« 「僕の半分」、大成功! | トップページ | 夢よ、タメよ、梅よ・・・ »

毒の吐き方

吾郎さんの「恋と音楽Ⅱ」大阪公演の初日に参加して、その翌日あろうことか吾郎のいない東京に出張に行ったという本当に縁の薄い私(爆) まさか、日本にいて地元大阪の舞台千秋楽に参加できない日が来ようとは思わなかったわ。なので、ブログ更新がさらに遅れてます(汗) 舞台の感想は、東京公演でのレポとは別にまた後日UPさせて頂くとして・・・とりあえず、番組レポから入れさせて頂きますね。

今回の「ゴロウ・デラックス」のオープニングは、ちょっといつもと雰囲気が違うような・・・それもそのはず、スタジオセットの前に十数名のかな~りの人生の先輩となるお姉さま方(少しお兄様(笑))が観覧として座ってらっしゃいます。吾郎が少し照れ笑いしているのが可愛い。

外山 「今日はね、ゲストがね、皆様のアイドルという・・・」
吾郎 「え~!僕を観に来たんじゃないんですか?!皆さん!だって、きゃーきゃーきゃーきゃー、さっき・・・」
 (出てきたときに言われたのね(笑))
外山 「吾郎さんも、皆さんにとってはアイドルですよね?」
観覧の皆さん、「うんうん」と(笑)
吾郎 「なんか、さっきから・・・仁丹の香りがする(笑)」 (こらこらこら(爆))

そんな吾郎さんのプチ毒舌なんて可愛いもの。今回のゲストは、そんな諸先輩の方々に容赦ないつっこみを入れるすごい方です(笑) 外山さんとは実はお仕事をご一緒されているらしく、今回は外山さんがとても良い仕事をされていた。吾郎が、またいつもの「珍しい生き物を見る目」になっていたので(爆) しかし、相変わらず、吾郎さんの包容力と適応力は素晴らしいわ(笑)

第百三十九回課題図書 『毒蝮流! ことばで介護』 毒蝮三太夫著
今回より、課題図書の数ではなくて放送回の数に合わせます

Photo 毒舌を吐いても喜ばれる高齢者とのコミュニケーション術をを学べる一冊。著者がトークの術を学んだのが、TBSラジオ『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』で、なんと今年で45周年を迎えるという長寿番組です。月曜日から金曜日までの30分間でお店や工場などを訪れ、集まったお客さんと話す生放送のトーク番組で、放送回数は12,131回、出会った人はおよそ60万人という伝説のラジオ番組。

そんな毒蝮さんとは、吾郎曰く、実はSMAPもデビュー時に出会う機会があったとのこと。イベントで集まったお客さんは1000人ほどいたのに、雨が降ってキャンセルになったのだとか。昔は、雨男がいたという話になっていましたが・・・SMAPって大きなイベントでは、いまでもよく雨が降りますよね(笑)? 

課題図書の毒蝮流ラジオトークの様子を、吾郎が毒蝮さん役、外山さんが年配の女性役で朗読。しかし・・・いかんせん、吾郎には毒蝮さんのようなキレのいい毒舌にはならない(笑) 本人も「全然、うまく気持ちが乗っていかなかったんですけど(苦笑)」と素直に事後報告(笑) 仕方ないよね、吾郎にはこういう女性を「ババア」とたとえ愛情を持ってでも呼ぶというのは持ってないもの(笑)

毒蝮さんの高齢者とのコミュニケーション術
1. けなす
2. 例える (顔をひどいものに例えるのが常)
3. 褒める

これは、同じ高齢者アイドルの綾小路きみまろさんと同じですね(笑) 誰もがやっていい術ではないと思う。これを貫いても笑ってもらえるキャラクターを持っていないとできない。そして、大事なのは最後の「褒める」ですよねぇ。放りっぱなしでは、やはり毒が強すぎるので。

「ゴロデラ」が独自に毒蝮さんの人生年表をまとめてみます。「ウルトラマン」で役者としてデビューしたにもかかわらず、立川談志さんに「普段のトークのほうが面白い」と言われ、『笑点』の座布団運びをやったときに芸名をつけてもらったのがきっかけでこの世界に。人生、どう動くかわからないですよねぇ。しかし、毒蝮さんからも「吾郎ちゃん」と呼ばれる吾郎は、やっぱり最高の「人たらしheart」(良い意味で)だと思いました(笑)(笑)(笑)

今回の放送を見て、意外と「ゴロデラ」はこのぐらいの少人数の観覧がいても面白いかもと思いました。ファンを呼ぶのではなくて、本好きの方とか面白いかもなぁと。ファンを呼んだら、普通の客前番組になってしまうので(笑)

|

« 「僕の半分」、大成功! | トップページ | 夢よ、タメよ、梅よ・・・ »

コメント

この放送、見ました。面白かったです。
日本を代表するエレガント王子様・ごろさんのお口から、
「ババア」なんて言葉が出てくる日が来るとは思いもよりませんでした。
外山さんは、完全ホーム試合みたいなノビノビ感が画面から伝わってきました。
ごろさんとの素敵な化学反応も楽しかった。
スマスマでは、もうすっかりSMAPよりずっと若手のゲストと一緒の回が多くて、
今回みたいに大大ベテランの先輩とのやり取りが新鮮でした。
毒蝮さんが「ババア」と呼ぶ世代は意外とSMAPの守備範囲だと思うので、
いつか、年季の入ったお姉さん方もスマスマにお招きしていただきたいものです。
あ、ちょっと脱線しました。すみません。

投稿: ゆずこしょう | 2014/11/03 21:57

kazuyoさん、おはようございます。今回の「ゴロデラ」、初の観覧ということでなんか新鮮でした。毒蝮さんは、確かに言葉は一見、相手をバカにしているように聞こえますが、観覧のおじいさんの肩をポンポンとやってるところなんか、優しさをかんじました。「最後にきちんと褒める」これは、大事なことですよね。毒蝮さんにとって、おじいさん、おばあさんは、自分の親のような感じで接してるんだと思うと、感慨深いものが残りました。こうやって優しい毒を言って笑いあえるってのも、親子のような関係だからだろうなって思いました。オープニングの吾郎ちゃんの「仁丹の香り」ってなんかわかる~って思っちゃいました(笑)吾郎ちゃんの可愛い毒も聞けて面白かったです。また、毒蝮さんに対する接し方も丁寧で、きちんと耳を傾けている吾郎ちゃんはホント、毎回素敵だなって思いますnoteゲストの方に好かれるのもそういう気配りなんですよね。ちょっと話それますが、kazuyoさん、舞台ご覧になったんですねhappy01すぐ東京に出張って大変でしたね。お疲れさまです。私は、今年全然行けなかったので、kazuyoさんのレポ楽しみですhappy01

投稿: さおり | 2014/11/04 10:09

bombゆずこしょうさん
朗読の中だけなのに、どうにも女性を罵るような言葉がうまく言えない吾郎さんが大好きです(笑) この「ゴロデラ」で、自分のファンは全員美人だ!と言い切った吾郎さんが、年配の女性に「ババア」なんて言葉を紡げるはずがありません(爆) これは、毒蝮さん流の愛情表現であって、吾郎のものではないですからね。当然、気持ちが言葉に乗っかってこないです。外山さんは、毒舌の年上男性にもサラッとつっこめるのが持ち味で可愛がられるんでしょうねぇ。方向性は違うけど、そういう意味では吾郎と似たところを持った人だと思いました。この番組には、とても合ったMCのお二人だと思います。


bombさおりさん
観覧というか・・・近所の寄席を観に来たというか(笑) 楽しそうに三人のトークを聞いてくださっていて良かったですよね。毒蝮さんは、もうすでにご年配の方たちに愛されていますから。そこの意思疎通ができているから成り立つトークですよね。そうでなければ、ただの悪口を言う人というレッテルを貼られてしまうと思います。最初のうちはクレームが来たというのもわかる気がしました(笑) 吾郎も、実はプチ毒をいろいろ吐く方で、それがとてもキュートなのも得をしていますよね。もちろん、吾郎自身の言葉のチョイスと表現が他人を馬鹿にしてないというのがわかるからだとは思っています。そんな吾郎さんの舞台大阪公演ですが、仕事の関係上初日しか観劇できませんでしたがとても楽しめました。週末になるとは思いますが、レポはあげさせて頂きますのでまた読んでやってください。

投稿: kazuyo | 2014/11/05 00:51

Kazuyoさま

昔(笑)我が家の近くのスーパーでラジオの収録をしている毒蝮さんを見かけたことがありましたが、未だに放送が続いていたことに驚きました。愛されているんですねぇ。確かに毒蝮さんの毒は、ご自分でも介護と言われているようにお年寄りに活を入れ、元気にさせる何かがありますね。毒舌とは裏腹にあの優しい笑顔にはお年寄りに対しての愛が感じられますもの。

吾郎さんの毒は可愛げがあるし、何よりも後できちんとフォローをしている所がいいですね!外山さんは下町育ちの江戸っ子気質そのままという、サバサバしていて明るい所がとっても良い感じ。ゲスとの毒蝮さん、吾郎さん、外山さんの織りなす会話が終始楽しく聞けたのは、人に対する優しさを3人が持っていることだと感じました。

MCをする人は、こういう話術を見習って欲しいと強く感じた30分でした。

投稿: さやか | 2014/11/05 10:55

bombさやかさん
番組ひとつ続けるのって、本当に大変だとSMAPや吾郎の番組を長年追っているだけで思うところがあるので、ラジオ番組が45年も続いてるってすごいことなんですよね。この「ゴロデラ」も長く続いていってくれるといいなぁと思います。毒蝮さんの毒舌は、言葉だけ聞いていると「ひどいなぁ(笑)」とは思うのですが、やはり毒蝮さんのキャラクターあっての毒舌術ですよね。とは言っても、我々の吾郎王子のプチ毒舌もなかなか優秀です。吾郎が持っているものは、少し毒を吐いたぐらいではきつく感じない。そして、必ずフォローを入れるのが毒蝮さん同様に柔らかくさせますよね。吾郎が聞き上手なのは周知の事実ですが、実は話し上手な人だとも思います。見ている人を不快にさせないって、MCの基本中の基本ですもんね。「ゴロデラ」以外でも、この力を発揮してほしいなぁとは思うけど・・・吾郎さん、いろいろ忙しそうですね(笑) とりあえず、役者の仕事は待っておきたいと思います。

投稿: kazuyo | 2014/11/05 20:53

わぁ~Kazuyoさんのブログが進んでる~sweat01ゴロデラこちらでは1週飛んでまして毒蝮さんの回はもう少し先に放送されると思います。しばらくTVでお見かけしてみえないですが変わらずにお元気そうでなによりです(笑)。本当に年上の方に「吾郎ちゃん」って言って話がはずむのはやはり吾郎ちゃんの持って生まれた人柄ですね。総じてほとんどの方が楽しくお話して頂け、今回は年配の観覧の方を入れての収録、Kazuyoさんがおっしゃるように本好きの観覧を入れての収録も節目節目のスペシャルには良いかもしれませんね。毒蝮さんの高齢者とのコミュニケーションは介護をしている私には参考にさせて頂けるお話ですね。

投稿: ピカチュウ | 2014/11/08 16:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「僕の半分」、大成功! | トップページ | 夢よ、タメよ、梅よ・・・ »