« 27時間テレビ① ~オープニング編~ | トップページ | 27時間テレビ② ~水泳大会&ドラマ編~ »

SMAPでいることの煩悩

「27時間テレビ」のレポをやっとオープニングだけUPしたところですが(笑)、「ゴロウ・デラックス」もとても良かったので脱稿する前にあげておきます。今回は、深夜に心洗われるような「煩悩」との付き合い方講座。

オープニングトークでは、外山さんを相手にスタジオの冷房が効きすぎていてスタッフが寒がっているけど映るのは俺だから!と自己愛をアピールする吾郎さん(笑) 今回の課題図書にちなんでトークを進める周到さ(笑)

第百二十八回課題図書 『しない生活 ~煩悩を静める108のお稽古~』 小池龍之介著

Photo 新聞の大人気連載が書籍化され、発行部数17万部を突破した一冊。誰にでも覚えがある身近なストレスをわかりやすく解説し、心を穏やかに保つヒントが詰まっている。HPでの悩み相談や、一般の人に向けた座禅指導、執筆活動などを通じ現代人にとっても身近な形で仏教の考え方を発信。これまでに数々のベストセラーを手がけてきた、今、大注目のお坊さん。

煩悩」とは、煩わせるという字と悩ませるという字なので、簡単に言えばストレスが溜まるような心の働きのことを言う。
著者の住職である小池さんは、まだ35歳という若さですべてのことに卓越されたような方で、始終ささやき声で話される方で(笑)音量あげたくなりましたよ。穏やかな話し方をされるので、聞いているほうが思わず自然に耳を傾けて集中して聞いてしまうのもいいのかもしれません。吾郎のコメントにずっと頷いておられて、お二人でゆっくり話をしたらウマが合いそうだと思いました(笑) 

メールに関する煩悩」を吾郎が朗読。彼女からメールの返信が遅いとイライラするという場合、自分が労力をつかって送ったメールに返事がないのは不公平だという煩悩。吾郎自身は、返事が来ないからと言ってイライラはしないそうで、返事がなくて不安になるときは相手からのメールで終わらせて待たないようにするという防衛策を取るそうです(笑) 外山さんが朗読したところは「あなたのためというのは、自分のため」という外山さん自身が思い当たる箇所。つまりは、相手のためだと思って言うことは、結局は自分が満足するからという自己愛に繋がるという話。う~ん、確かにそういうことはたくさんあるかもしれない。人は誰でもそういう部分を持っているという小池さんですが、何事も自分の考えに心の中で認めてくれるもう一人の自分を見つけるとイライラしないで済むという考えは面白いなぁと思いました。人に褒められたいから、すごいと言われたいからするのではなくて自分で認めてあげるって口で言うほど簡単じゃないけど、確かにその域に達したらかなり気持ちが落ち着きそうです。

外山さんから、吾郎に「若い頃から芸能界にいて、人気の変動で葛藤とかなかったんですか?」という質問に、とても率直に答える吾郎。
吾郎 「やっぱり、それはあるよ。比べちゃうよ。僕らの場合はグループだから、5人いるわけだから他のメンバーが活躍していたらもちろん嬉しい反面、焦りも俺も頑張らなきゃいけないと思ったりとか。だって、比べる相手がいつでもすごく近くにいるわけだから」

あぁ・・・なんて正直な吾郎。でも、きっと他のメンバーも同じこと思ってるよね。SMAPはもうとてつもない化け物グループですから、活躍する場も世間からのリアクションも半端ないです。タイミングで自分があまり目立った活動がないときに、他のメンバーが大喝采を浴びれば嬉しいけど複雑になることは当たり前だと思う。SMAPは、良き仲間であり良きライバルでもあるので。そうやって切磋琢磨してTOPの座に君臨するグループだもんねぇ・・・小池さんも言ってらしたけど、それができない人は潰れていく世界だと。SMAPはスポットライトの中にいるところだけを見ていてると羨望のまなざしで見られる存在だけど、精神力が強くないとやっていけないですよね。そんな中での中間管理職の吾郎さん・・・大変だと思います(爆)

外山さんは、コメントを少し挟むとは言え、ほとんど頷いたり「へぇ~」と言うだけになっていて吾郎がもっと食いついてきてほしい感じのコメントを(笑) でも、吾郎ファンとしては以前同じようにほとんどコメントしなかった吾郎がいた回のことを考えると、大変かもしれないけどちょっと嬉しかったりします(笑) 一度、やっぱりロケに出てみたらいいんじゃないかなぁ。最後の親太朗くんの消しゴムはんこで、穏やか通しの放送となりました。

|

« 27時間テレビ① ~オープニング編~ | トップページ | 27時間テレビ② ~水泳大会&ドラマ編~ »

コメント

kazuyoさん、こんばんは。吾郎ちゃんの、オープニングトーク、今回の課題図書にあわせた感じで、ユニークでしたね(笑)今回の、ゲストの小池さんは、本当にお坊さんって感じの方で、ゆっくりとした佇まいの方で、また穏やかでもある感じの方でしたね。実は、私の高校では、いつも毎朝、心を落ち着かせる為の「瞑想」を行っていました。でも、高校の瞑想だけでは、抱えきれない問題を当時、抱えていたため、お寺に通ってた時期があったんですが、そこのお寺のお坊さんも穏やかな方で、小池さんを見ていてその方のことを思い出しましたhappy01メールの返信のイライラは、私はイライラはしないけど、不安にはなっちゃうので、「あ~忙しいんだな」と自分で思い込むようにしています(笑)聞いてみると、吾郎ちゃんの「防衛型」もありですね(笑)あと、小池さんのお話で、「なるほど」と思ったのが、「~のために」って話です。確かに、「~のために」ってその人の為に言ってるようで、実は、気ずかないうちに、自分の価値観を相手に押し付けてしまってるのではないかということですよね。小池さんのお話は、ホント、心がすっきりして穏やかな気分になり、余計なものが全部流れていくようでしたhappy01また、吾郎ちゃんのSMAPのメンバーに対する想いを聞いて、お互いが刺激しあってるんだなということが改めて実感できました。吾郎ちゃんの率直な言葉がとても心に残りました。そうですよね。これだけ長い時間を共に過ごしていると、喜びと自分も負けたくないという気持ちはありますよね。でも、それは大切なことなんじゃないかなと思います。SMAPは、チームワークも抜群で、またお互いが意識しあえる良きライバルな素敵なグループですよねhappy02吾郎ちゃんは中間管理職という立場で、大変なこともあるかもしれないけど、みんな吾郎ちゃんに癒されてるのがわかります(笑)これからも応援してます(笑)note

投稿: さおり | 2014/08/02 01:19

Kazuyoさま

今回のゴロデラほど自分を反省した内容はかって無かったと思います(汗)小池さんがおっしゃる一語一句が「まさにその通り!!」でしたから。無意識の中に自分の為に動いてしまうことって多いなぁと思ったりしました。

小池さんも褒めていられましたが、吾郎さんの自己分析は見事でしたね。凄く自然で、人間らしく、そして飾らない言葉で本音を語る姿に吾郎さんの精神力の強さ、しなやかさを改めて感じました。小池さんとは道場で瞑想をしたり、煩悩についてもっと語りあって欲しい・・・今の時代だからこそこういうロケがあってもいいのではないかと感じました。

投稿: さやか | 2014/08/02 11:12

libraさおりさん
高校で毎朝瞑想を実施していたなんてすごいですね。吾郎が今回の課題図書を読んですごく良かったって言っていましたが、きっと吾郎も読んでいろいろ感じることがあったんでしょうねぇ。メールの返信に関しては、急ぎの用事連絡だと返事がすぐに来ないと待ってしまいますが、そうでなければケータイメールでもLINEでもまったく気にならないです。相手が付き合っている異性だったら若干気になるのかな(笑) まぁ、それもきっと付き合い始めた当初ぐらいでしょうねぇh(爆) 小池さんはお坊さんであり穏やかな方ですが、いまだに煩悩をまったく取り除けているのかはわからないとおっしゃっていて非常に正直な方で好感が持てました。負の感情も誰でも持ち合わせているものと、説教するのではなくて肯定してからこうすればいいというアドバイスを語られるところがきっと多くの方に賛同を得られているんでしょうね。良い話をされても、その人の話し方次第で受け入れやすくなったり耳を塞いでしまうものだと思います。人に何かを伝える人は、相手の考えを全て否定する人であってほしくないなぁと感じました。だから、きっと吾郎もアドバイザーに向いていると思います。そんな吾郎が、SMAPの中で中間管理職としてどのメンバーともカメラ前でなくても話ができるというのは納得です。人に弱みを見せれる人こそ強い人だと感じました。


libraさやかさん
言われてみて、自分にも当てはまることってありますよね。普段はそう意識しているわけではないけど、良かれと思って言ったことややったことがもしかしたら相手によってはありがた迷惑なこともしているのかもしれないと思いました。いつでも完璧な言動ができるわけではないけど、相手のことはよく見て些細な感情の変化を読み取って気持ちを汲み取れる人になりたいなぁと。そんな吾郎さんは、自分を愛するように他人も愛し、とても強く優しい人だと感じます。「自分に優しくできる人は、他人にも優しくできる」と吾郎自身も言っていましたが、私は吾郎はずっと以前からそれを自然にやっている人だと思います。そして、自分に厳しい人でもあるけれど、他人にはいつも優しい。本当に見習いたい人ですよね。そろそろ、外山さんとロケに出てほしいですね。少し、外山さんが立場的にどうやっていったらいいのかわからなくなっている気がして・・・初回のときのキレがトークで見れなくなったのが心配です。親太朗くんを入れて三人で楽しいロケをしてほしいです。番組にお願いしておこうかな(笑)

投稿: kazuyo | 2014/08/03 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 27時間テレビ① ~オープニング編~ | トップページ | 27時間テレビ② ~水泳大会&ドラマ編~ »