« きっと夢じゃない | トップページ | 役なら金髪にします! »

福家警部補の挨拶 最終

最終話 『女神の微笑

とうとう、「福家警部補の挨拶」も最終回を迎えてしまいました。前半、ほとんど石松警部演じる吾郎が出てこなくて、それでも面白いところを模索しながら視聴していたドラマです。食いつくドラマではなかったけれど、1時間見ていると結構とあっという間に毎回感じていたということはそれなりにうまくできていた作品だったのかもしれない。問題は、毎回証拠物件が非常に弱かったこと。これは、ミステリーでは致命傷。ただ、それに付随する人間模様が非常にうまくできていたドラマだったと思います。

あとは、犯人役のゲストが毎回とても秀逸だったことですね。最終回の犯人役は老夫婦役で八千草薫さんと山本學さんが好演されていました。15年前に娘を以前付き合っていた男性からつきまとわれ殺された両親。警察に相談しても助けてくれなかったことから、自分たちで世の中の悪い奴らを自ら作成した爆弾で殺害してしまおうと考えた悲しいストーリー。実は、本当に偶然なのですが、週末に「仰天ニュース」で以前放送された『桶川女子大生ストーカー事件』を見たばかりだったので、今回のストーリーとシンクロしてしまいちょっと怖かったです(汗)

一時間で、ミステリーの本筋と先週あたりからにおわせていた福家の過去の伏線を全て回収できるのかと思ったら、とりあえずまとめてきた力には驚きました。公式予告での「福家の過去が明らかに!」は、まぁ・・・ちょっと期待を持たせすぎだとは思いますが(笑)、彼女が背負った自責の念は理解できた。どうして、捜一に自ら志願したのかが少しわかりにくかったんだけど、現場で自分で捜査して犯人を捕まえたいからなのかな? 昔、海外赴任のときに助けられなかった少女がいる(?)ことから。しかし、この流れでしっかり石松警部の15年前の過去も絡めてきたのにはビックリです(笑) 今回の老夫婦の娘さんのストーカー案件を野放しにした警察署に、若かりし頃の石松警部がいたんですね。刑事になりたての警部には、捕まえたくても動けなかった過去があった。その過去の事件から、自分が上に立つものにならないと警察の組織は変えられない=出世志向になったんですね。ただ、自分の名誉のためだけに昇進したい人でなくて良かった。そして、叩き上げでこの若さで警部にまで上りつめたのはすごいことなんじゃないかと。お酒(酔っ払い)のにおいが苦手でも、上司の付き合いに参加してきたのも、こういう理由があったんだと・・・結構と、石松警部の描写はうまく描かれていたのかもしれない(笑) 出番が少なかったのが残念ですが。

最後となったので、警部関連ツボを落としておきます。
・ とにかく、全編通して石松警部がかっこよすぎ。冬のコートを着てスッと立つ姿はモデル?!と見まがうほど。
・ 福家にとって一番良いと思う「処分」を上に話をつけるなんて、すごい良い上司じゃないか!
・ 福家ちゃんは、田所警部補が次期係長になると話していたと二岡から聞いても「そんなこと言ってたっけ?」というそっけない対応なのに、石松警部が警視になるという話には動作が止まる・・・案外、好意を抱いていたのかもしれない(笑) そりゃあ、二岡くんも失恋heart03状態だよね(笑)?(彼、絶対に福家さんのことが無意識かもしれないけど好きなんですよ。だから、二人に「つきあっているんですか?」と聞いてしまう。ま、石松警部が相手だったら、まず勝ち目ないけどね(爆))
・ 警視になるので、今度は「警部」ではなく「警視」と福家に呼ぶように言うも、緊急事態では「そんなのはどっちでもいい!」という男前な人(笑)
・ 4人目の犯人とのとっくみあい。犯人であっても、爆弾から身をもって庇うんですね・・・犯人さん、役得すぎてズルい(笑) このシーンの警部、男らしかったなぁ。「叩き上げ」というのが唯一わかったシーンでしたね(笑)
・ 福家の涙ながらの訴えに、隣で何も言わずジッと立ちながら聞いている姿が麗しいheart
・ 爆弾から福家を助けに駆けつける警部。こんな中でも吾郎が演じると王子様crownのよう 乱れ髪が美しい・・・
・ 病院では、もしかと思うけど福家が目を覚ますまで付き添ってくれた? いいなぁ(笑)
・ 福家のトレードマークの黄色いコートが綺麗にハンガーにかけてあるのは警部様が?! いいなぁ(笑)

しかし、すごくいい上司ですよねぇ。こんなこと言ったらあれですけども、石松警部が警視になり福家が警部を辞退したら、田所警部補が警部になるんですよねぇ? 田所さんはすごく好きなキャラですが、福家ちゃんとはウマが合うのか合わないのか。ものすごく口うるさい上司になるような(汗) 今までのように好きに単独捜査なんてさせてもらえないんじゃないだろうか。結局、自分の思うようにいかないので、石松警視の補佐役とかに異動を申し出そうで。それはそれでいいと思います(笑) 

今朝の「めざまし」でお二人一緒にクランクアップのVTRが流れて、吾郎が「パート2お願いしま~す!」と言っていましたが・・・個人的には、パート2という続編というよりは、福家と石松のスピンオフが見たいです。福家の海外での過去の出来事と、石松警部の15年前の事件のジレンマは、同じ思いが刑事として「無念」で残っているので、これをメインにしたストーリーのSPで! 二岡くんと田所さんが、石松警部が警視になっても何かと福家を気にかけているのにやきもきするみたいな(笑) 是非、お願いしま~す!

|

« きっと夢じゃない | トップページ | 役なら金髪にします! »

コメント

 Kazuyoさん、こんばんは。
 とうとう終わってしまいました。正直前半は石松警部の出演がほとんどなくて物足りない感じがありましたが、後半ぐっときて最終回も目に麗しく、役回りも素晴らしくてこれで会えないのがとても寂しく感じられました。犯人も昔から好きな八千草薫さん、山本學さんという素晴らしい配役で見応えありましたね。毎回犯人役はとても良かったと思います。初回に「観なくてもいいかな」と言った娘が途中から「面白くなったね」と見始めたので、初回にもう少し惹き付けるところがあったらなと残念です。
 石松警部がただの嫌みな上司で終わらず、目指しているところやその想いが描かれていて本当に良かったです。ちょっとアクションもあり、乱れた髪も素敵でもっとじっくり見たかったです。病室でのシーンも、目覚めてあんなに美しい上司がいるなんてなんて羨ましいとか、笑。クランクアップの吾郎ちゃん可愛かったですね。スピンオフ見たいです!演じている吾郎ちゃんを見るともっともっといろんな役の吾郎ちゃんが見たくなって困ります。

投稿: maako | 2014/03/27 18:48

bombmaakoさん
最終回が迫ってくるごとに、石松警部の活躍が見れて良かったです。初回から、このぐらい警部も二岡くんもストーリーに絡んできてほしかったですね。最後なので正直に言いますが(笑)、やはりこの作品はどうにも檀さんのキャラが弱かった。それが最後まで引っ張ってしまって残念だったなぁと。檀さん自身がというより、やはりキャラに嵌っていなかったのが大きいかと。あとは、作品全体としては毎回うまくまとまっていたとは思うけど、倒叙ミステリーとしてはもう本当に証拠のツメが甘くて成立するには無理があるものばかり(苦笑) 犯人役のゲストの方たちが毎回優秀だったので、最後まで完走できた感じでしょうか。なので、個人的には断然パート2よりスピンオフです。続編を作っても、同じような感じで乗り切れないと思うので。人間模様の描写が非常によくできたドラマだったので、そこを掘り下げたスピンオフが希望です。もちろん、石松警部視線でやって頂けるとありがたいし・・・そうでないと見ないと思いますが(爆) クランクアップでの、吾郎と福家さんの雰囲気がとても可愛かったので、是非、二人のスピンオフを見てみたいなぁと思いました。しかし・・・吾郎さんは、きっと今回の作品で、またひとつ役者として一歩前進ですね。頼もしいです。

投稿: kazuyo | 2014/03/28 07:45

おはようございます。普段は連ドラに見向きもしない妹が一緒になって見ていました。檀さんの頑張りは毎週すごく伝わってくるのですが、ちょっとハマりきれてない感じがラストまで拭えませんでした(^-^; でも吾郎ちゃんや柄本さんとの並びは可愛らしくて好きでした♪
吾郎ちゃんはよくやってましたね。同じ刑事でも、TAKE FIVEの岩月さんとは全くの別人で。ちゃんと上司に見えていたし。静と動のバランスというか、メリハリの出し方がすごかったです。あと、ちょっと冷たい感じの声も最高でした。TBS公式コメント欄にも、『吾郎ちゃんが良かった!』っていう書き込みが多くて嬉しいです♪( ´艸`)
『石松警視の改革』的なスピンオフ、是非みたいですね☆

投稿: mariko | 2014/03/29 09:40

Kazuyoさん、ご無沙汰してます。
刑事ものは好きで色んなドラマを見ているので、初回から如何にも福家警部補のキャラクターの弱さが気になってました。
会社の人には「吾郎ちゃんが出てきてホッとした」とも言われましたし。
しかし、最近ドラマに嵌り見まくっている父は「檀さんは良いはまり役を得た」と大絶賛でした。・・・人其々ですねcoldsweats01
最終回は、雑誌のインタビーでも言っていた「2人で神振り乱して協力して解決」の形になっていたなと思いました。
何だかんだと文句はあれど、毎週素敵な石松警部を見れたのは幸せな時間でした。
Part2では警視になった石松さんの出番は今よりもっと少なくなりそうなので、是非スピンオフ2時間スペシャルで石松警視に会いたいです。
そして、また新たな役者・稲垣吾郎に早く会いたいです。

投稿: 緋絽 | 2014/03/29 21:16

bombmarikoさん
フジテレビとしては、この檀さんのキャラ設定で問題なかったと思うのですが・・・どうにも、若干身勝手さが描かれているのが気持ちを持っていけないというか・・・檀さんも大変だっただろうなぁと思います(苦笑) 彼女の持っているものとして、こういう設定のほうが良かったのかもしれませんが、ちょっとウザいと思ってしまうのはダメなんじゃないかと(笑) 吾郎と並ぶと美男美女でとても良い感じだったので、そこが残念でしたね。柄本くんの二岡くんはいい味を出していたので、石松警部との絡みが入って嬉しかったです。かみ合っていないようで、なんとなくしっくりする感じなのが絶妙でした(笑) そうそう、同じクールなキャラでも、石松警部と「TAKE FIVE」の岩月櫂は別物でしたね。さすが、吾郎さん! ちゃんと演じ分けています。どちらも萌えキャラだったのは、ファンとしては非常にありがたかったですね。やはり、警部をメインでスピンオフが見たいですよねぇ。数字が芳しくなかったので難しいとは思うけど、要望は出しておこうと思います。


bomb緋絽さん
実は、気になってNHKで2009年に放送された「福家警部補の挨拶~オッカムの剃刀」を視聴してみたんです。フジ版のほうが、ミステリーっぽい仕上がりになっていますが(証拠は甘いですが(笑))、NHK版では非常にコメディ色が強く結構笑える。そして、福家を演じる永作さんが非常にキャラに嵌っていました。確かにめげないのですが、とてもキュートなんですよ。思わず、福家頑張れ!と応援したくなるものがあって、あぁ、ここだな・・・と思いました。石松はきたろうさんが演じていたのですが、こちらもコミカルだけどちゃんと福家と絡んでいて違和感なかったですね。二岡役が小泉くんだったので、福家に好意を抱いていることがしっかり描写されていました(笑) フジ版の「福家」は、吾郎をキャスティングしたことから、檀さんとの並びがとても素敵だったのでもう少し本編で絡ませていたら・・・と残念です。永作さんの福家キャラはとても良かったですが、吾郎が石松を演じるのであれば檀さんとのほうが合うと思うので。なので、やっぱりこの二人でスピンオフですね。パート2だと、必ず石松の活躍は描かれないと思うので(爆)

投稿: kazuyo | 2014/03/30 04:09

とうとう福家も終わってしまいましたね。寂しいです。前半ほとんど警部殿のからみのシーンが少なすぎで心配でしたが後半はグーと福家とからんできて良かったです。もう少し早く伏線としてからんでほしかったです。警部殿自体はいう事ないです。あんなカッコイイできる上司なかなかお目にかかれませんよ!本当に福家さんも警部の前ではシャキっとなってましたもんね(笑)同じ刑事ものでも確かに岩月さんや舜くんとは全く別のキャラを演じていたのですね。吾郎ちゃんの演技力は素晴らしいですね。石松警視のスピーンオフ是非拝見したいですね。

投稿: ピカチュウ | 2014/03/31 00:40

bombピカチュウさん
出番自体は、前半はほとんどなかった石松警部ですが、毎回本当にちょっとした出演で萌えさせてもらったキャラでした。極力抑えた演技の中で、しっかりと警部の心情がわかる演技をしていた吾郎。それを見させてもらっただけで、本当にありがたいですよね。最近、同じようなクールでどこか冷たい役柄が回ってくる吾郎ですが、どれをとっても全部違うキャラ作りをしているのは感服します。だから、きっと岩月櫂は好きでも石松警部はそうでもない・・・とか見ている人はいたと思います。今回の石松警部のキャラは、案外と世間の方には好評だったようでやはり萌えキャラなのね(笑) もったいないので、ここはスピンオフでお願いしたいところです。

投稿: kazuyo | 2014/03/31 03:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きっと夢じゃない | トップページ | 役なら金髪にします! »