« もしかしてだけど もしかしてだけど すまろっくってカッコいいんじゃないの | トップページ | GNNニュースのキャスター »

福家警部補の挨拶 7

第七話 『オッカムの剃刀』前編

古谷一行さんをゲスト犯人に迎えての前後編。「新旧金田一揃い踏み」とミステリードラマ好きの方たちには言われていましたが(笑)、まぁ、残念ながらいつものように石松警部と犯人が絡むシーンはまったくないです。

倒叙ミステリー形式のドラマなので、毎回もう感想を書くというよりはいかに福家が証拠物的と動機を見つけ出して追い詰めるかというのを楽しめればいいのではないかと(笑) 今回も、また「う~ん、それはどうかなぁ」というものがあちこちにあるので、詳しく突っ込みたくないというか(爆) 全体的に見てつまらないと思わなければそれでいいかと。まだ、福家にも謎があるんでしょうかね。今回、古谷さん演じる柳田教授から言われたことが気になっている感じだったけど・・・やはり、もう少し福家のキャラを膨らましてくれないとドラマ自体の魅力に繋がっていかないですよね。

今回は、初の前後編と分けてきたことで、続きが楽しみになるという感覚を始めて味わった(笑) 加えて、二話にまたがる分、いつもは入れ込めない石松警部の心情も少し丁寧に描かれていましたね。一話完結は気持ちがいいんだけど、警部見たさに毎週見てる者としては、やはりこれぐらいの台詞と演出があると嬉しい。何より、吾郎の演技が素晴らしかったわ。

今まで、ずっと福家に対して抑えていた鬱憤を一度に吐き出してしまった警部さま。あれでも、相当我慢していたと思う。今回、田所警部補の気遣いも含め、徐々に感情が零れ落ちていた警部がついに最後キレてしまうのはもっともだと感じた。福家は優秀な刑事です。ちゃんと、誰もが気づかないところを徹底的に調べ上げて真実の犯人を探し出す。それは、石松警部にとっても悪いことではない。でも・・・あまりにも単独行動すぎるんですよね。それも、報告を入れないのはマズいし、どこにいるかもわからないのは問題外。他の刑事が調べ上げたことは逐一すべて二岡から聞き出しているのなら、自分が調べたこともちゃんと警部を始め全員に報告すべき。そうでないと、警部が以前言っていた「冤罪」を生むこともあると思う。これは、ドラマだからそうはならないだけで(笑) だから、警察と言えども組織の一員である以上、上司への報告は当然であって無視し続けて挙句は警部が責任を負うのはリスクが高すぎるわ。キレても仕方なしと思える。

ここで問題なのは、そう思ってしまうことですよね(苦笑) 福家が主人公である以上、ここは「石松警部が怒るのはお門違い」という考えの人がもっといてもいいのに、ざっと見てくると同じように「これは怒って当たり前」「警部が正論」というのをいくつも拾いました。つまり・・・主人公のキャラ目線になれないドラマは弱いんです。それで吾郎のあのすごい演技が入ってしまったものだから、余計に主人公のキャラが弱くなった瞬間でした(苦笑) 

でも、もうこのシーンを見せてもらっただけで、吾郎がこのドラマに出演して本当によかったと思えた。今まで、ずっと抑えていた演技をしていたのもこのシーンのためにあったものだと思うとすごいですよね。演技だけでなく、激昂して乱れる前髪も、怒りで震える真っ黒な瞳も息遣いも全てが美しかった。あぁ・・・吾郎にもっと演じてほしいなぁと強く思いましたよ。この役回りじゃ、本当にもったいないとまた改めて感じた。この怒るシーンの長台詞とテンションをあげていく過程は、吾郎なら簡単にやってしまっただろう。もっとガッツリ稲垣吾郎の演技が見たい! そう思わせてくれた回でしたね。

|

« もしかしてだけど もしかしてだけど すまろっくってカッコいいんじゃないの | トップページ | GNNニュースのキャスター »

コメント

おはようございます。
やっと、報われたと思いました。
私事なんですが、仕事でミスをしまして、結構、後始末が大変で、へろへろになって帰ってきたところに
警部に怒鳴られたもんですから、もう完全に陶酔してしまいました。自分はM体質なんだと実感しました。

くだらないことを書いてしまいました。ごめんなさい。
舞台、楽しみですね。

投稿: kae | 2014/02/26 10:59

kazuyoさん、石松警部良かったわぁ、シビレました(笑)。なんかねぇ、福家に対して鬱憤溜まってたからスッキリしましたsmileだって福家は、単独行動ばかりだし、二岡君から情報聞き出すのに、自分が得た情報は報告なし。いくらドラマとは言え、女性が単独で容疑者を追い詰めたら危険ですよね?どらま版では、毎回自分でポラロイドカメラで撮影してるのも、鑑識の人に失礼だわ。本来は、単発二時間ドラマにした方が丁寧に作れて良かった気がします。無理に一時間弱に収めようとして、前回も、殺害方法を女性の身で屋上まで背負って落とすなどと、明らかにおかしい脚本に変えて失敗してる。つくづく倒叙物を映像化する難しさをこのドラマで痛感しました。吾郎ちゃんの緩急ある台詞回しと迫力ある演技を僅かの時間でも見られて、私的には、満足出来た回でしたhappy01

投稿: ルナ | 2014/02/26 16:16

kazuyoさん、こんばんは。
警部の爆発ぶり、素敵でしたよね~。本来ならば、あれだけ怒鳴られるので萎縮しますが、見ててすっきりしてしまいました。
毎回、福家の手柄で事件は解決していくのですが、それは本来の道筋とは違う方法なので、職場ではうきますよね。
だいたい、刑事は2人1組で行動するじゃないですか?なんかあった時のために。でも、福家は、いつもスタンドプレーだし、事後報告もなしですからね。
鑑識の二岡君と一緒に行動することが多いですが、あんなに鑑識係を自由に扱えるのは、私の記憶する限りは『相棒』の右京さんくらいですからね~(笑)
今回、2話に分かれてるのも、良かったと思います。1話だと、どうしても結末にこじつけ感が否めないので。
吾郎ちゃん、抑えた演技も良いですが、キレるのもゾクゾクします。次週も楽しみです。

投稿: けいこ | 2014/02/26 18:51

何回もリピしていますが、そのたびに息を止めてみちゃいます。もう、すごい迫力。吾郎さんって自分でも言ってますけど、怒るイメージ無いですよね。ましてキレて怒鳴るなんて!髪を振り乱して!(←大事なトコw)
そこに至るまでの、静かさを装う中にも零れ出る苛立ちとか焦りとかいう繊細な感情表現がまたすばらしくて・・・!吾郎さんの瞳は何万言の言葉に勝りますね!ほんとに「瞳が揺れる」んですもん!真っ黒い瞳が(≧m≦)
あ、あと、主人公のキャラ目線になれない…確かにそうですよね。今回は特に暴走が激しくて、とてもじゃないけどあんな暴走捜査に感心なんてできません!一体どうしちゃったのかと。
お説教を食らってるのに、話そっちのけで自分の関心事優先とばかりに石松警部の言葉に割り込む所なんか、
ごめんなさい殺意覚えました(笑)あれはないわー。
バカにしてるにも程があると思います。・・・っていうか、福家さんは警部たちをバカにしてるの?とすら思えてきてます。あまりに仲間を尊重しなさ過ぎます。
でも、視聴者が共感できないヒロイン、というのもある意味斬新…と思ったり(笑)
元々私、推理物では犯人側の心情に立って見ちゃう派なので、主人公に肩入れしないのはいつもなんです。だからその辺はあまり気にはならないんですが、ドラマとして続いていきたいという事なら、あの嫌われぶりは問題かも…(;´Д`A
吾郎さん「newヒロインの誕生を予感します」って言ってましたよねwwwニューって「全く共感されないのが斬新な主人公」っていう意味だったのかしら・・・(笑)

投稿: つゆだく | 2014/02/27 00:32

impactkaeさん
もう、回を重ねるごとに複雑になっていきましたからね(汗) いつか見せ場を作ってくれると期待していたので、思わぬ期待以上のものを見せていただいて感動してしまいました。少し、なぜこんなに警部が怒ってしまうのか警部中心で見ていなかった人には疑問だったかもしれないなぁとは思いましたが、そこまで描ききれないドラマなんですよね(苦笑) そんなの入れていたら、さらにミステリー部分が疑問符だらけになってしまう。福家の単独行動に若干イライラしていたのは見ている人も同じ。それで、警部が怒り爆発でスッとしたのもありますが・・・それは福家側にも言い分もあるだろうと。それよりも、吾郎が底力を瞬間で見せてくれたことに溜飲が下がった。来週は、二人の関係性も少し変化するでしょうか。


impactルナさん
これはドラマだから・・・と言われても、福家ちゃんの警察としての行動はどう考えても勝手だし、それに女性というのもあって危険ですよね。そこが、見ていて引っかかるところでもあったので、石松警部の教育的指導の爆発は私も当然と思えました。しわ寄せは、ぜ~んぶ警部が被っていたであろうというのは、普通に考えてわかるので。毎回、真犯人にたどり着いてるわけでもないだろうし(笑) 小説の中の福家も、同じような感じなんでしょうか? 小説では、もう少しキャラ設定に深みがあるので愛嬌があるように描かれているのかな。逆に、原作の中の石松警部はそれこそどうでもいい役なんですよね(笑)? 吾郎が演じている以上、福家と絡む部分があって意味のあるものにしてもらわないと困ります(笑) いままでの薄いキャラ設定で演じさせられていた中で、これだけ激昂する演技ができるのもすごいなぁと思いましたね。感情をここまで持っていくのが大変だっただろうと。吾郎ならではですよねぇ。


impactけいこさん
いつもクールで、福家に対しては報告書が遅れてもため息ひとつでやり過ごし、我慢強く提出を促す。そんな警部が、いきなりものすごい勢いで怒るから、余計に怖かったですね(汗) あんなに美しい人を怒らせてしまって・・・福家ちゃん、どうして警部が怒ったのか考えてくれるといいなぁと。吾郎ファンだから警部目線で見てしまうとは言え、この福家さんはあまりにもで檀さんも大変だろうなぁと。あと、彼女が演じると余計に淡々として何も考えてない風なのが、ドラマ的にいいのか悪いのか(苦笑) 片平さんがゲストのときの福家が一番可愛かった。警部は、だんだんといいキャラになってきてますね。最後どう締めてくれるのか・・・。今後、ちゃんと報告書は出してくれるようになるんですかね(笑) このままなら、警部の怒鳴り損になりますが、見ていた私たちはラッキーです(笑)


impactつゆだくさん
吾郎自身が女性で怒鳴り散らす人は苦手と言っていたので、きっと本人もそういうタイプじゃないんでしょうね。だから、役者ってすごいなぁと思ってしまう。怒るというレベルじゃなかったよ、吾郎さんって(笑) 最後、息あがってたし、その息さえも震えてたよね? うわぁ・・・すごいわと圧倒されました。しかし、普通男性が大声で怒鳴るのを見たら怖いかウザイだけですが(笑)、吾郎が演じているとなぜにこんなにセクシーなんだろう(笑) なんか、もっと怒ってほしいという欲求にかられるというか・・・いえ、絶対に対自分だったらおっかないし、悲しくなるので嫌ですが(爆) 瞳もねぇ・・・以前、「流れ星」でご一緒した上戸さんが「吾郎さんは、瞳孔かひらっきぱなしになる演技をされる」と感心されていて、「それが、ものすごく怖い」と言ってらした。今回も、まさにその「目」でしたね。吾郎はよく「目で演技をする役者」と言われますが、怒ったときの瞳の威力は半端ない。黒目勝ちなのもあると思うけど、目以外の顔を隠してしまっても、きっと怒っているのがわかると思う。これだけすごい役者なのに・・・と、また愚痴が出そうなのでやめておきますが(笑) ドラマは最後まで楽しませてほしいので、できたら福家ちゃんを嫌いになりたくない。なので、何とか巻き返してほしいですね。とりあえず、「スマスマ」のビストロに来店されたという檀さんと柄本くんでリセットしてもらいましょうか(笑)

投稿: kazuyo | 2014/02/27 05:45

今回、吾郎の熱演を見ても思ったほど、テンションが上がらなかった理由がわかりました。


警部が怒ってる時に映る福家警部補の「何も考えてない感じ」が私はダメだったんです!

古谷さんに問い詰められてる時も「何も考えてない風」で。

その何も考えてない風の福家警部補の演技が2人のそれぞれの重要な演技の邪魔をしてると私は感じてしまいました。


投稿: なおなお♪ | 2014/02/27 12:49

kazuyoさん、こんばんは。今回の「福家」は初めての前後編ということで、次回が楽しみな、どうなっていくのかと感じさせるような内容になってましたねhappy01ゲストの古谷一行さん、金田一やられていたんですねぇ~。もしかして、初代ですか?だったら金田一繋がりで、吾郎ちゃんとの絡みも見たいんですが、ないかなcoldsweats01やっぱり、ゲストの方とも絡んでほしいですよね。今回は、なんといっても吾郎ちゃん演じる石松警部の怒り爆発のシーンですよねgood田所警部補が、車に乗り込んでくるところから、犯人に対する怒り、悔しさの表情もお見事でしたsign03あまりにも自分勝手に行動する福家に対して、我慢ならず凄いマシンガンのような早さの言葉で、怒鳴るシーンは迫力ありすぎて、ビビッてしまうほど怖かったです。でもあれは石松警部、怒って正解sign03警察は一つの組織なのに、上司に報告もせず、居る場所も言わない、こんなのはただの身勝手です。福家は優秀なのは、認めます。でも、社会人としても一刑事としても、間違ってると思います。石松警部、そうとう我慢して、ストレスも溜まっていたのんじゃないかと思いました。だって、「報告して」って言ってるのにしてないってことは、部下が悪くても、結局悪いのは上司である石松警部になるんだからたまったもんじゃないですよね。福家ももう少し、上司の事も考えてほしいですよね。それにしても吾郎ちゃん素晴らしかったですsign03happy02普段は優しくて、温顔の吾郎ちゃんが、役とはいえ怒りに満ちてる顔になるんだからもう素晴らしいの一言に尽きます(笑)実際私が福家だったら絶対、紙を投げ捨ててるところで涙ぐんでますね(笑)でも見てる側としては怒ってる吾郎ちゃんもかっこいいlovelyなんていったら怒られるかな(笑)でもホントゾクゾクするほどかっこよかったですhappy02「いい加減にしたまえ」って言うのもしびれましたheart04強盗犯を殺害したのってもしかして…な感じですが、来週どんな展開が待ってるのか楽しみですね。

投稿: さおり | 2014/02/27 19:58

impactなおなお♪さん
なかなか手厳しい(汗) 私が言葉を選んでいたのに(笑) 檀さんの演技は、私は実は観たことないんです。木村くんの映画「武士の一分」に出演されていて、そのときは好評だった記憶があるのですが私は観れていないので。だから、彼女の演技力がどのぐらいかわからないのですが・・・このキャラにやっぱり合っていないのかな。でも、役者ならどんなにかけ離れたキャラ設定でも演じられるものだし・・・私が、檀さんには美しいキャラを演じてほしいと思ってるからかもしれません。確かに、吾郎が怒鳴っているときの表情が画一的でコントのようだとは感じました(苦笑) もう、ここは吾郎ばかり見ていたらテンション上がりますよ(笑)


impactさおりさん
あまり数字が取れていないドラマなので前後編にするのは危険なんですが(笑)、録画して見ている人も結構といるかもしれませんね。というか、そもそも前編見ていなくても充分ついていけるかも(笑) おそらく、来週頭に今回のダイジェストは流すと思うので。なんせ、人物設定をまったくといっていいほど描いていないドラマなので、事件の流れさえナレーションだけでも流せば後編だけ見ても理解できるかもしれませんね。(ドラマとしては良くないことなんですが(苦笑)) 古谷さんは、初代金田一ではないですよ。過去、それはそれはすごい顔ぶれの方たちが演じてきた金田一なんですよね。吾郎が確か20代目だと言われていたと思います。でも、古谷さんの金田一はTBSで大好評で結構と長く連ドラやシリーズ化されていたので、印象に残っている人は多いかも。そういう私も、「金田一」と言えば古谷さんだったので。映画の石坂版が、一番人気があるのではないでしょうか。
石松警部の爆発は、きっとドラマの流れとしては唐突なんでしょうね。これは、吾郎が悪いわけではなくて、いままでまったく石松警部と福家の関係を掘り下げてなかったのにいきなりこんな激昂を見させられても・・・と思った人もいると思います。ファンの私たちは、毎回、警部の心情を考えながら見ていたので警部の怒りにシンクロできるんですけどね(爆) でも、もう、こういったシーンを見させてもらえないとまったく印象に残らないドラマになってしまうのでありがたく受け取らせて頂こうと思います(笑) なにやら、今後は警部と福家の関係も展開を見せるようなので(原作者談)、もう少し期待して見続けましょうか(笑)

投稿: kazuyo | 2014/02/28 06:16

kazuyoさん、こんにちは。
なんだかモヤモヤしていたのが、kazuyoさんのレポや皆さんのコメントを読んで「あ~そういう事だったんだ~」って納得しました。 実は石松警部の激昂シーンを見てなんだか居心地が悪くて・・・。福家さんの表情が「何言ってんだこの人」みたいな感じで、石松警部の言葉がぜんぜん響いてない感じに思えてしまったんですね。 もちろん吾郎ちゃんの演技は素晴らしかったのですが、なんだか吾郎ファンに「これでいいんでしょ」「こういう吾郎ちゃんが見たかったんでしょ」と言われてるみたいで。(すみません。自分でもひねくれてるのはわかってるんですけどthink) 
原作を読んでしまったのも悪かったんです。「挨拶」だけ読んで今友人に貸してるのでうろ覚えですが、「オッカムの剃刀」には警部は多分ほとんど出て来なかったと思います。原作は単なる短編集なので、主要キャラのストーリーはほとんどありません。ドラマでは話の順番も変わってますし、犯人の設定もトリックも結末も変わってる物があって、どうしても違いにばかり目が行ってしまいますね。
檀さんは「武士の一分」とつい先日DVDで「Girl」を見ましたが、「武士」はよく言われる「耐え忍ぶ武士の妻」の鏡のような役で、檀さんのイメージそのまま、「Girl」はミニを履いてキレイにお化粧して仕事の為なら色気も上手に使うちょっとブッ飛んだ大人の女性でした。すごく生き生きしてて娘とも「福家こっちのキャラだったらもっと視聴率伸びたかもね」って話してました(笑)あの無表情の福家さんは演出なんでしょうけど、警部のあの激昂が空回りに終わらないといいなぁと思います。それと私は人が怒鳴るのが苦手なので(美しい警部にあんな風に怒鳴られたらその場で泣いて倒れそうです・・・)、今回の演技では最後の声を震わせながらの「いい加減にしたまえ福家警部補」とその後の電話に出て「はい」からのさっきまで怒鳴りつけていた福家に電話の内容を話す時の抑えた声音に萌えましたheart02
ともあれ来週は待望の新旧金田一のシーンも入れ込んでくれたみたいなので、楽しみにしています。ファンの声が届いての警部の出番だと思いたいですよね。
なんだかんだ言いながら残りわずかですものね、麗しの警部を堪能しなきゃ損ですね。 
おジャマップでビストロの予告見ることが出来ました。やっぱりみんなで二岡くん弄りみたいですね(笑)檀さんも綺麗なお衣装で、楽しみです。たくさん吾郎ちゃんと絡んでるといいですね。

投稿: さっぴぃ | 2014/02/28 10:59

impactさっぴぃさん
今回の吾郎の突然(笑)怒るシーンでは、制作側がファンに対して入れ込んだのは間違いないと思います。でも、「これでいいんでしょ」というのではなくて、おそらく感想がほとんど石松警部なので(公式サイトの掲示板を見てもわかるとおり)、これは入れ込まないとマズイぞと思ったのではないかと。かなり、早い時期から撮影が始まっていたドラマなので、ちょうど視聴者の声が集まったところの脚本だったのではないでしょうか。(だから、声を出すのは大事(笑)) もちろん、吾郎を起用した段階で何かしら入れ込むことは考えていたとは思いますが、この長台詞が果たして決まっていたかは甚だ疑問。もし、石松警部を吾郎が演じていなかったら、視聴者からの感想掲示板はほとんど書き込みがなかったのではないかとさえ思えるので。だから、ここは甘んじて受け入れてもいいと思います(笑) 
檀さんに関しては、他の作品で演じてらっしゃるところを見たくなりました。とりあえず、木村くんの「武士の一分」は近いうちに探して観てみようと思います。次回の「福家」では、公式サイトの予告ムービーを見ると新旧金田一のシーンが入っていてテンションがいっきにあがりました。「スマスマ」のビストロに檀さんと柄本くんが来てくれたみたいなので、こちらも楽しみです。三人の微笑ましいお話が聞けるといいですね。

投稿: kazuyo | 2014/03/01 05:37

7話は前後編になっていて良かったですね。石松警部殿の最後に福家に怒るシーンは短いながらも前にそこにいたる前の石松班の事件の流れと警部の心情を表情だけで表してくれる吾郎ちゃんの演技で拝見できたので警部の怒りの演技に深みがでて良かったですね。細かいセリフがなくても警部の演技で想像されてくれる。今回は犯人が警察関係者なのでやっと警察内部の関係性や福家の過去について想像できる回でした。今後事件以外の部分に進展があるともっと楽しく拝見できるような気がしてきました。警部や福家の内面がより映像化されると良いですね。

投稿: ピカチュウ | 2014/03/03 00:40

impactピカチュウさん
そうそう、今回の石松警部の出演部分で台詞はなくても、警部の心情がわかるような演出がしっかり入り込んでいました。だから、ものすごく溜め込んでいたものを吐き出したというのも実際は流れにちゃんとなっているんですよね。ただ、ものすごい激昂だったので、そこまで福家のことを疎んじていたのか?!という驚きはあったかもしれませんが(笑) まぁ、ファンと一般視聴者の大きな隔たりとしては、この部分をここまで膨らませる必要があるのかどうかだとは思いますが、吾郎が演じている以上は当然の演出だと思うので受け入れてほしいですね(笑) そうでなければ、福家さんだけで最初から番宣込みで頑張ってもらえればよかったので。あぁ、だんだん毒吐いてしまいますが、こんな少しの出演でいろいろ言われるのが納得できないので(笑) 警部と福家の関係性をどう終わらせてくれるのかも楽しみですね。

投稿: kazuyo | 2014/03/03 02:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もしかしてだけど もしかしてだけど すまろっくってカッコいいんじゃないの | トップページ | GNNニュースのキャスター »