« 5人のマエストロ | トップページ | 人それぞれのマイブーム »

福家警部補の挨拶 3

第三話 『プロジェクトブルー

いやぁ、実に今回面白かった。正直、急に出来が良くなったので驚きました(笑) 何が一番前回までと違ったかと言うと、最後に証拠をつきつけるまでの流れが自然で、そして納得ができサプライズだった。やはり、推理物である以上、しっかりした原作があるとは言え映像としての利点を存分にここまで使ってほしいですね。そして、オタク心理に共感した(爆)

そして、もうひとつ良かったのは犯人新井役を演じた北村有起哉さんが、本当に素晴らしかった。実は、申し訳ないことに今回のご出演で初めて存じ上げた次第なのですが、殺人を犯した罪を認めるまでの焦りと諦めと、そしてこよなく愛する自分の子供のようなフィギュアへの愛情を非常にうまく演じられていたと思います。やはり、このドラマは犯人役の人にかかっていると言っても過言ではないかも(笑) もう、吾郎も犯人役としての出演で思う存分演じているところを見せてもらったほうが良かったかもしれない。


とは言え、今回の吾郎演じる石松警部もそれはそれは素敵でした(笑) 今回もちょっとした時間の出演となるため(苦笑)、そこはツボを出しておきます。
・ 石松警部のひと言は、実に面白い(笑) 渋い低い声で結構とお茶目なことを言う人なんだなと(笑) 初回での被疑者死亡においての「つまらないですね」に続き、今回被害者の死体を見て「なんともシュールな死体だね」と・・・あなたさまのほうが、よっぽどシュールでございますぅ(笑) というか、報告していた部下が、それに「うすっ!」と応えるという見事なまでの体育会系。なのに、上司の警部さまはとてもスタイリッシュheart
・ 福家に対して、「現場に呼んだ覚えはない」と言いながら、案外と好きなようにさせる警部さま。結構と懐が広い人とお見受けしました(笑)
・ 「福家くん。その派手なメイクなんとかしてください」 そして、意外とお茶目さん(笑)
・ 警部自ら事情聴取(笑) この辺は、もう吾郎ファンへのサービスでしょ(笑)
・ 男性トイレにまで追っかけてくる福家(笑) ここもトイレである必要はないのでサービスカットです(爆)
・ なんとか警部に理解してもらおうとうまく言う福家に、ひと言「ふんっ」(笑) 素敵すぎ(笑)

今回は、なんとなく吾郎をどうにかして出してくれようとした苦労が伺える(笑) でも・・・ちょっととってつけたようなところもあり、吾郎萌えとは別に違和感を感じてしまったところもあります。正直、ストーリーがうまくできているので、無理に入れ込まないほうがいいかもしれない。吾郎ファンをやっていて、ドラマで出演時間が少なくてもいいなんて言ってしまったドラマは初めてですよ(苦笑) 理由は、ストーリーが面白くなってきているから。これで脚本が破綻していたら、もうどうでもいいから吾郎を出して!と叫んでます(笑) 

ただし! これでは納得できないのは変わらない。この作品とは別にリベンジをお願いしたい。もう、今回は番宣頑張って初回の数字もきっと貢献しただろうと思う。SMAPファンの中でも「吾郎ちゃんが出てるから・・・」と見てくださっている他メンファンの方もいらっしゃる(笑) なので、これはこれでお仕事を全うし、吾郎が楽しく演じてくれればそれでいいです。次回は、吾郎ならではの役を回してきてほしいですね。

|

« 5人のマエストロ | トップページ | 人それぞれのマイブーム »

コメント

kazuyoさん、こんにちは
北村さんもよかったし、セットや小物もこだわっていて面白かったです。音楽もシックな映像も好み。
ただ、福家さんがどうしても好きになれなくて。それがこの作品にはまれない理由かなあ。クールな奥に愛嬌とか可愛げが見えなくて。
檀さんの気品とミスマッチかなあ。
警部と二岡君、田所さんは好きですけどね。

今作に関しては吾郎さんの活躍は諦めました(^^;;
私は良い役者だと思うし、あの辛口のコラムニスト今井舞ですら文春で「抑えた演技がいい」と褒めるくらいだから、きっと良い巡り合わせがあると信じて次を待ちます。

投稿: yurara | 2014/01/29 18:52

kazuyoさん、こんばんは。第三話の今回とても良かったですsign03「こんなんで追い詰められるの?」ってのが全くありませんでしたねgood犯人役の北村さんも、自分の愛するフィギュアを最後やはり燃やせずにいるところなんか、ホントに「愛」を感じるシーンでした。このシーン最初、福家がフィギュアを取ろうとするんですが、新井に先に取られてしまうところ、あそこ殴られるんじゃないかと少しヒヤッとしましたcoldsweats02でも何もなくて良かったです(笑)その時、石松警部がサッと駆けてきてる感じがしたんですが、やっぱりなんだかんだ言っても部下想いの一面が見れてどこかでは、心配なんだなとますます石松警部好きになりましたheart04まぁ、吾郎ちゃんが演じてるからってのもありますが(笑)そういえば、最後に福家が「愛です」って言うところ「TAKEFIVE」の帆村教授を思い出しましたhappy01櫂くんがそばにいるからさらにってドラマが違うsign03happy02なんかなつかしかったですhappy01櫂くんだったらなんて言ってたんだろう?同じ警察官だし、石松警部と会わせたいhappy02小柄な福家が背の高い石松警部にチョコチョコとついてきながら(男子トイレに普通に潜入(笑)話してるのも可愛かったし、きっとトイレ我慢してただろうに、それでも冷静な石松警部殿(笑)トイレから出たら、居るはずのない女子が居てびっくりの田所さん(笑)このシーン凄く面白かったです。田所さんとは、取調べ室でも息のあったナイスコンビで、田所さんがトイレに行きたくなったら石松警部まで行きたくなるんですね(笑)なんなら、一緒に行けばいいのに(笑)仲良いなhappy02あまりにも自分の意見認めてくれないと思った福家が、石松警部に半ば脅しめいたことを言ったあと(笑)「やれやれcoldsweats01」みたいな表情がなんか優しくて、どこかでは福家のことを認めてるんじゃないかなと思いました。毎回思うんですが、エンディングもかっこいいけど、オープニングの壇さんもかっこいいなと思って見てますshine特にカメラをとって写真を見せるポーズをするところかっこいいなぁって(笑)来週は、福家さん酔っ払うのかな?(笑)「私は、酔っ払いは嫌い」って石松警部が言ってたけど、どんなシーンなのか楽しみですhappy01でも石松警部の酔ってるところもみたいhappy01来週も楽しみでわくわくしてきましたhappy01クールビューティーな石松警部に会えるだけで楽しみですsign03heart04もちろん、私も、今後の展開にも期待していたいと思いますsign03

投稿: さおり | 2014/01/29 21:41

bagyuraraさん
ドラマ全体は、悪くないですよね。脚本も演出も悪くない。ゲストの役者さんの演技も素晴らしいです。そうなると・・・申し訳ないけど、やはり主役キャラが見ている人に嵌らないんだろうということになります。檀さんは、いままでにないキャラを演じられているので今後少しずつでも自分のものにされていくと思います。初回より断然、キャラとして面白いものになってきているので。石松警部とのやりとりの呼吸もよくなってきましたよね。吾郎に関しては、このぐらいの出番でキャラ立ちがどうとか、演技がどうとか世間に言われても知らんわって感じです(爆) それだけ見た人に印象が残っているということなので、もう吾郎の凄さとしかいいようがない。主役を食わないように抑えているのも見てとれるし。だけど、存在感は消せないですもんね(苦笑) もう、最後までずっとこんな感じなんでしょうねぇ。ドラマの出来とは別に複雑です。


bagさおりさん
第3話、面白かったですよね。もちろん、少しは「あれ?」って思うところもあったのは否めませんが、いままでよりは断然すんなりと最後まで見ることができました。題材も良かったのかな。石松警部は、吾郎いわく「福家にとって目の上のたんこぶ」ということですが、あまりそういう感じではないですよね。勝手に単独捜査をしては管轄外にしゃしゃり出てくる部下をたしなめているだけで、いたって普通にデキる上司としか見えません(笑) ここをもう少し脚色したかったのなら、初回の延長のときにしっかり出しておくべきでしたね。そうでないと、もう通常放送の時間内では入れ込むのは難しいと思うので。そう・・・ここを見せてくれなかったから、初回で「これ、吾郎じゃなくてよかったよね?」という大きな疑問にぶち当たってしまったんです。吾郎なら、何か秘めているものを持っている上司じゃないかと、視聴者が普通に期待してしまうので。それがなかったのもあり、「なんだ、別に何もないんだ」と面白みが薄れ視聴者離れにも繋がったのではないかと。なんせ、番宣で吾郎がガンガン頑張ってくれていたので、そりゃあ見ていた人たちは何か重要な役回りを吾郎が演じると期待しますよね(苦笑) 番宣がどれも面白かったので、フジテレビさんには感謝ですが・・・ちょっと、それだけのためだったのなら物申ししたいことが山ほどあります。ドラマは面白くなってきたので、そこに不満はないです。この調子で頑張ってほしいし。ただ、やはり吾郎が出演するからと見始めた視聴者の一人として、そこはちゃんと制作側には声として伝えておきたいと思います。少ない出演時間で、吾郎がどれだけ魅力ある警部を演じてくれるか楽しみですね。これだけは、最後までしっかり楽しみませてもらいます(笑)

投稿: kazuyo | 2014/01/30 06:03

第3話、Kazuyoさんがおっしゃるように面白かったです。一話完結なのでゲストの俳優さんが人気ではなくお芝居の上手な俳優さんで拝見できるのはドラマを拝見していて楽しいです。私は案外皆さんより評価ライン低いのかもしれませんが楽に拝見させて頂いてます(笑)吾郎ちゃんの石松警部も出演時間短いですが本当に出てくるだけで気になってしまいますね。クールで落ち着いているのになぜかお茶目で可愛く見える不思議なキャラな警部。福家さんとのトイレシーンは笑い所で良いのでしょうか?二人とも真面目な演技なのに笑ってしまう(笑)。吾郎ちゃんの出番はこれ以上ないかもしれませんが(警部が犯人にされてしまうなら多くなるかも)楽しく拝見しようと思います(ビジュ最高の警部なので全身拝見できると尚楽しみです((笑))

投稿: ピカチュウ | 2014/02/02 19:03

bagピカチュウさん
ドラマとしては、皆さん結構と楽しまれている方が多いのではないでしょうか。ただ、石松警部として出演している吾郎の役どころに疑問を持っているファンの方は多いと思いますが(笑) いろいろ仕方ないのかなぁとは思うし、「ストスマ」でも吾郎はファンからドラマの感想は聞いてみたい感じだったので、出てくるもので楽しませてもらうのがいいのではないかと思います。なかなか、演じるのも難しいぐらい出演時間はそうないので、吾郎が想像しながら演じているように、見ているほうもいろいろ想像しながら見ると楽しいかもしれませんね(笑) ヴィジュは文句ないので、そこは毎回楽しませてもらおうと思います。

投稿: kazuyo | 2014/02/03 08:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5人のマエストロ | トップページ | 人それぞれのマイブーム »