« 人それぞれのマイブーム | トップページ | 恋する50センチフィギュア »

ライブグッズへの道

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2014年1月30日放送分

つぶやきメッセージ
pencil「肉まん、カレーマン、塩キャラメルまん、中華まんの中で、吾郎さんはどれが一番好きですか?」 塩キャラメルまんがあるのを知らなかった吾郎(私も知らない・・・)ですが、一番シンプルな肉まんが好きかなと。甘いものがあまり好きではないので、あんまんは苦手だそうです。

SMAPな時間
今年になって放送されたテレビの感想がたくさん届いているので、それにお応えしようという吾郎。まずは、『ホンマでっか!?』の感想から。pencil「いろんな診断や質問を通して、吾郎さんの素を見ることができてとても嬉しかったです。イケメンがやる仕草でエレベーターの仕草は、見ていた吾郎さんファンの方はドキドキが止まらなかったと思います。そのときの心境を教えてください」 イケメンの仕草のコーナーは、こういうのを真面目にやるのが恥ずかしいと思って苦手だと告白する吾郎。ちょっとコントちっくにふざけてしまったりとかでごまかしてしまうんだとか(笑) ドラマや映画、舞台の中とは違って、申し訳ないけどバラエティの中の「茶番劇japanesetea」みたいなもんだから、真剣にできなかったというのが本音だそうです。これ、見ていてわかりましたよね。あぁ、恥ずかしいんだなぁ。笑いに持っていくしかないと思っているんだろうと(笑) そこは、人それぞれだから吾郎はそれでいいと思います。それでいて、ファンはドキドキさせてもらったし、そして笑わせてもらいましたしね。

二通目は、慎吾が後輩くんたちと一緒にやった『YOU コントしちゃいなよ』の感想お便り。pencil「とても面白かったです。後輩との共演話があれば、教えてください。吾郎さんのナレーションすごく良かったです」 吾郎も『紅白』が終わって、まっすぐ家に帰ってきて見てすごく面白かった。ゴールデンではやらないような、少しシュールでとがったコントで良かったと。確かに、意外と本当によくできたコントばかりでしたよね。吾郎は、慎吾も企画に参加したんじゃないかと言っていましたが、それなら「スマスマ」も慎吾が企画したほうが面白いコントができるんじゃないかと思ったわ(笑) ナレーションは真面目にやればやるほど面白いと思ったので真面目に取り組んだそうですが、コントが面白くて声を入れながら笑いが止まらなかったらしい。それが見事に嵌っていた。さすが吾郎。面白かったので、また声をかけてほしいとのことでした。

続いては、『スマスマ新春SP』について。pencil「宝塚の方たちとの共演素晴らしかったです。メンバーそれぞれが、咄嗟にキャラ設定をして個性豊かに演じる姿が魅力的でした。吾郎さんの立ち姿や乱れ髪も後姿も雰囲気があって美しかったです。踊りもいつもと違って難しかったのではないでしょうか。宝塚の方々はいかがでしたか?」 なかなか普段は近くでお会いしたりとか、僕らにとっては実態のない雲の上の存在なのに、とてもフレンドリーに接してもらって面白かったと、SMAPもすごいのにそう言える吾郎が素敵。吾郎が、宝塚の真飛聖さんとミュージカル『恋と音楽』で共演させて頂いたときに、ファンの方たちから真飛さんの宝塚時代の映像のDVDをプレゼントで頂いて見せてもらいプチ嵌りしたのだとか。その話を、「スマスマ」でお会いした宝塚の方たちにお話したら喜んでくださったというエピソードを教えてくれる吾郎。いやぁ、吾郎さん、この放送のあと宝塚の方たちもあちこちで吾郎の良いところを話してくれたみたいですよぉ。漏れ聞こえてくる話では、最後の投票も吾郎に入れてくださった方たちが結構いたのだとか。一所懸命やってたもんね。そういうのは舞台人の方たちには伝わるものだと思います。

リクエストSONG noteハローnote

歌のあとも引き続き番組出演のお便り特集。『笑っていいとも』のテレフォンショッキングにゲスト出演したときのお話。pencil「途中から、話がパンツの話になったのには笑いました。ストラップ獲得の記録更新にならなかったのは残念でしたが、吾郎さんのお正月や私生活のことから、メンバーの話題まで丸ごと詰まった内容の濃いトークで見ていて本当に楽しかったです」 吾郎自身は、「いいとも」は出演したあとにいつも反省しちゃうのだとか?! 結構と緊張するので、生放送でちゃんと面白い話ができたのかなぁとか考えてしまうらしい。(あぁ、吾郎、最初に大きくため息のような深呼吸していたものね) 緊張しているようには見えないといつも言われるらしいですが(笑)、やはりいまだに生放送は緊張するのだとか。いろんなとりとめない話をしてしまって、もっとひとつのテーマで話したほうが良かったのかなぁとか思ったそうですが・・・なんて、真面目な人なんだ(爆)!

そして最後は、新しくスタートしたドラマ『福家警部補の挨拶』の感想。pencil「吾郎さんの演じる、石松警部かっこよくて最高です。クールなのに「警部」などの呼び名にこだわるところなど、くすっと笑ってしまいます。キーポイントとなる小物や、伏線がきっちりと回収されていてとても真面目に作られているミステリーだと感じました。役作りなどで吾郎さんが案を出されたことなどがあったら教えてください」 今回の僕の役っていうのは・・・どっちかっていうと、最近多い主人公とにらみ合うような役なんですが・・・役作りとしては、まず見ている人が違和感にならないように福家の上司にしっかり見えるように演じたいなぁと思ったことと、福家と同様にプライベートが明かされていなくて謎の多い役なので本性が見え隠れしないように演じていると話してくれる吾郎ですが・・・なんか、ちょっと話しにくそうと思ったのは私だけですかね(汗)

お宝スマグッズ
公式HPで募集していた企画に、すでにお便りが来ているということでご紹介。この「ストスマ」で完結するのではなくて、良いアイデアが送られてきたらちゃんとスタッフに伝えると約束してくれる吾郎。結構といろんなアイデアが届いています。

・ メンバーカラー5色の今流行りのフリクションボールペン
うん?!ボールペンは、すでにグッズになったことありますよね(笑) でも5色ペンは良いアイデアだけど・・・スマスマカラーにされる懸念があるのでちょっと後押しするのに足踏みしてしまう私を許してください(汗) 吾郎は、「これ、もう採用じゃないですか?」と乗り気ですが(笑)
・ エプロン
エプロンはスマショで売っていたけど、コンサートグッズではなかったからいいかもしれないと。吾郎は、料理するときにはエプロンをしないけど、可愛いのが出れば使ってみようかなという吾郎が素敵。
・ カレンダー
おいっ!吾郎、ノーコメント(笑)? なんか、写真が伴うものだと消極的になる吾郎が気になる(苦笑)
・ メンバーの声での目覚まし時計
AKB48とかアイドルがやってそうなグッズですねという吾郎ですが・・・いや、あなたたち、もうアラフォーだけどアイドルでしょ(笑)!
・ チケットホルダー
・ メンバーのCM商品が買える出店
現実的で良いアイデアとベタ褒めの吾郎(笑) 確かに、チケットの半券ってどこか保存するものがあれば嬉しいかも。

「ストスマ」に送られてきたアイデアが、本当にライブグッズになるかもしれません。ちゃんと、吾郎が気に入ったものは上の方たち(笑)に伝えてくれるみたいなので。「コンサート楽しみにしていてください」という最後のコメントも嬉しかったですね。

リクエストSONG noteDear WOMANnote

五六二三(吾郎文)

pencil「ドラマ『福家警部補の挨拶』の石松警部のつけている腕時計が、去年のドラマ『TAKE FIVE』の岩月さんがつけている腕時計、フルボデザインのF5022と同じ時計に見えたんですが。もし、同じ時計なら、それは吾郎さんの私物なんですか?」

吾郎 「いやいやいや、同じじゃないですよ、たぶん。えぇぇぇ?! しかも、フルボデザインF5022って商品名ですよね?岩月さんがしていた時計がこれだっていうことも、僕、知らなかったです。結構、シンプルな時計を岩月さんはしてたと思うんですよねぇ・・・あんまり時計は映んなかったと思うんですけど。でも、チームTAKE FIVEで作戦をするときに時計を見たりしますからね。そういうときに、時計が映ったかもしれないですしね。いやぁ、間違いなく、石松警部がつけている時計とは違うとは思うんですけどね。(スタッフが、他にも同じようなお便りが来ていると小声で報告(笑)) いやぁ・・・もしかしたら、同じなのかもしれないですね。石松警部は、案外、ごっつい時計をしているんですよね。う~ん・・・でも、間違いなく違いますね。石松警部の時計は、はずしにくいんですよね。石松警部は、コートを着ていることが多いので、あまり映らないと思うんですけど、これ発見した方が何人かいるっていうのが半端じゃないですね!自分自身も気づいてなかったことですから。もしかしたら、本当に同じ時計だったら笑えますよね。ちょっと、これ、ちゃんと調べてみますね」

時計なんてあまり映らないんじゃないかと言っていた吾郎ですが、岩月さんのときは初回で出てきたときから世間の方たちから「岩月がつけている時計はどこの?」というのを結構拾いました。小物好きな人って、ちゃんと見ていますよね。そして、吾郎ファンだからの観点としては、他のドラマとの接点ですよね。つけている本人がわからない(笑) 外すときにタイプが違うというのなら違うのかなぁ・・・、これ、是非、あとで吾郎から報告してほしいですね。こういう、小さなツボの話題は楽しいです(笑)

noteシャレオツnote

|

« 人それぞれのマイブーム | トップページ | 恋する50センチフィギュア »

コメント

Kazuyoさん、今週は家事をバタバタしていて聞き逃してしまたのでレポありがとうございました。ライブグッツ皆さんいろいろ考えられますね。私はあまりグッツに興味がないので考えつかないのですが皆さんいろんなものを想像されますね。ここはコンサートグッツを売る段階を楽しみたいです。そしてファンの皆様の細かいチェックには驚きました。よくご覧になられているのですね。何気に小物はご自身のものを使われる方多いのですね。

投稿: ピカチュウ | 2014/02/03 00:47

watchピカチュウさん
私もライブグッズはもちろん、スマショグッズもほとんど興味がない人なのでアイデアが出てこなくて(汗) ここは、いろんなグッズを買っているファンの方にお任せしようと思って聴いております(笑) だって、私がライブで買うものと言ったら、パンフ、うちわ、(あれば)ポストカードと写真付きのものばかりで、吾郎が乗り気でないものになってしまうので。石松警部と岩月櫂の時計が同じではないか疑惑(爆) 結構と多くの方がそう思われたということですが、吾郎自身は違うのではないかと・・・ここは、気になるので必ず後日、吾郎から報告してほしいですね。

投稿: kazuyo | 2014/02/03 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人それぞれのマイブーム | トップページ | 恋する50センチフィギュア »