« 世界で一つの輝く光 | トップページ | お気に入りのベッド (追記レポあり) »

好きなことを貫くこと

Photo 一週挟んで、「ゴロウ・デラックス」は黒柳徹子さんゲストの後編。

第百六十四回課題図書課題図書 『トットひとり』 黒柳徹子著

仕事、仲間の話に加えて、プライベートについて
「お見合いを3度したことがある」 黒柳さんは、結婚するのなら親にも会ってもらえてアドバイスをもらえるお見合いがいいと思っていたらしく、三度目のお見合いでは結納の段階までいったにもかかわらずご結婚されませんでした。理由は、離婚された方が「ひとつでも嫌なところがあったら結婚しないほうがいい」というのを聞き、完璧な人だったけど歩く姿だけが好きではなかったので破談にしたのだとか(笑) 吾郎にも結婚観を振ってくださる黒柳さん。

黒柳 「あなた独身よね?この人と絶対結婚したい!ってだいたい思わないでしょ?」
吾郎 「思わないです」 (断言(苦笑))
黒柳 「だから結婚していないのよ。思ったらしてるわよね?」
吾郎 「しなくても大丈夫でしょうかね?」
黒柳 「大丈夫でしょ。私の歳になるまで随分あるでしょ?まだ」

変に太鼓判を押されてしまった(笑) これで、また当分、吾郎は結婚しなくてもいいんだと思いそうだわ(笑) まぁ、確かに、結婚したい!と思う人が現れればすればいいんですよね。まだまだ、自分でいろんなことを試していきたいだろうし。

放送開始40年経った長寿番組『徹子の部屋』について
この頃から、いわゆる「玉ねぎヘア」と呼ばれたヘアスタイルを長く貫いた黒柳さん。これにも理由があって、MCとしてヘアスタイルを変えると、見ている人がそこが気になってゲストの方のトークを集中して聞くことができないと思ったからだそう。まさしく、プロのMCのお言葉。有名な「玉ねぎヘア」の後頭部には、ゲストの方たちに渡せるが仕込まれていたのは初めて知りました(爆)

徹子の部屋」は、一度に三人分の収録をするそうですが、生放送のようにカットせず30~40分の収録で全て出すという条件で番組を始めたのだとか。ここにも黒柳さんの番組へのこだわりがあったんですね。毎週、金曜日の打ち合わせにゲスト一人に対して一時間のミーティングをこなし、メモをとって番組収録に向かう。これを40年間も続けていらっしゃることに頭が下がります。

黒柳さんが「ゴロウ・デラックス」という番組名を褒めてくださった中、吾郎が同じように5年目に突入した「ゴロデラ」を40年間続けるにあたってのアドバイスを黒柳さんにお聞きします。

黒柳 「あなたが本当にやりたいと思えば続けられますよ」

人に会うのが好きで、本が好きで番組が好きなら続けられるという力強いアドバイスに、神妙な顔で頷く吾郎。正直、どんなに続けたいと思っていてもいろんな事情で続けられない番組もあると思う。でも、黒柳さんが言われるように、吾郎の強い意志でもって続けていってほしいですね。

黒柳さんが一度体調を過労で崩し生放送を一ヶ月お休みした箇所を外山さんが朗読。身体の疲れは寝ればなおるけど、精神的な疲れは積み重なると大変なことになる。それ以降、黒柳さんは「好きな仕事だけ」を受けるようにしたのだとか。どんなに仕事の質がよくても、自分が心からやりたいと思わないときは断ったという話を、これまた神妙に聞いている吾郎。その後、1年仕事をお休みしてNYで本場の舞台の勉強も兼ねてリフレッシュされたというお話には、羨ましそうな吾郎の表情。今回の黒柳さんからのお話で、吾郎は改めて考えることがたくさんできたんじゃないかと感じました。個人的には、吾郎にも海外に1年ほど舞台の勉強をしてきてほしいと思う。たとえ、それがファンとしてさみしく感じる1年でも送り出してあげたい。

親太朗くんの消しゴムはんこは、課題図書の裏表紙の黒柳さん。黒柳さんは、親太朗くんのことをご存知ないみたいで、「あなた、アルバイト?」には笑いました(笑) 吾郎の「いえ、ADです(笑)」もどうかと思うけど・・・まぁ、半分当たっているか(笑) 黒柳さんのお話で、吾郎が何かしら自分の人生について考えたんじゃないかと思うのが収穫でした。実りある40代にしてほしいですね。

|

« 世界で一つの輝く光 | トップページ | お気に入りのベッド (追記レポあり) »

コメント

kazuyoさん、こんばんわ。暑い季節が始まりましたね。私の地域は今週のゲスト、又吉さんでした。饒舌な又吉さんから本への愛情が伝わって、微笑ましく楽しい回でした。「(太宰さんが)お話ししたかったんだね」っていう吾郎さんが好きです。とても優しくて、真摯に耳を傾けてる感じで。黒柳さんはもうずっと長いこと芸能界の第一線にいらっしゃる方で、感性豊かで素敵な女性ですね。結婚も番組も、自分の意志が大切だという事でしょうか。こちらで放送する日が楽しみです。
吾郎さんのドラマ出演が決まった事を知り、嬉しくて今から浮き上がりそうです。人には丁寧に接するけど冷徹で、静かな怖さを感じさせる、敵か味方か分からない社長役とか、今見てる麻生さんタイプでしょうか?でも吾郎さんが「新しい表現」で役作りを 試みるようなので、きっとまた違う味わいの演技が見れそう。華麗なる逆襲の、暗黒街の貴族で吾郎沼にハマったので…今度のドラマも楽しみ過ぎます。吾郎さんは本当に演じることが好きなんですね。曲者をも魅力的に演じる役者・稲垣吾郎が、近い将来、田村正和の古畑や水谷豊の右京さんのような「当たり役」に出会えたらいいな〜なんて思います。

投稿: ゆかp | 2015/05/30 00:55

Kazuyoさま

一週於いて後編を放送するという黒柳さんゲストの回。滅多に無い事なので期待していたのですが、期待以上の内容でした。さすがテレビ放送開始の頃からこの道一筋に歩んでこられた方の話される内容は奥が深いですね。先週のゲスト八千草さんとも共通する芯の強さを感じました。

「徹子の部屋」は、収録番組ではあるが生放送と同じ手法で編集しないというこだわりは凄いですよね。編集によってはゲストが誤解されかねないカットの仕方を数々見てきているので、ここもテレビの怖さを熟知している黒柳さんならではだと感心しました。その他にも仕事を続けて行く上での健康面に関したお話等、興味深いお話が盛だくさん。その中でも、「ゴロウデラックス」を長く続けて行くことへのアドバイスは、黒柳さんが親身になって話してくださっている様子が分かり吾郎さんの真剣に聞く姿と共に印象に残っています。舞台の勉強もされたニューヨーク滞在のお話では「上手い人は舞台出身」というコメントに吾郎さん、深く頷いていましたね。吾郎さんにも外山さんにも、この業界の大先輩の経験談はものすごく参考になったのではないでしょうか。

永さんの回転寿司の話に解説を入れる黒柳さん。それを爆笑しながらもフォローするMC2人!本当に心温まる番組だなぁと感じる瞬間でした。

Kazuyoさんも既にご存知と思いますが、「群像」7月号に芥川賞作家小野正嗣さんと吾郎さんとの対談が掲載されますね!!小野さんは今年の2月5日に「ゴロデラ」に出演されていますが、その時から素敵な交流が続いている模様。ゲストの作品を深く読み込んで収録に臨んでいる吾郎さんの真摯な態度を評価していられた小野さんのことを思い出しました。「群像」はしっかり読んで、出版社、「ゴロデラ」、ストスマに感想を送るつもりです。こういう交流が吾郎さんの次のお仕事に繋がると嬉しいですね。

投稿: さやか | 2015/05/30 09:52

吾郎さんの演劇修行の為なら、ファンにとって、寂しい1年になっても喜んで送り出す。
kazuyoさんは寛大ですね。
剛にも外国でお芝居の経験を積んで欲しいけれど、一年の剛不在に耐えられるか、、
若干心配です。
3ヶ月に一回くらいは、スマスマ特番の為に一時帰国して欲しいわ、、などと、、
諸々考えて不安になってしまいました。
NHK・BSで旬の俳優さんが一週間くらい英国で演技指導を受ける番組を何度か見た事があります。
例え一週間でも顔つきが変わってくるんですよね。興味深い。
そうですね。
ファンの寂しさよりも彼らが役者としての栄養や筋力をつけることの方が、大切ですね。
喜んで送り出しましょう。
まずは、、短期留学から、、。な~んてね。
最近ますます若々しい吾郎さんなら、フレッシュな青年として、受け入れてもらえそうです。
成熟した精神を持つ美男子。
留学先の先生が日本に返してくれなくなったりして?

投稿: ゆずこしょう | 2015/05/30 12:38

kazuyoさん、こんにちは。
2回にまたがった徹子さんのゴロデラ、やはり今回もいろいろな意味で面白かったですね。徹子さんがお見合いしていたのには驚きましたが、やはり時代なんでしょうねえ。結婚するのが当たり前みたいな年代の方ですからね。でも知人の方の「一つでも嫌なとこがあるなら、お止めなさい」というアドバイスには深くうなずいてしまいました。恋愛中はピンクレンズ越しに相手を見てしまうから、嫌なとこが見えなかったり、見えてても気にしないようにしたりしちゃいますが、あとあとそこがすご~く気に入らない部分になってくるんですよね。うちの子達にもよく言っとかないと!と思いました(笑)
吾郎ちゃん、結婚しようと思ったことないのね(笑)強く「はい」って言ってて(笑)まあ、いいんじゃないでしょうかね。それほどの相手に出会っていないということだと思いますよね。
演劇の話はとても興味深そうに聞いてましたよね~。目の色が違うみたいな感じで。吾郎ちゃんも、もし演技留学とかしたら、たくさんのものを吸収して帰ってきそうですよね。
徹子さんの話を聞いていると「う~ん、徹子の部屋はだてに10000回も続いてるんじゃないのね」と感心しますね。仕事に対する姿勢とか、見習わないとな~と思いました。まだまだお話足りなかったのではないでしょうか(笑)このまま、徹子の部屋に行って、続きを話したらいいのにと思いました。

投稿: けいこ | 2015/05/30 14:52

kazuyoさん、こんにちは。徹子さんのお話が面白くて、あっという間の30分でした(笑)今まで、知らなかった、徹子さんのプライベート、仕事に関する想いなど色々聞けて、真剣に耳を傾けてる吾郎ちゃん、外山さん、笑いに包まれるお話も沢山あっていい感じでした(笑)結婚観に関しては、なるほどって思うことがありました。私は、まだ結婚なんて全然考えてないけど、やっぱり、この人だsign03この人となら一生連れ添っていけるって思える人と結婚したいなって黒柳さんのお話を聞いて思いました。でも、結婚ばかりが人生ではなく、やりたいことをやれる時にやるっていうのも悪くないですよね。私、思うんですが、人の幸せってその人が今幸せだったらそれでいいと思うんです。徹子さんは、「徹子の部屋」で、色んなゲストの方とお話をして、その人の半生を聞いたりと、それを話ている徹子さんが、とても楽しいのが伝わってきましたし、それも彼女の幸せの一部なんだなって思いました。だから、「結婚」を、一時期考えてはいたけれども、それに縛られていない徹子さんは、私から見るとかっこいいなって思いました。また吾郎ちゃんも、今は、プライベートも充実してるし、吾郎ちゃんが、今幸せなら、結婚は急がなくてもいいんじゃないかなって思いました。きっと彼も、「この人だsign03」と思える方がでてきたら、結婚すると思うし今が充実してたらいいと思います。私は、結婚するにしろ、しないにしろ吾郎ちゃんが、いつまでも笑顔で幸せだったらこれ以上嬉しいことはないです。お見合いのお話も面白かったですね(笑)おしゃべりしすぎる男の人は、私も苦手かなcoldsweats01その方に歯を見せられる人は可哀想って言葉(笑)に、お話に夢中で、歯のことはそっちのけっていうのもなんか想像すると非常に怖い(笑)と思いましたhappy01また、一つえっsign01て思うところがあったら~の所、私も思うところがあって、彼氏ではないけど、憧れの先輩がいて、でもその先輩楽しい人なのはいいけど、ギャグを沢山言うのは良いんですが、そのギャグが寒くてcoldsweats01それも毎日言ってきてドヤ顔するのでなんかリアクションしないといけないのかなって思って、表面上は笑うんですが、これが毎回だと、一気に冷めますね(笑)徹子さんお話聞いて納得した私でした(笑)長年続いてる長寿番組「徹子の部屋」の裏話や、ゲストに関心をもってほしいという心配り、生放送のようにカットしないやり方、いろんなこだわりがあり、気ずかいのできる徹子さんらしいなって思いました。頭の話も面白くて、飴の話は、私も、母から聞いて知っていましたが、たい焼きなどもはいるとは(笑)あと永六輔さんと、回転寿司に行った話も面白かったですhappy01まぁ、たしかに「皿」はお店のものですよね(笑)渥美清さんと共演した時の、業界の悲しい、残酷な話や、「寅さん」のイメージが強い(父が「男はつらいよ」大好きなんです(笑)現在再放送されていて毎週見ています)渥美さんの優しい一面も聞けて良かったし、なにもかもが楽しく、貴重な時間でした。「ゴロウ・デラックス」という名前も褒めていただいて、黒柳さんが言うように、吾郎ちゃんもこの番組をずっとやっていきたいと思ってると思います。それは、外山さんと、親太郎君、この番組に関わってる方みんな同じ気持ちだと思います。是非ずっと続けていってほしいと願ってます。だってホントに優秀な番組で、人生の勉強にもなる番組ですから。お芝居の話の時の、吾郎ちゃんの真剣な、少し思う所があるような顔が印象に残ってます。舞台経験者の吾郎ちゃん、吾郎ちゃんは、舞台の話になると凄い楽しそうに話しますよね。だから是非、海外の舞台も経験してほしい、さらに視野を広げてほしいと思っています。黒柳さんの言葉は、吾郎ちゃんにとっても貴重な話だったと思います。ホントに色んなお話をありがとうございますと言いたいです。

投稿: さおり | 2015/05/30 17:59

bellゆかpさん
又吉さんの放送回もとても良かったですよね。芸人の顔ではなくて作家の顔を引き出すMCの吾郎さんの力。とても嬉しそうな又吉さんの表情が印象的でした。夏からの吾郎さんの連ドラ「HEAT」ですが、確かに、「ハングリー!」の麻生社長に似ている。でも、麻生さまは本人の意図とは別にとてもお茶目なキャラクターだったのに対し、今回の日比野社長はものすごく冷たい感じがして何を考えているかわからないという設定みたいなので、似て非なるものだと思います。きっと、吾郎がうまく演じ分けてくれるのではないでしょうか。「華麗なる逆襲」のMVのインテリマフィア風を出してきてくれたら、思いのほかキャラ萌えできそうですね(笑) 暑い夏は好きではないですが、ドラマはものすごく楽しみです。


bellさやかさん
「徹子の部屋」は生放送ではないのに、結構と踏み込んだトーク展開になるときがあるのはこういう理由があったんですねぇ。黒柳さんの番組にかける想いがしっかり出ているんだと思います。黒柳さんの言われる「あなたが続けたいと思えば続く」 事情で打ち切りになる番組がある中で、とにかくMCとしてその想いはスタッフに日頃から伝えておくことが大事ですよね。「ゴロデラ」での打ち合わせに吾郎は参加する時間はないかもしれないけど、とにかく台本にはしっかり目を通して自分の意見をいまよりも出していってほしいと思います。そして、朗読はもっとうまく読んでほしい(笑) 過去に吾郎が関わったナレーションのお仕事は素晴らしかったので、吾郎さんはもっとできる人だと思っています。そして、雑誌「群像」の芥川賞受賞の小野さんとの対談ですね。これは、本当に嬉しい。素敵なグラビア写真で飾られるファッション誌掲載よりも嬉しいかもしれない(笑) なんせ、吾郎ならではの依頼だったと思うので。格調ある文芸誌なので、できれば書店やネットで予約しておくことをお勧めします。本屋で見つけたら何冊でも買っちゃう勢いですが(笑) そして、その後の感想は「群像」だけでなく、あらゆるところに送るべきですね!


bellゆずこしょうさん
とにかく、やはり私は役者の稲垣吾郎という人がものすごく好きなんだと思います。もちろん、SMAPでの稲垣吾郎も愛しい。でも、SMAPはファンにすでに120%のものをいつも提供してくれている。でも、吾郎さんの役者のお仕事は、まだまだ可能性があると思うのです。本人がやりたいと思っていることの半分も機会を与えられていないと思う。だったら、一度外に出て思う存分吾郎自身が納得するまで役者の勉強をしてきてほしいのです。それも、他のお仕事が入らないぐらい集中して。それには、海外での役者修行ってとても良いと思うんですよね。あと、海外に長くいると人生観が変わると思うのです。吾郎さんはきっと根っこのところは変わらないとは思うけど、ひとつまたたくましくなってくれるのではないかと思って。何より、演じることが好きな吾郎のイキイキした表情が見てみたいというのが一番の理由かもしれません(笑)


bellけいこさん
「結婚」って難しいですよね。よく、若いうちに勢いでやってしまうのもいいというのはわかる気がするのです。きっと、私もその勢いがなかったら国際結婚なんてしていなかったと思うので(爆) この歳になると、いろんなことを考えてしまって二の足を踏んでしまうと思う。「ひとつでも嫌なことがあればやめたほうがいい」というのは正論だと思う。でも、何もかもが好きで結婚しても、どこか嫌なところが見えてくるのが結婚だと思っているので(笑)、とにかく好きで一緒にいたい人が現れればしてしまってもいいんじゃないかと思う。子供がいればまた話は違ってくるだろうけど、間違ったと思えばやり直せるものだと思うので。吾郎には、自然に時期が来れば結婚してもらえればと思います(笑) 演劇留学の話は、興味がありそうでしたね。きっと、環境が整えば行ってみたいんだろうなぁと思うので、行かしてあげたいなぁと思う。実現させるのは難しそうですけどね(苦笑)


bellさおりさん
結婚観って、その人の人生観でもありますよね。「結婚」というものをどう受け止めているかで、考え方が180度違ってくると思う。一緒にいたいから結婚する人、人生を一生共にしたい人がほしいから結婚する人、経済面で余裕を持ちたいから結婚したい人、子供がほしいから結婚したい人・・・いろいろあると思うんですよね。だから、「結婚」に関しては誰かにアドバイスするのは難しいと思っています(笑) さおりさんの言うように、理由はなんであれとにかく幸せであることが一番大切なことなのかもしれませんね。ということで(笑)、吾郎には結婚するにせよ、しないにせよ、幸せな人生を過ごしてほしいです。吾郎がTBSさんの深夜枠で冠番組としてバラエティを持っていることに、本人は力を抜いて楽しんでいるだけだったと思うのですね。でも、この「ゴロデラ」が始まってから、吾郎の番組に対する想いが変化してきたように感じるのです。ことあるごとに、「この番組は長く続けていきたい」と口にするようになった。過去にも楽しい番組企画はありましたが、今の番組が吾郎にとってとても充実しているんだろうなぁと。そして、人に会ってお話するのが好きな吾郎なので合っているんだろうと。芸能界だけでなく一般の方でも、いろんなジャンルの職業の方と交流をしている吾郎に、「作家」の方たちとの交流ができたのはこの番組のおかげですもんね。(だから、「群像」のお仕事も入ってきたと思うので) 今後も、吾郎自身が楽しんで長く「ゴロデラ」を続けていってほしいと思います。

投稿: kazuyo | 2015/05/30 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界で一つの輝く光 | トップページ | お気に入りのベッド (追記レポあり) »