« 月下新橋の夜 | トップページ | 転んだのはダルマじゃなくて・・・ »

ドイツへの里帰り

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2013年9月12日放送分

つぶやきメッセージ
以前、大橋トリオさんからFNSでの吾郎との共演に対するお礼がTwitterでありました。それをファンが吾郎の「ストスマ」に送って、さらに吾郎からお礼がありしっかり大橋トリオさんに伝わって・・・という流れのお便りです。pencil「このような素敵なやり取り、ほっこりしますね」 だったらもっと伝えておいてほしいことがある。コンサートにも来て頂いてお会いする機会が何度もあったんですが、もう少しお話したかったなぁとファンに託す吾郎。えぇ?! それは、吾郎、自分で大橋さんにお会いしたときにお伝えするべきことなんじゃないんですか(笑)? もちろん、ファンはできるだけ伝書鳩chickになって吾郎に伝えたいことは頑張って飛び回りますけど・・・人との交流は自分でするべき(爆) だって、大橋さんもその言葉は吾郎からちゃんと直接お聞きしたいと思うわ。誰とでもお話できる吾郎だからこそ、今度お会いしたときに是非このエピソードで盛り上がってほしいと思う(笑)

SMAPな時間
吾郎から、SMAPデビュー記念日に「スマスマ」で放送された生放送ライブの話がありました。
吾郎 「50曲シングルメドレーというすごいことに挑戦さして頂いたんですけれども、皆さん、いかがでしたか?僕らも最初はどうなるかなぁと思ったんだけど、やっぱり楽しかったですね。また、こういう機会があればやってもいいんじゃないかなぁと思うんですけれども。9月9日で月曜日というのは珍しいことで、前回は2002年でそのときはそれに対して触れなかったんでしょうかね(笑)次回は、2019年。6年後ですから、SMAPが何事もなく順調にやってこれたとしたら・・・シングルって今、一年に2曲ぐらい出しているから・・・あと10曲ぐらいは最低でも増えるわけですよね。皆さん、期待していてください」
触れてない・・・あれだけ、剛が涙目になりながら「スマスマ」で他のメンバーに「この、タコSMAP!」と叫んだのを覚えてない(笑)? それとも、吾郎的には話題になったという意味ではなくて、ライブをしなかったということなんでしょうか。6年後に、今回と同じようにシングルメドレーができるのなら、その翌年の東京オリンピックでも、SMAPは何かコラボとかして活躍してそうですよね(笑)

楽天エンタメナビでの相田冬二さんのSMAPコラムのお便り。pencil「舞台『ヴィーナス・イン・ファー』や映画『おしん』を絶賛されていますので、未読でしたら是非読んでください」 いろんなメディアやマスコミを通じて評論家の方たちが褒めてくださったり、コメントしていることは意外と僕らの耳に届いていないことが多いので、こうやって知らせてもらうと嬉しいと聞いて驚き。全部ではなくても、少し拾ってメモとして渡してあげればいいのに。それぐらいは担当マ ネがするべきことなんじゃないのかなぁ。まぁ、マネージャーさんたちもそんな時間がないかもしれないですが。「おしん」での山形弁はあまり上手くいかなかったなぁという思いが強くて、映画を観て自分では違和感を感じたと、なかなか自分には厳しいですね、吾郎さん。私はまだ映画を観ていないのでわからないですが、山形弁に関しては概ね評判いいと思います。

『ほん怖』へのお便り。pencil「怖いのは苦手ですが、吾郎さんと子供たちのやり取りが好きで毎年頑張って見てます。公式HPに子供たちから、吾郎さんと共演しての感想が載っていました。(子供たちのインタビューでのコメント報告)」 晃佑(こうすけ)くんは隣にいて、ずっと抱きついていた子ですよね(笑)とお気に入りっぽいコメントが(笑) 毎年1回続けさせてもらってありがたいと思っているんですけれど、これからも続けていきたいということでした。

noteshow your smilenote

メンバーとの時間
pencil木村くんがラジオで『自慢できない特技』というのに、友だちと写真を撮るときの変顔で唇を横に広げることですと言っていました。吾郎さんは、何か自慢できない特技はありますか?」 あぁ・・・木村くん、よくやりますね。なんか、気持ちいいんですかね、唇kissmarkという吾郎のコメントおかしくない(笑)? 自慢できない特技はゴルフのリフティングかな。リフティングって何かと言うと、アイアンのフェイスでゴルフのボールを弾いて・・・分かる人にはわかりますよね?わかんない人はもういいです。普通に1、2分はできるんじゃないかなぁとのこと。スタッフの方が、「自慢できる!」と何度も小声で言ってくれるのに認めない吾郎(笑) 最後オチがないと・・・って、ボールを頭に乗せてフィニッシュとか激しくいらないので普通にかっこいい吾郎さんを見せてください(爆)

pencil『ぷっすま』を見ていたら、くんがギターを始めたと言っていました。まだ始めて一ヶ月も経っていないといいつつも、ちょっとだけマイギターで弾き語りをしていました。吾郎さんは、知っていましたか?これからは100点を目指し、ライブでの披露が目標だそうです。楽器といえば吾郎さん。バイオリンはいかがされていますか?吾郎さんもギターの次は、バイオリンを披露なんていかかですか?」

吾郎 「そうですね。最近、草彅くんギターをやってますね。楽屋なんかでも、ちょこちょこ弾いているのを見て・・・こうやって「ぷっすま」で言っているんだったら報告してもいいのかなぁって感じですけれども。「そういえば、最近、草彅くんギターやっているんだよねぇ」なんて、こんな「ストスマ」で軽口を叩いてしまったら、「そんなの、まだ言わないでよぉ」なんて感じになって怒られたら困るんでね(笑)特に敢えて言わなかったんですけれども」

剛がギターを始めてライブで披露したいというのもすごいですが、吾郎がもしかしたら剛はファンを驚かせたくてこっそり練習しているかもしれないから、ラジオなんかで軽はずみに言えなかったという吾郎が素敵すぎて。本当に、自分のこと以外に関しても「言っていいこと」と「そうでないこと」を常に頭で考えている人だと思いました。吾郎さん、素敵heart01

吾郎 「確かに、ここ1、2ヶ月ってところですかね。僕もギターは高校生ぐらいのときからやっているんで、僕なりにアドバイスできることとかあれば伝えてもいいのかなぁとは思うんですけれども。敢えて僕に何も聞いてこないんで、あはっ(笑) 温かく見守ってますけどねぇ。たぶん、自分で独学で勉強したいのかな。僕もアドバイスするほど上手いわけではないんで、ライブではこの間久し振りに弾いたりはしましたけど。楽しかったんで、またギターは本当に続けていきたいなぁとも思っているんですけどもね。草彅くんが始めたから、いい機会だからねぇ、僕も一緒になってちょっとやりたいなぁなんて気分もあったんですけどねぇ。草彅くんが黙々と一人で楽屋でやっているので・・・少しでもねぇ「ごろさん、これちょっと聴いてよ」とかさ、「ごろさん、このコードどうやって押さえるの?」とか聞いてくれればね(笑)、こっちも一緒になって「あぁ、俺もやるよ、剛。一緒にやろうぜ!」みたいな感じにできるんですけどねぇ。木村くんになんて言われるかでしょうねぇ、あとねぇ(笑) でも、いいですよねぇ。三人でアコースティックでライブでもできるしねぇ。頑張ってほしいですよねぇ・・・なんて話をしていて、僕もギター好きなのかなぁって気がしてきましたけど。少しは、僕に頼ってもらいたいものです

ちょっと、頼ってほしい吾郎が可愛い(笑) 剛の口真似すごく上手いです。それも、ちゃんと「ごろさん」って言っているのがこそばゆかった(爆)

吾郎の自由時間
pencil「夏休みドイツに行ってきました。古城巡り。水よりもビールが安くて、ついつい飲みすぎてしまいました。のんびりして、吾郎ちゃんにもこんな街が似合うかなと思いました」 古城巡りが憧れるという吾郎は、前世がドイツ人なんでドイツへは旅行というよりは里帰りしたいなぁと思っているらしい(爆) ドイツでもイギリスでもフランスでも、とにかく吾郎はヨーロッパの風情が合う。現状、ヨーロッパ旅行なんてとてもじゃないけど時間取れないと思うので、お仕事でヨーロッパに行けるといいですよねぇ。是非、ドイツの古城巡りを! 

「スマスマ」でのJoy!!での浴衣姿への感想。pencil「Joy!!の浴衣の柄は、5人とも斬新だなぁと思いました。5人とも似合ってましたよ。吾郎さんは、プライベートで浴衣、持っていますか?」 最近、浴衣を着る機会が多かったけど、「スマスマ」の向陽閣の浴衣は、寝るためと卓球やるための浴衣、Joy!!のときの浴衣は可愛かったと思いますというコメントに笑いました。でも、どっちかって言うと吾郎は、プライベートで着るならもっとシンプルで渋い浴衣のほうが好きだそうです。

リクエストSONG note夏の風を忘れゆく様にnote

「五六二三」(吾郎文)
「スマスマ」の殿サマーヌードへのお便り。pencil「最高でした。吾郎さん、普段はクールでかっこいいのに、コントになると100%お笑いモードになりますよね?そのギャップが、私も小学校5年の息子も大好きです。どこにスイッチがあるのか教えてください」 どうやら、この殿サマーヌードはものすごく反響があったようで、月曜日の「スマスマ」やっている時間に友だちからすごいメールがきたらしい(笑) セクシーゾーンの佐藤くんから「吾郎くん、殿サマーヌード最高です!」ってメールが来たそうですが、ジャニーズは昔から先輩に対して「くん」呼びで、まさか自分の息子ぐらい離れている佐藤くんから「吾郎くん」って呼ばれるとは思っていなかったとくすくす笑う吾郎。コントでも役者として演じるという意識があるそう。家に帰ると、まったくタレントとしてのスイッチは切ってしまうという吾郎でした。

noteあなたのためにできることnote

今回の「ストスマ」でかかった曲は、全部、吾郎のあっまい歌声が聴ける素晴らし選曲でした。

|

« 月下新橋の夜 | トップページ | 転んだのはダルマじゃなくて・・・ »

コメント

こんにちは。
今回の放送も盛りだくさんで楽しかったです。
色んなタレントさん、アーティストさんを今まで応援してきて吾郎さんに辿り着いてるわけですが、驚いたことが結構あります。J事務所のマネージメントの行き届いていないところとか・・(笑)
所属タレントに対してマネージャーがとても少ないらしいですね。噂によると。
でも悪いことばかりじゃないですよ。そのせいかどうかわからないけど、Jの皆さんってとても自立されていると思いますもん。
「マネージャーが遅刻してきたら怒らず自分でタクシーを拾って現場に行く」って応えてたのは少し驚きだったですが素敵だと思いました。
巷の声とか評論家の声とか大橋トリオさんのメッセージとかwマネージャーさんがフォローできない分、ファンが細やかにフォローしてさしあげたら良いのではないかと。そのためにも貴重なラジオ番組だなと思います。

それから、前世がドイツ人、これ結構言ってますよね。意外に暗示にかかりやすいタイプなのかも。根が素直なんでしょうね。ということはゲッターズさんの言葉も頭の隅にずっとあるんでしょうかね。もうすぐ11月ですが、新しい仕事情報と共に色々気になります!
そして、ドイツもそうですが、TVでエジンバラだったか古い石造りのモルトウイスキーの醸造所が出てきたときに、「ここに吾郎さんが立ったら似合うだろうな」と思いました。番組の企画で良いので是非ヨーロッパを訪ねて欲しいですね。細々とお仕事が入ってきて全然海外に行けてない感じですよね。それも驚いたことの一つ。結構タレントさんたちってカレンダー撮影だとかファンクラブの旅行だとか理由をつけて海外を楽しんでいるのを見てきてます。SMAPさんの勤勉さに頭が下がりますが働かされすぎかも・・(汗)。リフレッシュして鋭気を養って次の仕事に向かっていってほしいなと心から思います。

投稿: yurara | 2013/09/15 10:37

Kazuyoさん、こんにちわ。
結構細かく覚えている時と、サラッと忘れている事がありますよね。
剛君の渾身のコントは、違う回路に入っちゃってるのかな?聞いてみたいところです。

最近は、一時期サボってしまったのを取り戻そうと、ネタを見つけたらスグに送る様にしていたんですが、そんな中から2つも採用されてビックリしました(時期はちょっと離れてるネタでしたが)
つよぽんのギター、まさかスマスマの楽屋でも弾いてるとは思いませんでした(ちなみにライブでの披露を目指しているのは剛君ではなく、ぷっすまスタッフの狙いです)
やっぱり吾郎はメンバーの話をする時は色々気をつけてるんですね。
番組で流れていたとはいえ、送って大丈夫なネタだったのかちょっと心配になってしまいましたcoldsweats01
コレをネタに楽屋での話が弾んだり、2人で弾き語ったりしたら良いなぁなんて妄想が。
木村君を含め3ギターと慎吾のウクレレ、中居君のピアノ(笛?)で、またスマスマで披露してくれないですかね。

『殿サマーヌード』の反響は吾郎にも大きかったんですね。メールアドレスをGETしてから、ちゃんと活用している佐藤君が可愛い。吾郎から送る事は・・・なさそうだけど(^^ゞ
最初の頃は「さん」付けで呼んでいた気がしますが、ココは思い切ったのか、テンションが上がっちゃったのかな?(笑)
今の若い子はSMAPさんには「さん付け」な気がするので、中々新鮮ですね。

投稿: 緋絽 | 2013/09/15 13:36

こんにちは。
いつもいつもステキなレポートありがとうございます。
SMAPや吾郎ちゃんのことを追いかけながら?同じ思いでいてくださることにいつも感謝して読ませていただいてます。
そして、わたしにとって2度目のストスマ採用!やったあ★
ドイツの話です。そして、そこでの話題が今回のタイトル〈ドイツへ里帰り>としていただき、またまた感激★ありがとうございました。
まずはお礼まで・・・・・。

投稿: うさぎ | 2013/09/15 13:55

こんばんは。ロハスのアコギ話、和みますね。やっぱり、しんつよに対しては自分は年上だから、面倒みるんだ、みたいな感じに思ってるんでしょうか?(笑) お兄ちゃんな発言にちょっとドキドキしました♪剛が何か弾けるレベルになったら、3人のギター+サタスマの歌、なんて盛り上がって楽しそう!と思わず想像しました☆

そして自慢できない特技での『わかんない人はいいです』発言、S吾郎ちゃんキター!って盛り上がっちゃいました☆あと、ゴルフに関して、木村さんが雑誌で『5人で体を動かすこと、何かやってみたい。ゴルフとかいいんじゃない?吾郎とか、絶対喜ぶはず(笑)』と語っていて、ささやかにキムゴロ萌えしました♪(●´ω`●)
佐藤君からのメール話も微笑ましいです。スマスマ見てくれてるんですね。後輩君とのエピを聞くのは久々だったので、嬉しかったです♪

投稿: mariko | 2013/09/15 22:56

吾郎ちゃんのストスマ、今回はファンの方からの吾郎ちゃんへのいろんな御報告での感想やお返事が多かったですね。いろんな情報網が発達して事務所のマネージャーさんが対応できない事も心優しいファンの皆さんによって伝えられる、やはり単独ラジオをもった事が大きいですね。大橋トリオさんとはまた是非お話されて共演して頂きたいですね。「Special Thanks」は本当に名曲ですもんね! つよぽんのギターの件、つよぽんだから案外早くマスターしてくれてコンサートで木村君と吾郎ちゃんと三人でセッションしてくれると良いですね。来年はコンサートもできるかもしれないので時期をみてまたお願いのおハガキが送れると良いですね。 最近「前世はドイツ人」がお気に入りのようで(笑)ここは是非古城めぐりのヨーロッパ取材とともに写真集の撮影もして頂きたいです!! 絶対ヨーロッパと吾郎ちゃんは似合いますもの(断言!)

投稿: ピカチュウ | 2013/09/16 00:20

airplaneyuraraさん
SMAPぐらいになると、ちゃんとそれぞれメンバーに個人のマネージャーさんがついているんですけどね(笑) でも、やはりネットからの情報はファンのほうが情報が早いし、リサーチ力もあると思います。(雑誌も、あまり本人たちは読んでいないみたいですけど・・・) 毎回、ファンが報告するととても嬉しそうな吾郎なので、いろいろファンがこうやってラジオで教えてあげるのはとってもいいことだと思います。吾郎が「ストスマ」収録を楽しみにしているのは、きっとそんなファンからの情報を得られるのもあるのかもしれませんね。「暗示にかかりやすい」(笑)(笑)(笑) これが、ドイツ人で飛行機の整備士だったというのが大きいからかもしれませんが、結構と吾郎の中では印象的で記憶に残っているんでしょうね。そうか・・・じゃあ、ゲッターズさんの結婚占いも何気に覚えているのかな。それが現実のものになるかは別にして(笑) 吾郎はヨーロッパが好きそうなのはよく話してるので、プライベートではなかなかヨーロッパ旅行に行ける時間はないと思うので、お仕事で行ければいいですよねぇ。そうそう、それならまず写真集ですよね(笑) 写真集をヨーロッパで撮影すれば、ドイツの古城もイギリスの田園風景もフランスのワイナリーも行けますよと・・・推してみるか(爆)


airplane緋絽さん
吾郎の記憶装置って不思議ですよね(笑) これ覚えてないの?!と思うこともあれば、そんなこと覚えているんだ・・・と感心することもあります。どこに基準を置いて記憶しておくかどうかを決めているのかわからないのですが、本人には何かしらあるんでしょうね。緋絽さんってお便りが採用されるの多くないですか(笑)? すでに、片手では収まりきらないですよね? きっと、テーマ選びと文章の書き方が上手いんだと思います。剛のギターの件は、まさしくテレビで流れたことなのでファンがそれに触れるのは問題ないと思います。吾郎も、あぁ、もう言っていいんだとわかって安心したのではないでしょうか(笑) 同じ楽屋で黙々と練習する剛を温かく見ている吾郎の画。それを想像するだけで癒されます。そして、ちょっと「剛、頼ってくれないかなぁ」なんて思っている吾郎さんがいるというを知れて、とっても微笑ましかったです。これは、本当にライブもしくはテレビで披露してくれるかもしれませんね。そのときは、SMAP全員で何か楽器をひとつ挑戦してほしいです。できたら、他のメンバーも今までやったことのない楽器に取り組んでくれると面白いと思うんだけど。勝利くんが吾郎のことを下の名前で呼ぶのは、周りも「吾郎さん」と呼ぶスタッフが多いからではないでしょうか。後輩くんたち、SMAPさんを呼ぶときに吾郎だけ下の名前のこと多くないですか?「稲垣くん」とか聞いたことないような・・・浸透率すごいですね(笑)


airplaneうさぎさん
ドイツのお便り採用、おめでとうございます。「里帰り」がツボに入っちゃって、タイトルに使わせて頂きました(笑) 里帰りって・・・私が日本に里帰りするのとは違いますからねぇ。吾郎って何気に面白いこと言いますよね(笑) ドイツはどうだったでしょうか。友人ですごくドイツ贔屓の人がいて、ドイツは結構といろんな都市を回ったのですが、ロマンティック街道はいいですよねぇ。ライン川下りも最高でした。まさしく、どこに立たせても吾郎は似合うと思いましたね。と言うか、本当にヨーロッパが似合う人だと思います。また、素敵なテーマのお便りを出して、吾郎さんを喜ばせてあげてください。


airplanemarikoさん
慎吾はまだしも、剛とは一年ほどしか年齢が変わらないんですけど、しっかりお兄さん体質にはなっているかもしれません。それを言ったら、中居くんも木村くんも吾郎とはひとつしか違わないんだけど・・・ものすごく年上みたいに接してますもんね。やっぱり、10代の頃から一緒にいて上二人って絶対的にお兄ちゃんなんだろうなぁって。吾郎も言っていたけど、その頃の気持ちって変わらないと思うので。ゴルフのリフティングの話は笑いましたね。スタッフさんの小声のお気遣いが優しくて、毎回和みます。その小声にいつもちゃんと応えている吾郎(笑) そして、ファンには「S」(爆) 木村くんの雑誌でのコメントは私もプチ萌えしました。ゴルフは木村くんも中居くんだって結構好きなのに、そこで自分じゃなくて「吾郎」が喜ぶと言ってくれるのは、絶対に木村くんの頭の中に笑顔でいっぱいの吾郎が浮かんだんでしょうね(笑) やっぱり、「スマスマ」でゴルフ企画やってほしいですね。しんつよだって、ちゃんとできると思うので。


airplaneピカチュウさん
そうですね。「ストスマ」が吾郎の単独ラジオになってから、ファンから吾郎にいろんな報告がすぐにできるようになったのは本当に大きいです。自分のお便りが読まれたらそりゃあ嬉しいですが、それだけじゃなくてファンがすごく考えて吾郎に伝えたいことを出しているのがわかって、毎週本当に楽しませてもらっています。剛がギターを始めているのを見て、自分もやっぱりギターが好きなんだと認識したという吾郎。是非、ずっと続けていってほしいですね。前世がドイツ人って、あまりにも似合いすぎていて(笑) ヨーロッパが好きなのもそれが理由なのかなとか思うぐらい。ヨーロッパでの写真集いいですよねぇ・・・出してほしいなぁ。吾郎さんになんとかその気になってほしいですよね。

投稿: kazuyo | 2013/09/16 07:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月下新橋の夜 | トップページ | 転んだのはダルマじゃなくて・・・ »