« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

人それぞれのマイブーム

先週とはまたうってかわって、今週の「ゴロウ・デラックス」は大笑いしてしまいました。きっと、ゲストの方の話し方が上手なんですね。しかし・・・今回も濃いキャラのお客様だった(爆)

オープニングトーク
小島 「ちょっと、吾郎さん。ゆるキャラって知ってる?」
吾郎 「全く興味ないですよ、僕」
小島 「(笑) ダメですか?『ゆるキャラ』って当たり前に使っている言葉を作った人ですよ、今回いらっしゃるのは」
吾郎 「それ、すごいですね!「あんまり好きじゃない」って、僕言っちゃったらマズイじゃないですか(汗)」

いきなり、今夜のテーマをバッサリ斬ってしまった吾郎さん(笑) 大丈夫なのか?!

第百十回課題図書 『キャラ立ち民俗学』 みうらじゅん著

Photo 日本各地の「キャラが立っているモノ」を徹底解説した一冊。『マイブーム』という言葉で、1997年に流行語大賞を受賞。広辞苑にも掲載。さらに、オープニングトークでお二人が話していたように、今、大人気の『ゆるキャラ』もみうらさんが作った言葉。誰も注目しないモノに面白さを見出す達人。

実は、みうらさんご自身も『ゆるキャラ』苦手なんだとか(笑) ゆるいものなのに、「キャラが立っている」というのが疑問で「お前は違うだろ!」と言って回る役をされているそうです(爆) 『ゆるキャラ』というのは頑張ってはいけないと主張(笑) もともと、「所在なげにしているもの」に惹かれるので注目してみたのだとか。ということで、全国の『ゆるキャラ』を何件が紹介。

ピーボくん (東京都・警視庁) - サイレンの音から名づけられたと勘違いしている人が多いが、実際は「ピープル」と「ポリス」が合体したものなのだとか。頭の上についている角みたいなものは、市民の声を聞くレーダーらしい。・・・言われなきゃ、わからない(笑)(笑)(笑)
ブンカッキー (広島県) - 剥き身のカキの姿に、頭の飾りは赤いもみじ。ここまではいいとして手から繋がる身体のブルーのラインは広島の「」の文字になっているため、ずっと両手をあげていなければいけないという不憫なキャラ(笑)(笑)(笑)
トリピー (鳥取県) - 身体は二十世紀梨で、鳥取なので「鳥」の姿(笑)(笑)(笑)

スタジオには、最後に紹介されたトリピーくんが来てくれていますが。くちばしを動かすのに右手を使うため、動かしている間は右の翼がだら~んとなる(爆) 『ゆるキャラ』って・・・ほんとにゆるいんだな(笑) そこが、可愛いという現象が今ブームになっているわけですね。

しかし、吾郎がなぜか今回テンションが低い、低い(笑) お疲れだったのか、はたまた本当に興味がなかったのか、トリピーくんがスタジオから去るときに・・・

吾郎 「お気をつけて、新潟までお帰りください」

鳥取や~!と見ている人が全員つっこんだだろうと(爆) 言葉は丁寧なのに、ものすごく「S」な吾郎さま。素敵だわ(笑)

この他にも、みうらさんが大注目して集めているものがあるということで、それが地方の土産物屋で平気な顔をして売られていて、もらっても嬉しくないもの。みうらさんは、それを『いやげ物』と名付けることに。つまり、もらって嫌な感じがするものらしい(笑) 確かに、いろいろありますよねぇ。嫌とはいかないまでも、どこに飾ったらいいのか・・・みたいな(笑) みうらさんは、敢えてその『いやげ物』を25年間コレクションして、とうとう展示会まで開かれたらしい。(渋谷パルコミュージアムにて2月3日まで開催中) その数、なんと2000点! これは、ちょっと見てみたい(笑) その中で何点かご紹介。金メッキで作られたプラモデル、その名も『金プラ』(笑) そして、観光地として10枚セットなどで売られている絵葉書の中に何枚かありえないようなおかしな写真が混ざっている。そんなカスみたいな絵葉書、名付けて「カスハガキ」(爆) 

ここで、その他にもみうらさんが20年ほど前から注目し出した『海女さん』の箇所を吾郎が朗読。そんな、みうらさんの「マイブーム」の歴史をフリップにしたものを親太朗くんが持ってきます。最新のマイブームは・・・なんと、『尿瓶』! 今は、プラスチック製で軽いものになっているけど、昔はガラス製で貴重。花瓶にしたり、それこそワインのデキャンタに使えるというみうらさんに、思わず想像して顔をしかめて笑ってしまうワインwine好きの吾郎(爆) 

この流れで、親太朗くんの消しゴムはんこは「尿瓶を持ったみうらさん」。むちゃくちゃ似ているし上手いです(笑) 吾郎が、最後に「何年かに一度お会いしたいですよね」と言うと、みうらさんご自身が「毎日は会いたくないでしょ(笑)?」と、最後まで笑わせてくれました。後半過ぎから食いつきだした吾郎。やはり、最初の『ゆるキャラ』は乗りきれなかったんですかね(笑)

| | コメント (5)

福家警部補の挨拶 3

第三話 『プロジェクトブルー

いやぁ、実に今回面白かった。正直、急に出来が良くなったので驚きました(笑) 何が一番前回までと違ったかと言うと、最後に証拠をつきつけるまでの流れが自然で、そして納得ができサプライズだった。やはり、推理物である以上、しっかりした原作があるとは言え映像としての利点を存分にここまで使ってほしいですね。そして、オタク心理に共感した(爆)

そして、もうひとつ良かったのは犯人新井役を演じた北村有起哉さんが、本当に素晴らしかった。実は、申し訳ないことに今回のご出演で初めて存じ上げた次第なのですが、殺人を犯した罪を認めるまでの焦りと諦めと、そしてこよなく愛する自分の子供のようなフィギュアへの愛情を非常にうまく演じられていたと思います。やはり、このドラマは犯人役の人にかかっていると言っても過言ではないかも(笑) もう、吾郎も犯人役としての出演で思う存分演じているところを見せてもらったほうが良かったかもしれない。


とは言え、今回の吾郎演じる石松警部もそれはそれは素敵でした(笑) 今回もちょっとした時間の出演となるため(苦笑)、そこはツボを出しておきます。
・ 石松警部のひと言は、実に面白い(笑) 渋い低い声で結構とお茶目なことを言う人なんだなと(笑) 初回での被疑者死亡においての「つまらないですね」に続き、今回被害者の死体を見て「なんともシュールな死体だね」と・・・あなたさまのほうが、よっぽどシュールでございますぅ(笑) というか、報告していた部下が、それに「うすっ!」と応えるという見事なまでの体育会系。なのに、上司の警部さまはとてもスタイリッシュheart
・ 福家に対して、「現場に呼んだ覚えはない」と言いながら、案外と好きなようにさせる警部さま。結構と懐が広い人とお見受けしました(笑)
・ 「福家くん。その派手なメイクなんとかしてください」 そして、意外とお茶目さん(笑)
・ 警部自ら事情聴取(笑) この辺は、もう吾郎ファンへのサービスでしょ(笑)
・ 男性トイレにまで追っかけてくる福家(笑) ここもトイレである必要はないのでサービスカットです(爆)
・ なんとか警部に理解してもらおうとうまく言う福家に、ひと言「ふんっ」(笑) 素敵すぎ(笑)

今回は、なんとなく吾郎をどうにかして出してくれようとした苦労が伺える(笑) でも・・・ちょっととってつけたようなところもあり、吾郎萌えとは別に違和感を感じてしまったところもあります。正直、ストーリーがうまくできているので、無理に入れ込まないほうがいいかもしれない。吾郎ファンをやっていて、ドラマで出演時間が少なくてもいいなんて言ってしまったドラマは初めてですよ(苦笑) 理由は、ストーリーが面白くなってきているから。これで脚本が破綻していたら、もうどうでもいいから吾郎を出して!と叫んでます(笑) 

ただし! これでは納得できないのは変わらない。この作品とは別にリベンジをお願いしたい。もう、今回は番宣頑張って初回の数字もきっと貢献しただろうと思う。SMAPファンの中でも「吾郎ちゃんが出てるから・・・」と見てくださっている他メンファンの方もいらっしゃる(笑) なので、これはこれでお仕事を全うし、吾郎が楽しく演じてくれればそれでいいです。次回は、吾郎ならではの役を回してきてほしいですね。

| | コメント (5)

5人のマエストロ

今週の「SMAPxSMAP」も楽しませて頂きました。ビストロには、あのお化けドラマになった『半沢直樹』に出演されていた片岡愛之助さん。歌舞伎のお話がとても興味深かった。らぶりんこと愛之助さんは、歌舞伎の血筋ではなくて外から入ってきた人なんですね。そして、関西弁。とても好印象(笑) そして、いまだに住まいは大阪で東京に出張中とか。でも、ほとんど休みがなく舞台、そして今はドラマ、映画でもご活躍ならご実家に戻る時間なんてないんじゃないだろうか。

SMAPの中では、中居くんと映画『私は貝になりたい』、そしてとはSPドラマ『Japanese American』で共演済み。慎吾は『おじゃマップ』で(笑) どうやら、中居くんは愛之助さんが好きらしい(笑) MCの仕事上、表には出さないようにしているとは思いますが、何気にわかりますよね(爆) 

キッチントークは、メンバーそれぞれから質問が。全員、素晴らしい質問だった。その中で、吾郎の「もし、本当にオネェだったらSMAPの中でなら誰を選びますか?」には笑いました。それぞれのメンバーをじっくり前から拝見して、選んだのは・・・中居くん。相思相愛だ(笑) 愛之助さんのオーダーの天ぷらはどちらのペアのも美味しそうだったけど、木村・慎吾ペアの勝利。しかし、愛之助さんは、なぜに彼らの料理の感想を吾郎と剛に伝えていたのだろうか。楽しくなっちゃったのね(笑) 「試食の段階で、負けでいいです(苦笑)」という吾郎(笑) なんたる弱気!本当に負けちゃったけど(笑)

慎吾の美味しいリアクションはカニ蔵で、その流れでショートコントも「カニ蔵」。これ、海老蔵さんがしっかり「スマスマ」をリアルタイムで見てくれていたらしく、ご自分のブログでリアルタイムでUPされているのには笑いました。早く、慎吾とコントの共演が見たいですね。「マネージャーさんの鞄、パンッbreadパンッbreadすねぇ」には笑いました。

そして、はずれがない「スマ進ハイスクール」。今回は、世界でご活躍中の女性指揮者、西本智美さん。とても男性的なパワフルな指揮をされる方ですよね。いでたちも素敵。ということで・・・今回のテーマは、『オーケストラの指揮者』に挑戦! 課題曲はエルガーのnote威風堂々note これは、面白そうだけど難しそうだ(汗) 45名のイルミナートフィルハーモニーオーケストラの皆さんに演奏のご協力をして頂くことに。プロの方たちを前に、どれだけSMAPが指揮者として通用するか。

一番目の挑戦者は、吾郎。これは、賛否両論あると思うのですが、確かに最初にやると譜面だけと西本さんの模範だけでは心もとないですよね。でも、吾郎の性格を考えると最初にやってしまうのが案外良かったようにも感じる。昔から、吾郎は未知のものに向かっていく力を持っている人なので。それも、マイペースで(爆) 今回も、まぁ、それはそれは吾郎らしい指揮だった。いや、スローですよ。スローすぎて演奏する人は大変だと思う。でも、ちゃんとオーケストラ全体を見渡していたし、目を瞑って音楽を聴いていた。クラシックも好きでよく聴いている吾郎にとって、一番自分が気持ちよいと思う流れだったんだろう。木村くんが「すげぇ!ある意味、斬新!」という感想が一番よく理解できていたコメントだと思う。さすが、きむごろの仲だわ(笑) まぁ、確かに最後はどうしたらいいのかわかんなくなっていたけど。やはり、最後が締まらないと印象が薄くなりますよね。でも、SMAP全員を楽しませる才能は、やっぱり吾郎がピカイチshineだなっ(爆)!

次いで、慎吾の指揮はなんかもうベテランの指揮者のような(笑) 身体が大きい分、強弱をつけさせるのにとてもわかりやすい指揮で落ち着いてましたよね。ずっと、両手を上下に振るだけなのに、これだけ音の大きさを変化できるってすごいなと(笑) 木村さんは、もう本当に器用だなぁ。何をさせても、自分でしっかりした形にもっていきますよね。この能力はすごいと思う。あとは自信なのかな。そして、自分で楽しむことができる人。これは、何をやっても怖くないはずだわ(笑) は、もう始まる前から不安そう(笑) いいの、いいの。それが、剛のいいところなんだから、指揮にもそれが出てくればいいんです。剛はスロースターターなので、もしかしたらちゃんと練習をすれば立派な指揮ができるのではないかと思った。それぐら真摯に取り組んでいたので。そして、中居くん。この方も木村くん同様に実はなんでもできちゃう人なんですよね。いつも、どこかに笑いを入れ込むからわかりにくいけど(笑) リーダーだよ、リーダー。思う存分、オーケストラをまとめる力を一番発揮していたのが中居くんだと思う。全員、素晴らしかったですよね。拍手!

最優秀賞は、木村くん。そして、向いてない人は吾郎(笑) これ、別にいいんですけど、なぜ一番ダメな人を選ぶときと選ばないときがあるんだろう。吾郎が自分が選ばれて驚いていたのは、そういう振り(笑)? それとも、本当に自分だとは思わなかった? 少し思ったのは、なぜ左利きなのにタクトを左で持ってやらなかったんだろうかと。左利きの指揮はダメなんでしょうか? ド素人なんだから、左でやらせてもらえればもう少し違ったかもしれないなぁとは思いました。(自分が逆に左でタクトを振れって言われたら、グダグダになると思うので) でも、最後ヴィオラのおじさまが、とっても優しかったので嬉しかった。吾郎のおじさまキラーshineは健在だったね(笑) さすがです(爆) ちなみに、ちゃんと指揮者の正装姿になったら、吾郎が一番向いているように見えると思う。だから、それだけでも見せてほしかった(笑)

歌のコーナーは、解散したFUNKY MONKEY BABYSからソロになったファンキー加藤さんとのコラボ。彼らの音楽を引き継いでいくのが加藤さんになるのかな。熱いメッセージを込めた曲は、ソロでも変わらず力強かったですね。今回も、とにかくSMAPの衣装が素敵で、思わず全員のをじっくり見てしまいました。本当にスタイリストさんが優秀です。吾郎のスニーカーには意表をつかれましたが、案外似合ってますよね。そして、女優ライトのような(笑)白いライトに反射する顔がとっても綺麗で見惚れてしまいました。EDトークでは、思わず慎吾の本気(?)の謝罪。ちょっと、泣きそうになった(汗) でも、きっとケミカルさんは、愛を持って弄ってもらっているのがわかっていたよね。加藤さんが代弁してくれて良かったですね。加藤さんは「熱すぎて」弄りにくいと言う中居くんのコメントが最高でした(笑)

| | コメント (9)

夢と恋を語る

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2014年1月23日放送分

つぶやきメッセージ
pencil「39歳の一年間は楽しいことはたくさんありましたか?これから40代でやってみたいこと、そして吾郎さんの夢は何ですか?」 「夢」と改めて聞かれるとすごく難しいですがと前置きをして・・・この仕事をやってこれたこともすごいことですが、違う自分も見てみたいと。違う仕事をしてみたい、もしくはまったく違う環境に身を投じてみたい。海外に長期で行くとか。とにかく、今まで自分がやったことのない経験をするのが全部夢という素晴らしい回答でした。

noteこの瞬間、きっと夢じゃないnote

SMAPな時間
大竹まことさんのラジオに吾郎が出演したのを聴かれたというお便り。pencil「80歳、90歳になっても、ずっとずっとアイドルでいてください。そして、CD100枚を目指してください。SMAP SHOPで並んでいるときも、周りにいるファンの方とずっとついていくよねと話しながら入店を待っていました。今年もまた、舞台やコンサートでお会いしたいです」 鹿児島のファンの方からのお便りで、昔、鹿児島でライブをしたときの思い出をいきなり話し出す吾郎(笑) ライブ後にメンバー全員でご飯を食べに出て、人がたくさん集まったのでお店の二階から脱出したエピソード。この話、吾郎よくしますよね(笑) よっぽど、思い出深いんだろう。今年は皆さんとお会いする時間が、グループでも個人でも多いと思いますと言ってくれる吾郎。楽しみですね。

note弾丸ファイターnote

メンバーとの時間
「スマスマ」での『本恋』に関するお便り。pencil「どれも強烈でしたが、特に中居くんの演じた相手を試して、相手をその気にさせてから「アウト!」という男性は呆れました。吾郎さんが演じる本当はクールで意地悪キャラが大好きできゅんきゅんしちゃいます。メンバーそれぞれのドラマの中に、吾郎さんに当てはまる男性はいましたか?」 僕はこういった意地悪キャラを演じることが多いと。そうだよねぇ、最近、普通のドラマでもそんな役ばかり回ってくるもの(苦笑) でも、本人曰く、こういう恋の話でまっとうな男の役を演じても面白くないので楽しんでやっていますというのは、さすが吾郎だなと思いました(爆) メンバー同士でドラマで共演するということはまずないので、このコーナーはガチでドラマが作られているので、「あ~、ドラマのとき(メンバーは)こういう顔するんだぁ」とか考えているらしい(笑) メンバーがメインで、自分がサブキャラを演じるのがツボらしい。もう、本当に助演というポジションを楽しんでいるんですね。確かに、主演キャラより演じていて面白いのが多いと思うので、きっとそれが吾郎には合うんだろう。でも・・・ファンとしては、また主演の作品は見てみたいのでよろしく(笑)

リクエストSONG note月に背いてnote (懐かしい・・・SMAPのベストアルバム『WOOL』に収録)

吾郎の自由時間
pencil「春に一ヶ月間のヨーロッパ旅行に行くのですが、吾郎さんのお勧め、または行ってみたい場所はありますか?」 まず、一ヶ月間海外旅行に行けるのが羨ましいし憧れる。一ヶ月間だと、ヨーロッパ全部回れるんじゃないかと。(無理です(笑)) 吾郎は、最近ヨーロッパ方面には行っていないけど、北欧に行ってみたいらしい。これも、かなり前から行ってますよね。ヨーロッパとなると仕事が絡まないとちょっと行くのは難しいですよね。ヨーロッパは北のほうが興味があるとのことで、イギリス、スコットランド・・・これは、ゴルフがどうやら頭に浮かんでいる模様(笑) とにかく、「いいですねぇ、いいですねぇ」と本当に羨ましそう(笑) きっと良い思い出になると思うので楽しんでください、そして女性なので気をつけて行ってきてくださいという吾郎は、やっぱり紳士ですよね。

雑誌の吾郎の記事を読んで。pencil「玄関、寝室、バスルーム全部香りが違うとおっしゃってましたね。吾郎さんの広い部屋とは違い6畳のワンルームマンションと狭いのですが、香りにはこだわりがあり同じように香りを変えてます。香水も季節や時間、TPOによっても変えてます。吾郎さんは、各部屋にどんな香りを置いているのですか?」 ここで、香りというと映画「パフューム」を思い出す吾郎。最近は、友達のブランドの香水をつけているそう。100%ケミカルなものを使っていなくて珍しいものだそう。だから、香りが持続しないのでマメにつけているそうです。スパイシーなのもフローラルなもの好きだし、ムスクのようなセクシーなものも好きらしい。部屋の香りは、スティック状のものをアロマボトルにさして使っていることが多いと。なんか、吾郎がすごく良いにおいがするというのがわかります(笑)

五六二三(吾郎文)
pencil「人恋しい季節ですね。吾郎さんは、悲しい恋をしたことがありますか?大好きな先輩が、一年間留学に行きます。外国に行くと遠い存在になってしまうのが辛いです。誰にも話していないので、誰かに話したくて書いちゃいました。先輩には彼女がいます。だから、「さよならの恋人」を聞いて終わりにしようと思っています。吾郎さん、なんか元気の出る言葉をください」 これは、恋のお悩みを吾郎に打ち明けられたんですね。吾郎が、恋というのは人生で何回できるかと考えると、若いうちは新しい恋に何度もときめいていいんじゃないかと。誰にも話していないということだけど、誰かに話してみたらどうか。話すことで解決することもあると。(同意です(笑)) 辛いことがあったら、なるべく人に話していくのがいいし、それが友達や家族というものだという吾郎は、本当に良いご家族とご友人に囲まれているんでしょうね。間違いなく、来年の今頃には新しい恋をしていると思うので頑張ってくださいと、とっても優しいアドバイスでした。

note君とBoogie Woogienote

「ストスマ」の公式サイトに、新しくリスナーの方への募集が掲載されています。新コーナー企画(期間限定(笑)?)『お宝スマグッズdollar』! 詳細は、公式HPのサイドバーにある番組のコーナー欄を見てください。思いついたら、どんどん「ストスマ」に送ってみてください。結構、難しいテーマですけどね(笑)

| | コメント (4)

「生きる」とは?

なんともふり幅の広い番組だと認識させられた、今週の「ゴロウ・デラックス」。馬鹿らしくて笑ってしまうときもあれば、思わず真剣に自分自身を振り返らせてくれたりする。どちらも、人間にとってとても大事なことのように思う。

大切な人を亡くしたことはありますか?

第百九回課題図書 『』 姜尚中著

Photo 著書の政治学者、姜尚中(カン サンジュン)さんは、東京大学の名誉教授のかたわら、報道番組での出演も多数。この小説を書かれたきっかけは、2009年6月の最愛の息子、25歳の尚大さんの死。小説は、息子さんと同じ読み方の「直広」という青年が主人公。親友を亡くし、生きる意味に悩む直広が姜先生に相談するという形で書かれています。

人間は生きている間に、何か印を残しておきたいもの。長く神経症を患っていた息子さんは残せる時間がなかったので、それを引き継いで小説にしておこうと思われたそうです。息子に経験にしてもらいたかった女性との恋愛。その箇所を、吾郎が朗読。そして、もうひとつ小説に託した想いは、東日本大震災で二万人もの人が亡くなったことで、自分と同じ想いをしている人たちへ。主人公、直広がボランティアで海の中の遺体を引き上げる描写を小島さんが朗読します。

ライフ・セービングではなくて、デス・セービング

遺体を見て、初めてその人の死を認識する、一種の供養という意味で「デス・セービング」という言葉を使われたそうです。「ライフ」よりも重く感じる「デス」がついた「セービング」。大切な人が亡くなったときに、その人の死を認識するまでが大事なことなんだと改めて思いました。吾郎も、この小説を読んで、「自分の生きてきた過去と、これから生きていく未来。あまり生命というものに対して向き合ってこなかったのかなぁと考えさせられた」と言っていました。大切な人の死は辛く悲しい。そして、自分がいつか死に直面するときのために何をしておけばいいのか・・・私も、番組を見て考えてしまいました。

小説の中で、恋愛や悩みを通して成長した直広に姜さんが送ったメールのメッセージは、実際に息子さんが最後に残された言葉が引用さています。

生きとし生けるもの、末永く元気で

思わず、読み終わったあとに涙ぐんで言葉が少し詰まってしまう小島さん。それでも、姜さんにお聞きしたいことをしっかり質問されていて素晴らしいなぁと思いました。私なら、そのまま泣いてしまっている(苦笑) 姜さんご自身は、ずっと穏やかな笑顔で落ち着いたトーンで話され、けっして吾郎や小島さんを泣かせようとされていないところに、とても強くそして優しい方なんだと感じました。

最後は、いつものように親太朗くんの消しゴムはんこのご披露。今回も変わらず、これで締めてくれるのも「ゴロデラ」という番組の優しさを感じた。視聴者に、強要させるような押し付けを感じさせないとても良質な番組だと思う。是非、たくさんの方に見てほしいですね。

| | コメント (6)

浦安をおじゃマップ

しんごろ爆弾bombキター! 可愛い、可愛い、可愛いよぉ。いたるところで萌えが落ち、尚且つ番組としても非常に楽しいものを見させてもらいました。ドラマ『福家警部補の挨拶』の番宣として、「また」吾郎だけが(笑)番組に出演。今回は、SMAPのメンバーである慎吾の番組「おじゃマップ」なので、とてもリラックスして本人も楽しんでいたのが伺えました。

以前、が『独身貴族』の番宣で参加したときは、おジャーマップ企画で腹いっぱい食べさせられ気持ち悪いレベルに達したため、「吾郎さん、絶対に出ないほうがいいよ!」とアドバイスしてくれた模様。(剛、ごめん、でもすごく面白かったよ(笑)) なので、今回は100円バスマップの旅企画だとマネージャーに確認してOKを出したという流れ。(もちろん、おジャーマップでも出演したとは思うけどね(笑)) 

そして、ロケは・・・ドシャ降りrain(爆) 「雨男」を吾郎になすりつける慎吾。いや、あなたたち、何か大きなイベントというときには雨を降らすじゃないですか。どのメンバーが雨男かとかではなくて、集まると降水確率が高くなるのよ(笑) もう一人のゲスト平愛梨さんも加わって浦安の町をバスで出発! なかなか、良い相性の4人組でしたね(笑)

スタート地点は【東京ベイ医療センター】。最初は6の数字が出たので【浦安駅】まで。スタッフからそれぞれ100円をもらって出発。バスの中で地元の方から100円で食べれそうなご当地食べ物を聞いて、「越後屋 焼蛤店」へ。焼蛤一串130円(3つ刺し)を購入することになるも、誰が払うかでもめる、もめる(笑) なぜか、ゲストの吾郎に100円をまず払わせ、残り30円はザキヤマさんが。ところが、蛤は3つしかないので当然一人食べられない。まず、持たせろ!という吾郎のクレームから始まり、行き先が不安な面白さ(爆) これはザキヤマさんが大変そうだ(笑)

吾郎 「俺、100円払ったじゃん?!」
慎吾&ザキヤマ 「みんなの100円なの(笑)!」
吾郎 「どっちかって言うと、俺寄りの100円じゃない?」
慎吾 「(笑) うっるさぁい、マジで(笑)」

大人げない応酬の末、結局じゃんけんで決めることに・・・先に抜けたのはその吾郎と愛梨さん。負けたのは30円負担したザキヤマさん。なるほど・・・こういう企画なんですね(笑) とにかく、全員楽しそう。

次なるお店は「貝鮮料理 うらやす」。ここでは、たこ串一本100円をオーダー。これは、分けられないということでじゃんけんで勝った一人が食べられることに。先に負けてしまったのが慎吾と愛梨さん。吾郎とザキヤマさんの一騎打ち。こういうときはSMAPは勝たなきゃいけないというプレッシャーの元、木村くんを降臨させる慎吾。それを受け入れてしっかり勝利する吾郎!

吾郎 「木村くん、ありがとうーーーheart(笑)!」 (BGM:「ありがとう」 by SMAP(笑))

いや、おかしい、おかしい、おかしいから(笑) これ、木村くん番組見てくれているといいなぁ。そして、相変わらず、食べ方が美しい吾郎。そして、なぜかお会計は愛梨さんに払わせる慎吾。ガッツリとバラエティの流れです(笑)

続いて、「牧和すし」におじゃまして、旬で脂がのっておいしいというお勧めのイワシ105円を三等分にしてもらってじゃんけん(笑) 真っ先に抜けたのがザキヤマさん。そして、負けたのが愛梨さん。

さらに、浦安で店探し。次は天麩羅の老舗店「立花家」。ここでは、一番人気という1700円のかき揚げ入り上天丼をひとつ注文する慎吾。上天丼が運ばれてくると慎吾がまず吾郎に物撮りをさせる。これは・・・『SMAPがんばりますっ!』で吾郎がやらされたお仕事だ(笑) 吾郎の笑顔がベリーキュートheart01 そして、「???」となるゲスト二人の前に、番組ADの「腹ペコ君」なる人物が店内に入ってきて4人の前で美味しそうにお食事。なんじゃ、このぶっこみは(笑) 腹ペコ君が食べている間に、やたらと吾郎に懐く慎吾。彼に席をあけたので後ろに座っていた吾郎が「(カメラに)被ってる!被ってる!」という優秀なコメントを挟みつつ終了。次なる目的地へ・・・

4の目が出たので、【神明裏】へ。バス停に降りた目の前におでん家の「千家」が。ここで、浦安ならではの車麩のおでん80円を4等分にしてもらって、仲良く4人で食べることに。とても寒い日のロケだったみたいなので、おいしそうですねぇ。ここは、なぜか慎吾が自らさっと支払いを。驚く3人の耳に聞き慣れた豆腐屋さんのラッパの音が・・・ここで、慎吾の行動が明らかに(笑)

この移動豆腐屋さん「染野屋」さんからは、豆腐のうの花コロッケ150円を吾郎が100円、ザキヤマさんが50円を払ってひとつ購入。受け取った慎吾が・・・ぱっくりと一口。驚愕する3人の前でさらに一口(笑) 取り上げた吾郎が・・・立て続けに二口(爆) 残りを慎吾がバックリ! SMAPやっぱり大人げない(笑) 

ザキヤマ 「SMAPだからって、何やってもいいのかっannoy

いや、しんごろの息がバッチリ合っていて大笑いさせて頂きました。あっという間に飲み込んだ慎吾が車の扉で頭ごっつんこしている後ろで、まだもぐもぐ・・・罰当たりの慎吾がお店のお兄さんに「ちょっと!お兄さんっ!」と言うのを手で制しながらもぐもぐ・・・可愛すぎる。慎吾に比べて、お口が小さいのね(笑)

そして、町を散策していると豊受神社の中に「富士塚」と呼ばれる岩山を発見。富士山を見立てて作られた塚だそうで、登って参拝するとご利益があり、関東全域に300以上もあるのだとか?! 知らなかった。都会の中でもいろんな知らないことがありますよねぇ。結構と高い岩山を4人で登ることに。吾郎は怖くなかったのかな? 下から見るより案外と高い気がするんだけど。

この町で最後に立ち寄った場所は、とんかつの「きむら」。店内で大歓迎を受けるおじゃマップご一行様(笑) 慎吾はこういうの慣れているけど、吾郎は若干退いてたな(笑) わかる気がする・・・私も見ているだけで、ちょっと退いた(爆) でも、SMAPだったらこうなるよねぇ。それもよ~くわかります。ここでは、120グラム1400円のとんかつを、残金170円分のサイズで作ってもらうことに。そして、最後にじゃんけんで負けるSMAP二人。コロッケの罰が当たったか(笑) でも、吾郎はじゃんけんを勝ち続けていたので、案外と吾郎の胃袋にはいい感じでお腹いっぱいになっていたと思う。慎吾は、まだまだだった思うけど(爆)

店を辞して、次に出た目は16で、最終地点【新浦安】までひとっ走り。駅前のショッピングモールで、まず「山野楽器」へ。ここで、吾郎にSMAPの新曲「シャレオツ」cdを予約させる慎吾。(撮影時は、発売前) 言われるままに、予約用紙に書き込む吾郎。これ、実際に取りに行ったんでしょうか・・・スタッフが(笑) この店には、併設で楽器のレッスン教室があり、無料で体験できるということで体験してみることに。ここで、慎吾のアイデアがショッピングモールのイベント会場で楽器を演奏して歌を歌うというもの。慎吾がクラリネット。愛梨さんが電子ピアノ。他に演奏できる楽器がないので、ザキヤマさんが100円ショップでおもちゃの縦笛とタンバリンとマイクを購入。

イベント会場には、ものすごい人が集まっていますが(笑) 偶然出くわした人、本当にラッキーですよね。演奏は、ちょっとした時間での中だったし、それぞれが得意な楽器というわけでもなかったので演奏はグダグダ(笑) 歌った曲はSMAPのnoteシャレオツnote 当然、リリース前なのでファンでもない人たちには、演奏がグダグダなもんで何を歌っているのかさっぱりわからない(爆) しかし・・・咄嗟にクラリネットを吹けてしまう慎吾もすごければ、この演奏レベルで「シャレオツ」を生歌で完璧に音を外さずに歌う吾郎がとにかく素晴らしかった。普通、音程釣られてはずれますよね。

全編面白くて、どこも省けずえっらい長いレポになってしまいました(苦笑) しかし、愛梨さんと吾郎もいい感じだったな。(バスの中で、「吾郎ちゃん、飴あげる」って言ってましたか(笑)?) ザキヤマさんの鋭いつっこみにも、うまく対応していた吾郎。そして、なにより慎吾が甘えてベッタベタなのを自然に全身で受け止めていた吾郎という、最高のしんごろを見させてもらった。おじゃマーーーップ!ありがとう(笑)

| | コメント (13)

福家警部補の挨拶 2

第二話 『禁断の筋書

初回よりさらに見やすくなっていた。一時間あっという間でした。ちょっと、やはり最後のトリックが若干甘いかなぁとは感じるけど、一時間でこれだけまとめられたら優秀なんじゃないでしょうか。なんせ、最初に犯人がわかっているというミステリーなので、最後まで視聴者の好奇心をどれだけ引き伸ばせるかという点では、うまくできていたと思います。

題材も漫画家という面白いテーマで、漫画好きの人にはちょっとクスッと笑えるような細かい単語やアレンジが入っていたのも楽しかったです。今回の犯人役の富田靖子さんがガッツリ演技のできる人で、さらにストーリーに集中して見ることができました。今後のゲスト俳優さんたちも、なかなか渋いセレクトで楽しみです。(ミーハー人選じゃないところが好感が持てる(笑))

キャラに関しては、初回とにかく主役の福家のキャラが弱くてどうしようかと思いましたが、今回はいい感じになっていたのではないでしょうか。癖がなさすぎると感じたけど、犯人役のゲスト俳優さんたちが演技派の方たちが出演してくれるのなら、これぐらいサラリとしている福家のほうが逆にいいかもしれない。檀さん、歩き方が可愛い(笑) 変人っぽい(爆) 柄本くん演じる二岡は、初回同様におとぼけキャラでさらにパワーアップup(笑) そして、福家と二岡のやりとりは今回も笑えました。ここ、すごくいい割合とタイミングで入れてきていると思います。

そして、石松警部ですね。初回よりも出演時間が短かったのは残念ですが、このドラマの中でこの役回りではあまり入れ込んでくるのは正直難しいと思います。福家が推理するキャラで、相棒が二岡である以上、警部がしゃしゃり出てくる余裕は一時間ではとても無理。だから、もう吾郎の出演時間はあまり期待しないで見たほうがいい。ただ、たった5分弱の出演で、ものすごく印象に残る警部さま。もちろん、これはとりもなおさず稲垣吾郎が演じているからに他ならない。そして・・・無駄にかっこいい(爆) もう、それだけで感謝ですよ。


ということで、今回も吾郎ファンとしての感想も書いておきます。
たった5分弱の出演ですから、出演した部分をこれでもかっ!っていうぐらい細かくツボを出しておこうかと(笑) 予告ムービーでも少しUPされていた、会議室でのシーン。吾郎の座り方だけで萌えれるってすごくない(笑)? 長い脚を持て余す吾郎さま・・・もとい、石松警部。どう座っても、長い脚がジャマ(笑) 立ったほうが楽なんじゃないかと思うぐらい。そして、こめかみに人差し指で小首傾げ。でも、この小首傾げは吾郎のときのキュートさじゃなくて、警部さまのクールで怖い感じがすごく出ている。だっるそうに福家の推理を聞いてるのか聞いていないのか・・・と思ったら、ガッツリ聞いていた(爆) この会議室だけのシーンで、石松警部という人がいかにデキる警部なのかがわかる。それぐらい、吾郎がうまく演じています。

ひと言冷たく低い渋い声で発するたびに、会議室が氷のように固まり緊張感が走る感じが吾郎の言動で増長されています。他殺じゃないかと言う福家をジッと見つめたかと思うと、スッと鑑識係に目をやるとそれだけで理解して報告する鑑識員。それを受け継いで、警部が言いたいことをすぐさま理解して代弁する田所警部補。さすが、いつもお供しているだけのことはある(笑) 「警部に言わせるほどでもない!」っていう感じがすごく出ている。(田所さん、左手の腕を振って腕時計を直すのは癖なんですかね。やっぱり、キャラが立ってきた(笑)) 田所さん、いっつも警部に顔を近づけるよね。福家より断然、田所さんのほうが羨ましい(爆) 

福家と二人きりになると、毎回少し警部の声音が変わる。面倒くさい部下とは思いつつ、案外と信頼しているのかも?と思わせる。そして、いつも警部のほうが正論。推理には長けた福家ですが、この上司あってのことなんですね。そして、ヒントflairまで無意識に与えてしまう警部さま。そのあとの、吾郎のこれまた無駄なドUPの美しいこと。倒れそうになりました。何か言いたそうで言わない警部。今後、福家との関係性も見ものですね。

出演時間は短くとも、演じる吾郎は充分堪能できます。「もったいない」ですよ、非常にもったいない(笑) でも、この意味を誤解してほしくないのですが、この作品ではこの役でこの出演時間でファンとして楽しませてもらっています。この作品ではねっていうことです。だから、「もったいない」のよ(笑) 吾郎がうまく演じれば演じるほど、もっと見せてほしいと思う。役者の稲垣吾郎が好きな人なら、必ずそう感じると思う。これだけ持て余してしまう吾郎の演技をじっくり見させてもらえる作品にめぐり合ってほしいですね。とりあえず、「福家」は最後まで楽しませてもらいます。

| | コメント (9)

盛ってみました

いろんな要素がてんこ盛りだった今夜の「SMAPxSMAP」だったけど、勢いがあって非常に楽しめました。やっぱり、「スマスマ」はこうでなくっちゃダメですね。5人のコーナーがあって、コントが入り込んで、ビストロでもゲストと一緒に5人で盛り上がり、そして歌もSMAP。文句のつけどころがなかったわ(笑)

新企画『オドロキ隊!』も優秀でした。これは、今後続けるのなら何をとりあげるかにもよると思うのですが、とりあえず5人でわちゃわちゃ必然的に群れるというのがある以上、まず失敗はしないと思う(笑) 進行がちゃんとフジテレビの田中アナウンサーが進めてくれるのもいいですね。中居くんが、しっかりリアクションの中に入っていけるので。

とりあえず、横並びに椅子に座らされている5人。向かって左から、木村吾郎中居慎吾。「スマスマ」でのベストな座り位置。まぁ、でもこのコーナーは座っているのはほんと少しです。なんせ、体験企画ばかりなので(笑) 最初の紹介品は、『アクアトップディスプレイ』。将来的には、お風呂やプールでの娯楽品として普及すれば面白いということで開発された商品。これは、実は吾郎がドラマの番宣で「めざまし」に出演したときに紹介されたものなんですよね。だから、吾郎は知っていたわけですが・・・SMAPはリアクション上手だなぁ。紹介する人たちも嬉しいと思う。

中居 「香取さん、やってみれば?これ、香取さん、知らない?」
慎吾 「・・・知らな~い」 (集中して遊んでる(笑))
中居 「好きでしょ?」
慎吾 「好きぃ」

何、このわかりあった感じの二人(笑) あぁ、だから、中居くんは慎吾にやらせたんだ。お風呂でゲームができる体感は中居さんに・・・ということで。

慎吾 「入るの?」 (中居くんの服を脱がそうとする)
中居 「違う、違う(汗)」

この、サタスマコンビがたまらないですね(笑) 白い液体の大きな水槽に中居くんが腕を沈めたあと照明がおとされると、すでにゲームが始まっている。驚く慎吾にぴとっと。その反対側で自然にキムゴロさんたちがくっついてた(爆) やだ、やっぱりこの企画、自然にすまさんたちが群れてしまうわぁ(笑)

そして二つ目の商品は、皆さんよく知られているプリクラですが、その中でも最新技術が搭載された『ビューティアディクト2』。プロメイクが監修したということで、化粧から肌の質感、カラーコンタクトまで自由自在というからすごいもんです。これ、騙されるよねぇ(笑) 遊びで撮るには面白いけど、会ったことない人に最初に送りつけたらNGだと思うわ(爆) もちろん、これはSMAP全員で体感してもらいます。「5人旅」再び!かと思うほどの群れスマ(笑) しかし・・・元から顔立ちのいい人たちは、元のほうがいいという証明にもなったというか。まぁ、SMAPが男性だからというのもありますが・・・キモ可愛いです(爆) 

最初の一枚は「試し撮り」 - なんかわけわかんなくて、全員キョトーンの顔が・・・盛られてます(笑)
木村 「うわぁぁぁぁ、気持ち悪ぃ!」 (笑)(笑)(笑)
しかし、これでどうやらSMAPの「悪ふざけスイッチ」が入ってしまったらしい(笑) 急に楽しそうに言われるままにポーズをすぐに取れるプロ軍団(爆)
二枚目、「にっこりスマイル♪」 - 全員「MYOJO」スマイルだよ(笑)(笑)(笑)
三枚目、「小顔ポーズでクールに♪」 - 吾郎木村くんにちゅーkissmarkだよぉぉぉ! 問題なく受け入れる木村さん。負けた・・・
四枚目、「驚いちゃった!!」 - このあたりから、確実に楽しくなってきたSMAP(爆)
最後の五枚目、「がおーっ!leo」 - サービス精神旺盛なSMAPさんたち、完璧です(笑)!

このままで終わらないのが最新プリクラ。このあとに、撮った写真にメイクアップ機能がついていて「つけまつげ」や「リップカラー」を足せます。これは・・・面白い。やってみたーい(笑)! 

中居 「これ、(新宿)二丁目だ、二丁目」 (笑)(笑)(笑)
中居 「(自分のつけまつげがついた顔を見て・・・)うちのお袋みたいだよ」 そうなの(笑)?!
この中居さんの、絶妙なコメントに吾郎が素で「あはははは」と笑っているのが可愛い。

この最新プリクラ本体の価格は、238万円ということで「案外安いねdollar」と言えるSMAPさんたちは・・・やっぱり「雲の上の人たちshine」であった(爆) 慎吾が最後に猫耳をつけたりして遊んだプリクラが印刷されます。あぁ、可愛いわ。アラフォーの男性なのに(笑) 何事にも全力で楽しむSMAPならではの企画でしたね。追記すると・・・ブースの中の木村くん、自然に吾郎のほうにずっと頭くっつけていた。普段もこうなのよね、きっと(爆)

ビストロのお客様は、只今、上演中のキスマイ北山くんのミュージカル『愛の唄を歌おう』から、演出の宮本亜門さん、音楽を担当した槇原敬之さん、そして主演の北山宏光くんですね。オーダーは、「ほっこり温まるお鍋」。ここでは、キッチントークで槇原さんがこのミュージカルのために作曲した「君への愛の唄」のサビの最後の歌詞の一部を、メンバーそれぞれが考えて槇原さんに歌ってもらうというもの。中居さん、「大喜利ではございません!」って言いながら、しっかり吾郎の顔見ている。そりゃあ、吾郎はその期待に応えちゃうよね(笑) 見えにくいナカゴロだったよ、ここ(笑)

どうオチに持ってくのかと思ったら、そうきたか~。吾郎は、中居くんの期待を裏切らないなぁ。そして、慎吾もしっかりまとめてきましたね。料理対決は、そんなシンゴロペアの勝利。LEDのロウソク立てを頂いて本当に喜んでいる吾郎。勝てて良かったね。

ここで、一旦、慎吾の「カニ蔵」コントがかる~く入り込みます(笑) これは、もうすぐ本家海老蔵さんが来てくれそうですね(笑)

そして、最後のS-LIVEは、キティちゃんと双子の妹であるミミィちゃんcatとのコラボでSMAPのnoteハローnote この歌、やっぱりとってもいい曲ですよね。全体的にとても可愛くて、なのになんか泣けてきた(苦笑) こんなキュートな演出で哀愁を出せるのって、やっぱりSMAPならではだと実感したというか。そして、衣装が全員とっても似合っていて、吾郎に関しては女子力virgo高すぎて倒れそうになりました。脚、細っ! これこそ、オドロキ隊出動ですわ(爆)

全体を通して、とっても楽しめた「スマスマ」。この調子で今後も頑張って5人の企画を出してきてほしいですね。

| | コメント (6)

皮肉キャラ降臨!

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2014年1月16日放送分

つぶやきメッセージ
pencil「吾郎さんは、お正月休みはありましたか?お雑煮やおせちは実家で食べられたんでしょうか?ドラマの撮影があるので、ゆっくりできなかったかもですが、どこでどんなお正月を過ごされたのかお聞かせください」 基本的にドラマの撮影があるときは、あまりお正月は長くはお休みが取れないけど、今年は三が日、4日、5日ぐらいまではお休みだったそう。去年はドラマの撮影が重なって大変だったので、今年は比較的のんびりできたようです。

noteはじまりのうたnote

SMAPな時間
ドラマ『福家警部補の挨拶』の話題。pencil「刑事コロンボのようで、お相手は檀れいさん。宝塚の方とは吾郎さんは縁があるような感じですが、お会いしたのは初めてですか?」 吾郎は、ヒロインの檀さん演じるコロンボ女性版のような福家の上司で、同じ警察という組織にいながらも考え方や育ってきた環境の違いとかでぶつかりあう役割と説明。育った環境の違いとかも自分で考えて演じているんでしょうかね。主人公とぶつかりあう役というのが非常に多いので、主人公の笑顔をあまり見ないという「いいとも」でも話してくれていたことを述べ、向井くんや竹野内さん、上戸さんやおしんの笑顔も見たことなかった。(なぜ、おしんだけ役名(笑)) 今回も仲が悪い役なので、まず見れないでしょうねと(笑) そうは言っても、いままでやったような役になるのはつまらないので、雰囲気を変えて見ている人に「また新しいね」と言われるように役者として精進しながら演じていきたいという吾郎の役者魂に痺れました。

「ゴロデラ」のロケで訪問した『鳩居堂』に行かれたお便り。pencil「きれいな物や可愛いものがあって、長くいても飽きません。『香を聞く』という言葉に惹かれてスティックタイプの白檀とお香立てを購入してきました。疲れて帰宅したとき、眠りにつくときなどお香をくゆらせていますが、甘く奥ゆかしい匂いに癒されています。吾郎さんは、何かお気に入りの物は見つかりましたか?」 吾郎は『ポチ袋』が気になったようです。さっとお礼を入れて渡せる大人になりたいと。あとは、やっぱりお香だそう。番組で聞かせてもらった白檀のお香は素晴らしかったそうです。番組収録のあと、まだ足を運んでいないけど紳士として磨きをかけるために行ってこようかなという吾郎が可愛かったです(笑)

noteシャレオツnote

リクエストSONG noteそれじゃまたnote

吾郎の自由時間
先日の放送で、吾郎の友人がジュンサイを送ってくれるというお話を聞いて。pencil「ジュンサイを吾郎さんは、どんな風に食べてますか?酢の物とかお吸い物でしか食べたことがないので、吾郎さんのジュンサイレシピを教えてください」 吾郎も酢の物やお吸い物に使うそうですが、冷製パスタとか洋風にもアレンジして考えられそうと。秋田出身のご友人が送ってくれるそうです。あとは、真空パックではなくそのままのきりたんぽも送ってきてくれるのだとか。基本的に、北の地方出身の友人が多いらしく、「僕って北国っぽいかなぁ(笑)」と不思議なコメントで笑ってしまいました(笑) まぁ、確かに暑いところより寒いところの風景が似合いそうではありますが(爆)

五六二三(吾郎文)
クリスマス時期の「稲垣サンタ」の感想。pencil「当選者の方の名前も頭に入ってこないぐらい爆笑させられました。吾郎さんにバシバシされたグッズをもらえた方は本当に嬉しいと思います。去年は、本当に吾郎さんのラジオに癒された一年でした。素敵な声とさりげない気遣いが感じられる内容や、ちょっと皮肉な感じも素敵でますます吾郎さんのファンになりました」 お便りを読んで「稲垣サンタ」のことを思い出した吾郎が、「もっとグッズがほしいですよね」とビクターの方(収録スタジオにいらしている)に皮肉が飛び出します(笑)

吾郎 「去年、『シャレオツ』が発売されたときも、通常盤Bをなかなか送ってこなかったんですよ。ハローキティのほうが!まぁ、そんなこと言ってもね、ビクターの偉い方の前ではニコニコするんですけどね。まぁ、このラジオに来ているビクターの方はそんなに偉くないので、別に何言っても大丈夫かなぁっていう(笑) 僕のほうがビクター歴長いですからね(笑)ここにいるビクターのスタッフより。んふっ(笑) だいたい、現場に来るビクターのスタッフより、ビクター歴長いって不思議ですよね。ビクターじゃないですけど、僕は(笑) だって、デビューが91年ですからね。91年ビクター入社で来る人って・・・まぁ、いますけどね。そう考えたら、テレビ局もそうですよね。今、プロデューサーになっている人とかでも、もう・・・たとえばフジテレビでも、もう曙橋のフジテレビ知らない人もいるわけだし。この文化放送だってそうですよ!もしかしたら、あそこで録っている人より僕のほうが長いですよ。僕、四谷の頃から知ってますからね。まぁ、でも、僕、会社員ではないんでね。まぁ、こんなこと言っていると、皆さん、だんだんいなくなると思うんですけど(笑) まぁ、こういう皮肉みたいなことが面白いって言ってくださっているんですよね?だから、今、敢えて言ってみたっていう感じもあるんですけどね」

キャラ作った(爆)! いきなりこれだけをいっきにまくし立てた吾郎(笑) ご希望どおりの自分を出す対応力のすごさに驚くとともに、こうやってバラエティ番組でも頑張ってしまうんだろうなぁって。スタッフが後ろでずっと笑っているよ(笑)

とにかく、もっとグッズを出してほしいと。ライブも始まるので、そこで食べ物のグッズもいいよねぇと「イケTEL」で話したことを出して、実はその電話のあと「やっぱり食べ物は無理かなぁ」とか話し合ったそうです(爆) でも、グッズの販売はファンの方のほうが良いアイデアが浮かぶかもしれないので、ドンドン声を聞かせてほしいということです。ちなみに、今年のスマショでいいなぁと吾郎が思ったのは、『バッグ イン バッグ』と『マイボトル』なのだとか。スマショでも、ちょっとした皮肉を言ってきたらしいですが、いったい何を皮肉ったのでしょうか(笑) 「皆さん、(僕から)離れないでくださいねぇheart」と最後に言う吾郎が・・・ずるいっ(爆)!

noteハローnote

吾郎って・・・やっぱり、面白いね(笑)

| | コメント (4)

ビアンの楽しみ方

2014年、第一回目の放送となった今夜の「ゴロウ・デラックス」。オープニングは、例の金ダルマのUPから(爆) ゲストの方も初心に戻ったような(吾郎曰く「ゴロウ・デラックスにぴったり」(笑))深夜番組らしい方をお迎えして、吾郎さんもはじけっぱなし。もう、あらゆるところで「おいおい(汗)」と突っ込みを入れたくなったのですが(笑)

第百八回課題図書 『×華のやらかし日記』 沖田×華著

Photo 看護師や風俗嬢時代の裏話から、20回以上いじったという美容整形の裏側まで、自身の体験談を赤裸々に描いた今話題のコミック。著者の×華(ばっか)さんは、雑誌「キスプラス」や「ビッグコミック スペリオール」などで連載を抱え、去年だけで7冊の単行本を発売。Amazonで1位を獲得した『毎日やらかしてます。』などで、やらかし系として大注目の漫画家。

最初に、自己紹介としてご自分で漫画を描いてきたというスケッチブックを披露。まずは看護師としてお仕事をされていたものの、21歳のときの豊胸手術をきっかけに整形手術に嵌りお金がなくなったので風俗嬢として働き始めたのだとか。その整形手術の回数は、全20回で400万円ほどかかったというからすごいです(汗) 趣味みたいなもんだと言われたら、批判なんてできないですよね。誰だって、趣味には他人にはわからないことで莫大なお金をかけるものなので。

乳輪の色素落としもしたことがあると聞いて、「そんな違うものですか?」と素直に思ったことを聞いてしまった吾郎を逃さなかった小島さん(笑)

小島 「いろいろ、あったでしょ?」
吾郎 「・・・・固まっちゃったsweat01

なんという振りを国民的アイドルに聞くんですかっ! それも、SMAP SHOPに寄ってきたあとの収録で(爆) ついさきほどまでは、赤坂サカスできゃーきゃーheart02言われていたアイドルが、スタジオでいきなり女性の乳輪を言及されるという・・・これが、ゴロウ・デラックスクオリティshine(爆)! ×華さんから整形手術のお話を聞いていて、思わず言ってしまった吾郎のひと言が・・・

吾郎 「整形やってみたいよねぇ。芸能人じゃなかったら整形しているかもしれない」

うわぁ・・・世間から石が飛んできそうな発言(笑) 吾郎自身は、鼻筋が通った鼻になりたいらしい。昔からコンプレックスということですが・・・確かに、キュートに少し先が丸いお鼻ですが、吾郎はむちゃくちゃ鼻筋通っていますよ。横顔みたら一目瞭然。

×華さんが看護師をしていたときに、いろんな驚きの患者さんのエピソードを話してくれます。その中で特に驚いたのが、救急で運ばれてきた男性がお尻の穴にお茶碗が入ってしまって取れなくなったという事態が発生!というもの。理由を聞くと転んでしまって・・・ということですが、もちろんそういうわけではないですよね(笑) 驚く吾郎と小島さんですが、よせばいいのに吾郎が立ち上がりセットにディスプレイされているリンゴappleを手にとって、少し前屈みでリンゴを自分の綺麗な美尻に(笑) 

いったい、何がしたいの?!吾郎さんっ(笑)!!!

やんなくていいとは思いつつも、美尻がドーンとカメラの前に・・・ありがとうございまーす(笑) そして、このあとに吾郎が×華さんに聞いた質問が、「やっぱり、お尻を喜ぶ男の人って多いのかな(笑)?」と。小島さんが「えっ?!(どういう意味?)」となってしまったじゃないかっ! 思わずそのリアクションに(つっこんでほしかったのね(笑))、耳まで真っ赤にして机に伏せてしまう吾郎。だったら、言わなきゃいいじゃん(笑)? ほんと、ヤバいから、吾郎さん。控えてください(爆)

ここで、×華さんが風俗嬢をやられていたときのことが書かれた箇所を吾郎が朗読。そのあとに、親太朗くんが×華さんの幼少時代を描いたイラストのフリップを持って登場。ユニークなご両親の元で育ってきた×華さんの初体験は小学3年生で、加えてお相手は同じ女性! これは・・・もしかして・・・そう、×華さんは幼少の頃から同性にしか興味を示さなかったビアンさまribbon(レズビアン)なのであります。最初は驚いていた吾郎ですが、この後、親太朗くんが×華さんの「彼女」と共にビアンバーbarに連れて行ってもらっているVTRを見ていて興味が沸いたご様子(笑) 

男子禁制のバーに特別に貸切で撮影させてもらって、オーナーの方を交えていろいろお話を聞きます。親太朗くんは素直でいいなぁ。吾郎と同じく、どんなことも素直に受け入れる人だと思う。好奇心だけで話しているわけでも、冷めているわけでもなく、「ゴロデラ」のメンバーは人に優しいと思う。そうか、ビアンの方たちのことを「百合」というのは知らなかったのね。(ちなみにゲイの方たちは「薔薇」ですよね) これはまだしも、まさかの「タチ」「ネコ」も知らなくて可愛いと思いましたよ(爆) 吾郎は知っていたのかな? VTR後に思わず・・・

吾郎 「なんで、連れて行ってくれなかったの?!」
親太朗 「すみません・・・」

そうだね(笑) ストリップ劇場のときも思ったよ。番組スタッフさん、ロケは吾郎さんも引っ張り出してください(笑) 吾郎がギリギリのコメントをあちこちで落としていて冷や汗かきそうになったのですが、リバ(リバーシブル:攻め受けどちらもいける人)がモテるという話で、「そっちのほうが楽しそうだよねぇ」と言ったときはどうしようかと(汗) まぁ、それでこそ稲垣吾郎だと思ったわ(爆) 

新年一発目、なかなか濃くて楽しい放送でした(笑)

| | コメント (9)

福家警部補の挨拶 1

吾郎が出演するフジテレビのドラマ『福家警部補の挨拶』の初回放送が終わりました。皆さん、楽しまれたでしょうか。昨今、日本のドラマをアホほど見ているので、作品の出来不出来は初回を見れば顕著にわかるようになった。まず、単刀直入に初回の感想を言うと「合格点pass」を出せます(笑) これは素晴らしい!とまではいかなかったとは言え、普通に楽しめるトリック作品になっていたと思います。やはり、そこは原作があるのが強いですかね。

第一話 『失われた灯

申し訳ないけど、正直主演がさんというのは弱い気がしていた。檀さん自身は疑いようもなく美人で演技のできる女優さんですが、今回のキャラとしては合わないのではないか、魅力あるキャラクターにならないのではないかと思っていた。でも、好演されています。ただ、やっぱりまだ元々持っておられる女性らしさや上品さが出てきてしまうところがあるのが残念かなぁ。でも、まだ始まったばかりですからね。今後、いいキャラになっていくのではないかという期待が持てました。その檀さん演じる福家警部補に、何かと無理なことを頼まれて嫌々ながら引き受けてしまう人のいい鑑識員を演じる柄本くんが本当に素晴らしかった。この役、彼じゃなかったら面白くなかったかもというぐらい(笑) このドラマでのMVPじゃないかと思う。

そして、我らが吾郎さんですね。刑事役は結構こなしてきているし、クールで堅物というキャラも何度か演じているのでキャラ作りがさぞかし大変だろうと思ったのだけど(吾郎の素敵な癖毛は独特なので変化をつけるのが難しいし(笑))、声音から佇まい、そして目線ひとつとっても今まで演じたことない刑事・・・いえ、警部だった(爆) 贔屓目抜きで素晴らしかったと拍手ものです。

ストーリー自体は、うまくできていたと思います。まず、飽きさせるところがなかったので。最後どういう風に持ってくのか、吾郎の出演関係なく普通に気になって見てました。初回ゲストである犯人役の反町さんも良かったと思います。彼が犯人役だからと見た人も必ずいたと思う(笑) 今後も個性派俳優さんたちが犯人役で出演してくれるみたいなので、そちらも楽しみ。

何が素晴らしいって、オープニングタイトルですね。音楽も主題歌ではなくてBGMなのがいい。事前に情報として流れてきていた、セットのこだわりに美術スタッフの意気込みを感じました。今後もお決まりになっていくであろう、福家と二岡の食事シーンでのやり取りや福家と石松のクールな嫌味たっぷりの応酬は続けていってほしい。

最後に、吾郎ファンとしての感想を。まぁ、叩き上げのノンキャリ刑事には見えないですよね(笑) スッとスリーピースで立っているだけで華があり、知性が伺える。初回の出演時間は10分ちょっとだったと思いますが、存在感はすごかったですね。あれだけの出演で、吾郎はいろいろキャラ作りをしたと思うのです。

石松警部は・・・
・ 刑事や係長と言われるのが嫌で、必ず「警部」と誰にでも呼ばせる
・ 面倒くさい部下の福家の単独行動には腹を立てつつも、事件を解決すればしっかり受け入れる
・ どう見ても、キャリア組。そしてスーツとコートの着こなしは超一流(笑)

ただ・・・やっぱり、どう考えてももったいないわ(苦笑) 主演だとか出演時間とかはどうでもいいのですが、キャラとして「これ、別に吾郎じゃなくて良かったよね?」というのが初回を見た正直な感想です。もちろん、吾郎が演じたからこそ、あのクールな石松警部のキャラが生まれているわけだから、そこに文句も疑問もありません。でも、あれだけキャラ作りをして初回に挑んだ吾郎の「石松警部」というキャラ自身が、ドラマ上でそれほど重要でもなければ癖もない。まぁ、吾郎じゃなくてもいいのではと言いましたが、吾郎じゃなかったら本当に影の薄いキャラクターだったと思う(汗) 原作とは違った設定で・・・という言葉を信じて今後に期待したい。そうじゃなきゃ、毎回「もったいない!」と言わせてもらいます(爆)

初回視聴の感想は、是非、フジテレビの公式HPに投稿してください!

| | コメント (13)

最高のおもてなし

今夜の「SMAPxSMAP」に不満はないし、いつもの無難な放送だったと思うのですが・・・いかんせん、先週の「スマ進」のコーナーが非常に面白かったので、やはりテンションがあがらない(苦笑) なので、申し訳ないけど簡単レポにさせてください。大きな理由は、もうドラマ『福家警部補の挨拶』の放送日になってしまって、そっちに気が思い切り向いているのも原因かもしれないです(汗)

ビストロのゲストは、2020年東京オリンピック開催に導いた立役者のお一人、滝川クリステルさん。彼女のプレゼンでの言葉「お・も・て・な・し」は、2013年の流行語大賞のひとつに選ばれました。ありえないぐらい緊張したとお話されていましたが、そりゃそうですよね。会社でのプレゼンとはわけが違う(汗) とても落ち着いているように見えたのはさすがです。中居くんは、自分なら別に緊張せずにできるような気がすると言っていましたが・・・これは、話を面白くするための話術ですよね(笑) 絶対に、緊張すると思うよ。だって、「紅白」でのソロパートだけでむちゃくちゃく緊張しているじゃん(爆) 

キッチントークで、滝川さんはSMAPではとは昨年「FNS歌謡祭」の司会を一緒にされたという話がありましたが、吾郎とは2011年にバラエティ番組「ほこ×たて」のSP番組でガッツリ一緒に絡んでいるんですよね。その話は出なかったのかカットされたのか(苦笑) ここでの企画は、滝川さんへの質問の答えをメンバーが当てるというぬる~い企画。群れスマとしては、この収録が「いいとも年忘れSP」後の忘年会でさきほどまで飲んでいたということで、眠そうな慎吾に渇を入れる中居くんと、そんな中居くんが実はスキューバーダイビングの免許を持っているということでメンバー全員から「イメージダウンdownwardright」(笑)(笑)(笑)だと弄られるエピソードですね。あぁ、あとプチツボは、また吾郎がフリップに書いた文字「インドネシア」が欠けていたこと。前回の「ゐいぐるみ」は強烈だったけど、今回も真っ先に吾郎の元に飛んでくる木村くんでしょうか(爆)

あとは、「許せる?許せない?」企画の続き。今回も堀北さんの不思議ちゃんコメントがキーポイントですね。あとは、吾郎のお決まりのデート場所に食いつく上二人(笑) 木村さん、吾郎の後ろから囁くように「どこ、行ってんの?」ともじもじしながら聞くのはやめてください。そして、中居くんには「占いの館」を出してしっかりオチをつける素晴らしさ(笑) あとは、彼女が待っている部屋に外で飲んできて帰るときは、楽しくなかった振りをする中居くんの演技に大ウケしている吾郎です(爆)

コント「リーガルパイ」は、とにかく勢いだけのコントですが(笑)、シンプルで前回同様笑える。今回は、最後の吾郎のやっぱり言えない慎吾へのコメントが素晴らしかった。これに尽きます。これ、次回は逆でやってみたらいいのに(笑) 

吾郎 「できないのに、なんで挑戦するの?!

歌のコーナーは、RIP SLYMEの皆さん。彼らは黄色の手袋、SMAPのメンバーは赤の手袋で黒いスーツ。なかなか画的にクールでしたね。吾郎、かっこいいし(笑) ただ・・・申し訳ない。全員とても素敵でしたけど、個人的にラップ調の曲があまり好きではないので、琴線にちっとも触れないんですよ(苦笑) 彼らが悪いのではなくて、あくまで私の音楽的趣味の不一致です(笑) ただ、SMAPに提供してくださったnoteGoing Overnoteを一緒に歌ってくださったのは嬉しかったし、とってもかっこよかったと思います。皆さん、楽しまれたと思うので良かったのではないかと。

とにかく・・・ドラマが早く見たいわ(笑)

| | コメント (7)

男の家事の心得

フジテレビで1月からの連ドラ『福家警部補の挨拶』に出演するということで、番宣を兼ねて「笑っていいとも」のテレフォンショッキングに年明け一発目のゲストとしては3度目shineという記録を達成した吾郎(笑) 今年初のテレビ前のお仕事ですが、お顔もスッキリでドラマ撮影も順調に進んでいる感じですね。

たくさんの吾郎宛の「花道」から出てきた吾郎にきゃ~heartという大声援。その中に「ごろーちゃ~ん!」という男性の声も混じっております。いいなぁ、男性の声って低く響いて目立つから(笑) まずは、タモリさんと新年のご挨拶。そして着席。そして、観覧の方にロイヤルファミリーcrown風お手振り(笑)

ドラマの話になり、警察の役は初めて?とタモリさんに聞かれて「いえ、しょっちゅう刑事です」と答える吾郎(笑) 確かに、30代になってから多いよねぇ。タモリさんが言うように、まったく刑事っぽいイメージはないんだけど、どのドラマの中でもそれなりに嵌っている。ちょっと、変わったキャラの刑事が多いからかな?(可愛かったり、クールだったり・・・) 医者役も多いというのは、タモリさんも観覧の方も大きく納得(笑) 吾郎本人は、「普通の父親役もやってみたい」ということですが、子供がいる役は何作かやっていますよね? 「飛鳥へ」や「佐々木夫妻」「心療中」や映画「加奈子」もそうだし・・・ただ、ガッツリ絡んではない。本人が演じてみたいのなら、是非、やってほしい。

お正月は、友人夫婦の家を訪ねたり実家に顔を出したりと独身のお正月らしい過ごし方(笑) 板橋の実家は近くなのでしょっちゅう帰っているという吾郎は実に親思いのいい子だなぁと。ご両親も忙しい息子(それも芸能人(笑))が頻繁に顔を出してくれて嬉しいでしょうね。吾郎はよく家族の話をしますが、すごく愛されて育ってきたんだろうなぁって思う。タモリさんに、「それなら親と一緒に住めばいいのに(笑)」と言われていたけど、ご両親が元気なうちはやはり男性なら家を出ているほうがいいですよね(笑) 

それに家事が好きだということなので、全然一人住まいOKな感じですしね。おパンツのたたみ方とかお昼の番組で言ってて何事sign02と思ったら、「女性の方はもっとコンパクトですよね。おまんじゅうぐらいの大きさになるんじゃないかと・・・」なんて言葉が吾郎の口から飛び出して爆笑したわ。なんで、吾郎が言うといやらしく聞こえないんだろう。ものすごく知っている人しか出ない発言なのに、サラリと言ってしまえるのね(笑)

朝ごはんもちゃんと作る吾郎は、グリーンスムージーのときもあると。これは、もともとから教わったということでタモリさんが剛からミキサーをもらったと話しているところでCMに・・・
CM中
タモリさんの行きつけのバーでもフルーツカクテルを作るときにミキサーを使っているという話から、一度タモリさんにバーに連れて行ってもらったという話。そして、お正月は剛が二日間おじゃましていたけど死んだように寝ていたというタモリさんからの暴露(笑) 食べていたか寝ていたかなので、まったくしゃべっていないという話を聞いて吾郎が驚いていた。確かに、なんのために行ったのかと(笑) 剛にとっては、もう実家でのお正月みたいなもんなんだね。
CM終了
慎吾がいきなり出てきて、「お正月は草彅がお世話になりました!」と吾郎と二人で頭を下げるという演出(笑) 慎吾は吾郎にも新年の挨拶をして退場(笑) これだけで吾郎が驚いていたけど、収録後のトークに吾郎が参加しないので二人の画をファンの方に見せてくれたんだと思います。とっても可愛いかったわ。慎吾、ありがとう。

最後の当たればタモさんストラップがもらえるアンケートクイズは、残念ながら4連勝で記録がSTOP(笑) お正月明けということで、朝からワインを飲んで来た人が2人と予想するも0人。まぁ、朝から飲んでくる人はあんまりいないよね。(ビールと焼酎は一人ずつはいたけど(笑))

吾郎 「もっと、ワインwine広めていきましょうよぉ(笑)」

ドラマ『福家の警部補の挨拶』は14日火曜日、初回15分拡大になってますので、録画セットはお間違えのないように(笑) 昨日の披露試写会の様子が今朝のWSで流れましたが、当日は『めざまし』に生出演ですので、そちらもお忘れなく!

| | コメント (5)

SMAP両A面ヒストリー

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2014年1月9日放送分

つぶやきメッセージ
pencil「寒い季節にはコタツとミカンが定番なのに、うちにはコタツがありません。稲垣さんの家にはコタツはありますか?」 吾郎の家にもないそうです(笑) 床暖房が設備されているからだそうですが、たまにはコタツで癒されたいとのこと。・・・中居くんチに行けば、年中あるから行けばいいのに(爆)

SMAPの51枚目のシングルとして発売された「シャレオツ / ハロー」は両A面ですが、吾郎にとってこの「両A面」という言葉がよくわからないそう(笑) 確かに、「両A面」と決める理由はなんなんだろう。別に両A面にしなくても、カップリング曲でも推したいぐらいいいのはあるし、逆に両A面で売り出したわりにはあまりプッシュしなかったりと不思議ですよね(笑)

ということで(笑)、今週はSMAPの両A面シングル特集となりました。リリースされた順番にかけてくれます。

noteそのまま / White Messagenote (2008年)

吾郎 「これ両A面だったんですねぇ。「そのまま」はもちろんいっぱいやったんですけど、「White Message」は両A面と言われるほどやったのだろうか?!『僕らの音楽』でやったんですよね? この間、『僕らの音楽』の総集編にSMAP全員での収録のときに「White Message」をやっているのを見て、皆、「あれ?!なんだっけ?これsign02」みたいな空気が流れてましたけどねぇ(笑) すごく良い曲なんですけどね。「そのまま」のほうは、僕のドラマの主題歌だったんで忘れられないですね」

懐かしい。私も「そのまま」を聴くと吾郎のドラマ『佐々木夫妻の仁義なき戦い』を思い出します。良い曲ですよね。

noteそっと きゅっと / スーパースター★note (2009年)

吾郎 「う~ん、ありましたねぇ。まぁ、これは「スーパースター★」もA面的な扱いをちゃんと受けていたんじゃないかなと(笑)『ミュージックステーション』でもやりましたからね。もちろん『スマスマ』でもやりましたし。でも、やっぱり「そっと きゅっと」のほうがA面的な雰囲気が強いかなぁ(笑)両A面で2曲目にくるものが1曲目を超えるぐらいであれば両A面っぽいよね(笑) 最初に収録した曲のほうが印象に残ると、うん?!B面じゃないの?ってなるんですけど」

確かに、「そっと きゅっと」のほうがA面らしいと言われればそうなんだけど・・・「スーパースター★」はすごく好きな曲。「Mステ」で歌ったこと覚えているのね。ちなみに「Mステライブ」でもやったよね? ライブでも楽しみにしていたのに、まさかのラッキーさんのコーナーで短縮版だった(涙) 今年のライブで入れてフルで歌ってほしい。慎吾に頼めばいいの?中居さん(笑)? って言うか、ラッキーさん、もう要らないから(笑)

noteMistake! / Batterynote (2013年)

吾郎 「これこそ、両A面じゃないですか?「Battery」は結構フューチャーされてましたもんねぇ。両方にちゃんとプロモーションビデオがつくとか。このぐらいで、初めて両A面って言えるのかなぁという感じがしますけど(笑) 「Battery」は歌番組でも結構とやりましたし、あとUSJのジェットコースターのテーマソングにもなっていましたけど。僕は乗ってないですけれどもねぇ。んふ(笑) 「Mistake!」に関しては、本当にSMAPのシングルらしい曲ですね。歌詞がすごく独特な感じでしたけれども。結構、歌って踊ってスマートなSMAPが見れた曲なんじゃないかなぁと思いますけれども。また、ステージでもやってみたいですね」

ステージというのは・・・今年のライブのことですかね。絶対に入れ込んできますよね。「Battery」は結構と披露したような・・・「Mistake!」より歌ったんじゃない(笑)? 印象がすごく残っていますけど。さすが、スポンサーがつくと強いわ(爆)

noteシャレオツ / ハローnote (2013年)

吾郎 「これは只今発売中ということなんですけれども、両A面的な要素が強いんじゃないでしょうか。もちろん、「シャレオツ」のほうが今のところ露出は多いんですけれども、「ハロー」も歌番組でもやり始めていたりなんかもしてますし。「ハロー」に関しては、優しい曲で好きですね。いろんな捉え方ができますよね。家族との繋がりの歌なのか、友達同士なのか恋人同士なのか・・・もしかしたらペットcatと飼い主なのか。いろんな形の心と心の繋がりを歌った曲で好きですね。なんか、優しい気持ちになれる感じ。「シャレオツ」は、本当に草彅くんのドラマ『独身貴族』の世界ですよね。あの映像が思い浮かびますね。歌詞もすごく独特ですよね。でも、この年齢で独身でいると、ちょっとわからなくもないような(笑)歌の内容だったりしますけれども。ドラマもそうですけれどもね。踊りもSMAPにすごく合ってますし。ジャケットの裏が毎回違うようになっていますし、早くコンサートで披露したいですね」

確かに、この曲を聴くと剛のドラマを思い出す(笑) そのままだもんね。この曲はペットに向けてとも捉えられるという吾郎さんはまさに「独身貴族shine」ですね(笑) もう、本当に結婚しないんじゃないかと思えてきたわ(苦笑) しかし、どのメンバーも「ライブ」という言葉を年が明けてから出すようになった。もう、決定事項なんだろう(笑) あぁ・・・貯金しないと(汗) この両A面の曲がどれだけ披露されるかも楽しみです。

| | コメント (4)

男って・・・なぁ~に?

いつもの倍の長さのSPだったのもあるけど、まぁ、リピが止まんないよね(笑) よって、即日レポを脱稿しました(爆) 「さんスマ」での不完全燃焼を、まさかこの番組で救ってもらえるとは思わなかった(笑) 今年一発目の「SMAPxSMAP新春SP」、非常に楽しめたのではないでしょうか。

本当ならLADY GAGAが来てくれたビストロもレポしておきたいところですが、あまりにも最初のコーナーが優秀だったので申し訳ないけど割愛させて頂きます。ガガパパも試食に参加してくれて、GAGAのお話もとても興味深かったです。彼女は、本当にファンを大事にしているスーパースターshineですね。日本のジャニーズはまた状況が違うとは思うけど、そこは忘れないでほしいなぁと思います。まぁ、だからSMAPはアラフォーになっても頑張ってくれているわけですが(笑)

慎吾のカニ蔵コントは、「さんスマ」での海老蔵さんとのコント共演の約束にしっかり繋がりましたね(笑) ドラマ『リーガルハイ』のパロディでリーガルパイもシンプルで面白かった。コントは本当にシンゴロばかり頑張っていますが(苦笑) 最後の蛯名健一さんの米国に通用するパフォーマンスもすごかったですが・・・今回は歌のコーナーも宝塚の皆さんとご一緒に新春らしく華やかにフィナーレで良かったんじゃないのかなぁ。「許せる?許せない?」のコーナーも中途半端な感じだったし。(ここは、最後に吾郎が天然で来週から始まる自身が出演するドラマ『福家警部補の挨拶』の番宣をさせてもらえることが、頭に浮かばなかったというのが一番インパクトがあったような。普段、番組内で宣伝させてもらうことが少ないからこうなる(苦笑)) なんか、いろんなものが詰め込みすぎで、いろいろもったいなかった気がしました。

ということで、とにかく今回は「スマ進ハイスクールschool」に萌えが集約されてていました。ここだけはしっかりレポにしておきます。

今回の「スマ進」は特別講師として、タカラジェンヌの男役トップスターの御三人。蘭寿とむさん(花組)、柚希礼音さん(星組)、凰稀かなめさん(宙組)。そして、宝塚歌劇団100周年記念として、各組あわせて100人のタカラジェンヌの方たちも観覧として参加(笑) 急にセットが開いて驚くSMAPの面々・・・知らせてなかったのねぇ(笑)

最初に、簡単に宝塚歌劇団のご紹介。宝塚はまさに地元なので、私の高校からも一人宝塚音楽学校に入学して娘役のトップで卒業した同級生がいましたが・・・彼女、今、どうしているのかなぁ。歌劇団に晴れて入団できても、そこからステージにあがるまでがまた大変なんだろう。この中でトップに立てる人って、本当に優れた人たちなんですよね。まぁ・・・ジャニーズのトップに立つのも大変なので、違う側面から考えてSMAPもものすごい人たちの集まりなのです(笑)

宝塚歌劇団の5組のうちの3組のトップスターの方たちを講師に迎え、SMAPが何をするかと言うと・・・タカラジェンヌにふさわしいSMAPのメンバーを100人のタカラジェンヌにジャッジしてもらうべく講義を受けるというもの(笑) これは、大変だ。男なのに、男の役を演じる・・・これが、案外落とし穴(爆) 逆パターンで娘役講義をしても面白かったかも。まぁ、トップスターの方たちが講師ですから、こうなるわけですが(笑) ウチの吾郎さんは、宝塚が大好き。以前、歌のコーナーで共演したときもテンションがものすごく高かったと木村くんに暴露されていましたが・・・それと、トップスターになりきるのはまた別の話。いやぁ、吾郎さん大活躍でしたね(笑)

1時限目:宝塚流ダンス

こちらは柚希先生から、直接ターンを組み込んだダンスを教えてもらいそれぞれ皆の前で披露することに。(木村くんは、足を痛めているときだったんでしょうか。ちょっとターン&ダウンはできないですよね) 中居くんの綺麗なターン。そして、が本当に流れるように綺麗に踊ってくれて、ジャニーズの面目が立った感じでしょうか(笑) 踊りにくいジーンズだったのにさすがです。吾郎さんは、もう可愛い、可愛い(笑) 剛の後に慎吾に前に押し出されて(悪魔や(笑)!)、もう一度トライするも、最後女の子座りになりながら褒美を待っているワンコdogのような姿は娘役候補ですね(爆) 吾郎がやるときは、周りのSMAPのガヤがうるさいけど優しい(笑) 弄られキャラ全開です。

2時限目:宝塚流大階段
蘭寿先生からの講義。これは、全員できるんじゃないかと思ったら、案外と難しいんですね。しかし、SMAPは階段降りてくるだけで、それぞれ個性が出る(笑) 中居くんは笑いに走っちゃってもったいない。あと衣装はもう少し考えてあげればよかったのに。木村くんは、最後のキメポーズがかっこいいので、最後ビシッ!と締まるんですよね。でも、贔屓目抜きで、大階段降りは吾郎が一番姿勢も足運びも綺麗だったと思います。最後の蘭寿先生へのアピールでオチをつける吾郎、ほんと偉いわ(笑) 「眼力がすごい」と言ってもらえてよかったね。星組の娘役のトップである夢咲ねねさんが「憂いを帯びた表情がすごく素敵・・・(笑)」と笑ってしまったため、「君、馬鹿にしていないかな(笑)」と返した吾郎とのやりとりで、どうやら夢咲さんは吾郎がツボに入ったようで(笑)、この後も吾郎が何かするたびにものすごく笑ってらした。将来、ドラマで共演する日が来るかもなぁ。お名前を覚えておこうと思います(笑)

3時限目:宝塚流演技
凰稀先生から、お手本のダンディな演技披露。宝塚の演技は、この大げさなぐらいの演技がかっこいいんですよね。それを見て、上二人は恥ずかしがって机に伏せちゃう中、吾郎が「かっこいい!かっこいい!女になってしまったheart」ときゅんきゅんのご様子。ということで、そんな吾郎から(笑) いやぁ、さすが舞台役者! かっこいいわ。ウイスキーを傾ける仕草、ちょっと斜に構えて目線をしっかり向けて照れなく王子様crown台詞が言えるのは、やっぱりSMAPの中では吾郎だと思う。でも、やっぱり最後はオチをつけるのね(笑) SMAPのガヤが最高でしたが、モタモタした後でのトレンチコートの襟を立てた姿は、思わずタカラジェンヌの皆さんも「おぉ!」と感動。いや、吾郎はトレンチコートが本当に似合う。そのあと続いた、慎吾のアドリブ力の高さに唸り、木村くんのドラマのワンシーンのような出来上がりに続いて、オリジナルを出したに、やっぱりお笑いで通した中居くん。SMAPは一筋縄ではいきません(笑)

4時限目:宝塚流大階段ダンス
再び、蘭寿先生より大階段でのダンスを披露してもらいます。これは、難しそうだ(笑) やっぱり、難なくやって最後のキメポーズまで決めたのは木村くん。最後、ほんっと~に痺れたわ。もしかと思うけど、吾郎はオチ担当?! でも、本人はいたって大真面目なんですよ。だから余計に笑いを誘うのかな。バラエティ番組としては100点満点だったよ。「ふっ!」ってキスkissmarkを投げてくれたら、ファンの私たちならときめくよね。しかし、かっこよく決めたと思ったら、キュートに照れたりと吾郎は大忙しだった。最後、「しくしくsweat02」と泣きまねする吾郎がありえないほど可愛くてどうしようかと思いました(笑)

そして・・・最優秀タカラジェンヌ賞は、木村さん。当たり前(爆)

いやぁ、SMAP全員にとても楽しませてもらいました。全力でSMAPのかっこよさを見せてくれた人。アドリブ入れてスタジオを楽しくさせた人。天然で笑いを誘い和ませた人。SMAPの仕事人の素晴らしさに拍手でしょ。ゲストを立たせつつ、メンバーそれぞれの披露にはガヤもいれながら励まして盛り上げる能力はやっぱりSMAPならではですよね。吾郎のときは、もう全員が本当に楽しそうで。ツッコミ担当の上二人。「いいよ!いいよ!」と励ます下二人。このバランスの素晴らしさ。そして、吾郎がしっかり期待通りの結果を出す(笑) 本当に笑いっぱなしでした。

あぁ、やっぱり最後は宝塚歌劇団とご一緒に、歌で締めてほしかったなぁ。次回は、娘役virgo講義で是非(笑)

| | コメント (11)

ワインとパスタと氷水

ドラマ『福家警部補の挨拶』の番宣バラエティ番組出演が続きます。今夜は「めちゃ2イケてるッ!パーフェクトイヤーだ 600回記念スペシャル」の中のシンクロナイズド・テイスティングのコーナーに、『チーム・バチスタ4』に出演の栗山千明さんとご一緒にゲスト出演。栗山さんとは、吾郎の金田一シリーズの『女王蜂』でご一緒でしたね。とっても、素敵な美男美女の並び。吾郎は女性をとてもおしとやかにさせてくれる男性ですよね(笑)

お二人で解説席に座り、まずはそれぞれのドラマ番宣を被ってコメントするというお約束(笑) 二人とも可愛い。収録が遅い時間だったので(こんなのばかり・・・)楽屋で不機嫌だった体(てい)で話す吾郎。そんなことあるはずがない。「おしてるなぁ・・・」とは思っただろうけど、バラエティトークですよね。こういうのを見て、性格悪いとか本気で思う視聴者がいるから困る。コーナー自体は、もう芸人さんの芸披露ですから(笑)特に明記するところはないのですが、「めちゃイケ」のノリはいつもアットホームでいいなぁと思いますね。吾郎も、ずっと笑ってたし。吾郎さん、やっぱり笑いの沸点が若干低いかもなぁ(笑) 芸人さんに自信を与えるアイドルだわ(爆)

とにかく、吾郎ファンとしては番組が試食時に用意してくれたワインwineをこんな場所でもクールに傾ける姿と、最後の氷水落ちですね。栗山さんと、まるで高級なレストランに来たようにグラスを合わして微笑む王子様crown 観覧に囲まれたバラエティ番組のセットで、周りから「お似合い」と言われる空気を作るのがザ・稲垣(笑) さりげなく栗山さんのほうに身体を傾けて、距離を縮めるのも慣れてるなぁと。(天然かもしれないけど(笑))

ウーマンラッシュアワーさんの、「黒いカラーコンタクトで黒目を大きく見せている」くだりで外しても変わらないのには笑いました(笑) 吾郎なんて、普通のコンタクトなのに「吾郎ちゃん、黒いカラコン入れてる?!」ってよく言われるぐらい黒目勝ちなのにね。そして、番組は最後の山場。岡村さんと藤本さんの喧嘩を止める役を振られる吾郎。

テロップ 「SMAPを氷水に落とすのは厳禁

さんざんっぱら、中居さんを落としているのにこのテロップ(笑) もちろん、この流れは台本どおり。ただ、吾郎は覚悟はしていたと思うけど、どこでどのタイミングで落とされるかはわかっていなかったと思う。立ち上がったときに、「ここで行くのかな?」って感じだったし、そして覚悟を決めたら茶番劇にすんなり入っていく吾郎が素敵(笑) 栗山さんが後ろでものすごく心配していた。SMAPって、どのメンバーも「水落ち」OKgoodなんですよ(笑) ただ、ドラマ撮影中にこの季節、この時間に氷水の中に全身入れるわけがない。吾郎がというより、それで風邪を引いたらドラマスタッフに迷惑がかかる。そこは吾郎自身も番組側もわかっていたはず。変にざっぶ~んってなるのは芸人ぐらいでしょ。腰までというのが、逆にハプニングっぽくてOKだったと思います。

きっと、思ったより冷たかったんだろうなぁって、即効で「命の湯spa」に駆け込む吾郎を見て思った。冷たすぎて、目が一重になってるし(爆) ここでの萌えポイントは、まぁ、吾郎さんの脚の長いこと、細いこと。普通に水槽をまたいで出入りができるスッとした脚に目が釘付けに。

吾郎 「なんかさ・・・マイクにカバー付いてたんだよね」

コーナーでの水落ちの締めとしては、最高のコメント(笑) やっぱり、バラエティで使える男だわ(爆) お湯から出たあとも、水槽に片手をついての稲垣ポーズheartがとっても素敵で、吾郎は大変だったとは思うけどおいしく頂きました。本当におつかれさまでした。

| | コメント (6)

「ストスマ」新春特別SP

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2014年1月2日放送分

今年初の「ストスマ」。年末最終にも年始最初の週も、お休みなく放送される喜びを得られることがありがたいですね。今回から、オープニングのテーマ曲が「Joy!!」になったところで、吾郎からの「新年あけましておめでとうございます」というご挨拶からスタート。

つぶやきメッセージ
pencil「サントリーのdropで一番のお気に入りは、ホットオレンジです。温かいオレンジジュースは敬遠していましたが、今では残業のお供として欠かせません」 日本人の感覚としてはないけど、dropに関しては僕もいいと思いましたという吾郎ですが・・・結構、全種類試してみたんでしょうかね。

noteJoy!!note

ここで、いきなり新春SP!「お正月だよ!リンリンリンtelephone!イケTELスマップ!!」という吾郎からSP企画発表が。ラジオ番組っぽい(笑) でも、言い終わったあとに、やっぱり愚痴ってしまう吾郎さん(爆) お約束ですね(笑)

吾郎 「なんですかねぇ、このタイトル。台本を読んだだけなんですけど、僕は。前もって台本読まないで読んでしまったので、読みながらなんとなく後悔してるっていう。リンリンリンぐらいからだんだん後悔し始めて、最後まで吹っ切ることができなかったっていう。これも含めて、お正月のスタッフの僕に対する罠ですね」

いや、結構と吹っ切って言い切ってましたよ(笑) 「罠」って大げさな(笑) 後ろでスタッフさんがずっと笑っています。ということで、とりあえず時間の許す限りイケTELをやってみることに。一本目は、以前もかけたことのある自他共に認める「ローラ」ちゃんですね(笑) 相変わらず、ずっとタメ口で、そして・・・パワーアップupしていた(爆) 吾郎ファンにはあまりいないタイプないので最初は驚きますが、普通に吾郎からの電話を喜んでいるし吾郎に嫌なことを言っているわけではないので、これはこれでOKではないでしょうか。このローラちゃんのお友達が以前このブログにコメントを残してくださったときに、とにかく「毎日」吾郎のイケTELにおハガキを出されていると聞きました。もう、それだけで尊敬します。

リクエストSONG noteトイレットペッパーマンnote

二本目は、うってかわって吾郎ファンらしい方(笑) 前回、吾郎がかけたときは不在でお母さまが吾郎とお話したということで、再度おハガキを出したとのこと。在宅されていて本当に良かったです。お便り採用率が高い方で、吾郎が名前を覚えていました。以前、お母さまと話したことも覚えている吾郎に、スタッフが小声で「えっ?!」と言っているのは、その方だと思わずに選んだおハガキだったんですね。話題はヤクルトスワローズbaseballの話で盛り上がっておりました(笑) 確か、お母さまとお話したときに「中学生」だと言われていましたよね?! 落ち着いているなぁ。さすが、吾郎ファン(笑)

リクエストSONG noteEverything is Coolnote

「五六二三」(吾郎文)
吾郎がCMをしている「ErucA」を使ってみての感想。pencil「広がりやすい髪なので、モイスト&リペアを使っています。泡立ちも仕上がりもいいのですが、一番気に入っているのは香りです。翌日も香っていて、まるで吾郎さんに守られている気がします。吾郎さんが安心する香りは何ですか?」 吾郎が、「僕も使っています」とサラリと言って驚いた。皆~、今、吾郎と同じ香りだよ~heart(爆) ちなみに、吾郎が安心する香りは、ハーブ系が好きなのでラベンダーとかユーカリ、フランキンセンスとかが好きなんだとか。あとは、ウッド系も好きで、サンダルウッドとかヒノキがお気に入りだそう。

「シャレオツ」について出したお便りが読まれた・・・これ、テレビ初披露のあとに送ったお便りなんですけど、まさか今頃読まれるとは思いませんでした(汗) pencil「とてもシャレオツな曲ですね。SMAPの曲は、SMAPじゃないと輝かないと思いました。ジャケットさばきは吾郎さんの十八番なので、吾郎さんに合った振り付けだと思います。これぐらいやっても大丈夫?!と思うぐらい、かっこつけて踊ってください(笑)」 なんか、最後笑われた・・・吾郎の笑いのツボがわからない(汗) 踊っている吾郎としても、ダンスは苦手だけど「シャレオツ」は意外と踊りやすいと。(ごめんなさい・・・苦手とか言わすために書いたわけではないのですが(涙)) SMAPは全員がピッタリ踊りが揃うグループではないので、バラバラな個性が味になるような振り付けだと思うとのこと。このお便りの最後に、MVのメイキングのエピソードを教えてほしいと書いておいたのですが、放送では読まれなかったけど吾郎は読めているのかな? 外人のモデルさんたちと撮影して楽しかった。デヴィ夫人の存在が大きくて、オーラに圧倒されてしまったそうです。

noteシャレオツnote

どのお便りが読まれるか、はたまたいつ出したのが読まれるのか予測不可能な「ストスマ」(笑) とにかく、なんでも出していくのが読まれる近道なのではないかと・・・もう、日記みたいに書いては出し、書いては出しがいいですよね。吾郎が、うまく話は膨らましてくれるので。ドラマが始まったら、感想はフジテレビさんと文化放送に送ってください(笑)

| | コメント (5)

モテ仕草ってホンマでっか?!

この1月からフジテレビで『福家警部補の挨拶』のドラマが始まるため、年始から吾郎はバラエティ番組での番宣出演が続くことになりますが・・・一発目は、「ホンマでっか!?TV 新春4時間超え!冬の新番組豪華出演者大襲来SP」に参加。いやぁ、長い番組でしたが「さんスマ」より面白かったですねぇ(笑) 

とにかく、1月から始まるフジテレビの連ドラには男前の男優さんが勢揃いということがわかった。加えて、天然でバラエティ向きの人が多かったのも楽しかった原因でしょうか(笑) さんまさんだけでなく、ブラックマヨネーズのお二人が良い仕事していましたよね。もっと、男優さんだけでの絡みがあったら嬉しかったんだけど。檀さんがアドリブで演じるのが非常にうまい方だというのはわかった。さすが宝塚出身で照れがないわ(笑)

吾郎は、ここでも自分のポジションをわかっていましたね(笑) ただ、「お試しかっ!」ほど作っていなかったので楽しめたところが多かった。やっぱり、吾郎の素のままを出すだけで面白いんだから、それでいいと思います。変にキャラ作らないほうがいいですよね。長い番組だったので、吾郎が活躍したところだけピックアップしてレポにしておきます。

イケてる男診断
Q1 女性を口説くときはどちらを使う? 
はい」の札:「世界で一番君を愛してる」 「いいえ」の札:「君といるときが一番落ち着く」
吾郎選択:「いいえ
思わず、さんまさんから突っ込まれる吾郎ですが、そうだよねぇ・・・パブリックイメージでは「はい」なんだろうけど、実際にこんなこと言う日本人男性は少ないと思う。斎藤さんの見解は正しい。(余談ですが、斎藤さんの番組『映画工房』では、吾郎の『十三人の刺客』の殿役をすごく褒めてくださっていました。吾郎もこういう映画番組でレビューしてほしい)
診断:「いいえ」を選んだ人のほうが、女心がわかっているイケてる男

Q2 2つ以上の趣味がある?
はい」:ある 「いいえ」:ない
吾郎選択:「はい」
吾郎は、ゴルフと料理をあげていましたけど、まぁ、多趣味ですよねぇ。博識だし。
診断:趣味を持っていない男のほうが、同時にいろんなことができないので女性に捨てられない。
えぇ?!そうかなぁ。無趣味の男性なんてまったく興味が沸かないけど。これ、「いいえ」だったのが中村トオルさんだけだったので、あぁ、渋いかも・・・って思う「男前マジック」じゃないの(笑)? 案外と趣味がない男性って、逆になんでも無難にできて器用な人が多い気がするんだけど。

Q3 トイレで用をたすときに、隣に人がいると気になる
はい」:気になる 「いいえ」:気にならない
吾郎選択:「はい」
ポイントゲットのために「いいえ」を選ぼうとして、さんまさんにNGを出される吾郎(笑) 実際は、SMAPのメンバーでも隣に来たら緊張するとか。中居くんが以前、冗談交じりで「トイレに向かって吾郎が先にいたら引き返した」と言っていたけど、そういう意味なんでしょうね(笑) こればかりは、男性にならないとわからないんだけど・・・普通は気になるもんなんじゃないかと。
診断:「はい」を選んだ人が人付き合いがうまくできる人。パーソナルスペースが狭いことで起こる緊張感で関係性を対処できるというのが理由らしいけど・・・吾郎って、木村くんとのパーソナルスペースはまったく気にしないですよね(笑) 

Q5 木の絵を描いてください
吾郎の絵:フリップに小さくこんもりとした木(枝がない)
診断:太い幹に枝が左右に大きく広がり葉が茂っている絵を描くほうが健康的な人
絵で診断というより、絵を描くのが苦手な吾郎はやっぱり簡略化しちゃうよねぇ。先生は根本的なことがわかるからいいとは言われていたけど、やっぱり苦手な人って細かいところは描かないもの。吾郎の言いたいことはわかる。しかし・・・斎藤さんの真っ黒い枯れ木はいろんな意味でヤバい(笑)

女性を落とすモテ仕草
重田先生のモテ仕草を見て、同じように演じてもらうという「罰ゲーム」 (by 坂口さん)のコーナー(笑)

第5位 大きい荷物を持つときは背負い持ち
見事にキメたのは三浦くん。お茶目でグダグダになったのが坂口さん。いやぁ、坂口さんってこういう感じの方だったんだ。好感度が逆に増したわ(笑) 吾郎、そっと「かっこいい」って呟いて大ウケしてる(笑)

第4位 マフラーはダイナミックにカウボーイのように巻く
これ、重田先生、どれだけ練習したの?!って話ですよね(爆) 吾郎も斎藤さんも大変なことに(笑) 吾郎はミラクルで「真知子巻き」(むちゃくちゃ可愛いheart)、斎藤さんはミイラみたいになって大爆笑。吾郎だけができない流れじゃなくて助かったわぁ(笑)

第3位 行列に並んでいるときは伸び囲い
三浦くんの独壇場(笑) 若い子はうまいよねぇ、こういうの。

第2位 高い所の物は、もう一度彼女に取らせる
斎藤さん、かっこいい(笑) 確かに、この人は声がいい。背は高いし、人選バッチリでしたね。これを見ていた吾郎のリアクションが、観覧の方の女子たちと同じ(笑) わかるわぁ・・・木村さんっぽかったもんね(爆) 坂口さんは、やっぱりお茶目(笑)

第1位 エレベーターの人混みは回転ガード
三浦くんは、なんでも無難にできる子なのねぇ。門倉先生(笑)(笑)(笑) そして・・・うちの吾郎がやってくれた(笑) 壁ドンっheart02 どこまでも、お笑いも忘れないのにドキッとしたよね。いいなぁ、重田先生。

器の大きい人診断
Q1 自分はどちらのタイプ?
はい」:明るくよくしゃべる 「いいえ」:物静かでおとなしい
吾郎選択:「はい」
どちらも持っていると悩む吾郎に、さんまさんが「吾郎ちゃんの世間のイメージは物静かやろぉ」と言われつつも、やはりおしゃべり好きというほうを選ぶ。(ここでも「ヒロくん」が(笑))
診断:「いいえ」を選んだ人が正義感のある人
吾郎 「なんで、おしゃべりに思われたかったんでしょうね(笑)
さんまさんの言うように「いいえ」を選べばよかったと後悔する吾郎(笑) 確かに、どちらともいえるよねぇ。人が多い中ではおとなしくなるんじゃないのかなぁ。SMAPの中とかね(笑)

Q2 占いなどを信じるタイプ?
はい」:信じる 「いいえ」:信じない
吾郎選択:「はい」
この間の「ストスマ」での心理テストなどからも、吾郎は信じないほうだと思ったら・・・まさかの信じるだった。占いによると吾郎が言っていたけど、「ほん怖」での下先生からとか、三輪明宏さんからのお話に限ってのことなんでしょうかね。佐々木さん・・・やっぱり、「明るくよくしゃべる」ほうだよ(爆)
診断:信じる人のほうが、経験のないものを一旦受け止める能力があるということで器の大きい人

Q3 何かこだわりはありますか?
はい」:ある 「いいえ」:ない
吾郎選択:「はい」
ワインと答えるかと思ったら、「外出前には必ずベッドメイキングをしないと気がすまない」という初めて聞いた話だった(笑) こだわりって、そういうことなのね。
診断:あると答えた人が、理屈で考え、相手を意識せずに受け入れる正直で器の大きい人

Q4 豚の全身像を描いてください
吾郎の絵:左向きの豚
診断:左向きに描く人は、過去に対する関心が強く、家族や友人に器が大きい人
また、絵からの診断・・・そして、吾郎以外誰もがうまい!なんで?!豚ってこんなにうまく描けるもんなの? 今回の吾郎の豚の絵は、実はそれほど「画伯」ではないんですよね。ちょっと豚には見えにくいけど、いつもの絵より断然マシ(爆) でも、つっこまれて「あははは」とずっと笑っている可愛い吾郎を見れたから満足。でも、普通に動物描くときって、左向きに描きますよね(笑)?

結局、番組対抗としては同点の3チームが最後に「じゃんけん」で決めるというオーソドックスな決め方に(笑) 「福家」チーム、豪華ケータリングを獲得できなくて残念でした。ドラマは、1月14日(火)スタートです。初回放送が楽しみですね。

| | コメント (7)

新年初ライブ番組

改めまして・・・

あけましておめでとうございますfuji
今年もSMAP年になるよう、どうぞよろしくお願い致します。

毎年、「紅白」が終わったあとにバイクですっ飛ばしてMCに向かう中居くんが見れたのですが、今年から「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ」のMCは降りたみたいですね。確かに、厳しいと思う。それでなくてもSMAPは毎年「紅白」はトリという順番だったので、即効で一人で辞してTBSに向かい朝の5時までのMCは地獄の一丁目ですよね(笑) もう、他の方にお任せして間違いないと思います。それなら、中居くんが今後「紅白」の司会もできるし。

ということでゆっくり「CDTV」のほうには出演できるということになるのですが・・・今年は裏番組で慎吾司会のジャニーズコント番組(笑)が放送されていたので、SMAPは事前にライブ収録という出演となりました。この慎吾の番組には吾郎も参加という意味がよくわからなかったのですが(笑)、番組自体はとても面白かったですね。吾郎はひとつのコントにちょっとサポートで出演、あとはコントのナレーションを真面目に語るという贅沢な使われ方(笑) この番組、毎月一度のレギュラー放送になるみたいですが、毎回吾郎さんがナレーションをするんでしょうか?! それとも、他のメンバーもサポートしたりするのかなぁ。「スマスマ」も、コントはずっとシンゴロ頼みで・・・吾郎さん、今結構と忙しいのに大変だな(苦笑)

話が逸れましたが(笑)、「CDTV」ですね。こちらのオープニングもシルエットのSMAP5人で幕が落ちてどーんと登場(笑) 順番にツボ出しておきます。衣装は全員お揃いの黒のスリーピースでジャケットはロング丈。ベストはビロードのワインカラー。

noteシャレオツnote
この曲にこの衣装はとっても合う。SMAPが華麗に踊るたびに、薄い生地のジャケットの裾がヒラヒラしてとってもかっこいい。そうそう、「紅白」でも身に付けていましたが・・・吾郎が右手にシルバー(プラチナかホワイトゴールドか・・・)のブレスレットに蒼い石の入ったリングをしているんですよねぇ。久し振りのリングですが新作ですかね(笑) 吾郎の細い指にとても似合っている。大サビのキメポーズは、木村さんの「A HAPPY NEW YEAR!」に会場ぎゃーheart04!当然です(爆) 

noteハローnote
ライブ形式では初披露です。やっぱり、この曲いいなぁ。選曲してくれて嬉しかった。Aメロが最初息継ぎするまでが長いので、ライブでガンガン踊ったあとには入れ込めない曲ですよね(笑) 柔らかいソフトなエンジェルボイスの吾郎からの、男らしい優しい木村くんの声の流れがとっても好き。二番のBメロを歌い終わったあとの吾郎のじっと客席を見る目がにこっからキッ!ってなるところが素敵(爆) いや、実際笑顔からこんな厳しい表情になられたら凹むかもしれないんだけど・・・セクシーなんで(笑)

そして、ここでMC。中居くんが給水をしている間に(笑)、全員でうまくトークを回します。給水を終えた中居くんは、さっそく剛弄りに入ったけど・・・今回の流れは珍しく中居弄りになりました(笑) 歌詞をいまさら確認する→全員で中居くんを責める→振られた木村さんも最終的には「意味わかんねー(笑)」 久し振りに上二人の掛け合いのうまいオチで、慎吾がフォローに回るのがいい流れでした(爆)

noteMomentnote
この曲も吾郎の歌い出し、しっかり生歌です。素敵でしたね。久し振りにフルで聴いたけど、中居くんのサビ前を聴くといつも吾郎の物まねが頭に浮かんでしまってすみません(笑) だって、吾郎、中居くんの歌真似うまいんだもん(笑) 振り付けが前屈みになるのが多くて、そのたびに吾郎の前髪がハラリと目に落ちてくるのを楽しませてもらいました。移動するたびに、ジャケットをバサッとする吾郎さん健在(笑)! 王子様crown度が高い曲でしたね。

これで、とりあえず年末年始の音楽番組出演は終了でしょうか。結局、「Joy!!」のカップリング曲「掌の世界」って、まったくテレビで披露してもらえなかったのが心残りになってしまいましたが・・・今年のライブでは入れ込んできてくれるでしょうね。楽しみです。

| | コメント (6)

SMAPがここにある

日本の年末はやっぱり「紅白歌合戦」ですよね(笑) 今年のSMAPさんたちは、北島三郎さんの紅白引退を盛り上げるべく繋げる役割でした。まぁ、ある意味白組のトリですね。北島さんは、今年の紅白の大トリなので(笑) まぁ、毎年いろんなところに引っ張り出されるSMAPさんたちですが、今年も急に出てきたりで大慌てでテレビの前に戻ったファンの方も多かったのではないかと(笑) 

お揃いの綺麗なブルーのスーツを纏ったSMAPさんたちは、地デジ副音声サポートとして登場する木村くんと。司会のサポートとして出演する中居くんと吾郎。そして、ナレーション込みの歌紹介として慎吾が一緒に。・・・結構、出てますね。SMAPの歌出場とは別に、合計五回ですもんね(笑) (あとは、主演者全員での歌のコーナーですね) 吾郎さんの良い感じで力の抜けた進行サポートは、案外と安定感がある。きっと、カンペを読んでいる感じがまったくないからだと思うんだけど、吾郎ってアドリブも入れて結構と肝が据わってますよね(爆) 

そして、SMAPの歌はnoteMistakeからJoy!note! いや、良かったんじゃないでしょうか。華やかなステージに「Mistake」は合うし、最後盛り上げるのに「Joy!!」はうってつけですもんね。しかし、なんでこの人たちはこんなに後光shineが似合うんだろう。影のシルエットだけで、ものすごいオーラ。後ろの眩い光に負けてないですからね。もう、出てきた瞬間にゾクゾクします。SMAPは、やっぱりかっこいい!

前に慎吾、後ろに木村くんをセンターに中居くんと吾郎。全員が一歩ずつゆっくり大階段を下りてくるのがかっこいいこと(笑) 途中で止まってキメポーズ。たまんないです(笑) 吾郎は、木村くんの肩に手をそっと・・・なんで、吾郎は肩に手を置く仕草だけでこんなにかっこいいのよ(爆) 衣装はそれぞれがチェックのメンバーカラー・・・じゃなくてビストロカラー(苦笑)で、デザインも少しずつ違います。正直、派手な色使いでもデザインでもないのに、着る人によってこんなに華があるものになるんですね。演出は、MV同様に赤い羽根。これも、とっても素敵でした。

「Joy!!」が始まると、会場が一変して明るいムードに。SMAPも全員笑顔に変わります。吾郎の笑顔が可愛くて、可愛くて。最初の振りで、5人が順番に手を横に出していくときの慎吾の「よしっ!」っていう感じで出すのが好き(笑) 全員で一緒に「Joy! Joy!」は本当にどこでやっても楽しそう。とにかく、頭から最後まで吾郎の笑顔が可愛かった。これに尽きます(笑)


今年は、稲垣吾郎のファンとして本当にたくさんの役者のお仕事を見させてもらい、とても充実していた良い年だったと思います。同時期に三役を演じ分けて毎日台本の台詞とにらめっこしていた吾郎は大変だったかもしれないけど、やっぱり役者の仕事をしている吾郎が一番好きかもしれない。来年も、いろんな役にチャレンジしていってほしい。

この一年、こちらのサイトを見に来てくださった皆様に感謝を。来年もできる限り、吾郎さん、そしてSMAPを追い続けていきたいと思います。どうぞ、良いお年を。そして、来年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (12)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »