« 懺悔シャンプー!懺悔シャンプー! | トップページ | 豆腐の衝撃(笑) »

ジャニーズの歴史を塗り替える男

実は、3週間前にゲストとして放送される予定が「放送コード」に引っかかり、やむを得ず今夜に延期になったといういわくつきの放送となった今夜の「ゴロウ・デラックス」(笑) それでも、しっかりと深夜放送らしい番組にうまく編集されておりました。下ネタというには高尚な講義つきで、とても興味深かったです。

第百四回課題図書 『えろたま』 荻野アンナ著

Photo 東スポで連載中の人気エッセイをまとめた一冊。男女の性や身体の神秘をダジャレを交えて真面目に考察した本。

今回の課題図書を、吾郎はベッドの中で寝る前に読んでいたらしいのですが・・・
吾郎 「なんか・・・ザワザワしてくるんですよね。やっぱ、元気でいなきゃいけないのかなぁって」
わたしゃあ、ベッドの中で『えろたま』を読んでザワザワしている吾郎を想像してザワザワしたわいっ(爆)!

まずは、荻野さんがどんな方なのかフリップでご紹介。
1956年 フランス系アメリカ人の父と画家の母を持つ。横浜生まれ。
1991年 『背負い水』で第105回芥川賞受賞
2002年 慶應義塾大学 文学部教授に就任
2005年 第11代目 金原亭馬生に弟子入り

慶應義塾大学では、フランス文学を教えておられるそうですが、落語の側面もあることから金原亭師匠に弟子入りをしたのにも繋がっているのだとか。とにかく、とても頭の良い才女の荻野さんは、いろんな顔を持っておられるもよう。

課題図書から「熟女のたしなみ」について、小島さんが朗読。いわゆる、女性は下の毛の手入れも大事であるという内容。最近は永久脱毛をする日本人の若い女性も多いという話から・・・

吾郎 「でも・・・どうかなって思いますよね」
小島 「びっくりします?」
吾郎 「びっくりすると思うし・・・性のためだけにやっているのかなと思うと、ちょっと怖いですね」
荻野 「せっかくの永久脱毛がB級脱毛とかC級脱毛に思えてくるんですね?」
吾郎 「そうそう。罰金制度dollarにしましょう(笑)」

どうやら、吾郎さんは女性の下の毛の永久脱毛には反対のご様子です(爆) 何事も自然が好きな人ですもんねぇ。吾郎さん自身もそうだし。(いえ、脇の話ですよ(笑) このレポ、だいじょうぶですか(笑)?)

ここで、親太朗くんも交えて、荻野さんから「深夜に受けたい えろたま授業」なる講義が始まります。
・ 中世ヨーロッパの男性ファッションには、『股袋』という男性器を入れる袋がついていた
見事、当てた吾郎さん・・・「男性のシンボルとして・・・どうだ!俺、勃ってるぜっ!っていうことでしょうね(笑)」 
ごろさん・・・ジャニーズとして、「勃ってる」はあかんわ(爆) いや、もう、吾郎さんならいいのか(笑)
・ 江戸時代、陰毛処理には『毛切り石』を使って毛先を潰して柔らかくしていた
・ 居酒屋の前に置いてあるたぬきのアレが誇張されているのは、『前金』(ツケはお断り)の意味を表している
・ 世界で一番気持ちの良いお尻の拭き方は、ガチョウの雛を使う (フランスの16世紀の作家、フランソワ・ラブレーによる)

吾郎が、『えろたま』から「ある薬局」(あかひげ薬局)の箇所を朗読。ということで、親太朗くんが荻野さんと共に、横浜は関内にある「あかひげ薬局」に取材に行ったVTRが流れます。いろんな精力剤をお勧めされて(どれもこれも、結構なお値段です(笑))、吾郎と小島さんにお土産を買っていく親太朗くん(笑) そして、あろうことか番組で吾郎に飲んでもらうことに(笑)

吾郎 「(番組で)精力剤飲むジャニーズっておかしくない?
親太朗 「ごろさん、一番人気だった(精力剤を)・・・」
吾郎 「たぶん、ジャニーズ事務所の歴史の中で、番組中に精力剤飲んでいるの僕だけだと思う」
小島 「歴史を作る男!

ぶつぶつ言いながらも、躊躇せずに精力剤をいっき飲みする男前な吾郎(笑)(笑)(笑)
吾郎 「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 」 (瞳うるうるのドヤ顔(笑))
小島 「男らしい(笑)!」
吾郎 「絶倫sign03」 (がっつポーズで(笑))

ということで、親太朗くんからもう一本別の精力剤を渡される吾郎。
吾郎 「必要ないんだけど(笑)」 (必要ないのか・・・ぼそっ(笑))

こうやってレポにしていると、下ネタ満載のようにも見えますが(私のレポが稚拙なので(笑))、番組全体としては「ゴロデラ」らしい(吾郎らしい)流れでためになり、そして笑える内容になっていました。吾郎と小島さんのトーク力と、親太朗くんの天然っぷりでまったく下品にならないのがいいですね。他の深夜番組とは一線を画する、本を紹介する番組としてしっかり成立していたことは明記しておきます(笑)

|

« 懺悔シャンプー!懺悔シャンプー! | トップページ | 豆腐の衝撃(笑) »

コメント

KAZUYOさん
こんにちは!昨日のゴロデラ、サイコーでした(笑)本当なら、チラッとだけ見て、寝るつもりだったんですが、最後まで見てしまいましたcoldsweats01真夜中の下ネタは、昼間より面白い!男女混ざっての下ネタは、以外とエグくなりそうなのに、さすが王子(女子?)吾郎様です!
しかし「勃ってるぜっ!」は・・・(爆)
こういう話題を続けていたら、確かに放送コードにひっかかりまくりそうですね。ジャニーズ的には、アウトだらけだったような。ジャニーズの歴史を創りましたね!
「えろたま」読んでみたくなりました。荻野さん、ステキな方でしたね。第一印象は上品な方で、こんなご本や、ああいう薬局に通われている方とはhappy02ギャップ萌えです(笑)
そして、知らない間に、吾郎さんの連ドラ、softbankの新CMなど、知らない情報が続々と(; ̄ー ̄川 ちょっと油断すると、すっかり置いていかれてしまいますね。

投稿: こもも | 2013/11/29 15:40

kazuyoさん、こんばんは。
ゴロデラ下ネタ満載ですね。しかもkazuyoさんのレポもなんだか楽しそう(笑) こういう時にはタイムラグが残念ですが、10日程楽しみに待ちたいと思います。
それにしても放送コードに引っかかった言葉が気になりますね。これ、私だけじゃないですよね? これまでもゴロデラでは相当にギリギリだったと思ったんですけど・・・  吾郎ちゃん達も相当マヒしてますよね。実は私下ネタが若い頃から苦手なんですが、、この番組だと平気なんです。多分三人がサラっと会話するからなんでしょうね。変に意識する方が子供なんだと思わされます。これ、smapの他のメンバーだったらどんな雰囲気になるのかつい想像しちゃいました。木村くんは結構カラッとやってしまいそうですけど、A型組はまずやらないような気がします。5人だったら、振り切ってやってくれそうなので、スマスマで・・・やっぱりそれは無理でしょうね(笑)  結果吾郎ちゃんにしか出来ないという事で。
そういえば、「福家警部補の挨拶」へのメッセージ、私も送りましたが、数日経っても掲載されません。普通の文章だったんですけど。 また送ってみますね。

投稿: さっぴぃ | 2013/11/29 21:13

こんばんは。今回のゴロデラレポを拝見して、横尾先生ご出演時の吾郎ちゃんを一瞬思い出しました(笑) 見せ方によっては過激に映りかねない作品や描写も、物怖じせずにザクザクと、それなのに淡々とさり気なく美しくまとめ、更にユーモアとサービス精神ばっちりのゴロデラ3人衆(笑) あの感じは、ゲストの方にとってはきっと大きな安心材料になっているでしょうね☆
ぜひ動画を探して確認したいなあと思いました♪(((((*・ω・)

投稿: mariko | 2013/11/30 00:06

kazuyoさん、こんにちは。
まずは先週のラジオレポ、ありがとうございました。今週は何とか間に合いました。
ゴロデラはザワザワした吾郎ちゃんに、本当にこっちがザワザワしちゃいますよね~。
「吾郎ちゃん、ザワザワって何?どんな感じ?」みたいな(爆)
精力剤を飲んで、眼をキラキラさせてる吾郎ちゃん、ステキだし、無敵な感じ!!精力剤飲んでるのに無駄に爽やかだし(笑)
何を紹介してもいやらしくならないところが、この番組の魅力でもありますね。

投稿: けいこ | 2013/11/30 08:47

goodこももさん
下ネタにも「品」というものは存在していて、話し方や話す人によってこうも下品にならないんですね。全体を通して大人の下ネタ談義になっていました(笑) そこに、親太朗くんの天然コメントがうまい具合に加味されて、吾郎のジャニーズの壁を乗り越えたサラッとした対応にクスッと笑えるようになっていましたね。しかし、「放送コード」に引っかかったものって何だったんでしょうね?! 結構、放送されたところだけでもすごい言葉のオンパレードだったけど(笑) 基本的なNGワードなら、番組側ももとからわかっていたことだと思うし・・・本当に不思議(爆) 「えろたま」って、朗読されたところだけでも結構すごかったので、荻野さんの見た目から想像もできないエッセイなんだろうなぁと思いました。確かに、読みたくなりますね(笑)


goodさっぴぃさん
先にレポを読まれたので流れは分かってしまったと思うのですが、見る楽しさはその倍以上ですのでお楽しみに(笑) 放送コードに引っかかって編集しなおしたと聞いたときは、面白さが半減しているのかなぁと思ったのですが・・・なんの、なんの、まさしく深夜の「ゴロデラ」らしかったです。出演者全員で和気藹々とあーだこーだと話しているのもとても面白かった。やはり、VTRの配分はこれぐらいがいいと思いましたね。トーク番組なので、そこは崩してほしくないと思います。SMAPの他のメンバーが同じことしたら、どうなるんでしょうねぇ(笑) 案外、全員どんとこい!だとは思うのですが、対応やリアクションはそれぞれだと思うので。A型三人は、照れ隠しに笑いを誘うように重点的に持っていきそう。木村くんなら、吾郎と同じようにサラッとやってのけると思いますが・・・表に出てくる感じはもっとえろちっくだと思います(爆) やはり、吾郎ならではでしたかね。ドラマの公式BBSの件は、ありがとうございます。出しても掲載されないんですね。推測ですが、調整入っているのかな(メッセージの偏りに)と思いました(苦笑)


goodmarikoさん
案外と、「えっ?!それ堂々と放送に流していいの?」という言葉が飛び交う「ゴロデラ」(笑) 昨今の「放送コード」がどうなっているのかわからないぐらい、文章でおこすと過激になっています。でも、テレビから受ける印象はかなり穏やかなんですよねぇ。普通に荻野さんからの真面目な談義だったし、それにうまく全員がコメントをしてバラエティっぽくしていたのも優秀でした。今後も、いろんな作品を取り上げて、作家の方のお話を直接聞ける稀有な番組として続いていってほしいと思います。


goodけいこさん
吾郎のいう「ザワザワした」が、なんか直接的な「ウズウズ」よりも想像力を掻き立てるというか(笑) ベッドの中でと言ってしまったのも、吾郎さん、やめてください!状態に(爆) 「元気でいなきゃいけない」という暗な言葉の使い方も、非常にうまいコメントでした。でも、ちゃんと「精力剤」なんて僕はいらないんだよ!元気なんだよ!と、ポロッとファンに教えてくれる吾郎さまが大好きです(爆) 元気なのに、あんなにいっき飲みしちゃって大丈夫か?!というほうが心配しました(笑) 誰か、このあとどうだったのか「ストスマ」で聞いてください。

投稿: kazuyo | 2013/11/30 20:03

kazuyo様、今回のゴロデラのレポを読んで、つくづく関西住まいが悔やまれます。歴史を塗り替えたんですよ!吾郎ちゃん。
で、彼、割とはっきり言いますよね、言い切るというか。「必要ない」って、いろいろに受け取ろうとすればできますが、言い切ってくれるところが、男前な印象です。
以前の「Goro's Bar」は関西でも放送していたので、たまに見てました。なので、なんとかこちらでもゴロデラ見てみたいです。探せばあるのかもしれませんが、やはり地上波で出ていることって、ファンに対しても世間の皆様に対しても、重要ですよね。週遅れでも曜日が違っても、年末にまとめてでもいいから、何とかならないものでしょうか。

投稿: kazuko | 2013/12/01 00:10

放送が急遽延期になっていた荻野さんの回。スタッフさんが上手く編集して下さったようで、それでもジャニーズの歴史を塗り替えた番組だったのですね(笑)。下ネタは苦手な私ですが吾郎ちゃんはじめ御三方がとても上手く番組を進めて下さって拝見できるのがとても楽しみです。本当にふり幅の広い「ゴロデラ」スタッフさんや共演の小島さん&親太郎くんに感謝ですね。

投稿: ピカチュウ | 2013/12/02 00:34

goodkazukoさん
関西は、本当に吾郎だけでなく東京で放送されるSMAPの深夜番組には冷たいですよね(苦笑) でも、これはもう諦めずしつこいぐらいにローカル局にお願いを出すしかないのです。東京でもう少し話題になるか、もう少し早い時間帯に放送してくれれば可能性は大きくなるのですが・・・なかなか状況は厳しいまま。できたらガンガン電話でもお願いしてみてください。そうですね、吾郎って「女々しい」とか世間で言われますけど、結構と男らしい人だと思いますよ。表に出てくる雰囲気が中性的だからそう思われるだけだと思います。それで得することも損することもあると思うのだけど、SMAPの中ではマイナスになっていることが多いかもしれないとは思いつつ・・・今のままでいてほしい(笑)


goodピカチュウさん
どこを編集したのかわからないぐらい、放送されたところで結構と濃かったです(爆) ジャニーズの歴史を日々、特殊な方面から(笑)塗り替えていく男(爆) 今回も健在でした。昔から、普通に聞かれればお付き合いしていることもテレビで言ってましたしねぇ。吾郎にしたら、あまり気にしていないのかも。(事務所は知らんが(笑)) そりゃあ、ファンも慣らされるよね(笑) 下ネタ用語も飛び出しますが、下品にはなっていないので普通に楽しく見られると思いますよ~。

投稿: kazuyo | 2013/12/02 02:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懺悔シャンプー!懺悔シャンプー! | トップページ | 豆腐の衝撃(笑) »