« Dr.検事モロハシ2 | トップページ | あんぽんたんず、永遠に! »

エッセイへの道

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」 2014年7月3日放送分

いろんな質問に答えてくれる幅広い知識を持つ吾郎ですが・・・まさか、「ゆでたまごの殻の剥き方」までラジオで答えてくれるとは思いませんでした(爆) どんだけ、雑学持っている人なのよ(笑)(笑)(笑)

pencil「6月2日の「スマ進ハイスクール」で、吾郎さんの作ったショート・ショート『離れる』、すごく良かったです。あの百田尚樹さんも絶賛していましたが、私には想像もつかない意外な展開で衝撃的でした。是非、吾郎さん主演で映像化してみてほしいと思います」

吾郎 「そうですねぇ、あの、僕、意外と書く才能あるんですよ。自分で言うのもなんですけど(笑)あまり認められてないんですけどね。書くことは昔からすごく好きですしね。小説とかもすごく読ませてもらっているので。あと、ショート・ショートっていうのも、やっぱり百田さんの出だしの切り口が素晴らしかったのでね。あとは、ストーリーとオチを考えるってことだったんで。意外と好きな作業なんでね、楽しみながらやらせてもらったんで、もしかしたらうまくいったのかもしれませんけども。特に百田さんっぽくしたんですよね。百田さんに絶賛してもらおうと思って(笑)百田さんが点数つけるわけですし、いちおうそういうコーナーだったので。二重のオチにしたっていう感じなんですけれども。でも、面白かったですね。小説とかショート・ショートとか文章書くっていうことも、なんかやりたいなぁって思うんですけどもねぇ。前は、よくエッセイとか書かせてもらったりしてたんですけどね。なんか、時間がほしいですよね~、だとしたら。他の事いろいろやりながら何かを生み出していくっていうのは、本当に大変なことなんでねぇ。あれはあれで、小説を書くっていう時間を作ってくれたんでね、やっぱりできたんですけどもね。でも、面白いですよね、書くこと・・・読むことは多いんですけど、書くことも挑戦していけたらと思っていますね」

書きたいっていう気持ちがあるのはすご~くよくわかる。そして、でも、そのための時間が今はないというのもすご~くよくわかる。やるからには、ちゃんと時間を取って向き合って書きたいだろうし、時間が押される中でだと嫌になりますからねぇ(苦笑) だから、吾郎のエッセイは読みたいけどあまり強くお願いできないのです。すでに、できあがっているもので出版してもらうならまだしも、今から新しく何かを書いてもらうというのは吾郎の負担は大きいだろうなぁと。やはり、写真ベースのものを何か出してもらうのがいいのかな。もう少し考えてみようと思う(笑)

今週の吾郎の名言
(悪役は『悪の華』)
吾郎 「善と悪って表裏一体で紙一重なので、悪役を演じるっていうことは正義の味方のこともちゃんと理解しておかなければいけない」
(ガソリンのセルフサービス)
吾郎 「ガソリンって本当に(車の中に)入っているんだなって感じますけどね、自分で入れるとね。動物に餌をあげている感じになるというか」
(吾郎さんに影響を受ける)
吾郎 「僕の頭の中は女性雑誌みたいになっているんで、新しいものとか試すのが好きなんで」

今回も、吾郎のトークは絶好調でした(笑)

|

« Dr.検事モロハシ2 | トップページ | あんぽんたんず、永遠に! »

コメント

kazuyoさん、こんばんは。ゆで卵の剥き方まで教えてくれるなんて(笑)私、ゆで卵剥くの苦手なんですcoldsweats01殻と一緒に白身まで剥けちゃって、黄身が見えちゃうんですよねcoldsweats01もっと酷い時は、ゆで卵の原型を崩しちゃって、卵ちゃんが悲惨なことになってますからcoldsweats01どんな剥き方してるんだって感じですよね(笑)ゆでる前に小さな穴あけるってところから私には難しそうです(笑)でもさすがシェフですよねぇ~heart04ホントなんでも知ってるんだなぁ。「スマ進」は、ホント、百田先生が、絶賛されてたように、とても素晴らしかったです。人間の本性が垣間見れる作品でしたよね。吾郎ちゃん、私も、「馬耳東風」好きなので、またエッセイ書いてほしいんですが、今吾郎ちゃんに言うのは、仕事で忙しくて、ハードなのにエッセイまで…なんて吾郎ちゃんキツイんじゃないかって思いますよね。吾郎ちゃんには、のびのびとエッセイを書いて欲しいので、時間が大丈夫な時が一番ベストですよねgoodゆっくりでいいので、またエッセイ書いて欲しいと思いますsign03happy01悪役の話は、「人が持ってる善の部分と悪の部分」についての話が、感慨深かったです。役者さんは、いい人の役だけではなく、悪の役もやったほうが幅も広がるし、人間が持ってる善悪、どれも対象だけど、どちらも理解する。吾郎ちゃんの役者としての精神が詰まった言葉だと思いました。また、自分が持ってない部分を演じるのって楽しそうですよね(笑)ストレス発散にもなりそうhappy01あとダイエットの事とかもそうですが、ホント的確で、頭の中が女性雑誌というのもわかります(笑)あと、ご飯のときの飲み物飲みすぎる話の時も個人的には面白かったです(笑)今週も楽しい吾郎ちゃん話が聞けてあっという間の時間でした(笑)私、今帰ってきたので、これから録画してある「めちゃイケ」見ようと思います。楽しいといいなnote

投稿: さおり | 2014/07/05 21:34

rvcarさおりさん
ゆでたまごって・・・茹でて少し置いて冷ましてから剥けば簡単に剥けますよね(笑)? 固めに茹でるほうが剥きやすいと思うのですが・・・吾郎の言う説明にプロを感じました(笑) エッセイは、ゼロから始めてもらうのはやっぱり現状難しいですよね(汗) でも書きたいと吾郎が思っているのであれば、月刊誌への掲載ならなんとかなるんじゃないかと。ただ、「anan」での映画レビューが毎週になったのが厳しいですか(苦笑) そう言えば、「スマステ」の映画コーナーはどうなってしまったのだろうか。月イチゴローのときより残念感がないのが、逆に寂しい(笑) しかし、今回も「自由時間」のコーナーで自由に話す吾郎がいたり、お便りを出してきてくださった方を弄ったりと非常に面白かったです。楽しみにしていた「めちゃイケ」なんですが・・・まぁ、おいしいところだけをピックアップしておくのが正しい見方だったかと(苦笑) また、後日に感想をUPします。

投稿: kazuyo | 2014/07/06 00:25

Kazuyoさん、ストスマ感想ありがとうございます。文章を書くことがお好きなんですね、吾郎ちゃん。月1の時もストスマのラジオやゴロデラでも語彙の豊かさや理路整然とした話の流れでもしっかり頭の中で言葉が整理されていられるのですね。私は上手く文をまとめる事ができないので憧れます。アンアンの映画評論を写真付で一冊の本にして頂くのも良いかもしれませんね。それに吾郎ちゃんの前書きとあとがき、そしてスペシャルフォト追加なんて良いかも(ちょっとした私の夢ですが(笑))

投稿: ピカチュウ | 2014/07/09 01:27

ピカチュウさん
あまり認められていないけど、文章を書くのは得意と言っていた吾郎ですが・・・結構といろんなところで認められていると思うんですけどね(笑) 吾郎流の謙遜でしょうか。知性派の吾郎さんというのは、「スマスマ」の顔相占いで言われていましたが、ここだけは大きく頷いてしまったので(爆) 「anan」の毎週の映画レビューってとても大変だとは思うのですが、一冊の本にしにくいのがネックですよねぇ(苦笑) せめて、使われている写真だけでも写真集として出してくれないか「anan」の編集部にお願いしてみようと思います。毎回、とても素敵な写真を撮影して掲載してくださるので。そこに、ちょっと吾郎のメッセージを入れてくれるだけでいいですよね。

投稿: kazuyo | 2014/07/09 11:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Dr.検事モロハシ2 | トップページ | あんぽんたんず、永遠に! »