« お気に入りのベッド (追記レポあり) | トップページ | 芝居と本と健康 »

愛が詰まったお弁当

レギュラー番組はあれど、吾郎ファンにとっては長い充電期間が続き過去映像に走っていた人も多いと思います(笑) そんな中、嬉しいニュースが立て続けに入ってきた。まずは、文芸誌『群像』での、芥川賞受賞作家であり吾郎の番組「ゴロウ・デラックス」にも出演してくださった小野正嗣さんとの対談記事掲載。

すでに読まれた方も多いとは思いますが、対談記事がとても良いですね。「ゴロデラ」でお知り合いになって一緒に小野さんと西さんのお食事に参加したという吾郎。その後、西さん宅でのお花見にまで参加したことはラジオ「ストスマ」でも話していましたね。そんな経路から、対談もとてもリラックスした様子でガッツリと掲載してくれています。小野さんがとても嬉しいことを言ってくれているので、未読の方は是非手にとって読んでください。

そして・・・待ちに待った吾郎の舞台公式発表。ここ最近は、発表されてすぐにチケット発売、そして公演と慌しかった中、この時期に秋公演の舞台発表はとてもありがたく嬉しいです。詳細は、公式サイト「稲垣吾郎主演『No.9 -不滅の旋律-」で確認してください。東京公演を皮切りに大阪、福岡公演と続きます。共演は、元AKB48の大島優子さん。SMAPのメンバーではすでに一緒に共演したメンバーもいますが、吾郎は初共演。どんなケミストリーが生まれるのか楽しみです。吾郎さんのベートーヴェン役なんて、想像しただけで萌え焦げそう(笑) 苦悩を演じさせたら、日本一美しく儚く演じてくれるだろうと期待したい。こちらは、また後日改めてブログで語らせて頂きます。

群像」での対談が実現したきっかけとなった「ゴロウ・デラックス」の今週放送分レポをあげておきます。まずはMCお二人のオープニングトークから。

外山 「吾郎さんには、お弁当の思い出ってあります?」
吾郎 「僕が通っていた堀越学園、芸能コース。堀越学園って「堀弁」ってあって・・・」
外山 「なんですか?それ」
吾郎 「朝、頼むんですよ、堀越のお弁当を。そうすると、昼休みにお弁当がくるんですけど。それをよく頼んでましたけどねぇ」

初耳(笑) 「堀弁」美味しいのかな。今夜のゲストは、以前一度ご出演されたトップモデルで二児の母親でもある女性。

第百六十五回課題図書 『お弁当が知ってる家族のおはなし』 清原亜希著

Photo 清原家のリアルな日々を、初めて明かしたお弁当エッセイ。今回のエッセイを出されたきっかけは、亜希さんがお母様を亡くされ母親から受け取った強い想いを何か形にしたい。改めて、お弁当を作る側になって表現したいと思われたのだとか。お弁当レシピと共に、亜希さんの母親としての想いも込められた文章が書かれています。

・ いつまでも食べられると思うな、母ちゃん弁当
(長男に託した想いの箇所を外山さんが朗読) 亜希さんの言葉に、大粒の涙を流す息子さん。素敵な親子関係ですよねぇ。
ここで、再び39歳独身の外山さんの冷蔵庫の中の写真をフリップにして親太朗くんが暴露。卵置きにパックのまま置いてあることに全員から総ツッコミ(爆)! いや、いいと思うよ、外山さん。人それぞれだからね(笑)

・ 母が高まる運動会弁当
(兄弟最後の運動会のお弁当に気合が入るという文を外山さんが朗読) 子供たちが大好きな主役ばかりのお弁当。その中のバーニャカウダーがスタジオに。亜希さんレシピのディップはとても美味しいらしく、二人ともお持ち帰り希望(笑)

・ のり弁で語る人生
ここでお二人に、亜希さん手作りのホカホカのり弁が。おいしそ~~~(笑) 料理上手の女性って羨ましいです。吾郎さんが幸せそう。吾郎は、料理上手の方と結婚したほうがいいよ(笑) そんな吾郎を嬉しそうに見つめている亜希さんの優しそうな表情が素敵。のり弁は表紙にするほどの思い入れ。亜希さんご自身が朗読。盛る人生、背伸びする人生より自分らしいと語る亜希さん。

前回同様に、MCのお二人にスペシャル弁当を作ってきてくれた亜希さんですが、自宅キッチンで調理の様子のVTRが流れます。こだわりの調味料、お弁当に詰めるテクニック。蓋を開けたときに仕切りのアルミホイルは見えないように工夫という凝りよう。番組に持ってきてくれたお弁当には、これまた前回同様に達筆で書かれたお品書き付き。今回は、吾郎の好きなものをリサーチして作ってきてくださったというお心遣い。そして、吾郎さんは番組側が用意したお弁当よりも暖かいおそばなどを注文する(笑)とスタッフから聞きかじった亜希さんは、とん汁もご用意してくださいました。しかし・・・豚を買い忘れて「豚肉」が入っていないとん汁(笑) まだ温かくて美味しいと吾郎さまご満悦(笑)

亜希さんにとってお弁当とは?
大切な人に通わせたい気持ちを運んでくれるもの

親太朗くんにはタッパーお弁当。お礼の消しゴムはんこは、お弁当箱から開けたら亜希さんという手の込んだ作品でした(笑)

|

« お気に入りのベッド (追記レポあり) | トップページ | 芝居と本と健康 »

コメント

確かに最近大丈夫なのかな感があって後進の追い上げにうつうつとしていた私・・・天使さんのブログを拝見し
て嬉しくなりました。地味だけれど吾郎君は吾郎君でいいんです。時流におもねることなく吾郎君らしさを極めていってほしいと思います。
こうして分かってくださる方が居ることを忘れずにがんばってほしいです。
天使さんありがとうございました!

投稿: ひろ | 2015/06/06 01:57

わーい!わーい!kazuyoさん、こんにちは~!
本当に嬉しいニュースが!正直、舞台は見に行けるかどうか微妙ですが(涙)、でも吾郎さんがベートーヴェンにというだけで、本当に嬉しい!楽しみですね!
そして「群像」、とても素敵な対談でしたね。小野さんと西さんが出演された時の「ゴロデラ」はとても面白くて、番組で気になって西さんの本を何冊か読みました。やっぱり良い番組だなぁ「ゴロデラ」、吾郎さん(外山さんも)良いMCだなぁと思います!今回の清原亜希さんも、笑顔の力強いとても素敵な方で、お弁当の本、読んでみたくなりました。小野さんは番組ご出演時も思ったのですが、とても丁寧に読まれて分析される方ですよね。吾郎さんのファンじゃない方が読んでも面白いんじゃないでしょうか、良い対談でしたよね。
吾郎さんの映画評を「本になっていないのがもったいない」と言っていて、激しく同意してしまいました。っていうか何でなってないんでしょう??どこに要望すればいいんでしょうか?マガジンハウス?本当は舞台もDVD化してほしいと切望しています。なかなか見に行くの難しいもの。でもそれが難しい事は何となくわかるんですよね。でも書籍は!書籍はできるんじゃないの~と思います(笑)。

投稿: ゆき | 2015/06/06 09:53

Kazuyoさん

こんにちは!本当に嬉しい目の覚めるようなニュース続き!
私にとっては長~く感じられた静かな期間も、吾郎さんはやっぱり水面下で素敵なお仕事を着々とされていたんですね。
「群像」もとっても楽しみです。手元にくるのは諸事情で一か月後になってしまうのですが、大人しく待っています。
それになんといっても、舞台!!ベートーヴェン!!スマ進からもう一年位でしょうか?
あの時からマエストロ役を夢見ていた人間にとっては今回の役は本当に夢のよう・・・
でも、今年はすでに年末にエアチケットを手配済み・・・普通に考えて無理なのはわかっているのだけど、
舞台チケット発売日まで心は千千に乱れそうです。チケットが取れると決まっている訳ではないのに。競争率すごそうですよね。
今年下半期はさらに進化する吾郎さんの色々な表情が拝見できそうで楽しみです。ドラマもスタートするんですものね。

投稿: ようこ | 2015/06/06 13:27

kazuyoさん、こんにちは。「群像」沖縄は、遅れて入荷されるので、早速大型書店に、発売日に注文を入れました。まだ届いてませんが、とても興味深くて、読み応えがある感じなので、ホント楽しみですsign03kazuyoさんは、もう読まれたんですよね。きっと内容充実しているだろうなって思います(笑)今から届く連絡が来るのが楽しみです。吾郎ちゃんの、ドラマ、舞台情報とホント、テンション上がる状態で、楽しみがあるって幸せですよねheart04今回の「ゴロデラ」OPトークの「堀弁」へぇ~堀越って堀弁ってあったんですね(笑)どんな味で中身とか種類とか、吾郎ちゃんがとってた弁当とか気になりますね(笑)私の高校も、「~弁」とはつかないけど、お弁当屋さんが、昼間来るので、朝クラスでお弁当を買う人を数えて、注文とってましたね。私は、母がお弁当を毎日作ってくれていたので、注文はしなかったんですが、ですから、亜希さんが冒頭に紹介した、エピソードは涙がでました。今は、コンビニとかファーストフードとか食べ物が沢山あるけど、「母の味」っていうのは、どんなものにも勝てないと思います。一生残って、思い出になりますよね。息子さんも、優しい息子さんで、亜希さんも、息子さんもお互いを想いやっててホント、感動し、ほっこりと暖かくなりました。運動会も、小学校で兄弟揃っての最後の運動会ということで、気合がはいるのも、母の愛ですよね。おいしそうで、バーニャカウダも美味しそうで、(スタジオに登場した時、吾郎ちゃんがおいしそうに食べてるのが、すべてを物語ってましたねhappy01ずっと立ってて興味深そうでしたね(笑))あれを野菜につけて食べたら、野菜嫌いな子でも、好きになるんじゃないかなって思いましたhappy02亜希さんの作るお弁当はどれも美味しそうで、塩から調味料まで(塩にも色んな種類があってびっくりしました)こだわってて、ドレッシングも体によさそうな自家製で、吾郎ちゃんが亜希さんにワイプで色々お話してるのが印象的でした。仕切りの謎も明かしてくれ、吾郎ちゃんの好きなものをリサーチして、作った弁当もホントおいしそうで、吾郎ちゃんももぐもぐ可愛かったですdelicious亜希さんも嬉しそうに見つめてましたね(笑)個人的には、吾郎ちゃんが物を食べる時、もぐもぐとほっぺたが少しぷくぷく動くところが可愛くて、上品に美味しく食べる吾郎ちゃんも素敵だけど、そんな可愛い吾郎ちゃんも好きですheart04作る側は嬉しいですよね(笑)温かい豚なしの(笑)豚汁まで作ってきてくれて、その時の、吾郎ちゃんの輝くような笑顔がこれまた素敵でしたheart04ちゃんと親太朗くんの分まで、作ってくれる優しい亜希さんでしたね。外山さんの冷蔵庫またでてきましたね(笑)卵はパックごと入れる外山さんにビックリしました(笑)でも卵があるってことは、卵焼きとかはするのかなって思いましたhappy01でもそんな外山さんが可愛かったりするんですよねhappy01あと、表紙ののり弁、シンプルだけど、とても味があって美味しい、若い時は背伸びして、自分を大きくみせてしまう時も、あるけど、自分は、自分らしくっていうのをのり弁に重ねてお話してるところが、心に残りました。私も今の自分のままでいいのかもしれないと思いました。

投稿: さおり | 2015/06/06 16:31

riceballひろさん
「天使さん」(笑) 素敵な呼び名で呼んでくださってありがとうございます(笑) グループの中にいると、どうしても他のメンバーと比較してしまいますよね。忙しいメンバーが集まったグループなので、ちょっとした合間でもまるでお仕事をしていないかのように叩かれる人たち。映画にしても舞台にしても、かなり前から企画はあがっているわけで、そんなに暇になるほどのスケジュールは立てていないと思います(逆のほうが多いぐらい(笑)) それでも、ファンが知るのは公式に発表されてからとなるので不安にはなりますよね。待っている間に応援はすれどそこまで悲観しなくてもいいと思っています。とにかく楽しみができましたね。とても嬉しいです。


riceballゆきさん
今回の舞台は、東京だけでなく大阪、福岡公演まで発表されたので、西日本のファンは嬉しいのではないでしょうか。公演日に自分の都合が合うかという問題はあれど、やはり地方でも公演スケジュールが入ると嬉しいものです。観に行けるといいですね。雑誌「群像」のほうは、まだ未読の方もいると思うので詳細は省きたいと思いますが、紙面20ページほど割いて対談写真も満載です。笑い合って対談する吾郎と小野さんの様子だけで、とても話が弾んだことが伺えます。対談記事を読ませてもらって、吾郎の語彙力と順応性に唸ってしまいました。この才能を、どうにかして形にしてほしいと思う。SMAPで踊り歌う。ドラマや舞台で演じるのもファンとしてはもちろんありがたいし最高に幸せなのですが、文学的な才能を持っているジャニーズのタレントはまだまだ数が少ないので発揮してほしいですね。マネージャーさん、よろしく頼みますと言いたいです(笑) 書籍化は出版社、事務所、そして吾郎さんご本人に諦めずに要望を出すことが大事だと思います。今回の記事が良い機会だと思うので、是非、皆さん声を出して頂きたいと思います。


riceballようこさん
役者のお仕事のニュースがなかなか入らなくても、テレビでの吾郎の笑顔、ラジオでの吾郎の声にそんなに心配していませんでした。もちろん、いろいろ思うことはありますが(笑)、ひとつひとつのお仕事に向き合って全力で丁寧にこなしていると思うので、きっと近いうちに良いニュースが入ると思っていましたよ。ただ、海外にいると舞台にしてもライブにしても行けるかどうかという問題はシビアですよね。長年、英国にいたのでその辺はよ~くわかります(笑) 今回、舞台のニュースが早いうちから公表されたので、今から調整すれば飛行機も格安で取れるのではないでしょうか。(羨ましい・・・私がいた頃は皆無でした(笑)) ドラマは問題なく見れると思うので、こちらで感想をあげたら是非便乗してくださいね(笑)


riceballさおりさん
「群像」の対談記事はとても良いので、手元に届くのを楽しみにしていてください。もう、何度も何度も読み直してしまいました。お二人の対話がとても素敵で、そして文学の香りが満載です(笑) そんな中での通常放送「ゴロデラ」も充実していますね。今回、ちょっと斜め目線で見た方も多かったのかな? 私は、とても素敵な女性だなぁと思って拝見していたのですが。基本的に、逆境に立ち向かって強靭で笑顔でいる女性は好きなので。前回もお弁当を作ってきてくれた亜希さんでしたが、ファッションでも吾郎と話が盛り上がっていました。今回は、食オンリーだったけど外山さんに「吾郎さん、集中しすぎ(笑)!」と言われるほど真剣にお話を聞いていましたね。本当に、食に対しての興味が高いんだろうなぁと感じました。そんな吾郎を、何度も笑顔で見つめながらお話されていた亜希さんを見て、前回のご出演のときも思ったけど吾郎のこと好印象なのかなぁと(笑) いろんなゲストが来てくださる「ゴロデラ」ですが、これからも吾郎の人生において実となる方たちがたくさんご出演してほしいですね。

投稿: kazuyo | 2015/06/06 23:22

はじめまして。いつもこのブログ楽しみに拝見しています。住んでいるところが九州の田舎でテレビ放送もわざとかと思う程SMAPありません。実際次のドラマもゴロデラもぷっすまもスマステもなく、スマスマは10日遅れの真夜中。ネットやケーブルテレビ、都会の友人を駆使(?)してなんとかSMAP生活をしています。もちろん回りにファンもなく。会社の中居ファンとナカゴロ萌えトークが唯一の楽しみ。
長年こうして吾郎ファンを細々と続けて来た私にkazuyoさんのブログと皆さんのコメントは光を与えてくれています。
最近は、お気に入りの過去録画を見て、過去のレポートを検索して読んで、また映像を見て萌え萌えタイム!というマイブーム。
あまりに勝手だと思い、お礼を言いに来ました。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
話題とずれていてスミマセン。

地元テレビ局には要望をせっせと出しているのですが。昔はGoro'sBarとぷっすまは放送していたので諦めません!

ちなみに、佐々木法倫が大好きです。くりくり黒目とおでこサイコー!

投稿: まさみ | 2015/06/07 22:31

Kazuyoさん、お忙しい中いつもレポありがとうございます。拝読していますがなかなかコメントが書けなくなってきていてスイマセン。吾郎ちゃんのお仕事が発表されてきて嬉しいですねhappy01通常のスマスマやゴロデラ・ストスマも充実はしていますがやはりお芝居の話題があるのは気持ち的にもファンとしては楽しさは上がりますよね。薔薇を愛でる日比野様も楽しみですし(勝手に妄想は膨らんでいますが(笑))、舞台のベートーヴェンは最初お聞きした時は、どちらかと言うと「モーツァルト」か「ショパン」が吾郎ちゃんにはお似合いのイメージでしたが啄木の時のように拝見してまた吾郎ちゃんの役者力に魅了されるのでしょうねheart04 今回のゴロデラ、2回目の御出演の亜希さんはまたお弁当を作って吾郎ちゃんを喜ばして下さってありがたいですね。人生いろいろありますが亜希さん、変わらず美しくお優しいそうで良かったです。

投稿: ピカチュウ | 2015/06/08 00:47

 Kazuyoさん、こんにちは。めったにコメントできないですがいつも楽しみに読ませていただいています。本当に嬉しいニュースで秋が待ち遠しいです。スマスマの指揮者の凛々しい姿が思い出されました。その前にドラマもありますので薔薇の社長も期待していますが。そして群像、何度も読み直して浸っています。こんなに語り合える相手と出会える番組が吾郎ちゃんにあってよかった!見える情報だけに捉われがちですが一つ一つちゃんと身になっているんですよね。ananの映画評もとても褒めてくださっているのでこの機会に書籍化お願いしたいです。
 お弁当を美味しそうに食べる吾郎ちゃんが可愛いです。大袈裟に褒めたりしないけど黙々と食べているのに気に入ったんだなあと微笑ましく見ました。これからも様々なゲストの方を受け入れて長く長く続けてほしいです。

投稿: maako | 2015/06/08 10:16

riceballまさみさん
初めまして。コメントありがとうございます。もちろん読み逃げして頂けるだけでもありがたいのですが、こんなブログレポを楽しんでくれていて伝えてくれるだけで励みになります。番組を視聴するといろいろ語りたくなって勝手に書いているだけなのですが、同じファンの方がどう思ったのか伝えてくれると書いて良かったなぁと思えるので。SMAPファンをやっていると放送されない番組は、本当に悲しいですよねぇ。関西でも吾郎の番組は全滅です(苦笑) 要望は出しているのですがまだまだですね。ドラマ「佐々木夫妻の仁義なき戦い」の法くんがお好きなんですね。このドラマ放送時にはいろいろ思うことがあったけど、意外と見直してます(笑) 吾郎のキュートなところや、怒った顔、涙する顔と演技としては申し分なかったので。パジャマ姿も可愛いですよねぇ。


riceballピカチュウさん
いえいえ、お忙しいのは毎回真夜中すぎにコメントを入れてくださることで把握しています。読んでくださるだけでありがたいですよ。いつもありがとうございます。待って待って、ドラマ、舞台と発表があって嬉しいですね。ここは、映画も入ってくれるとさらに盛り上がるのですが、それはまた待つ楽しみをとっておこうと(笑) ドラマのキャラは吾郎のお得意とするところにさらに進化させてきてくれるだろうと思っているし、舞台はまたいままでにない役柄で本当に楽しみです。確かに、吾郎だとベートーヴェンよりもモーツァルトやショパンのほうが合いそうだけど、敢えてベートーヴェンですよね。吾郎らしいベートーヴェンを見せてくれるのではないかと。「ゴロデラ」での素が垣間見える吾郎も見れて幸せですね。


riceballmaakoさん
舞台は、吾郎がやりたいことを発揮できる場所だと思っています。毎回、とても楽しそうで、舞台公演時はとても充実している表情をしているので。ファンとしては本当に待ち遠しいですね。舞台のニュースで若干影が薄くなったドラマですが(笑)、こちらも楽しみにしています。公式サイトを伺うに、「トメ」ポジションですよね(笑) 活躍を期待したい。「群像」での吾郎の言葉に、いろいろ挑戦してほしいなぁと感じました。吾郎のことを褒めてくれるメディアはあまりないです。メンバー間でもあまりない(笑) その中で、ちゃんと見てくれている人がいるというのがわかって本当にありがたいし嬉しかった。きっと、それは吾郎自身が一番わかっていることなんだろうなぁと。それでも、リアクションが大きいと「反響がすごかった」と毎回言っているので、いろんなことをたくさん吾郎に伝えていきたいなぁと思いました。「ゴロデラ」は、吾郎の世界を広げてくれる番組ですね。是非、全国放送になってほしいです。

投稿: kazuyo | 2015/06/08 10:41

Kazuyoさん

久しぶりのコメントになってしまいました。いつも読ませていただいていますが、そのまま帰ってしまい…。ここを読んで「群像」のこと、初めて知りました。図書館に読みに行きました。本当に、素晴らしい対談でした。小野さんの小説は読んだことがなかったですが、この際読んでみようと思っています。吾郎さんの言葉から小野さんの作品世界の匂いが伝わってきたような気がするから。吾郎さんが映画や文学などにいかに敬意をもって出会ってきたかがよくわかりました。どの分野でも表現者は傲慢になりがちですが(自分が世界を作っているから)、敬虔さをもって受け止められるのはそれだけで稀有なことと思いました。でもけっして必要以上に卑下したりせず、その敬意と距離感が非常に心地よく感じました。
「体質的に僕は裏方だ」という言葉が印象的でした。ああこういう人がいるからSMAPは長年やってこれたんだろう、と思いました。
吾郎さんの持ち味が最大限に出て、とてもいい対談だったと思います。こういうお仕事がまたあったらいいなぁ… と思ったのでした。

「群像」のことを書いてくださってありがとうございました。

投稿: ちさ | 2015/06/18 22:14

riceballちささん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。いえいえ、いつも読んでくださっているというだけでありがたいです。「群像」ですが、本当にとても良い対談でしたね。「スマスマ」でテンションあげて笑いのゲージを振り切って頑張ってしまう吾郎ですが、個人でのお仕事のときは本当にありのままの吾郎を見せてくれる。「ストスマ」にしろ、吾郎が語ることは何の飾りもなく思ったことを話してくれますよね。「ゴロデラ」での作家さんたちとの出会いは、また吾郎をひと回り成長させてくれたような気がするのです。そして、それはきっと吾郎の探究心を強烈に刺激したからなんだろうなぁと。忙しい中で、「ゴロデラ」の課題図書と「anan」の映画レビューを毎週「宿題」としてこなしている吾郎さんですが(笑)、きっと身になっていることが多いのではないでしょうか。文芸誌や本の雑誌には、これからもでてほしいですね。

投稿: kazuyo | 2015/06/19 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お気に入りのベッド (追記レポあり) | トップページ | 芝居と本と健康 »