« 福家警部補の挨拶 6 | トップページ | 木村ファンには負けない! »

芸人という名の料理人

急遽、放送内容が変更になった今夜の「ゴロウ・デラックス」。オリンピックの影響で遅い時間帯になるからなのかわからないですが、また少し変則的な「ゴロデラ」になっていて面白かったですね。

楽屋で吾郎と小島さんが、「今日、お弁当置いてなかったよね?」と話していると親太朗くんが、「スタジオでなんか変な人が料理しているんですけど」と呼びに来るという茶番劇(笑)からのスタート。

吾郎 「僕の友達のおじさんのヒロくんかなぁ」

いったい、どれだけこのネタで引っ張るんですか、吾郎さん(爆) いえ、本当に仲の良いおじさまがいらっしゃるのは知っていますが。そこで、スタジオに向かった先で待っていたのは・・・芸人さん?!

第百十三回課題図書 『ロバート馬場ちゃんの毎日毎日おいしい本』 馬場裕之(ロバート)著

Photo 2011年、キングオブコント優勝の若手実力派として大活躍の三人組ロバートの一人、馬場裕之さん。しかし、芸人としての腕前よりも料理の腕前がプロ級として大注目。そんな才能を開花し、このたび本格的なレシピ本として出された一冊。ユズこしょうやラー油など、調味料も一から全て手作りするというほどのこだわり。

ネタは一切作ったことがない馬場さんが、ロバートとしては初の出版物を出したのがこのレシピ本。今回は、「ゴロデラ」では芸人ではなく料理人としてオファーがあり、自宅から調理器具から材料まで自分で持ってこられたという・・・これは、もう芸人ではない!には笑いました(笑) この番組で料理をするということで、「ゴロウ・デラックス スペシャルメニューshine」を考えてきてくれた馬場さん。お品書きも手書きで、かわいい読みやすい字。これは、吾郎さんより女子力が高そうだ(笑)

おしながき
1. 自家製ぬか漬け
2. 北九州の郷土料理
3. 料理を始めるきっかけになった一品
4. 今田耕司さん大絶賛の鍋

料理の前に食前酒として、これまた馬場さんが自分で作った「芋焼酎で漬けた梅酒」。4年ものだそうですが、ものすごくおいしいらしい。確かに、焼酎のお湯割りに梅干を入れるので合わないことはないですよね。これは、試して作ってみたいなぁ。「馬場ちゃん、すげぇ~!」と吾郎が大絶賛の中、レシピ本に書かれているちょっとしたイラスト付きのつぶやきを吾郎と小島さんで朗読。

とにかく、なんでも自家製にこだわる馬場さん。お漬物も当然、ぬか床を持っていて芸人のお仕事として地方に行くときにも一旦東京に戻ってぬか床をかき回しに帰ったというからすごいです。吾郎の友達のヒロくんは、ベーコンも自分で作ると話したら、馬場さんも同じだった(笑) あと、こだわりとしては、材料と調味料の産地を合わせることなのだとか。

地元北九州、福岡の郷土料理は、子供の頃から食べていたという「イワシのぬか炊き」。ここでのこだわりは、ぬかはご自慢のぬか床からと、砂糖は精製していない「きび糖」を使うのがいいのだとか。いろんなところにこだわりがあるんですね。もともと料理を始めたのは、芸人として売れていないときに自分で作ったほうが安上がりになるということで始めたそうですが・・・ここまでくると、本業以上に時間をかけている模様(爆) 初めて作ったものは「イカの塩辛」。実際にどう作るか見せてくれましたが、これは吾郎も家でやってみるんじゃないでしょうかね。

鍋は水炊きで、鶏がらスープ3時間煮込みもの。これが、実においしいらしい。吾郎も小島さんも「おいしい!お店以上!」と大絶賛。鍋のタレも、市販で売っているものではなくて、手作り。これは、本当に贅沢。料理が趣味って楽しいだろうなぁ。周りの人も幸せにできるし。この鍋の締めが、稲庭うどんに長芋とろろをかけたものに、手作りの台湾風タレをかけて。馬場さんが、美味しい!と連呼するお二人を見てとても嬉しそうなのがいいですね。

料理だけでなく、最後にそれぞれ三人に手作りのアロマスプレーのお土産まで持ってきてくれる馬場さん。それも、事前にリサーチしてそれぞれが好きな香りを調合してきてくれたとのこと。吾郎には、ラベンダーが入ったもの。小島さんはベルガモット。(親太朗くんは、なんだったのかなぁ) 吾郎が手首に試してみて、たいそうお気に入り。

料理にアロマ・・・これは、馬場さんと吾郎は話が合いそう。案外、連絡先をこの収録の後に交換したかもね(笑)

|

« 福家警部補の挨拶 6 | トップページ | 木村ファンには負けない! »

コメント

Kazuyoさま

以前、他局の番組で馬場さんの料理は見たことがあり、今回は吾郎がどういう反応を示すか楽しみだったので頑張ってリアルタイムで見ました。馬場さんの拘りが凄いですよね。確か梅干もお味噌も他の調味料も自家製だったような気がします。やはり料理は時間をかけて手を抜かずにやらないと駄目なんでしょうね。見ていて感心すると共に反省しました。

吾郎と馬場さんは話が合いそうですね。鍋の出汁に感激する吾郎と小島さんを見ていて出汁だけでも頑張ってとってみようかなと思いました。いやぁ~ 毎回なにかしら習得できる番組!これからも楽しみです。

投稿: さやか | 2014/02/21 15:06

kazuyoさん、馬場さんの料理美味しそうで深夜に見ると危険ですよねぇ(笑)。男のストレス解消になるらしいです、料理はsmile。最近、夫も料理に凝り出し、餃子、ラーメン(スープ、煮卵、チャーシューも手作り)蕎麦、うどんは良く休日に作ってくれます。仲良くなったラーメン店主からレシピ教えて貰って作ってくれる煮卵は、2日間味を馴染ませるのですが、黄身がオレンジ色のゼリー状で絶品ですhappy01ただ男の人は、食材に凝り過ぎて、使いきれないのに高価な塩、昆布、鰹節を買い揃えて困ってます(苦笑)。馬場さんは、毎日作るから使い切るのでしょうね。最近の「めんつゆ」って充分美味しいじゃないですか。以前は、昆布と鰹節で出汁を取り、醤油とザラメを沸騰させないようにして膜で旨味を閉じ込め両方が同じ温度に冷めてから混ぜて蕎麦つゆを作ってた時期もありました(遠い目・・)それにしても吾郎ちゃん美味しそうに食べてましたね。レシピ教えて貰ったのかな?

投稿: ルナ | 2014/02/21 20:32

kazuyoさん、こんばんは。今回の「ゴロデラ」は美味しそうな時間でしたねsign03deliciousロバートの馬場ちゃん料理好きで上手いなんて初めて知って驚きました(笑)ホントにプロ級ですよねsign03ホントに料理が好きなんだぁ~と思ったのは、何もかも自家製にこだわるところ。みんなの笑顔がみたいって言うのも納得ですhappy01私なんて女なのに全く料理できなくて、「料理の得意な男性と結婚するsign03」って言ったら親に呆れ顔されたくらいですcoldsweats01(笑)調理器具も局のを使わないで、自前ってのも「おもてなし」の精神を感じさせました。焼酎で漬けた梅酒って飲んだことないので、試してみたいですよねhappy01あと地元、福岡の「イワシのぬか炊き」も美味しそうで、実は、私、水炊き食べたことないんです、なので食べてみたくなりました。シメの稲庭うどんに長芋とろろをかけて食べるのも凝ってますよね。食べてる時、目をつぶってよく味わってる吾郎ちゃんが印象に残ってて、作ってる側から見ると、すごく嬉しいことですよねshine作りがいがあると思いますhappy02馬場ちゃんの本買ってこようかな(笑)最後にアロマのお土産をちゃんと持ってきてくれてるところもステキでしたね(笑)三人で匂いを確かめあってるところ、お試しコーナーの高校生みたいhappy02馬場ちゃんと吾郎ちゃん絶対あうと思いますsign03二人とも、料理もアロマも好きでお互いどんなアロマの匂いがいいかとか、料理にしても、「これ試してみてくださいsign03」とかできるし、いいお友達になれますよsign03(笑)もともと、ロバートも馬場ちゃんも好きだったのが、馬場ちゃんの好感度、upした時間でした(笑)

投稿: さおり | 2014/02/21 21:45

riceballさやかさん
馬場さんは、料理上手として結構と他の番組にも出演されているんですね。確かに、これだけプロ並みにこだわっていたらピックアップしたくなる人材ですよねぇ(笑) お人柄が顔に出ている方で、とっても好印象ですよね。ネガなことも笑いに変換して、みんなが幸せになるお料理を作ることを楽しみにされいてるなんて、とってもいい趣味だと思います。こういうのを見ていると、凝った料理をしてみたくなるんですけどね。時間がないと言い訳をしてしまううちは、きっと一生できないんでしょうね(爆) 吾郎と馬場さんは、一緒に話をしたら静かに盛り上がると思います。馬場さんって、お花もお好きでしょうか。なんとなく、食事のテーブルのプレゼンテーションも気を遣ってそうで。この二人が食事のホストなら、気持ちよくお食事ができそうです(笑)


riceballルナさん
まさか本を紹介する番組でお腹が空くとは思いませんよね(笑) しかし、こってりしたものではなく、あっさりした和食ばかりでこれは飽きが来なくて美味しく最後までコースで食べれそうですよね。それも、材料も調味料も手作りとなると、一度食べてみたいです。レシピ本買いたくなったもの。「ゴロデラ」うまいわぁ(笑) やっぱり、美味しいものを食べようと思ったら、ある程度は手間と時間をかけないといけないですよね。ここまでこだわらなくても、見ていてそう思いました。男性の料理は、そうそう、たまにしか作らないから材料費がかかる。そりゃあ、これだけ良いのを使ったら美味しいに決まっていると言いたくなるほど。そして、後片付けをしない(笑) 面倒くさいのは全部こっちか~いと言いたくなる・・・と、よく友人たちから聞きます。というのは、うちはハズが毎日作る側なので(笑) ま、こんな凝ったものは作ってくれないですが、食を採るという基本的なものは満たされます(爆)


riceballさおりさん
料理好きな男性って、結構多いですよね。吾郎にしても馬場さんにしても、毎日ちゃんと作る男性がどのぐらいいるのかわかりませんが。料理をすることよりも、自分の作った料理を「おいしい!」と言ってくれるその笑顔を見るのが何より一番幸せだという馬場さん。いい料理人というのは、きっとこの考えを持っている人が多いんだろうと思います。料理は「できない」ではなくて、「やらない」からできないなんですよね(笑) 始めてみたら、案外すごく好きになって美味しい料理が作れるようになるかもしれませんよ~。「水炊き」を食べたことがないには驚きましたが、南の大地(笑)では鍋は水炊きはしないんですかね? まぁ、私もこんな時間をかけたスープで食べたことはありませんが(笑) これは、馬場ちゃんレシピ本を買って、是非お料理をしてみてください。「ゴロデラ」に出演されると、そのゲストの方の印象がとても良くなりますよね。そういう意味でも、とても稀有な番組だと思います。見ている人にも出演する人にも優しい番組だなぁと。馬場さんとは、是非、吾郎は交流を持ってほしいですね(笑)

投稿: kazuyo | 2014/02/22 05:08

今週のゲストの芸人さんの馬場さん、申し訳ないのですがお笑い番組を拝見しないので存知あげておりませんでした。(ビストロにお見えになった事ってありますか?)吾郎ちゃんとお話や共通の話題が御有りになるのは良いですね。お人柄も良さそうな方なので仲良くお近づきになれると良いですね。それにしても全部手作りとは本当にまめでお好きなのですね。私も爪の垢でも頂いて少しは見習った方が良いのでしょうが・・・無理、大いなるワンパターンとチンに頼ってます(笑)。

投稿: ピカチュウ | 2014/02/24 01:07

riceballピカチュウさん
私は、「ロバート」というグループの名前を知っていましたけど、メンバーそれぞれまでは把握していませんでした。「スマスマ」には、どなたも出演されていない・・・と思います(笑) ビストロに来てくださったら、馬場さんは楽しんでくれそうですよね。最後、お土産でアロマスプレーまで手作りで持ってきてれたことに吾郎がすごく驚いていましたけど、案外趣味が被るなぁという驚きだったのかも(笑) 料理は、ちゃんとやってみたいですねぇ。趣味が料理って、誰も損をしないですもんねぇ。趣味がSMAPだと、家族にはおおいに呆れられますが(爆)

投稿: kazuyo | 2014/02/24 03:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福家警部補の挨拶 6 | トップページ | 木村ファンには負けない! »