« 怖い日常 | トップページ | 明日へ・・・歌で繋ごう »

京都太秦での密会

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2014年3月6日放送分
(引用欄以外は、概略レポです)

つぶやきメッセージ
pencil「吾郎さんは、ダメ出しは嫌いですか?」
吾郎 「まぁ、あんまり好きではないですよね、誰でもね(笑)でも、舞台のときなんかはダメ出しするのは当たり前ですからね。言葉が良くないよね、「ダメ出し」っていうね。舞台は終わってから毎回30分から1時間ぐらいダメ出しがありますからね。これはダメ出しっていうよりは、打ち合わせみたいなもんですからね」
なるほど。じゃあ、ファンからのダメ出しはどうだろうか(笑) 確かに言葉が良くないですけど、「吾郎さん、こうしたほうがいいよ~」みたいな(笑) ・・・また、「S吾郎」になりそうだな(爆)

SMAPな時間

pencil「『信長のシェフ』の続編が4月から始まるそうですね。(正しくは7月です) すでに撮影は始めているとか。吾郎さんは、もう撮影に参加しましたか?久しぶりの光秀役はどうでしたか?裏話を教えてください」

吾郎 「続編はあるだろうなぁとは思っていたんですけど、ちょうど一年経って今から始まりましたね。この間も京都に行ってきまして、久しぶりに楽しかったですね。京都は好きな町ですからホッとしますし。今回、京都でSMAPのメンバーが三人揃ってたんですよね。木村くんが『宮本武蔵』の撮影をしてまして、草彅くんもね、『スペシャリスト』の撮影で。三人とも、テレビ朝日さんのドラマだったんですけども。偶然に太秦でも三人楽屋が並んでまして、木村くんには会えたんですけどもね。草彅くんは、ちょうどそのときロケに出ていて会えなかったんですけども。『宮本武蔵』をやっている楽屋に遊びに行きましたよ。思いっきり刀で斬られましたね、木村くんに。何もそこまでしなくてもいいんじゃないかなって思いましたけども(笑)まぁ、冗談なんですけれどもねぇ。いくら竹でできた刀とは言えども、ちょっと痛かったんですけどもね(笑) いやぁ、でも良かったですよ。木村くんの『宮本武蔵』の撮影、ちょっと見させてもらったんですけどもね。メンバーがステージに立つところって、あまり見ないじゃないですか。やっぱり、同じステージに立つし。舞台を観ているみたいで不思議な感覚に陥ったんですけども。カッコよかったですよ。草彅くんの『スペシャリスト』も撮影は見れなかったんですけども、前作に引き続いて続編になっているんですよね。楽しみですね。まぁ、ちなみに中居くんは、そのときソチにいたらしいですけどね(笑)香取くんは、何していたんでしょうか」

まぁ、今週も木村くんの話になると饒舌になる吾郎がいました(笑) ちゃんとメンバーの名前を全員出して話す吾郎。優しいですよねぇ。

noteGAIAにおねがいnote

メンバーとの時間
pencil慎吾くんの『服バカ至福本』を買いました。とてもシャレオツな慎吾くんの服を見て、服をもっと楽しみたいなぁって思いました。オマケのDVDに出ていたストールの巻き方はとても参考になりました。吾郎さんも、慎吾くんの本ご覧になりましたか?」
吾郎 「慎吾くん、『ゴロウ・デラックス』にも来てくれましたからね。しかも、服も実際にスタジオにいっぱい持ってきてくれて、面白かったんですけれども。この本にねぇ、メンバー全員に香取くんは直筆のサインを書いてプレゼントしていましたね。なんでサインを書くのかなぁって、ちょっと思ってしまったんですけども(笑)でも、なんかあるんでしょうねぇ、彼の中でねぇ。とにかく、服の量にびっくりですよね。僕は、あの10分の1もないんじゃないかなぁ。僕も洋服買うのは好きなんですけども、捨てちゃいますね、やっぱり。一個買ったら一個捨てるという感じになっちゃうんですよねぇ、僕の場合は。物を溜めておくっていうのが、あまり好きじゃないんでねぇ。もちろん、とっておくのもあるんですけどね。部屋の重量を軽くしておきたいっていうのがありますね(笑) 他のメンバーはサイン入りの本をもらってどんなリアクションをしたんでしょうかね。中居くんとか、ちょっと照れくさかったんじゃないでしょうかね」
物を溜め込まないって、頭では考えてもなかなか難しいですよね。また着るんじゃないか。また、使うんじゃないかって。あと、無駄に航空券や入場券とかも捨てられないので、吾郎の潔さが羨ましいです。慎吾がメンバーに渡す本にサインを入れたのは、「自分」からというのを強調したかったのかなぁって。店頭で買うより、そこに愛情が加わる気がします。確かに、慎吾らしいですね。中居くんのリアクション、吾郎当たっているんじゃないでしょうか(笑)

イケTELスマップ
北海道のとっても声が可愛いファンの方。北海道は海産物が美味しいということで、吾郎はお取り寄せで北海道の市場に電話して注文するけど、きっとSMAPの稲垣吾郎だと気づかれていないと思うと言っていましたが・・・バレているんじゃないのかな(笑) ネット注文していると思ったんだけど、電話しているんだ?! すごいなぁ。ライブの話でいろいろと盛り上がって楽しそうでした。

リクエストSONG noteオリジナル スマイルnote

吾郎の自由時間
pencil「冬のバーゲン商品と入れ替わるように、店舗には春の新作が並び始めます。いっきに気持ちも春めいて嬉しくなります。ドラマの撮影で忙しい吾郎さんですが、春にこれがほしいというものはありますか?」
吾郎 「ちょっとまだ寒かったりすると、なかなか春ものを買おうという気になれないんですよねぇ。冬が訪れるときは、早い目に冬ものを買いたくなるんですけども、僕の場合は。基本的に冬服のほうが好きっていうのもあるんでしょうかね。そうだなぁ・・・春は明るめのホワイトジーンズとかね。僕、結構と黒が多いので、デニムだけ下は白とかね。春、楽しみですね」
冬服は買うのすごく早いじゃん!って突っ込もうと思ったら、吾郎は自分でちゃんとわかっていた(笑) 少し聞くだけで、吾郎がお洒落なのがすごく良くわかる。やっぱり、吾郎の私服もいろいろ見せてほしいですね。

pencil「吾郎さんは一人暮らし歴が長いと思いますが、初めて一人暮らしをしたときから使っているものってありますか?」
吾郎 「あぁ、これ、あるんですよねぇ。初めて一人暮らしをしたのは、僕は19か二十歳だったんですけども、そのときのマンションっていうのが、その部屋がちょっとモデルルームみたいになっていて、家具とか食器類が軽く置いてあったんですよ。その部屋に入居することが決まったんですけども、家具はなかったんですけど、カーテンと食器だけは置いてあったんですね。持って買えるの忘れちゃったんでしょうかね、展示していた不動産屋さんが。その食器が案外いいものだったんですよね。ノリタケの食器だったんですけどもね。カーテンは、次の物件に行くときにつけたまま出てきましたけど、食器はいまだに持っているんですよね。あとは、さすがに変わってますよねぇ」
その食器は取りに来るかもと思って持っていたんでしょうか。どうなんだろう・・・モデルルームになっていた部屋に入ったことがないのでわからないんですが、置いていってくれたりするもんなんでしょうか(笑) なんとなく、全部引き上げるような感じはするんですが。ここで、ちょっと吾郎が出演していた『佐々木夫妻の仁義なき戦い』のドラマで、確かモデルルームの家具をそのまま使っていたご夫妻のエピソードが出てきたなぁと思い出しましたけど(笑)

「五六二三」(吾郎文)
pencil「SMAPさんの曲名で手紙を書きました。何曲入っているかわかりますか?
Dear WOMAN
正義の味方はあてにならないけど、君は君だよと言ってくれた友達へそのままKANSHAしてありがとうと言おう。俺たちに明日はあるのか、どんないいことがあるかわからないけど、この瞬間、きっと夢じゃないからはじめての夏ずっと忘れないたいせつにエンJoy!!しようよさかさまの空を見上げていたら、雪が降ってきたから、僕の半分はコタツの中だけど、Batteryが切れるまえに朝日を見に行こうよ。SMAPと共にがんばりましょう

吾郎 「うまいっ!うまいですねぇ。でもさぁ、恥ずかしいんですけど、こういうの読まされるの(笑) でも、タイトルってとても詩的なんですね。これ、SMAPのが50曲以上もあるからできるんでしょうねぇ。いろんなヴァージョンができると思いますけれども。最後のほうの、「僕の半分はこたつの中だけど、Batteryが切れるまえに朝日を見に行こうよ」って、これいいですねぇ。何曲あるんだろうねぇ。(実際に数えだす吾郎(笑)) 21曲ですね。正解は見ればわかることですけどもね。クイズになっていないですけども(笑) 他のヴァージョンも送ってきてくださいよ(笑)ちゃんと読んでみますから」
どうリアクションしていいかわからないと言いつつ、もっと送ってきてとリクエストする吾郎(笑) ちょっと待って!21曲も入っていますか?!19曲じゃない?と思って再度英語にするべきところを訂正したら21曲だった。吾郎、すごいな!(お便りの中では、ちゃんとタイトルは大文字か何かにされていたんでしょうかね)

pencil「『福家警部補の挨拶』のプレミアム上映に参加しました。檀さんと時生くんと三人のトーク楽しかったです。あのとき、フジの笠井さんが司会をされていて、吾郎さんが「笠井さんは、舞台を毎回観に来てくださってすごくお世話になっている」と話されていましたね。そういう繋がりって嬉しいですね」
吾郎 「嬉しいですよね。本当に舞台よく観に来てくださって。他のメンバーの舞台も観に行っているみたいですし。舞台がもともとすごく好きな方みたいですね。あと、笠井さんの舞台を観終わったあとの感想というのが、もう素晴らしいんですよね。本当にいいことを言ってくださって、自分で気づかなかったところを分析してくれたりするので、次に演じるにあたってすごく参考になることを言ってくださるんですよね。映画とかドラマも観てくださっているし、嬉しいですよねぇ。本当にいい方なんですよ、この方。また、舞台をやるときには早めに来て頂きたいですね、笠井さんには。そうすると、演じ方とか変わりそうな気がしますし。早く舞台やりたいですねぇ」
笠井さんへの、ものすごい熱い信頼(笑) 羨ましい。舞台を早くしたいという吾郎の言葉、決まっているんですね(笑) 早く公表してほしいです。そして・・・新曲がこの「ストスマ」で初披露です。

noteYes we arenote

とても優しくなれるような曲ですね。メンバー同士でコーラスを入れる部分もあったりと、生歌はどうなるかわからないですが(笑) そして、大サビが吾郎のエンジェルボイスshineで癒されます。吾郎の声に合った曲だなぁと思いました。テレビでの披露もとても楽しみです。

|

« 怖い日常 | トップページ | 明日へ・・・歌で繋ごう »

コメント

こんにちは。春物の話題で採用していただきました☆ホワイトジーンズは間違いなく似合いますね♪そしてそれを着用してファッションスナップとか…やっぱりすごく見たいです!((o(≧∇≦)o)) 
そして武蔵に斬られた光秀がおもしろすぎて(笑) 楽しさが伝わってきました☆衝撃的表紙@ガイドの中でも、木村さんに自分の好きなヘアスタイルを伝える吾郎ちゃん(笑) それ、エールじゃないし!と思いつつも、ツボだったのかな♪と感じて嬉しかったです☆
『Yes we are』は吾郎ちゃんが大サビなんですね♪私はワッツで初めて聞いたんですが、吾郎ちゃんの声が伸びやかでとても綺麗でした(○´∀`○) 衣装も含めてどう来るか、わくわくします。『ココカラ』も早く聞きたいですね♪

投稿: mariko | 2014/03/09 12:42

「京都太秦での密会」(笑・笑・笑)。Kazuyoさん、すっごい題名で(笑)。明智光秀の格好で宮本武蔵の木村君の楽屋に遊びに行っちゃう吾郎ちゃんを想像すると可愛いheart もうキュンキュンして武蔵の木村君の撮影を拝見されていたのでしょうね。

投稿: ピカチュウ | 2014/03/10 01:51

cherryblossommarikoさん
あっ!また採用されたかな?と思いながら聞いていました(笑) おめでとうございます。なかなか、吾郎のツボを付いてくるお便りを出すのがお上手ですね(笑) 吾郎は脚が細いのでホワイトジーンズはとっても似合いますよねぇ。中居くん、慎吾と出したんだから、吾郎にも何か私服を見せてもらう写真集を出してほしいです。ガイドさんに掲載されている、「京都組」のトーク対談もとても良かったけど、「ストスマ」での楽屋訪問もこぼれエピソードでしたね(笑) ちゃんと会いに行って、尚且つ撮影まで見てくる吾郎さん。それを、ちゃんとファンに報告してくれるのが嬉しいですね。やっぱり、単独ラジオはありがたい。「Yes we are」は、フルで聞くと大サビが吾郎で驚きました。とっても綺麗に声が出ていますよね。「ココカラ」のほうは、しんつよの「パワスプ」で流れましたね。こちらは、とっても可愛い曲で。今回の両A面はどのぐらいテレビで披露してくれるかなぁ。できたら「Joy!!」並みのプロモーションはお願いしたいです。


cherryblossomピカチュウさん
「密会」というのは、あまりにもオープンなエピソードでしたけどね(爆) 三人が三人とも、それぞれのドラマ撮影だったのであまり時間はなかったと思うのですが、それでも楽屋で戯れるキムゴロさんたちはさすがです(笑) いつも会っているメンバーに、カメラも回っていないところでそんなことができることが驚きですよね(笑) 剛の「スペシャリスト2」はとてもよくできていた。来週から二週に渡って放送される「宮本武蔵」も楽しみです。

投稿: kazuyo | 2014/03/10 07:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怖い日常 | トップページ | 明日へ・・・歌で繋ごう »