨーロッパの話が出るたびに言っているわ(爆)

pencil「ジャニーズの皆さんは、ずっと体型を維持していますよね。吾郎さんは、朝晩、何を食べていますか?」 持って生まれた体質って大きいのかなぁとは思う。吾郎自身が、結構食べるのに太らないからだそうですが、なんと羨ましい体質だことで(笑) でも、間食はしない、夜遅くは食べないというのは守っているそう。甘いものはあまり食べないが、お酒は飲んでいるけどあまり体重は変わらないよう。思うに、吾郎は毎日軽くてもジョギングをして運動しているのも大きいかも。というか、絶対に太らないで(笑)!

noteJust Go!note

| | コメント (8)

転んだのはダルマじゃなくて・・・

今夜の「SMAPxSMAP」のビストロも別館。それも、ハリウッドスターのヒュー・ジャックマンさんのご来店。最近、別館が多いのは評判がいいんでしょうかね。やっぱり、ゲームよりトークで回すほうがおもてなしテクが素晴らしいSMAPには合っていると思います。ヒューさんは、一度ビストロ本館に映画「レ・ミゼラブル」の来日で来られたので二度目。今回はお一人でシリーズ最新作「ウルヴァリン:SAMURAI」の宣伝で来店。ちゃんと、最初にSMAPのメンバーの名前を一人ずつ覚えてきて握手をするヒュー。本物のスターは、おごることなく礼儀正しくユーモアもあるこういう人のことを言うのよね。

オーダーは、日本が大好きということで『最高の天ぷら

  - キスとミョウガの天ぷら & 車エビと湯葉の天ぷら
木村 - ハモと松茸とハマグリの天ぷら & やわらか熟成豚とアスパラ肉巻きの天ぷら
慎吾 - ホタテとウニと海苔の天ぷら & マンゴーとカタラーナの天ぷら
吾郎 - 一本穴子の天ぷら

トークは、ヒューの「都市伝説」なるものから話を広げていきますが、ほとんど「TRUE(真実)」(笑) 俳優になったきっかけや、今まで断ったことのある作品やら興味深いエピソードばかりでした。しかし、ハリウッドでは断った作品を公で言ってしまっていいんですね(笑) SMAPのメンバーもいろいろあるとは思うのですが、なかなかこうやって話すことはできないんじゃないのかなぁ。SMAPのこともすごいグループだと言ってくれて、ヒューは本当にいい人だ(笑)! 

吾郎が最後に天ぷらを作っているときに、ヒューが10歳の頃チャンピオンにもなったというヨーヨーで全員で盛り上がる。「カウンターキッチンの意味ないじゃん!」と吾郎。まさしく(笑) ナカゴロ小芝居劇場も入って何気においしかったですが(笑) ちゃんと、そんな吾郎に最後天ぷらの温度計で構ってくれる優しいヒュー。気配りもできる方みたいです。ヒューと同じく吾郎がサウスポーなのは、ご本人じゃなくて通訳の方が食いつかれた(爆)? ここで、またナカゴロちゃん。

中居 「穴子はねぇ、ちょっとねぇ・・・」
吾郎 「なんか僕のこと陥れようとするんですよ。同じメンバー同士なのに」
ヒュー 「オーストラリアでは、悪いことを言うっていうのは本当は好きだから言っているんですよ」 
(中居さん、「あら~んheart01」というように両手を頬に)
吾郎 「なに~、そうなのぉ?」 (この言い方、可愛い)

そうだ、そうだ。中居さんは、吾郎のことが好きだよ。ただ、それが限度を超えてしまってちょっとそれは・・・とファンが思うことも言ってしまう(笑) 弄りは結構。仲良い証拠。でも、ちょっと言葉のチョイスは考えてほしいよね。それさえ、しっかりしていればナカゴロはすごく可愛いので。

なぜに、吾郎は一品だったんだろう(笑) 勝者は、ウルヴァリンの格好をして頑張ってくれた慎吾でした。

中居くんの映画「ATARU」のコント第二弾。これは、もうシンツヨがむちゃくちゃ良い仕事をしてまして、オチが実は読めるのに笑える。最後のアドリブまで最高でした(笑) そこから、中居くんのソロnoteねぇ・・・noteへと続きます。これは、「スマスマ」でも見せてもらえるのはファンは嬉しいですよね。しかし・・・すごいな、局越えの宣伝(笑) 事務所がすごく推しているんでしょうか。別に局関係なく宣伝できるのなら、今後もSMAPメンバー全員の映画の宣伝をこれぐらいしっかりやってほしいですね。というか、他のメンバーのソロも「スマスマ」でやってください!

そして、実は今回何気に楽しませてもらったのが、新企画密着ゲーム「ダルマサンガheartコロンダ」だった(笑) 今回、SMAPからは木村くんと吾郎のみで、ゲストとしてオネエ軍団三名が参加。本当ならば、SMAP5人でやってくれたら萌え企画だったと思うのよねぇ。でも、今回のゲストの方たちは空気を読んでくれた。ここに、あの人がいたらものすごくねちゃ~とした感じになってしまっていたと思う。ちょっと、ツボを拾っておきます。

・ どういったゲームか知らされずに入ってきたSMAP三人の「???」の表情(笑)
・ 木村 「あのぉ・・・リアル女子にしてください」 (それは、ファンが嫉妬するから無理です(笑))
・ 木村さんが比較的楽そうに見えたのは、瞬時に人が集中しなさそうなところを陣取るのが上手いから
・ 吾郎の上に乗っかって一緒に転んでしまうIKKOさん。吾郎、「やぁ・・」って言った・・・超、萌えた(爆)
・ 絡んだときにクレームする剛(笑) ご愁傷さま・・・という感じの木村くん(爆)
・ 4人で残ったときに、このままでは同じ人と密着することになる・・・と考え、吾郎のほうにサラッと移動する賢い木村さん(笑)
剛にKABAちゃんと組ませ、自分は吾郎と。That's キムゴロ(笑)(笑)(笑)
・ 最後、残り三人を「うぉぉぉぉぉ!」という声と共に跳ね上げて勝利する木村さんがかっこいい! 三人、ころころころ・・・(爆)

とにかく、このゲームでの吾郎の色気が半端ない。そして、案外とどんなポーズも平気でやってしまう吾郎さん。吾郎の四つんばいに、くら~っと(笑) そして、生足首の細いこと、細いこと。これは、やっぱりSMAP5人でやるべきだよね~。

「スマスマ」は次週はお休みで、その翌週にSMAP4時間半SP。どうやら、過去の秘蔵映像なんかも飛び出してくる予感。5人旅やシングル50曲披露などのSMAP企画が世間にも好評だったことから、「スマスマ」特有のうけたら何度でもパターンです(笑) でも、こういうリピート企画はファンも大歓迎! なんとなく、テレ朝さんの「SMAPのがんばりますっ!」を彷彿とさせるような企画が続きますが楽しみですね。

| | コメント (14)

ドイツへの里帰り

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2013年9月12日放送分

つぶやきメッセージ
以前、大橋トリオさんからFNSでの吾郎との共演に対するお礼がTwitterでありました。それをファンが吾郎の「ストスマ」に送って、さらに吾郎からお礼がありしっかり大橋トリオさんに伝わって・・・という流れのお便りです。pencil「このような素敵なやり取り、ほっこりしますね」 だったらもっと伝えておいてほしいことがある。コンサートにも来て頂いてお会いする機会が何度もあったんですが、もう少しお話したかったなぁとファンに託す吾郎。えぇ?! それは、吾郎、自分で大橋さんにお会いしたときにお伝えするべきことなんじゃないんですか(笑)? もちろん、ファンはできるだけ伝書鳩chickになって吾郎に伝えたいことは頑張って飛び回りますけど・・・人との交流は自分でするべき(爆) だって、大橋さんもその言葉は吾郎からちゃんと直接お聞きしたいと思うわ。誰とでもお話できる吾郎だからこそ、今度お会いしたときに是非このエピソードで盛り上がってほしいと思う(笑)

SMAPな時間
吾郎から、SMAPデビュー記念日に「スマスマ」で放送された生放送ライブの話がありました。
吾郎 「50曲シングルメドレーというすごいことに挑戦さして頂いたんですけれども、皆さん、いかがでしたか?僕らも最初はどうなるかなぁと思ったんだけど、やっぱり楽しかったですね。また、こういう機会があればやってもいいんじゃないかなぁと思うんですけれども。9月9日で月曜日というのは珍しいことで、前回は2002年でそのときはそれに対して触れなかったんでしょうかね(笑)次回は、2019年。6年後ですから、SMAPが何事もなく順調にやってこれたとしたら・・・シングルって今、一年に2曲ぐらい出しているから・・・あと10曲ぐらいは最低でも増えるわけですよね。皆さん、期待していてください」
触れてない・・・あれだけ、剛が涙目になりながら「スマスマ」で他のメンバーに「この、タコSMAP!」と叫んだのを覚えてない(笑)? それとも、吾郎的には話題になったという意味ではなくて、ライブをしなかったということなんでしょうか。6年後に、今回と同じようにシングルメドレーができるのなら、その翌年の東京オリンピックでも、SMAPは何かコラボとかして活躍してそうですよね(笑)

楽天エンタメナビでの相田冬二さんのSMAPコラムのお便り。pencil「舞台『ヴィーナス・イン・ファー』や映画『おしん』を絶賛されていますので、未読でしたら是非読んでください」 いろんなメディアやマスコミを通じて評論家の方たちが褒めてくださったり、コメントしていることは意外と僕らの耳に届いていないことが多いので、こうやって知らせてもらうと嬉しいと聞いて驚き。全部ではなくても、少し拾ってメモとして渡してあげればいいのに。それぐらいは担当マ ネがするべきことなんじゃないのかなぁ。まぁ、マネージャーさんたちもそんな時間がないかもしれないですが。「おしん」での山形弁はあまり上手くいかなかったなぁという思いが強くて、映画を観て自分では違和感を感じたと、なかなか自分には厳しいですね、吾郎さん。私はまだ映画を観ていないのでわからないですが、山形弁に関しては概ね評判いいと思います。

『ほん怖』へのお便り。pencil「怖いのは苦手ですが、吾郎さんと子供たちのやり取りが好きで毎年頑張って見てます。公式HPに子供たちから、吾郎さんと共演しての感想が載っていました。(子供たちのインタビューでのコメント報告)」 晃佑(こうすけ)くんは隣にいて、ずっと抱きついていた子ですよね(笑)とお気に入りっぽいコメントが(笑) 毎年1回続けさせてもらってありがたいと思っているんですけれど、これからも続けていきたいということでした。

noteshow your smilenote

メンバーとの時間
pencil木村くんがラジオで『自慢できない特技』というのに、友だちと写真を撮るときの変顔で唇を横に広げることですと言っていました。吾郎さんは、何か自慢できない特技はありますか?」 あぁ・・・木村くん、よくやりますね。なんか、気持ちいいんですかね、唇kissmarkという吾郎のコメントおかしくない(笑)? 自慢できない特技はゴルフのリフティングかな。リフティングって何かと言うと、アイアンのフェイスでゴルフのボールを弾いて・・・分かる人にはわかりますよね?わかんない人はもういいです。普通に1、2分はできるんじゃないかなぁとのこと。スタッフの方が、「自慢できる!」と何度も小声で言ってくれるのに認めない吾郎(笑) 最後オチがないと・・・って、ボールを頭に乗せてフィニッシュとか激しくいらないので普通にかっこいい吾郎さんを見せてください(爆)

pencil『ぷっすま』を見ていたら、くんがギターを始めたと言っていました。まだ始めて一ヶ月も経っていないといいつつも、ちょっとだけマイギターで弾き語りをしていました。吾郎さんは、知っていましたか?これからは100点を目指し、ライブでの披露が目標だそうです。楽器といえば吾郎さん。バイオリンはいかがされていますか?吾郎さんもギターの次は、バイオリンを披露なんていかかですか?」

吾郎 「そうですね。最近、草彅くんギターをやってますね。楽屋なんかでも、ちょこちょこ弾いているのを見て・・・こうやって「ぷっすま」で言っているんだったら報告してもいいのかなぁって感じですけれども。「そういえば、最近、草彅くんギターやっているんだよねぇ」なんて、こんな「ストスマ」で軽口を叩いてしまったら、「そんなの、まだ言わないでよぉ」なんて感じになって怒られたら困るんでね(笑)特に敢えて言わなかったんですけれども」

剛がギターを始めてライブで披露したいというのもすごいですが、吾郎がもしかしたら剛はファンを驚かせたくてこっそり練習しているかもしれないから、ラジオなんかで軽はずみに言えなかったという吾郎が素敵すぎて。本当に、自分のこと以外に関しても「言っていいこと」と「そうでないこと」を常に頭で考えている人だと思いました。吾郎さん、素敵heart01

吾郎 「確かに、ここ1、2ヶ月ってところですかね。僕もギターは高校生ぐらいのときからやっているんで、僕なりにアドバイスできることとかあれば伝えてもいいのかなぁとは思うんですけれども。敢えて僕に何も聞いてこないんで、あはっ(笑) 温かく見守ってますけどねぇ。たぶん、自分で独学で勉強したいのかな。僕もアドバイスするほど上手いわけではないんで、ライブではこの間久し振りに弾いたりはしましたけど。楽しかったんで、またギターは本当に続けていきたいなぁとも思っているんですけどもね。草彅くんが始めたから、いい機会だからねぇ、僕も一緒になってちょっとやりたいなぁなんて気分もあったんですけどねぇ。草彅くんが黙々と一人で楽屋でやっているので・・・少しでもねぇ「ごろさん、これちょっと聴いてよ」とかさ、「ごろさん、このコードどうやって押さえるの?」とか聞いてくれればね(笑)、こっちも一緒になって「あぁ、俺もやるよ、剛。一緒にやろうぜ!」みたいな感じにできるんですけどねぇ。木村くんになんて言われるかでしょうねぇ、あとねぇ(笑) でも、いいですよねぇ。三人でアコースティックでライブでもできるしねぇ。頑張ってほしいですよねぇ・・・なんて話をしていて、僕もギター好きなのかなぁって気がしてきましたけど。少しは、僕に頼ってもらいたいものです

ちょっと、頼ってほしい吾郎が可愛い(笑) 剛の口真似すごく上手いです。それも、ちゃんと「ごろさん」って言っているのがこそばゆかった(爆)

吾郎の自由時間
pencil「夏休みドイツに行ってきました。古城巡り。水よりもビールが安くて、ついつい飲みすぎてしまいました。のんびりして、吾郎ちゃんにもこんな街が似合うかなと思いました」 古城巡りが憧れるという吾郎は、前世がドイツ人なんでドイツへは旅行というよりは里帰りしたいなぁと思っているらしい(爆) ドイツでもイギリスでもフランスでも、とにかく吾郎はヨーロッパの風情が合う。現状、ヨーロッパ旅行なんてとてもじゃないけど時間取れないと思うので、お仕事でヨーロッパに行けるといいですよねぇ。是非、ドイツの古城巡りを! 

「スマスマ」でのJoy!!での浴衣姿への感想。pencil「Joy!!の浴衣の柄は、5人とも斬新だなぁと思いました。5人とも似合ってましたよ。吾郎さんは、プライベートで浴衣、持っていますか?」 最近、浴衣を着る機会が多かったけど、「スマスマ」の向陽閣の浴衣は、寝るためと卓球やるための浴衣、Joy!!のときの浴衣は可愛かったと思いますというコメントに笑いました。でも、どっちかって言うと吾郎は、プライベートで着るならもっとシンプルで渋い浴衣のほうが好きだそうです。

リクエストSONG note夏の風を忘れゆく様にnote

「五六二三」(吾郎文)
「スマスマ」の殿サマーヌードへのお便り。pencil「最高でした。吾郎さん、普段はクールでかっこいいのに、コントになると100%お笑いモードになりますよね?そのギャップが、私も小学校5年の息子も大好きです。どこにスイッチがあるのか教えてください」 どうやら、この殿サマーヌードはものすごく反響があったようで、月曜日の「スマスマ」やっている時間に友だちからすごいメールがきたらしい(笑) セクシーゾーンの佐藤くんから「吾郎くん、殿サマーヌード最高です!」ってメールが来たそうですが、ジャニーズは昔から先輩に対して「くん」呼びで、まさか自分の息子ぐらい離れている佐藤くんから「吾郎くん」って呼ばれるとは思っていなかったとくすくす笑う吾郎。コントでも役者として演じるという意識があるそう。家に帰ると、まったくタレントとしてのスイッチは切ってしまうという吾郎でした。

noteあなたのためにできることnote

今回の「ストスマ」でかかった曲は、全部、吾郎のあっまい歌声が聴ける素晴らし選曲でした。

| | コメント (6)

月下新橋の夜

なんと、今回の「ゴロウ・デラックス」も外ロケだった。それも、ちょっと雑然とした新橋ガード下を歩くスタイリッシュな吾郎さんと小島さん(笑) そう・・・出向く先は東京は千代田区にある丸の内新聞社員食堂。中に入った吾郎が放ったひと言・・・

吾郎 「また出てきちゃうの?!西村賢太さん

まさしく、西村さんが似合いそうな食堂(爆) ここを訪ねた目的は、趣味で小説を書きながらも現役の「食堂のおばちゃん」がいらっしゃるから。その不思議な小説家の素顔に迫ります。

第九十六回課題図書 『月下上海』 山口恵以子著

Photo 第20回松本清張賞受賞作。戦時中の上海で繰り広げられるスキャンダラスな人気画家の女を巡る4人の男たちの物語。

山口さんは、もともとドラマや映画の原案やあらすじを書くプロットライターというお仕事をされていたという経歴の持ち主。子供の頃から物語を考えるのが好きで、漫画家になるのが夢だったのだが絵が下手ということでその夢を諦める。早稲田大学文学部を卒業した後、脚本家を志しプロットライターの仕事を始める。午後の時間をプロット作成にあてるため、午前中で終わる食堂の仕事に就いたのが始まり。

吾郎と小島さんが、山口さんの社員食堂で作るポークジンジャー定食(300円)を頂きながらお話を聞くことに。ここで、親太朗くんが山口さんの一日に密着して食堂のお手伝いをしたVTRを持って参加。山口さんの一日は朝4時50分に家を出て始発電車に乗って食堂へ。食事の下準備などを全て終えて食堂で朝食を食べるのが8時15分。午後2時には帰宅して、小説を書く時間に・・・。

なかなか大変な一日ですが、松本清張賞を頂いたから食堂の仕事を辞めるということは考えていないそう。明日、どうなるかわからない身なので、続けていきたいというかなりしっかりしたヴィジョンをお持ちのよう。話し方としては、少し久保ミツロウさんに似ているなぁと感じました。淡々としていてはっきりと自分の思ったことを話される。違うのは、久保さんはウィットに飛んだ面白いお話をされてオチを必ずつけてくれるのに対して(笑)、山口さんは良くも悪くも才女という感じを受けます。かと言ってジョークが通じないわけではなく、面白いことを話されるのですが・・・どこか冷めている部分があってダークbomb(笑)

ここで、吾郎と小島さんで、「スキャンダルを逆手に取り人気画家に成り上がった女主人公多江子と、そんな彼女の上海での活動を支える中日文化協会の岸という男性のダンスホールでのワンシーン」を朗読。吾郎は、やっぱり台詞が入った朗読は上手い。お二人も読みながら絵が浮かぶと言っていましたが、朗読を聞いていて吾郎が演じている様子が見えるようでした。というか・・・演じてほしい(笑)

小説の中には官能的なシーンもありますが、山口さんご自身は55歳になる現在まで恋愛をしたことがない非恋愛体質だと自己分析。吾郎がものすごく驚いていました。そりゃ、吾郎にとってはそうだろうよ(爆) でも、そんな山口さんのお話を聞いていて・・・

吾郎 「でも、大きな恋って・・・人生、何回あったのかなぁって」

と、考える吾郎。だから、いまだに独身なんだよ(笑) きっと、恋愛経験は豊富だと思うけど、心底惚れた女性が今までにいなかったんじゃないんだろうか。きっとモテル人だろうから、あまり自分から女性にすごくのめりこむってことなかったんじゃないかとも思うのですが・・・そんなことは、吾郎本人じゃないとわからないので断言はしません(爆) 

このあと、山口さんと一緒に新橋の夜に飲みに行くことに(笑) 43回もお見合いをして結局まだ独身なのは、「44、5歳で独身の男性ってもてないかバツイチかどちらかだから、いい人がいないわけ」という話がありましたが・・・私は、そうとは限らないと思う。結婚したいと思う女性に出会わなければ、その歳になっても独り身の男性は普通にいると思う。SMAPの大半がそうであるのが証明しています(笑)

親太朗くんの消しゴムはんこ作品を、今度の山口さんの出される本の装丁に使ってもらおうと盛り上がり、そのときはまた皆で飲みに行きましょうという素敵な夢の話で今夜は幕を閉じました(笑) しかし、吾郎さんは新橋の飲み屋でも紳士だったわheart

来週の「ゴロデラ」は、いよいよ放送100回記念です。スペシャルととして横尾忠則さんとのロケで一時間SP! 番組には是非お祝いメッセージを送ってください。

| | コメント (6)

SMAP酔いした夜

本当にやってしまいました。「SMAPxSMAP」でのデビュー記念企画『SMAPデビュー曲からの全50曲をノンストップ40分間生ライブ』! 生放送前のSMAP5人が控え室で本番前の集中力をそれぞれに高めている様子を見て、とにかくやり遂げてくれると確信。

ファンが集まるステージのスクリーンに最新50曲目のnoteJoy!!noteのシングルジャケットが映し出されカウントダウン。10曲ごとに本番前のメンバーそれぞれの顔のUPが入り込み、否が応でもテンションは上がってきます。1991年9月9日の雨の西武園でのデビューイベントの映像と共に、デビュー曲noteCan't Stop!! -LOVING-noteを現在のSMAPの声が被ってきます。始まった!!!

どど~~~んっshine!!!!!

スクリーン幕が下りて、キラキラの紙ふぶきが舞う中SMAP5人が登場。黒のロングジャケットに黒のパンツで全員お揃いの衣装。とってもかっこいい! この一曲目から画面右下に40分のカウントダウン数が表示されていて、最後の曲までノンストップで見せてくれることがわかります。このロングジャケットが薄手なため、裾がひらひらしてとっても素敵。特に吾郎の裾さばきはとっても優雅で、細身の身体にも似合ってましたね。

とにかく全部がツボ! いちいち拾っていけない。シングル50曲は、以前「スマスマ」で全部紹介したので割愛させて頂きますが、どれもこれも今現在のSMAPが歌ってくれるのは本当に貴重。もう、ライブではお目にかかれない曲も多いので。全50曲を40分に収めるわけだから、当然サビなどの一部分しか披露できないわけで、これは歌詞を覚えるのも振り付けもフォーメーションもおそらく短時間で頭に叩き込んだSMAPがすごいということになります。なんせ、5人全員揃ってリハーサルできる時間が、忙しいSMAPのメンバーは非常に難しい。50曲ノンストップも大変ですが、それよりも実はこの過程が大変だったと思う。そんなことを感じさせない5人のパフォーマンスに感動!

全員がところどころ危なっかしいところが歌も踊りもあった。でも、もうそんなこといいじゃないかと。歌は上手いにこしたことはない。踊りもすごいほうがいいに決まっている。正直、歌も踊りも完璧じゃなかったよ。でも、SMAPの曲はSMAPにしか魅せることができないわけで、誰がやってもこんなにかっこよくはならない。一人一人がファンへの感謝と、そしてずっと一緒にやってきたグループのメンバーへの絆を40分間感じさせてくれた。これ以上の喜びはない。だから、音程をはずしたとか、踊りがずれたとか野暮なことはいっさい言わない。こんなパフォーマンスを見せてもらって、そんな細かいこといちいちレポにできないわ(笑) あと、萌えツボも細かいところ出していこうと思ったんだけど・・・断念しました。なんか、今回はそういうことできなかった。気持ちが良い意味でついていかないんです。

吾郎に関しては、もう全部ツボだし(笑) 汗でどんどん癖が出てくるんくるんになっていく様が愛しすぎて辛いレベル。どうして本人がコンプレックスなのかわからないぐらい、吾郎の癖毛はとっても素敵。こんな綺麗にふわふわな癖毛の人って、日本人にはあまりいないですよ。歌いながら笑顔も絶やさず、体力も落ちることなく回復力も早かった。最後、中居くんの振りに「また、やりたいね」と言ってくれた吾郎。そして、メンバーそれぞれが役割を全うして最後SMAPらしさを見せてくれました。

最後のnoteJoy!!noteが終わって、5人でハイタッチをして労う様子に涙、涙。きっと、始まる前に絶対に笑顔でやり遂げるとそれぞれが固く暗黙で誓ったんだと思う。誰か一人でも脱落したら、今回のパフォーマンスは成功しなかった。それを全員で無言で称えあう姿に感動ですsweat02

後半、全員とてつもなく体力的にもきつかったと思う。汗もすごかったし。ときおり辛そうな表情はすれど、ず~っと笑顔の5人でした。後ろのスクリーンに当時のSMAPが映っていたけど(当然、森くんもそこにいます!)、年齢を重ねてきたとは言えこの人たちの笑顔はずっと変わらないと思った。個人個人で活躍しているSMAPがなぜ、ずっとSMAPでい続けることを選ぶのかファンに伝えてくれた気がする。TOPでいることに、あらゆるところから叩かれるSMAP。実は世間の方たちなんかより、よっぽど性質が悪いのは業界内だと信じて疑わない。でも、勝手なことを記事にして書かれても一切反論せず、実力を見せてくれるSMAPだからこそ、ファンはずっとついていく。

きっと、この先も変わらない・・・SMAPのファンでよかったと思わせてくれる彼らに感謝!


追記: 今回の「スマスマ」生ライブ番協に参加されたファンの方のマナーがすごく良くて、それがネット記事にもなりました。心から、感謝したいと思います。ライブを最後まで気持ちよく見終わることができたのは、彼女(彼)たちのおかげもあったと思う。本当にありがとうございました!

| | コメント (21)

変わらないこだわり

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2013年9月5日放送分

今週9月に入ってオープニングテーマ曲が『Moment』に変わりました。

つぶやきメッセージ
pencil「寝つきが悪くて眠れないことが多いです。吾郎さんは、眠れないときはどうしていますか?」 眠る前まで何かしているので寝つきはいいほう。リビングで本を読んだり、映画を観たり、お酒をちょっと飲んだり、電話をしていたりしていて眠くなったらタイミングを逃さないようにベッドに向かう。夜中に目が覚めちゃったときは、本を読んだりインターネットをやったりしているとすぐに眠くなるのであまり寝れないということはないという吾郎。へぇ~、私の場合はネットやっているときに眠くなったことがない(笑) だいたい、ブログ書いているときすごいアドレナリン出ていると思うもん(爆) 会社から家に帰る電車の中が最高に眠くなる。よく、iPhone持ったまま寝ているときありますからね(笑) なのに・・・家に帰ると目がさえる。しかし、ベッドに一旦入ると5分で寝る(笑)(笑)(笑) 私も吾郎と同じで、あまり寝れないということはないです。いやいや、そんなことより・・・吾郎ってネットやってるの? 何見ているんだろう?

SMAPな時間
「スマスマ」でのS-LIVEに関してのお便り。pencil「歌のゲストで出演される方に興味を持ったり、この曲は吾郎さんやSMAPの声に合うから曲を作ってくれないかなと感じることがあります。最近コラボされた方で、印象に残っている方やエピソードがあれば教えてください」 最近は、若いアイドルグループの方たちとコラボすることが多い。年齢の差に驚くけど、やっていると楽しい。自分たちが10代のアイドルだった頃に戻してくれる。普段よりテンションあげて挑むので、コラボさせてもらうとためになるし刺激になる。個人的には、この間「FNS」でやらせて頂いた大橋トリオさんが印象に残っているとのことでした。

「ゴロデラ」での眼鏡について。pencil「普段が裸眼なので、たまに見る「ゴロデラ」での眼鏡姿にきゅんきゅんします。「ゴロデラ」での眼鏡は、吾郎さんが自分で選んでいるんですか?」 視力が悪いので、度付きの眼鏡をしていることが多い。普段の仕事はコンタクトレンズだけど、「ゴロウ・デラックス」の場合は収録が結構と長いので(一本二時間ぐらい)、スタジオが乾燥しているのでコンタクトだと辛いので眼鏡でやろうと思い、自分で眼鏡を持ってきて使用しているようです。度付きの眼鏡は10本ぐらいしかないので、また買い足したいという吾郎ですが・・・10本あれば充分じゃないの? おしゃれな人には少ない数なんでしょうか??? 私にはわからない(笑) 眼鏡は案外高いと話す吾郎。反射防止、傷がつきにくいもの、湾曲しているものでも歪んで見えないものなどというオプションを付けていくと一本10万円ぐらいになると(さすが吾郎が選ぶ眼鏡(笑)) フレームも大事だけどテンプル(耳にかけるところ)が結構と大事だと主張する吾郎は、日本製の眼鏡を選ぶことが多いのだとか。こだわりが多いから高価になるのね。普通に計算して度付き眼鏡だけで100万かけているわけだ・・・いや、だから10本で充分だよね(笑)?

note君とBoogie Woogienote

イケTELスマップ
福岡の明太子の話をして二回目のイケTELになったラッキーな方。今回はうどんの話で盛り上がってました(笑) というか、食事の話で普通に女子の友達同士のランチタイムの会話だったよ。そして、お母さまと電話を変わって「いつも娘がわがままを言いましてぇ」に笑いました(笑) 母娘で一緒にSMAPのライブに行かれているということで、お母さまからのリクエスト。

リクエストSONG noteエンジェルはーとnote

吾郎の自由時間
イギリスのケンブリッジに留学されている方からのお便り。pencil「以前、「ストスマ」でイギリスに旅行に行きたいと話をされていました。ケンブリッジがお勧めです。ロンドンから2時間ぐらいの郊外にあるので静かな町で過ごしやすい気候です。ケンブリッジ大学は建築が素晴らしくお城のようで癒されます。吾郎さんが着たら似合いそうなスーツがたくさん売っています。ワインの専門店もあります」 ケンブリッジ猛プッシュのお便り(笑) 英国の町並みは、本当に吾郎はどこに行っても似合うと思います。本人はフランスが好きみたいですが(笑) 吾郎は長期旅行は行きたいけど、行けたとしても急にスケジュールが空くことがあるので一緒に行ってくれる人がいないと。えぇ?! 吾郎って一人で海外旅行に行けない人? もう、だったら英国なら急にスケ空いても仕事休むから連絡してくれれば案内するのに(爆) 東京であれだけ人の目に晒されて神経休まることないのに、一人旅ができないなんて致命傷(笑) っていうか、ロンドンに昔知り合いがいるって言ってたよね? その人に連絡すればいいのに。そのときは、私にもこっそり教えてください(爆)

pencil「昨日、富士山に登ってきました。家族が登山好きで来年は吾郎さんと剛くんが登った槍ヶ岳に初挑戦します。吾郎さんは、槍ヶ岳に登って何が一番大変でしたか?」 大変だったのは、最後の槍の部分だと即答の吾郎(笑) 急勾配というかロッククライミングの世界。大変な上に高いところが苦手なので単純に怖い。撮影のときは曇っていたので大丈夫だったけど、晴れていたら登れていなかったかも・・・と思い出して笑ってしまうほど、吾郎、怖かったんですね(汗) 本当によく登ったと思いますよ。登山は自分からは行こうとは思わないけど、達成感とかはあるんでしょうねぇ・・・とは言いつつも、やっぱり敢えて山登りをしようとは思わないような気がします(笑)

「五六二三」(吾郎文)
朝井リョウさんがゲストで出演された「ゴロデラ」を見て。pencil「大学生活いいなぁ~と羨ましがっていましたが、もし吾郎くんが大学に行くとしたら何の勉強をしたいですか」 具体的には考えたことがないけど、政治経済とかちゃんと勉強したい。歴史とかもいいなぁと答えつつ、勉強というよりは大学生活のキャンパスに憧れがある。サークルとか遊びの部分が楽しそうでと非常に正直な吾郎さん(笑) 朝井リョウさんのことは「ナイスガイgood」と褒めておりました。子供の頃から明確な夢がある人は、成功するものなんだと感じたそうです。

pencil「美容院に行って7年ぶりに真っ黒だった髪を茶色にして、3年ぶりに前髪を切りました。吾郎さんは、イメチェンをするのならどんな髪型にしたいですか」 吾郎はよく「髪型が変わらない」と言われるけど、自分自身は髪型は別にそう変える必要はないと思っているのだとか。その人のキャラに合っていればそれでいいんじゃないのかなぁと考えるんだけど、見ている人はいろいろ見たいのかなぁと。でも、癖毛なのでやりようがないと諦めモードの吾郎ですが、本当にコンプレックスなんですね。とってもふわふわで綺麗な癖毛なのに・・・。短髪もあまり好きじゃないと聞いて嬉しかったわ(笑) もう変わらない面白さで攻めるみたいですが、いいから、くりんくりんにもう一度だけでいいので戻してください(笑)!

noteHIKARInote

| | コメント (4)

結婚したくなる理由

今回もガラリと趣きを変えてのゲスト。「ゴロウ・デラックス」がいっきに女子力virgoの高い番組に(笑) 今夜のゲストは、あの中居くんも大好きな(笑)清原和博さんの奥様です。実は、初めて拝見したわけですが、どんな感じの方かと思っていたら・・・思いのほか素敵な女性だった。私は、こういう女性は大好きです。

オープニングトークでは、小島さんが「いつも素敵な吾郎さん」と衣装が似合っているのを褒めてくれます。今回は、ジャケットがミリタリー調カラーのグリーンのジャケット。確かに、すっとした男前な吾郎には似合っています。

吾郎 「僕、前世がドイツ人なんで」
小島 「は、はい?!」

これは、2007年の「ほんとにあった怖い話」でハリセンボンのお二人と催眠療法の先生にお会いして前世を占ってもらったときのことを、吾郎がしっかり覚えているんですね(笑) そのときに言われたのは、「吾郎さんの前世は第二次大戦の頃にベルリンに住んでいたドイツ人のマイクという男性で、飛行機の整備士をしていた」という話でした。吾郎が覚えているということは、結構とその前世を気に入っていたのだろう(爆)

第九十五回課題図書 『MY STYLE』 清原亜希著

My_style ファッションや料理など、著者の飾らない素顔が満載の一冊。私服を自分でスタイリングして着こなすファッションセンスが大人気。清原さんは、元野球選手の清原和博さんの妻であり、二児の子供を持つ母親。お子さんが小学5年生と2年生の男の子が二人というのは、小島さんと同じだそうです。

親太朗くんが、清原さん自らお気に入りの写真パネルを持って参加。スタッフが遊び心で写真パネルの最後に、小島さんの写真集から競泳水着を着たパネルが・・・吾郎、むちゃくちゃ笑っていますが失礼だよ(笑)

清原さん流ファッションスタイル
1. いいものはメンズもとりいれる (バッグやデニムなど)
2. 人にどう見られるかではなくて、自分が好きなものを着る
3. 癖毛は気に入っていて自然に任せる (吾郎 僕なら乱れたらヒステリックになっちゃう」(笑))
4. アクセサリーはほとんどしない代わりに、ストールや帽子を愛用

ここで清原さんが、自ら持ってきてくださったセンスの良い色とりどりのストールの巻き方講座がスタート。ストールだったら吾郎も負けてないよね(笑) 今の衣装にと吾郎が自ら選んだストールのカラーは濃いめの紫。まずは、吾郎がいつもは1回首に巻いて前から通したり、結んだり・・・とやっていると、清原さんがサササ~とヴォリュームをつけて軽くまとめてくれます。もう、これはセンス以外の何ものでもないですよね。とっても素敵。これは、吾郎きっと今後取り入れると思います(笑)

清原さん自身は、鏡を見て巻くとかではなく出かけるときに歩きながら手早くラフに巻くのが通常なのだとか。その様子を見たいということで、実際に歩きながらいつものようにやってもらうことに。素敵(笑) さすが元モデルさん。容姿端麗、スタイルもよくかっこいい。これは真似したくても元がないと厳しい(爆) 同じように吾郎さんもやってみることに。

吾郎 「どうしよう・・・これ、ボケたほうがいいのかな(笑)?」

「スマスマ」でもこんなこといつも考えているんだろうなぁ・・・いいのよ!吾郎はかっこいいんだから、かっこよくすれば(笑)! サッとストールを首にかける姿がかっこいいheart04 でも、残念!ストールのタグが表に出ちゃった(笑) 狙ってなくても持っている男だわ(爆)

清原さんのこれまでのプロフィールを追っていくことに。子供の頃から負けず嫌い。芸能界に入っても売れるわけでなく、芸能界の厳しさを実感して面白いと感じずにアイドルを辞めてモデル事務所に移る。そこでも売れっ子モデルになったわけではなく、転機になったのは知り合いを通じて今の旦那様にあたる清原選手と出会ってご結婚されたあと。結婚後はお仕事をやめられて家庭に入るも、モデルのお仕事の話があったときに表紙を飾るのは夢だったことを思い出されたんですね。そのときに、旦那様から「男の子にとって素敵なかっこいい母親というのは武器を持った気になる。息子のためにやってくれ」とモデルの仕事をもう一度することを薦めてくれたという良い話が。清原~~~、かっこいい(笑)!

朗読は、小島さんが感動したという『息子さんとお弁当にまつわるエピソード』の部分。これまた良い話で思わず、全員少し目がうるうる。そんな清原さんが、この「ゴロデラ」の収録があるということで吾郎と小島さんに手作りのお弁当を作ってきてくださいました。お弁当の料理も美味しそうで、お品書きをしたためお弁当箱までおしゃれ。味も本当に美味しいらしく、そのままスタジオで完食するお二人。あまりに感激した吾郎のひと言・・・

吾郎 「俺、結婚しようかな!

お~い、典型的な胃袋掴まれて結婚パターンかぁ(笑)? でも、美人で性格もさっぱりしていて、お料理も上手くて良き妻、良き母。そして、ファッションセンスもあってとなったら、吾郎も思わず結婚もいいかも・・・って思うよね。今回は、吾郎の食いつきがとても良かった。やっぱり、吾郎はファッションが大好きなんだなぁってヒシヒシと伝わり、そんな様子を見てこっちも楽しませてもらいました。いや、ほんと清原さん、素敵な女性でしたね。

| | コメント (6)

今、Goodbye Forever

長い間、中居くんが歌番組のMCとして様変わりしながらも続いていた火曜の歌番組枠。今夜2時間SPとして一年半続いた「火曜曲」が終わりを告げました。生放送2時間ならSMAPは当然2曲は歌ってくれると思っていたけど、オープニングで歌っただけなのは残念。でも、最後はきっとMCの中居くんとAKBの皆さんへの感謝を込めてのことだったんだろう。そこに、SMAPが中居くんのために参加したと思えば(新曲でもなかったし)最後までステージにいてくれたのはありがたかったかな。

SMAPの歌披露は、もちろんnoteJoy!!note この曲は「スマスマ」でもかなり歌っているんだけど、案外飽きのこない曲ですよね。あれだけ出たときはテンションの上がった『Mistake!』のほうがすぐに飽きたかもしれない(笑) やっぱり、こういう応援歌っぽいのはSMAPに合っているんだろう。今回の衣装は、全員ブルーとグリーン系で揃えながらも、デザインはばらっばら(笑) とてもSMAPらしい。

オープニングは逆光を浴びながらの大歓声で迎えられ、笑顔の5人。スマートカジュアルっぽい衣装ながら、吾郎だけはトレンチコート(笑) このグリーンのトレンチコートが吾郎にとっても似合っていた。吾郎って、必ずコートは後ろでリボンくくりしますよね。これまた、すごく吾郎らしい着こなしですごく好き。歌終わりのそれぞれのトーク・・・いつもどおり(笑) 中居くんが上手く時間配分に気を遣いながら、しっかり吾郎弄りも入れ込みます。生放送でいきなりどんな球が来るかわからず、毎回しっかり受け止めて返す吾郎はすごいなぁと感心する。そして、たまに中居くんが思わぬリアクションを返しをしてくるのよね。今回は・・・ハグだった(爆) 

中居 「稲垣さん!どうも、こんばんは」
吾郎 「どうも、こんばん・・・」
中居 「さっ!ということでね!」
吾郎 「ちょっと!俺にも振ってよ!僕は、今日は緑のトレンチコートですnotes
江角 「(吾郎の肩に手を置きながら)似合ってるよ!似合ってる!」 江角さん、素敵!
  「吾郎さんしか、着こなせないよ」 剛、素晴らしいわ(笑)
大島 「お似合いです!お似合いです」 優子ちゃんGJ(笑)
(中居くんが、さらに弄ってきます(笑))
吾郎 「お揃いなんだから。緑でheart
会場 うわぁ~heart04
大島 「お揃いnotes
中居 「あの・・・」
吾郎 「(中居くんに駆け寄り)頑張ろうよ~、2時間notes」 (吾郎、中居くんにハグheart01
会場、騒然(爆)

中居くん、SMAP並びで吾郎が最後で良かったね(笑) オープニングトーク盛り上がって、ちゃんと時間通りに収まったよ。さすが、ナカゴロちゃん!

途中、AKBからのお悩み相談にSMAPのメンバーからのアドバイスが。ここでも、中居くんからのちょっとした吾郎弄りあり(笑) そのあとに剛へのサタスマコンビからの弄りもあったので、吾郎と剛って盛り上げ要員として本当に大事な人たちなんだなぁと思ったわ。あっ、座りはもちろんずっと木村くんの隣dogcat あまりにいつものことで安心感が漂いました(爆) 吾郎からのアドバイスも良かったですね。吾郎の言葉は柔らかいながらも説得力がある。言葉の紡ぎ方がその大きな理由なんですが、加えて相手の目をしっかり見て話すのも大きいですね。(今回の場合は、質問したさしこちゃんにしっかり目線を合わせていました)

最後のトークで、MCの方たちからの挨拶を全部入れ込み、ゲストの方全員にお礼を述べて綺麗に生放送終わらせた相変わらずの中居さんのMC力に感心。そして・・・吾郎のふわっふわの癖毛の中に入りこんでいるキラキラの紙ふぶきを取ってあげたい衝動にかられながら「火曜曲」は終了(笑) いろいろ難しい番組だったと思われますが、やはり番組がひとつ終わるというのは残念ですよね。歌を披露する番組がひとつなくなるというのは、歌を歌っている人にも厳しいと思います。スマファンとしても、中居くんが無理ない程度に深夜枠でこっそり始まればいいなぁと思います。

| | コメント (12)

キャプテンと言えば・・・

ビストロが別館のときはトークで回せて面白い。今夜の「SMAPxSMAP」のビストロゲストは、公開間近「キャプテンハーロック」の声優をされた小栗旬さんと三浦春馬さん。オーダーは、ビストロならではの「変わりバーガー」。

木村 - 熟成豚のミラノ風カツレツ入りパニーニ
  - すき焼きライスバーガー
慎吾 - チョリソーバーガー
吾郎 - 花巻エビカニクリームコロッケバーガー

とりあえず、男ばかりのビストロということで、「好きな子virgoどっち?」の直感二択問題から。皆、楽しそうだなぁ(笑) 

・ トップの木村シェフが画面に近づいて、から「木村くん、料理しないと・・・」とサラリと指摘(笑) 
・ 吾郎の「目を細めて見てみて」に、男全員が目を細めてみる姿に男性の究極の夢を目の当たりにしたような(笑)
・ 中居オーナーの女の子の苦手な服装は、上下ヒョウ柄。それは、あなたの近辺の業界の方たちのファッションでは(笑)?
・ 剛以外は女性の「アヒル口」が好き・・・えぇ?!どこが可愛いのかさっぱりわからない私には、残念な結果。(女の子によるか・・・)
・ ビキニと下着は「素材の違い」だけと冷静に論じる吾郎(爆)
・ とても好きそうな二択コーナーなのに調理で忙しい木村くん・・・

小栗くんと三浦くんの友達は、いわゆるいまどきのイケメン軍団ばかり。かっこいい人たちじゃないと参加できないってことないよね?って誰もが思ったであろう面子(笑) というか、男前じゃなかったら参加するのが気が退けるぐらいですよね(笑) この流れから、定番の中居くんのじもぴー飲み会の席に吾郎がいきなり参加したエピソード再び(爆) 少しずつ話が盛られている気もするけど、二人ともそのときのことよ~く覚えているのね。

・ しんつよの友達関係はお給料をもらって一緒に仕事している(慎吾談(笑))という発言に、寂しく感じる(笑)
・ 中居くんの感想をバッサリぶった切る(爆)

そして、全員、漫画好き。(中居くんと吾郎が、あまり読まないほう) ここも盛り上がりましたねぇ。小栗くんがそんなに漫画好きとは知らなかった。漫画ってある時期が来たら読まなくなるのに、また大人になってもう一度波がきますよね(笑) あれ、何なんだろうなぁ。読む作品も当然変化するけど、漫画って子供だけのものじゃないというのはありますね。

今回は用意したものがたくさんあって最後は、「SMAPと遊ぶなら何する?」ということでお二人にそれぞれのメンバーと遊ぶならというお題・・・それぞれ、実際にロケして特別企画で放送すると楽しそう。そして、今回の勝利者は慎吾。SMAPビストロならではの変わったものとオーダーが入るわりには、毎回と王道が勝ちますよね(笑) 

先週の放送の後のコメントで、ちょうど11年前の9月9日のデビュー日とスマスマの放送日が重なる話をしていたのですが・・・そこが、まさか今再び放送してくれるとは思わなかった。本当は、最後に剛が全員の頭を叩く前に涙してしまうところがあってそこにもらい泣きした思い出があるんですが(笑)、そこはカットされていましたね。上二人(特に木村くん)には怯んで頭をハリセンで叩きにくい剛ですが(SMAPって年功序列がしっかりしているグループですよね(笑))、吾郎のときの優しいこと優しいこと(爆) 髪の毛を乱したくないという気持ちと、吾郎ちゃんの頭を強く叩きたくないという剛の気持ちが思い切り出てしまって、ここ当時何度リピしたかわからない。そして、今回の再放送でもリピしてしまった(爆)

そして・・・来週は、その11年前から二度目のダブルセレブレーションDAY。シングル50曲をノンストップで生ライブsign03 本当に楽しみです。

映画「ATARU」の宣伝を兼ねて、しんつよに協力してもらってのパロディコント。本当に、「スマスマ」はパロディコントは優秀(爆) しかし、局違いでOKが出るもんなんですねぇ。基準がわからないけど、コントは笑いました(笑)

歌のコーナーは、初登場のE-girlsとのコラボ。女の子たちが多すぎな上に、SMAPが埋もれてどこにいるかわからない(汗) 可愛いとか思う間もなく終わってしまった感じ。EDトークでの吾郎弄りを聞いて見直すも、そうなの?!と思うほど映ってないから確認しようがない(爆) 思うに、ちゃんと踊っているんだけど、移動のときなどに他のメンバーのように跳ねたりリズムを取っていないので(吾郎曰く「落ち着いたオトナパターン」)、そう見えるというのはあるかもしれない。ドラマ「心療中」で共演した須田アンナちゃんが、吾郎のトークに大うけしてくれていたのが微笑ましかったです。

全体的に面白かった「スマスマ」でしたが・・・レポにしてみると、案外筆が進まなかった(笑) なぜなのか、自分でもわからない。最後に言わせてもらうと、キャプテンハーロックなら・・・木村さんで良かったんじゃない?とは言いたい(笑)

| | コメント (5)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »