« 月イチゴローとムービージャッジ | トップページ | 究極の清スマ会議 »

20世紀から21世紀へ

4時間強の放送となった、『FNS 名曲の祭典』。おなじみと加藤アナの司会で、歌披露ではなく過去のVTRをゲストと見ながら振り返る新しい試み。おそらく、賛否両論あると思うのですが、個人的には全部楽しませてもらいました。海外にいると、新しいアーティストの方たちより懐古主義になるので(笑)、昔全部網羅していた歌番組からの懐かしい映像に胸熱でしたよ。

とは言え、レポするのは当然SMAPのところだけ(笑) 剛以外の4人の席順がいつもと違って新鮮だった。向かって左、MC席のに近いところから中居吾郎慎吾木村。案の定、吾郎と離された木村くんがおとなしい(爆) でも、全員楽しそうでしたね。吾郎がサタスマに挟まれてやいやい言われてふにゃふにゃ笑っているのが可愛かった。

5分でわかるオリコンベスト1(1968年から2012年までの年間ヒットチャート1位)
SMAPは、2003年「世界に一つだけの花」で1位獲得
ご存知、剛のドラマ『僕の生きる道』の主題歌なわけですが、SMAPさんたちはタダでは済まさない。笑いを必ず引き出します。
中居 「草彅くんの熱望でシングルになったんですよね?」
 「違います!それは」 (一刀両断(笑)(笑)(笑))
中居くんの「はぁ?!」の振りの表情に、隣からクスクス笑っている吾郎が可愛い!
そんな子供の喧嘩のような最中に、後列にいた曲を作ってくれた槇原さんがニコニコしていて、小室さんが「名曲ですよ!」と太鼓判を押してくれて一件落着(笑) 

そして、何やらSMAPのメンバーはそれぞれ一人ずつ個人のアーティストたちとの共演VTRが用意されているようで。まずは、中居くんから。「俺のね~よ!おい、これ、無許可だべっ(怒)!出していいやつ?」とごねる振り(笑) 中居さん、キャラぶれないなぁ。

中居正広 共演集
吉田拓郎のギター 「チェインギャング」 (ブルーハーツの曲)
Kinki Kids 「俺たちに明日はある
吉田拓郎、坂崎幸之助、木根尚登 「ともだち

映像は、『LOVE LOVE あいしてる』と99年に中居くんが司会をした『27時間テレビ』からのものでした。この後のメンバーの映像も、その二番組と『FNS歌謡祭』のでしたね。ここに『スマスマ』のを出してきたらとてつもない数になるので(笑) 「ともだち」の映像は中居くんは覚えていない。しんつよがバックで映っていたのも驚いていたけど・・・一番左端に吾郎もいたし、木村くんもギターで参加しているからね(笑)!

フジテレビ発のヒット曲
Kinki Kidsの「全部だきしめて」 (1998年) がゲスト出演したときの映像が出て、吾郎が思わず笑み零れるのがいいですね(笑)
慎吾ママ 「慎吾ママのおはロック」 (2000年) 慎吾ママ可愛いよねぇ
チョナン・カン() 「愛の唄 ~チョンマル サランヘヨ~」 (2002年) いつもチョナンの映像が出ると照れる剛。顎あがってるよ~(笑)

ここで慎吾が、「僕とつよぽんと吾郎ちゃんはソロで曲を出したことがあるけど、中居くんと木村くんは出さないの?」と素朴な疑問。確かに。中居くん曰く、自分はまったく出す気はないけど、木村はやってもいいのにねぇと。木村くん本人は「う~ん」という感じでしたが・・・
慎吾 「おっはー!って」
(木村、うん???という表情)
中居 「拓哉ママ?なんで、今、おっはー!押し付けたんだ」 中居さん、声のトーンが怖いです(爆)
隣から「なんで?」と絡んでくる木村さんに怯んで、面倒になってくる慎吾の様子に笑いました(笑) ここで次のコーナーに進むコメントにが噛んでしまい、「はぁーい、1回止めま~す!」のSMAPの上二人の団結力が怖い、怖い(笑) 盛り上げますねぇ。

稲垣吾郎 共演集
いろんなアーティストの方と共演させて頂いて・・・と話していた吾郎に、隣から慎吾の思わぬ暴露が。
慎吾 「普通に吾郎ちゃん、話してくれていますけどぉ、さっきの中居くんのVが登場するときに・・・「これ、一人ずつ出てくんの?恥ずかしい・・・マジかよぉ」って言ってました(笑)」
吾郎照れ笑い、中居くん、足バタバタさせて大喜びの中・・・慎吾が吾郎の左腕をタッチしたもんだから、その手の動きに視線をロックオンする木村くん(爆) 私は、この視線を追っているだけで楽しかったです。だって、それまで話している吾郎の顔をじっと見ていたのに、この後からどうにも慎吾の手の動きが気になったみたいでずっと見ているのが(笑)

改めて吾郎の共演集の紹介が入ると、思わず照れて下を向いてしまった吾郎の頬にまつげの影が綺麗で魅入ってしまいました。
Kinki Kids 「This is love」 一人SMAPに「やだなぁ、これ(汗)」の吾郎(爆)
小林武史 「抱きしめたい」 吾郎、かっこいい~
KEIKO 「もっともっと・・・」 小室さんがキーボード、木村くんがギターで参加 (木村くん忘れてた(笑)?)
大橋トリオ 「あの素晴らしい愛をもう一度」 小窓の吾郎が「ザ・イナガキ」で震えます(笑)

吾郎が完全にMCの剛に話すのに体を真横に向けてしまって、中居くんも横向きなためナカゴロ対談みたいになっているのが素敵(笑) 次の尾崎豊さんの曲の紹介が吾郎が好きだというくだりで持っていく台本だったらしく、TOKIOの城嶋くんに教えてもらって聴いていたというもっともなコメントをする吾郎に食いついた中居くん(笑) いや、別に他人から薦められて聴いていたで間違っていないよね(笑)? まぁ、「そんなに聴いてたというわけじゃない」は余計だったけど(笑) 

このくだりですが、すでに真正面からニヤニヤしている中居くんを目の端に捉えていた吾郎が、突っ込まれて笑っているのが可愛い。後ろから慎吾も「聴いてた、聴いてた」と茶々を入れる感じで可愛かったなぁ。の吾郎へのフォローは、相変わらず優しくてホッとする。しかし・・・よく聴いていたという木村くん(「なっ、吾郎♪」に驚愕。知らんわっ(笑)!)に紹介してもらえば良かったのに、VTRの後も台本どおりに吾郎に感想を聞く加藤アナ。そこは、木村くんに聞いたほうが良かったのでは(笑)?

フジテレビドラマ主題歌特集
久保田利伸 with ナオミ・キャンベル 「LA・LA・LA LOVE SONG」 (1996年) 木村主演ドラマ 『ロングバケーション』
今井美樹 「PRIDE」 (1996年) 慎吾主演ドラマ 『ドク』
SMAP 「セロリ」 (1997年) 主演ドラマ 『いいひと』
SMAP 「たいせつ」 (1998年) 中居主演ドラマ 『ブラザーズ』
SMAP 「世界に一つだけの花」 (2003年) 主演ドラマ 『僕の生きる道』
&G(吾郎) 「Wonderful Life」 (2004年) 主演ドラマ 『僕と彼女と彼女の生きる道』

久保田さんからの曲ができていったエピソードは興味深かった。SMAPとコラボしたときの4小節でポジションを移動するのが大変というのも、彼らは難なくいつもフォーメーションを作っているわけですが、「スマスマ」では毎回と歌詞、振り、フォーメーションの全部を短時間で叩き込むのがすごいことの証明になって嬉しいコメントでした。

草彅剛香取慎吾 共演集
香取慎吾
Kinki Kids 「大きな古時計」 平井賢さんの曲がヒットする前の先取り(笑)
ナオト・インティライミ 「上を向いて歩こう」 最近の『FNS』でのコラボ
シンツヨ(笑)
DANCE☆MAN 「LOVEマシーン」 シンツヨは二人でコラボというのが多いのね
草彅剛
米倉利紀 「Love in the sky」 『ラブラブ』でのコラボ
宇都宮隆、小室哲哉、dj honda 「Get Wild」 すごい組み合わせ(笑)

しかし・・・小室さんは当時ものすごく忙しすぎたのが原因か、吾郎のも剛のもあまりよく覚えてない(笑) 剛は歌う前にアドバイスを頂いたのも覚えているのにね。吾郎のときも、なぜKEIKOさんと女性が歌う曲を選んだのかも歌前に小室さんが解説してくださっていたのに(笑) ここで、そんなことより言いたいことがあるというような慎吾の愚痴が(笑)

慎吾 「中居くん、吾郎ちゃんが一人ずつ出てすごく恥ずかしいって言ってて、僕も、うわぁ、来んのかなぁって思っていたら、なんかつよぽんと一括りになってて・・・まぁ、いいんですけどぉ・・・来んのかよぉ~と思っていた自分が恥ずかしい」
もう、シンツヨはそれだけ仲良しこよしと思われているんだよ(笑) いや、気持ちはわかりますが。

木村拓哉 共演集
忌野清志郎 「君が僕を知ってる」 木村くんが落ち込んでいるときに糸井重里さんから薦められたRCの曲
布袋寅泰 「BORN TO BE WILD」 ロックしてるね~
奥田民生 「息子」 木村くんは順応性があるよね
斉藤和義 「ずっと好きだった」 個人的には、やっぱりこのコラボが一番好き
小室哲哉 「Imagine」 ジョン・レノンの名曲

吾郎と剛の『27時間』は印象に残っていなかったけど、このピアノ伴奏をした木村くんのソロはすごく覚えているという小室さん(笑) まぁ、そうですよね。自分のピアノ一本にかかっているという生放送だったので。しかし、木村くんはもう音楽の趣味が一貫してロックですよね。自分の好きなものを自信を持って歌うから気持ち良いんだろうと思うし、聴いているほうも安心して心地良くなるんだろう。

20世紀から21世紀へ
SMAP 「世界に一つだけの花」 (2002年)
SMAP 「夜空ノムコウ」 (1998年)
SMAP 「らいおんハート」 (2000年)
SMAP 「Joy!!」 (2013年)

長い番組の締めは、SMAPで始まりSMAPで終わる。そして、提供ロールが流れる中にSMAPの新曲「シャレオツ」がかかって・・・今回ののMCの感想を木村くんに(笑) そして、素朴な小室さんの「FNSは、そもそもなぜ司会が草彅くんに?」という質問が(笑) これ、別に剛を貶めたわけではなくテレビを見ていない間にいつの間にか剛になっていたことへの単なる質問ですよね。

そんなですが、今回カンペをずっと見ていたわけではなくちゃんと回していたと思います。別にゲストに突っ込みいれて盛り上げるだけが司会の役割ではないと思うので。そういうのが必要な番組には、それに適した人が選ばれるわけで、FNSはこれでいいのではないでしょうか。番組の主旨をじゃますることなく適切にコメントを振っていた今回の剛は素晴らしかったと思う。そうか・・・もう9年もやっているんだ。慎吾の「おい!ちゃんとしろよぉ!」は、そんな剛への激励ですね(笑)

|

« 月イチゴローとムービージャッジ | トップページ | 究極の清スマ会議 »

コメント

FNSの特番ですよね。4時間こちらもまだ拝見できてません。(拝見できるのでしょうか?(笑))Kazuyoさんのレポを拝読してSMAPの盛り上げは流石ですね!上手くつよぽんを助けているのでしょうね。今回は木村君とお隣ではないとは・・・サタスマコンビは楽しかったでしょうね(笑)。吾郎ちゃんのふにゃ笑顔も拝見できて、いつもの優しいつよぽんのホローもあって木村君の吾郎ちゃんロックオンもあってやはり頑張って拝見しなければとKazuyoさんのレポを拝読して思いました(がんばらなければ)

投稿: ピカチュウ | 2013/11/05 00:08

ピカチュウさん
三連休はゆっくりされたでしょうか? それでも、4時間もある番組はなかなか消化できないですよね(汗) 個人的には全部楽しく見させてもらったのですが、どうしても時間がないようでしたらこのレポではSMAP出演部分は全部拾っています。それも順番どおりに(笑) もし良ければ、レポに沿ってSMAPが出演しているところだけでも是非見てください。とにかく、メンバー同士で絡んでいるところは「もれなく」面白いので(爆) 吾郎がとてつもなく可愛いし、突っ込んでくれるメンバーも優しいです。そして、過去の映像の吾郎はクールガイで素敵。これは、見ておいたほうがいですよ~(笑)

投稿: kazuyo | 2013/11/05 05:01

kazuyo さん こんにちは
過去の吾郎さん、本当に美男子でしたねえ(惚)・・・いえ今もそうですが・・・髪型のせいでもあるのでしょうか、クールで、肌も浅黒いし、少し尖った雰囲気もあって、又それが良かったのですが。今は一皮剥けて明るいけれど落ち着いた、匂い立つ様な色気を纏った大人の男性になりましたよね(惚々)

kazuyo さんのレポを読ませて頂いて、チェックポイントを踏まえていた筈なのに、木村さんのロックオンの辺りを素通りしてしまいました(笑)・・・だって愼吾くんの動作は、隣にいれば会話中何気なく起こる事じゃないですか?全く違和感無かったんです(笑)。で、木村さん中心に見直せば、逆に此方の方が変かもって(笑)それからの「な、ごろう♪」で納得(していいんでしょうか?)(笑)
その直前、木村さんの「俺も聴いていました!」の時、身体ごと完全に司会席に向いている吾郎さんが、ほら来た♪とばかりに本の少し笑った様に見えたのですが・・・気のせいかも知れませんね・・・(笑)。単にきむごろさん(このコンビが可愛くて最近私の中では平仮名表記なんです。あ、しんつよくんも)が今日も仲良しさんだなと嬉しかっただけですから(笑)
SMAPはやっぱり面白くまとめますよね。最後まで笑わせて頂きました(笑)
フジテレビの音楽番組って何か不公平感が残るのですが、今回は楽しめましたね。私だけが気になっているのでしょうか・・・(苦笑)

吾郎さんのBD企画、参加させて頂きました。いつもと違う名前もあった方がいいかなと思いまして。本名では無いのですが・・・宜しくお願い致しますm(__)m


投稿: まねきねこ | 2013/11/05 14:19

まねきねこさん
まさにクールビューティでしたね(笑) あの頃のアンニュイ美青年っぷりは、今の20代のアイドルを見渡してもいないです。年齢より大人っぽく見られたんじゃないのかなぁ。でも、今は真逆で「えぇ、もうすぐ40歳?!」って言われるぐらい(笑) なのに、大人の表情もやっぱり見せてくれるし・・・美青年からは卒業したけど、私は今の吾郎のほうが何百倍も好きです。慎吾って、ボディタッチするのは吾郎と剛限定ですよね? SMAPの中では上二人になんてとてもじゃないけどやらないし(笑)、SMAP以外の人にもそういう行動は取らないような気がするのです。すごく自然にやっているので癖だとは思うんだけど、それなりにちゃんと相手は選んでいる気がする(笑) そして、その行動をちゃんと見ている人もいる。そして、気になる(笑) 今回の座り位置は悪くはないのですが、吾郎って話している人に体を全部向けちゃうときがよくあって(人と会話するという意味では間違っていない)、EDトークのときとかも吾郎の隣に座る人に思い切り背中を向けちゃうんですよね。今回、木村くんは吾郎の背中を見ているときが多くて・・・吾郎の内側(MC側に座らせてあげたかったな(笑))

BD企画へのご参加ありがとうございます。もう、あっという間にやってきますね。そして、年末・・・一年経つのは本当に早い(汗)

投稿: kazuyo | 2013/11/06 09:42

録画するとかえって長く感じた4時間でした(笑)
私も全編意外と楽しめました。時々smapが消えるのですが、それもかえって良かったのかな、と。smapがいるとどうしてもトークが盛り上がり過ぎますから(笑) 全編smap中心では申し訳ないくらいの豪華なゲストですよね。 VTRを見るだけなのに(笑) 草なぎ君もメンバーがいない方が落ち着いていたような気がします(笑)途中のナレーションも素敵でしたね。
kzauyoさんがおっしゃる通りsmapの出演部分はどこも全部面白かったです。もちろんこの豪華なゲストの全員と共演経験も多くアリスからAKBまで自然に絡めるのはsmapだけですよね。衣装も全員素敵で、特に吾郎ちゃんは腕のラインのせいかパイロットのような感じですごくおしゃれでキリッとしてました。でも中身はサタスマの間という座り位置が良かったのか悪かったのか、結構とふにゃふにゃ吾郎でしたけど(笑) それにしても吾郎ちゃんって前からこんなに横向いてましたっけ?司会の方を向くと完全に中居くんと二人の世界だし、後ろの方と話す時には真後ろ向いちゃうし、もう落ち着きのない子どもみたいで可愛いったら  そりゃ慎吾ちゃんも「こっち向いて」とばかりにタッチしちゃいますよ~。木村くん許してあげて~ かと思うと、足を組んで「ザ・イナガキ」だったり、見てて飽きないです。 今回は席が遠くてちょっと残念な木村くんでしたが、kazuyoさんのレポでいろいろと楽しめました。私的には吾郎ちゃんのコラボ集の「This is Love」の時になにがツボだったのか、小窓の木村くんが今回一番のすっごい笑顔になったのになぜかホッとしました。
それにしてもフジって昔からいろんなコラボを番組でやってたんですね。ゲストの方達も本当に懐かしそうに和やかにお話されているのがなんだか嬉しかったです。今音楽番組が少ないのが残念です。その中でsmapが何かと歌番組に関われて、歌も披露出来るのが改めてありがたいと思いました。 中居くんの音楽番組、カミスンみたいなのが戻って来るといいですね。12月のFNSも楽しみです。

投稿: さっぴぃ | 2013/11/07 12:40

さっぴぃさん
どこにSMAPさんたち出ているのかなぁと思って、頭から見始めたら案外と全部見てしまいますよね(笑) 結構と私は楽しませて頂きました。剛のナレーションを聞いていると、「FNS」というよりは「僕らの音楽」のようでゆったりと見れるのも良かったです。ガチャガチャしていない(笑) そして、もちろんSMAPが出ているところは、もれなくおしかったです(笑) 衣装もとても良かったですね。吾郎って、いつからか話している人のほうに身体ごと向けて話すようになりましたよね。「スマスマ」のEDトークでもそう。だから、端に座らないと吾郎の背中を見てトークを聞いているメンバーが必ず出てくることになります(笑) 今回は、MCの剛のほうを向いちゃうもんだから中居くんはよしとして、背中を見させられる木村くんと慎吾はトークに入りづらいですよねぇ(苦笑) 慎吾は、だからボディタッチがさらに増えたのだと思うのですが、木村くんなんて端でじ~っと聞くだけになっちゃって、トークに入るときに挙手しちゃったよ!って思いました(爆) 「なっ、吾郎」のあとは、心の中で「お前、ちゃんとこっちも向いて話せよ!」と言いたかったのではないかと(笑) そんな木村くんは、どこよりも吾郎のVTRを楽しく見られたようで百面相でしたね。まぁ、これはいつものことなので楽しまれて何よりだと(笑) アーティストのコラボは、「スマスマ」ではとてもたくさんの方に来て頂いて、国内、海外問わずすごい数になっていると思います。いつか、「スマスマ」でも特集を組んで見せてほしい。なんなら、DVDにしてもらってもいいんですが(笑)

中居くんの「火曜曲!」が終わったと思ったら、同じTBSで今度は深夜で「Sound Room」という歌番組がリリーフランキーさんと一緒に来週からスタートしますね。これで、また新曲「シャレオツ」を披露する場が増えました(笑) 楽しみです。

投稿: kazuyo | 2013/11/08 04:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月イチゴローとムービージャッジ | トップページ | 究極の清スマ会議 »