« 「HEAT」でのクールポジション | トップページ | SMAPのネタ帳 »

ガノタゴロウ行きま~す!

いつも、「ゴロウ・デラックス」ではMCとしての立ち位置を考えながら番組を進行する吾郎。いやぁ、今回はウザさ爆発でしたね(爆) 吾郎にだってテンションが上がるほど好きなものがあるわけで、それはスマヲタがSMAPを語るときと同じなのだ(笑) 改めて、吾郎の趣味に対する食いつきに「同士」としての愛情が沸きました(笑)

オープニングナレーション
番組早々気づいた方もいるかもしれませんが、この男(稲垣吾郎)・・・ジャニーズきってのガンダムファンなんです!

ここで、以前ガンダムのプラモデルを作っている会社に訪問したときのVTRが少し流れます。このときも、吾郎さんのテンションすごかったですよね(笑) 今回も、ヲタとしては間違っていないテンションで番組はスタートしました。

第百七十六回課題図書 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』  安彦良和画

Photo 最高視聴率29%超えの国民的アニメ『機動戦士ガンダム』。社会現象を巻き起こしたガンプラは今年35周年を迎え、全世界でなんと4億個を突破。来月からまた新たなアニメシリーズが始まるなど、30年以上愛される超ロングヒットアニメ。主人公アムロや宿敵であるシャアを作り上げたキャラクターデザイナーの著者が、当時納得のいかなかったところを自分なりに解釈して書き直したシリーズ。

原作・総監督の富野由悠季氏とメカニックデザインを手がけた大河原邦彦氏とのタッグで作り上げた作品には、当時苦し紛れに入れ込んだエピソードもあるのだとか(笑) 当時のアニメの映像と今回の課題図書になっている「ORIGIN」を比較して、安彦先生も参加して頂いて三人で朗読。ガンダムが大気圏を突破するシーンや、アムロがブライトさんに頬を叩かれるシーンでアムロ役を担当した吾郎のテンションが思い出して上がっていく様が面白い(笑) 吾郎、ガンダムがほんっと好きなのねぇ。

安彦先生も外山さんも、そんな吾郎の気持ちの入った朗読に爆笑
吾郎 「(朗読直後)もうねぇ・・・でもねぇ、アムロやっちゃダメ(笑)!」

安彦先生は、22歳のときに大学を中退してふと見つけた新聞求人広告に手塚治先生の「虫プロ」を発見し入社。そこで、「新ムーミン」のオープニングカットを担当。「ガンダム」も「ムーミン」も見ていた私には愕きの事実でした。この頃、キャラクターを仕上げるのにかっこよく見せるテクニックを学ぶ。それは、キャラクターの立ちイラストで緩く「S字」に立つように描くこと。これを、ファンの間では「安彦立ち」と呼んでいるそうです(笑) 確かに独特だけどカッコいい。

今、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」(9月27日まで)が開催されているということで、まだ恥ずかしくて行ってないという安彦先生を吾郎の強引な誘いで全員で訪問することに。
吾郎 「僕と一緒に行きましょうよ!」
安彦 「ヒルズ見学なら・・・いいですね」
吾郎 「じゃあ、このあとは先生と一緒に「ガンダム展」に・・・ゴロウ、行きま~す!!!」 (吾郎さん(笑)(笑)(笑))

展示会場には、安彦先生が描いたキャラクターやアニメシーンの原画や、最後ジオングに吹き飛ばされたガンダムの頭部が破壊されたままの等身大モデルが展示されています。この頭でも、吾郎は実際はもっと粉々に飛び散ったから残ってないとかうるさい、うるさい(爆) そんなヲタ丸出しの吾郎さん、どうやら安彦先生にも漫画家ゲストの方恒例の実際にイラストを描いてもらいたい様子。これだけ騒いだのに、自分では頼めなくて外山さんに頼んでもらうように可愛くおねだり。もう~、どっちが年上なんだか(笑)

吾郎 「今回、なんかそういうの頼んでよぉ」 (外山さんの腕をツンツンする(笑))
外山 「安彦先生・・・こう申しておりますので、イラストをお願いできますか?」
安彦 「はい、わかりました。あの・・・(吾郎さんの)お顔も描くんですか?」
吾郎 「あっ!嬉しいですね。僕も出してくれるんですか?!ほんとですか?」

まさかの安彦先生の勘違いで、なんとガンダムキャラクターの誰か一人と吾郎を一緒に描いてくださることに。これは、羨ましい(笑)
安彦 「(キャラクターは)誰がいいですか?」
吾郎 「どうしよっかなぁ~。マチルダさんもいいけどなぁ~。でも、やっぱシャアかなぁ」
安彦 「・・・はいはい」 (笑)(笑)(笑)

そして、描いてくださったのがこちらのイラスト。吾郎は大喜び。ファンとしては、これは最高のプレゼントですよね。安彦先生も、吾郎がうまく描けたとご満悦。

Photo_2
最後に親太朗くんが、シャアと安彦先生の消しゴムはんこを披露。こちらも、すごくよくできていました。また、親太朗くん、上手になったね。とにかく、吾郎が始終とても楽しそうで、「ゴロデラ」では珍しいテンションだったのがとても可愛かった。思わぬロケ企画になったのも得した気分でした。吾郎の最後のひと言がまた良かった。

吾郎 「僕のガンダム愛は伝わりましたか?先生に」
安彦 「えぇ、ヒシヒシ(笑)」
吾郎 「こういうウザい人いっぱいいるんだろうね、先生の周りに(笑)」

|

« 「HEAT」でのクールポジション | トップページ | SMAPのネタ帳 »

コメント

おはようございます。いつもいつも詳細なレポ有り難うございます。福岡は遅れて放送なので、レポ本当に楽しみにしています。吾郎ちゃんのおたぶりがひしひしと伝わってきて…。高貴な王子のこのギャップ、吾郎ちゃんのバランス感覚やられます。レポの中で楽しみなのがそこかしこに溢れる吾郎愛。癒されています。これからもよろしくお願いいたします🌹

投稿: タアミィ | 2015/09/05 05:38

こんにちは。今回も楽しさを思い出させてくださる細かなレポ、ありがとうございます!本当に可愛いヲタ吾郎さんでしたね 笑。何だか我々と同じニオイがする?!気もして、嬉しかったなぁ。兄がガンダム好きだったので私も観ていました。シャアと並んでジオン軍のコスチュームを着る吾郎さんのイラストは宝物でしょうね!一瞬、マチルダさんもいいなぁ~、と言っていたので、うんうんと頷きました。可愛らしいミライさんやフラウボゥではなく、クールでありつつ健気なシャアの妹セイラさんや、芯のあるマチルダさんが吾郎さんには似合います。シャアに愛される腹心の部下、またはシャアの地位を脅かすようなキャラでガンダムにいても違和感がない吾郎さんです。話が変わりますが、剛くんのスペシャリスト、観て下さっているのですね~♪撮影前に足を痛めてしまい、しかも今年の酷暑の京都での撮影は大変だったと思います。その分、きっと面白いものが出来たと期待しています。放送が楽しみです!今日はかなり遅れた中居くんの誕生日と早めのSMAPデビュー記念日会に行って参ります 笑。

投稿: つじ | 2015/09/05 09:41

こんにちは。こちらでは放送がないので福岡の友達頼みで、しかも福岡も遅れて放送なので、まずこちらのレポで楽しみ、想像しています。文章プロですよね。まいどありがとうございます(笑)
哀愁探偵1756の戦車や飛行機の模型を見て語りまくるウザごろうを思い出しました(^^)
主人もガンダムヲタなので、この回は珍しく一緒に楽しめるかもです。
また要望を出しておこう。

投稿: まさみ | 2015/09/05 10:46

kazuyoさん、こんばんは。最初から最後まで、テンション高くて可愛い吾郎ちゃんでしたね(笑)ガンダム愛が伝わってきました。吾郎ちゃんがテンション高くて、少年に戻るところは、とても見ていてこちらも楽しいし、安彦さんも嬉しいんじゃないかなって思いました(笑)朗読の時も、お三方とも凄く気持ちが入ってて、吾郎ちゃんのアムロの有名なセリフの時の吾郎ちゃんがすっごく面白かった(笑)ホント嬉しそうでしたよねnoteガンダムが分からない方でも、安彦さんのお話は貴重で、「そうなんだ」と思う部分が多くて、今見ても面白いと思いました。「ガンダム展」に行く前の吾郎ちゃんのは、「アムロ行きまぁーす」のセリフですよね(笑)(私はガンダム世代ではないけど、上にあげたセリフとこのセリフはテレビの名セリフとかでもやるので知ってます(笑))ホント吾郎ちゃん可愛いheart04ガンダム展での吾郎ちゃんもしゃべるしゃべる(笑)ガンダムを語ってる吾郎ちゃんが愛おしいです(笑)一緒にガンダム展行って説明してほしいですhappy01きっと詳しく分かりやすく説明してくれそうhappy02すっごい長くなりそうだけど(笑)最後に、おねだりのため、外山さんをツンツンする吾郎ちゃん、ホントに可愛いheart04漫画家の方の書くのをまじかで見るのも、貴重で興奮しますが、自分の好きなアニメだとなおさらですよね(笑)吾郎ちゃんには、シャアについてももっと熱く語ってほしいですheart04吾郎ちゃんにとっても、幸せな時間でしたねhappy02

投稿: りな | 2015/09/05 21:33

Kazuyoさんのレポで吾郎ちゃんの嬉しさ楽しさが手に取るように解ります(嬉)。今回の企画はスタッフさんからの吾郎ちゃんへのプレゼントpresentでしょうか?安彦先生も子供のように喜んでいる吾郎ちゃんを見られて楽しかったでしょうね。終始笑っていられたのでしょうか?吾郎ちゃんは安彦先生の前で朗読したり、一緒に展覧会に行ったり最後には外山さんにお願いして(可愛い)先生に絵を描いて(シャアと一緒に描いてもらう)頂いたり最高の可愛さですね。早く拝見したいなぁ~heart01放送楽しみにしてお待ちしていますsign03

投稿: ピカチュウ | 2015/09/06 00:58

shoeタアミィ さん
福岡では遅れ放送なんですね。毎週分、ちゃんと放送してもらえるのでしょうか? 放送があるだけでもありがたいですよね。ガンダム好きの吾郎さん。ある程度は番組のことも考えて必要以上にノリノリの振りをしてくれているとは実は思っていますが(笑)、本当に嬉しかったのは事実でしょうね。カッコいい吾郎さんも、キュートな吾郎ちゃんもどちらも間違いなく「稲垣吾郎」(笑) いろんな表情を見せてくれるので、ファンはやめられませんね。こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。


shoeつじさん
好きなものにテンションが上がる気持ちってわかりますよね~。トップグループのSMAPのメンバーでも、それは私たちと同じ(笑) ガンダムは、吾郎さんは「Zガンダム」に嵌った人だと思うのですが、私はガッツリと「ファーストガンダム」でした。映画も観に行ったぐらいなので。確か、大阪の「アニメイト」だかでグッズを買いに行った覚えもある(笑) 吾郎のように男の子の趣味のガンプラは興味なかったんだけど、シャアのグッズを探して買いに行ったと思う。いつの時代も「オタク道」を突き進んでいたのね、私・・・って思い出しました(爆) 剛くんの「スペシャリスト」は毎回京都でのロケなので、地元関西の者としてはそれも見るのが楽しみです。剛くんのキャラクターもちょっと変わった人で面白いのに加え、トリックも実によくできている。同じ監督で吾郎の「モロハシ」も映像が綺麗で面白い作品なのに(正直、初回のほうがよくできていたと思っています)、後に続かないのが残念で。フジテレビに要望は出しているんですが・・・諦めずに頑張ります(笑)


shoeまさみさん
こちらを見に来てくださる吾郎ファンの方は意外と北の大地の方が多いなぁという印象だったのですが、南の島の方も多いみたいですね(笑) 「哀愁探偵1756」のときのミリタリーグッズにテンションあげあげだった放送回はよく覚えてます。戦闘機や艦隊の名前が普通にスラスラ出てくる吾郎はすごかった。そう言えば、「ゴロバー」でも射撃に挑戦して楽しそうだったなぁと。ウザい一歩手前の吾郎は、実に可愛い(笑) 今回の「ゴロデラ」でもオタクテンションMAXなので、放送を楽しみにしておいてください。


shoeりなさん
自分の生み出した作品をこんな素直に喜んでもらえたら嬉しいでしょうねぇ。安彦先生の場合は、そういうファンの方たちがたくさんいるとは言え、SMAPの稲垣さんがまさかこんなにテンション高く楽しんでくれるとは思っていなかっただろうから、きっと快くイラストも描いてくださったんだろうと。何気に、安彦先生の自作の朗読は稀有なことだと思うので、ガンダムファンの方も楽しめた放送だったのではないかと思いました。つくづく全国放送でないのが残念ですね。「スマスマ」のエンディングトークで、SMAPさんたちが実写化されたらやりたい役は?という話になったときに、木村くんが「吾郎はガルマじゃない?」と言うと、「じゃあ、木村くんはシャアやってよ」と吾郎が言って木村くんが照れていたのを思い出しました。あぁ・・・こういう蜜時に早く戻ってほしいわ(爆)


shoeピカチュウさん
今回が番組からの吾郎へのプレゼントだとしたら、次週はファンへのプレゼントかな? おそらく、未公開映像SPだと思うので。吾郎が舞台稽古で忙しくなったので考えてくれたのかもしれません。公式サイトにも「吾郎さんが忙しいスケジュールのときには、是非未公開SPを!」と書いたのを思い出しました(笑) 素敵な作家さんたちがゲストのときもいいですが、この漫画家特集も「ゴロデラ」はとても面白く出してきてくれますよね。そちらの地域での放送をお楽しみに!

投稿: kazuyo | 2015/09/06 03:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「HEAT」でのクールポジション | トップページ | SMAPのネタ帳 »