« SMAP GO!GO! ~おじゃマップ編~ | トップページ | 裸サングラスに挑戦?! »

SMAP GO!GO! ~生ドラマ編~

SMAP GO!GO!」の放送の前に、おそらく一番話題になっていたのは生ドラマだと思うのですが・・・その前にビストロのレポも少しあげておきます。こちらは、特別に特番用にという感じではなく、いつもの「スマスマ」内のビストロといった風だったので簡単に(笑) かと言って、面白くなかったわけではなく、まぁ、ドラマ番宣も絡んでいるしということで。

お客様は、トレンディードラマ全盛期に「W浅野」として一世を風靡した浅野温子さんと浅野ゆう子さん。どちらもSMAPは過去共演しています。吾郎はゆう子さんとは縁があって、『学校へ行こう』、『ヨイショの男』、そして最近ご一緒した『心療中』のドラマがそうですね。W浅野のお二人はドラマ共演はすごく多けれど、実はプライベートでは一緒に食事に行ったりはまったくないというのは驚きました。だからこそ、長い間一緒にドラマで共演できるんじゃないかという二人のコメントに、ちょっとSMAPの関係性と似ているのかなぁと。

とにかく、二人ともサバサバしていてオーダーした「炊き込みご飯とお吸い物」を美味しそうに食べてくれて、ゆう子さんにいたってはパクパクと気持ちが良いぐらい(笑) 作ったほうは、これは嬉しいと思います。しかし、二人ともいまだにスタイルいいですよね。かっこいい。勝者は木村・吾郎ペア。久し振りの勝利、吾郎おめでとう(笑)

そして・・・待ちに待った『古畑 vs SMAP』のその後という生ドラマ。古畑さん演じる田村正和さんは残念ながら出演されなかったけど、過去放送されたSMAP全員が殺人を犯して捕まった後の話。大部屋の収容所から5人で穴を掘って脱獄するという、まさに「大脱走」! 前代未聞の生放送内での5人全員の生ドラマ。本人たちは、台詞が飛ばないようにとか緊張したと思うし、スタッフも撮り直しがきかないので充分準備してくれていたと思います。生ドラマどころか、5人全員のドラマなんていつ今度見れるかわからないので貴重ですよね。

ただ、ここからすごく個人的な意見になりますが・・・ストーリー面白かったですか(笑)? 生放送でのドラマなので、そんなにダラダラできないしカット割りもできないのでワンシチュエーションになるとは思うのですが、山場もないし最後のオチもなくて見終わったあとかなり複雑になりました。状況はわかっていたので、そんなに大きな期待はしていないつもりだったのですが、これではあまりにもあれだけ大宣伝を打っておいてちょっと残念な結果だったような(苦笑) 

SMAPに関しては、直前まで台詞や動きの確認をしたりと大変だったと思うし、見ていて「これ、生だよね?!」と思うぐらい全員が自然に演技をしていたのは素晴らしかったと思う。セットも美術スタッフが頑張ってくれたのはよくわかりました。この数分のドラマのために、ドラマの撮影スタッフが集まってくれたのもすごいと思う。脚本も三谷幸喜さんが、このためだけに書き下ろしてくれたのもありがたいと思いました。でも、期待はずれだったのは否めない(苦笑) まず、吾郎以外のキャラがブレまくり。本放送が再放送として放送されましたが、見た人はわかると思いますが誰も彼もがあんなキャラではなかった。中居くんは、あれだけグループのことを考えていた人なのに自分だけ残るとか急に言う人ではないし、木村くんも中居くんが言うから脱獄をやめるような人でもない。は自分のために殺人までしてしまったメンバーを振り回すようなことはしない。吾郎慎吾のキャラはなんとなくわかるかなぁという感じ。特に、吾郎の台詞はSPドラマとシンクロしていましたね。

本音を言わせて頂くと・・・やはり吾郎ファンとしては、4人が脱獄をやめようと話し合っている場所に参加できずという画は嬉しくない。5人のドラマじゃなかったのか?と(苦笑) 一日前にに追加されたという長台詞も特に長かったとは思わないし、それ入らなければ台詞なかったの?!という感じですよ。でも、三谷さんが直前にアドリブを指示したというのは素晴らしいですね。まさに生ドラマらしくて、そこが面白かったかも。

だから、ドラマ本編よりもその後のやりきった後のSMAPのトークのほうが見ごたえがあったような(笑) まぁ、ここでも一人離れていた吾郎は話に入れないですけどね(苦笑) 木村くんの「なんで、吾郎そんなに綺麗なの(笑)?」はさすがだなぁと。本当は、慎吾もまったく汚れていないのに(笑) まぁ、ここでの吾郎のなっがい脚を堪能させてもらったところが一番のリピどころでした(爆)

最後のJoy!!は良かったですね。今回のコラボは『過去のSMAP』とコラボ。これが、またうまくCG処理がされていて優秀でした。ロンドンのPVとのそれぞれのツーショットはどれも素敵でしたね。吾郎のタバコ吸っている映像を久し振りに見た。やっぱり、ものすごく色気のある人だったと実感。今の22歳の男性で、これだけアンニュイ巻き散らかした色気のある人がいたら教えてほしいわ(笑) SMAP全員、顔面偏差値がものすごく高いんだと改めて思いました。最後の正統派アイドルだな(爆) 

とりあえず、4時間半SP番組の感想を頭からあげていきましたが・・・もしかしたら、最後におまけで少し追加でUPするかもです(笑)

|

« SMAP GO!GO! ~おじゃマップ編~ | トップページ | 裸サングラスに挑戦?! »

コメント

たまにはこちらからw
古畑VSの意味なくね?と思ったのは私
制限のある中を完璧にやりきったスタッフ&SMAPは絶賛に値すると思うけど、この企画この話にした人は誰??(怒)って言いたくなった
昔の栄光に浸る奴に賢者なしだと思う
普通にサスペンスのショートストーリーとかできてたらよかった
本当に豪勢な共演で後のトークも楽しかったもの
もっと台本やストーリーに中身があればよかったね~~~
顔面偏差値が高い(爆)
昔から今までまさにそのとーりだと本当に思います
あと内部からはみ出す華やかさが格段に違うのがSMAPですよね
あの時期の吾郎のアンニュイさを醸し出す存在はありません!!!
それらがまたまた世間に知られたのが一番の収穫かも
おまけレポ楽しみにしています♪


投稿: YUE | 2013/10/05 14:05

Kazuyoさま

SMAP GO!GO!の秘蔵映像編、おじゃマップ編、生ドラマ編、楽しく、興味深く拝読しました。Kazuyoさんのまとめる力、文章力に脱帽です!

私は今回の生ドラマは期待し過ぎたと自らを反省しています(苦笑)古畑vsSMAPを見たあとの生ドラマとなれば期待しない方がおかしい。脱獄と言えば、吾郎の台詞にもあるようにあと僅かで仮釈放という時に行うのならば、きっと已むに已まれぬ事情があると勝手に想像をしてしまいました。その理由が「古畑家へのピンポンダッシュ」?それも木村君の口から出た言葉を聞いた時は、これコント???状態でした(笑)

前作がコント風の作りであれば、その続編でわかるんですよ。キャラ設定も前作を維持しているのは吾郎だけ。かろうじて慎吾君までかな・・・あとは、14年間で何があったのと思う程の人物設定に正直、がっかりしました。見方は人夫々で楽しまれた方もいらっしゃるでしょうね。まぁ、最後に5人がやり遂げて良かったと興奮気味に語っていたし、何より吾郎が笑顔だったので、それだけでも見られて良かったかなです。

JOYは素敵でしたね。そして何よりも良かったのは、山あり、谷ありの25年、計り知れない苦労があったと思う5人が素晴らしい大人へと変わっていく姿が見られたことです。何時もアイドルの先陣を切って新しい事に挑戦し、後輩の道しるべを作ってきた5人が今後も挑戦し続けてくれることを確信した時間でもありました。

10代、20代のなんともいえぬ美しさの吾郎もいいけれど、少し渋みも出てきて、外見はもとより内面の美しさも感じられる現在の吾郎がやはりいいと感じたSPでした。

投稿: さやか | 2013/10/06 02:00

Kazuyoさん、こんにちわ。
そこそこ期待はしていた生ドラマ。
内容は元より、4人で決断してしまうところが全く持ってありえない!! 
ドラマのセリフ然り、終了後の吾郎のコメント然り、切なくなりました
一層のこと、前田さんと一緒に脱獄してしまえば面白かったのに!!
始まった時は一瞬「本当に生?」と疑ってしまう位、セットのクオリティーは最高でした。

過去とのコラボ「JOY!」は素晴らしかったですね。
ロンドンでの新旧吾郎は素敵でした。
基本的にタバコは大嫌いなんですが、それを差し引いても素敵なアンニュイ吾郎。この頃に完璧落ちた気がします

今回見終わって、正直4時間半生放送という意義ってあったのかな?と思ってしまいました。
ビストロで久しぶりに勝った事は嬉しかったし、生ドラマをやり遂げた後メンバー全員とハイタッチしていたのはプチツボでしたけど。

投稿: 緋絽 | 2013/10/06 02:38

YUEさん
こちらへのコメントありがとうございます(笑) 生ドラマをすることに意義があったと言われれば文句なしです。SMAPもスタッフも素晴らしかったと思うし。ただ、やっぱりあそこまで煽られると、そりゃあ期待しないほうがおかしいというもので。確かに、「古畑」にこだわらずに5人のワンシチュエーションドラマにしてしまえばよかったのかもしれませんね。そうであったら、キャラ設定のブレとか気にせずに見れたと思うわ。SMAPの顔面偏差値ってすごく高くないですか(笑)? 最近の若手の方を見ていてもそう思う。それが5人も揃っているんだから、そりゃあ最強だわと思いました。吾郎のあのアンニュイ感はすごいですね。22歳ですよ、22歳!たまりませんね(爆) 細かいところのツボも入れ込みたかったのですが、レポとしてあげたので無理があったので「おまけ」で出したいなぁと。ちょっと、後日になると思いますが是非また読んでやってください。


さやかさん
生ドラマは、期待しちゃいますよね。もう、あの宣伝の仕方を見させられていると仕方ないと思う。ファン以外でも、ここをすごく期待していた人が多かったみたいなので、最後まで引っ張って番組側としては大成功だったと思います(笑) まさに大掛かりなセットとスタッフと出演者を集めた豪華なコントです!と言われれば納得しそうになるのですが・・・コントの割にはオチがなく(苦笑) えっ?!それで終わり?と思ったのは私だけでしょうか。どこが最大の見どころだったのかわからないまま終わってしまった感が強かったです。やっぱり、これは生放送での生ドラマというところに意味があるんでしょうね。それだけのものだわ(笑) と、生ドラマに苦言はすれど、番組全体としてはそれなりにちゃんと楽しませてもらいました。吾郎が番宣で、「フジテレビと共に育ってきたSMAPを見て頂ければ」と言っていたのが全てですね。そして、それに関しては本当にフジテレビ、関西テレビさんに感謝です。中居くんが最後に、「あんなクソガキ共でも、こうやって大人になれるんですよ!」というのもそのとおりだと思った(笑) 笑いすぎて涙が出るぐらい過去映像を見て爆笑していたSMAPですが、いろいろ感慨深いところもあったんじゃないかなぁと。一人違う雰囲気を纏った稲垣吾郎という人に惚れこんだのですが、私も今の吾郎が一番好きです。というか、いつの時代もそのときの吾郎さんが一番好きかも(笑)


緋絽さん
もともとの「古畑 vs SMAP」においての吾郎の役柄が、すでに蚊帳の外でしたからね(笑) 三谷さんにとって、吾郎は単独でマイペースなキャラを演じてほしかったんでしょうか。本編はまだしも、たかだか数分の生ドラマでは5人でのドラマが見たかったですよねぇ。どうせ、キャラをブレさせるのならそれぐらいは入れ込んでほしかったわ。終わった直後の全員の高揚したトークに入れない吾郎・・・終わったあとも複雑になりました(苦笑) 最後が歌でよかったですよね。「Joy!!」のCGのクオリティの高さに驚愕しました。色合いまであわせているんですよね。まったく違和感がなかったわ。(いや、ちょっと???なところもありましたが(笑)) しかし、この「Joy!!」は「スマスマ」でもたくさん流してくれて良かったですよね。最近は、シングルが出てもほとんど「スマスマ」で歌っていなかったので。今後もたくさんSMAPの曲は「スマスマ」で出してほしいと思いました。4時間半の生放送、SMAPさんたちもテレビを見ているようなVTRの長いコーナーもありましたが、本人たちにはちょうど良かったのかな。「おじゃマップ」企画は、思いのほか楽しめたけど・・・どうせなら、次回は生放送をするのなら5人だけで何かする企画が見たいですね。

投稿: kazuyo | 2013/10/06 06:11

SMAP GOGO面白かったですね!
個人的にはドラマ以外は大満足です。


とここから、愚痴になりますので、問題ありなら削除してください。

私はドラマが終わった時、「これで終わり?」と口に出してしまいました。
バラエティー内の生ドラマだから、長さ的にはあれくらいで良かったんだと思います。

でも、キャラはぶれてないと言っても、吾郎ちゃんがひとりぼっちでほっとかれる絵が悲し過ぎました。
メンバーで一番舞台経験豊富だし、生は強いだろうから、活躍してくれるだろうと内心期待してたんですよ。
でも完全に裏切られました。

何年か前の5人のドラマ「X’smap」も、個人の仕事がとても忙しい時期の撮影で、出番がほんの少しで、ツヨポンとしか絡んでなかったと記憶してます。

5人で芝居する時の吾郎ちゃんの扱いが毎度こうなら、「5人で映画やって」なんてもう言えないです!

投稿: なおなお♪ | 2013/10/06 12:43

kazuyoさん、こんにちは。
確かに、一言でいうなら期待外れ?
企画自体は悪くなかったと思うんですが、4時間半の生放送のラストなので、嫌がおうにも期待は高まるばかり。
ただ、生放送ですからね~、ある程度は想像通りでしたが。
私も吾郎ちゃんだけ放置な感じが残念でした。
忙しい彼らですが、前作が良かっただけに、時間かけて2時間スペシャルとかでやった方が楽しめましたよね~。まあ、大人の事情もあると思いますが(苦笑)
吾郎ちゃんだけ、きれいでシュッとしてたのが素敵でしたよね。そこに満足することにします。

投稿: けいこ | 2013/10/06 13:12

私は、生ドラマも楽しめた剛くんファンで、SMAPも大好きです。去年初めてのコンサートで、それぞれの魅力を再発見しました。
三谷や、クドカン世界が好きなので、古畑の世界で、クールな吾朗ちゃんが、熱く語るところが、初めてみる顔だったので、嬉しい発見でしたよ。
SMAPの中では、バランサーの吾朗ちゃん、本当は、何を考えてるんだろうって、ずっと思ってました。王子様っぽいところも素敵ですけど、パリピアにキレるところが、少し本音が、見えるようで愛らしいと思って好きになりました。剛くんには、他の4人が酷い突っ込みをするときもあるけど 本人が、いつもニコニコ笑っているので、許しています。
25年、テレビ出続けて、グループでも、個人でも、子供からお年寄りにまで、注目されてるなんて、やっぱり凄いです。SMAP6人


投稿: らら | 2013/10/06 14:13

吾朗ちゃんだって、吾郎さんでしたね。ごめんなさい

投稿: らら | 2013/10/06 14:17

Kazuyoさん、こんにちは。「古畑SMAP」はその後のエピソードとして、しかも生放送で、凄い楽しみに期待していたんですか…残念ながらあまり…って感じでした。キャラもブレてるし、年月が経ってるので、当時のキャラのままじゃないのはいいにしても、個人的に違和感を感じました。第一木村くんが「俺たちは行かないから、お前だけ行きたきゃいけよ」みたいな言い方しないと思うし、第一、一人で行かすことはしないと思います。脱獄って凄いさらに重い罪になるんですよねそんな重い罪を吾郎ちゃん一人に負わせることは、他のメンバーも絶対しないと思います。ドラマ相手に突っ込むのもあれですが(苦笑)ただ面白かったのは、吾郎ちゃんの良い声の再現とSMAPのみんなが楽しんでやってたところが救いだと思います。

投稿: さおり | 2013/10/06 16:53

こんばんは。全体としては楽しい番組でしたので、生ドラマが残念なストーリーであったのが惜しいなあと思いました。
私の周りでは、特にファンではなくてもスマスマやSMAP特番を見ている人が多く、SMAPだからというのではなく、楽しいバラエティとしてチャンネルを合わせているみたいです。職場でお昼の話題になったりします。そう思うと、多分、ファンでない人からすれば、はるか昔のSPドラマの設定にこだわりはしないだろうし、刹那的に、今、面白くSMAPが描ければそれでよかったということでしょうか。とても肯定的に考えてみれば、ですけど…。

古畑続編という目で考えなければ、それでも萌えはありました。木村くんは、現実でも、またはパラレルワールド木村くんだとしても、吾郎ちゃんに一人で行けと言う人(の設定)ではないです。でも…あの状況で、吾郎ちゃんの顔を見て、つい甘えてしまった。女の子が好きな男の子に、ほんとは離れたくないのに「帰ってもいいんだよ。」なんて言ってしまうみたいに。「ばか。そんな顔してるのに帰れるわけないだろ。」って言って欲しくて。木村くん、そんな顔してました。吾郎ちゃんに「バカなこと言わないでよ。」と言われた後の木村くんの笑顔、可愛かったです。私は妄想し過ぎでしょうか(苦笑)。

SPドラマでも吾郎ちゃんは、視聴者へのミスリードポジションとして三谷さんが配置していたのだろうと考えると、今回も「どうなったの?」と説明を求める視聴者目線の立場であり、脱獄派と居残り派のわだかまりを解消する大事な役目を担わされたと…思っておきます。
本当は、5人で話し合いして、5人で納得して、5人で外の空気を静かに吸って、「さ、俺たちの場所に帰ろう」なんて言って牢獄に帰ってほしかったです。ある意味、もう外の世界に煩わされない5人だけの世界。孤児院から出て、苦しいときも5人で頑張って、ひょっとしたら虚勢も張って…そして恐喝に苦しんだことも昔のことに出来るくらいの穏やかな5人だけの年月が、ピリピリしていた若者を、あんなふうに「穴が掘りたかっただけ」と話せる大人にさせた、悲しいお話…なら…よかったなあ。

でもトータルとしては、本当に楽しい特番でした。それは満足です。生ドラマもあれはあれでアリです。
ただひとつ、「ベストフレンド」を多用しないで欲しいなあ、と、言いたいです…。あの歌は…ひっそりと大事にしておきたいなあと思います。

投稿: susu | 2013/10/06 23:57

なおなお♪さん
もう、吾郎ファンから愚痴が出ても仕方ないと思うんです。生ドラマというのはすごい!と素直に思ったし、SMAPもスタッフもそれに向けて素晴らしかったと思う。でも、あんな短い中で吾郎だけ遠くのほうで待っている構図を入れ込む必要があったのかな? 同じ蚊帳の外でも、同じ場所でクールに聞いているだけというので良かったんじゃないかと。戸田さんが、少し離れて演じているだけでまったく声が聞こえないとおっしゃっていたので、直後のトークも吾郎は入れなかったですもんね。そうなると見ているほうもテンション下がっても仕方ない。生放送じゃなかったら、全然気にならないですけどね。せっかくの生放送ドラマなのに、これはないわ。そして、つまんない(笑) 「クリスマ」は思い出したくもないです(笑)


けいこさん
企画は素晴らしいですよ!(聞いたときから期待していなかったけど(笑)) 生ドラマなんて昨今ないですからね。ちゃんとセットも本格的だし。大人の事情か、脚本家の事情かわらからんのですけど(笑)、やっぱりこうなったかぁ~という感じでしたね(苦笑) もうそう思っていたから、大きく愚痴るほどではなかったのですが、見てしまうとやっぱり残念感は半端ないです。2時間SPで生ドラマをやっても、結果は同じだったと思うわ。全員でドラマってなると、ほとんどおいしくないので。生ドラマを遂行したSMAPには拍手です。素晴らしかったと思います。ヴィジュは本当に良かったですね。そこだけは絶対にブレない(笑) それで充分です。


ららさん
剛くんのファンでコメント残してくださってありがとうございます。三谷さんの脚本で好きなのは、吾郎が映画にも出演させて頂いた『笑の大学』、そして、映画『ラジオの時間』が好きです。どちらも三谷幸喜らしい脚本で、くすっと笑えて良い作品でした。以前、放送された『古畑 vs SMAP』は、上手くそれぞれのキャラを活かした作品だったと思うし、何はともあれ田村正和さんと共演させて頂いたというのが一番大きかったですね。それも、古畑さんとの共演ですから(笑) でも、古畑の吾郎キャラは実にパブリックイメージどおりの吾郎で、そんなに面白くはありません(笑) いろんな表情を持っている人なので、型に嵌らないキャラ設定で見せてほしかった。まぁ、今回は「その後」ということなので間違っていなかったと思います。見たときには、吾郎だけブレていないと感じたので。ただ・・・個人的には別に面白くなかったかなぁ(笑)


さおりさん
もう、そうなりますよねぇ(苦笑) 私は、はなからそんなに期待しないでおこうと思っていたのですが、期待していた人には残念なところもあったと思います。期待値下げていて、テンション下がってしまったので(苦笑) もう、時間枠が決まっていたと思うので脚本も難しかったと思うんですよ。でも、三谷さんはプロですからねぇ。そこは言い訳にならない。前日に長台詞を入れ込んできたというのが、もうやっつけ感満載でそりゃこうなるわと思いました。まぁ、酷かったというには失礼だし、生ドラマの緊張感は伝わってきたのでそういう意味では興味深く拝見しました。終わったあとの、全員のホッとした感じもトークも良かったですしね。初の挑戦だったと思うので、緊張しつつもきっと本人たちは楽しんだと思うのであまり文句を言ってはいけないと自分に言い聞かせています(笑)


susuさん
「SMAP GO!GO!」自体は、私も意外(笑)と楽しませてもらいました。特に「おじゃマップ」企画であんなに笑うとは思わなかった。あまり、皆さん、感想がないみたいですが(爆) 私は、ブログ記事でこの企画が一番熱くレポしたんですけどね(笑) ファン以外の視聴者にも楽しんでもらおうという意味では、なかなか上手くできていたと思います。今回は「スマスマ」SPではなくて、あくまでフジテレビ55周年記念の番組にSMAPがパーソナリティとして協力したという形ですもんね。だから、ファンも喜ばせつつ世間の皆様も楽しめるようにと上手く出してきたと思います。なので、生ドラマもあの程度で良かったのかなぁと思いますし。木村くんの性格的に、吾郎に「お前だけ行けよ」という台詞はおかしいとつっこんだ方が多かったみたいですね(笑) 私は、これはSMAPを演じているSMAPなのでアリかなとは思ったのですが、作品の続きとして繋がりがないと感じたのと・・・面白くないというのが大きかった(笑) 三谷さんなら、もっとパンチの効いたショート脚本を出してくると思ったので。「ピンポンダッシュをしたいから脱獄」もバカらしくていいですが、その割には最後がオチになっていない。真面目に見たらいいのか、コントとして見たらいいのかわからない作品だったのが厳しい。これなら、設定だけ決めておいて全部アドリブでSMAPに演じさせたほうが面白かったかも。それぐらい、できる人たちのような気がするので。まぁ、でも・・・及第点ですかね(笑) 番組は楽しませてもらったので不満はありません。

投稿: kazuyo | 2013/10/07 05:29

初めまして!いつも楽しく拝見しております。
ちょっと前までSMAPファンに片足を浸しているぐらいの軽いファンでしたが、「掌の世界」のPVを見て両足を入れた遅すぎる新規ファンです。吾郎さんは前々から(ブス恋とか見てました)好きな方だったのでそのまま深みにはまってます。
生ドラマ、ちょっと期待しすぎたのですが、番組自体は面白かったですね。昔のSMAPがあまりよくわからないので少し知識が増えました!
こちらのブログは少しづつ読ませてもらってます。
たまにファンの方の努力に涙が出そうな記事もありますが、これからも楽しいブログを発信してくださいね。
でも、ゴロデラとかラジオとか見れてうらやましいです(放送のない地域なので)

投稿: yuni | 2013/10/07 12:54

Kazuyoさん、こんにちは。

SMAP GO!GO!はいつものように録画視聴でした。しかもまだ全部見れてない(泣)

生ドラマは全く期待していませんでした。下げるハードルもなし。でもつまずかれた方、多かったみたいですね。吾郎ちゃんファンの感想をいくつか読んでから一番最初に見ました。苦手なおかずから食べる主義なので。しかも吾郎ちゃんの出演場面だけしか見ていません。短っ。ごめんなさい、少しでも傷つかないようにというやり方なんです。だから内容をとやかく言う権利はないのですが、その少しの場面でも木村君の台詞には???吾郎ちゃんの扱いはあんなものでしょう。前作とぶれないようにするには。コントと思うことにしました。それでも不出来だけど。楽しまれた方ももちろんたくさんいるのはわかります。きっと内容うんぬんより「生」に感動されたんでしょうね。吾郎ファンにはそんなひまも無かった!?

追加されたという長ゼリフ。あんなの吾郎ちゃんの中では長くもないですよね。「豚肉料理でございます」の言い方のアドリブ。③さん、吾郎ちゃんがあんな声出せるの知らなかったんでしょうね。昔からドラマや舞台でも役にあわせて微妙に声や話し方を変えてきた人なんですよ、ね。トーマス、クジエムスキー、ヴァンダ。見事でしたね~。いいもん。③さんにはワンパターンの見方しかされなくても、殿やらトーマスやら天間先生やら父ちゃんまで、短期間でもこんなに幅広い役をやらせてもらってるも~ん。

ドラマ終了後のトークは吾郎ファンでも楽しまれた方は多かったみたいですが私は微妙でした。メンバーが大変だったのはわかる、スタッフさんもほんとうにドキドキだったでしょう。でもなんか内輪受けしているみたいで、ドラマと同じように蚊帳の外にいるようで居心地悪かった。大変な時もそう言わない吾郎ちゃんのファンだからかな。出番が少ないのもあるけど、きっと緊張はしただろうけど、吾郎ちゃん的にはそんなに大騒ぎするようなことでもなかったのではと思ってしまいました。たとえもっと出番があっても。一度始まってしまえば止められない舞台のお仕事をコンスタントに続け、「心療中」のように膨大な台詞のドラマもほとんど一発本番のように撮ってきた吾郎ちゃんにはたいしたこと無い、というのは言いすぎだけど、本心はそうなんじゃないのかなと思いました。シングル50曲メドレーのときのように。ファンの私がそう思うのも吾郎ちゃんの実力を実感できるお仕事が続いているからだと思います。

意外と一番期待していなかったハッピーサプライズをリピしています。まだコンプリートしてはいないのですが。「豚肉料理・・・。」のリピが止まらない。この企画があってよかった~。他のコーナーもゆっくり編集しながら見ますね。Kzuyoさんのレポを参考にしながら。ところでこのコーナー。変装前の私服のとき。吾郎ちゃんのボーダーニットのボタン。いちばん首に近いボタンはずれていませんか?きちんとしたつもりがはずれてしまったのかな?あのボタンをはずして着くずすなんてありえないし、着くずすの苦手な吾郎ちゃんだし。何でしょう。気になりました。

長々と愚痴、失礼しました。

投稿: みやっち | 2013/10/07 16:09

Kazuyoさんや皆様の冷静なコメントと一番最初に拝見してから時間がたったので少しは落ち着きました(笑)。自分に反省。Mさまの脚本だもの、吾郎ちゃんの扱いはこうなるよねって、反省、反省。生ドラマを演じてくれたSMAPや全てのスタッフの方にお疲れ様でした。関わった全ての方が終わった瞬間SMAPと同じ気持ちでしたよね。ハイタッチしたくなりますよね、解ります。でも拝見した私はもやもやが残りました。やっぱり私にとってMさまは鬼門のようです。でも「Joy!」で救われました。本当にCG技術の進歩は素晴らしいです。今の美しく素敵な吾郎ちゃんが昔の可愛い吾郎ちゃんや絶世の美アンニュイ吾郎ちゃんと共演を拝見できた事が最後笑顔にしてくれました。終わり良ければ良しとしましょう。

投稿: ピカチュウ | 2013/10/08 00:48

yuniさん
どうも初めまして。コメント残してくださってありがとうございます。新しいファンの方も大歓迎(笑)! こちらのブログを読んで頂いて、もっとSMAPと吾郎さんに嵌って頂けるのなら本当に嬉しいです。ブログ記事だけでなく、皆さんのコメントも読んでくださっていると聞いて本当にありがたいです。皆さん、とても熱く吾郎のことを語ってくださるので。吾郎の単独のお仕事は、関東圏が中心で地方組は本当に寂しいですよね。できれば、地元局にガンガン要望出していってくださいね。(「ゴロデラ」も「ストスマ」も翌日に探せば落ちていることはありますが(ぼそっ(笑)) ラジオは放送されなくてもお便りを出していってください! レポでしっかり拾っていきますので(笑)


みやっちさん
まだ全部番組を見ていないということですが、やっぱり大きく宣伝した生ドラマは見ちゃいますよね。そして、がっくりくる。ドラマは吾郎出演部分しか見ていないんですか?! それは、余計に何がなんだかわからなかったのでは(笑) 頭から見てもそう変わらないのですが、4人で相談しているところに吾郎がいない画はそういうのが苦手なら厳しいかもしれません。私は、別にそれでもいいんですよ。ちゃんとその意味があったのなら。なかったので(笑) 別にそこに吾郎がいても良かったよね?と思った。皆の意見を聞いて、クールにフッと苦笑しているだけもいいからその場にいてほしかった。「5人でなければ意味がない」の台詞も白々しく聞こえてしまう。(SMAPが悪いわけでは断じてないです) 脚本家の方のお名前、しっかり出してきてくださっても良かったのに(爆) 才能ある方だとは思うけど、今回のはどうなの?と思っただけなので。終わった直後のトークも盛り上がって何よりでしたが、その中に当然入れない吾郎。まぁ、仕方ないよね~という感じで見ていたけど、本音はそれも面白くない。当たり前です(笑) そういう状況になるのがわかる設定だったので、それを考えても複雑になる。愚痴を言えと言われたら、ものすごく出せます。でも・・・SMAPが全員それでも楽しそうだったので引っ込めました。私も吾郎はまったく気にしていないと思います。それどころか、みやっちさんの言うように口では合わせていたけど、それほど彼は緊張していなかったと思う。あんなの台詞覚えも早く舞台の数こなしている吾郎にとったら、朝飯前だったと思うので。(それより、よっぽどハッピーサプライズのときのほうが緊張していたと思うわ(笑)) だから、本当に楽しんで演じていたと思いますね。なので、生ドラマすごかったね。よくやりきった!と言っておきたいかな(笑)


ピカチュウさん
ここでも脚本家の方の隠語が(笑) 皆さん、結構と彼のこと苦手なのねぇ。分かる気もするけど(笑) 脚本家としては素晴らしい人なんですけど、実際のところあまりSMAP全員のことはよくわかってらっしゃらないのかも(笑) 生ドラマというのは脚本や出演者だけでなく、関わった全てのスタッフを含め大変だと思うので、それを考えると生放送内でやりきったのはやっぱりすごいと思います。始まるまでは不安もあったと思うけど、終わったあと全員嬉しそうでしたしね。最後に「Joy!!」が入ってくれて、EDトークでバッチリ終わってよかったです。そうそう、「終わりよければすべてよし」ですよ(爆)

投稿: kazuyo | 2013/10/08 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SMAP GO!GO! ~おじゃマップ編~ | トップページ | 裸サングラスに挑戦?! »