« 後ろにSMAP | トップページ | 5年目突入でここからが勝負 »

ごろうと呼んでほしい

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP (4月16日放送分)

枕は、いたってノーマルな高め柔らかめでホテルにあるようなものを愛用。大きめのサイズで、枕カバーは同じ大きさではなくてヴィジュアル的にサイドにヒダがついているようなのがいい。
思わず、フリルがついた枕カバーを想像してしまったんだけど・・・そういう意味ではないですよね(笑) いや、似合いそうで(笑)

「スマスマ」でキスマイとコラボした感想・・・たまにジャニーズの後輩と共演させてもらうのは大切なことだし、刺激になる。20代にしかない勢いで一緒になって横で走ってくれると得るものは大きい。
まだ、デビューしてそんなに経っていないのに、グループとして奥深さが出てきて頼もしい後輩とキスマイの長所を述べ、尚且つ、アイドルしてキラキラしたものは忘れちゃいけないんだと思い出させてくれると、100点満点の先輩としてのコメントをする吾郎。先輩としてこうしたほうがいいというのも、もちろん大事だと思うけど、吾郎は誰に対しても同じ高さから相手を見て話す。同じ事務所の後輩だと、どうしても上から話してしまいがちだけど、吾郎は違う。目の前に立たれると思わず萎縮してしまうほどの、先輩オーラもすごいとは思うけど、柔らかくいつまでも同じ目線で話してくれる先輩も必要。だから、嵐の二宮くんが思わず目の前にして「吾郎ちゃん」と言えたり、一緒に二人だけでご飯に連れて行ってもらえるKA-TUNの田口くんや生田斗真くんがいたり、「稲垣さんの優しさが好き」とキスマイの玉森くんが言うのもわかるのです(笑)

慎吾がジャニーズWEBの「SD慎吾」で、「ゴロウ・デラックス」に出たいから本を出さないとと書いていたという報告に・・・ヴィジュアル的なものよりも活字で勝負してほしい。
慎吾には、小説というよりは詩、短歌、俳句などがいいんじゃないか。ヴィジュアル的なもので言うなら、「ゴロデラ」に出演された鉄拳さんのパラパラ漫画みたいなのが見てみたいという吾郎は、やっぱり慎吾のこともよくわかっています。鉄拳さんがゲストに来られたときに、親太朗くんが挑戦していましたが、まさしく慎吾向きだと私も思ったので。というか、慎吾もだけど吾郎さんも早くエッセイなりに着手してほしいです(笑)

は、自分の名前の文字種は「つよポン」と平仮名と片仮名を混ぜてほしいそうという話から・・・「ツヨポン」は全部片仮名のイメージがあった。「シンツヨ」とか片仮名っぽい。自分の名前は、文字種というよりは「ゴロー」と伸ばされるのがあまり好きではない。
「ごろう」という名前なので、伸ばさずちゃんと呼んでほしいという吾郎ですが・・・それは、ライブでは無理(爆) 思い切り叫ぶときに、「ゴロウ~!」なんて呼びにくいじゃないですか(笑) そこは許してもらえるのだろうか。ちょっと考えてみて、自分は吾郎のことをどう呼んでいるだろうと。ブログでは、「吾郎」とか「吾郎さん」とか漢字で書くから問題ないけど、話しているときは「ごろお」となっているかもしれない。ファン以外の方と話すときは、「吾郎ちゃん」(笑) SMAPのメンバーは、中居くんは今や吾郎のことはもう「稲垣さん」で通しているし(以前は、「ごろお」とか「ごろーちゃん」でしたよね)、木村くんが案外と吾郎が呼んでほしい「ごろう」と言っている気がする。剛は「ごろさん」という伸ばさない省略パターンで(笑)、慎吾が「ごろうちゃん」ですよね。メンバー内でこれだけバラバラなんだから、そう気にしていないんだろうとは思いつつ、最後にやっぱり「ゴロー」と伸ばされるとちょっとあれ?と思うとあまりお気に召さないコメントあり(爆) いや、だからライブでは仕方ないですから(笑)

器は好きだけど、溜まらないないように考えて購入する。割ると残念なので軽くて丈夫なものを買うようになった。和洋どちらも使えるものが多い。
和食器専門店で好きなお店があるという吾郎。「スマスマ」でが東出くんとのデートのときにプレゼントとして渡したお茶碗セットは、実はご結婚された人には夫婦茶碗は喜ばれるんじゃないかという吾郎からのアドバイスだったそうで、さすが吾郎さん!と思いました(笑)

いつまで背が伸びていたか、ハッキリ覚えてないけど16、7歳までだったような気がする。その日によって1センチほど変わってくる。基本的に身長は176センチぐらい。テレビで初対面の人に会うと、意外と高いと言われることが多い。
吾郎も言っていたけど、グループ全員の背の高さにもよると思う。SMAPは、一番背が高い慎吾と低い中居くんの差が大きく感じるけど、平均的に背の高いほうのグループだと思います。いろんなグループが集まる歌番組で、出演者全員が並んだときにSMAPは他より背が高く目立っているので。(オーラもあるけどね(笑)) なので、その中にいる吾郎はそんなに高く思われていないかもしれないけど、1人で出演すると他の人より飛びぬけてスラッとしていることが多く、「思ったより高いんですね」と言われるというのはすごくよくわかる。スタイルいいしね(笑)

「TAKE FIVE」以来久しぶりに「スマスマ」でお会いした松坂桃李くんのこと・・・緊張されていたし、個人的にお話する環境でもなかったのでご挨拶だけさせてもらった。バラエティ番組よりも、またお芝居で共演したい。
桃李くんは「スマスマ」収録前日は緊張してよく眠れなかったそうですが、それは吾郎にもわかるほどだったらしい。ドラマで共演したときは、そんなにいろんな話をしたわけではないけど、演じることで繋がっていたように感じることができた役者さんだったのだとか。吾郎はまた是非共演したいということなので実現するといいですよね。

役者、稲垣吾郎をもっと見たいですっ!

|

« 後ろにSMAP | トップページ | 5年目突入でここからが勝負 »

コメント

kazuyoさん、こんばんは。私も、枕の話を聞いた時は、フリルのついたのかな?って一瞬思いました(笑)ももしかしたら、ラッフルのことかなって思いました。確かに、ホテルにあるような枕だったら、寝心地抜群だし、ふんわりしてていいですよね。でもフリルのついた枕で寝てる吾郎ちゃんは想像するだけでも、可愛くて萌えますheart04キスマイとのコラボはホントにかっこよかったです。吾郎ちゃんの後輩に対するコメント、実に素晴らしいgood彼の人柄が表れてるコメントだなって思います。後輩だからって、下に見るわけでもなく、年下の子からでも、学ぶことは、沢山あるし、勉強になることも、見習わないといけないこともある。吾郎ちゃんは、平等に同じ目線で、後輩くん達を見てるからこそ、色んな後輩くんに慕われる良い先輩なんだと思います。別の事務所だと、成宮くんもそうですhし、それこそ、今仕事で一緒の親太朗くんもそうですよね。そんな思慮深い吾郎ちゃんのファンで、ホントに良かったです(笑)「ゴロデラ」慎吾くんには、今度は、ポエムとか出版して、ゲストで来てほしいなって思いますhappy01慎吾君は、芸術肌で、絵はもちろん、kazuyoさんが仰るように、俳句とか詩とか得意だと思います。彼が感じたことを、彼なりの面白い、天才的な表現で本にしてほしいです。吾郎ちゃんは、きっとそういう慎吾くんの得意分野をわかっているから、慎吾君の詩や俳句などに興味があるのではないかなと思いました。私も、慎吾君のポエムも興味あります。彼の絵の表現も面白いし、慎吾君には、これらのことをもっと生かしてほしいです。是非、今度は、慎吾君の芸術面での本を出版して「ゴロデラ」に出演してほしいですhappy02それと吾郎ちゃんにも、ポエムや俳句、自分が撮った写真のコレクションに一言添えるなどの本等を出版してほしいですsign03(笑)確かに、ライブでは「ゴロウ~」って「ウ」までは言いにくいですよね(笑)沖縄のなまりなんですが、沖縄では結構名前を伸ばすんですよね(笑)だから「ごろ~」ってなっちゃうし、二文字の名前だとたとえば、「り~か~」ってなるんです(笑)でも、私は、基本的にずーっと「吾郎ちゃん」なので、呼び方ってホント色々あって面白いですよね(笑)でも、場合によっては、「吾郎さん」って言う時もありますね。「くん」を付けるにしても平仮名にしたいんだけど、漢字が先にくるので「慎吾君、中居君、剛君、木村君」ってなっちゃうんですよね。メンバー内でも、色々呼び方があって、中居君や木村君が「ごろうちゃん」って言うとテンションあがりますね(笑)今、平仮名で書いてみましたが、やっぱり平仮名って優しい感じがしますね(笑)そうか、吾郎ちゃんは、「う」も付けてほしいんですね(笑)でもさすがにライブではホント難しいですよねcoldsweats01でも、「ごろー」って言いやすいですよね(笑)剛君から東出君へのプレゼント、吾郎ちゃんがアイデアだしたんですねsign03さすがですねhappy01器にもこだわりがあって、軽めの和食器でも、磁器のものが割れにくいからいいとか、お客様がくるから、ちゃんと揃ってるものをとかホント、吾郎ちゃんらしいなって思いました。器って料理を美味しくみせる一つの必需品おだし、この食器で~を食べたらおいしそうとか、そういうものでもありますよね。また、ご飯のお茶碗をプレゼントする吾郎ちゃんも相手のことよくわかってるなぁ~って思いました。ご飯茶碗は貰って嬉しくない人なんていないですよねhappy01日常で使うものだし、夫婦にしろ、独身の方にしろ喜ばれると思います(笑)吾郎ちゃんはホント、テレビでも感じますが、実際みたら、スレンダーで背が高いですよね。自分が身長低い方なので、舞台で見ても、ライブで見てもホント見上げてしまうくらい背が高いですよねheart04SMAPみんな背は結構ある方ですよね。だって目立つもん。私は、150くらいしかないので(小学生と間違えられるんですよねcoldsweats01)SMAPみんな大きくてかっこいいですheart04多分吾郎ちゃんと並んだら私吾郎ちゃんの肩くらいもないと思います(笑)松坂くんとのエピソード、松坂くんは、「TAKEFIVE」の時の、役と違って実際はシャイで、おとなしい方みたいで、吾郎ちゃんもそれをわかって、そっとしておいてるのが感じられて、優しいなぁ~って思いました。それにしても「お久しぶりでぇ~すnote」の言い方が凄い可愛いんですけどhappy02松坂くんは、ホントに吾郎ちゃんと一緒で、お芝居が大好きで、吾郎ちゃんが、「バラエティーじゃなく、映画や舞台で共演したい」って言ってたのが印象に残ってます。是非、実現して今度は、少しでもお話ができるといいなって思いました。私が思ったのは、ホント、吾郎ちゃんって純粋で人間が好きなあったかい人なんだなって改めて思いました。そんな吾郎ちゃんが大好きですhappy01

投稿: さおり | 2015/04/17 21:12

ngさおりさん
再びラジオレポをしていて思ったのですが、吾郎は本当にはっきりとクリアに一語一語聞き取りやすい話し方をする。他のメンバーの話し方が悪いわけではないのですが、全員のラジオを聴かせてもらっている身としては、吾郎のラジオレポが一番起こしやすい(笑) 話言葉も文章のように話す人なので、完レポしたとしても、とても読みやすいものになると思いますね。吾郎の交友関係は、一般の方が多いと思うのですが、芸能人の方たちとももちろん交流がある。昔は、芸能人でも年上の方ばかりだったのに、さすがに後輩や年下の俳優さんたちとの交流もあるのは40代になったんだなぁと。もともと、年齢も性別も気にしない吾郎にとって、二人だけで会って話せることだけが絶対条件なんでしょうね。そういう人たちは、長い付き合いになる。とても理想的だと思います。吾郎の呼び方で、「ゴロー」と伸ばされるのはあまりしっくりこないという吾郎さん(笑) これを聞いたとき、正直ちょっと困ったなぁと思いました。本人を目の前にしたときは、まず呼び捨てにはしないと思うので、「ごろうさん」なので問題ないと思うのですが・・・ライブでは、思い切り「ゴロー!!!」って叫んでますよ。それは、絶対に吾郎の耳にも届いていると思う。まさか、ライブで呼ばれるときに「あれ?」と違和感を感じているのかなぁと心配になりました(苦笑) 「ごろう!」なんて大声で呼べないですよねぇ(笑) 「ごろうちゃ~ん!」って呼べばいいのかなぁ・・・いや、もう、いまさらライブで別の呼び方はできないわ(爆) 桃李くんとは、バラエティじゃなくて役者として共演したいと断言していた吾郎。また共演したいという想いが強いのもあるとは思いますが、きっと桃李くんが「スマスマ」で緊張していてあまり話せなかったのも考慮したのかなぁと。そんなにペラペラ話さなかったと言っていますが、「TAKE FIVE」のメイキングの様子では意外と仲良さそうに笑っている写真とかありましたよね? もう一度共演したら、グッと距離が近くなると思います。共演してほしい俳優さんは、まだまだたくさんいらっしゃるので、とにかく役者のお仕事を見せてほしいですね。

投稿: kazuyo | 2015/04/19 02:02

Kazuyoさん久々のコメントでスイマセン。Kazuyoさんのラジオレポ拝見してやっぱり吾郎ちゃんのラジオは本当に癒されます。後輩君達との共演も素敵ですね。彼らに刺激を得、得るものが大きいと言える吾郎ちゃんって素敵ですね。キスマイくん達以外にもまだ共演した事のない後輩くん達ともSライヴで共演してほしいですね。kinkiとの共演が素晴らしかったので是非歌の共演拝見したいですね。共演といえばトークがなく残念だった桃季くんは緊張されていたのですね。気づいてご挨拶だけで見守った吾郎ちゃんの優しさが素敵。こちらも是非がっちりの共演拝見したいですね。慎吾ちゃんがゴロデラに出たいと言って下さっているとは嬉しいですね。前回のゴロデラの二人の共演は良かったですね。未公開の放送も無かったけどきっと二人ともすご~く楽しかったのは想像できますもんね。慎吾ちゃんには頑張ってどんな書籍でもいいので出版して頂いて是非お越し願いたいですね。

投稿: ピカチュウ | 2015/04/20 01:25

ngピカチュウさん
吾郎から人に対してマイナスのコメントを聞いたことがない。それは、同じSMAPのメンバーに対してもそう。メンバー内でおもしろおかしくコメントするのは家族みたいなもので構わないと思うのですが、吾郎はそこにもしっかり線を引きますよね。なんかすごいなぁと思う。なかなか、できそうでできないですよね。身内のようなメンバーをまっすぐに褒めるって案外できないと思います。その基本があるので、当然、共演者や後輩に対してもまず褒めるところから入る。優しいというよりは、人間としてできあがった人だと思う。そんな吾郎と二人だけのときは、どのメンバーも素が出てくるのが面白い。顕著に変わるのが慎吾ですよね。吾郎は、忙しくなる慎吾の癒しのオアシスだと思ってます(笑)

投稿: kazuyo | 2015/04/20 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 後ろにSMAP | トップページ | 5年目突入でここからが勝負 »