« 「Mr.S -SAIKOU NA OTOKO TACHI-」 | トップページ | 下三人の関係 »

吾郎さんのお風呂事情

今週の「ゴロウ・デラックス」は、吾郎のルーツが少し見えたような(笑)?

ゲストは、海外(イタリア)からのお客様で、2010年マンガ大賞受賞の大ヒット作品『テルマエ・ロマエ』を生み出した漫画家。実は、吾郎も映画化される前に読んでいたという作品。

第百四十一回課題図書 『とらわれない生き方』 ヤマザキマリ著

Photo ヤマザキさんは、「ゴロデラ」のためにご自分のローマでの生活のイラストを描いてきてくれました。『テルマエ・ロマエ』がヒットしたのは、ヤマザキさんが43歳のとき。それは、著者の波乱万丈の海外での苦労から生まれた。そんな、17歳で訪れたイタリアでの流浪の民のような生活が始まった箇所を吾郎が朗読。

17歳でイタリアに油絵を習うために渡ったヤマザキさんは、現地イタリア人の詩人の男性と10年間同棲中に妊娠が発覚! 貧乏学生だったため、一番最初に切り捨てなければいけなかったのが・・・詩人さんだった(爆) もう、すごくよくわかる。海外に長く滞在していると「いいなぁ」とよく言われましたが、贅沢な生活ができる日本人なんてほんのひと握り。一番優雅な生活をされている日本人女性は、日本企業に勤めている海外勤務の旦那様の奥様です(笑) まぁ、私の場合もきりつめて生活していましたが、ヤマザキさんのように「子供」を持つ選択はまったくなかったわ(笑) (ヤマザキさんは、現在はイタリア人の旦那様と幸せにイタリアで生活されています) 日本に一年に一度は帰りたかったもの、SMAPと吾郎のために(笑)

子供さんができて生活費を稼がないといけないヤマザキさんは、日本に帰国して漫画を描く仕事をしながら温泉レポーターに(笑) 日本全国津々浦々の温泉巡りをすることによって『テルマエ・ロマエ』が生まれたというから、いろんな経験をするものですね(笑) そんな漫画作品を吾郎と外山さんが、それぞれ主人公のルシウスと日本人のおじいちゃんの役割分担で朗読。ヤマザキさんから「素晴らしい朗読でした」とお墨付きの吾郎さんの台詞読み。さすがです(笑)

ヤマザキさんは、イタリアに渡ってから二年後に一度帰国したときに、日本人の顔は平たいと自分の顔を鏡で見て改めて思ったのだとか。吾郎から、現地にいてそう思うんじゃないんですか(笑)?という質問がありましたが・・・現地にいると、逆にローカルの人の顔を見てそれが当たり前と思っているから意外とそこは希薄になるんですよね(笑) 私は、日本に里帰りしたときに人間に色が少ない(ダークヘア、ダークアイばかり)と思いました(笑) しかし・・・立っているローマ人の衣装を身に纏った親太朗くんを誰かつっこんであげてと思ったり(笑)

課題図書の中には、イタリア人と日本人の違いも書かれています。イタリア人男性と日本人男性は、何を恥ずかしがるか表に出すかが違うと話され、失恋した泣き顔を鏡で見て「よし!」と思うのがイタリア人男性だそう(笑) そんな話を聞いて、役者として吾郎も鏡で泣き顔チェックをすると聞いて、女性二人が「やりそう~(笑)」と大喜び。さらに、お風呂の中で、正座して本を読むとかまさしくイタリア人のお風呂のルーツ。「吾郎さんは)イタリア人じゃないですか?前世(笑)」とヤマザキさんが言われて、私は妙に納得しました。お風呂場にキャンドルを灯すとか「見てみたい!」と言われる吾郎さん。ヤマザキさんは、今度『テルマエ・ロマエ』の番外編で吾郎さんの湯船にローマ人がタイムスリップする話を描きたいと。是非、お願いしたいですね(笑)

|

« 「Mr.S -SAIKOU NA OTOKO TACHI-」 | トップページ | 下三人の関係 »

コメント

Kazuyoさま

この番組は、いまどういう本が出版されているか、著者の人柄と本の内容が同時に分かる所がいいですね。特に朗読で直接本の内容にも触れる事ができるので、本好きにはたまらない番組です。内容の一部分でも吾郎と外山さんの美声で朗読されるとスッと頭に入ってきて、読んでみたくなるから不思議です。ゲストとの和気あいあいの会話も番組が楽しく見られる要因の一つでしょうね。

ヤマザキマリさんは男前でしっかりしていて、たくましい素敵な方でした。私も若かりし頃海外生活の経験がありますが、あんなに大変な思いはしなかった。共感する部分も多かったけれど一番の驚きは、子供が出来て生活の為に最初に切り捨てざるを得なかったのが子供のお父さん(笑)その逞しさに「おそれいりました」でした。たくましい女性っていいなぁ~とその強さが羨ましかったです。

吾郎さんのお風呂の入り方、ヤマザキさんとのお風呂談義、もっと聞いてみたかったし、番外編も書いていただきたいですね。「とらわれない生き方」も出来たらいいなぁと思ったゴロデラでした。

投稿: さやか | 2014/11/16 12:01

kazuyoさん、こんばんは。私も、友達にイタリアの友人がいるので、ヤマザキさんのイタリア人と、日本人の違いなど、とても話が面白かったです。私のイタリアの友人は、最初日本に、来た時、日本人の顔を見て、「沖縄は、顔が薄い人と濃い人の差が激しいね」って言われました(笑)結構、親太朗くんは、典型的な沖縄の顔ですね。ローマじんの格好何気に似合ってました(笑)誰も突っ込まないけど(笑)確かに、阿部寛さんって、遠くにいても分かりそうなくらい顔が濃いですよね(笑)あの映画に出てくるロマ人役の方は、みんなそうだと思いました。ヤマザキさんは、「お風呂」のリポーターをやってて、その発想に至ったのは、面白いし、やはり発想が豊かだなって思いました。吾郎ちゃん、役者として、自分の泣き顔チェックするなんて、さすがですよね。それに、風呂場で、正座して本読んでるところとか、見てみたいって思っちゃいました(笑)キャンドルを灯すとか吾郎ちゃんらしくおしゃれだなって思って、私もそれも見たいです(笑)ローマ人が、吾郎ちゃんの、お風呂場にタイムスリップって面白そうですよね(笑)是非作ってほしいなって思いましたhappy01考えるだけで楽しそうですもんね(笑)

投稿: さおり | 2014/11/16 20:00

Kazuyoさま
いつも楽しいレポありがとうございます。
さて、今さらですが、ゴロデラはどうすれば観ることができますか?
ロンドン在住でも不思議でしたが、同じ大阪でチェックできるなんて・・・・????
ストスマは、YouTobeにあげてくださるので、少し遅れて聴けるのですが。観れなくても、kazuyoさんのレポで想像して楽しんでいるのですが、良い話だと観たくなります。教えてください。

わたしも吾郎ちゃんと同じiphone6に替えました。ストスマで、色がスペースグレーと聞き、偶然にもおそろとなりご機嫌です。


投稿: うさぎ | 2014/11/16 21:41

spaさやかさん
「ゴロデラ」での課題図書を検索で調べると、単語を入れただけで選択肢の中に本のタイトルが出てきます。それだけ、話題性のある作品や売れている本をスタッフがリサーチして探し出してきているんですよね。そこから、出演依頼をして収録して編集する・・・毎週、しっかり放送してくれることにありがたいなぁと思います。ここまで手をかけて丁寧に作られている深夜番組なのに、全国放送にならないのが本当に残念というか。BSでも同じような番組が放送されるようになりましたが、それだけ業界では話題になっているのだと思います。ヤマザキさんのトークは楽しかったですね。とても頭のいい方なんだろうなぁと、あとからあとから面白いエピソードを話される様子を聞いて思いました。たくましくもあり、女性の強さと母親としての愛情も見えて素敵な方だなぁと感じました。吾郎さんが、興味津々でお話を聞いている様子も微笑ましかったです。番外編、ヤマザキさんが「やりたいなぁ」と言ってらしたので、是非、描いて頂きたいですね(笑)


spaさおりさん
イタリア人のご友人がいるんですね。私も、英国にいるときに同僚でイタリア人の男性がいました。隣の席だったんですけど、もう、本当にイタリア人の男性って女性の接し方がうまいですよねぇ。同僚に「ダーリン」って言えるのも、褒め方も本当に上手。この辺は、英国人男性の非ではないです(笑) 日本人男性の社員が、「イタリア人になりたい」って言っていうぐらいのテクニックでした(笑) そんないい感じのナルシスト感とフェミニズムを持ったイタリア人に似ているという吾郎さん(爆) 確か、「ほん怖」のミステリーツアーで前世はドイツ人パイロットだと言われていた吾郎ですが、私は、イタリア人じゃないかというヤマザキさんの意見に同意します(笑) 正直、吾郎にドイツ人の緻密で融通の利かない感じはどこにもないので(爆) (いや、一般論の話です) 番外編で、ヤマザキさんが吾郎のお風呂事情を聞いて漫画のアイデアを取り入れてほしいと思います。もちろん、吾郎本人出演で(笑)


spaうさぎさん
「ゴロデラ」ですが、私は英国にいたときからゴロ友さんにすぐにスーパーテクニックで見させてもらっているんです(笑) 本当にありがたいわけですが・・・本来ならNGですが、今、目の前にある箱で番組のタイトルと「動画」と検索すると拾えますよ(笑) もちろん、今回の映像も落ちています。すぐに削除されると思うので、早いうちに視聴されることをお勧めします。著作権の問題があるので、本当はダメなわけですが、もう未放送地域が多すぎてここは大目に見てもらいたいところですね。その代わり、見たあとはしっかり公式に感想をひと言でいいので送ってください(笑) 吾郎さんと同じスペースグレーのiPhone6良かったですね。吾郎が「おそろいにしましょう」と言っていたので、吾郎ファンは皆、これからこのiPhoneだなと思いました(爆)

投稿: kazuyo | 2014/11/16 23:55

ゴロデラは本当に守備範囲が広いですね(笑)。今週のゲストのヤマザキさん拝見するのが楽しみです。吾郎ちゃんは確かにイタリア人っぽく感じるところもありますよね、堀の深いまゆと目の短い感覚といい、まるで彫刻のような美しい顔のつくりといい。ヤマザキさんのテルマエ番外編ぜひぜひ書いて発表してほしいですね。

投稿: ピカチュウ | 2014/11/17 00:32

spaピカチュウさん
よく、こんなにいろんな分野から探してこられるなぁと思うほど優秀ですよね。そして、毎週放送のために、SMAPとしても忙しい中で課題図書をしっかり読んでいる吾郎もすごいなぁと。SMAPじゃないのに、なかなか一冊の本を読みきる時間を作れない自分からしたら、本当に尊敬に値します。それも、自分が読みたい本を買っているにもかかわらず(苦笑) 通勤中に本を読もうと努力しているのですが、SMAPさんの活動がすごすぎてリサーチで終わってしまいます。「テルマエ・ロマエ」は、吾郎さんも読んだということなので漫画を久しぶりに読んでみようかな。

投稿: kazuyo | 2014/11/17 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「Mr.S -SAIKOU NA OTOKO TACHI-」 | トップページ | 下三人の関係 »