« お勧めの映画 | トップページ | SMAPでいることの煩悩 »

27時間テレビ① ~オープニング編~

ラジオや雑誌もレポにしておきたいところですが・・・とりあえず、スマファンの感動の嵐になった「FNSの日 27時間テレビ」は、少しずつでもあげていかないと自己満足だけで完結してしまいそうなのでUPしていきます。コーナーごとに順番に小出しにしていこうと思うので、気長に適当に(笑)読んでいってください。

どんなオープニングになるのかと思ったら、まさかの映画のエンディングロールのようなドキュメンタリータッチのスタート。すでに、ここから今年の「27時間テレビ」のドラマが始まっていたんですね。

SMAP
今年で結成27年目となるSMAP
そんな彼らが、SMAPとして初めて総合司会に挑む今年の27時間テレビ
この27時間テレビを経て、SMAPが今までのSMAPから生まれ変わる為に・・・
SMAP生前葬

「生前葬」と謳われるように、今現在のSMAP5人それぞれの大きなパネルが設置。さまざまな著名人から弔辞となる言葉、そしてメンバーそれぞれへの質問が入り、それにメンバー自身が短い言葉で答えるという不思議なオープニングとなりました。
中居 - 原辰徳から「森くんが抜けた時、リーダーとしてどう思いましたか?」 
寂しいという気持ちしかありませんでした
木村 - 太田光から「視聴率が気になって眠れなくなった事はありますか?」 
時にはあるかもしれないけど、現場で全力でやっている
吾郎 - 林真理子から「休業をしていた数ヶ月、どんな気持ちでいましたか?」 
SMAPのメンバー、ファン、スタッフにありがたみを感じていた
  - 渡辺えりから「あの事件のあと、初めて4人に会った時の事を覚えてますか?」 
鮮明に覚えていて、感謝と共に何かが変わった
慎吾 - 三谷幸喜から「SMAPの解散を考えた事はありますか?」 
解散は絶対にないけど、何度か考えたことはあります

ここで、なぜかスティービー・ワンダーからの弔辞として質問(笑) 「SMAPとは何ですか?
中居 - 二つ目の苗字
木村 - 自分の基礎であり帰れる場所
吾郎 - 自分の中に流れる血液
  - 今、生きていると実感させてくれるもの
慎吾 - 僕の生きる意味

そして、最後に全員でタイトルコール。
SMAP 「武器はテレビ!SMAP!FNS 27時間テレビ!」 子供のような元気なタイトルコール(笑)(笑)(笑)

しかし・・・オープニングですでに波紋を呼んだ(苦笑) SMAPのメンバーは、全員とても正直に短い言葉で簡潔に答えていたと思う。弔辞を贈ってくださった方たちは、当然フジテレビ側から言われたことを自分の質問として乗せただけだと思っています。だいたい、今更また吾郎と剛のことをここで出してくる必要はないと思うので。いいですよ、別にSMAPは何もそこを隠してきた人たちではないので。でも、NHKさんのドキュメンタリー番組で完結で良かったんじゃないかと・・・そう言えば、「SMAPのがんばりますっ!」でも出されたしテレビ的には使いたいエピソードなんでしょうね(苦笑) とてもワイドショー的で個人的にはオープニングでこの先をとても不安にさせられました。感動を作り出したかったのかもしれないけど、それならフジテレビの不祥事でも出しておけばいいと思ったわ。他人の過ちはいつまでも引っ張って、自分たちの過ちは見てみぬ振りにはうんざりです。

と、ここまでがVTRで、スタジオにはそれぞれのビストロカラーロゴを入れたTシャツを着た5人が。あぁ、ここからやっと楽しくテレビが見れるのね。オープニングトークで、不安もあるとは思うけどワクワクしているSMAP5人を見れるだけで嬉しい。木村くんが指摘したファンより前に陣取るスタッフもお祭り騒ぎ(笑) 過去の「27時間テレビ」を見て楽しそうに笑いつつ(若かりし頃のSMAPさんたちが眩しい(笑)!)、自分たちが今年総合司会を務めてだいじょうぶか?!という不安も少し表情に乗せる5人。でも、きっとだいじょうぶだと思ったよ。もう、いつもよりガッツリ全員で協力しあおう!という意気込みが出ていたものね。

そして、一発目に体力が失われてしまったコーナーへと・・・
いかん! オープニングでレポスペースをひとつ消化した(笑) これは、通し番号かなり続きそうです(爆)

|

« お勧めの映画 | トップページ | SMAPでいることの煩悩 »

コメント

kazuyoさん、こんにちは。今回の、27時間テレビは、いつもと違う27時間テレビになると前々から聞いていたので、「オープニング」から違う形になるんだろうなぁ~ととても楽しみにしていたんですが、ホントすみません、はっきり言って、「生前葬」って聞いた時から、不安でした。SMAP全員の大きな写真が並べられてるのを見た時から、なんか涙がでてきそうでした。でもSMAP全員ちゃんと堂々と受け答えしている姿をみて、また、過去の過ちのことにも、ちゃんと自分の気持ちを伝えている二人にも本当に「尊敬」という言葉しかありませんでした。そもそも、また昔の過ちを引っ張ってくるなんて、信じられません。人間誰でも過ちはおかします。大事なのは、その後なんです。いつまで、こんな質問を受けなければいけないんでしょうか。いつまでも、人の過ちをねちゃねちゃと、ほんと嫌な気分でした。kazuyoさんが仰ってるように、人の過ちばかりいつまでも言って、自分たちの事は棚に上げる、とても卑怯で卑劣だと思いました。そんなフジに比べてSMAPのみんなはとてもかっこよかったですスタジオに登場する時、勢いよくみんなジャンプして、楽しそうにオープニングトークをしてる五人がやっと見れて嬉しかったです。とても、複雑なオープニングでしたが、五人の笑顔で楽しく、トークしてる姿を見て気分が晴れましたこの五人なら大丈夫って思いました(笑)

投稿: さおり | 2014/08/01 12:02

kazuyoさん、こんばんは。
我が家のHDDって容量が少なめなんですよね。なので数日前から溜まった映像を処理して何とか30時間分ほど空けて、いよいよ始まった~と思ったら、いきなり生前葬で…。
避けて通れない事実ではあるものの、いったい何度聞き出せば気が済むのかって感じで、うんざりしました。
Tシャツ姿で元気に飛び出してきたところからで良かったんじゃないかと、私は今でも思っています。

投稿: けいこ | 2014/08/01 20:11

さおりさん
フジテレビの「27時間テレビ」は、楽しさを追及するテーマだったはずなのに「生前葬」って(苦笑)と思いましたよね。それも、なんだか世間の野次馬根性をターゲットにしたようで「オモシロ」に品がない。吾郎と剛のことは、メンバーの中で自然に話が出てきたのならまったく問題ないのですが、敢えて番組側が視聴者の好奇心を満足させるために引っ張り出してきたことには異を唱えたい。もちろん、吾郎も剛も別にだからと言っていまさら嫌な気持ちにはなっていないとは思うのですが、いったい何度世間の前で謝罪を繰り返さないといけないんだろうか(苦笑) 正直、吾郎のほうは若い世代の人は何かあったのか?!のレベルの方もいて、正しい伝達で事実が報告されるのならまだしも必ず間違った見解でその人たちの耳に伝わるのが本当に迷惑です。このテーマで最後まで引っ張られたらどうしようかと思いました。幸い、オープニングの食いつきだけのものだったようで、だったらこの企画自体しなければ良かったのにと思いましたよ。彼らにとってSMAPとは?だけでよかったですよね。


けいこさん
ファンは痛いと思われる方もいるかもしれませんが、こんなに事件のことをずっと引っ張られるのは彼らぐらいですよね。ジャニーズの他のタレントにいたっては触れることもしないし、芸人さんたちでさえ弄られるのも復帰したときぐらいですよ。報道自体にも事実が隠蔽されていたので、どうせ引っ張るのならちゃんとした報告付きでやるぐらいのことはしてほしい。これだけじゃなくて、実は個人的にメンバーそれぞれの紹介の前の映像カットも吾郎のがまったくなくて複雑になりました。本当に事件のことだけクローズアップしたかったんですね。最低だわ。

投稿: kazuyo | 2014/08/01 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お勧めの映画 | トップページ | SMAPでいることの煩悩 »