« 今、Goodbye Forever | トップページ | 変わらないこだわり »

結婚したくなる理由

今回もガラリと趣きを変えてのゲスト。「ゴロウ・デラックス」がいっきに女子力virgoの高い番組に(笑) 今夜のゲストは、あの中居くんも大好きな(笑)清原和博さんの奥様です。実は、初めて拝見したわけですが、どんな感じの方かと思っていたら・・・思いのほか素敵な女性だった。私は、こういう女性は大好きです。

オープニングトークでは、小島さんが「いつも素敵な吾郎さん」と衣装が似合っているのを褒めてくれます。今回は、ジャケットがミリタリー調カラーのグリーンのジャケット。確かに、すっとした男前な吾郎には似合っています。

吾郎 「僕、前世がドイツ人なんで」
小島 「は、はい?!」

これは、2007年の「ほんとにあった怖い話」でハリセンボンのお二人と催眠療法の先生にお会いして前世を占ってもらったときのことを、吾郎がしっかり覚えているんですね(笑) そのときに言われたのは、「吾郎さんの前世は第二次大戦の頃にベルリンに住んでいたドイツ人のマイクという男性で、飛行機の整備士をしていた」という話でした。吾郎が覚えているということは、結構とその前世を気に入っていたのだろう(爆)

第九十五回課題図書 『MY STYLE』 清原亜希著

My_style ファッションや料理など、著者の飾らない素顔が満載の一冊。私服を自分でスタイリングして着こなすファッションセンスが大人気。清原さんは、元野球選手の清原和博さんの妻であり、二児の子供を持つ母親。お子さんが小学5年生と2年生の男の子が二人というのは、小島さんと同じだそうです。

親太朗くんが、清原さん自らお気に入りの写真パネルを持って参加。スタッフが遊び心で写真パネルの最後に、小島さんの写真集から競泳水着を着たパネルが・・・吾郎、むちゃくちゃ笑っていますが失礼だよ(笑)

清原さん流ファッションスタイル
1. いいものはメンズもとりいれる (バッグやデニムなど)
2. 人にどう見られるかではなくて、自分が好きなものを着る
3. 癖毛は気に入っていて自然に任せる (吾郎 僕なら乱れたらヒステリックになっちゃう」(笑))
4. アクセサリーはほとんどしない代わりに、ストールや帽子を愛用

ここで清原さんが、自ら持ってきてくださったセンスの良い色とりどりのストールの巻き方講座がスタート。ストールだったら吾郎も負けてないよね(笑) 今の衣装にと吾郎が自ら選んだストールのカラーは濃いめの紫。まずは、吾郎がいつもは1回首に巻いて前から通したり、結んだり・・・とやっていると、清原さんがサササ~とヴォリュームをつけて軽くまとめてくれます。もう、これはセンス以外の何ものでもないですよね。とっても素敵。これは、吾郎きっと今後取り入れると思います(笑)

清原さん自身は、鏡を見て巻くとかではなく出かけるときに歩きながら手早くラフに巻くのが通常なのだとか。その様子を見たいということで、実際に歩きながらいつものようにやってもらうことに。素敵(笑) さすが元モデルさん。容姿端麗、スタイルもよくかっこいい。これは真似したくても元がないと厳しい(爆) 同じように吾郎さんもやってみることに。

吾郎 「どうしよう・・・これ、ボケたほうがいいのかな(笑)?」

「スマスマ」でもこんなこといつも考えているんだろうなぁ・・・いいのよ!吾郎はかっこいいんだから、かっこよくすれば(笑)! サッとストールを首にかける姿がかっこいいheart04 でも、残念!ストールのタグが表に出ちゃった(笑) 狙ってなくても持っている男だわ(爆)

清原さんのこれまでのプロフィールを追っていくことに。子供の頃から負けず嫌い。芸能界に入っても売れるわけでなく、芸能界の厳しさを実感して面白いと感じずにアイドルを辞めてモデル事務所に移る。そこでも売れっ子モデルになったわけではなく、転機になったのは知り合いを通じて今の旦那様にあたる清原選手と出会ってご結婚されたあと。結婚後はお仕事をやめられて家庭に入るも、モデルのお仕事の話があったときに表紙を飾るのは夢だったことを思い出されたんですね。そのときに、旦那様から「男の子にとって素敵なかっこいい母親というのは武器を持った気になる。息子のためにやってくれ」とモデルの仕事をもう一度することを薦めてくれたという良い話が。清原~~~、かっこいい(笑)!

朗読は、小島さんが感動したという『息子さんとお弁当にまつわるエピソード』の部分。これまた良い話で思わず、全員少し目がうるうる。そんな清原さんが、この「ゴロデラ」の収録があるということで吾郎と小島さんに手作りのお弁当を作ってきてくださいました。お弁当の料理も美味しそうで、お品書きをしたためお弁当箱までおしゃれ。味も本当に美味しいらしく、そのままスタジオで完食するお二人。あまりに感激した吾郎のひと言・・・

吾郎 「俺、結婚しようかな!

お~い、典型的な胃袋掴まれて結婚パターンかぁ(笑)? でも、美人で性格もさっぱりしていて、お料理も上手くて良き妻、良き母。そして、ファッションセンスもあってとなったら、吾郎も思わず結婚もいいかも・・・って思うよね。今回は、吾郎の食いつきがとても良かった。やっぱり、吾郎はファッションが大好きなんだなぁってヒシヒシと伝わり、そんな様子を見てこっちも楽しませてもらいました。いや、ほんと清原さん、素敵な女性でしたね。

|

« 今、Goodbye Forever | トップページ | 変わらないこだわり »

コメント

Kazuyoさま

ほんとうに、先週とは趣が変わっていましたが、年齢もタイプも違う魅力的な女性を2週に亘り知ることができて良かったです。

清原さんは美人でさっぱりしていて、芯の強そうな方だなぁという印象を持ちました。服のセンスも着こなしもさすがモデル!シンプルな装いの中にご自分の良さを引き出す術を心得ていられますね。女子トークに違和感なく溶け込む吾郎さんの様子を見て、これはもてるだろうなぁと、つくづく感心しました(笑)吾郎はもとより、小島さんも山田君も嬉しそうで終始ニコニコ!放送前に友人から教えて貰って拝読した8月の清原さんのブログには、どちらかというとテレビ出演が苦手だった清原さんが、収録を楽しんだ様子と豪華なお弁当の写真が掲載されていたので、実は今回見るのを楽しみにしていたのですが、想像以上に話が盛り上がっていて良かったです。ゲストを居心地良くさせるゴロデラのおもてなしは最高ですね。

ファッションの話しや胃袋を掴まれて、思わず結婚したくなった吾郎さん。でも吾郎さんの高い審美眼と奥深い知性についていける女性はそうはいませんよ(笑)今回も充実した30分でした。

投稿: さやか | 2013/09/06 19:29

riceballさやかさん
私は日本のテレビ、それもバラエティ番組は「スマスマ」や「ゴロデラ」しか見ないので、昨今話題になっている人たちはこのふたつの番組に出演して頂かない限り知りようがないんですね。「ゴロデラ」にいたっては、それこそ日本のテレビをよく見ている人でもあまりお見かけしない方たちがゲストでご出演されるというのが本当にすごい番組だと思います。今回のゲストの清原亜希さんは、もちろん初めてその人なりを拝見したわけですが、他の番組にご出演されているときはどうなのかは読めない。でも、とても素敵な女性に感じたのはもうそれだけで番組が素晴らしいということだと思います。MCがゲストを心地良くさせて、ゲストの方も良い部分が出せて、そして視聴者も良い気分で見させてもらえる。誰も損をしないこんな素敵な番組が、全国放送でないのが本当に解せないです。未放送地域のローカル局にセンスがないとしか言いようがない。「結婚しようかな」と思わず呟いてしまった吾郎さんですが、このレベルを基準にされるとまだまだ結婚は先になりますね(笑) まぁ、結婚自体に憧れていないので言える言葉ではあると思いますが(爆)

投稿: kazuyo | 2013/09/08 04:33

今回の清原亜希さんはいつも行く美容院で持ってきて下さる雑誌にモデルとして載っていらっしゃる方で私も紙面しか存知あげておりません。本当にお綺麗な方でお二人のお子さんがいるようには見えませんね。プロフィールで順風満帆にこられたわけではないと知って意外でした。挫折や悔しさがあって今に至って輝いてみえるのでしょうか?吾郎ちゃんが「俺、結婚しようかな!」はなんとなくわかる気がしました(笑)今回の清原さんと小島さんとの女子トーク楽しく拝見できそうで楽しみです。

投稿: ピカチュウ | 2013/09/09 00:27

riceballピカチュウさん
最近、清原さんはファッション誌の表紙をよく飾っていますよね。それだけ、今、同じ世代の女性から支持されているんだろうなぁって。そして、それが今回の「ゴロデラ」にご出演されて実際に拝見してよ~くわかりました(笑) 本当に素敵な方だったので。すごくご自分の立場と運をわかってらっしゃる大人な女性だと思いました。だから、幸せになれるんですね。旦那様の清原さんが「スマスマ」のビストロにご出演されたときに、吾郎にだけ強い握手ができなかったのを思い出して、怖がられているけど(笑)きっとすごく優しい方なんだろうなぁと。今度、ご夫婦お二人で来てほしいです。

投稿: kazuyo | 2013/09/09 02:09

Kazuyoさん、こんにちは。
あの清原選手の奥さんというのも納得?な。サバサバとした、とても素敵な方でしたね。終始色んなお話を聞けて、とても楽しかったです。
特にストールの巻き方は、もう素晴らしい!の一言でした。
気にはなっているんですが、首元を巻くのがあまり好きじゃなくて(マフラーもちょっと・・・) でもコレを参考に!と思って見ていたら、更に食いついている吾郎の頭がちょっと清原さんと重なった時は「吾郎、邪魔!」って思わず言っちゃいました(笑)

お弁当を作ってきてくださった清原さん。我が家はご飯とおかずを分けて詰めていたので、ご飯の上に乗せるアイディアに感嘆!お弁当を作る機会があったら試してみたいと思いました。
そんな素敵なお弁当を食べてのこの一言。
本人は何気なく言ってるんでしょうけど、あまりこういう発言をする男性が好きじゃないのでちょっと・・・。
Kazuyoさんの「このレベルを基準にされるとまだまだ~」が嬉しかったです(笑)

投稿: 緋絽 | 2013/09/11 20:58

riceball緋絽さん
今朝は、どうもありがとうございました(笑) 清原選手って、意外とと言ったら失礼ですが女性を見る目があるんですね(爆) こんな素敵な方を奥様にする方というだけで好感度が上がります。まぁ、清原選手自身も素晴らしい方なんですが(笑) 清原さんが小島さんにストールを巻くときに、ちゃんと巻き方を見ておこうとカメラ前にガッツリ吾郎の頭が出てきたときは、私も「おいおい・・・」と思いましたよ(笑) カメラさんも、「おい!」と思ったでしょうね(爆) 可愛いなぁ、吾郎さん。お弁当のおかずを全部 on the rice にするアイデアっていいですよね。おかずの味がご飯にいい感じについて美味しいと思います。いわゆる具だくさん丼みたいなものですよね。子供は喜ぶかもしれません。吾郎が放った「結婚しようかな」は、いつものちょっとした番組的リップサービスだと思います(笑) 案外、そういうことに頭が回る人なので。まぁ・・・本当にしたくなったとしても、ここまで完璧な女性はなかなか見つからないですよね(笑)

投稿: kazuyo | 2013/09/12 05:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今、Goodbye Forever | トップページ | 変わらないこだわり »