« メッセージを歌に込めて | トップページ | 「スマスマ」ツボどころ »

母となって再会

今週の「ゴロウ・デラックス」のゲストは、吾郎とこのTBSバラエティ番組「Goro's Bar」で6年前に2年間ご一緒されていた女性アナウンサー。・・・と、言うことで、今回のオープニングは、外山さんではなくてゲストとのトークでSTART。当時の「ゴロバー」の映像VTRが流れて、懐かしい~と思ったファンも多いのでは?

吾郎 「「Goro's Bar」から始まり・・・ちょこちょこちょこちょこ番組変わっちゃったんですけど・・・」
青木 「そうですよね(笑)」
吾郎 「「ゴロウ・デラックス」でちょっと安定期に入り・・・一寸先はわからないですけど」

始まったのは、「ゴロバー」からではなくて「吾郎の細道」ですけど(笑)、一寸先はわからないというのは吾郎の本音だと思う。続いているからこそ、こうやってお久しぶりに会える方もいらっしゃるんですものね。そのあと、ブースセットに移動して、外山さん抜きで二人で思い出話を始める二人(笑) 「ゴロバー」をやっている頃には、こんな本で書かれているようなしっかりした女性とは思わなかったと正直な吾郎(笑) 確かに、母親になられて良い意味での強さも身につけられたような・・・もともと綺麗な方でしたが、とがっていた部分がなくなってさらに美しくなられたような気がします。話が弾む二人の間に「ちょっと!」と無視されていた(演出)外山さんが入ってきます(笑)

第百五十五回課題図書 『母、妻、ときどき青木裕子』 青木裕子著

Photo 元TBSアナウンサーの著者自身が体験した、結婚、出産、育児、そして、夫、矢部さんへの思いを赤裸々に綴ったおよそ一年分の日記をまとめた一冊。夫としての矢部さんへの愚痴も書かれていて、なかなかに正直なのは変わらずで安心しました(笑)

青木さんは、慶應義塾大学のときに「ミス慶応」に選ばれるほど、TBSに入社される前から話題の人。2005年に入社後3カ月でレギュラー番組を持ち、数多くの番組を担当。常にスポットライトを浴びていた女子アナ時代だったが、2012年にTBSを退社してフリーに。翌年に、ナインティナインの矢部さんと結婚し、昨年、長男を出産。ちなみに、7年先輩の外山さんは、青木さんが入社される前の2000年から、ずっと永六輔さんとTBSラジオのお仕事をされていました。これはこれですごいですよね。

そんなお二人の最初の出会いは、お互いあまり良い印象じゃなかったみたいで(笑) 青木さんからしたら、話しかけにくい怖い先輩。外山さんからは、7歳の違いを通り越してあけっぴろげすぎる話し方に引いてしまったという(笑) 確かに、慶応時代の青木さんの話し方を見ると、「本当に慶応出身?」と思うほどで・・・青木さん自身も今、そのときのVTRを見ると恥ずかしくなるらしく、「人間って成長するんですね」と言われていました(笑)

ここで、吾郎が課題図書から「初めて子供を預けて仕事をした日」の日記を朗読。対面から少し笑みを浮かべながら、ずっと吾郎の顔をじ~っと見ている青木さん。「ゴロバー」のときのこととか思い出されていたのかなぁ。傍目には女子アナから芸能人の方とご結婚されて輝かしいところしか見えないけど、ご本人は入社されてからも悩みはあり、孤独なときが多かったのだとか。女子アナは華やかな部分だけが取り上げられるけど、会社の社員の一人なのでいろいろあったんだろうなぁと。セルフプロデュース力が必要なので、本来の自分とは離れたキャラになることもあるんだろうと思うとストレスも大きかったのではないかと。

自分のペースができあがっている吾郎と外山さんにとって、「結婚」は未知数。吾郎の場合は、結婚している人たちが家族を持って幸せにしているのを見るといいなぁとは感じるみたいですが、外山さんにいたっては幸せそうな家族を見るのは好きだけど、自分がそうなりたいとは思わないらしい(爆) 

吾郎 「まぁ、あの冷蔵庫じゃねbomb(笑)」

吾郎さん、厳しい(笑) そんな二人の様子を、隣からずっと微笑ましそうに笑っている青木さんが美しい(笑) 「ゴロバー」では女芸人さんに囲まれていろいろ突っ込まれるキャラで、聞かれると赤裸々になんでも答えていた青木さん。吾郎も、同じようなところがあるから「よくわかる」と言っていました。あの頃よりも、落ち着きが出てきた青木さんですが、今、吾郎とバラエティ番組を持ったら美男美女でこれまたいいかもしれない。あっ、吾郎と外山さんのきょうだい喧嘩みたいなコンビネーションも好きですが(笑)

青木さんは、矢部さんとの結婚を前に、自分があまり世間からよい印象を持たれているとは思っていなかったので、自分と結婚して矢部さんの評判が下がったらどうしよう・・・もし、結婚に到らなかったら破局してTBSを辞めたと思われたらどうしよう・・・とか、いろいろ考えてしまったときがあるのだとか。結構と、先のことで悪いケースを考えてしまう人のようですが、ヤフーニュースの世間のコメントを見て落ち込んだこともあるのだとか。

吾郎 「基本的にね、そういうのは今後も読まないほうがいいよ」
外山 「(悪口のコメント)書く人、前に来てほしいよね」

二人とも正論(笑)! ほんと、匿名でコメント書くようなところは、毎日ひどいのが多いです。ネットで顔が見えないからと、平気で人を中傷する文章を書く人って病んでますよね。そうそう、青木さんは落ち込むのなら、そういうところは読まないほうがいい。そう言えば・・・SMAPのメンバーの中でも同じように目にしてしまって落ち込む方がお一人いらっしゃいますね(笑) 吾郎は、まず、そういうところを読まない。それが一番だと思います。

外山さんが、「育児をめぐって矢部さんとケンカした日」を朗読。矢部さんからメッセージを頂いてきたゴロデラ。「「これを出版することを許したやべっちが偉い」と言われ、好感度があがった」と矢部さん。このメッセージに対して、実際に吾郎は矢部さんの好感度があがったらしい(笑) 最後の親太朗くんの消しゴムはんこは、幸せそうなご家族三人のデザイン。

久しぶりの、吾郎と青木さんの並びがとても素敵だった。そして、当時より、二人とも人間としてさらに優しくなっていた気がします。そんなお二人の様子を今回「ゴロデラ」で見れて嬉しかった。

|

« メッセージを歌に込めて | トップページ | 「スマスマ」ツボどころ »

コメント

kazuyoさん、こんにちは。
放送時間に観られる地域にいながら、なかなかリアルタイムで観ることが出来ないみなみです(^_^;)
今回も録画して、昨日になってから観ました。

青木さん、もともと綺麗な方だとは思っていましたが、凛とした美しさになったような気がしましたね。
しっかりした印象は今までなかったなあと、やっぱり母は強しか、なんて思ったりしました。
もちろん優しさも感じられ、人間としての深みが出てきたような感じがしました。

ずっと楽しく見ていたのですが、終盤の吾郎ちゃんが矢部さんの印象が上がったの辺りで突然泣けちゃって!
吾郎ちゃん、いろいろ考えすぎなんだよーって思っちゃったんですよね・・・。
自分でも、なんだそりゃの感情が湧き上がってビックリの昨日でした。

つくづく、吾郎ちゃんに限らず、メンバーには幸せになって欲しいものです。

投稿: みなみ | 2015/03/14 08:31

kazuyoさん

こんにちは。私、Goro's Bar 大好きだったんですよ~こっちには、TV番組のレンタルビデオ屋さんがあって、
そこでいそいそと借りていました。4週分がビデオ1本になるので、1か月待ち遠しかったです。
吾郎さんのメール絵文字薀蓄とか、しつこかった整形ネタとか懐かしいです。見返したくなりました。
ロンドンにもそういうお店ってあるんですか?
「ゴロバー」での青木さんはやりきってる感じに好感をもっていましたが、学生時代の映像については、
外山さんの感想と一緒です(笑)でも、20歳位って多かれ少なかれ自分も含め、ああいった感じですよね。
当時の吾郎さんも今見るとあちゃ~という発言していましたし(笑)
時を経て、違う番組でこうやってお二人が落ち着いてお話されているのを観れるなんて、いいものですね。

投稿: ようこ | 2015/03/14 15:50

kazuyoさん、こんばんは。青木さん久しぶりでしたね(笑)OPで二人が並んだ時、ホントに美男美女で、当時の「Goro's Bar」の映像も流れて懐かしかったです。ホントもともと「ミス慶応」になるくらいですから、綺麗な方だとは思ったんですが、当時よりも、妻になり母になることによって落ち着いて綺麗さにさらに磨きがかかったような気がしました。外山さんとは、先輩後輩で最初はぎこちなかったんですねcoldsweats01でもお二人とも、青木さんは赤裸々すぎる発言が多い印象で皆からいじられキャラっぽかったんですが、(現在も谷間みえてはいましたね(笑))外山さんは凄い正直すぎる方で、どっちにしろ陰で人のことを言わない点では、私はお二人とも素敵だと思いました。外山さんも、吾郎ちゃんも言ってましたが掲示板で人を誹謗中傷するの、一番卑怯で卑劣ですよね。「匿名」で人の心ズタズタにする神経が理解できません。こんな人間に限って面と向かっては言えないものです。だから、こんな心の乏しい可哀想な人は相手にしないほうがいいですよね。青木さんはきっと繊細なんだろうなって思いました。自分よりも矢部さんの事を気にしてて、思いやりのある方だなって思いました。アナウンサーって私も一時憧れてたんですけど、陰では大変で「孤独」って聞いたときには、シビアな世界なんだなって思いました。トイレでご飯たべるエピソードもなんか可哀想でした。みんな戦ってるんだなって思いました。私は、吾郎ちゃんにも、外山さんにも幸せになってほしいですhappy01あと、人の幸せを喜べる外山さん、人としてできてるなって思いました。だから自分は思わないなんて言わないで、幸せになってください(笑)まずは冷蔵庫からですね(爆)あの吾郎ちゃんの突っ込みホント、面白かったです。矢部さんは、私は芸人さんとしての彼しか知らないけど、お子さんと写ってる写真や抱っこしてる写真、三人の写真など「いいパパさんなんだな」って思いました。私の中でも彼の好感度が上がりました(笑)ホント青木さんの愛情が赤裸々に伝わってくるような、夫婦喧嘩のエピでさえも、微笑ましく感じました。吾郎ちゃんが朗読してる時も、外山さんと吾郎ちゃんのやりとりを見てる時の、涼やかな青木さんの笑顔が印象的でした。久しぶりの共演、見れて嬉しかったです。これからも、三人仲良く温かい家庭を築いていってほしいですよねhappy01

投稿: さおり | 2015/03/14 21:09

virgoみなみさん
「ゴロデラ」は遅い時間帯の放送なので、リアタイは難しいという人はファンでも多いと思います。だから、数字もなかなか出にくいとは思うので、是非、感想だけは公式に送ってください。見れるだけとても恵まれていると思うので、未放送地域の方たちのために希望を繋げてほしいと思います(笑) 青木さんですが、本当に以前より美しさが増したなぁと・・・最初、ちょっとどなたかわからないぐらいだったので。メイクも柔らかい感じに変わったのかな? 両手で口元を押さえて前屈みになる可愛い笑い方が変わってなくて、あぁ、青木さんだと(笑) もともと頭の良い方ではあると思うのですが、現役TBSアナウンサーの頃は少しわがままに映るのが残念だったのですが・・・きっと、自分の中で模索されていたんだろうなぁと。元々、聞かれたことは正直に話してしまう人で誤解を生んでいたこともあったのかもしれません。今の青木さんのほうが、数倍素敵なのは、きっとご家族を持たれて自分らしさが出てきたのではないかと。幸せそうですよねぇ~。吾郎も少しは結婚に触発されたかなぁ(笑)


virgoようこさん
「ゴロバー」すごく面白かったですよね。カンパニーもとても良かった。この番組から、売れっ子芸人になった女芸人さんたちはたくさんいらっしゃいます。数字も取れていたみたいで好評だったのに、なぜ終わってしまったのかいまだによくわからない。でも、今の「ゴロデラ」が生まれたことを考えると、いろんなことをやっていくのも悪いだけじゃないというのはわかります。海外にいて日本の番組を見る方法はいろいろありますが、レンタルビデオ屋さんはまだ需要があるんですね?! その中に「ゴロデラ」があるのはラッキーだと思います。ロンドンでもありましたが、人気のあるドラマやゴールデンのバラエティ番組ばかりだったので。青木さんは、結婚して妻になり、そして母親になってさらに素敵な女性になった気がします。吾郎とのやり取りも、「ゴロバー」のときより安心して見れたような(笑) 二人とも6年前より成長されているんですね(笑) いつか、小島さんがゲストで来てくださるかもしれないなぁ。今後も楽しみな番組ですね。


virgoさおりさん
外山さんがとても小柄な方なので、久しぶりに同じぐらいの目線でオープニングに立つ吾郎を見たような(笑) そして、美男美女。青木さんは、大変な育児の中でも、夫である矢部さんに対して包み隠さずやってほしいことは伝えると断言されていましたね。その強さが、夫婦の絆を強くしているように感じられました。本の中の家族の写真がとっても幸せそうで、吾郎も思わずいいなぁと感じたのではないかと。女子アナは、いろいろ世間でも言われますが、ちやほやされているように見えても、意外と大変なことも多いというのが外山さんと青木さんのお話から伺えました。女子アナは「孤独」という言葉に、ちょっと亜子ちゃんのことを思い出して胸が苦しくなった・・・最近、フリーになった田中みな実さんも、TBS時代はぶりっ子で同性からは嫌われるキャラだったけど、今はとてもアナウンサーらしいお仕事をされていて求められているものを演じていたところは多々あったのではないかと・・・女子アナがタレントのように扱われるのは、彼女たちのせいではないですよね。吾郎と青木さんのツーショットはとても素敵だったけど、今の外山さんとの「ゴロデラ」は個人的にとても気に入っています。たまに、吾郎が外山さんの暴言に苦笑することもあるけれど、永さんが外山さんに対してしているように「そこを楽しむ」ことが大事で、吾郎はそれをちゃんとわかっている気がします。それは、外山さんにはしっかり伝わっているようで、良いコンビですよね(笑)

投稿: kazuyo | 2015/03/14 23:53

Kazuyoさん
おはようございます。レンタルビデオ屋さん、店舗数も少なくなって規模も小さくなっていますが、まだあります。
さすがに私も今は違う方法に頼っています(笑)「ゴロバー」時代はVHSレンタルでしたね。
そうやって考えるとこの7~8年で様変わりですよね。ありがたいです。
簡単に見れるのは本当にうれしいのですが、実物にお会いしたくなってきてしまって、困りものです。

投稿: ようこ | 2015/03/15 10:05

virgoようこさん
すみません(汗) 「ゴロバー」のときのビデオだと書かれていますよね。勘違いしました。私が英国に移った時代は、ネットが普及する前のことで連絡は手紙、テレビ映像はビデオテープで送られてくるのに、テープ一本は溜めてもらわないといけないからかなり待った記憶があります。数も多いから3倍録画にしていて、今、思うと標準で録っておいてもらえば良かったというぐらい「スマスマ」は面白かった(笑) 日本への里帰り、難しいでしょうか・・・吾郎さんの舞台に合わせて、是非、一度ご検討ください。

投稿: kazuyo | 2015/03/16 00:20

青木さん、久しぶりにTVに出演されたのですね。私はゴロバーの青木さんの印象がなくて(笑)矢部さんとの結婚で矢部さんのバラエティ番組に出演されていた青木さんが大変だなぁ~と思った印象が強いです。でもお幸せそうで良かったですね。吾郎ちゃんも最近は人様の幸せそうな家庭に「いいなあ」って思われる事が多いですね。結構SMAP独身組は結婚への振りが多いですね。そんなお年頃なのでしょうか(笑)

投稿: ピカチュウ | 2015/03/16 00:46

virgoピカチュウさん
青木さんは吾郎とも久しぶりだったけれど、テレビ出演自体が半年振りということで、心なしか二人ともオープニングは緊張していたような。青木さんが、ちょっと照れている感じが伝わってきました(笑) 結婚されて仕事と育児の大変さを、同じように働く女性に共感してもらえるのではないかという気持ちもあって出版されたようで、けっして「私、こんなに幸せです!」じゃない感じなのも好感が持てます(笑) 吾郎は、30歳半ば過ぎたあたりから、「結婚」もいいなぁということを言うようになりましたが、焦ってもいないし、一人でいることの楽しさも知っているので、本当に心から好きな人が現れない限り結婚しないような気がします。そんな女性が見つかるといいですよね。

投稿: kazuyo | 2015/03/16 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メッセージを歌に込めて | トップページ | 「スマスマ」ツボどころ »