« ローマンジャパニーズな人たち | トップページ | ガッツリ聞いてます! »

迷わない心得

リニューアルされて、通常放送の一回目の「ゴロウ・デラックス」。収録は、先週と同日だと思うので、まだ外山さんが若干緊張されているところも見受けられますが、すでに吾郎と楽しそうに笑ってらっしゃいます。二人とも、ものすごく適応性があるんだろう(笑) ゲストをお呼びする番組に、社交的な部分は必須ですよね。

外山 「吾郎さんは、何か決めなきゃいけないとき迷うことってありますか?」
吾郎 「(ニヤニヤして外山さんの顔を見ながら) 、迷ってますよ(笑)」
外山 「今?!」
吾郎 「新パートナーとして・・・これから、ちょっといろいろとお互いのことを知っていかなければなって」 
(吾郎さん、素敵!紳士だわheart01

ということで・・・今夜のゲストもすごい方が来てくださいました。

第百十九回課題図書 『迷わない。』 櫻井よしこ著

Photo 日本テレビ『きょうの出来事』で16年間キャスターを務めた著者が、これまで語ることのなかった自らの半生を綴った貴重な一冊。常に日本の未来に向き合い、メッセージを発信し続けてきた。

普段はバラエティ番組は見ないけど、見るときはSMAPを見るように心がけているという櫻井さんは、さすがキャスターだ(笑) 櫻井さんは、23時からの番組に出演することになって生活のリズムが崩れたあと、とにかく朝7時には起きるようにして、朝食もしっかり食べるようにしたらリズムが戻ったそうです。芸能界に長くいる吾郎も、実は同じ朝は早く起きて、しっかり朝食を自ら作って食べる人。外山さんが、女性でありながら自炊はあまりしない・・・といたたまれない感じに(笑) 外山さん、吾郎さんの「女子力」はこんなもんじゃない! これから、ガッツリ「女性」に磨きをかけていってください(爆)

朗読タイムは、吾郎が『迷わないとはどういう事か?』という箇所を朗読。櫻井さんが、吾郎が読んでくれるということで「光栄ですheart」ととても嬉しそう(笑) 日本が敗戦を迎えたときに、櫻井さんはまだ赤ん坊でご両親はベトナムにおられたそうです。そこから、財産を全部置いて日本に引き上げてきた。日本は誰もが貧しかったと。櫻井さんのお母様がとにかくとても前向きな方で、「大事なことだけ覚えておけば、あとは気にしなくていい。迷わなくてすむでしょ?」と育ててくれたそうです。お父様はとてもモテた方で、夜になってもいつもいないけど、母親が父親の悪口を言ったことは一度たりともないそうです。あぁ・・・いろいろ言葉が自分に跳ね返ってくるわぁ(苦笑) 贅沢に慣れた現代人には考えられない強さと優しさですよね。見習いたくても、時代がそうさせてくれない。でも、気持ちだけは持っていようと思わせてもらいました。ほんと、いろいろ頑張ろうと思いましたね(笑)

外山さんが朗読した箇所は、『背中を押してくれた母の言葉』 櫻井さん自身は、高校生のときにすでにハワイにいた父親の生活のお世話をするために、母親に頼まれてハワイに。その一年後、父親が帰国するもハワイに一人で残ることを決意。お金もない中、とても良い師のもとでしっかり生活をされ、日本に戻ったときに紹介されたジャーナリストの女性に付いてお仕事を。そして、「きょうの出来事」の大抜擢。その道のりは、決して楽なものではなかったんですねぇ。でも、櫻井さんがとてもおっとりと話される方で、なんでもなかったかのようにお話される。人間、こうでなければいかん(笑) 苦労話をするのはかっこいいことではない。ニュースでしかお見かけしたことなかったので、もっとシャキシャキした方だと勝手に思っていたけど、育ちの良いお嬢様のような清い方です。

外山さんとのパートナーは、なかなか楽しそう。とにかく、年上の方がゲストのときの吾郎は完璧な紳士ぶり。外山さんは明るくて、コロコロ笑って犬コロdogみたいな方です(笑) 吾郎が、しっかりリードしてあげて進んでいける気がするのが、新「ゴロデラ」の良いところでしょうか。毎週木曜日は、これからも楽しみですね。

|

« ローマンジャパニーズな人たち | トップページ | ガッツリ聞いてます! »

コメント

Kazuyoさま

前回は新相棒の外山さんの保護者のような立場の永さんがゲストだったので緊張感は無かったのですが、今回のゲストの櫻井さんに吾郎さんと外山さんがどう対応するのか、こちらが緊張してしまいました(笑)そんな心配も優しく外山さんを導く吾郎さんの心配りと外山さんの楽しそうな笑顔を見て吹き飛びました。

櫻井さんは、かって薬害問題でその渦中の人を問い詰めているジャーナリストとしての厳しい姿勢を拝見しているので、鋭い切り口での会話の応酬になるのかとドキドキしていましたが、これは嬉しい誤算でした。失礼ながら吾郎さんと話す櫻井さんが可愛い少女のように見えましたもの。ご自身の生い立ちの話から現在に至るまでを淡々と優しい口調で話されるのを見て、苦労をものともしない芯の強さを感じましたね。

ゲストの新たな面も伺えたし、何と言っても吾郎さんの聞く力の凄さが感じられて嬉しかったですね。押し付けがましくなく、それでいてゲストが話しやすいように自然に導いている。ゲストにも視聴者にも居心地が良い空間を作ってくれているのも素敵です。

吾郎さんの相棒が変わっても、番組内容は変わらず、スタッフのぶれない姿勢に感謝です。

投稿: さやか | 2014/05/02 23:51

tvさやかさん
本当にぶれないですね。スタッフの吾郎さんのパートナー選びは、今回も間違ってなかったと思います。正直、まったく小島さんとは違うタイプのバラエティ色が強い方を選んでも面白いんじゃないかと思っていたんですが、「ゴロデラ」の魅力を出すにはやはりしっかりしたアナウンサーの方がいいみたいですね。パートナーが変われども、番組のカラーがまったく変わらないということは吾郎の冠番組としてすごく成立している番組なんだと改めて感じました。小島さんが頑張って回してくださっているときでも、そこはやっぱり吾郎のカラーがものすごく出ていたんだなぁと。外山さんを新たにパートナーとして、さらに吾郎らしさが出てくるような気がします。本当に、今後も楽しみな番組ですね。櫻井さんが、こんなに少女のような可愛らしさを持った方だとは思いませんでした。番組で櫻井さんもおっしゃってましたが、「吾郎さんのおかげです」って本当にそうだなぁと。無理なく自然なゲストの良さを引き出す番組。そして、しっかり本の紹介をしてそこから視聴者が学ぶことも多いです。吾郎にしかできない番組ですね。今後のゲストの方の顔ぶれも楽しみですね。

投稿: kazuyo | 2014/05/03 02:51

kazuyoさん、こんにちは。櫻井さんは名前はよく存じ上げていましたが、ホントバラエティーで見るのは初めてで、報道番組のコメンテーターなんかのときも、ハキハキとものを言い、偏った意見のない方で潔いイメージがあったんですが、素顔はホント優しくて、昭和の女性らしい強さもあってホント見習いたくてもなかなか真似できないですよね。吾郎ちゃんは、ホントに紳士らしく、年上の女性に対する接し方や話し方が素晴らしかったです。櫻井さんも全然気取ってなくて、また吾郎ちゃんにたいする配慮もさすがだなと思いました。「SMAPを見るように心がけている」この言葉最高に嬉しかったですhappy02お父様はモテモテの方だったんですね(笑)でも普通なら櫻井さんも父親のことを悪く言わない、いい意味での解釈もされていたのを見て、お母様の教えを守ってるのかもしれないと思いました。ホント人間ができてるお母様だからこそ、櫻井さんも穏やかな気持ちの人なのかなとも思いました。「母」って偉大で強くて優しいというのが彼女のお母さんにピッタリだと思いました。私も、くよくよ考えず、今、与えられた仕事に感謝して、頑張ろうと思いました。吾郎ちゃんと外山さんも、まだ今は、二人とも手探り状態だとは思うんですが、この二人なら楽しいトークが聞けるし、引き出せると思ってますので、外山さんには、吾郎ちゃんの「女子力」も勉強しながら(笑)(番組の合間にそういう話で盛り上がるのもいいかもですよね(笑))頑張っていってほしいですhappy01

投稿: さおり | 2014/05/03 18:07

tvさおりさん
キャスターの「櫻井よしこ」という場を離れた櫻井さんを初めて拝見させてもらったので、こんなに可愛いらしい方なのかと驚きました。自然に、そういうところが見れるのもこの番組の良いところですよね。おっとりされているけど、意志はとても強い方なんだろうなぁと。自分がするべきことが見えていて、そこに向かって迷いがない。育ちの良さがうかがえるのは、ひとえにお母様の養育が素晴らしかったんでしょうね。よそに女性を作って帰ってこなくても、「お父様はとてもモテる方だから」と笑ってしまえる女性が、現代にどれだけいるだろうなぁ。母親が父親の悪口を言っていれば、きっと今の櫻井さんはいないんだろうと思いました。外山さんとのコンビは、なかなか期待していた以上にいいと思いますね。吾郎が頑張って番組を盛り上げようと自然になっているのがすごくいい(笑) これで、外山さんも慣れてきたら、またさらに楽しい番組になるのではないでしょうか。親太朗くんのほのぼのした性格もとても助かっていると思いますね。今後が楽しみですね~。

投稿: kazuyo | 2014/05/04 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローマンジャパニーズな人たち | トップページ | ガッツリ聞いてます! »