« ずっと ずっと ずっと 変わらない | トップページ | 舞台感想でも語る »

ドラマ生放送珍騒動

ゴロウ・デラックス」に来てくださるゲストの方は、とても多彩。そして、「えっ?!こんな人が?!」という方々が来てくださる。
今週は、いつもMC側にいらっしゃる方がゲストとして来てくださった。オープニングから、すでにスタンバイで着席されている前で前振りトークをする吾郎と外山さん。

吾郎 「なんか(後ろから)気配を感じますよね?なんかね・・・この辺(耳の後ろ)が熱いんだよね(笑)」
ゲスト 「お~い(笑)」

第百六十二回課題図書 『トットひとり』 黒柳徹子著

Photo 日本のテレビ放送開始以来、60年以上に渡って活躍を続ける著者がともに過ごしたかけがえのない仲間たちのエピソードから、自身の仕事観、結婚観までも率直に綴った一冊。もともと100歳まで生きようと思っていたけど、今は亡き小沢昭一さんに「いいけど、その頃誰もいないよ」と言われ悲しくなり、思い出したことを書いておこうと思ったのがきっかけ。

本の表紙になっている方はモデルかと思いきや、黒柳さんが外国人の格好をした舞台をしたときに写真家の篠山紀信さんが撮らせてほしいと頼まれたときのお写真だとか。とっても素敵です。

脚本家、向田邦子さんとの思い出吾郎が朗読。向田さんが書かれた脚本のドラマに出演したことがない黒柳さんに、「おばあさんになるのを待っている」(おばあさんになった黒柳さんに出演してほしい脚本を書きたい)と言われていたのだとか。一日に三回ぐらいは、向田さんが執筆している家に行き何も話さず過ごしていた時期があったそうで、とても大切なご友人だったんですね。

このあとに、黒柳さんから当時のNHKのドラマは全て生放送で(ビデオというものがなかった)、今でこそ笑えるてんやわんやのエピソードがどれも面白く笑ってしまいました。吾郎も外山さんも、声を出して笑っていてとても楽しそうなスタジオ。(スタッフの方も笑っていましたね) 放送当日に台本ができあがることもあり、食事のシーンでは豆腐やネギに台詞を書いている俳優さんもいて、収拾がつかないときは俳優たちが自ら「」と書いた紙をカメラの前に突き出すことも多かったというすごいエピソード(笑) 大変だけど楽しそうですね。今の時代でもやってみたら面白いかもしれない。

黒柳さんがMCをしていた「ザ・ベストテン」も生放送の歌番組でした。こちらも、いろんなハプニングがあってVTRにまとめたものを全員で視聴。一緒にMCをしていた久米さん、プロデューサーの山田さんともしっかりと信頼で結ばれていたので毎回の生放送をやりきれたと話している黒柳さん。自分が学生時代に楽しませてもらっていた歌番組の裏では、番組側の熱い想いが番組を支えていたんですね。

このあとも、黒柳さんのプライベートな話もお聞きしたらしく、編集上手な「ゴロデラ」スタッフも一週ではまとめきれなかった様子(笑) ということで、来週のこれまた素敵なゲスト八千草薫さんの回を挟んで、再来週に再び黒柳さんゲストPartⅡが放送されることに。いいところは、全て見せようという「ゴロデラ」の心意気に、「ザ・ベストテン」の番組への想いを重ねてしまいました。

きっと、吾郎も外山さんも「ゴロデラ」スタッフには全服の信頼を寄せているんでしょうね。再来週のトークも楽しみにしておこうと思います。

|

« ずっと ずっと ずっと 変わらない | トップページ | 舞台感想でも語る »

コメント

ご無沙汰しています。
以前コメントさせて頂いた柚木です。
毎回楽しく読ませて頂いております。
今回のゴロデラとても楽しそうですね。(いつもそうですが)
私は長野県在住で昨年の夏までは地元ケーブルテレビが東京キー局を契約していたのでTBSもみられたのですが、夏以降は契約を切ったらしく見られなくなってしまいました。
なのでゴロデラも見られなくなってしまって…、たまに古いのが放送されるんですが(ごくごくたまにです)、ほぼ見られません。
毎週こちらのブログを読んで楽しませて頂いていますが、読めば読むほど放送が見たくなります。(苦笑)
ベストテンは子供時代、それも聖子ちゃん世代の人間にとっては思い出深い番組ですし、舞台裏のお話もとても興味あります。
今回に限らず、見たい回は沢山ありますし、何より本を紹介する番組なのので、こちらでも是非放送して頂きたいものです。
(通常放送の要望はしているのですが…。)
また、ブログの更新楽しみにしています。
では。

投稿: 柚木かえで | 2015/05/17 10:16

Kazuyoさま

本当に思いがけない方がゲストでいらしてくださるので吃驚すると同時に、本を出版されている方達の多さにも驚かされます。

「お久しぶり」ですと黒柳さんとのご挨拶の後に、紅白での経緯を外山さんに説明する吾郎さんの気配りが素的!2人だけが分かっているのではなく、会話を共有していこうとする姿勢がいいですね。

吾郎さんが朗読した向田邦子さんとの思い出の部分では、向田さんの作品、特にエッセイが好きだったので色々な事が思い出されました。「父の詫び状」は勿論のこと「女の人差し指」では食通の向田さんの食に対する考え方に凄く感化された事等々。黒柳さんと向田さんの交友関係は有名な話だし、生ドラマのお話は大爆笑で今では考えられないけれど、良き時代だったんだろうなぁと思わせてくれるエピソードでした。

「ザ・ベストテン」では、シャネルズの場面を見てこれは見ていたと思い出しました。制作スタッフとMCとの強い信頼関係と絆が良く分かるお話でしたね。もう少し長く続いていてくれたらあの扉から出てくるSMAPが見られただろうにと残念です。プロデューサーの山田さんの話の時に吾郎さんが頷いたような気が・・・残念ながら山田さんは数年前にお亡くなりになったのですが、その通夜の席に向かう吾郎さんをWSで見て、何か繋がりがあったのかと当時思ったのですが、光源氏のバックで出演していたのですね。

本をきちんと読んで、良く笑い反応がよいMC2人に黒柳さんも時間を忘れて話されたのでしょうか(笑)一週於いての放送は珍しいですよねぇ~。楽しい話題が満載なのでしょうね。期待大ですが、来週のゲストも素晴らしい!きっと静かで、おっとりとした中に、凛としたお話が聞けるものと思っています。

投稿: さやか | 2015/05/17 15:08

kazuyoさん、こんにちは。
黒柳さんは物心ついた頃から、私の記憶の中ではあのヘアスタイルとメイクだったような気がしますが、「トットひとり」の表紙と裏表紙に使った写真、すごくキュートですよね。あんなに若い頃からずっとテレビ業界で働いてきたのですから、もう裏の裏まで何でもご存じなんでしょうね(笑)特に生放送のテレビドラマのお話では、もうおかしくておかしくて(笑)(笑)
1回だけでは放送できないくらいお話しされたんですね。そういえばテレフォンショッキングでも番組のほとんどが黒柳さんのテレフォンだったことがありましたよね(笑)
「ザ べストテン」も懐かしい!欠かさず見てましたよ。今みたいに録画とかできないから必死に見てましたよ~。SMAPにも出演して歌ってほしかったですね。
吾郎ちゃんも外山さんも本当に楽しそうで、やっぱりゴロデラは楽しく見たいものですわ。

投稿: けいこ | 2015/05/17 15:49

tv柚木かえでさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。長野ではTBSの番組が以前は見れたんですね。改編期に放送が決まったり、なくなったりとローカル局ではとても不安定な状況にありますが(汗)、とりあえず要望を諦めずに出していってくださいね。どんなゲストが来られても、「ゴロデラ」のカラーは変わらず、そしてとても楽しい番組になっているのは素晴らしいですよね。MCのお二人はもちろん、スタッフがとても優秀だと思う。今では想像できないような楽しいテレビ生放送のお話は声を出して笑ってしまいました。正直、黒柳さんからこんな面白いエピソードがたくさん聞けるとは思ってなかった(笑) さすが「ゴロデラ」だと思いました。次回のプライベートのお話も楽しみですね。


tvさやかさん
確かに、こんな方も本を出されているのね?!と思うことがしばしば。そして、今回の本も同様に話題になっている作品なんですね。毎週の課題図書をピックアップするのも大変ですが、そこから出演オファーをして台本をあげてMCのお二人に託す。その素晴らしいスタッフのお仕事をしっかりと受け取って、番組を楽しくする吾郎と外山さんにも感心してしまいます。「ベストテン」は毎週見ていたと思うのですが、シャネルズの件は記憶になかったです。黒柳さんの発言した男性への配慮も考えた物申しは完璧でしたね。小窓での吾郎の真剣な表情を見て、きっと当時の視聴者も同じように感じたと思いたい。MCとは言え、個人の発言を生放送で流してもらうのは大変なことなんですね。それでも、プロデューサーの山田さんとのしっかりした絆があるからこそできたことだと黒柳さんがおっしゃっていて素晴らしいなぁと思いました。「ゴロデラ」もたまにハラハラすることがあるけど(笑)、きっとこれもプロデューサーとディレクター、そして吾郎とのしっかりした信頼があるからこそ編集で飛ばさずに流したんだろう・・・と思いました。ずっと続いていってほしい番組ですね。


tvけいこさん
私の中でも、物心ついたときから黒柳徹子さんという方は「玉ねぎ頭」と言われていたヘアスタイルで、あの出で立ちでした(笑) とてもおしゃべりな方だなぁという認識ではあると言え、破天荒なイメージも少し持っていたのですがやはりしっかりした方なんですねぇ。ドラマ生放送時代のお話は、「ありえない」けど楽しくて、現場も大変だったとは言え笑える良き時代だったのかなぁと。「ベストテン」は、SMAPがデビューした頃になくなってしまった番組なのが本当に残念です。今の歌番組はバラエティ色が前面に打ち出されたものばかりですもんね。それも時代だと思うのでいいのですが、懐かしくてこういう歌番組も見たくなりました。心から笑って見れる「ゴロデラ」が、やっぱり一番いいですね(笑)

投稿: kazuyo | 2015/05/17 16:44

kazuyoさん、こんにちは。黒柳徹子さん、もうOPからお座りになられてて、「おーい」が可愛かったですheart04黒柳さんの「窓際のトットちゃん」は有名ですよね。私の学校の課題図書でした。黒柳さんのお話は、どれも切なくなる話や、司会者としてまた女優さんとして(私は、司会者の黒柳さんといえば、司会者のイメージだったので、女優さんでもあったんだと新しい発見でしたhappy01)ドラマの生放送時のエピソードこれが一番面白かったです(笑)半分コントみたいな感じで(笑)豆腐やネギにまで、セリフを書いてたってなんか想像もつきませんが、ホント貴重な話が聞けたと思いました。その話を外山さんも、吾郎ちゃんも、楽しく笑ってていい感じでしたよね。ホント、面白かったですhappy01「ザ・ベストテン」のことは、昔を振り返る特番などでしか見たことないけど、みんな和気あいあいとしていたんだなと思いました。一番印象に残ったのは、ゲストの方への気配り、やさしさは今と変わってないなと言う事です。すみません、ここから個人的な事ですが、「~のくせに」この言葉、ホント許せないです。黒柳さんが涙ぐみながら話してるのをみて、感情移入しました。同じ人間なのに、肌の色、国が違うだけで、差別的な発言、心が痛みます。そういう発言する方は、相手の心を想ったことがあるのでしょうか?心を磨いていただきたいものです。あの時の黒柳さんの言葉が心に残ってます。まだまだ、話は、尽きないようで、再来週も、今度は、黒柳さんの結婚観のお話のようで、黒柳さんの、新たな一面楽しみにしています。

投稿: さおり | 2015/05/17 18:22

数年前中居さんの番組で「ベストテン」を取り上げたときもシャネルズの件を紹介していました。
涙を浮かべてお話しする徹子さんの思いを理解できない鈍い人もいるかもしれませんが、
影響力のある番組で有名な人が話す事で、あまり人権を意識しないお茶の間の少年少女にも
「●●のくせに、なんで香水の名前・・・」の言葉の暴力性を気づかせられたのではないでしょうか。
とっさに生放送中に差別発言をしてしまった少年も配慮しながら、
キチンをお話された徹子さんの勇気に感銘を受けました。
こんなこと、学校では教えないですものね。
あ、脱線しました。

徹子さんの御年になっても活躍するSMAPを見たいですね。
その頃、彼らはどんな存在になっているのでしょう。
本当に楽しみです。

投稿: ゆずこしょう | 2015/05/18 17:46

Kazuyoさん、再度投稿ごめんなさい。実は、徹子さんゲストの前日に、私の学校で、ハーフの女の子が、信じられない事に先生に、あの少年が発言してしまった事と同じ事を、言われ私も悲しくて、その子の事を考えて怒りに任せて書いてしまいましたか、この少年も現在は、大人になられてて、もしかしたら自分の発言を悔い反省してるかもしれないですよね。怒りに任せてコメントしましたが、その少年が自分が言ってしまった事を反省し、痛みのわかる大人になってることを願ってます。

投稿: さおり | 2015/05/18 19:30

tvさおりさん
黒柳さんが女優のお仕事をされていたこともあるというのは知っていましたけど、具体的にご本人が話されているのを聞くのは初めてだったので昔のテレビはいろいろあったんだなぁと思いました。生放送だと台詞を忘れたり、かんだりしても止められないですもんね。手元にカンペを置くこともあっただろうとは想像がつくけど、とんでもないところに台詞を書いておいたというエピソードは面白かったですね。「ベストテン」でのエピソードもいろいろお話してくれましたが、シャネルズの件では生放送でカットできないので黒柳さんがひと言どうしても言っておきたかったというのはわかります。ただ単に番組側からの「不適切な言葉があり申し訳ありませんでした」というコメントではなくて、テレビだからというのではなく人として言ってはいけないことだと視聴者に伝えることの大切さを重視したんですね。黒柳さんもですが、番組のプロデューサーの心配りもすごく感じました。学校でのお仕事で同じようなことがあったんですね。言ったほうに悪気がなくても、他人を傷つけていることは差別用語だけではないと思います。言われた人の気持ちになれる人間になりたいですね。


tvゆずこしょうさん
中居くんの番組でも流れたんですね。きっと、放送作家さんが同じだからだと思うのですが、黒柳さんの人となりが出ていたエピソードだと思います。言葉の暴力って厳しいですよね。言われた側の気持ちがわかる人になってほしいと、黒柳さんは思われたのではないでしょうか。SMAPが同じように、この先何年か経ってもテレビ界にいてくれたら、新しい世代の方たちに伝えたいことがたくさん出てくるでしょうね。そんなSMAPを見ることができたら最高ですね。

投稿: kazuyo | 2015/05/19 00:34

本当にゴロデラにはいろんなジャンルのお客様がいらして下さいますね。そして気持ちよくお話して下さる。拝見していて楽しく観られますね。黒柳さんも沢山楽しいお話をして下さったみたいで(シャネルズのお話は私は記憶にありませんでした)1週おいてまた放送して下さるとは、吾郎ちゃんと外山さんの笑顔を楽しみにします。それにしても黒柳さんは今でも舞台に主演で出られて洋物の重い衣装も着られて素晴らしいですね。吾郎ちゃんともお芝居で共演して頂きたいですね。

投稿: ピカチュウ | 2015/05/20 00:26

tvピカチュウさん
黒柳さんがゲスト側で来てくれる番組ってそうないですよね。それも、書かれた本を持って昔のテレビの話をたくさんしてくれてとても楽しかったです。今でこそMCのお仕事の印象が強いですが、役者もバラエティ番組のパネラーとしてもSMAPが現在いろんなお仕事をする上で大先輩ですよね。いろんなお話を「ゴロデラ」でしてくださったみたいで、惜しみなくもう一週見せてもらえるということで楽しみです。

投稿: kazuyo | 2015/05/20 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ずっと ずっと ずっと 変わらない | トップページ | 舞台感想でも語る »