« -Otherside- We never change! | トップページ | ガノタゴロウ行きま~す! »

「HEAT」でのクールポジション

予定より少し早いめに最終回を迎えることになったドラマ「HEAT」。初回二時間SPのときに少し感想をUPしたのですが、その後は毎回の感想は省略させてもらいました。理由はただひとつ。脚本がつまらないから(笑) もう、終わってしまったので本音を書かせてもらいます。

ドラマが始まる前から映画化も決定していて初回はなんと二時間SPということだったので、まぁ、吾郎の役柄上出演時間はそれでもあまりないだろうと思っていたけど、二時間という中で5分弱という出演時間にまず残念感。でも、それとドラマを見続けたいと思うのは別問題。吾郎がほとんど出てこなくてもドラマ自体が面白ければ問題なく感想はあげていたと思います。終わってから言うのは空しいだけですが、この内容なら初回は別に二時間にせずまとめてきたほうが視聴続行した人は多かったんじゃないだろうかと。

内容的には結局何を一番見せたかったのかわからなかったのが一番大きな敗因じゃないだろうか。消防団というテーマに絞るのは今までにないことなので、やるのならもっと毎回エピソードを掘り下げて人情ものにするか、もしくは「クローバー都市開発」を軸に主役の池上タツヤを奮闘させるか、もしくはCGをそれこそ盛大に使って迫力ある画にして防災の活躍を描くか・・・どこか一点に絞るべきでしたね。毎エピソードによって、この三つの要素を全部入れ込もうとするから支離滅裂になってしまった(苦笑) そこに、恋愛要素も軽く入ってくると見ているほうはわけがわからなくなる。一番やってはいけない進めかたでしたね。

それでも、楽しんで見れた方は、きっとこのどこかひとつの要素に惹かれるものがあったんだろうと思います。残念ながら、私にはどこにもなかった。吾郎が出演している企業の部分でさえまったく面白い展開だとは思わなかったのは致命傷になりました。感想をブログに書けなかったのは、こんな感想を毎回UPしてさらに見る人が少なくなるのも嫌だったし、楽しんで見ている方に失礼だと思ったので終わってから言わせて頂く形になりました(笑)

愚痴を最初に書き連ねてしまったけど、それでも吾郎の演技を見させてもらうという点ではとてもありがたく視聴させて頂きました。吾郎が出演している社長室のシーンはほとんどなかったのに、美術スタッフの思い入れが感じられる凝ったアイテムには感心したし、薔薇の使い方も効果的でしたね。そこは、しっかり関テレさんに吾郎さんの演技の素晴らしさと共に伝えておきました。俳優さんたちは皆さん熱演されていたし、あまりにもの展開の中で怒ったり泣いたりと気持ちを入れて演技されていたのには感動です。だから、本当にもったいなかったなぁと感じた。

吾郎の演技に関しては、安定の役づくりで楽しませてもらいました。クールで冷徹な社長。(吾郎さん曰く、「小声でぼそぼそ部下に嫌味言うような役しか最近はない」(笑)) ここ最近同じようなキャラクターのオファーを受けるも、細かく演じ分けているのもすごくよくわかる日比野社長でした。
・ 部下にもあくまで丁寧な言葉遣い
・ 自分のことは「私」と言う
・ 薔薇が好きで社長室で栽培 (しかし、部下を薔薇に喩えて平気でへし折ったりする(笑))
・ 気に入った案件を持ってくる部下には、マリアージュフレールセットで紅茶を入れてくれる
・ 怒るときは静かに怒るが、本気で怒らせると意外と怒鳴ったり手を踏んづけたりする(笑)
・ いつも冷静で、納得すれば考えを180度覆すことのできる順応性を持つ
・ 部下のことはなんでも「お見通し」で、大きな開発企業のトップに立つ器をもっている

と、これぐらいは簡単にリストアップできるぐらい、吾郎がしっかり短い出演時間の中で演じていました(笑) そんな中でいかに感情を持っていくか大変だっただろうと思うのですが、後半からの演技は見どころいっぱいでした。

一番インパクトがあったのが、やはり「S」丸出し日比野社長 (第7話)
タツヤの企画書を盛大に破って桜吹雪のように散らす日比野社長
タツヤ 「な、何するんですか?!」 (社長室に散らばった企画書を拾い集めようとする)
(そんなタツヤの手を思い切り足で踏みつける社長)
日比野 「(ものすごく冷たい目で)消防団ごときに丸め込まれ血迷いましたか?」 
社長が考えた富裕層優先企画書を、タツヤに見せて静かに怒鳴る演技は見ものでしたね~。以前から何度も言ってますが(笑)、吾郎は静かに怒る演技が本当にうまい! タツヤに詰め寄るところは、AKIRAさんは思わず本当に後ずさりしてしまったんじゃないかと思うぐらい迫力ありましたね。普段は本当におっとりした雰囲気の吾郎なので、本番でこの演技をされたら思わず本気で身体が引けてしまうと思う(汗) このあと、スッと冷静に戻り濱田を電話で呼ぶ社長。このシーンを何度リピしたことか(笑)

タツヤが日比野社長に企画を見直してもらうよう直談判するシーン (第8話)
タツヤ 「我々のやっていることは、金の力を使ったただの暴力です」
日比野 「暴力?」 (このときの目の表情が怖い、怖い(汗))
地権者から委託された委任状が自分にはあるので、総会に参加するとタツヤが断言したときの社長の少し困った顔も素敵。
総会でのタツヤの反論に始終クールに言いくるめて、その場にいる全員が納得できる発言をする社長はやっぱり仕事のできる人というのがわかる。確かに証拠もなく熱く語ったところで誰も納得できるはずがない。主人公のタツヤがヘッドハンティングされたわりには、仕事ができるように見えないのも厳しいドラマでした(苦笑)

最終回でのまとめ
そして、おそらく結果が芳しくなかったドラマのため短くなり最後まとめるだけになってしまったのも残念。(その割には、うまくまとめたなぁというところだけが感心したポイントでしたけど(笑)) 突然の火災に巻き込まれ、日比野社長が一人非常階段を使った理由がさっぱりわからない。出口に人が溢れていたので、非常階段のほうが早いと判断したとは思うのですが、冷静な社長のキャラと矛盾しているのがねぇ(汗) でも、ここでのヒロイン吾郎の能力発揮は堪能させてもらいました。階段を降りるときや、ハンカチを口にあてて咳き込むたびに前髪がふわっふわと揺れるのがもう素敵heartで(笑) そこからの急な改心劇が見てられなかったけど。本来ならもう少し時間をかけて描写したいところだったけど、それが許されなかったんでしょうね。なんなら、最後まで敵対するポジションで良かったとは思ったけど・・・まぁ、仕方ないか(苦笑)

主役のキャラであるタツヤが消防士の合田との信頼関係を深めて消防士になって終わるというのも、とにかく詰め込むしかなかったというところでしょうか。なので、感動の場面のはずなのにまったく気持ちが乗ることができなかったのが残念です。日比野社長のほうは、どちらかと言うとタツヤよりも濱田との関係が深まった感じでしたね。最初は、社長に気に入られようとしていただけの濱田だったけど、タツヤの身辺を探るうちにタツヤの考えも理解している感じはあるのに社長への忠誠はけっして損なわれることはなかった。常に社長のことを気にかけ、最後にリークした社長にも気づき、お茶を入れる立場にまで信頼を勝ち取った濱田くん(笑) 途中、王に跪く騎士のようなカットシーンもありましたなぁ(爆) そんな楽しみも持たせてくれたドラマではありました。

いろいろ文句も言いましたが、吾郎の演技を見させてもらっただけで舞台「No.9 -不滅の旋律-」までの楽しみとさせて頂きました。番組には、感謝と吾郎の演技の感想をガッツリ入れておきましたので、是非、楽しめた感想は関テレさんとフジテレビさんに送ってください。吾郎の演技は、少しの出演時間でも確実に日々向上している。次回の出演作品に期待したいですね。

|

« -Otherside- We never change! | トップページ | ガノタゴロウ行きま~す! »

コメント

kazuyoさん、私が吾郎さんファンになってから初めてのリアタイした連続ドラマでした。全国放送のドラマの利点は、各地の吾郎さんファンがほぼ同時に見られて楽しめることですね。舞台やライブやイベントはチケットが取れるとは限らないし、事情で遠出できない人もいたり。そう考えると、例え2〜3分の出番でも毎週吾郎さんの演技が見られるのはありがたくて、スマスマも大好きですが、私は本当に日比野社長が自分のタイプだったし(結局そこかい 笑)火曜日は朝から浮かれて過ごしてました(笑)
ただ、それとドラマ自体の感想はまた別です。消防団を舞台に人情ものをコメディタッチで描けばそれなりに視聴者も付いてたかも知れませんね。(阿部サダヲさんあたりがやりそうですが笑) kazuyoさんのおっしゃる通り、色々と設定を欲張り過ぎた感じ。タツヤは最初から消防団側にいて、嫌々だったのが防災に目覚め消防士になって終わりでも、防災とか人との繋がりは描けたと思います。なぜあえて開発会社を絡めたか意味が分かりません。主人公ほかキャラクターもブレ過ぎというか、簡単に気が変わり過ぎ(笑) 社長に一喝されてタツヤが急に冷徹になるし、町の人たちも些細な切っ掛けで土地を簡単に任せていいの⁈とツッコミが無い回は無かったです。
それでも楽しみだったのは、日比野社長に会えるからと、社長と濱田君のシーンが良かったからです。(吾郎さんファンは多くが同じ思いかと…)大好きな華麗なる逆襲のPVの貴族のボスにイメージが重なって、クールで優雅で物言いは柔らかいのに非情な感じがツボでした。私はまだ十三人の刺客を見てないので、今まで見た役の中では一番ダーク吾郎さんです。吾郎さんは目線の運びから科白の間の取り方から細かく演じてて(田中圭くんも吾郎さんが丁寧に役作りしてると言ってたような気が)、表情を見てるだけでも引き込まれました。最終回で「濱田君、私にお茶を淹れてくれませんか」はどんな意味が含まれてたのか、ずっと考えてます(笑)少し心が通じつつあるのか、または社長の精一杯の照れ隠しみたいなやつだったら萌えるんですが(笑)
まだ日比野ロス中なので、先日のstoryのグラビアも思わず「社長はブラべではフツーのネクタイなんだ…いや違)と空目して鼻血出すところでした(笑)
この間モロハシさんを見て大変面白かったので、比較するとやはりHEATは残念感が…でもフジテレビには感想を送りました。モロハシと金田一の続編も希望しました。長々と失礼しました。

投稿: ゆかP | 2015/09/04 01:22

こんばんは。本当に申し訳ないです、第1話でリタイヤしてしまったんです。なかなか吾郎さんが出てこなくてチャンネルを変えてしまったり、その後も吾郎さんの出番だけチラ見していたのでよくストーリーが理解出来なくて…。じゃあコメントしないで、と思われたら申し訳ないです。ただ視聴率など、ヘンに話題になっていたのでフジテレビ「HEAT 皆さんからのメッセージ」を読んだところ、数多くの吾郎さんのお芝居へのメッセージが!吾郎さんファンからのエールが素晴らしくて、読ませて頂くと胸がジーンとしますね(SMAP全員の作品へのファンからのメッセージはいつもそうですが)。今はツイッターなどもありますが、アナログかもしれないけど、実際に公式サイトへ声を届ける、エンタメ誌へのアンケートハガキに書き込む、などが一番、制作側に届くのでは、と私も信じています。この一筋縄では行かない社長はぜひ、稲垣吾郎に、とオファーされたのだろうとは思いますが、最近バラエティでの吾郎さんの可愛らしさも浸透してきていますし、まさに今夜のゴロデラでの無邪気な吾郎さんの純粋なこと!こういう一面からまた、新たな役どころがオファーされるといいなぁ、と思いました。

投稿: つじ | 2015/09/04 02:15

大々同感です!

投稿: ヒロチ | 2015/09/04 07:51

こんにちは。私は「HEAT」何だか照れちゃってダメでした。何が自分をそうさせるか分からないのですが(笑)照れちゃって見れないドラマがあります。綾瀬はるかさんの「ホタルノヒカリ」なんかもダメだったんですよねー。何だか恥ずかしくなっちゃって見られないんです・・。「HEAT」ももうニヤニヤが止まらなくて。でも吾郎さんが出てくると見られる。ファンだからとかではなくて、何か温度が下がる感じがありましたよね?視聴率は、あの・・だったみたいですけど、色々な所で吾郎さんの「せっかくの演技力が・・」みたいなことを書かれているのも拝見しました。そうですよね、もっと色々な吾郎さんを見たいなーと思いました。

kazuyoさん、以前コメントでおススメした(←ごめんなさい、エラそう)「リスクの神様」はご覧になってますか?どうですか?こっちに出てくれてればなぁって思いませんでした?(笑)

投稿: ゆきち | 2015/09/04 14:34

最近は、ドラマの話題は数字のみ、高ければ持ち上げ低ければ叩くのに辟易、昔は7月期は、数字の取れない期間ということで、冒険作品が多かった記憶(笑)、脚本ばかりでなく、掛け持ちな出演者が多く、スケジュールの都合とか、大人な事情が見え隠れするのが、興ざめ、音楽の話だけど山下達郎さんが、昔も駄作はあった。良いものが残ってるだけと言ってると聞いて、作り手も受け手も器が小さくなったように思いました。奈々緒さんが、社長を、誘惑してくれると思ったのに、残念でした(笑)

投稿: 茶の間っ子 | 2015/09/04 18:37

kazuyoさん、こんばんは。「HEAT」は、役者の皆さんが頑張ってるのもあって、ホント脚本にはがっかりしました。はっきり言って突っ込みどころ多いし、色んなのつめこみ過ぎだし。消防団がテーマということもあって、どのような展開になるかと思ったら、もうキャラがころころ心変わりをするから頭の中がごちゃごちゃしていて何をしたいのかわかりませんでした。でも、何回も言いますが、キャストの皆さんは、本当に素晴らしかったです。それだけにもったいないなぁ~って思いました。吾郎ちゃん演じる日比野社長は、毎回、毎回インテリでカッコ良くて、言葉遣いは丁寧なんだけど、何か裏があって、薔薇を可愛がってると思いきやへし折ったりちょんぎったり(笑)あの優しそうな顔で、部下の手をふんずけちゃったり、そのギャップを上手く演じていて、素晴らしかったです。タツヤに怒りを覚えるシーンでも、ただ怒鳴りちらすだけではなく、鋭い目つきで怒りを表現し相手を圧倒させる、凄いと思いました。日比野社長が、何か考えてるときでも、目や顔の表情の演技が素晴らしいし、引き付けられました。私の場合、社長の表情が美しくてじっと見とれてたっていう(笑)最終回では、タツヤに対する感情がどんどん変わっていく様子や、タツヤの決意が退職届だした後の、「応援してるぞ」な感じの優しい微笑みも素敵でした。個人的には、市長を警察にリークした社長がかっこよかったです(笑)もう、クールビューティーな社長に会えなくなるのは寂しいです。日比野社長、結城さんや濱田さんと頑張ってください(笑)またキャストの皆さんの素晴らしいお芝居に拍手を送りたいです。皆さん本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

投稿: りな | 2015/09/04 21:07

impactゆかpさん
ドラマ内容が複雑でも、映画や舞台に比べると全国の人が吾郎が演技しているのを見ることができるという点では、確かにドラマ出演はありがたいですよねぇ。だから、あまり文句だけを伝えたくはないので今後に繋がるように感想を送るのがベストですね(笑) 「HEAT」は、個人的には第4話が全体的にうまく作られているように思いました。ほのぼのした消防団に惹かれていくタツヤの心情が無理なく描けていたと思うので。スパイスとして吾郎演じる日比野社長とのシーンを入れ込むのはいいと思うのですが、主役であるタツヤの立ち位置がフラフラしていて魅力を感じないんですよね(苦笑) 気持ちが揺れるのはいいけど、もう少し一本芯が通っているキャラにしてほしかった。そのほうが、AKIRAさんらしくもっと演じることができたんじゃないかと。役者さんは、きっと皆さん苦労されたでしょうね(苦笑) シュレッダーにかけられた書類なんて機密書類なのに消防団が復元させるってありえないから(笑) 濱田がやったら面白かったのに。オールクランクアップでの役者さんたちの様子が公式サイトでUPされていましたが、こういうトピックは実に丁寧に出してきてくれたなぁと感謝です。「おじゃマップ」に出演した田中圭さんが、「稲垣さんとはとても話せる感じじゃない(オーラがすごくて)」と話していたけど、吾郎のクランクアップを待っていた田中さんは吾郎と談笑しながらスタジオを去っていったと聞いてとても嬉しかったです。田中さんも「今度はガッツリ稲垣さんと演技をしたい」と言っていたので実現するといいですよね。


impactつじさん
「HEAT」はですねぇ・・・初回感想でも言いましたが、吾郎が出ていなかったら視聴していなかったです(笑) だから、他メンファンの方が見るのをやめてしまったのは全然問題ないですね。SMAPのメンバーが出ているからと言って、たとえ主演でも見続けないドラマは私もあるので。そこは、主演が誰とか関係なくドラマ自体がつまらなければ見ないのはあたりまえと思っています(笑) なので、お気遣いなく(爆) でも、やはり吾郎が出演している限りテレビ局にはしっかりコメントは残しました。何をもって見続けたかは伝えておきたいので。嫌味な役が多くなった吾郎ですが、それこそコメディでも等身大でのキャラも演じることができる役者だと思っているので、あまり一辺倒な役ばかりがくるのは複雑です。あっ、剛の「スペシャリスト4」の放送が決定しましたね。このシリーズは大好きなので必ず見ますよ~。


impactヒロチさん
全面感想同感表明ありがとうございます(笑) ドラマがあれでも(笑)、吾郎さんが出演しているので、毎回しっかりリアタイで拝見しました。正直、吾郎が出ていないところはながら見だったのは否定しませんが、吾郎出演以外でも魅力あるシーンはあったので本当に残念でしたねぇ。次回出演作品が良いものでありますように!


impactゆきちさん
照れてしまったというのは、無駄に熱い感じでしょうか(笑)? AKIRAさんも佐藤さんも熱い部分を請け負ってくれて頑張っておられたけど、やはり脚本は大事だと痛感させられました。あまりにもの展開の中で熱いものを入れ込まれても、思わず笑ってしまうというのはわかります(笑) けっして役者さんたちが悪いわけではないので、不憫だなぁと思って見ておりました。吾郎に関しては、ちょっとした出番でしっかり丁寧に求められているものを演じていたと思います。相変わらず、目の表情が素晴らしかったなぁと改めて思いました。台詞がなくても、日比野社長の心の内が手に取るようにわかったので。
「リスクの神様」は初回は拝見しましたけど、視聴続行まではいきつかなくて・・・でも、ああいった硬派なドラマに吾郎も出てほしいですよね。ちなみに、今期私が見続けているドラマは、この「HEAT」は別枠として(笑)、「ホテルコンシェルジュ」と「花咲舞が黙ってない」、「民王」、「ナポレオンの村」の5作品。そして、ダントツで「民王」が一番面白い(笑) 夜11時過ぎからのドラマなのが自由があって良かったんでしょうかね。


impact茶の間っ子さん
ドラマを自分の感性で何が面白いかわからなくなっている人が多いんでしょうか。私は、視聴率はまったく気にせず面白いと思ったのだけ見続けてます。確かに、昔は夏の7月期はどこの局もあまり力が入り過ぎない作品が多かったように思ったし、世間もその認識はありましたよね(笑) でも、最近は何が当たるかわからない。視聴率が良ければ見てみようかなぁと思う人がいるのもいいですが、やっぱり人それぞれ面白いと思うものは違うと思うのであまり数字に左右されたくはないですね。菜々緒さんは、何気に社長とのシーンがあったのは何かあるのかな?と思ったけどスルーでしたね(爆) いろいろと残念です。


impactりなさん
もう突っ込むこともできないほど、興味がないストーリーでした(苦笑) 突っ込めるうちは楽しんでいる証拠なんだなぁというのが、今回のドラマでよ~くわかったというのが収穫です(笑) 主役のキャラの信念がブレまくっているのは、とにかくドラマとして見にくかった。AKIRAさんも大変だったと思うし、そのブレた主役に絡む周りの役者さんたちも大変だったと思います。もう、皆さんとにかく自分の与えられた役に気持ちを入れ込んで演じているという感じでしたね。吾郎演じる日比野社長のこだわりは、その中でもうまく演出してくれていたのが救いでした。吾郎が実にうまく冷徹な社長を演じ切ってくれたと思います。最後は、大団円ですべてOKとしなくても良かったと思うのですが・・・映画に向けてハッピーエンドにしておかないと都合が悪いというのはわかります。田中さんとの絡みは、もっと見たかったですねぇ。この二人の流れはうまくできていたと思うのでもったいないなぁと思って見てました。とにかく出演者の方もスタッフの方も、おつかれさまでしたですね(笑)

投稿: kazuyo | 2015/09/04 23:04

kazuyoさん、こんばんは。
お忙しい中、HEATの感想ありがとうございます!
このドラマは始まる前に映画化が決定しててどうなるんだろうと思っていましたが、やっぱりなぁ~…
という感じでした。リアタイでは中々見ることはできず後から録画を見ることが多かったのですが、吾郎ちゃんの演技、ビジュアルは良かったですね(笑)今までの吾郎ちゃん出演のドラマで録画して見たのはこのドラマが初めてです(^^;) AKIRAさんは、最終回の消防士の姿がやはり一番しっくりきましたね!熱い男の人が本当に似合う人ですね。熱いというと佐藤さんも今回本当に素敵でしたね!出演者の方は皆さん素晴らしいのですがストーリーが残念でしたね。暑い中スタッフの皆さん出演者の皆さんお疲れ様でした。

投稿: こまち | 2015/09/05 20:26

Kazuyoさん、「HAET」感想ありがとうございます。私は途中から録画も日比野社長のシーンのみの飛ばし見になってしまいました(時間もないので)。吾郎ちゃんの演技は素晴らしかったですね。短い出演時間でも圧倒的な存在感とその場の全てを注目させ、印象的な演技力。そして美しいheart美しい女優陣がいらしてもあの気品と佇まいは社長の写真集がほしいです(笑)

投稿: ピカチュウ | 2015/09/06 00:39

impactこまちさん
ドラマ開始前にすでに映画化ありきでGOしたのはすごい勇気ですよね(笑) それだけ、自信を持ってスタートしたのだとは思うのですが、そのわりにはお粗末な脚本で(苦笑) いったいどうしちゃったんだろう(汗)と思いながら初回を見終わったのを覚えています。脚本自体が弱くても、主演の力で持っていくこともできるけど・・・魅力的に描かれていない主役キャラを演じるには無理がありますよね(苦笑) AKIRAさんは熱いぐらいが嵌る役者さんだと思うので、それこそ「海猿」や「S」のようなドラマにしても良かったんじゃないかと思いました。まぁ・・・もう今何を言ってもと言う感じですが(笑) 吾郎演じる社長さんを堪能させてもらっただけでもありがたいと思います。どんな作品でも、必ず爪あとを残していく吾郎は天晴れですね(笑)


impactピカチュウさん
リアタイで視聴していなかったら、おそらく私も日比野社長のところだけしか見ていなかったと思います(笑) ちゃんと見れば見るほど、「ダメだ、これは・・・」という思いが募っていってしまうドラマだったので(苦笑) こんな作品に出演しなくても・・・とはさすがに言いませんが(吾郎が演じたところは楽しませてもらったので)、吾郎が本当に楽しめるドラマに出会えればいいなぁと思いました。ヴィジュがいいときのドラマは、何はともあれいいですよね(笑)

投稿: kazuyo | 2015/09/06 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« -Otherside- We never change! | トップページ | ガノタゴロウ行きま~す! »