« ミッション:ビストロ弁当リサーチ | トップページ | 舞台公演前の二人 »

社会学者の疑問

久しぶりになんとなく冷や汗をかいて見ることになった「ゴロウ・デラックス」(笑) 特に問題があったわけではないし、どんな方が来られても吾郎の順応性のあるいつもと変わらないMCは安定感もあるのでたいしたことではないのですが・・・社会学者という初めてのジャンルのゲストさんで、ちょっとザワザワさせられましたよね(笑)?

オープニングトーク
外山 「吾郎さん。「最近の若者は!」とか言っちゃったりすることはありますか?」
吾郎 「あぁ、全然ある!よく言う(笑)」

第百七十四回課題図書 『保育園義務教育化』  古市憲寿著

Photo 世の子育てお母さんを悩ます日本の子育て環境に一石を投じた一冊。「もしも、保育園が義務教育化されたなら」という視点で、少子化対策を提言。著者は、26歳で書き上げた『絶望の国の幸福な若者たち』で若者が若者を語る社会学者として大きな反響を呼び、各メディアで注目されテレビでもコメンテーターとして活躍。

古市さん自身は結婚もしていなければ子供もいないけど、日本の子供とお母さんを巡る状況があまりにも異様なことから書かなくてはいけないと思われたのが、今回の課題図書を出されたきっかけ。少子化で労働力不足が問題の日本で、子供を生み社会に出ようと二つの社会問題を克服している女性が保育園に子供を預けられず敢えて離婚する選択にまで追い込まれている状況がおかしいと古市さんは言われています。実際、「待機児童」の問題は把握しているけれど、離婚までしてしまう夫婦もいることまでは知りませんでした。

少子化と関連のある世の「草食男子」について書かれた箇所を吾郎が朗読。若者の性離れと言われているけれど、実際は80年代の頃のほうがもっと性に関してはピュアで一概にそうではないと古市さんは言われています。なかなか、ズバッと思っていることを正論化されて話す頭の回転が速い方だと思うのですが・・・吾郎への質問はとてもストレート(笑)

古市 「稲垣さんって、性欲はあるんですか?」 (しれ~っとした顔(笑))
吾郎 「(苦笑) 性欲はあるでしょ(笑)」
古市 「結構、強いほうなんですか?」
吾郎 「いや、人と僕そういうの比べたことがないんで・・・どうなんですかねぇ」
古市 「強いと思われたいですか?」
吾郎 「思われたくはないです」
古市 「あぁ」 (妙に納得(笑))

とにかく古市さんご自身をそこまでよく存じ上げてないのでなんとも言えないのですが(笑)、本人はそんなに勉強をしなかったと言われていますが、慶応に入学されて東大大学院まで進まれたので賢い方というのはよくわかる。ただ、何というか正直というよりは人の懐に入りすぎ(笑)? 吾郎に本音を語ってもらって判断するというよりは、若者が興味本位で聞いているような印象を受けました。思わず悪気もなく書いたひと言でネットで炎上経験が何度かあるというのも納得してしまうわ(爆)

何度か「ゴロデラ」は見てくださっている古市さんは、MCの吾郎さんが何に興味を持って話しているのかわかりづらいと(笑)
古市 「結構、ゲストとすれ違ってませんか?稲垣さん」
外山 「えっ?!そんなことないですよねぇ?」 (この辺りから、外山さんは吾郎さん全面バックアップ態勢に(笑))
吾郎 「(笑) 僕は平等に好きな人も嫌いな人も、興味あることも興味ないことも全部思わないようにしています」
古市 「そうやっていると、どんどん感情とかなくしちゃったりするんですかねぇ・・・」

何なの、この人(笑)? スーパー炎上マンimpactかっ(笑)! いやいや、よくしゃべっておられるけど、あなたのほうが感情をどこに持っていきたいのかわからんわ(笑) 古市さんご自身も「好きな人も嫌いな人もいないフラットな中で生きているので、似ているところがある」と言われていたけど全然違うから(笑) 吾郎は、他の番組やゲストのときならまだしも、「ゴロデラ」でのMCの立場としてのポジションのことを言っているんですよね。頭いい人なのに、その術がわからんのかなぁ・・・疲れるわ(笑)(笑)(笑)

とは言え、小学生の頃にはJ-POPに嵌り、それこそSMAPの「夜空ノムコウ」や小室さんの曲をよく聴き歌詞に感動していたという普通の若者のお話もされていて、彼もまた「あぁ、最近の若者」なのだなと思いましたよ(笑) そんな好奇心旺盛な古市さんからの吾郎への質問第二弾(笑)

古市 「稲垣さんがどんな風に老いていくのか興味があるんですよ」
吾郎 「どんな風になっていくんでしょうねぇ」 (始終、ソフトに受け入れる吾郎さん(笑))
古市 「今、全然、おじさんっぽさもない。どこでどう変わるんだろうと思って。理想の老後ってあるんですか?」
吾郎 「(苦笑) 僕は独身なので、これはしょうがないなぁ、最後は一人なのかなぁってときは覚悟していますよ」
古市 「別に一人でもいいと思ってる?」
吾郎 「一人でもいいと思ってる。本当は寂しいですよ。でも、その代わり僕は今、一人だから。一人の良さもあるわけだから」
古市 「(結婚は)考えたことあるんですか?」
吾郎 「ないです、ないです」
古市 「1回も?」
吾郎 「うん・・・だから、(古市さんも)絶対に(お相手が)見つからない・・・僕みたいになっちゃいますよ」

自然に逆にゲストの結婚観にシフトする吾郎の優秀さよ(笑) 古市さんは、結婚しても玄関の違うマンションの1階と4階とか離れて住みたい。帰宅してすでに電気が点いているのが嫌だと。(これは、SMAPの中にも同じような人がいたような(爆))
外山 「それは、もう無理ですよ、結婚」 (断言(笑))

今回、外山さんが以前の小島さんのように吾郎が何か立場的に悪いことを言われると、顔に「不愉快」の紙が貼ってあるかのごとく斬っていく(笑) 決して、言葉ではそのようには持っていかないけど、なんだか吾郎への信頼と愛情が見えて嬉しかったなぁ。まぁ、吾郎自身はそんなに気にしていなくて、そんな様子さえも楽しんでいたように感じましたけど(笑)

最後の親太朗くんの消しゴムはんこコーナーで、「この番組の山田さんがいる意義は?」とか聞かないで(笑) 親太朗くんの素直な部分が癒しになっているときも多々あるんだから。 別に嫌な方ではなかったけど、正直言葉選びが下手な人なの?と。それとも、計算されたかのように子供っぽい感じを醸し出しているとか? まさしく頭の良い方なんだと思いました(笑)

|

« ミッション:ビストロ弁当リサーチ | トップページ | 舞台公演前の二人 »

コメント

こんばんは。私はとくダネ!や、中居くんが準レギュラーのワイドナショーで古市さんを以前から見ていたので、面白い人だな~、と思っていました。ゴロデラに出ると聞いて、とっても楽しみにしていました。とにかく、人にどう思われてもあまり気にされないようだし、自分の発言に戸惑う人たちの反応をへぇ~♪←本当にこんなマークが付きそうな声で 笑 受け止める様子が面白くて。クールとか、草食と言う訳でもないような感じ。でも間違いなく頭はとてもいいのでしょうね。吾郎さんに色んな事を聞いて行く表情はイキイキしていて、吾郎さんへ興味津々な感じでしたね。その返答やお話のうまさはさすが吾郎さん、と思いました。古市さんの発言として有名な、「キスは唾液の交換だからイヤ。」と言うものがありますが、結婚観もお話されていましたね。なかなかこの方も難しいよう笑。個人的にはとても興味深いゴロデラでしたので、番組に感想メールしておきたいと思います。ゴロデラの時は吾郎さんのお顔のアップが多いですがオデコに艶がありますよね~。シワが少なくて、ツヤッとしているのがうらやましいです 。いつも注目して見ちゃいます笑。それから、kazuyoさんの悪童をSMAPで配役したら?の森崎リーダーの役を木村くんで、と言うのは新鮮でした!頭の中で想像して、楽しんでます 笑。長々と失礼いたしました、新曲祭が来そうで楽しみですね。

投稿: つじ | 2015/08/21 23:37

Kazuyoさま

社会学者というので、もっと年配の方を想像していました。登場なさって分かったことは、最近、情報番組でよくお見かけする顔で、その中での発言が突っ込みどころの多い方なので印象に残っていたのですが、勉強不足で「ゴロデラ」で始めてお名前が分かった次第です。待機児童の問題は正にその通りと納得しました。全体を通して、古市さんの言われていることは、正論なのですが、はっきり物を言えば良いというものではないという感じを与えてしまうんですよね。吾郎さんのMCに対しても分かっていないなぁと思いましたね。きっと古市さんは今まで発言をした時、常に突っ込まれるか、反論されてきて、それが当たり前になっているのでは、と推測しました。吾郎さんのコメントのように、彼のMCはゲストに対して、敢えてまっさらな状態で先入観を入れずに受け入れているから、ゲストも心地よくトークが出来るし、見ている側も不愉快になることがないんですよね。吾郎さん、外山さん、山田くんの関係を微笑ましくみました。お互いにフォローしあっていて、見ていて心地よい。山田くんの存在意義の時も吾郎さんがきちんとフォローしていたし・・・・私は本当に頭の良い人とは、良い大学に入る学力を持った人ではなく、社会に出た時に自分の思うがままに発言をするのではなく、言って良い事と、悪い事を、瞬時に判断して行動できる人、だと思っているので、古市さんは良い感性を持っていられるけれど、まだまだ若いなぁと感じました。今回、吾郎さんの対応の仕方で何か得たものがあったのではと思うのですが・・・この番組は、本と作者を知るだけでなく、色々勉強になりますね(笑)

投稿: さやか | 2015/08/22 02:03

kazuyoさん、こんにちは。ホント、申し訳ないんですが、今回の「ゴロデラ」吾郎ちゃんのMCとしての対応と、外山さんの吾郎ちゃんに対する愛情ともとれる言葉がなければ、変な汗かきっぱなしで楽しめなかったと思いますcoldsweats01古市さんは、確かに頭の賢い方だとは思いますが、親太朗くんへの言葉はいかがなものかなと思いました。吾郎ちゃんへのストレートすぎる質問も、良かったは良かったんですが、あまりにも懐に入りすぎ(笑)あと、古市さんと吾郎ちゃんは全く違うと思います。意味をはき違えてますよねcoldsweats01私でもわかるのに(笑)聞いていて吾郎ちゃんの思ってる言葉と、古市さんの言葉の意味が全く違ってて、彼は、吾郎ちゃんの話、意味わかってるのかな~、もっとキツイ言い方したら、ホントに頭いいのかなって失礼なこと思っちゃいました。親太朗くんに対する最後の言葉も何度もいっちゃいますが頭にきたし、彼はれっきとした番組の一員であり、癒しでもあります。何もわからないくせにって思いました。決して嫌な方ではないかもしれませんが、誤解は確実にされやすい方ですねcoldsweats01もうすこし言葉を選んで、言っていいことと、言ってはいけない事この区別はきちんとつけてほしいです。ストレートな意見もいいですが、相手を傷つけてしまってはいけないと私は思います。この点、吾郎ちゃんは、素敵だなと思いました。「大人」な対応で素晴らしかったですheart04結婚の事もさりげなく古市さんに返すやり方も優秀ですよね(笑)なんだか見ててハラハラしましたが、それをも楽しく微笑んで返す吾郎ちゃんはさすがですhappy02

投稿: りな | 2015/08/22 15:53

私も時々、この方を見ていますが、同じことを言うのに
ストレートと言うか、言い方にたまにとげがあるんだと
思います。いいことも言っているのだけど、受け取り方
によっては、炎上に繋がるかと…
普通の若者であると同時に賢い方なんですね。
吾郎さんが最後は一人でも覚悟があると前から言ってま
すが、何だか今回はちょっと寂しく感じました。
私としては、誰かと寄り添っていて欲しいと。
あと、私自身が一人でも大丈夫という覚悟が、吾郎さん
より年上の私が出来ていないという気持ちもあるのかも。
でも、吾郎さんのMCとしの優秀さが他の視聴者に
伝わったらいいなと。

投稿: ゆっこ | 2015/08/22 17:53

japaneseteaつじさん
古市さんは、最近とてもメディアご出演が多いみたいですが、申し訳ないけど今回初めてちゃんと拝見させて頂きました。とても頭の良い方ではあると思うのですが、どこかしら世間の同世代の一般的な考えも持っておられるようで、そこが支持される原因でしょうかね。(それで、敵も多く作られるとは思いますが(笑)) とにかく自分に絶対的な自信がある方なんだろうなぁと。だからこそ、周りから何を批判されても気にしないのだろうと。それは良い点と悪い点があるとは思うのですが、自分を持ってるという意味では何も考えない人よりはよっぽどいいのだろうと思います。吾郎は、人を受け入れることから始まる人なので、まずそこからして違うわけですが(笑)、ある意味他人から言われることを気にしないという意味では同じなのかもしれないと思いました。かなり若い世代の男性からも、「おじさんに見えない」とハッキリ言われ興味を持たれる吾郎さんのすごさ(爆) 目の前であんなにきらっきらで艶々なお肌を見てしまったら、思わず不躾な質問もしてしまうか(笑) NACSでもお話したいことがたくさんあるのですが(笑)、とにかくメンバーの強い個性はSMAPと同じですよね。だから、惹かれるのかなぁと。舞台のチケットはSMAPのライブ並み(もしかしたらそれ以上(笑)?)に大変でしたが、観に行って大正解でした。


japaneseteaさやかさん
公式サイトの予告で社会学者とお聞きしたときは、私も吾郎よりも年配の方を想像していましたがかなり年下の方なんですねぇ。頭が良い人であるのはわかるのですが、意外に子供っぽいところがあるのは長所でもあり短所ですかね(笑) 社会学者らしいお話をされるときは正論を話されていて納得できるところが多いのですが、こと一般論を話されるときは「おや?」と思うことが(笑) 自分より若い世代の方に率直に質問されると、吾郎さんは苦笑はすれど「若いなぁ~」と余裕だったのではないかと思いました。古市さんはMCというお仕事をされているわけではないので、吾郎さんの番組のスタンスは理解できないかもしれないし、吾郎が言わんとしていることがそのままそういう人なんだと受け取ってしまうのも仕方ないかなぁ~と思いつつ・・・えらく短絡的な考え方をされる人なんだなぁと(笑) 吾郎と同じラインに立ってトークするには、まだまだ青いなと上からで申し訳ないですが始終そういう目線で見させて頂きました。「人に対して好き嫌いがない」というのと、「人を好きか嫌いで判断しない」は子供と大人ぐらい同じようでまったく異なることであるというのはお気づきになったんでしょうかね(笑)


japaneseteaりなさん
なんて、ストレートにボールを投げてくる人なんだと思いました(笑) 良い意味で素直で、悪い意味で配慮が足りないというか・・・まぁ、きっと悪い人ではないんでしょうね。まだ、吾郎と比べるとお若いですから、今の吾郎と同じ40代になられる頃にはまた違ったスタンスになられるかもしれないなぁと。吾郎も20代から30代前半までは、結構とハラハラするコメントもたくさんしていましたしね(苦笑) 若いって怖いもの知らずのところもあるし、良いところを伸ばしていければそれでいいと思います。吾郎は、「好き嫌い」というよりはできるだけ人も物事も楽しく捉えたほうがいいという考えなんでしょうね。だから、あまり不愉快になることもないし、周りの言葉に傷つくことも少ない。それでも、いろいろ思うこともあるだろうとは思うけど、いつも本当に大人な対応ですよねぇ。とても素敵な人だと思います。


japaneseteaゆっこさん
ネットで自分のコメントによって炎上したことが何度とあるという話も、面白そうに話しているところを見ると、それさえも楽しんでしまえる頭の良さなんでしょうね。傷つくぐらいなら、最初からそんなこと言わないだろうし(笑) ある意味、社会学者と言えどもエンターテイナーの要素も併せ持った人なのかもしれない。だから、メディアにもいろいろ出演できるんだろうと。吾郎がこのまま結婚しないで一人で老後を迎える覚悟もあるというのは、まぁ、結婚しない選択をすればそうなるんだろうなぁ・・・とはファンでも理解しつつも、ちょっとやはり寂しいというか。それで幸せならいいけど、老いたときに孤独に感じるのだけは避けてほしい。「一人での覚悟」を今から持っているのであれば、きっと自分の人生に責任をすでに持っているということで男らしいとは思いますけどね(笑)

投稿: kazuyo | 2015/08/22 23:48

古市さんは私もあまり存知あげないのですがワイドナショーで何度か拝見してますが社会学者さんなのですね。松っちゃんがよく苦笑していらして・・・。吾郎ちゃんってやはり大人ですよね。どんなゲストの方がお見えになってもちゃんと番組を成り立たせて下さる。本当に見習わなければとKazuyoさんや皆様の感想を拝読していて思いました。ゴロデラのレギュラー御三人は本当に素敵ですね!お互いを本当に信頼し尊敬していらっしゃるのですね。思慮深く優しい。ゲストの方と対照的である意味大人と子供の違いが解る回だったのかなぁと思いました。

投稿: ピカチュウ | 2015/08/23 00:22

japaneseteaピカチュウさん
他の番組に出演されているのを拝見したことがないのですが、ハッキリと物を言う方ですが基本的には悪気はまったくないんでしょうね(笑) 学業は優秀だったみたいですが、まだまだ人生経験が浅いのかなと。吾郎さんは、社会に出ているのが早いのでいろんなものを見てきた中での人間レベルが高いというか。若いうちから芸能界に入っていてもスレたところもないし、家族を始め良いご友人たちに恵まれ本人の意識が高いんだろうなぁと。誰にでも平等で大人な対応は、ゲストをお呼びするトーク番組のMCにとても向いていると思います。

投稿: kazuyo | 2015/08/24 14:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミッション:ビストロ弁当リサーチ | トップページ | 舞台公演前の二人 »