« 短歌で詠む「抱いてやる」 | トップページ | もう少し傍にいて・・・ »

ロハスの風が吹く番組

SMAPのバラエティ番組を早くから放送してくれていたテレ東さんが、今のSMAPのメンバー二人を選んで特番「1位じゃなくっていいじゃない!」を企画してくれた。その栄えあるMCは、吾郎。いわゆるファンの間で「ロハス」と呼ばれる二人(笑) 見る前から、これはかなり癒されるゆるい番組になるだろうと思ったら、そのとおりだったところもあり良い意味で期待を裏切ってくれたところもあり、とにかくツボだらけだった(笑) 未放送地域もあったということで、できれば詳しくレポをしておきたいとは思ったのですが、とりあえずロハスなお二人の様子を伝えておこうと思います。

番組の趣旨としては、1位の人を支えてきた人、頑張っていた人。そして、人気あるものの影にいるものなどをピックアップしてその様子と共に最後に「銀言」なる感動するコメントのVTRが流れ、スタジオで吾郎と剛の番組進行のもと、ひな壇のゲストコメンテーターが自由にコメントするというテレ東らしいゆるさ(笑) だけど、つまらないわけじゃなく、これがなかなかVTRもよくできていた。VTRで感動して、スタジオに戻って笑いで回す。それも、誰かを落とすことはいっさいせず、全員が本当に楽しそうなのは見ていて一緒に楽しめました。MCの吾郎と剛は特にパンチあるコメントを落とすわけではないけど、いたって自然なコメントだったのが笑いを誘い、とても優しい雰囲気の番組となっていましたね。

とにかく、オープニングからこの二人らしいカラーが出ていた。キューが出てから、剛のひと言で始まるわけですが・・・
 「どうも・・・ごろさん(汗)」
これだけで、スタジオを大爆笑させる剛。(どうやら、この番組の放送時間が何時放送なのか忘れてしまい、挨拶をどうするか戸惑ったらしい(笑)) その様子を隣からちろりんと見る吾郎(笑) とにかく、頭から最後までずっとこの二人はこんな感じだった。吾郎は自由な剛と一緒なため、始終台本の流れをチェックして的確なコメントを入れ込み剛をフォロー。剛は流れだけ把握してカラーを作る側に徹していた・・・無意識に(笑) なかなか、良いコンビMCだと思いましたね(笑) 

吾郎 「僕はこうMCとかあまりないけど、草彅くんはいろいろ他局でも大きな番組の司会とかやっているじゃないですか」
 「ありますけど・・・こういうケースっていうのは、あまりないですから」
吾郎 「どんなケース?」
 「中居くんが(MCを)やるようなやつ」
吾郎 「お客さんも・・・ちょっと、普段とは違う・・・テレビ東京の番組ってこんな感じなんですかね」 
土田 「番組冒頭から、テレ東のバッシングはやめたほうがいいと思う(笑)」
 「正直、セットもなんかあまりお金かかってないです」 
吾郎 「お金かかってない」
 「だって、これ(副賞の銀盆の裏が)汚いですもん(笑)」 (MC台の正面に置いてある銀盆の裏を見せる)

そんなオープニングで流れが気になる吾郎が、剛に「さっそくカンペ出てますけど」と前代未聞で暴露して、二人で「せ~の・・・」でタイトルコール。激しく、冒頭から可愛いんですけど。タイトルコールのあとは、ナレーションで「そんなロハスがお送りする」と呼ばれるのを聞いて、「ロハス」がいつから公式に?!と思いました。ナレーションはこの間お亡くなりになった大塚周夫さん。この番組が最後のお仕事だったそうで、心よりご冥福をお祈り致します。番組内では、二人のことを「吾郎ちゃん」「くん」と呼んでもらえるのも、この二人ならではですね。

最初のVTR紹介は吾郎ですが、自分で仕切りなおして15秒枠を大幅に超えて紹介。
 「もう、VTRいってんじゃないの、これ?」
なんて、自由な二人なんだ(爆)

VTR終わりにゲストの一人からコメントを頂くときに、台本に書かれているであろうちょっと失礼ともとれる紹介を読まされる二人。(1位じゃない方々という意味で) なのに、嫌味なくほのぼのさせられるのは、この二人じゃないと無理ですよねぇ。ものすごく良い人選だったと思う。そして、ひな壇のゲストの方たちもそんな二人を暖かく見守ってうまいコメントを入れてくれて助かったところもありますよね。うるさくもなく、それでいて絶妙なタイミングで優しい突っ込みをいれてくれる人たちばかりでした。

ツボを流れで引っ張ってくると、とてつもなく長いレポになるので箇条書きにさせて頂きます。
・ AKB48にいるとセンターのメンバーにくっついたりしてなんとか映る努力をしたという峯岸さんや、保田さんからモーニング娘には人気あるメンバーとの格差は確実にあったというお話を聞いて・・・
吾郎 「僕ら(SMAP)は、比較的、歌番組とかでもカメラの抜かれる回数とかはいちおう気遣いで均等にはしてくれているよね。センターも、僕らは逆に譲るよね。写真撮影、「5人並んでください。場所決まってますか?」って必ず言ってくるんですね、媒体の方が。僕ら、「あっ、全然決まってないですよ。どうぞ」って言うと、みんな真ん中にはなかなか入りたがらない」
 「(頷きながら)なんなんだろうね」
吾郎 「僕らは、たぶん天然で入りたくないよね」
 「うん」
SMAPさんたちは、自分が前に出て目立ちたいというのはないですよね。それでいて、いや、だからこそのあのオーラなのかな。

・ 北岳は富士山とはほんの少し標高が違うだけで日本一にはなれないけど、同じぐらいの高さである頂上から見る富士山は日本一素晴らしい(銀言)というVTRのあと・・・
吾郎 「これ、僕らにも例えられるんだけどさ・・・ステージ上から見る他のメンバー、木村拓哉中居正広香取慎吾、一番かっこいいとこ見れない?」
 「そうだね」
ハライチ 「じゃあ、北岳だ!」
吾郎 「北岳の二人(笑)?」
 「いいね!CD出しちゃう?」

・ トップのプレッシャーにいる浅田真央ちゃんのおかげでのびのびと滑らせてもらったという鈴木明子さんのコメント。
吾郎 「そういった方の集まりですからね、ここ。のびのびとした」
土田 「だって、番組の司会者は絶対プレッシャーがあるんですもん。でも、こっちの(ひな壇)ゲスト側はなんにもないです」
吾郎 「僕らも自由ですから」
 「ね~」
岡田 「そんな感じ。充分伝わってきますから(笑)」

・ おでんの具である「ちくわぶ」は、一番人気の「だいこん」の味を全部沁み込ませて輝く一品というVTR。
吾郎 「僕、ちくわぶ大好きですよ」
 「あっ、ほんと?僕、あんまり食べないんだよねぇ」
吾郎 「(笑) 僕がプレゼンしたほうが良かったじゃん」

・ コメントをゲストに求める際の驚愕の剛のMistake!
 「上田さん、いかがでしたか?」
スタジオ中が「???」
土田 「あっ、土田ですけども。今の完全に俺見て言ってると思ったから。上田はくりぃむしちゅ~のほうだから」
スタジオ中、大爆笑。
吾郎 「ちょっと、許してください!ほんとは僕のカンペだったんです!」
ADさんが持つカンペには、『稲垣 「土田さん、いかがでした?」』の文字が(笑)
土田 「逆に申し訳なかったです。俺が、もうちょっと頑張れば良かった」
吾郎と剛、同時にMC台に突っ伏して大笑い。可愛いよぉぉぉぉぉ(笑)
全員がこの間違いを引っ張るので、剛が大汗を額に(爆)
吾郎 「今日、一番おもしろいね(笑)」

これ以外にも、とにかく二人が話しているところは全部ツボ(笑)! SMAPの話題もさりげなく入れ込んでくる吾郎の秀逸さも光ってました。エンディングも良かったですね。
吾郎 「だいじょうぶですかね、こんな感じで、この番組」
 「ねぇ」
吾郎 「第一回目でしたけども。続くかわかりませんけども」
 「あんまり片意地張らずね、なんかいいと思いますよ、ごろさん」
関根 「あたたかい現場だったよね
 「これ・・・ほんとオンエアーするんですかね?」
吾郎 「たぶん・・・」
そして、二人でカメラに向かってお手振りで「さようなら~」。あぁぁぁぁぁ、可愛い、可愛い、可愛いよぉ。

番組はよくできていたけどゆるかったとは思う。でも、うるさいだけのバラエティが多い中で、VTRも優秀でコメントするゲストも素晴らしく、そしてMCの二人がとても良かった。関根さんが言われた最後の言葉が全てでしたね。テレ東さんのゴールデンタイムでの特番として放送してくれたことに本当に感謝。なんとか、第二弾が放送されるようにもっていきたいと思います。テレ東さんの公式サイトには、是非、感想を送ってください。

|

« 短歌で詠む「抱いてやる」 | トップページ | もう少し傍にいて・・・ »

コメント

Kazuyoさん、早速のレポありがとうございます。私の地域でも幸運な事に放送されて、またまた幸運な事に放送拝見できました。(TVのチャンネル権を持っている父がTV朝日とTV東京好きなので一緒に観れました)TV東さんは本当にお金をかけず優秀なVTRを作り他局に先駆けて新しい企画ものを創るのが上手いですよね。そしてちゃんとMC二人のリサーチも怠らず(ファンが呼んでいるロハスとか、吾郎ちゃんが御自分の立場を表してみえる中間管理職とか)関根さんがおっしゃられた「あったかい」番組になってよかったですよね。終始ロハスの二人が本当に可愛かったですね。つっこみいれても何故だか癒される天然つよぽんの癒しと爆笑のコメントとつっこみ、吾郎ちゃんの的確で納得なやさしいコメント。時間があったらまた拝見したいバラエティですね。だってこんなに癒されるバラエティってなかったですよね。

投稿: ピカチュウ | 2015/01/28 01:56

kazuyoさん、おはようございます。
いやいや、可愛いMCでしたよね~~(笑)もう、ずっと見てても「可愛い」しか出てこないし(笑)
スタートの「どうも…ごろさん」から笑い通しでしたわ。
テーマも良かったですよね、新しい発見もあったし、力を抜いて見れるし、なんとなく憂鬱な日曜の夜にはピッタリなんじゃないかと。「また明日から1週間頑張ろう!」みたいな感じで。
ひな壇のゲストの方たちも温かかったですよね~、皆さん、本当に楽しそうに笑ってて。最近はワイワイうるさい感じのバラエティが多く、疲れちゃって最後まで見てないことも多いのですが、その点もいい意味でゆるくてまったりとしてて良かったです。
つっちーのところが、吾郎ちゃんと一緒で一番面白かったです(笑)テーブルにつっぷして同じ姿勢で笑う2人が激カワでしたね。
普段はあまりテレ東さんは見ないのですが、「低予算でもアイデア次第で面白いものになるんだな~」と感心しました。早速、感想も送らせていただきましたよ。
また、やってほしいな~、もちろんロハスな2人のMCで。

投稿: けいこ | 2015/01/28 08:51

kazuyoさん、おはようございます。ロハスのコンビとても良かったですよねぇ。癒されたし、テレ東さんらしいアットホーム的な感じで、終始、和んでて自然体な二人が可愛くて、また、銀言も感動させられるものばかりでしたし、ゲストの方もみなさん温かくて、最後まで楽しく見られました。ただ、本当に残念なのは、この素晴らしいロハスコンビの番組を録画できないことがホントに残念です。でも、動画で見れただけでも幸せでしたそうですよねぇ。SMAPの場合、自分が、自分がって人がいないから、自然に譲り合いになるんですよね。それを聞いて、27年間も続いてきた意味が分かったような気がしました。お互いを尊重し合ってるグループなんですよね。ゲストに振る言葉も面白くて、少し失礼に思う言葉でも、全然嫌な気分にさせない所が、二人の穏やかさが伝わってるからだと思いました。VTRもとても良くて、誰かが支えてくれてるそのおかげで「1位」になった人がいる、また「1位」に負けないくらいの魅力をもってるキャラがいる、それぞれのVTRが、とても感動し、銀言も素晴らしかったです。特に、手塚治虫先生のアシスタントを務めた福元さんの言葉には感動しました。そのVTR明けのロハスコンビの司会っぷりも、よかったですよね(笑)みんなを明るく笑いに包んでいてこっちも楽しかったです。ツボはkazuyoさんが詳しく書いてくださっているので、思い出しながらまた見直したくなりました完璧に面白い番組だと、何から書いていいのか分からなくなっちゃうんですが、これだけは、はっきりしています。ロハスコンビが心から笑い転げていて、二人の掛け合い、ゲストの方の掛け合いが実に最高で面白くて可愛かったことと、昨今よく見られる、人を陥れて笑いをとるやり方がありますが、人を誰も傷つけず、陥れず上品な司会っぷりは素敵だったことです。とても癒されましたおかげで翌日仕事も楽しかったです(笑)是非、続編してほしいですテレ東さんにも感謝しています

投稿: さおり | 2015/01/28 09:56

Kazhyoさま

バラエティー番組には色々な形があるけれど、願わくは最後まで楽しく見られ、複雑な思いや後味の悪さが無い番組が見たいなぁと常日頃から思っていました。今回のこの番組はまさにドンピシャリで嬉しかったですね。

ロハスコンビは日テレの番組での伸び伸びした言動で既に実証済みだったので、きっと上手く行くと思っていましたが、期待以上!ゲストコメンテーターの方達も日頃から吾郎、剛をよく知る方達が多く、MCと同じように伸び伸びとしたトークでした。吾郎がいるから剛君も安心して話す事が出来るという雰囲気だったし、一つの話の区切りの時に必ず吾郎に意見を求める剛君を見て、常日頃の彼らの関係が垣間見られ、ほのぼのとした気持ちにさせられました。

それぞれの銀言が奥が深く、重みがあって、考えさせられる言葉の数々でしたが、このお仕事が最後になった大塚さんのナレーションも味があって素晴らしかったです。本当に誰を落とす事も無く、関根さんのコメントのようにあたたかい現場の様子が直に伝わり、癒されました。バラエティー番組はこうあって欲しいという思いもこめて、番組終わりに速攻でお礼と感想、要望をテレ東に出してきました。

投稿: さやか | 2015/01/28 11:53

期待以上に素敵な番組でした。まぁロハスのおふたりだから、きっと落ち着いて見られるだろうなと安心はしていたのですが…。久しぶりに笑いが止まりませんでした。ゲストの方々も良かったですね。時々失礼な事を言わされてる(んですよね?)けど、さらっと聞き流して笑いに変えてくださる。2番手の人達って優しい…。剛くんといる時の吾郎さんは、なんだかちょっとお兄さんぽい感じがして新鮮な気がします。そしてVTRには感動させられました。スタッフさんが、頑張って探して丁寧に取材して下さったのがわかりました。重厚なものから、ちょっとほのぼのするものも…どれも深いものばかりで。特に中村小山三さん。なにしろあの方は、生前勘三郎さんに「俺が死んだら、棺桶に入れてくれ」とまで言わしめた方ですから…。きっとお2人も、何か大切なものをもらえたのではないでしょうか。本当に続くといいなと思います。早速テレ東さんには要望を入れておきました。

投稿: ぽんた | 2015/01/28 16:10

Kazuyoさん、こんにちは。

いい番組でしたね。ほんとに風が吹いてた、爽やかなのか生暖かいのかわからないけど。

テレ東の(こちらではテレビ大阪ですね)番組は時々見ます。たまたまそういうのを選んでいるのかもわかりませんが、バラエティでも人を落とす笑いに持ち込まないので、楽しく見ることができます。真面目な(?)番組も含めて視点が個性的で、予算は少なくてもスタッフさんが優秀なんだろうなと思っています。そんなテレ東で番組やってくれたらいいのに、と思っていた直後にこの番組の情報を知ったのでビックリ。内容もさすがな切り口のようで。

珍しくリアルタイムで見ましたが、面白かった~。思ったよりもしっかりと作ってあって(失礼)ちくわぶとかちょっと笑えるところを挟みつつ、押し付けでない感動もありました。北岳以外は、詳しく知らないか全く知らないことばかりで、ほんとに勉強になりました。一緒に見ていた主人も感心したり爆笑したり。選ばれたテーマの人や物は、わかりやすい1位ではないけれど、やっぱり違う目で見れば一流の、トップの方や物なんですよね。吾郎ファンとして沁みる内容でした。

二人のMCよかったですね、っていうかほんとに可愛かった。何気に吾郎ちゃんがベテラン?のはずの剛君をフォローしリードしていましたよね。吾郎ちゃんの真面目さがよくわかった。でも自由ですって言うのが吾郎ちゃんらしい。確かに何度もMC席から外れて笑い転げてた。スマップの話をさりげなく挟んでくるのも上手だなと思いました。北岳のくだりとか最高。でも均等に映してもらってるって「ほんまか?」って思ったゴロファンたくさん居たんじゃ?吾郎ちゃんのきつい毒矢だったりして。いや、吾郎ちゃんは素直でいい子だから、ほんとうにそう思ってそうだけど。

ひな壇の方も優しくて楽しくてよかったです。ふだんはきついこと言う方でもMCの雰囲気で変えてくるのでしょうね。グイグイ押してこなくても、番組冒頭からロハス色に染めちゃう二人は凄い。鶴久さんの「吾郎ちゃんがカラオケで92点とったので」っていう発言、吾郎ちゃん呼びも含めて嬉しかったです。

笑って、最後まで気持ちよく見ることができて、勉強にもなって、何より二人の良さがほんわかと発揮できて、ほんとにいい番組でした。ぬる~いけど、今の風潮には合わないかもしれないけど、だからこそとても貴重な番組になってた。また番組改編期などに見れたらいいですね。

投稿: みやっち | 2015/01/28 16:27

kazuyoさま

こんにちは。剛ファンのmarinです。
レポありがとうございます。
吾郎ちゃんと剛司会の番組、ここはコメントを残さないと!と思いノコノコ出てきました(笑)

みなさんが言われている通り、とにかくロハスが可愛かった~もう最初の「どうも・・・ごろさん」が普通のバラエティではありえないオープニング。(剛をチラ見した時の吾郎ちゃんが素敵)その上、つっちーの名前を間違えるという(笑)ホント、結構つっちーと一緒に仕事してるのに?と天然炸裂の剛に私も大爆笑。二人が同じように机に突っ伏して笑っているのは可愛くってリピの嵐です。
コメントされるゲストも関根さんを始めみなさん優しくて、終始ほのぼのとした雰囲気でしたね。
見終わった後、心がほっこりした気持ちになりました。
吾郎ちゃんと一緒だからか、剛がのびのびとふるまっているように見えました。そんな自由人の弟剛を優しく見守りながら、しっかりとするべきところはきちんとする頼りになる吾郎お兄ちゃん。ナイスコンビでしたね。
確かにゆる~い番組でしたけど最近のうるさいだけの番組がちょっと苦手な私は、時にはこんな番組があってもいいんじゃないかな~と思いました。
テレ東さんには感想と要望を送りました。
また、第二弾の放送があればいいですね。

投稿: marin | 2015/01/28 16:36

ピカチュウさん
テレ東系列の放送は全国放送じゃないということで・・・どうにも、吾郎が活躍する番組はこういう境遇が多いですよね(苦笑) でも、今回の特番、本当に良かった。ファンの欲目でもなんでもなく、実にうまくできていましたね。吾郎と剛のMCならではであったのは、番組発表の際にテレ東さんが「中居くんに振られたので・・・」というのは、ネタだったんだろうと思う(笑) SMAPの中で、この二人じゃないと成立しない番組でしたね。VTRにもまったく手を抜いている感じがなかった。それよりも、本当に感動して涙ぐみそうになったのが多かったので。テレ東さんだからできる番組というのは、まだまだ確実にある。最近のテレ東さんは、ドラマも良質なものが多いので頑張ってほしいですね。


けいこさん
スタジオにカメラが戻るたびに、本当に癒されたわぁ。計算された笑いではなくて、天然の二人だからこそ思わず微笑ましくて心から笑える流れでしたね。私は、こういうバラエティ番組が大好きです。だから、全力で続行の支援をしたいと思う。この番組も、構成に鈴木おさむさんが入っているんですよね。なんだかんだ言って、鈴木さんは吾郎の良さをものすごくよくわかってらっしゃる気がします。(表にあまり出てこられない限りは、優秀な構成作家さんだと思いますね(笑)) ひな壇のゲストの方たちは1位じゃない人というくだりだったけど、ほとんど「スマスマ」のゲストに来られるレベルのご活躍されている方ばかりでした。だから、コメントも突っ込みも非常に上手でしたね(笑) コメントなんて、全員が完璧に一人オチをつけるところも笑えました。他の誰かを落として笑いを作るのではなく、言葉のチョイスで落とす。「1位じゃない」なんてとんでもないというぐらい優秀揃いの面子でしたね。「スポンサーがつかない、予算がないから良い番組が作れない」という理由は、他局のバラエティ番組はテレ東さんの番組を見たら使えないですね。これは、吾郎にも今後MCのオファーが来るかもしれない(笑)


さおりさん
見る前から、吾郎と剛なら間違いなく癒されるMCをしてくれるだろうと思ったけど、正直ここまで笑える二時間番組になるとは思いませんでした(笑) ゲストコメンテーターの方たちの人選も良かったのもありますが、二人の天然底力に拍手です(笑) 剛のMCはもちろんいろんな番組で拝見させてもらっているけど、今回のMCが一番安心して見れた(笑) やっぱり、剛の場合は番組進行というよりは、彼の良さを出してあげるべくしっかりした相棒がいて自由にさせてあげるのがいい。剛が天然で暴走気味でも(笑)必ずそこに剛なりの笑いがあるので我慢強く待ってあげられる吾郎のような相手は最適ですね。話しいている途中でやいやい突っ込んでは良さが出る前に潰されると思った。そして、そんな剛がいるからこそ、吾郎の良さも出ていたと思う。場の空気を読んで、はずれそうなときは軌道修正をやんわりとして進める能力はすごいと思いました。VTRもテレ東さんは、しっかりリサーチして作り上げていましたよね。何から何まで否定するところがまったくなかったです。ひとつ言わせてもらうのなら、吾郎は台本をちょっと前半わかりやすく見ていたので(ガッツリとバラエティ番組のMCをやるのはこれが初めてなので仕方ないです)、今後はその辺のところをうまくやってほしいなぁと思った。きっと、場をこなせばさらに素晴らしいMCに成長すると思います(笑)


さやかさん
いやぁ、二人とも素晴らしかったですね。番組の趣旨にこれほど合うMCの人選はないんじゃないでしょうか。けっして、自虐になるわけでもなく、それでいて自分たちのSMAP内のポジションを受け止めている様子に、意外とメンバーの中で大人な二人だと感じました(笑) VTRも素晴らしかったですね。正直言わせてもらうと、どのテーマも(トリピーでさえ(笑))吾郎の境遇と重ね合わせてしまってなんだかグッときてしまいました。最後に吾郎が「勇気が湧きますね」とコメントしたのは大げさでもなんでもなかったんじゃないか、本当に感動したのではないかと思いました。VTRの小窓に映る吾郎がとても美しかったですが、それとは別にいろいろ考えている様子が見てとれたので。(もしかしたら、番組進行のことで頭がいっぱいだったのかもしれませんが(笑)) 真剣にVTRを見ている吾郎と剛を見ていると、この二人はきっと今後も静かに強く自分らしさを出していってくれる予感がしました。VTRで感動して、スタジオで笑わせてもらって実に楽しめたので、感想と続行希望をテレ東さんの公式サイトに出しておきました。早いうちに、第二弾放送が決定してくれるといいですね。


ぽんたさん
二人の番組進行については、私も変な自信がありました(笑) きっと大丈夫だ、うまくやると思っていたのですが、期待以上の出来でしたね。思わず、声を出して笑ってしまいました。こんなこと、「スマスマ」でも滅多にないです(笑) 「二番手の人たちって優しい」というぽんたさんのコメントに、思わず納得してしまいました。周りが見えている人が多いんでしょうか。他人の痛みもわかる人たちなんでしょうね。だから、人を貶さない。笑いの質がとても良かったですね。こういうバラエティ番組こそ、頑張って放送していってほしいです。VTRは笑えるところも含んでいるのもありましたが、全部が本当に丁寧につくられていて「銀言」はどれも感動しました。思わず、「おぉ~!」という声がスタジオからも漏れていましたね。二時間があっという間の番組だった。是非、第二弾を企画してほしいと思います。


みやっちさん
ゆるくても、誰も不愉快にさせないバラエティ番組。家族で週末にまったり見るのには最適だったと思います。見るまでは、VTRの部分は間延びするんじゃないかとか危惧していたのですが杞憂に終わりました。実にうまく作られていましたね。有名な方の銀言もありましたが、誰も知らなかった影で支えている人たちの話や、これをピックアップするんだ!というのもありバラエティにも富んでいたのが飽きさせなかったのではないかと。吾郎と剛のMCも、とても癒されましたねぇ。SMAPで吾郎と慎吾が「すべらない話」に出たり、木村くんと吾郎が「27時間テレビ」でのご当地選手権で進行をしてみたり・・・まだまだ、組み合わせでいろんな新しい発見ができそうな結成27年のSMAP(笑) とても頼もしい存在だと思いました。吾郎が話していた歌番組でのカメラがメンバーを均等に映してくれるというのは・・・まぁ、ほぼ均等という意味では間違っていないですよね(笑) ゲストの方たちがとても優しいコメントだったのは、MCにもよるのではないかというみやっちさんのご意見に、「なるほどなぁ」と思いました。確かに、あの二人の進行だと毒を吐くと浮きまくりそうです(爆) プチ毒ぐらいが一番いい感じですね。MCの吾郎と剛の間でも、まったく貶すことなく、それよりもお互いをフォローして目を見て頷きあったりして本当に癒されました。数字は、まぁ、ゴールデンでもテレ東さんの場合はこれぐらいは予定調和だったかなぁとは思ったので(笑)、あとはやはり視聴者からの声ですね。しっかり、感想と要望を出してきたので、できるだけ多くの方に声を出しにいってほしいと思います。今回は、剛ファンの方も頑張ってくれると思うので「鬼に金棒」(笑) いつもは声を出せない人も頑張ってみてください。


marinさん
コメントありがとうございます。吾郎も剛も、ほんっと~に可愛かったですね。私も、ずっと「可愛い、可愛い」って言いながら見てました(笑) 吾郎は、誰と組んでもテンションはああいう感じですが(笑)、剛のほうは本当にのびのびとやっていましたね。本人は名前を間違って焦ったところもあったとは思いますが、自然にスラスラと進行できていたのを見ると、吾郎と一緒のMCはやりやすかったんじゃないかと思いました。吾郎も剛の天然に可愛い笑顔全開で、こちらも楽しんでMCができたのではないかと。せっかく、ナイスな新MCコンビ誕生なので、ここはテレ東さんは他局に盗まれる前に第二弾を作ってしまうべきだと思います(笑) 他の局でやると、またカラーが変わってくるんでしょうねぇ・・・予算がかかっていないセットでも(笑)、これだけ良質なバラエティ番組を作れるテレ東さんには、今後もいろんな挑戦をしていってほしいです。「ロハスなお二人」とナレーションで入れ込んだ局は、おそらくテレ東さんが初めて。(雑誌でもガイドさんぐらいしか使ってないんじゃないかと(爆)) 第二弾を期待したいと思います。

投稿: kazuyo | 2015/01/29 00:12

kazuyoさんこんばんは!
今回の番組は本当にいい感じにまったりとして良かったですね(笑) 最近VTRを見てひな壇のゲストの方がいらっしゃってコメントするという形の番組が多いですよね。今回の番組はVTRの長さも、皆さんのコメントもバランスが良かったですよね(笑)吾郎ちゃんのビジュアルも良く剛君とのMCも凄く楽しくって良かったですよね。最初っから笑いっぱなしで途中感動して涙ぐみまた笑うというあっという間の2時間でした。またこの二人でMCをテレビ東京でしてもらいたいですね(笑)他局だとまた変わってしまうので(笑)

投稿: こまち | 2015/01/29 21:30

こまちさん
バラエティ番組は、必ずコメンテーターとしてひな壇に芸人さんをメインに並ぶものが多いですね。そして、意外とこのひな壇の人選は大事。ちゃんと番組に合っている人を選ばないととんでもないことになります(笑) 今回は、本当にコメント上手、つっこみ上手の方たちばかりでした。いい意味でぬるいMCのお二人をサポートしつつ空気が読める人ばかりでした。VTRがよくできていたのも大きかったですね。確かに、これを機会に二人でMCのお仕事がいろいろ入ると面白いのですが・・・テレ東さんのこの番組だからこそ良さが出た気もするので、やはりとりあえず第二弾を企画してもらうのがいいですね。たくさんの声が届いているといいなぁ。

投稿: kazuyo | 2015/01/30 00:54

kazuyoさま
レポ何時もありがとうございます。本当に楽しみにしています。せっかく放送がある地域なのにリアルで見れなかったため娘に録画を頼んでいたのですが、まさかの録画忘れ…(涙)(涙)kazuyoさんの神レポでどれだけ癒されたか。貴重な吾郎さまを拝見できなかったショックは計り知れませんが、有り難い書先輩方のお陰で素敵な番組の雰囲気を感じとることが出来、少しずつ立ち直っています。kazuyoさんの吾郎さまへの愛を感じるコメント気持ち良いばかりです。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: タアミィ | 2015/07/20 19:12

タアミィさん
初めまして。コメントありがとうございます。でも、これ今回のではなくて初回のレポにコメント頂いたのですがあってます(笑)? どちらにせよ、ブログを読んでくださっているということは本当にありがたいです。録画が失敗してしまったというのは悲しいですね(涙) 第二弾も初回同様に、二人のぬるいMCがとても心地よく番組全体が優しいものとなっていました。レポだけで雰囲気を把握してもらえるのは嬉しいのですが・・・探せば動画はすでに落ちています(笑) もちろんダメなことなんですけど、もう個人の楽しみだけならということで削除される前に見に行かれることをお勧めします(笑)

投稿: kazuyo | 2015/07/21 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短歌で詠む「抱いてやる」 | トップページ | もう少し傍にいて・・・ »