« 福家警部補の挨拶 10 | トップページ | それは奇跡・・・ »

妊婦の気持ち

今夜の「ゴロウ・デラックス」の吾郎さんの衣装が、これまた下手に着こなしたらただの気障な野郎に見えるシックなストライプのスーツで。まぁ、吾郎にとっても似合っていた。小島さんは、春らしい淡い黄色の衣装でとても素敵です。しかし、今回の吾郎の後ろ髪裾のぴょこんっとした跳ねっぷりがなんか可愛くてギャップ萌えです(爆)

第百十七回課題図書 『私は妊婦』 大森兄弟著

Photo 幸せな象徴と思われがちな妊婦さんの葛藤や不安を、男性二人が書いたとは思われないくらい生々しく描いた小説。著者の男性二人は、実の兄弟で2009年にデビュー作『犬はいつも足元にいて』でいきなり文藝賞を受賞。兄は看護師、弟は主夫兼会社員。名前は非公表で、完全共作スタイルで話題を呼んでいるお二人。

この本は、小島さんが出版社の方に勧められて読み、本の帯まで担当したというもの。吾郎のほうは、男性としてわからない妊婦さんの心情が勉強になったみたいです。ゲストの大森兄弟の『大森』は、幼少の頃に大森に住んでいたので付けたものらしい。見た目はれっきとした男性ですが、どことなく女性っぽい雰囲気を醸し出すお二人。さすが、女性の気持ちを理解して小説を書かれてるだけのことはある(笑) テレビ番組初出演で、ちょっと緊張気味。

まずは、小島さんが「夫にぶちまけるシーン」を朗読。今回の課題図書は、まず弟さんが奥様が妊娠されて見た目だけでなく心情も変化するさまを目の当たりにして小説に書いてみたのを、お兄様が加筆修正してできあがったもよう。弟さんは、奥様が3ヶ月で仕事復帰されたので、男性が育児するうえでの難しさも妊婦さんや母親の気持ちになって文章ができあがっていったそうです。

ここで、男性でもあり父親経験もない吾郎に、妊婦さんの大変さを体験してもらうことに?! 「妊婦体験ジャケット」と言われる、重さ8.5キロのクッションのようなものを両肩から前につけ、マタニティドレスを着るというもの。ゴロ子さん(笑)(笑)(笑) 脚が細くて、なんだか素敵。スーツの上から着用したのに、なんでこんなに違和感がないんだ。これは、SMAPメンバーが見ていたらものすごく突っ込みたいと思います。(何名かは見ているかな(笑)?)

このあと、吾郎が「妊娠中に言われてイラだつ夫の勘違いポイント」と「妊娠中にお腹が大きくなって大変そうな妻に、つい言ってしまいがちな言葉」、そして「立会い出産」の様子を朗読。親切で言ったことに、こんな風に思われるの?!と吾郎はどうも納得がいかない様子(笑) 人によるという大森兄弟さんのコメント(笑) まぁ、そうだよねぇ。「変われるものなら変わってあげたい」とか「出産、立ち会うよ」と夫に言われたら、優しいと感動する奥様もいるだろうし。言う側の夫の普段の人格にもよりますよねぇ。たとえば、吾郎が言ったら、それはそれは奥様となる人はとても喜ばれるのではないかと思います(笑) だって、吾郎って本当に女性にはいつも優しいものheart

ここで突然、番組側が小島さんの旦那様にアンケートとして、「出産に立ち会われたときの感想」と「奥様である小島さんへのメッセージ」が吾郎から読み上げられます。吾郎も言っていたけど、とても素敵な旦那様の言葉。小島さん、素敵な旦那様と二人の息子さんに囲まれて幸せなんでしょうねぇ。なので、小島さんの番組最後の重大発表となった決断もわかる気がしました。

そう・・・今夜で、小島さんは「ゴロデラ」を卒業されます。3年間、吾郎と一緒に番組を盛り上げ、そしてどんなテーマでも番組の質を下げることなく二人で楽しい番組にしてくださって本当に感謝です。小島さんからの、吾郎、そしてスタッフ、視聴者へのメッセージにじ~んときてしまいました。吾郎が、いつも「ゴロデラ」のことを話すときに、小島さんに感謝していると言い続けていた。一ヶ月のお休みをはさんで、「ゴロデラ」はリニューアルされて戻ってきます。そのときに、吾郎のお相手が誰になるのか。はたまた、吾郎が一人で進行するのか。番組のテーマは変わることなく続くのか・・・現段階では、何もわかりません。この4月で4年目に突入する番組が、小島さんの今後のご活躍と共に発展していってくれることを願っています。

そして・・・新しくなる「ゴロデラ」が全国放送になるように、今から未放送地域の方たちはローカル局に改めて要望を出してみてください。少しでも多くの人が、新番組を見られますように。小島さん、3年間本当にありがとうございました。そして、吾郎さん、番組をさらに素敵なものにしていってください!

|

« 福家警部補の挨拶 10 | トップページ | それは奇跡・・・ »

コメント

Kazuyoさま

男性2人の共著であることにも興味がありましたが、ここまでリアルに妊婦の心情を記してあるとは思いませんでした。鋭い観察眼をお持ちの方達とは思えない穏やかな話ぶりと笑顔のギャップに、本に対しての興味がさらに増したような気がします。

吾郎の朗読部分にも、激しい痛みは本人だけしか分からないのにのんびり変わってあげたいといわれてもねぇと共感したり、でも優しい言葉や心配している素振りが無いとそれも嫌だし(苦笑)これは男女ともに読んで欲しい内容なのではと感じました。

丁度まる3年でこの番組を卒業される小島さん。ある時は毒を吐きつつも何時も吾郎をきちんと立てて番組を進行してくれていましたね。そのさり気無い気遣いは忘れられません。時々暴走もしていたけれど、お互いが補い合いながらのコンビの良さは最高でした。本当に3年間楽しい内容に触れる事ができて感謝ですし、今後の小島さんのご活躍にも期待しています。

4月からの放送はどうなるのでしょうか。ファンは今までと変わらず応援あるのみですね。吾郎さんとあのスタッフならきっと期待以上のものを提供してくれるはず!全国放送に向けて要望、感想は必ず届けましょう。

投稿: さやか | 2014/03/21 11:49

こんばんは。小島さんが卒業されるとは…とても寂しいです。今の時期は自分の周りひとつとってもいろんなことが目まぐるしく動いているから、芸能界なんてそれ以上なんでしょうけど。。小島さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも吾郎ちゃんとは仲良くしていてほしいし、あのスタジオの中に居なくても繋がりがずっとあればいいな、と願っています。
番組には、放送希望のメールをさっき送ってきました。葉書も出すつもりです。自分なりのエールを番組に、吾郎ちゃんに届けていきます。4月末の放送回は、あくまで期待のパーセンテージを心の中で高めながら、楽しみに待ちたいと思います☆彡

投稿: mariko | 2014/03/22 00:51

t-shirtさやかさん
ご兄弟二人とも職業にもよるのでしょうか。とても、おっとりされていて優しそうな方たちですよね。女性の視線から、男性二人が小説を書いてみるというのが非常に面白いなぁと思いました。文藝賞をとられた「犬はいつも足元にいて」も俄然興味が沸いたのですが、きっとこのお二人ならではの文章なのでしょう。しかし・・・小島さんんの番組卒業は残念ですね。少しダイジェストとして、番組が始まったときやロケなどのVTRが流れましたがもう3年も経ったんだなぁと。初回のお二人は、まさにスタジオ撮りで初顔合わせという前代未聞の見切り発車(笑) それが、あれよあれよというまに完璧なMCを二人で作り上げて、毎回ゲストの方を色眼鏡で見ることなく本をしっかり紹介してくれる素敵な番組に育ててくれました。お互いが足りないところを補って、素晴らしいコンビネーションでしたよね。もう、この番組での吾郎のパートナーは小島さん以外考えられないぐらい。なので、リニューアル後はどうなるのかと、正直不安もあります。でも、吾郎のことだから、きっと誰と組んでもうまくやっていってくれると思う。あとは、番組のカラーがどう変わるのかという点ですよね。小島さんへの感謝と、新番組へのエールを公式HPからメッセージとして送っておきました。スタッフもいろいろ考えてくれていると思うので、期待しておきたいと思います。


t-shirtmarikoさん
小島さんの知性と毒が、吾郎にとても合っていましたよね。番組が始まるまでは、才女の女性アナウンサーと深夜バラエティで組んで面白くなるだろうか・・・と若干不安もあったのが嘘のように吾郎とバッチリ合ったMCっぷりでしたね(笑) 小島さんが「ゴロデラ」を卒業されるのは本当に残念ですが、今後も活躍されていくだろうし、それこそ今度はゲストとして来て頂きたいですね。そして、新しいパートナーが入るのであれば、リセットして良い番組になるように応援したいと思います。あまりにも難しそうなら、当分は親太朗くん補佐で、吾郎一人でやってみてもいいと思いますけどね(笑) それぐらい、やっていける人だと思うので。「忘文」の後半とか似たような感じで一人で進行していたので大丈夫だと思う。とにかく、新しくニュースが入ってくるのを楽しみにしておこうと思います。

投稿: kazuyo | 2014/03/22 04:29

Kazuyoさんのレポを拝見してビックリ。小島さん卒業されるのですね。本当に感謝の言葉しか出てきません。折角ゲストの方のレポをして下さったのに・・・頭が小島さん卒業しか入ってきません。今後のゴロデラと吾郎ちゃんのことで要らない心配が。でも確かに今まで一人で番組をやってみえたから心配は不要なのですが。あまりにも小島さんと親太朗くんとのコンビが良かったので要らぬ心配をしてしまいました。小島さんには感謝以外にはありませんね。吾郎ちゃんもリラックスして楽しい番組だったでしょうね。オープニングの二人のおしゃべりにも楽しませて頂きました。小島さんの印象深かった事は、3.11の時吾郎ちゃんをどう連れて逃げようと思ったとお話を聞いた時、男っぽい方だと思っていたので凄い母性の強い方なんだと思った事。吾郎ちゃんの周りには本当に吾郎ちゃんを守ってくれる人が自然と集まるのですね。これからどう番組がなっていくかはわかりませんが吾郎ちゃんの事また楽しい番組をみせてくださるでしょうね。1ヶ月後また拝見できるよう地元局にもお願いに行ってきます。

投稿: ピカチュウ | 2014/03/23 17:13

t-shirtピカチュウさん
小島さんの卒業は、おそらく個人的な生活環境の変化からだと思われるのですが、決断されるのにいろいろ悩まれたと思います。吾郎も忙しい身なので、収録をお二人で合わせるのが難しいと判断されたんだろうなぁと。本当に、今までご一緒して頂いて感謝ですね。今後、本のゲストとして出演して頂きたいです。しかし・・・そうなると、今後の「ゴロデラ」がとても心配になるところだと思うのですが、私はポジティブに受け取っておこうと思います。吾郎の力を信じているので。どう変化しても、きっとまた吾郎らしい番組にしていってくれると思います。今以上に、たくさんの応援をファンとしては送っていきたいと思います。一ヵ月後にどういう「ゴロデラ」が生まれるのか、楽しみに待っておきたい。期待したいですね。

投稿: kazuyo | 2014/03/23 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福家警部補の挨拶 10 | トップページ | それは奇跡・・・ »