« 自分探しの「自分史」 | トップページ | 母となって再会 »

メッセージを歌に込めて

中居くんとNHKの有働アナが司会をして4年目の歌番組、「震災から4年”明日へ”コンサート」。今回は一時間半という時間の中で、しっかりまとめてきたのがさすがNHKさんというところでしょうか。NHKの番組司会での中居くんは、とても真面目(笑) 視聴者に合わせた番組進行をしているようです。そして、歌番組と言えども、震災復興がメインテーマなためメッセージ性が強い番組になります。なので、新曲披露をする場所ではない。SMAPも、しっかり自分の役割を果たしていたように感じました。

オープニングは、中居くんのナレーションでSMAPを始め、アーティストたちが震災の地に励ましの支援に出向いた映像が流れます。そして、スタジオでの中居くんの言葉が入り、SMAPのパフォーマンスでスタート。

noteがんばりましょうnote
観覧の方たちは、SMAPファンだけではなかったと思うのにオープニングから盛り上がってます。少しいつもよりは控えめなファンサービスの中で、いつもと変わらない笑顔でロイヤルお手振りの吾郎(笑) いつなんどきでも、変わらず笑顔の吾郎が大好きです。衣装は全員がお揃いのモザイク模様のジャケットにサイドに一本ラインが入った黒のボトム。吾郎の脚がまっすぐでとても綺麗なシルエット。ナカゴロがくっつくフォーメーションが多い曲ですが、二回目に中居くんがチラッと隣の吾郎を見たのがツボ(笑) しかし、今、二人の髪の毛がメンバー内で一番長めで似ているのが可愛い。

このあと、宮城県に赴いている北島三郎さんの「まつり」に合わせて、スタジオで団扇や大漁旗を振るSMAPとキスマイのメンバー。全力で男気満載の木村さんの後ろで、パタパタと大きな団扇をまるで魚を焼いているかのような吾郎のロハスなお二人(爆) 吾郎の可愛いこと、可愛いこと。手拍子で会場を盛り上げる中居くん。大きな大漁旗を笑顔で振る慎吾。ワイプも惜しみなく映してくれてありがたい場面でした。しかし・・・なぜにサブちゃんの「まつり」を見ると、年末のように感じるのだろうか(笑) 紅白を引退された北島さんの歌を、ここで皆で盛り上がって聴けたのが良かったですね。

次なるSMAPの登場は、木村くんが1枚の紙を手に読み上げるのは、震災時に生まれた「一花(いちか)ちゃん」に贈るご両親の手紙。「大変なときだからこそ、ひとつの希望の花になってほしい」という願いが込められた名前。この流れでSMAPの曲へ・・・

note世界に一つだけの花note
手紙を読み上げた木村くんが、一花ちゃん家族のほうを見て笑顔で歌っていたのが印象的でした。一語一語丁寧にかみ締めるように歌うSMAP。おそらく、SMAPの曲の中で一番歌われてきたこの曲を、毎回しっかりメッセージも込めて歌ってくれるSMAPが好きです。そして、毎回吾郎の柔らかい笑顔に癒される。

西田敏行さんが歌う「花は咲く」で、一緒に歌う出演者の方たち。SMAPも並んでコーラスに入ります。ここでの、吾郎の脚がすっとした立ち方も好き(笑)

中居くんの隣に来て、去年11月にこの世を去った高倉健さんと映画「あなたへ」で共演したが、健さんとの思い出を少し語りVTRのナレーションを務めます。

そして、最後はもちろんSMAPの曲。慎吾吾郎が歌前にメッセージを乗せて東北の皆さんへ贈る最後の曲へ・・・

noteありがとうnote
途中、中居、木村、慎吾がセンターステージへ、吾郎と剛がそれぞれサイドの花道に移動するという変則フォーメーション(笑) ちゃんと、一番近くのメンバーのほうを向いてペンライトを振る素晴らしい観覧の方たち。「ありがとう」は、正直言うと、リリース時は非常に微妙なシングルだと思ったし、メッセージ色が強いのよりセクシーな曲を歌ってほしいと思っていたけど・・・SMAPのメッセージソングは、いろんな場面でとても心に響く。けっして、歌がうまいわけではないのに、とても強い想いをSMAPから感じる。いいグループだなぁと本当に思うわけです。

最後は、中居くんが終りの尺の中で相槌を入れながらもきっちり綺麗にまとめてフィニッシュ。東北の皆さんは、本当にまだまだ復興に向けて毎日を過ごされていると思う。そんな中で、このような番組が続いていることは素晴らしいなぁと。東北のことが取り上げられるたびに、地元民としては神戸の震災を思い出すわけですが・・・世間の方たちに、神戸も復興に向けて全力だったことを一緒に考えてくれればと思いました。そして、自分たちの冠番組で毎週一度も抜けることなく最後に震災募金を呼びかけるSMAPのメンバーをファンとして誇りに思い、その声に少しでも多くの方が動いてくれればと願ってやみません。

|

« 自分探しの「自分史」 | トップページ | 母となって再会 »

コメント

NHKホールではなく、放送時間も短くなったことを少々不満に感じましたが、
このような番組を毎年続けることが大切だと改めて確信しました。
日常生活のなか、震災のことを忘れてしまいがちですが
スマスマの最後には、必ず彼らが思い出させてくれます。
復興支援のための有意義な活動のひとつだと思います。
私は、かっこいいSexyなSMAPが大好きなので、
SMAPの新曲が「真面目」路線だと、ちょっとがっかりすることもあるのですが、
どんな楽曲もSMAP色にして、たくさんの人の心に届くように歌う彼らの力は素晴らしい。
あの番組で聴いた、「ありがとう」は、今まででいちばん感動しました。
SMAPの生放送の歌は、特別な魅力がありますね。

投稿: ゆずこしょう | 2015/03/11 14:29

kazuyoさん、こんばんは。今日は、東北大震災から4年、今年1月17日で、阪神淡路大震災から20年、どちらも絶対に忘れてはいけない日です。「明日へコンサート」今年も各アーティストの方が、歌にメッセージをこめて、とても感動しました。神戸の震災の時に歌われた「幸せ運べるように」とてもストレートな曲だけど、神戸から東北へと歌いつながれそれは、悲しいけれど、地震なんかに負けないで前進していくという気持ちが伝わった曲だと思います。「亡くなった方のぶんまで~」って歌詞からもう涙が止まりませんでした。冒頭からSMAPの「がんばりましょう」吾郎ちゃんのスマイルに癒され、ちょっとしたナカゴロ萌えも嬉しかったですよね(笑)個人的な事で、恐縮ですが、「世界に一つだけの花」私の担当している児童(震災後、福島から転校してきた子です)がこの歌がものすごく好きで、今日喜んでました。この子は、いつも笑顔で天真爛漫な子なんですが、震災のせいで、少しの揺れにも怯えるようになってしまったんです。凄い怖い体験をしたのにいつも笑顔で、逆にこちらが元気をもらっています。この子になにかあったら全力で支えてあげたいと思うし、歌で東北の方達の笑顔が見れる、人と人がつながってる、人間一人じゃないと言う事が歌に込められていましたよね。まずは、今自分になにができるかということですよね。中居君も仰ってましたが、「言葉だけじゃなく行動」ですよね。震災の日に、生まれた子へのメッセージ、の時、木村くんが読み上げた、一花ちゃんへの木村くんのまなざしが優しくて、胸が熱くなりました。「ありがとう」も「生まれてきてくれてありがとう」というメッセージにマッチしていて、SMAPの歌はどの歌も、強いメッセージが込められてて、どの状況にもあう歌があって心に残ります。SMAP凄いなhappy01SMAPは、自分たちの番組でもかかさずよびかけをしています。そこも彼らの強い思いをかんじますよね。今日、沖縄のある大型デパートの広間に「祈・3、11」と円形状でたくさんの灯りがついていました。自分たちは、生かされてるんだということ、東北、神戸の方達と共にみんな支え合って前を向いてあるいていこうと改めて考えさせられ、この灯りが想いだけでも遠く離れた沖縄から、神戸、東北に届いてるといいなって思いました。すみません、最後に、北島三郎さんの「祭り」で祭りの巨大うちわをぱたぱたあおいでる吾郎ちゃんがかわいかったです(笑)よいしょよいしょって感じで(笑)

投稿: さおり | 2015/03/11 21:04

cherryblossomゆずこしょうさん
今回の「明日へ」が、時間短縮だと知ったときは、SMAPの出演は今までよりないだろうなぁとは思っていたけど、三曲も歌ってくれてありがたかったですね。そして、番組自体も時間短縮を有効に使った編集でギュッとメッセージが詰まったものとなっていたと思います。とにかく、続けていくことが大事で意義があると思うので、今回のように時間が短くなってもいいから続いていってほしいと思いました。NHKさんはまだしも、民放でそれもひとつのグループの冠番組で変わらず毎週復興支援の呼びかけをしているSMAPと「スマスマ」という番組は素晴らしいなぁと。どんなに編集に疑問があるときでも(笑)、この最後のSMAPからの呼びかけを抜いてEDトークをしてほしいという声がファンの間でも一切出ないのも素晴らしいですよね。SMAPの強い想いがファンにも伝わり、そして世間の人たちにも繋がっていくといいなぁと思います。


cherryblossomさおりさん
ともすれば、忙しく過ぎていく日常の中で忘れ去ってしまう震災支援を番組で毎年続けていってくれることに感謝ですね。今回のオープニングでSMAPが歌った「がんばりましょう」は、神戸の震災のときに歌番組でSMAPが震災にあわれた方に贈った曲としてすごく記憶に残っています。テレビも見れない状況で、ラジオをつけて聴いたSMAPのこの「がんばりましょう」で涙が出るほど嬉しかったという声も聞きました。そのときのことを、「がんばりましょう」を歌うSMAPを見て思い出し頭からちょっと泣きそうになりました(苦笑) 学校にお勤めをしているさおりさんは、学生さんたちからも震災のことを聞く機会が多いでしょうね。震災の爪あとは目に見えることだけでなく、心の奥深くにも残っていると思います。こうやって、番組でアーティストからの温かいメッセージを乗せた歌を聴くことによって、いまだ復興に向けて頑張っている人たちがいることも思い出させてくれる。SMAPファンとしても、スタジオから「頑張れ!」という心のエールを送るSMAPのメンバーの表情が見れて嬉しかったです。吾郎の笑顔は、人を安心させる。きっと、一日一歩よくなっていく。明日も頑張ろう!という気にさせてくれますよね。吾郎の役者のお仕事のインターバルが思いのほか長くて(笑)、焦ってしまうファンの想いもあるとは思いますが、きっと、良い報せが入ってくる日はやってくると思っています。とにかく、待っている間に震災支援と同じようにできることをやっていきたいですね。

投稿: kazuyo | 2015/03/12 00:58

やっとこちらの番組も拝見できました。東日本震災から4年、阪神震災から20年。時が経つのは人の想いとは違い確実に1日1日過ぎてゆくのですよね。今年も中居くんの司会のNHKの番組が短くなっても放送された事は良かったですね。短い時間の中でメッセージがこめられた3曲どれも心に伝わりますね。吾郎ちゃんの近況のお姿を拝見できて嬉しかったです。変わらず美しく可愛い吾郎ちゃん。若いキスマイ君達と並んでも美しく背が高いオーラバリバリのSMAPくん達に「すご~い!カッコイイ!」ってつぶやいていました。木村君のラジオで東北の方がスマスマの募金のお願いについてメッセージを送ってみえられてました。本当にSMAPのスマスマだけが4年間支援をお願い続けています。なかなか思いはあっても出来る事ではありません。SMAPの強い思いと彼らをサポートしてくれるスタッフと理解して下さるスポンサーに感謝したいと思います。これからも続けるだろう彼らとともに日々感謝したいですね。

投稿: ピカチュウ | 2015/03/16 00:09

cherryblossomピカチュウさん
SMAPのメンバーが司会をしてくれると、必然的にSMAP自体がメインとして出演してくれるのはありがたいですよね。その中で、東北の方たちに自分たちから贈れる曲はなんだろうか・・・と考えてくれたのではないかと。SMAPが歌った三曲はもちろん良かったのですが、北島さんの歌に合わせて団扇や旗を振る様子が結構とツボに入りまして(笑) あぁ、吾郎、可愛いなぁと改めて思ったというか(笑) 隣の木村くんが、またとても男らしいのでその比較としても微笑ましいというか・・・とにかく、いろんな面で楽しませてもらいました。自分たちの番組「スマスマ」でも変わらず募金を呼びかけているSMAP。歌にも説得力がありましたね。

投稿: kazuyo | 2015/03/16 01:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分探しの「自分史」 | トップページ | 母となって再会 »