« 美意識を貫くゴルフ | トップページ | Dr.検事モロハシ2 »

『恋と音楽Ⅱ』を観終わって・・・

観てきました。帰国後バタバタの中(笑)、東京は渋谷パルコ劇場で上演されている吾郎さんのミュージカル『恋と音楽Ⅱ』を29日のマチネに参加しました。とにかく、二時間があっという間に過ぎてしまうぐらいとっても楽しかった! もう、これに尽きます。今回、本当に一回しか観劇できなかったので、ストーリーや細かいところは他の方にお任せしようと思うのですが、前作は観ることがかなわなかったので本当に文字通り初の吾郎のミュージカル体験でした。
(ネタバレを含みますので、今から観劇の方はご注意ください)


開演前から、佐山さんのピアノを始めとする演奏者の方たちの心地良い生演奏が聴けるのも贅沢。ちょっとしたジャズライブに参加したよう。開演時間をちょっと過ぎた辺りに、いきなり劇場が暗転して舞台へと無理なく観客を誘います。曲に合わせて自然に起こる観客の手拍子の中、上手上部からスポットライトを浴びて、我らが稲垣吾郎さまshineが颯爽と舞台に現れます。大きな拍手と・・・ため息(爆) その後、次々と演者が現れるたびに起こる拍手。

ストーリーは、すでに雑誌などで概要が記載されていますが、仕事に疲れた26歳の男二人、女一人がひょんなことからミュージカルのオーディションに参加することから始まります。そして10年以上過ぎた39歳の三人は、大物役者のマネージャー、演出家助手として再会。そこから、また新たなストーリーが三人を巡る恋愛を絡めて淡くて、そして少し物悲しく、そして最後は感動で締めくくられる素敵なラブコメディ。

メインの三人とは別に大物俳優を演じるお二人も素晴らしく、特に北村さんはさすがの劇団四季出身で最初のソロパートの見せ場では思わず「うまい!」と声に出してしまいました(笑) 小林さんもダンディでとても素敵です。相島さんは吾郎とはドラマ『ブスの瞳に恋してる』で共演されたときの印象が強いのですが、本当にお茶目な人で舞台を盛り上げてくれました。ヒロインの真飛さんとは二度目のミュージカル共演なので、吾郎ととても息が合っていて宝塚の男役だったときのパロディが入るところではとっても素敵で惚れそうになったり(笑) そして忘れてならないのが、影ながら舞台を引っ張っていってくれる演奏者の5人がところどころストーリーにも絡んでくれて、笑いを作ってくれるのも鈴木聡さんの粋な脚本だなぁと思いました。

ラブコメディなので、あちこちに小ネタが仕込まれているのですが(笑)、それがとってつけたようではなく自然に入り込んでいるのが優秀。吾郎のダンスネタや髪の毛ネタもお約束(笑) WSで流れたゲネプロでの吾郎と北村さんのソファシーンでは、北村さんの「魔法をかけちゃうぞheart」という言葉に吾郎が「そんなんじゃ、かからなぁい」というアドリブが入り大盛り上がりを見せました(爆) ここがアドリブだというのは、一度しか観ていない私には逆にWSでのネタバレで楽しめたポイントでした。

最後に吾郎さんのミュージカルについて。とにかく、もう出てきた瞬間からその美しさに目が離せなくなる。立ち姿は美しく、うるんだ瞳が照明を浴びて常にキラキラしているのを裸眼で堪能させて頂きました。衣装は、今回はスーツやジャケット姿で何度か衣装替えがありますが、これが意外と目を楽しませてくれます。腕まくりをして出てきたときの吾郎の腕筋が、本当に眩暈がするほどセクシーで色っぽくて倒れそうになった(笑) その他にも、犬のぬいぐるみを持って歌ったり、くるくるとめまぐるしく動く表情は必見です。

そして、肝心な歌声ですが、一瞬、口パク?!かと思うほど乱れがなく、音程もさることながら歌声の伸びが素晴らしかった。息継ぎや下唇を舐める音さえも生々しく耳に届いて(笑)本当に感動するレベルです。なぜ、こんなに歌える吾郎がSMAPの曲では発揮させてもらえないんだろうと思うぐらい(笑) もちろん、吾郎のキーに合わせて作ってもらっているのもあるとは思いますが、甘いエンジェルボイスで朗々と歌い上げる姿はミュージカルでお仕事をされている方たちと比べても引けを取らないぐらい魅力的でした。

舞台上にお立ち台のバルコニーのように上部センターに少し客席に向けて出っ張ったところがあるのですが、そこに立ってソロパートを歌う吾郎を見上げたときに、神々しいほどの姿と歌声と陰影を作る彫りの深い顔立ちに「ははー!」とひれ伏したくなったことだけは付け加えておきます(爆)

いろいろ事情があって、今回観に行けない方もいるとは思うのですが・・・少し無理をしたら観に行けるのであれば絶対に観に行ったほうがいいです。楽しいだけでなくて、吾郎の生歌を自分の耳で是非聴いてほしい。秋に大阪公演も決定したということなので、今からスケジュール調整頑張ってみてください。私も、地元大阪で必ずもう一度進化するであろう『恋と音楽Ⅱ』を観に行こうと思います。

|

« 美意識を貫くゴルフ | トップページ | Dr.検事モロハシ2 »

コメント

Kazuyosaさま、御無沙汰しております。過去に何度かコメントさせて頂いておりますmeiです。
今回御主人さまと無事帰国なさっていらっしゃることはこちらで拝見して存じ上げていたのですが、29日の渋谷のマチネ、観劇されていたのですね。
・・・白状致しますと、光栄にも同じ空間に存在させて頂いておりました、はい。御挨拶申し上げられませんで、残念です。
で、そうなんですよ!作品全体が大変魅力的なのですが、特記すべきことは吾郎さんの歌が素晴らしいんですよ!!
「恋と音楽Ⅰ」も幸い観劇することができまして、その時も意外に思った(失礼ながら)ほど、吾郎さん、歌えるんです。お芝居はもう、全く不安要因がないのは当然として、歌声がしっかり出ていて。音程が難しいフレーズや他の演者さんとのハーモニーも、張りのある丁寧な美声で歌いあげていらして。あの声ですよ、あの歌声が2時間強絶え間なく聴き放題!!今回SMAPファンではない観劇好きの友人と別日の公演を見たのですが、「ジャニーズって口パクなんでしょ?」(100%そうじゃないとは言えないのが少し辛い・・)みたいな先入観は彼女にもあったと思うのですが、閉幕後、「最後まで声出るかちょっと心配してたけど、吾郎ちゃん、やるね。」と言ってもらいました。「でしょでしょでしょ、えへん、思い知ったか。」な気分でしたよ!
もちろん、ベテランお二方を始めとした共演者のみなさんやバンドやスタッフの方々のおかげでここまでのクオリティの作品に仕上がったのだと思いますが。歌詞中にもあったように、正に脂の乗り切った年齢を迎えてキャリアに恥じないお芝居・歌・など・の実力を着々と身につけられ、座長として堂々と(でもお茶目に)閉幕後の挨拶をされるお姿は本当に素敵でした。
見目も麗しくチャーミングで、さすが我らが吾郎さんですよねー。
上演中、東京は異常気象で、劇場を出たらとんでもないことになっていたのですが、劇場の中ではそんなこと微塵も知らずに、本当に夢以上に素敵な夢のひと時を過ごさせて頂きました。吾郎さんと舞台に携わった全ての方々に、本当に心から感謝です。

投稿: mei | 2014/06/30 15:01

Kazuyoさま、初めまして。
素敵な文章にいつも心惹かれております。

私は関東に住んでいてイチオシは他のメンバーなのですが(すみません)、「恋と音楽」は東京の他に仙台にも行ってしまうほど大好きで、今回も期待大でした。

Ⅱを観劇してみましたら、期待以上!!
すっかり真壁吾郎さんにメロメロになってしまい、最初の予定よりも日数を増やして通っております。
観劇しない日も舞台を思い出し、「毎日夢の中」です。
最近は5人の番組を見ていてもつい吾郎さんに目がいってしまいます。

そんなに好きなのに、感想を書くのが下手でもやもやしていたのですが、Kazuyoさまが私の言いたい事を言ってくださってスッキリです(笑)

コメントが得意ではないので書き込みはあまりできないかもしれませんが、これからも楽しみにしております。

投稿: 杏里 | 2014/06/30 15:53

Kazuyo様

 恋と音楽Ⅱご覧になったのですね。
 私の感想が違っていなかったこと、大甘でなかったことがご理解いただけたと思います。結構辛口な時もあるんですよ。

 前作より随分良かったと思いますし、人気シリーズになるとよいですね。
    それではまた

     

投稿: たた | 2014/06/30 21:36

kazuyoさん、こんばんは。楽しい様子のレポありがとうございますhappy01すっごく充実していて、出演者の皆さんも素晴らしくて、吾郎ちゃんもキラキラしていて、ホントに面白かったのが、伝わってきました(笑)私は、今は、仕事面で、学校の問題が重なっていて解決とかしないといけなくって、気休めに意地でも行きたいんですが、今年は、無理になっちゃうかもしれませんcrying(ホントのこと言うと、有給とりずらい状況なんですshock)こんな時こそ、キラキラしたカッコイイ吾郎ちゃんと楽しい気分になれる舞台を生で見たかったんですがcrying吾郎ちゃんの生歌も聞きたかったなぁ。でも、レポ巡りで疑似体験で想像を膨らませています(笑)なので、kazuyoさんのレポ、ホントに、ありがたいです。吾郎ちゃんの腕筋が生で拝めるなんていいなぁheart04吾郎ちゃんの筋肉大好きな私にとってホントに羨ましいですheart04私も眩暈おこしたかったです(笑)すみません、イタイ人でcoldsweats01北村さんとのソファーのシーン、あれってkazuyoさんの文字から推測してるんですが、甘えてる感じのセリフだったんですか?なんか可愛いですheart04あと、これも北村さんとのシーンの質問なんですが、北村さんが、吾郎ちゃんの胸を指先でクルンってしてたシーンもありましたか?(笑)すみません、なんか気になっちゃってhappy01あぁ~私も行きたくなってきた(笑)吾郎ちゃん達は、これから色々ミーティングなどを重ねて大阪公演では、また進化しているんだろうなと思います。この二つの公演を比べて新たな違いを発見できるのも楽しいですよね。私も進化した舞台、応援してますsign03そして、落ち着いたら、絶対生吾郎ちゃんに会いたいです(笑)

投稿: さおり | 2014/06/30 21:58

notesmeiさん
ご無沙汰しております。コメントどうもありがとうございます。同じ時間にパルコ劇場にいらしたんですね。お会いしたかったです。
吾郎さんの歌声、とっても素敵でしたね。観に行くまでは、皆さんが「すごい!」「素晴らしい!」と言われていたけど、まぁ、ライブでの生歌なら聴いたことあるし、あのエンジェルボイスよね・・・ぐらいに思っていた自分を反省します(笑) 想像以上、期待以上の吾郎の歌声だった。発声も無理なくお腹から出していたし(台詞を言うときの声量とは別物でしたね)、歌終わりの歌声を伸ばすところでは本当に聞き惚れてしまいました。そして、そうなんです! 他の方とのハーモニーも音程をはずすことなく綺麗にハモらせていて「吾郎さん!素敵すぎ!」と心の中で大喝采でした(爆) 吾郎だけでなく、カンパニーの皆さんも素晴らしくて、全員がとても楽しそうでしたね。本当に良い舞台だと思います。そして、二度目のカーテンコールでは座長らしく最後に一人で出てきて、少し照れたような素の吾郎さんが観客にご挨拶をしてくれて本当に感謝でいっぱいの気持ちでパルコ劇場を後にしました。終わった後に窓の外を見ると大雨で驚いたのですが、雨だけでなくこの日の東京は観劇中にいろんなことがあったことを帰ってきてから知りました(汗) まさしく、夢の中にいたような一日でした。


notes杏里さん
どうも初めまして。ブログをいつも読みに来て頂いてありがとうございます。いえいえ、他メンいち推しで吾郎さんの舞台を観てくださるだけで本当にありがたいです。それも何度も! 素敵なコメントを残してくださって、本当にありがとうございます。いち推しメンバーさん同様に、今後とも吾郎さんもどうぞよろしくお願い致します(笑) 今度は「スマスマ」の感想のときにでも、コメント残してください。そのときには、是非、SMAPのどのメンバーがいち推しなのかも教えて頂きたいわぁ(笑)


notesたたさん
吾郎さんの「恋と音楽Ⅱ」の舞台感想をブログに書いてくださって、こちらの感想も読んで頂いて恐縮です。どうしてもファン目線のミーハーな感想になってしまい、舞台好きのたたさんに読んでもらうにはお恥ずかしい限りです(汗) 辛口でもしっかり受け止めようと思っていたのですが、楽しんで頂けたと知って素直に嬉しかったです。「恋と音楽」がシリーズで来年また戻ってきた際には、是非、また観に行って頂けるとありがたいです。


notesさおりさん
舞台レポを読んでくださってありがとうございます。観に行けない方にも、「恋と音楽Ⅱ」の楽しさが少しでも伝わったのなら幸いです。どうしても、吾郎の素敵なところを書いておきたくて、舞台全体の様子がうまく感想で落とせたか自信がないのですが吾郎のエンジェルボイスはミュージカルでも健在でした。今回は、お仕事が忙しくて時間が取れないようですが、秋の大阪公演に参加されるようでしたら是非ご参加ください。前作は観劇できたのでしょうか? とにかく、本当に吾郎の歌が素晴らしくて感動します。ヴィジュアル面は、いつものようにため息もの(笑) そして、カーテンコールではそれまでのキュートでかっこいい吾郎さんから、一転して照れ屋のうつむき加減の吾郎さんがいて本当に愛おしくなりました。ちなみに、北村さんとのソファシーンでは・・・そうです。もう甘えん坊吾郎さん全開でして、思わず北村さんもその可愛さに微笑んでしまったほど。年上女性キラーの稲垣吾郎は、いくつになっても変わらずなのですね(爆) 「恋音」が、今後シリーズ化されていくのは観た人の反響次第だと思うので、アンケートは当日書けなかったので郵送してDVD化と併せてお願いしておこうと思います。毎年、いろんな季節にシリーズが上演できるといいですね。

投稿: kazuyo | 2014/07/01 00:37

kazuyoさん、こんにちは。
レポと感想ありがとうございます。私はネタバレ大歓迎です。だってあの舞台の一体感と吾郞ちゃんの歌声の素晴らしさはどんなネタバレでハードルを上げていてもそれを軽々と飛び越えてくれますからhappy01
前回kazuyoさんに観ていただいて感想、特に声についてお聞きしたかったので、とても嬉しいです。 やっぱり吾郞ちゃんの歌声、ミュージカル俳優の方に負けてないですよね~ というか勝ち負けじゃない気がします。ミュージカル俳優の方の発声とは違うんでしょうが、ふわっと劇場全体を包む感じ(表現が下手ですみません)で、ほんとに緊張していた(観ている方が緊張するっていうのも困ったものですが(笑))のを一気に溶かしてくれたのを今でも忘れられません。
今回更にベテランの方と共演で歌の難易度も上がっているのにしっかりと座長を務めている様子で、しかもご挨拶等のレポからすると前回より余裕で心から舞台を楽しんでる吾郞ちゃん。 本当にはどこまで進化していくんでしょうか? 
日程が合わずに泣く泣く東京は諦めましたが、大阪は絶対行きたいと日々決意を固くしております。 今ちょうど「ノンストップ」が始まって吾郞ちゃん登場しましたが、モロハシの番宣なのでスーツだと思っていたら、まさかのお胸の開き具合・・・朝からめまいが(笑) それにしてもまた顎がシャープになってませんか?kazuyoさん、これを生でご覧になったんですね?それはもう拝みたくなるのも無理はないです。
もちろん、今日のモロハシも本当に楽しみです!昨日の「HERO」に続いての検事さんheart02 今日は何が何でも21時にはテレビの前に座って終わるまで動きませんよ(笑)

投稿: さっぴぃ | 2014/07/01 10:30

kazuyoさん、お帰りなさいです。ちょっと前にブログを読んでびっくりしていたのですが、ご挨拶もせずにすみませんでした。
kazuyoさんの舞台レポ、楽しみにしてました。こうやってレポを読んでいると舞台の光景が目に浮かんできてにやにやが止まりません。
今回初演に行ったきりなので、日に日に進化していく舞台が皆さんの感想を読みながら目に浮かんで、いいな・・・と。行きたい衝動を必死に抑えております。
秋の大阪を楽しみに待ちたいと思います。

投稿: ku_tyan | 2014/07/01 17:56

kazuyo様、初めまして。いつも楽しく拝読させて頂いています剛ふぁんです。
剛が一番!ゴロさんは二番なため、拝読するのみでコメントは差し控えさせて頂いておりましたが、ただ今、東京から帰路の新幹線の中。先程までの夢心地が醒めらやらずで、つい送ってしまいました。
はい。観て参りました!「恋と音楽Ⅱ」。とっても楽しくて、ずっと笑いっぱなしでしたが、所々ホロリとさせられる素敵な舞台でしたね。ゴロさん、とってもチャーミングでとっても素敵でした。ご挨拶で今夜の「モロハシ」の宣伝も忘れないゴロさんに最後まで笑わせて頂きました。ますますゴロさんふぁん度が上がってしまいそうです。

投稿: かず | 2014/07/01 19:18

Kazuyoさん、こんばんは。
今日、生放送(本当は関西在住なので、「ノンストップ」は見れず、動画で見させてもらったのですが…)の吾郎さんをみて、どうにもテンションが上がってしまい、舞台のお話ではないのにも関わらずお邪魔してしまいました!
本当にお久し振りの生放送だったので、「あー、これが今日の吾郎さんなんだぁ。色白いなぁ…、なんか今日はいつもよりかわいいかんじじゃない?」なんて勝手に一人で思ってたりして。リンゴさんや、小籔さんの返しにも、アイドルさんにしては、うまく返せてないですか?って誰か芸人さんに聞いてみたいくらい、でした!
最近、作家の百田さんや、吉田さん、サザンの桑田さんなどに吾郎さんのこと(桑田さんはゴロウデラックスの番組のことでしたか(笑))に吾郎さんが誉めていただくことがあったので、ちょっと嬉しくなって、つい調子にのってしまいます。。もっと色んなかたに吾郎さんの良さが伝わってくれればいいなぁ…なんて。吾郎さんラジオとかだとたまに自信なさげなコメントされるときがあるので、そんなことないです!吾郎さんのファンはちゃんといっぱいいますよー!!!ものすごくものすごく微力ですが、誰よりも吾郎さんが一番かっこいいし、かわいいって思ってる人がここにもいますよーって叫んでます!!
なので、吾郎さんのことを誉めてくださるかたがいて、しかも、雑誌や新聞、ラジオなど、吾郎さん本人だけでなく、私たちにも届くように伝えてくださって、本当に本当に嬉しいです。今週はスマスマがなくてちょっと残念な気持ちもふっとんでいってしまいました(笑)

投稿: デューク | 2014/07/02 00:31

notesさっぴぃさん
確かに、ネタバレを読ませて頂いたところで劇場で体感するものはまったく違いますね。観る前にストーリーを知りたくないという方もいるのは理解していますが、ミュージカルの場合はある程度の流れが知ってしまってもネタバレにならないと思います(笑) 大ドンデン返しやすごいラストが待ち受けている作品とはまた違うので。それに、やっぱり生で観る吾郎の姿と生で聴く吾郎の声は体感しないとわからないですもんねぇ。今回、どうしても観に行けない方にはこんなことを書くと残念になると思うのですが、昨年の好評を得て今年も上演となった「恋音」なので、きっとまた来年戻ってきてくれるような気がします。そのときは、もっと早い時期に発表してもらって(笑)、行きたい人が観に行けるようにしてほしいですね。秋には大阪公演もありますし、こちらに参加できそうな方は是非考慮してみてください。昨日の「ノンストップ」の美しい吾郎からの、「モロハシ2」の流れは最高でしたね。のちほど、また感想をUPさせて頂きます。


notesku_tyanさん
いえいえ、コメント残してくださってありがとうございます。今後は、きっとお会いできる機会も多いと思うので、どうぞよろしくお願い致します。初日を観に行かれたんですね。すでに、しっかりと全力で向かってくれた吾郎さんがそこにいたと思われるのですが、やはり舞台は生もの。日々、進化し続けているようですね。秋の大阪公演に参加されるときには、また違った感覚で楽しめるのではないでしょうか。大阪、楽しみですね。その前に、SMAPのライブかな(笑)


notesかずさん
どうも初めまして。剛ファンでブログを読んでくださってコメント残してくださってありがとうございます。吾郎さんのミュージカル観てくださったんですね! 観終わったすぐにコメントを残してくださるなんて本当にありがたいです。カーテンコールの吾郎の挨拶は、毎日何かしら違うメッセージでお客さんと交流してくれるみたいですが、昨日は「モロハシ」の宣伝もしてくれたんですね(笑) 個人的に英国から帰国したということで、今後は剛くんの舞台にも参加できる可能性が大きいので楽しみです。目の前でSMAPのメンバーを見させてもらえるって贅沢ですよね。早くライブの情報も知りたいなぁ。


notesデュークさん
「ノンストップ」の吾郎、とっても可愛くて美人さんでしたね。小藪さんがあまりにもおしゃべりになってしまったので、今回あまり話さなかったのは残念ですが(笑)、そんな様子も隣からクスクスわらっているのがベリーキュートでした。このあとに、舞台に立ったんですよねぇ。褒めてほしいと言いながら、少しでも褒められると照れてしまう吾郎が本当に愛おしくて。褒められ慣れしていないんでしょうか?! 舞台があると、ファンが生の吾郎に会える喜びもありますが、吾郎もファンからの直接な応援を感じることができるんですよね。以前「僕、愛されているんだなぁ」ってカーテンコールで話したと聞いて、もっともっと応援して自信を持ってほしいと思いました。何より、こんなに歌えて、こんなに美しくて、こんなにファン想いの人なんですもんね。いろんなところに声を出して応援していきたいと改めて思いました。まずは、「モロハシ」の感想をフジテレビさんに伝えなくては(笑) 感想はのちほどこちらのブログでもUPさせて頂きます。

投稿: kazuyo | 2014/07/02 14:12

kazuyoさま、お久しぶりです。
そして、お帰りなさい、吾郎のいる日本へ!

この舞台、早速観に行かれたんですね。
レポありがとうございました。
私は秋の大阪に参戦しようと思っていまして、今から楽しみでなりません♪

作家の林真理子さんが、ブログにこの舞台の感想を書かれています。
ゴロデラに出演された時は今一盛り上がらなかったように感じましたし、林さんは以前から剛ファンだと言われてましたので、吾郎の舞台はご覧にならないのかなーと思っていましたが、今回素敵な感想をアップされてたので、とても嬉しかったです。
kazuyoさんも是非林さんのブログを読んでみてくださいね。

投稿: keiko2号 | 2014/07/03 09:12

kazuyoさん、ご無沙汰しております。
そしておかえりなさい。
以前何度かコメントさせていただいた剛ファンのmarinです。

今回kazuyoさんが「恋と音楽Ⅱ」を観劇されたと知っておじゃましています。
実は前回Ⅰの大阪公演で前から6列目のほぼセンター、という超良席で見ることができ「吾郎ちゃんカッコいい、足長~い、歌も上手」と惚れ惚れ。舞台の内容も、都会的でおしゃれな感じが吾郎ちゃんに合ってたな~と思います。
皆さんの感想を見て、やっぱりⅡも素敵なんだ、と確信しました。

Ⅱも大阪公演を見に行こう!と思ってるのですが、慎吾の舞台の大阪公演も行きたいし、ライブもそのあたりになりそうだし、正直ちょっとキツイです。なにしろ大阪まで高速バスで片道3時間の地方都市に住んでいるので。
でも、大阪まで来てくれるし見ないと後悔しそうなので絶対に行きますね!

投稿: marin | 2014/07/03 10:15

コメント欄ではお久しぶりなんてもんじゃないですが、、、、。なかなか出てこれなくてごめんなさい。いやまあ日本に帰ってくるといろいろと諸事情もありまして、今度からはハンドルネーム変わって出てくるかもですが、そのときはまたよろしくお願いします。

Kazuyoさんも日本に帰ってきていろいろと忙しいと思うのですけど、すぐに舞台に馳せ参じるとはさすがです。私も大阪公演があるからそれまで待つかと思ったのですが、あまりの「恋と音楽Ⅱ」の評判の良さにいてもたまらず、急遽、観に行くことになりました。マチネでしたが、林真理子さんと同じ日でした(こちらのコメント欄で林さんのブログの感想を教えていただいてありがとうございました)。彼女も興奮冷めやらずって顔をされていたのが印象的でした。吾郎さんは最後の挨拶で「今夜、モロハシ見てくださいね(はあと)」と宣伝もちゃんとしてました。

私は個人的には前の「恋と音楽」が今ひとつだったので、今回はどうかなと思っていたのですが、いや~文句なしに楽しかったです。同行者も「楽しかった!」を連発してましたから(「啄木」は文句タラタラ、、「象」は、居眠りだったので、、、、)。 吾郎ファンとしては本格的なシリアス舞台も観たいんですが、やはり観終わったあとに鼻歌が出てくる幸せな気持ちになれるミュージカルは楽しいですよね。だからウエストエンドでのロングランがミュージカルばっかりというのはわかるような気がします。

そして専門のミュージカル俳優ではない吾郎さんなので一抹の不安もあったのですが、もうとにかく、かっこ良くて、可愛くて、いろんな表情を見せてもらえるし、特筆すべきはスマップが世界に誇るエンジェルボイスを存分に味わえること。「平和の歌」と同じようなキイでしょうか、吾郎さんのベルベットのような甘い声が安心して(笑)聞けるのですよ。他の共演者の方たちも皆さん芸達者で、実に楽しそうに演じられるのでこちらまで幸せになれるのでしょうね。稲垣吾郎一座としては最高のコラボレーションだったと思います。

また大阪で秋には上演されるので、未見の方は是非、足を運んでいただきたいと思います。 イギリスに長年住んだ人間にとっては、日本の気候はなかなか過酷なんですが、秋ならよろしんじゃないでしょうか(しかし去年は10月で30度以上の日がありましたから言い切れないけど、、、)。

投稿: kim | 2014/07/03 12:16

吾郎さんのミュージカル!大いに楽しませていただきました。
吾郎さんの歌声をうっとりと聴きながら、「次のアルバムの吾郎さんのソロ曲が楽しみだわ、、。」
なんて、ニヤニヤしてしまいました。
北村さんとソファでXXXの場面は、アドリブだったんですか?
魔法をかけちゃうぞ、のやり取りだけで、客席を爆笑させるなんて、
芸達者な役者のナマのお芝居はやっぱりTVでは味わえない魅力がありますね。
「Dr.検事・モロハシ」も「恋と音楽」も続編が製作されて、うれしいですね。
舞台の客席には、吾郎さんのファンや真飛さんのファンらしき女性が多数でしたが、
演劇ファンや音楽ファンらしき男性客もかなり多く、
目の肥えた男性ファンの方からの評価も気になりますね。
SMAPというだけで、偏見も持つ人もたくさんいるでしょうから、
色々な人に吾郎さんの魅力が伝わったきっかけになったのではないでしょうか?
慎吾ちゃんも舞台で新しい才能が花開いたみたいだし、吾郎さんも舞台役者として、新しい扉を開いたのは間違いない。
剛も2人に触発されて、そろそろ仕事を始めてほしいものです。
長々と失礼しました。
***ロビーのお花見ました。とっても素敵でした。
日本を誇るミステリアスクールガイにふさわしい彩りでした。

投稿: ゆずこしょう | 2014/07/03 14:31

noteskeiko2号さん
どうもありがとうございます(笑) そうですよねぇ、日本はなんと言っても吾郎がいる!SMAPがいる! この違いは大きいですね(笑) 今回の「恋と音楽Ⅱ」は、東京には観に行かれていないのかな。大阪公演待ちですかね。期待しておいていいですよ~。とっても楽しいミュージカル作品になっています。林真理子さんのブログは拝見しました。SMAPの舞台は、時間が合えば観に行くようにしてくれているんでしょうか。「ゴロデラ」では、心なしか林さんは話が盛り上がらないというよりは緊張されていたように感じたので。吾郎みたいな男前が対面にいたら、まず意識するとうまく話せないですよね(笑) 乙女な部分を持っておられる林さんらしいなぁとは思いましたけど。カメラがあると余計に話しづらいと思います。そう言えば、keiko2号さんとは前回の「VIF」の大阪公演でニアミスしてお会いできなかったんですよね。今回は、是非、大阪の劇場でお会いできたらなぁと思います。大阪公演、楽しみですね。


notesmarinさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。前作を観てくださったんですね。私は、逆に前回観れなかったので羨ましいです(笑) SMAPのメンバーは一年を通して本当に忙しく、どのメンバーのも参加していると大変なことになりますよね(汗) 今年は、それにライブも入ってくると思うのでちょっと考えてしまうのはわかります。今回、慎吾の舞台が吾郎と同時期なので、両方観る機会に恵まれていたとは言え、帰国すぐでのダブルブッキングは非常に厳しい。なんせ、吾郎の舞台も一度しか観れない状況なので。秋の大阪公演も同時期となると正直観に行けるかわからないです。marinさんが大阪で吾郎の舞台が観れるようでしたら、是非ご参加してみてください。感想、お待ちしております。


noteskimさん
ブログのコメントでは、本当にお久しぶりです。日本に帰国されてからも引越しされたりと忙しい中、ありがとうございます。HN変えても、私ならkimさんの文章は寝ていてもわかると思いますが(笑) いろいろご事情があると思いますので、無理しない程度に今後ともよろしくお願い致します。久しぶりに住んでみた日本ですが・・・思ったよりは今のところ暑さにめげていません(笑) 夏真っ盛りは今からだとは思うのですが、とにかくLondonと違って公共交通機関がすべてエアコンが効いているのはありがたい。ハズのほうは、乗り物に乗るとご機嫌さんですよ(爆)
今回の「恋と音楽Ⅱ」は、そんな忙しい中ということもありスルーするかもしれないと聞いていたのですが、観に行かれたと聞いて嬉しかったです。すごく良かったですよねぇ。前作を観ていないので、私は比較はできないのですが、吾郎がこんなに歌える人だとは正直ものすごい吾郎ヲタですが予想できませんでした(笑) 素晴らしかったですね。ストーリーも楽しくて、カンパニーも最高でした。誰もが、観客に目を合わせて良い感じで煽るのが上手い、上手い(笑) 思わず観ているほうも楽しくなりますよね。お花もいろんなところから届いていますが、観客の中にも有名人の方が来てくださっているようで。私が観たときは、「スマスマ」などでSMAPがお世話になっている鈴木おさむさんをお見かけしました。彼、必ず吾郎の舞台は観に来てくださいますよね。個人的には、今回のような楽しいミュージカルも、難解な不条理劇も楽しませてもらっています。毎年、いろんなタイプの舞台に挑戦してほしいですね。大阪公演では、是非、お会いしましょう。楽しみにしています。


notesゆずこしょうさん
こちらも剛くんのファンなのに、吾郎のミュージカル観てくださったんですねぇ。本当にありがたいというか。そして、わざわざこちらのブログにコメントを残してくださるなんて、剛ファンはご親切な方が多いんですねぇ。これは、私も剛の舞台は必ず観て感想を落とすぐらいの恩返しはしないといけませんね(笑) 舞台は、テレビとは違った層の方たちに観てもらえる機会だと思うので、吾郎も剛もできる限り毎年やってくれるといいですね。舞台のお仕事は何年も前から決まっているものだと思うので、きっと剛もすでに次の舞台のお話があがっているのではないでしょうか。楽しみですね。北村さんとのアドリブは、吾郎の返しがアドリブでした。とっても楽しそうないたずらっ子のような吾郎の表情が忘れられません(笑) ロビーでのお花も見てくださってありがとうございます。毎回、お花屋さんとしっかり相談して決めてくださる心強い方たちがいるので頼りにさせてもらっています。明日が千秋楽となりますので、無事に迎えられるように家で報告を待っておこうと思います(笑)

投稿: kazuyo | 2014/07/03 20:36

kazuyoさん、お帰りなさい!

吾郎のミュージカルいいですよね。
私が観た1日はハプニングの連続で、素に戻ってしまったり、ソファーのアドリブも素晴らしく、本当に楽しかったです♪

最後、向かい合って歌うところで、真飛さんが泣いてしまったので、吾郎もウルウルしてました。

そんなチームワーク抜群なカンバニーのハッピーで感動的な舞台の中心でみんなを穏やかに引っ張る吾郎を誇らしく思います。

投稿: なおなお♪ | 2014/07/04 12:37

notesなおなお♪ さん
ハプニングとアドリブは対のようなもので、演者の人たちは大変だろうけど観客としてはひそかな楽しみでもありますよね。何度も観に行っている人には、楽しいものだと思います。最後、真飛さんが泣かれてしまったんですね。楽に向けて、感情が高揚していっているのかな。今夜の千秋楽は、きっと盛り上がったんでしょうね。座長を何度もつとめている吾郎ですが、カーテンコールの挨拶はけっして得意なほうではないと思うのですが(笑)、毎回丁寧に挨拶をしてくれて嬉しいですよね。充実した東京公演だったのではないでしょうか。このまま、まだまだSMAPとしても忙しい日が続くと思うのですが・・・あっという間に今年も終わっていきそうですね(苦笑)

投稿: kazuyo | 2014/07/04 22:56

Kazuyoさん、こんばんは。早速吾郎ちゃんの舞台を観に行かれたということでとても嬉しく思います。今回初めて娘も誘ってみたのですが、とても喜んでいてほっとしました。「あんなに上手に歌えるのになんで歌番組では声がでないの?」と厳しい意見ももらいましたが、褒め言葉として受け取っておきました。
 全体的に前回よりとてもミュージカルらしくなり、自然にのびやかに歌い上げる声に聞き惚れてしまいました。共演者の方もみなさん素敵な方達ばかりで、楽しい空間ができていましたね。アドリブの箇所も変化があって。生バンドも相変わらず良かったです。続編もありそうで期待です。大阪公演にも行きたいのですが、ライブもあるとなるとちょっと厳しいです。Kazuyoさんの感想で夢をふくらませることになりそうです。
 今回も素敵なお花プレゼントの企画、ありがとうございました。とっても素敵でした。

投稿: maako | 2014/07/05 21:48

notesmaakoさん
娘さんと吾郎のミュージカルを観劇されたんですね。母娘で一緒に行けるっていいですね。娘さんの正直なご感想わかります(笑) 私も、吾郎の生歌を聴いて、本当になんでこれが普段ではもっと聴こえてこないんだろうと思ったので。まず、理由としてSMAPの曲が吾郎のキーに合っていないんでしょうね。気持ちよく歌うレンジが違うんだと思います。SMAPは5人もいるので、全員のキーに合わせるのは難しいんでしょうねぇ。あとは、やっぱり自信が舞台だと前面に出てくるのでしょうか。普段も、これぐらい堂々と歌ってほしいですね。だって、吾郎さん、本当に歌がうまいですもの(笑) カンパニーの皆さんともバッチリ息が合っていて、全員で楽しそうでしたね。大阪公演は、ちょっとご参加は難しいということですが進化したミュージカルのレポ頑張りますね(笑) 吾郎さんへのお花のご参加ありがとうございました。只今、メッセージを受付中ですのでお忘れないようお花担当のお二人にお送りください。

投稿: kazuyo | 2014/07/06 00:09

Kazuyoさん、あいかわらずの遅くのコメントお許し下さい。やはり私もKazuyoさんの感想を楽しみにしていた一人なので楽しまれて吾郎ちゃんのエンジェルボイスを堪能されてとても嬉しいですhappy01 前回の「恋と音楽」をとても私は気に入っていたので(吾郎ちゃんがとてもキュートで歌もとても良く楽曲も大好きです)Kazuyoさんに是非ミュージカルの吾郎ちゃんを見て頂きたかったので感想を拝見できて嬉しいですheart04今回はとくに皆さん吾郎ちゃんの歌に感動されていらしたので期待して拝見させて頂きましたが本当に素敵でしたね。吾郎ちゃんの声は男性と女性の中間的な優しいエンジェルボイスですよね、今回は皆さん声ののびやかさと安定した歌に賞賛の声が多くて感想を拝見しているだけで自分の事のように喜んでしまっております。私も吾郎ちゃんには「恋と音楽」をライフワークのひとつに続けて頂きたいなぁ~と願いアンケートにお願いしてきました。私も時間がとれたら大阪にも拝見しに行きたいのですがなかなか思うに任せれない身になってしまったのですがもし行けたらまたお目にかかりたいと思ってます。その際には宜しくお願いします。

投稿: ピカチュウ | 2014/07/09 01:03

notesピカチュウさん
今回、吾郎のミュージカルを観劇できて本当に良かったです。生の歌声をあれほど堪能させてもらえるって、ある意味SMAPのライブより贅沢でした(爆) それも、パルコ劇場は本当に生の吾郎の声が耳に届くサイズなのもいいですね。前回の「恋と音楽」も河原さんの楽しい演出だったみたいですが、今回の鈴木さんの演出はまさに吾郎へのあて書きが活きていたというか、あぁ、鈴木さんわかっているなぁとあらゆるところに愛を感じました(笑) とにかく、吾郎の歌が本当に素敵で、本人も自分がやってみるまではミュージカルは苦手なほうだったみたいですが、今は楽しんでいるというのが伝わってくるぐらい伸びやかな歌声です。毎年、恒例のミュージカルになっていくといいですね。お忙しいみたいで、大阪にも参加できるかどうかわからないということですが、きっと来年も戻ってきてくれるような気がします。そうなるように、パルコさんへの感想をガッツリと送っておきますね。

投稿: kazuyo | 2014/07/09 11:06

こんばんは。夜分遅くに失礼します。此処のところ録画ものも全くチェック出来ずに溜まる一方だったこともあり、最近めっきりコメント出来ずにいたのですが、舞台の感想を此方でもアップしてくださっていたことに気づき、遅ればせながら飛んできましたwありがとうございます★*
Kazuyoさんはじめ、行かれた皆さんの素敵な感想が毎日ツイで流れてきて、東京に行けなくても本当に夢見心地な3週間でした(*´ω`*) あるフォロワーさんからも、『もしチケが取れなかったら、自分のチケを譲ってでも是非観に行ってほしい』とまでの太鼓判もいただきました♪気が早いと思いつつも、秋の仕事のスケジュールを見ながら考えを巡らせるのがささやかな息抜きになっています♡

投稿: mariko | 2014/07/16 00:19

notesmarikoさん
私も日本に帰ってきてからやることがいっぱいあって、英国にいたほどSMAPに時間が取れません(涙) これが、日本の日常なのねぇ~と思い出している毎日です(笑) 時間のあるときにゆっくり見ようと思っても、案外と週末は出かけることも多くなかなか時間が取れないものですね(苦笑) 27時間、ハッキリ言って危険です(爆) 吾郎のミュージカル大阪公演ですが、とにかくチケット発売はあとでもいいのでスケジュールだけでも発表してほしいですよね。秋なんてあっという間にやってくる気がします。東京公演では観劇できなかった人が観に行けるように、迅速な対応をお願いしたいところです。私は前作を観ていないので比べられないのですが、本当に楽しくてハートウォームフルな作品なので頭から終わりまで楽しめると思います。大阪公演、楽しみにしておいてください。劇場でお会いできるのを楽しみにしています。

投稿: kazuyo | 2014/07/16 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美意識を貫くゴルフ | トップページ | Dr.検事モロハシ2 »