« パーティナイト | トップページ | 奇天烈アイデア »

舞台の魅力

舞台のお仕事も大事にしている吾郎には、うってつけの今回のお客様。「ゴロウ・デラックス」らしい展開となりました(笑)

金のカーテンと苦戦しながら(笑)登場されたのは、宮藤官九郎さんや阿部サダヲさんを要する劇団『大人計画』を主催されている日本が誇る奇才、松尾スズキさん。脚本家として『東京タワー オカンと僕と、時々、オトン』で日本アカデミー賞を受賞。映画監督として『恋の門』でベネチア祭に出展。小説化としては、『クワイエットルームにようこそ』で芥川賞候補に選出され、俳優としてもNHK朝ドラ『あまちゃん』では、アイドル好きの喫茶店のマスター役を熱演。そんな多才な松尾さんが書いた絵本を吾郎が朗読。

第九十九回課題図書 『気づかいルーシー』 松尾スズキ著

Photo

過剰な気遣いは悲劇をもたらす。少女ルーシーとおじいさんの皮を被った馬が繰り広げる残念な気遣いの物語。子馬が死んでしまったおじいさんの皮を剥いで、ルーシーのためにおじいさんになりきるくだりも描写した非常にシュールな絵本。これは、大人の絵本ですね(笑) この話を絵本にした理由は、絵本に出てくる登場人物の感情は「嬉しい」「幸せ」など全部が直截で、「気遣う」ような繊細なものがないので書いてみたそうです。

松尾さんがリストラされて旗揚げした劇団『大人計画』の初期メンバーには、温水洋一さんが在籍されていたのだとか。『大人計画』に入る条件としては、松尾さんは下品な人は嫌だということです。シュールな作品で誤解してはいけないとうことですね(笑) ここで、劇団員の阿部さんと宮藤から松尾さんとのエピソードを披露。胸毛の話や舞台本番でのカンペの話や女優さんには優しいという話が出てきて、慌てる松尾さんが素敵(笑)

俳優としてドラマ出演の松尾さんのVTRをご紹介。宮藤官九郎さん脚本の『マンハッタンラブストーリー』(2003年)や、『高校教師』(1993年)でドラマ初出演の駅員さんのチョイ役など貴重な映像。そして、舞台でのご活躍をご紹介。フランスのパリでも上演された、松尾さんの代表作『マシーン日記』の舞台映像が流れますが・・・これまた、なんとも言えない世界観(笑) こういう作品は嵌ると抜けきれなくなるんだろうなぁ。松尾さんの舞台に対する考えは、「テレビでやれることを舞台でやってもしょうがない」というのが根底に流れている。松尾さんの舞台を観に行ったことがあるという吾郎がコメントした、「社会性なメッセージがあるものも、笑いと共に表現する」というのが全てでしょうか。

第百回課題図書 『人生に座右の銘はいらない』 松尾スズキ著

Photo_2 松尾さんが書かれた小説もご紹介。小島さんが朗読。「難産でしたが無事生まれましたよ!」と言われて、そんなに危険だったのなら生まないでほしいというのが赤ん坊の正直な感想ではないか。だから泣くのだ・・・というような、非常に不思議な観点から物事を見つめた松尾スズキ流の見方が書かれた本。

ここで、松尾さんと「ゴロデラ」のコラボとして、松尾さんから演技のレッスンを受けることに。いろんな『新しい驚き方』としてシチュエーションを考えてイラストにしてきてくださったものを、松尾さんと吾郎が即興のアドリブで演じてみることに。ここのスイッチの入り方がお二人ともすごかったです。舞台っぽい(笑)

一、 映画を観終わったあとに、吾郎が奢ってくれたポップコーンを半分返すというシチュエーション。
松尾 「倍返しだっ!(白目をむく)」 (間違った使い方)
吾郎 顔の筋肉をピクピクさせて驚く吾郎
松尾 「自分の倍返しに夢中になって、まったく(吾郎の演技が)見えなかった(汗)」
吾郎 「まったく演技指導にならないですね」 

松尾さんにも毒舌な吾郎に、観覧していた小島さんも親太朗くんも大笑い。

二、牛丼屋の年配のアルバイトが、若い店長から仕事ができないことで怒鳴られるも・・・その人は店長の父親だったというシチュエーション(笑)
吾郎 「お、お父さん、何やってるのぉ!」
松尾 「えぇ?!」
吾郎 「お父さんだったの?!」
松尾 「・・・吾郎?」
吾郎 「吾郎だよ!」
松尾 「えぇ?!」
吾郎 「えぇぇぇ?!」

この二本だけで笑ったのですが、オープニングでは「あい~ん」をやっていた吾郎のカットが流れていたところを見ると、きっと、いろいろまだやったんでしょうね(笑) 未公開で流してくれないかなぁ。最後に、親太朗くんの消しゴムはんこに無表情で驚く演技をしてくれる松尾さん(笑) どうだろう・・・吾郎が挑戦するような舞台のタイプではないのですが(笑)、案外いい化学反応が起こるかも? 是非、タッグをいつか組んでほしいですね。役者での共演も見てみたいです。

|

« パーティナイト | トップページ | 奇天烈アイデア »

コメント

 Kazuyoさん、こんにちは。
 しばらくお休みの後の番組は2回ともとても面白くて、長く続けて欲しい番組だとあらためて思いました。
 さださんの回は、朗読が良かったです。[風に立つライオン]は火曜曲で聴いてすごく心にしみた歌だったので、確かに改めて小説にするのは大変だったのかなと。どちらも同じ映像の世界観に連れていかれました。
 松尾スズキさん。よく名前は聞くものの個性的な俳優さんぐらいの認識だったのですが、多種にわたって活躍されている才能の方だったんですね。シュールすぎて引いてしまいそうですが、何か深いものが伝わってきます。舞台でしかやれないものを、というのはその通りかもしれません。
 演技のレッスン、すごかったですね。一瞬で切り替えられるのがさすがです。役者として、SMAPとして、要求されたものに対するパターンをたくさん持っているんでしょうね。早く次の舞台が観たくてたまらなくなってしまいました。

投稿: maako | 2013/11/03 17:57

horsemaakoさん
ほぼ一ヶ月お休みだったけど、その分しっかり濃いゲストの方が来てくださって面白かったですね。さださんの「風に立つライオン」での吾郎の朗読はとても良かったです。思わず聞き入ってしまいました。今回の松尾さんの舞台は、私は拝見したことがないのですが・・・過激というよりは、独特な世界観でまさしく「シュール」。それが、きっと絵本にも出てくるんでしょうね。テレビや映画でやれることを舞台でやっても仕方ない。確か、吾郎も「VIF」のときに、これはテレビではできない演出なので・・・と言っていましたね。大きく吾郎が頷いていたのも印象深いです。松尾さんの舞台に吾郎が出るとしたら、どんなことをさせられるんだろうと思いつつ、ちょっと観てみたいような(笑) とにかく、いろんな演出家の方にお会いして芸を磨いていってほしいと思う。「ゴロデラ」の中でのちょっとした小芝居だけで、また吾郎の舞台を観たくなったので。

投稿: kazuyo | 2013/11/03 22:04

Kazuyoさん、こんにちわ。
松尾スズキさんがゲストと知って、とても楽しみにしていました。実は色んな賞を受賞されていた事にビックリしました。
吾郎の舞台に出ていたクドカンさんが所属されているという事で大人計画の舞台は過去何回か見に行ってました(今ではかなりの有名劇団に成長されチケットも中々に取りにくくなってしまいましたが)
「テレビでやれる事を舞台でやっても仕方ない」は凄く良く分かります。いつも舞台を一緒に見に行く友人にも「一緒に行く?」と誘い辛かったですし、行く時は思わず「大丈夫?」って聞いてましたcoldsweats01
課題図書「人生に~」の赤ちゃんの気持ち妄想も面白かったですでが「乳母車に乗っているグレーゾーンの赤ん坊」には、思わず「いるいる!」と笑ってしまいました。その気持ちを勝手に妄想するのって楽しいですよね。私も偶にやります(笑)
松尾さんとの即興芝居は面白かったです。2本目の様な単純だけど面白いコント(?)をスマスマで出来ないのかなぁとも思ったり。
松尾さんが描かれたイラストにはもう1つ違う話もあった様に見受けられたので、私も早速番組にお願いしてきました。
来週はなにやらゴロデラらしい内容だとか? 次回もとても楽しみです。
*ラジオネームの記載有難うございました。採用を確認出来ました。読まれたのを聞いたら激しく後悔してそうcoldsweats01

投稿: 緋絽 | 2013/11/04 01:53

horse緋絽さん
松尾さんが率いる『大人計画』の舞台を観に行かれたことがあるんですね。それは羨ましい。日本にいたら、きっと観たい舞台がたくさんあるんだろうなぁ。これも、関東圏以外は観る機会はあまりないのが残念ですよね。「ゴロデラ」で少し流れた舞台の様子も、シュールそのもので・・・下手したら、まったく意味がわからず終わってしまう舞台ですよね(笑) これを面白いと感じたら、舞台観劇が楽しくなるんでしょうね。即興のコント(?)小芝居は、吾郎だけが演じたのでしょうか? 松尾さんが、「ゴロデラ」放送前にツイッターで「俺の吾郎愛、慶子愛。そして親太朗への配慮が炸裂」と呟かれていたので、何かしら三人全員が参加したような気がするのですが・・・カットだったのでしょうか(笑) 「ゴロデラ」は最近、未公開映像特集を放送していないので、是非、それも兼ねてお願いしてこようと思います。きっと、クリスマスから年末にかけて特番が入るので調整が必要だと思うので(笑)

投稿: kazuyo | 2013/11/04 05:51

ゴロデラの今回のゲスト松尾スズキさんはTBSの「情熱大陸」で少し拝見した事がありドラマにご出演されているのをお見受けした程度の知識しかないのでKazuyoさんのレポを拝読して松尾さんと吾郎ちゃんの演技レッスンがとても楽しみです。日本には少ないシュールな芝居はちょっと興味あります。吾郎ちゃんと松尾さんの舞台おもしろそうですよね。本当に実現して頂きたい組み合わせです。

投稿: ピカチュウ | 2013/11/04 16:58

horseピカチュウさん
「情熱大陸」に松尾さんは出演されたことがあるんですね。この番組、是非いつか吾郎にも出てほしいとずっと待っているんですが(笑) そちらで放送されるときには、そんな松尾さんの多才な仕事ぶりをじっくり拝見してください。なかなかすごい人です。舞台は、ちょっと吾郎が出演すると「どうなるの?!」と思うような演出をされる方みたいですが(笑)、案外面白いものができるかもしれない。機会があれば、是非ご一緒してほしいですね。小芝居のような演技レッスンは笑えますよ(笑)

投稿: kazuyo | 2013/11/05 04:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パーティナイト | トップページ | 奇天烈アイデア »