« 顔真似メイク SMAP五変化 | トップページ | 好みの話 »

スコッチウィスキーと葉巻

実に今回も面白かった「ゴロウ・デラックス」。普通にとんでもなく素晴らしいゲストの方が来てくださる番組ですよね。

今回のスタジオセットは、いつもとは趣が違い「翡翠色(by 吾郎)のソファー」がブース内に設置。「Goro's Barを思い出す」と呟く吾郎さん(笑) 確かに、大人のお酒の場を想像させます。そんなセットの理由は、日本一ハードボイルドな大物作家の方をお招きするため。

吾郎 「ハードボイルド・・・言葉だけでも、あまり僕は使ったことがないですけど」
外山 「ハードボイルドではないと(笑)」
吾郎 「そうですね。ハードスプレーは、髪の毛にかけてますけど」

漫才コンビのような可愛いお二人のオープニングトーク(笑)

ゲスト作家の北方謙三氏は、1970年、22歳で小説家デビュー。ハードボイルドの第一人者として、数々の文学賞を受賞。近年は歴史小説にも挑戦し、多くのベストセラーを生み続けている超大物作家。怖い方かと思いきや、男とはこうあるべき!というものを持っていても、とてもキュートでお茶目な方で始終なごやかな雰囲気となりました。比べるのもなんですが、先日の同じようなこだわりがあるゲストの方と違うのは、「男とは、女とは」と語るも常に女性に優しいダンディズムがあるからですね。吾郎のナレーションで、そんな北方さんのハードボイルドダンディズムが伺える著書の一文がところどころで流れました。

親太朗くんが、北方さんのお好きなスコッチウィスキー「アードベッグ」を運んできてくれます。注いだだけで香りが漂うらしいですが、さらに香りを強くするために一滴だけグラスに水を振り掛けるのがポイントだとか。水割りは、よっぽど腕のいいバーテンダーがいる店でない限り、ウィスキーはこのようにして飲むのが通らしい。(余談ですが、英国人はウィスキーを水割りにする人はあまりいません。ロックかストレート。もしくはソーダかコーク(コーラ)で割るのが一般的)

お酒は結構とワイン以外でも好きな吾郎。でも、あまり馴染みがないと言うと、北方さんから・・・

北方 「男だからさ、ウィスキー飲もうぜ」
吾郎 「はい!」 可愛い(笑)

そして、もうひとつ、北方さんが愛するものは胸ポケットにすでに用意されていた(笑)太い葉巻。葉巻用のマッチは長く、まず先を温めてから火をつけるというのを目の前で実践して、おいしそうに葉巻をくゆらせる北方さん。タバコの煙は苦手だけど、葉巻の匂いは苦手じゃないと言う吾郎。確かに、葉巻はあま~い匂いがしますよね。

外山さんの11年前に北方さんにお会いしたときに頂いた名刺が可愛いという話から、実際にジャケットの内ポケットから出してくれたものには表に「妖怪はまきじじい」と描かれたイラストと携帯電話番号とメルアド、裏は35歳のときのハードボイルドな写真。女性に配りまくったというその名刺を、初めて男性にあげるということで吾郎に(笑) これは貴重だ。名刺をあげて返事がこなかったのは外山さんだけだったらしいですが(笑)、吾郎は間違いなく番組収録の後すぐにお礼メールを出すんだろうなぁ。

さらに、時計にもこだわりが。ひとつの面に小さな4つの時間を刻む面がついている腕時計。日本以外は、また行きたいと思っている国の時刻に合わせているのだとか。やっぱりお茶目な方ですね(笑) そんな北方さんですが、デビューは実は純文学。好評だったにもかかわらず、そこから10年間はどの雑誌も載せてくれなくて「暗黒時代」だったそう。そこで生まれたのがハードボイルドで息を吹き返したわけですね。昨今は、歴史小説がベストセラーに。

第百二十四回課題図書 『史記 武帝紀』 北方謙三著

Photo 全七巻、3000ページに及ぶ超大作の歴史小説。時は、今から二千年以上前。紀元前の古代中国。漢の国と敵国匈奴(きょうど)は壮絶な領土争いを繰り広げていた。漢の皇帝、武帝こと劉徹(りゅうてつ)を中心に男たちの熱い生き様を描いた作品。

一番、中国らしい時代が「漢」、そして漢代で一番有名な武帝だった劉徹のことを書こうと思われたのだとか。吾郎が、そんな匈奴との決戦前夜に劉徹と愛する女性である衛子夫(えいしふ)との熱い一夜の場面を朗読。次いで、外山さんが朗読した箇所は、劉徹を批判した漢の役人である司馬遷が、罰として医者の田耳(てんじ)によって去勢させられる場面。

北方 「この番組、面白いね。俺、喋ってて楽しかったよ」

とても楽しい時間を過ごせたと言って帰って頂けるのは、MCのお二人もスタッフも嬉しいのではないかと思います。最高の番組への褒め言葉ですね。番組を見ている視聴者としても、とても楽しませてもらいました。是非、今度は外ロケで一緒にウィスキーを飲んで頂きたいです(笑)

|

« 顔真似メイク SMAP五変化 | トップページ | 好みの話 »

コメント

kazuyoさん、こんばんは。今回も、とても素敵な方で、北方さんも「男とはこうであるべき」という信念をもってる方ですが、もう一人の方と違うのは、女性に対して「愛「を感じ、大切に思ってるのが伝わって、心の底からこういう人が「大人」だなと思いました。女性を見下し、上からものを言うどこかの誰かさんとは大違いです。まぁ、誰とは言いませんが(笑)北方さんは、なんか「男とは?」って言うのがテーマではあっても、決して上からではなく「一緒に飲もうぜsign03」みたいな感じで、吾郎ちゃんも外山さんも終始にこやかで、北方さんに親近感が湧きましたnoteこれなら一緒にお酒飲んでも楽しそうhappy02「はいsign01」って言う吾郎ちゃんも可愛かったですね(笑)私は、どんなに度数の低いウィスキーでも、ストレートでは飲めません。一回飲んで記憶が吹っ飛んでしまいましてcoldsweats01でも水一滴ってやり方面白いですね(笑)英国では、コーラとかでも割る場合もあるんですねhappy01やってみようかな(笑)kazuyoさんは、ウィスキーどうですか?いけますか?葉巻って、タバコよりいいんですよね。周りに葉巻を吸う方がいないので、香りはわかりませんが、一度、香りを楽しんでみたいです(笑)名刺、面白かったですよね(笑)外見は少し強面だけど、意外とお茶目な北方さん(笑)なんかいい感じです(笑)ホント、是非今度は、北方さん行きつけのお店などで、ロケしながら飲んだりして、語り合ってほしいです(笑)最後、親太朗くんの消しゴムはんこの時も、握手してくださって、親太朗くんも嬉しかったんじゃないかなと思いましたhappy01やっぱり、みんな楽しく笑顔の方が、見てる方も楽しいですよね(笑)北方さんは、ホントの意味での「大人の男」だなと思いました。

投稿: さおり | 2014/06/14 20:58

北方謙三さんがご出演下さったのですね。もうゴロデラスタッフさん凄いですねsign03 前にTVにご出演の番組を拝見した事がありますが確かに紳士ですよね。やはり拝見していても楽しくお話下さってお聞きできるのが一番ですね。Kazuyoさんがおっしゃるようにご一緒に外ロケ良いですねhappy01バーでお酒を嗜みながらお話も吾郎ちゃんと北方さんだったら楽しそうで私も拝見したいです。番組にお願いしたら願いを叶えて下さるかもしれませんね。

投稿: ピカチュウ | 2014/06/15 00:12

smokingさおりさん
「男は女性に優しくなくてはならない」っていうハードボイルド風の信念が素敵ですよねぇ。女性を下に見て男はこれだけすごいと言われても賛同できないので(苦笑) 自分はハードボイルドとはかけ離れているように感じている吾郎みたいですが、そういう意味では吾郎も立派なハードボイルドの素敵な男性だと思います。お酒も大好きだし、きっと北方さんと話が合うと思うわ(笑) 本当かどうかは別にして、外山さんに会ったときにすぐに「タイプだよ」って言えるのって素敵ですよね。そう言われて、不愉快になる女性はいないと思うもの。雑な表現ですが・・・「掴みはOK」というか(笑) きっと、サラッとスマートに女性にそんな言葉をかけられるんでしょうね。その後のトークも楽しく弾む社交術でもあると思います。
ウィスキーをコーラで割るのは、日本でも「コークハイ」として人気がありますよね。ちなみに、英国では「ウィスキー&コーク」とそのままです。最近流行った「ハイボール」は、ウィスキーのソーダ割りです。私が英国に到着してクラブ巡りをしていたときは、まさしく「ウィスキー&コーク」ばかり飲んでいたんですけど、日本で飲むおしゃれなロンググラスのカクテル風ではなくて、ショートグラスにダブルウィスキーで飲んでました(爆) 最近は、ウィスキーはロックのほうが好きですねぇ。年を重ねるとお酒も食事も趣向が変わってくると思った。まぁ、ウィスキーよりはワインばかり飲むようになったし・・・つまり、しつこい味は苦手になった。年ですかね(笑)


smokingピカチュウさん
ゲストの顔ぶれがすごいですよね。すごい方が出演してくれれば、それでまた「じゃあ、自分も出演してみようかな・・・」って思ってくれる方がいらっしゃるのか、この番組では普段はテレビではお目にあまりかかれない方たちのお話が直接聞けてとても面白いです。確かに、癖のある方が多いのですが(笑)、そこは吾郎さんですから、どなたにもフラットで難なくMCを務めてしまうのも大きいですよね。スタッフの影の努力も、外山さんや親太朗くんの頑張りも伺えて、とても良心的な深夜番組だと思います。是非、今度は皆で北方さんと夜の銀座に出て行ってほしいですね。公式サイトにお願いしなくっちゃ(笑)

投稿: kazuyo | 2014/06/15 03:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 顔真似メイク SMAP五変化 | トップページ | 好みの話 »