« ひとりでも幸せ | トップページ | とびきりの運命に心からありがとう »

友情と愛情

毎年、「さんま&SMAP! 美女と野獣のクリスマスSP」は、放送前から不安にさせられるテーマを打ち出してくるのですが・・・今年も相変わらずでしたね(苦笑) ただ、誰かを徹底的に落としてトークを進めたり、最後の罰ゲームがなかったことから少なくとも不愉快にならなかっただけマシだったと思います。でも、企画倒れだったなぁとは感じる。ここ数年、何かとSMAPの噂話をさも本当のことのように進めるという低俗なテーマで。だから、番宣番組のほうが素直に全編楽しめたというのはあります。

その番宣ですが、吾郎はすでにレポでもUPしましたが剛と出演した「行列のできる法律相談所」、そして、吾郎一人で「火曜サプライズSP」に出演。「火曜サプライズ」はロケのVTRだけかと思いきや、放送直前の生放送でスタジオにまで来てくれて非常においしかったと思います。レポをしたいところですが、とにかく年末番組があとからあとからあるので簡単に。眼鏡吾郎としてのロケ企画。ウエンツくんとDAIGOさんでの異色の三人でのロケというのも面白かったですよね。ガッツリ絡むのは初めてだと思うのですが、意外とウマが合っていたというか・・・S吾郎炸裂だったような(爆) インド人街と言われる西葛西で、カレーが大好きというさんまさんに本場インドのカレーをスパイスを選んで実際に作って食べてもらおうという企画。DAIGOさんのむちゃぶりにもクールを装ってしっかりロックジェスチャーをする吾郎(笑) ナンを作るときは、期待を裏切らない可愛さ。思わぬ番宣で素敵な吾郎を見させてもらった。どこもキュートな吾郎が満載だったけど、ツボは三人でカレーレストランのカウンターから腕に顔を乗せてワクワクして待っているようなワンコゴロー。なんて可愛いんだ(笑) 今年の「さんスマ」は、番宣企画にありがとうと言いたいです(笑)

そして・・・本番「さんスマ」ですが、事前の5人全員でのコメントで不安が増大(汗) 吾郎の『黒い噂』は?というくだりで、心当たりがないという吾郎に「女優さん?」と振る中居くんに、「性別関係ないとか・・・」と木村くん。そこで、吾郎がのたまった。
吾郎 「魅力的な人はね、男女問わずにドキドキしますよね。だって、関係ないでしょ?恋愛に。もう、生放送でカミングアウトしますよ(笑)」

この振りで突入です(爆) どのメンバーの噂も「だから何?」みたいなところはあったとは思うのですが、バラエティ番組だからと受けるSMAPがかっこいい。個人的には、最初の中居くんと吾郎の噂でピークでしたけど(笑) もちろん、メンバーは悪くないですよ。テーマ企画がダメなんです。木村くんも「仕事だよ!」とももちに付き合ってあげて可愛く「たくち」を披露してくれたり、そんなことあったなぁ・・・という噂の慎吾に到ってはああするしかない。の噂に関しては、「黒い噂」どころかとても良い話を茶化されてなんだかなぁという感じ。なんとなく、泣きそうになっている剛を見て、けっしてこんな風に取り上げる話題ではないなと思った。だから、剛が「吾郎さんは、女の子とチャラチャラしてたので反面教師として・・・」というくだりもOKにしたよ(笑) 実際、あんな吾郎の振りのあとでは助かったぐらいと思ったので。

ということで、申し訳ないですが、吾郎の噂だけ拾っておきます。
稲垣吾郎は、50代の男性とつきあっている

それが何か?ですよねぇ(笑) 年の離れた男性ととても良い関係を築いているのが何がいけないんだろう。加えて、意味深に作られたVTR(苦笑) 雰囲気は置いておいて電動歯ブラシやヒロくん(吾郎がそう呼んでいる(笑))の寝室が吾郎のマンションに用意されていたりと事実は事実なので認める吾郎。それが、スタジオの空気を凍らせる(笑)

複雑になったファンの方もいたと思うので、ちょっと個人的な見解を書いておきますね。まず、吾郎の意図ですが、「さんスマ」はご存知のとおり下衆な話題で盛り上げるバラエティ番組なのでここは最後まで乗っかったという見方があります。事実だとしても、吾郎のヒロくんに対する気持ちは盛ったとも考えられる。でも、今回は実際のご本人であるヒロくんがわざわざ番組の単独インタビューとして顔は隠してあるとしてもVTR出演をして、吾郎へのコメントを入れてくださった。こうなると、親しい友人である吾郎はそれに真摯に応えたかったんじゃないかと思う。

だって、顔を隠していたとは言え、知っている人には「ヒロくん」だって認識できると思うのです。芸能人ではなくて、一般の会社経営者の方なのでテレビでこういったコメントを残されるのは大変なのではないかと思った。でも、親友のために出演してくださったのではないかと。吾郎もVTRがあるとは聞いていなかったみたいで、すごく驚いていましたよね。吾郎が、周りが想像するような関係ではなく気心が知れた親しい間柄だと言い続けたのは、そんな友人へのリスペクトだったと思う。そして、言っていたことは全て本音だったんじゃないかと。仲が良い同性に恋愛に近い気持ちを持つって別に悪いことじゃないですよね? 私が気になったのは、そんな流れのまま「同性が好きだ」と勝手に持っていかれるのと、もしそうだとしてそれがまるで悪いことのように全員から「否定しろ」の嵐だったことですね。じゃあ、世の同性愛者の人たちは悪いことをしているんですか?と聞きたい。吾郎は友人だけでなく、そんな人たちにも優しいコメントを残してくれたんじゃないだろうか。

しかし、吾郎のコメントに心配を隠して笑っていた中居くん。生放送で手に汗をかいてしまう木村くん。コメントを挟めない慎吾。吾郎って、どのメンバーよりもいろんな意味でライオンハートleoだと思ったわ(爆) このメンバーの気持ちはわかります。悪いことではないにしても、やはりSMAPというのを考えたときの吾郎が受ける批判を心配したんだと思う。それは、私も同じように見ていて感じたので。拾っておきたいツボは、吾郎の噂の前に「(吾郎は)すっごい女の人好きですよ」と予防線をしっかり張る中居くん。そして、吾郎のコメントに動揺しまくりで「ヒロくんって、か、家族いるって・・・初めてだよね?」と聞いてしまう木村くん。(いいえ、前回盛り上がったときに、しっかり吾郎は伝えてます(笑) どんだけ、動揺して前回も真っ白になってたのよ(爆)) あとは、最後のたけしさん乱入での、慎吾の「実際は吾郎ちゃん」発言と、その前にわざわざ盛り上がるスタジオを押さえて慎吾に皆に聞こえるようにもう一度言わせる中居くん。上二人は、吾郎さんの吾郎(笑)の話が大好きで二人できゃっきゃっしていたところですか。

歌は、まぁ、もうクリスマスメドレーは無視なんですが(笑)、生歌を聴かせてもらえるのは嬉しい。ファンからのリクエスト一位だったという2TOPの背中合わせのときに、その様子を見て心から嬉しそうな吾郎の笑顔がとっても良かった。吾郎って、いつも2TOPが絡むとこの笑顔を見せる。二人が絡むと嬉しいんだね。

とにかく、なんだか最後バタバタになった今年の「さんスマ」ですが、中居くんが見事に「Merry Christmas!」と締めて終了。吾郎のヒロくんの話題は、ファンだけでなく世間にも大きな戦慄が走ったみたいですが、概ね楽しんでもらったみたいだし、吾郎のコメントを褒めてくれる感想が多かったのも嬉しかった。これが、ジャニーズでも成立するというキャラクターを持つ稲垣吾郎という人は、すごいんじゃないかと改めて思った「さんスマ」でした(笑)

|

« ひとりでも幸せ | トップページ | とびきりの運命に心からありがとう »

コメント

Kazuyoさん、こんばんは。年末の忙しい時にもかかわらず、いつもありがとうございます。そうですね、番組の意図かもしれませんよね。感情を入れ込みすぎてしまってますね。。すみません、もう少し冷静にならなきゃいけませんね!
今年のさんまSMAPですが、私も吾郎さんかっこいいなと思いました。私自身は、吾郎さんは以前にも何回か言われていたみたいに、もしかしたら同性異性どちらのかたでも好きになられるかたなのかな…?なんて思っていたので、ひろくんさんが、ご友人なのか、恋人的なかたなのかはわかりませんが、どちらにしても、もし吾郎さんが同性のかたを好きでも、今までのファンの気持ちは全くかわらないですし、むしろさらっと言ってしまう吾郎さんが可愛くてかっこよくて楽しかったです!
ただ、番組を制作された方達は、明らかにそう見せたいのに、VTRが終わったら否定しなさいみたいな雰囲気で、羽鳥アナウンサーにいたっては、「うわぁ」って言われましたよね?VTRのこともぜったい知っておられたはずなのに、いざ、答えたら一番信じられないみたいなリアクションって、アナウンサーという立場としてどうなのかな…?ってちょっと思いました。
剛くんの落ち込んでるVTRのときの市川海老蔵さんのこれ、やばいですよねー、みたいなコメントもそうですけど、なんていうか、人の気持ちとかあんまり考えないのかな…って思う人の多さに驚きました。
あーー…、冷静にならなきゃと思っているのに、最後は怒りの投書みたいになってしまって、本当にすみません。
この吾郎さん番宣ラッシュで、吾郎さんと吾郎さんの綺麗な黒い瞳がたくさん見れたので、改めて大きい目じゃないのに、目力というか目が印象的な人ってなかなかいないのでは?って、やっぱり吾郎さんって、すごいなぁって思いました!

投稿: デューク | 2014/12/26 02:51

kazuyoさん、おはようございます。
年末のお忙しい中、レポありがとうございます。
今年も予想通りの”低俗バラエティ”でしたね。まあ日テレなので仕方ないかという感じもありますが。
悪意に満ちたあのVTRと会場の雰囲気と…。だいたい、素人さんをVTR出演させちゃうのもどうなのかと思いますが。
私は常々思っているのですが、芸能界のような特殊な世界で育ってきた人はどこか世間知らずで「大丈夫??」みたいな人が多いので、吾郎ちゃんのように心から信頼できる異業種の人が身近にいるというのはいいことだと思うんですよね。まして、スマさん達みたく常に緊張感を強いられるような仕事をしている人は、ホッとできる場所や人の存在が必須ではないかと。
なのに躍起となって噂を捻じ曲げてそれでもって本人に何とか否定させようとしてるのが見え見えで、もう見てて疲れてしまいましたよ(涙)
剛君のエピソードもどこが黒い噂??素晴らしいことじゃないの?だし、慎吾君にいたっては「いつの話?」くらいな感じでしたよね。
歌のコーナーは素敵でしたが、衣装とセットを見ると嫌なことを思い出しちゃうので、例年通り歌コーナーを何度かリピしてからの全消去ですわ。
吾郎ちゃん、年末で忙しいのに番宣(火曜サプライズは良かったですよね~)も頑張ってて、それでこの扱いはないんじゃないかと思います。毎年「さんスマ」は話題性も含めて吾郎ちゃんに頼り過ぎではないのかな…。
そういえば年明けの「すべらない話」もこの話題でしたっけ(疲)

投稿: けいこ | 2014/12/26 07:22

Kazuyoさま

「さんスマ」の感想、まってました!「黒い噂」というタイトルだけで、どうして何時もこういう企画しかできないのだろうとウンザリでしたが、あの忌まわしい罰ゲームが無かっただけ良かったかな(苦笑)

全く問題の無い事柄をあたかも意味ありげに流すのは(それも時には悪意を持って)この業界では通常業務のようですが、1年に一回、それも毎年クリスマス近くの放送だし、さんまさんも還暦、SMAPも慎吾君を除いて40代なので、そろそろ内容を大きく変えてファンが安心して見られる企画を考えて欲しいと思いました。「行列~」のように面白くする方法はいくらでもあると思うのですよ。先ずは6人全員が均等に楽しく会話が出来るようにして欲しいですね。

今回の吾郎さんの話題では、吾郎さんが過去に発言した自宅に時々泊まりに来る「ひろくん」の話題が独り歩きをして興味本意に語られる事に決着をつけたかったのでは?と思ったのですが、周りが如何にも「えぇ~」という感じで特別な事のように持っていく様が嫌でした。

狭い特殊な業界に長いこといたら、一般的な常識に欠けてくる部分は多々あると思うし、そういう時にアドバイスをしてくれる人生経験豊富な一般の方とのお付き合いは大切ではないですか。VTRで出演してくださった「ひろくん」はなかなか素敵な紳士とお見受けしました。

私事ですが、我が家にいる業界人が過去に「この業界は所詮○○○な世界、何時でも自身を律していないととんでもないことになる」と言っていたことがありますが、それだけ厳しい所なんですよね。だから相談をするのにも同じ業界人にはしないとも言っていました。吾郎さんは一般人のお友達が多いとか、良いお付き合いが彼の言動に表れていて、大人としての魅力を生み出しているのでしょう。

吾郎さんの偏見を持たない考え方、発言は、同性の深い友情、恋心を持った人達に良い一石を投じてくれたと思いましたね。偶然、深夜に放送されていた同性を好きになった方達の苦悩・・・世間の偏見との闘いを見て理解者が多くなればと感じたものです。

言い切った吾郎さんの凛とした表情が素敵で、精神的な支えを得て、益々のご活躍を!!と願うばかりです。

投稿: さやか | 2014/12/26 11:11

kazuyoさん、おはようございます。今回の「さんスマ」は、番宣が面白かったです(笑)「火曜サプライズ」面白かったですよねhappy02ナンを失敗しながらも成功した時に、喜んでる吾郎ちゃんとか、さんまさんに届ける前のドキドキの顔とか、試食してる時の、幸せそうな顔とか全部可愛かったです。そして、本番の「さんスマ」ですが、kazuyoさんが、おっしゃるように、人を陥れたり、酷い罰ゲームがなかったのは良かったです。でもやっぱり全然面白くなかった。でもSMAPメンバーみんなが庇ってくれたり、助け合ってるのをみて、とても感動しました。剛くんの泣きそうな顔、今だにあの内容にも、怒りを覚えました。頑張って皆勤賞を受賞することは、学校側も誇りであり、素晴らしいことなのにそれを悪いことのように表現する内容に、憤りを感じました。吾郎ちゃんの事でも、ヒロくんとは、普通に友達以上にリスペクトしあってる仲、これも素晴らしいことなのに、面白可笑しく再現され、仕事の合間をぬってインタビューに答えてくれたヒロ君に対しても、感謝の言葉もない、失礼だと思いました。一番かっこよかったのは、吾郎ちゃんが堂々と自分の意見をいい、ヒロくんに対して尊敬の想いを述べてるところが、男前だなと思いました。私、思うんですけど、人を好きになるのに、男女関係あるんでしょうか?いけないことなんでしょうか?異常なことなんでしょうか?異常なのは、身勝手な理由で、人をいじめたり、憎んだり、陥れようとしたりする人達ではないかなと思います。それって醜いですよね。ですから、吾郎ちゃんの言った「魅力的な人は男女関係なくドキドキする、だって関係ないでしょ?恋愛に。」って言葉に共感し、吾郎ちゃんの人間性がとても魅力的で素晴らしく思いました。私は、恋愛対象が同性ってだけで、面白可笑しく取り上げる、それを見て「気持ち悪い」と誹謗中傷する人たちが許せません。ですから、吾郎ちゃんのこの言葉に救われた方は多いと思います。kazuyoさんがおっしゃるように、彼は、人一倍ライオンハートの持ち主であり、心優しくて強い人だと改めて感じました。歌の時は、みんな笑顔で、中居君と、木村くんの背中合わせの時の吾郎ちゃんの可愛い笑顔が見れたことがなにより幸せでした(笑)

投稿: さおり | 2014/12/26 11:26

wineデュークさん
「スマスマ」の件は、わからないですけどねぇ。ちょっと関根さん親子っぽくない流れだなぁと思ったのと、過去のことがあるので(苦笑) 「さんスマ」での吾郎は、とても男らしかったですよね。世間では、スマファン大丈夫か?!なんて声もあったみたいですが、さらに惚れ直してしまったわ。吾郎の恋愛観に関しては、本人じゃないのでわからないのですが(笑)、とにかく男性だからとか女性だからとか、年齢とか仕事とかを全部取っ払って人そのものを見る人なんだろうなぁと。よって、恋愛にしろ友情にしろ、自分と気の合う素敵な方としか交流しないんだろうと。吾郎に選ばれたら、自分が人間として自信をもてそうですよね(爆) 出演者の方たちも、番組側に言わされているところもあるので大変だなぁと。剛の噂では、剛がちょっと辛そうな表情を見せたので海老蔵さんもどうしていいのかわからない表情になってたし。すべて番組側の責任だと思います。毎年、放送後にはたくさんの意見が番組に届いていると思うのに改善がなかなかされませんね。罰ゲームがなくなったのは良かったです。吾郎が、本当に綺麗でしたね。瞳がずっとウルウルしていて、私が男でもグッときてるよ、きっと(笑)


wineけいこさん
もう、「さんスマ」見るときはかなりハードルさげているので、そう思えば今年はまだ良かったかなと思います。番組的には、最後に向かうにつれてダレましたが(笑) 吾郎の噂での、あの下世話なVTRで引きそうになったわ。(二人の関係がどうとかじゃなくて、VTRとして下衆に作り上げるところが) 吾郎には、芸能界に揉まれていて心休まるリラックスした時間を過ごせるご友人がいるんですね。それが、とても良かったなぁと感じました。だから、けっして今年の吾郎のところは嫌な感じでは見ませんでしたね。どう流れようと、頑なに自分の考えを覆さなかった吾郎をファンとして誇りにも思えるほど、吾郎のコメントはいつなんどきでも筋が通っている。素敵な人だなぁと改めて思いました。「さんスマ」は全消去されたんですね。私は、吾郎がとても素敵なコメントをしていたし、眩しいほど美しかったのでしっかり残しておきたいと思います(笑) 「すべらない話」でも、ヒロくんの話題ですよね・・・放送されなかったけど、「行列」でも話していたということは、吾郎は何かファンに伝えたいのかもしれない。しっかり受け止めたいと思います(笑)


wineさやかさん
「さんスマ」の企画は、ここ数年間本当に低俗なテーマですよね。それでも、毎回どこかしら笑いを作っていくSMAPを尊敬します。その中で、とにかくほわわんと自分の信念を貫く吾郎が毎回突出している。なんだかんだ言って、毎年話題になるのが吾郎のところというのも、複雑になったこともありますが、今年はもうどんどん世間で議論してほしいとさえ思った。芸能界には「オネエ」という言葉で、それを芸にして活躍されている方もいらっしゃいますが、現実には普通にただただ同性が好きでいる人がたくさんいる。日本では、テレビで同性愛を何か変わったことのように見せるのが、本当に不思議であり不愉快なので。吾郎がSMAPというアイドルグループにいることで、本来ならこの話題は真剣に語ることではないのかもしれない。でも、吾郎はいつでも自分の気持ちに正直ですよね。自分の友人を大切にしているという気持ちが、とにかくすごく伝わった。そして、それは周りからどうこう言われることではなくて素敵なことだと思う。ヒロくん以外にも、吾郎にはいろんな相談に乗ってくれたりアドバイスしてくださる人生の先輩がいらっしゃるんですよね。吾郎が、いつも常識があって、他人の気持ちに寄り添うことができる理由がわかった気がしました。これからも、そんなまっすぐでピュアで本当に強い吾郎を応援していきたいです。


wineさおりさん
「さんスマ」の番宣は、どれも良かったですね。面白かったし、吾郎のヴィジュがとても良かったし。「火曜サプライズ」も、ロケ企画で本当にお疲れさまという感じですが、しっかり楽しい画になっていたのはさすがです(笑) 番宣が良かったので、とりあえず本放送がイマイチでも許せたところはありますね。「さんスマ」での吾郎の頑張りですが、実は私は毎回嫌いではないです。無理しているところが見えれば複雑になるのですが、「さんスマ」の吾郎はいつもさんまさんとのやり取りが合っているような合っていないような絶妙な感じで、あのさんまさんが唯一吾郎のときだけは掴みきれない感じのMCになるのが好きなんです(笑) それを、吾郎が楽しんでいるところはありますよね。だから、あまり無理にキャラを作ってこないので嫌いじゃない(笑) 変に落とされて弄られるのより、数倍楽しめると思っているので。友達関係に関しては、人それぞれだからに尽きると思います。自分が築いている友人との関係が誰にでも当てはまるわけではないので。それは、吾郎が実によくわかっていて、自分とヒロくんの関係が他の人とは違っていても構わないし、それを誰かに押し付けるわけでもない。ただ、聞かれたことをそのまま話しているのに、何を皆慌てているんだろう???みたいな感じも結構好き(笑) 吾郎の綺麗な黒い瞳には、何も迷いがなかったですね。それだけで充分だと思いました。

投稿: kazuyo | 2014/12/26 21:10

kazuyoさん、こんばんは。
今年の「さんスマ」もひどい内容でしたね(苦)何で吾郎ちゃんはいつもヤイヤイ言われるんでしょうね! 喋る間もなく矢継ぎ早に次々と質問攻め!その内容も人によって違うから答える吾郎ちゃんも大変(・_・;)かばってるのかややこしくしてるのか上二人(いや、かばってくれてるのですが)、話が終わりかけてるのにまた質問するゲスト達。はっきり言ってうんざりです!みんな自分の思ってる答えがほしいのか納得するまで質問攻め-_-#なんだかんだ世間では言われてるけれどスーパーアイドルなんですねSMAPって(笑)その中で出来るだけ皆の質問に答える吾郎ちゃんカッコイい♡益々好きになりました。そしてこんな低俗バラエティー番組に出てくださったヒロくんさん凄く素敵な方のようで失礼な質問にもかかわらず答えて頂いてありがとうございます。吾郎ちゃんとは長いお付き合いのようで家族みたいな関係って素敵ですよね!この依頼をした製作の方は昨今、素人の方がテレビに出られてることに麻痺してるのか、よくこんな失礼な話を頼みに行きましたよね!吾郎ちゃんもバラエティー的には今まで話を盛ってきたと思うのですがもうこれを機に止めためた方がいいですよね。ひろくんさんにこれ以上迷惑がかからないようにね(まぁいらぬお世話ですけど(笑))今回は例年に比べるとましだったかなぁ 吾郎ちゃんが男前でハートの強い方だと再認識したという事ですね(笑)ビジュアルも良かったし♡ クリスマス・イブのコンサートはどうでしたか?最高のクリスマスだったのでは?

投稿: こまち | 2014/12/26 21:58

こんにちは、「黒い噂」って聞いたときから、大体の流れは、スマファンなら読めていたと思います。そして、視聴率も良かったという(笑)
20周年ではなく、20回目、2クールめの終わりなんです。
ファンでなくても、リアルタイムに、結成、デビュー、Mステがんばりましょう、スマスマ、6人から5人へ、紅白司会、夜空ノムコウ、ライオンハート、世界にひとつだけの花、大トリ、新撰組、27時間テレビ等々、老若男女テレビでみてる。でも知らない事が多い。生放送で、ファンが生存確認する番組ということで、いいと思ってますし、見る人が見れば、ロハスの素敵なところは、伝わってますよ。

投稿: らら | 2014/12/27 13:00

KAZUYOさん
こんにちは。初めてコメントさせていただきます。この間のお誕生日企画の時に参加させていただきました、海外住みのようこです。本当に吾郎さんのみを追いかけていますし、他4人のメンバーにつきましては、このサイトでの情報でしか知らないし、海外住みというのもあって、TVの吾郎さんしか知らないかなり偏っている人間です。ですので、ずっとコメントするのをためらっていたのですが・・・今回のさんスマ、見る前は本当に憂鬱でした。でも見てみると、自分でもびっくりする位、大笑いして何回もリピートまでしてしまいました!吾郎さんポイントのみですが。(ヒロくん、堀越、お風呂のリーダー)歌すら見てない徹底ぶりです。
内容はもちろん、低俗・・・でバッサリだったのですが、受け答えをする吾郎さんが、本当にかわいくて、愛らしくて、最高で、尊敬に値する吾郎さんでしたので。
吾郎さんが真面目に、誠実に語れば語るほど、周りは混乱して、吾郎ワールドの深みに嵌っていってしまうという、最高のパターンだったと思うのですが?近頃の吾郎さん的ブームのキレキャラよりも私はこちらのほうが何倍も大好きです。あと、これは本当に個人的な感想ですが、Vに出ていたヒロくん、私的にはやらせのにおいがプンプンで。だって、銀座のジャッキーですよ??とても、台本なしとは思えなくて。それにがんばってのっかる吾郎さんを楽しく見守りたい、という感じかな。もちろん、ヒロくんという存在自体を完全否定しているのではなく、大切なお友達が吾郎さんの周りにいて、ヒロくんという方がいらっしゃるというのも信じていますし、
いてほしいと思っています。行列でのお花屋さんは本当に心許せるお友達というのが伝わってきましたよね。
こんな私でも笑えているのは番組内だけのことで、やっぱり、世間一般の人々、スポンサーのことを思うと暗澹たる思いです。役者としての吾郎さんが一番好きですので、こんなことで役の幅が狭くなってしまうのが本当に怖いです。ましてや、同性愛者のいるアイドル、なんて思われるアイドル前代未聞です。ある意味政治的意味合いすら背負わされてしまいそうですよね、海外でしたら。
そういう取扱注意案件であることを、事務所サイド、スマップサイド(主に中居さん、木村さん)、そして悪乗り大好き吾郎さんには
十分に認識してもらえたらなぁ、と切に願っています。とにかく、早く吾郎さんの次のお仕事のお話を聞いて安心したいです。
初めてのコメントなのにこんなに長々と失礼しました。いつも楽しい読み応えのあるブログ、本当にありがとうございます。


投稿: ようこ | 2014/12/27 14:22

wineこまちさん
周りからヤイヤイ言われるということは、それだけ構いたいということでもあるので、まぁ、吾郎は誰からも好かれているということでもありますよね(笑) しかし、もう少し、吾郎が言いたいことを最後まで先に言わせてあげてほしいですよねぇ。だから、誤解を生むような気がするんですが。結局、吾郎から本当のことを聞きたいわりには、自分たちのほしい答えを言わすまで攻めるというのはフェアじゃないなぁと思います。吾郎は、ちゃんと最初から「家族のように親しくさせてもらっている」と言っているのでそれでいいじゃないかと思う。なのに、「恋人なのか」とか突っ込むのはそう言わせたいからですよね。仕方ないので、「そういう気持ちもあるかもしれない」と答えたら、スタジオ中が「えぇ?!」の嵐っておかしいじゃないですか。たしかに、「ヒロくん」へのVTR出演のお礼が番組側からひとつもなかった。時間を割いて、こんな噂に真面目に答えてくれた人に対して失礼ですよね。それも、一般の方ですよ。別に断ることもできたと思う。きっと、彼も吾郎と同じであまり深く考えずに、大切な友人のことを話してくださっただけだと思います。素敵な人には、素敵な人が集まる。それを周りからガヤってほしくないですね。大阪のクリスマスライブは、24日だけ参加しました。この「さんスマ」放送の翌日で、MCを楽しみにしていたのですが乱入が入ったんですよねぇ(苦笑) それが残念だったけど、クリスマスメドレーはとっても素敵でした。後日、レポをあげるようにします。(すでに、記憶があいまいですが(笑))


wineららさん
コメントありがとうございます。視聴率の話をすると、毎年本当に数字を取ってしまいますよね。本来は、喜ぶべきことなんだろうけど・・・なんとなく複雑になりますよねぇ(汗) ただ、今年も吾郎が貢献したんじゃないかと思うと、それはそれで良かったのかなぁと。あれだけ捨て身で真面目にコメントして、何も結果が出ないのも意味がないと思うので。そして、しっかり良いところも見てくださっている気がします。なんだかんだ言って、毎年数字が取れるのはそういう意味なんでしょうね。個人的には、今年は不愉快にならなかったのでよしとします(笑)


wineようこさん
初めまして。吾郎のお誕生日企画に参加してくださってありがとうございました。メッセージも拝読させて頂きました。海外に住まれているということで、どちらなのかなぁと。海外にいるとアンテナを張っていないと日本の芸能関係はわからないですよね。テレビ番組は問題なく見られているみたいですが、うちのサイトで情報をさらに得て頂いているのなら本望です。
「さんスマ」ですが、私も全面同意です。きっと、複雑だったファンの方もいらっしゃると思います。でも、吾郎の噂の件は、なんでこんなことをまた取り上げるのかとは思いましたが、吾郎の態度がそんな番組側に真っ向から立ち向かっている姿が素敵だったので感動さえ覚えました。海外にいらっしゃるとわかると思うのですが、言いたいことはそのまま伝えるのは当然だと思います。トーク番組では、何を伝えても否定されることは欧米ではほとんどないですよね。もちろん、討論となると別ですが、個人の尊重がすごくできあがっている。プライベートなことなら尚更です。わざわざ、こんなバラエティ番組で取り上げるのが下衆の極み。ただ、吾郎がSMAPという日本のアイドルであるということで心配になるのもわかります。でも、私は吾郎さんはこれでいいと思います。今までも、ジャニーズではなかなか認められない時代に本格的な演劇にチャレンジしたり、女性関係でも嘘をついたことはない。(聞かれないから言わなかっただけで(笑)) 何かを変える必要はないと思うけど、吾郎が思うように何事もやっていってほしいなぁと。私もキレキャラよりは、断然今回のような不思議ちゃんでも淡々と話す吾郎のほうが好きです。

投稿: kazuyo | 2014/12/27 23:20

Kazuyoさん、こんにちは。
さんスマ、帰宅が遅かったので、途中からリアルタイムで見て、あとは録画で見ました。

私は、この番組は「自分たちのくっだらない(あり得ないorどうでもいいor針小棒大な)ゲスいネタを、さんまさんとsmapがいかに面白いスタジオトークに仕上げるか」の芸を鑑賞するものだと認識していますので、結構内容はなんでも平気ですね。誰がホモだろうが遊び人だろうが、学校に行こうが行くまいが、誰が誰にキレようがキレられようが、ネタはなんでもいいんだと思いますよ。どんな「黒い噂」をオンエアされても、人気や芸能生命に屁ほどの(失礼)影響もありませんから、さんまさんもsmapも。

吾郎さんの件に関しては、扱いは非常に偏ってますが、別に大したことではないように思います。自分も、女友達で、すごくつらい時に遠距離でも無性に会いたくなる人がいますし。本当に人間的に好きで気の合う人なら、生活パターンが似ていればルームシェアしても快適に過ごせそうだし、生活圏が少し遠かったり家族の事情があっても週に何回も会いたいですよね。
吾郎さんみたいに外での行動に制約があり、自宅の間取りやハウスキーピングに余裕があれば、私も「○○ちゃん用部屋」を作っちゃうかも。(変ですか?)
ヒロくんさんのインタビューについて、作り物臭いとおっしゃっている方もいらっいましたが、ヒロくんさんて業界人ではなくてもTVのお約束やマスコミの機微に対応できる立場の方なんだなーと思いました。TVでこれだけ言われているのに変な記事があまり出ていないことから、それなりの権力というか影響力がおありの方なのかなーとも思い、むしろちょっと安心というか。まあ吾郎さんが一緒にいて快く、気を許せるご友人がいらっしゃるのは本当に素敵なことではないですか。
スタジオでの吾郎さんの言葉も、バラエティの空気を守りつつもごくまっとうで(一部盛ってましたが)誠実で、本当にあの対応は素晴らしいです。
いつもさんまさんがことあるごとに「吾郎ちゃんはおっさんと同棲しとるんやろ?」とか口にされるので、今回「肉体関係はありません」(まんまの言い方でごめんなさい)と断言してもらえて、むしろスカッとしました。

そしてみなさん、なぜコメントされない・・・amazing discovery♪の歌詞字幕!!!もう、娘とげらげら爆笑しましたよ!今年一番笑ったかも、っていうのは大げさですけど。娘は「字体選ぶ人が間違ってクリックしちゃったんじゃない?」と申してましたが。まあ、そういう番組なんですよね。あんなかっこいいsmapを見ながら涙が出るほど笑えるなんて・・・貴重な経験でした。

投稿: mei | 2014/12/28 12:38

Kazuyoさん、こんにちは。

年末の最大のネック、さんスマ。ガラスのハートの私はもちろん録画。年が明けても見られずに、そのまま削除してしまったことも有ったのですが、今年はリアルタイムで見ていた友人が途中からいろいろ教えてくれて、とにかく吾郎ちゃんは可愛いから見ろ、と。で、吾郎ちゃんと剛のところ、歌、たけしさんのところだけ、その日のうちに視聴、編集。こんなこと初めてです。自分でもビックリしたのは、ヒロ君エピはリピまでしたこと。
吾郎ちゃんの人間力の高さ、しなやかな強さに、またまた惚れ直しました。とびきり可愛くて美しいし。

前から人のセクシャリティを差別的なまなざしで取り上げることが不快でした。もちろん、吾郎ちゃんも自らそういう話題を投下することはありますが、基本人を色目で見ないし、サラッと流せるので気にはなりませんでした。今回、案の定な持って行き方が、Kazuyoさんが言われるようにほんとにイヤだった。ヒロミが「否定しろ、否定しろ」と何度も言っていたのは、人によっては吾郎ちゃんをかばっているように見えたかもしれない。でも私にはこの人のセクシャリティに対する考えがはっきり透けて見えた気がしました。それはさんまさん、ゲスト、観覧客、そしてキツイ言い方かもしれないけれど、スマップのメンバーも同じに思えました。もちろん、バラエティというその場の雰囲気もあるとは思うし、スマップという立場も考えたとは思うけど、特に2トップはふだんから吾郎ちゃんをそういうキャラにしようとすること多いしね。その二人がいちばん慌てていたのが可笑しかった。
ヤイヤイ言われながらも、吾郎ちゃんがヒロ君をほんとうに大切に思っている気持ちが伝わってきて、素敵だなと思いました。そこまで信頼できる友達がいるって羨ましいくらいです。年上の同性の親友が変だと言うのなら、年上の異性の親友だったらええんかい?って突っ込んでましたわ。
吾郎ちゃんって、周りへの気遣いがしっかりできる人だけど、これだけはっていうことは決して曲げないですよね。素敵な人と仲良くしたいの当たり前じゃん、みたいな。その方が男であろうが、女であろうが。そして先のことはわからない。自分の感性に疑いを持っていなんでしょうね。吾郎ちゃんを好きになりたての頃、雑誌などで、「三島由紀夫や渋沢龍彦が好き」とか「クラシックを聴く」とか見て、アイドルだったら、愛読書はマンガ、音楽はロックとか言えば好感度上がるのにって思ったこともありましたわ。周りの反応を気にせずに、自分の意見をはっきり言えるのは自分に自信があるからだろうし、それは子供のころ、うんと愛されて育ってきたからでしょうね。たくさん愛されたから、分け隔てなく人を愛することができる。男・女、若い・年取ってる、なんで区別するの?って。
それにしても一般の人に対する礼を失するにもほどがある番組でしたね。ゴロチとか言わされた感を感じましたが、ゴロチ!?のために協力してくれたヒロ君には感謝です。器の大きな方だからこそ、吾郎ちゃんもずっとお友達でいるんでしょうね。吾郎ちゃんが良識のある胆力のある人だとよくわかったさんスマでした。周りが振り回されていたよ。
吾郎ちゃんのコメントを褒めてくださる人も多かったということですが、一般の方ですか?特に吾郎ファンではない方も?そうだったら嬉しいです。いろいろ言われることも増えるかもしれませんが、ファンの思いは強くなりましたよね。多数派がいつも正義ではなく、少数派に真実があることもわかってもらえるようになればいいな。
美女もクリスマスの雰囲気のかけらもない、さんスマ。品位のない番組が受ける世の中で、吾郎ちゃんの王子様っぷりがますます輝きますね。よかったのは、番宣で可愛い吾郎ちゃんがたくさん見れたこと。それには感謝です。
昨日の夕刊に載っていた言葉。「肝心なことは、世間の眼よりも何よりも、君自身がまず、人間の立派さがどこにあるか、それを本当に君の魂で知ることだ」。泣けてきた。人間の立派さ、吾郎ちゃんに教えてもらいましたよ。

優しい友のおかげで、私もクリスマスに京セラでドラマティックな王子に会えました。そしてこの1年、Kazuyoさんと、ここに集まる吾郎ちゃんファンの皆様のおかげで、より楽しい吾郎ライフを満喫することができました。ほんとうにありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。また舞台でお会いできるといいな。

投稿: みやっち | 2014/12/28 16:22

こんばんは

やっと、見る事ができました。VTRの作りのゲスいのは気になりましたが、多分、こんなネタごときで、どうにかなる吾郎さんではないと信じております(笑)。
個人的に思ったことです。子供の福祉ボランティアに興味がありまして、たまに講演会やイベントのお手伝いに参加するんですが、そこで会った児童福祉の関係者の方が話してくれたことで、今一番対処に苦慮しているのは、性同一障害の子供、ホモセクシャリティな子供、だそうです。非常にデリケートな問題で、カウンセラー、教員、親など、最初は戸惑い、名悩み、そしてどう対応していくべきか試行錯誤しているとのこと、だから、とにかく、テレビ番組でセクシャリティのことを笑いネタにしないでほしいと語っていました。とても共感したので、この番組はまさにげすの極みだと思いました。SMAP内でも中居さんや木村さんがたまに吾郎さんにホモネタをふりますが、吾郎さんの発言にちゃんとした対応もできないのならやめてほしいです。吾郎さんが否定しないとあわてふためくようなスタジオの雰囲気は、嘲笑ものです。
番組後いろいろ検索してみたのですが吾郎さんのコメントをを擁護するというか賛同する意見が結構あって
少しづつでも、社会全体の認識が変わっていったらいいなあと思いました。もしかしたらとても印象に残る番組になったのかな?

年末の忙しい時期にも、ブログをあげてくださって感謝しています。何のお返しもできなくて申し訳ないです。
どうぞ、体に気をつけてお過ごしください。

投稿: kae | 2014/12/28 20:46

winemeiさん
きっと、SMAP自身は何がこようとそんなに気にしていないだろうというのはわかります。「全部、嘘ばかり」という最後のたけしさんの言葉が物語っていたと思う。ただ、ここ最近そればかりで能がないなぁと。それなら、普通にテーマを出してフリートークしてくれるほうが断然いい。今年は、せっかく坂上さんやヒロミさんというトーク上手な人をゲストにお呼びしたわけだから、突っ込みだけではもったいなくて。(まぁ、彼らがいたから盛り上がったというのもありますけど(笑)) 吾郎とヒロくんの関係は、普通ですよね? VTRでおかしな作りにするからわけわかんなくなるだけで(笑) 男性と女性同士の友人たちは違うのかもしれないけど、女性同士なら温泉旅行に二人だけで行くのなんてほとんどの人は経験済みだろうし、お互いの家に泊まりっこするのも日常茶飯事。なのに、男性同士だとなぜにこうも大騒ぎになるんだろう。話を聞く側の問題じゃないのかとさえ思う。そういう妄想を勝手に脳内でするから、吾郎が話すことがおかしくなるだけですよね。部屋は、二人一緒ではなくて彼のために用意されているわけだから、どこにも問題がないように思う。「Amazing Discovery」での歌詞字幕ですが、変だなぁとは思ったけど、それよりも邪魔で邪魔で(苦笑) そっちのほうが気になって、笑いより若干怒りのほうが勝ってしまいました(爆)


wineみやっちさん
「さんスマ」は、毎年何かしら複雑にさせられますもんね(苦笑) 今年は、案外と普通に見れたのではないかと思います。下衆な話題でも、吾郎のところはリピしたというのはすごくよくわかります。私も、久しぶりに何度も何度もリピしたので。吾郎の迷いのない態度が本当に美しかった。人間性レベルが一人飛び抜けて素敵だった感じさえ受けましたよね。出演者の方たちが、吾郎に「否定しろ!」と言うのは同性愛批判なのか、吾郎の立場を考えてなのかはわかりにくい。でも、「えぇ~」とか「気持ち悪い」とか言うコメントも聞こえたので、人によっては前者の可能性が大きい。笑いにしているからそこはスルーされるけど、よく考えたらとてもひどい流れだったと思いますね。誰も、「そのコメントはいけない」と言う人がいないって寂しいことですよね。SMAPのメンバーに関しては、もう、吾郎の向かっていくところが読めなかったんだろうと思います(苦笑) 普段、「スマスマ」で吾郎は男性のほうが好きという流れにするときはネタとして使っているし、吾郎もそこに乗っかるからエスカレートするんですよね。でも、今回は噂として上がってきたことに、吾郎がネタではなくて真面目に答えているからどうしていいのかわからないんですよね。慌てるメンバーはちょっと不憫に思ったけど、普段ネタとして言われている吾郎からの可愛いお返しだと思ってもらえればと思います(笑)
今回拾った吾郎に同意が多かったというのは、スマファンではなくて世間の方たちのコメントです。ちゃんと、吾郎のことをフェアに見てくれている人は意外といるんですねぇ。さらに、好感度が増したという意見も見ました。ネタに乗っかってしまうのもバラエティならアリだとは思いますが、吾郎が譲れないものが「友情」だったんだと思います。大切な友人との事をネタとして乗っかるのも、「そんな関係ではない」と全否定するのも吾郎の中にはなかったんでしょうね。私なら、こういう人を友人として信頼できる。何を言われようが、最後まで貫いた吾郎がとても素敵でした。


winekaeさん
こんな下衆な話題で、どうにかなるのは吾郎ではなくてそこだけ拾ってきて面白ろおかしく捻じ曲げるマスコミでしょうね。案の定、翌日にはさっそくネットニュースで取り上げてましたよ(苦笑) 最近の芸能ニュース記者は、見聞きしたことを端的に書くしか能がない人ばかりなんだろうか? それも、確実に良い話より落としネタのほうが多いのは病んでますよね。ボランティアに参加されたときに聞いたお話を教えてくださってありがとうございます。性同一障害などのセクシャリティな件で起こる問題は、子供の間でもあるんですね・・・これだけ、テレビでも間違った方法で伝えるのなら、さぞかし悩んでいる子は多いんでしょうね。SMAPというグループにいる吾郎だからこそ、話題になったときに世間が注目する良い機会なのかもしれませんね。吾郎が今回の番組内でコメントしたことは、間違った見識に一矢報いることができるのかもしれない。まぁ、吾郎さん自身はそういうつもりはなくて、ただただ自分に正直な人であるだけなんですけど(笑) こちらこそ、いつもブログを読んでくださって今年もお世話になりました。どうぞ、来年もよろしくお願い致します。

投稿: kazuyo | 2014/12/29 05:35

Kazuyoさん、私もやっとさんスマ拝見致しました。今年はKazuyoさんや皆様の感想を参考に拝見したので比較的落ち込みが少なくてよかったです。でもあのVTRにはあきれてしまいました。今年の「さんま&スマップ黒い噂」は本当は製作者の腹黒さだったのでは?と思いました。バラエティだから面白おかしく、インパクトがあればどんなVTRを作っても良いと思っていらっしゃるのでしょうか?所詮バラエティだからで済ましてしまう感覚が怖いです。吾郎ちゃんの筋が通った凛とした姿勢皆様がおっしゃるとおり素敵ですね。吾郎ちゃんが年々若々しく可愛く美しいのは、心偽りなく人に対して尊敬の念をもっていらっしゃるからなのですね。歌のメドレーは良かったですね。2TOPの背中合わせを可愛い笑顔で微笑ましく見ている吾郎ちゃんが可愛かったですね。

投稿: ピカチュウ | 2014/12/30 01:44

kazuyoさん、こんにちは!

今年のさんスマも相変わらずな内容でしたが、私的には良かったです。

番宣が素晴らしかったのもありますが、吾郎には素敵な友人がたくさんいることを知ってはいましたが、今回その存在を実際に確認することが出来たからです。

1人目のヒロ君、花屋の社長と客という関係ではあるけど、お互いに気兼ねない関係なのが、会話でわかりました。自宅で花を活けているのも、この方なのかな?

そして、本命のヒロ君。
ヒロユキさんのインタビューを見て、吾郎との関係が素敵過ぎて感動でした。


普通、芸能人の一般の友人というと学生時代の友人がほとんどだと思いますが、吾郎は、国民的スターと言われてる時代に知り合って、その場限りでなく長く友人関係が続いてる。

そして、その関係が吾郎の人間性を更に魅力的にしていると思うと、外野の雑音なんて気になりません。


それに、ヒロ君があまりに有名ですが、吾郎には、お正月を共に過ごし、奥さんの出産に立ち会う、年下の大親友もいるし、

少ない休みに、自然の中で畑仕事をして、体をリフレッシュさせてもらえる友人もいるし、


そんな素敵な友人がたくさんいる吾郎が誇りです。

投稿: なおなお♪ | 2014/12/30 16:17

wineピカチュウさん
「さんスマ」は、吾郎のところ以外も視聴されたでしょうか? 全員が、馬鹿らしいとは思いつつしっかり番組を盛り上げるために奮闘していたのが見えたと思います。記事では他のメンバーのテーマまで取り上げられなかったけど、中居くんの策士っぷりや、木村くんの突き抜けたノリや、剛の正直なコメントに慎吾のうまい返しなど見どころが多かったと思います。複雑になるところがなかったのは大きいですよね。過去の「さんスマ」でのSMAPさんの美貌は目を見張るものがありますが、吾郎は年齢を重ねたとは言えなんとも美しくて、それだけでリピが止まらない(笑) 誰がなんと言おうと、友人との関係は間違っていないという確固たる意思があったのもその理由でしょうか。最後に歌が入るのは毎年いいですよねぇ。特別ゲストのたけしさんは何だったんだろう(笑)


wineなおなお♪さん
吾郎のヴィジュが年末まで光り輝くほど素敵なので、内容がどうであれ堪能できましたよね。加えて、吾郎のまぁ実に男らしいこと(笑) いったい、吾郎ちゃんは???という波紋を投げかけながらも、今回あの場にいた誰よりも「漢」だったと思いますね。今回、噂のヒロくんだけが吾郎の不思議な同性の友人みたいに紹介されていたけど、「行列」に出演してくださったお花屋の社長さんも、別荘を持っている年上の男性やら、超高級ゴルフ場の会員のおじさまやら・・・まぁ、吾郎には本当に同性の年上の友人がたくさんいる。そして、どの方も芸能人ではなくて一般の方。だから、吾郎にしたらいたって普通なことを噂のネタにされたわけで、そりゃあ事前番宣番組で「心当たりがない」と言いますよね(笑) そうそう、年上の方ばかりでなく、もちろん同世代や年下のご友人もたくさんいるんですよね。女性の友人もいるにはいるだろうけど、二人だけでお茶でもしようものならすぐに写真を撮られて嘘ばかり書かれるから同性の友人が多くなるのはわかる気がします。これからも、そんなご友人たちとの交流を大事にしていってほしいですね。

投稿: kazuyo | 2014/12/31 03:23

お久しぶりです。
久々に(すみません…)お邪魔させていただいたらレポを上げられていたので、個人的に思うところもありコメントを残させていただきます。
もう昨年になってしまいましたが…今回のさんスマは、わたくしにとってはとても辛いものでした。
kazuyoさんも記事の中でおっしゃってるように、あのスタジオの反応はまるで同性愛者が悪いと言われているようで…。
“気持ち悪い”と思われる方がいらっしゃるのは仕方ないと思います。
まだまだそういうことに対して閉塞的であったり、批判的に考えてる方も多いので。
…ただ、分かっていてもやはり傷つきます。
わたくしは正確には両性愛者なのでほぼほぼヘテロなんですが、わたくしでさえあれだけ見るのが辛かった(お恥ずかしながら、少々涙ぐんでしまいました…)ものを、同性しか愛せない方々はどのような思いでご覧になっていたのだろう、と思うと…本当に悲しくなりました。
吾郎さんの対応は素晴らしかったです。
「この人のファンで良かった」と、かなりの頻度で思っているのですが、今回ほど「好きになって良かった。やっぱり間違いじゃなかった」と思ったことはありません。
それだけにその他の出演者の反応が目についてしまって…。
吾郎さんは本当にかっこよかったのですが、リピすること無く全編消してしまいました…。
あのスタジオと出演者の組み合わせを見るのも辛かったので…。
テレビというのは不特定多数、様々な方達が見るものなので、そういう部分を考慮して作って欲しいですね。
誰も傷つかない番組が観たいです。

投稿: TIME | 2015/01/07 02:54

wineTIMEさん
お久しぶりです。コメントありがとうございました。「さんスマ」は、吾郎のくだりでとても悲しく辛い思いをされたんですね。番組を見ていて涙ぐんでしまうぐらい辛い人がいたのならダメだと思います。それも、バラエティ番組なので馬鹿にしているようなのもNGですね。同性愛を「気持ち悪い」と言う人がいるのは悲しいけど仕方ないと諦めてこっそり傷ついてしまったんですね(涙) 人それぞれ趣味嗜好は違って当たり前。なのに、性癖に関してはマイノリティの意見は無視されるのが納得できないです。他人に迷惑をかけていることならまだしも、性に関することは個人の範疇内のことであり自由だと思う。それを他人からどうこう言われることではないというのが個人的な見解です。吾郎さん自身が同性愛者とかどうとかではなく、彼が恋愛に関しては同性に対しても気持ちは同じという意見は、至極まっとうな意見であると思います。だから、TIMEさんと同じく、あぁ、私は本当に素敵な人を好きになったんだなぁと感じました。なので、私は丸ごと記録に残しておきたくて削除はできませんでした(笑) 世間では、吾郎の意見に賛同する人はとても多かった。それだけが救われましたね。

投稿: kazuyo | 2015/01/08 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとりでも幸せ | トップページ | とびきりの運命に心からありがとう »